エイリアン:ダーク・プロジェクト 【2019年製作:映画】

    SF映画ですね。

    今回、
    これを書くにあたって、
    と言うか、
    毎回、
    どんな内容の映画だったのかを確認するために解説を読んでから書き始めるのでが、
    今回、
    解説を読んで、
    あれ、
    そんな内容の映画だったけかな、
    と思ってしまいました。

    有名なUFO事件、
    ロズウェル事件が関係していて、
    宇宙人による誘拐が、
    云々、
    と言うことらしいです。

    確かに、
    宇宙人に誘拐された人たちの話です。

    しかし、
    ロズウェル事件との関係性は、
    全く思い出せませんでしたね。

    内容的にも、
    宇宙人たちの目的というか、
    意図がイマイチ理解できず、
    おかげで、
    何で誘拐されて、
    誘拐した人たちに何をしたかったのか、
    というのが、
    ピンとこなかったので、
    ラストを迎えても、
    うーーん、
    って感じでした。

    なんとなく言おうとしていることとか、
    やろうとしていることは、
    分かる気がするのですが、
    もっとストレートに、
    アチキのようなアホ馬鹿でも理解できる物なら、
    もっと楽しめたのではないかな。

    特に、
    ラストに至っては、
    だから、
    って感じになってしまっているんですよね。

    と言うことで、
    一般の方には、
    お勧めできませんが、
    B級SF映画好きで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    エンド・オブ・ステイツ 【2019年製作:映画】

    邦題的には、
    「エンド・オブ」シリーズって感じになりますかね。

    今回で、
    シリーズ三作目になります。

    大統領のシークレットサービスの映画です。

    メインの二人である、
    大統領と主役は、
    同じモーガン・フリーマンとジェラルド・バトラーになります。

    さて、
    今回は、
    主役のジェラルド・バトラーが、
    大統領暗殺の首謀者として追われることになります。

    もちろん、
    罠にはめられたわけです。

    追われる立場でありながら、
    敵である犯人を突き止めつつ、
    って感じで、
    中々楽しめましたよ。

    主人公が窮地に落ちてこそ、
    最後にスカッと解決したときに、
    爽快感が増すと言うことですよ。

    ついでに言うと、
    ハッピーエンドです。

    こうなると、
    また続きが作られるのかな、
    と思ってしまいますな。

    商売的にもうまくいっているような感じだし。

    物語のネタと、
    出演者の交渉が駄目にならない限りは、
    4作目ありそうです。

    シリーズ物なので、
    1作目から見るのをお勧めしますが、
    まぁ、
    ぶっちゃけどこから見ても大して問題は無いかな、
    って気もしますね。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 動画 モーガン・フリーマン ニック・ノルティ

    エンド・オブ・アース 地球最期の日 【2018年製作:映画】

    ディザスター・パニック映画です。

    たまに書いていますが、
    この手のジャンルの映画は、
    政策予算が少ないと、
    非常に残念なことになることが多いです。

    この映画も、
    ビジュアル的には、
    残念な部類に入る映画になっています。

    それ以外は、
    良いのかというと、
    そうでもないんですけどね。

    たぶん、
    テレビ用映画なんでしょうね。

    劇場公開用のB級映画、
    って感じでもない雰囲気だし。

    と言うことで、
    生い立ちは、
    ある意味、
    見る側にしたらどうでも良いので、
    詳しく調べるつもりはありません。

    さて、
    内容ですが、
    大洋の以上活動により、
    とんでもない太陽フレアが発生して、
    地球が大変な目に遭ってしまうと言う話。

    地球規模の話を、
    とってもローカルな部分で見せているという話ですね。

    こうなると、
    いっそのこと、
    地球を滅亡させてしまうくらい、
    救いようのない話にしても良いのではないかと思ってしまいます。

    辺にハッピーエンドを作ろうとせずにね。

    そんなわけで、
    一般の方が見たら、
    きっと文句を言うと思うので、
    B級映画好きの方で、
    この手の物に興味があったらご覧くださいな。

    ちなみに、
    アチキは、
    普通にこんなもんだろうという感じで楽しめましたよ。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 災害 パニック 動画

    X-MEN:ダーク・フェニックス 【2019年製作:映画】

    「X-MEN」シリーズの最新作です。

    と言っても、
    ウルヴァリンが主役のシリーズではないです。

    「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」から続く、
    若き日のミュータントたちの話です。

    今までは、
    マグニートーとプロフェッサーXの話がメインで、
    この二人が主役と言った感じでしたが、
    今回は、
    ジーンが主役です。

    「X-MEN」シリーズでも人気者ですからね。

    そのジーンが、
    スペースシャトルに乗って、
    宇宙でのミッション中に、
    謎の放射線のような物を浴びて、
    自分の中のダークサイドの部分が、
    増幅して、
    暴走して、
    とんでもないことになる話です。

    これに、
    新たな敵も絡んできて、
    と言うことで、
    楽しませてくれます。

    シリーズ作品ではありますが、
    前作までを見ていなくても、
    たぶん、
    楽しめると思いますよ。

    とはいえ、
    シリーズ物は、
    キチンとはじめから見ないという性格の人は、
    「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」から見てくださいな。

    そこから見れば、
    この作品は、
    4作目になるかな。

    それでも、
    結構多いかもしれないですけど、
    どれも面白いと思うので、
    それほど苦痛になることは無いと思います。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アメコミ アクション 超能力 動画

    A.I.ライジング 【2018年製作:映画】

    SF映画です。

    TSUTAYA DISCUSのページでは、
    製作国が、
    セルビアとなっていました。

    セルビア共和国ですよ。

    いやー、
    珍しいですな。

    こういう日本に入ってくるのが図らしい国の映画は、
    比較的というか、
    アチキの印象では、
    文芸作品的なドラマ重視の物が多いような気がするんですよね。

    いわゆる、
    ミニシアター系などの短観で時揺曳される映画、
    ってイメージです。

    なので、
    そんな珍しい国で、
    しかもSF映画とは、
    こりゃ、
    本当に珍しい、
    って感じです。

    アチキの記憶している限りでは、
    セルビア共和国製作のSF映画って、
    ないんですよね。

    まぁ、
    そういうのを気にせず、
    知らないうちに見ているという可能性もありますけどね。

    さて、
    内容ですが、
    ケンタウルス座アルファ星に探査に向かう話。

    調査員には、
    一人の男が選ばれます。

    しかし、
    依頼主というかプロジェクトを行っている企業は、
    男一人では無理だと判断し、
    いわゆるアンドロイドをパートナーにつけます。

    もちろん、
    女性型アンドロイドです。

    で、
    二人きりの宇宙の旅が始まります。

    船のコンピュータもある意味登場人物というか、
    乗組員にカウントできるかもしれませんけどね。

    で、
    この男、
    色々とあってアンドロイドに恋をして、
    人間らしさを求めるんですよ。

    その為に、
    プロジェクトを危険にさらしてまで、
    実行するという、
    実に、
    人間の欲の深さを見せつけてくれます。

    もう、
    まさに自分勝手、
    という感じにしか見えないんですけどね。

    おまえを自由にしてやった、
    とか。

    まるで相手のためにやったと言いながら、
    自分の欲求を満たそうとしての行動なのに。

    まぁ、
    そんなこんなで、
    どんなラストになるのかな、
    と思いながら見ました。

    良くも悪くも、
    想定内の終わり方でしたね。

    一般の方には、
    ちょっとお勧めしにくいかしれません。

    B級SF映画好きで、
    興味がありましたらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 宇宙 ロボット ちょいエロ 動画

    エンド・オブ・ジ・アース アポカリプスの戦い 【2008年製作:映画】

    なんか、
    タイトルだけ見ると、
    世紀末的というか、
    終末というか、
    まぁ、
    世の終わり近くの物語なのかと思うのですが、
    全然違いましたね。

    原題を見ると、
    よく分かるのですが、
    1万年後の話です。

    原題では、
    「10,000AD」という表記があるんですよ。

    「10,000 A.D. : THE LEGEND OF THE BLACK PEARL」が、
    原題のようです。

    邦題もその辺が分かるようにしていてくれたら、
    もう少し、
    見る前の心構えが違ったんですけどね。

    世紀末と言うよりも、
    文明が崩壊して、
    原始時代に戻ってしまった世界という感じです。

    まぁ、
    SFでは、
    よくある設定ですね。

    とはいえ、
    それを理解したから面白くなるわけでもないんですけどね。

    で、
    登場する人物たちは、
    原始人みたいな感じだしね。

    どうも原始人の戦いは、
    貧素でいかんよな。

    同じような半裸の音がその肉体と武器で戦うファンタジー的なイメージのバーバリアンとは、
    雲泥の差ですよ。

    で、
    まぁ、
    何がしたかったのかよくわからんのですが、
    部族間の戦いなのかな。

    まぁ、
    かなり退屈な内容なので、
    もう少し、
    見せ場を作って欲しかったです。

    これは、
    一般の方が見たら、
    かなり罵詈雑言が出るかもしれないな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる 【2011年製作:映画】

    スペイン映画です。

    なんで、
    「エンド・オブ・ザ・ワールド」と言うタイトルをつけたのかな。

    「地球最後の日、恋に落ちる」だけても良かったような気がするけど。

    日本語だけだとかっこ悪いと思ったのかな。

    「エンド・オブ・ザ・ワールド」の人気にあやかってつけたというのなら分かるけど、
    そんなに「エンド・オブ・ザ・ワールド」のタイトルって、
    メジャーではないような気がするけど。

    と言うことで、
    サブタイトル扱いのタイトルが、
    この映画の内容を端的に表しています。

    主人公の男性が、
    ある日、
    目が覚めたら、
    人類のほとんどがいなくなっていた。

    どうやら、
    宇宙人が襲ってきて、
    いなくなってしまったようだ。

    生き延びた人間と、
    そうでない人間の違いを解明して、
    宇宙人から人類の滅亡阻止する、
    と言う内容ではないです。

    やばい状況で、
    恋人との仲を、
    なんとかしようという話です。

    三角関係に、
    隣人の横やり、
    ついでに宇宙人、
    って感じです。

    なので、
    宇宙人は、
    実はどうでも良くて、
    そういうシチュエーションを作るための小道具的な感じでしかないです。

    なので、
    SF的な部分を期待してみていると、
    ちょっと肩すかし食らいます。

    そちらで攻めてもいい感じだという気はしたんですけどね。

    恋愛ドラマの比重が大きいというか、
    そういうドラマを作りたかったというのが、
    よく分かります。

    なので、
    ちょっと中途半端な感じになってしまい、
    ちょっと残念な感じになってしまっているかな。

    と言うことで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 恋愛 エイリアン 動画

    エンド・オブ・ザ・ワールド 【2000年製作:映画】

    この映画は、
    「渚にて」のリメイク作品になります。

    なので、
    なんで、
    タイトルを、
    「渚にて」にしなかったのかな。

    少なくとも、
    原題の「オン・ザ・ビーチ」にするとか。

    と言うか、
    要するに、
    「エンド・オブ・ザ・ワールド」ではないな、
    と。

    確かに、
    世界の終わりの話ではあるけどね。

    この映画を見始めて、
    どこかで見たことある感じだなー、
    なんて思っていて、
    途中で気になったので、
    TSUTAYA DISCUSの解説見たのよ。

    そしたら、
    解説にしっかりと「渚にて」のリメイクと書かれていました。

    あいかわらず、
    そういうのを読まずにフィーリングだけでレンタルしているのがバレバレですな。

    まぁ、
    今回は、
    「エンド・オブ・ザ・ワールド」のタイトルつながりで見ていましたからね。

    と言うことで、
    元々はSF小説なので、
    基本的な内容は、
    同じですな。

    時代に合わせて色々と変更になっていますが、
    核兵器による北半球の滅亡というのは、
    時代が変わっても設定を変える必要が無いと言うことで、
    全体の展開は、
    一緒ですね。

    なので、
    十分楽しめますよ。

    コレを見て気に入ったら、
    昔の作品ではありますが、
    「渚にて」も合わせてご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ミリタリー 潜水艦 動画

    エンド・オブ・ザ・ワールド 2014 【2013年製作:映画】

    似たタイトルがある映画で、
    後ろに年代を入れるのは、
    十中八九B級映画です。

    なので、
    B級映画に嫌悪感を示し、
    見ると目が腐る、
    時間の無駄、
    レンタル代返せ、
    と言うことを、
    よく言われる方は、
    気をつけて、
    借りないようにしてください。

    さて、
    一連の似たタイトルを見まくっているアチキです。

    こちらは、
    まさにB級映画で、
    コメディ色が強いです。

    コメディではないですけどね。

    隕石ではなく、
    電磁波の塊のようなボールが宇宙からやってきて、
    人類を殺すという設定。

    なので、
    世界が終わるのを待つ話ではないです。

    と言うことは、
    解決策があって、
    人類が助かるという展開だろう、
    と言うことです。

    で、
    人類を助けるのが、
    田舎に住む映画オタクのおっさん。

    科学的な知識は、
    全て映画から学んだ、
    とでも言うべき人たちが、
    解決策を見つけて人ルを滅亡から救います。

    なので、

    り有りティなんかコレッポチもないので、
    そういう所にも嫌悪感を持つ方々は、
    見ないようにしてくださいな。

    アチキは、
    結構楽しめました。

    なので、
    B級映画ファンの方で、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF コメディ 動画

    エンド・オブ・ザ・ワールド 【2012年製作:映画】

    似たタイトルがいくつかあるのですが、
    シリーズ物ではないです。

    今回のは、
    ロマンチック・ロードムービーって感じの物になります。

    世界が終わる話です。

    よくあるネタと言えば、
    よくあるネタです。

    それにしても、
    同じようなタイトルばかりというは、
    少し、
    芸が無いような気もしますが、
    わかりやすいという所では、
    しかたないのかな。

    ただ、
    どのタイトルの物が、
    良いのか悪いのかは、
    わかりにくくなってしまいますね。

    今回のは、
    隕石が衝突して地球が終わると言うことで、
    衝突までのカウントダウンが始まります。

    その中で、
    主人公の男は、
    隣に住む女性から、
    昔好きで、
    今でも好きな彼女からの手紙を受け取ります。

    世界が終わるまでに、
    もう一度彼女にあいたいと言うことで、
    彼女の元へ向かうことに。

    その彼と一緒に、
    隣に住んでいた女性も一緒に行くことに。

    結局誰も助からない物語なので、
    そこまでの過程をどう描くかというのが、
    この手の映画のキモ。

    かたくなに毎日の生活を守り続けるか政府が一番現実的なのかも。

    何しろ、
    仕事をキチンとしないと、
    明日から仕事がなくなるから、
    と。

    情報格差のせいなのか、
    自分で信じる物だけを信じているのか。

    こういう細いところに、
    制作者の意図を感じたりもしますな。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 恋愛 動画 キーラ・ナイトレイ

    エンド・オブ・ザ・ワールド 【1977年製作:映画】

    ドラキュラ伯爵役で有名なクリストファー・リー出演の映画です。

    似たようなタイトルが他にもあって、
    とりあえず、
    それらも含めて今回ざっと見ました。

    B級映画ではよく亜タイトル名だけが同じようなシリーズってことですな。

    この作品も、
    B級映画の部類に入るのかな。

    まぁ、
    製作当時としては、
    B級映画の予算だと、
    こんなもんかな、
    というクオリティかな。

    さて、
    内容は、
    タイトル通り、
    世界が終わってしまう話です。

    ここから先は、
    ちょっとネタバレが入るので、
    気になる方は、
    読まないように。

    とりあえず、
    このクリストファー・リー出演で1977年製作の映画は、
    一般の方には、
    あまりお勧めできないかな。

    さて、
    この映画で地球が終わってしまうほどの危機は、
    自然災害になるのかな。

    巨大な隕石が衝突したり、
    核兵器で全滅したり、
    と言うことではないです。

    ダメダメな人類に宇宙人が正義の鉄槌を下す。

    みたいな感じの話です。

    ちなみに、
    クリストファー・リーは、
    宇宙人の役です。

    まともな人間の役でないところが、
    実にクリストファー・リーらしい、
    って思うのは、
    アチキだけですかね。

    と言うことで、
    B級映画好きな方で、
    興味があるならレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画 クリストファー・リー

    エンカウンター 地球外侵略者 【2017年製作:映画】

    UFOマニアの聖地とでも言うべきロズウェルを舞台にした映画です。

    この手の物は、
    結構、
    フェイクドキュメンタリーの物が多いのですが、
    コレは違いましたね。

    一般的な映画表現で作られています。

    さて、
    内容ですが、
    ドキュメンタリーの映像作家が、
    子どもの頃に体験した事件を切っ掛けに、
    UFOの拉致事件は嘘っぱちだと言うことを暴くためにロズウェルに向かいます。

    そこでは、
    拉致された被害者の告白なんかを取材したりしていて、
    当然のように、
    信じている人たちの集まりですから一悶着を起こします。

    そして、
    とある女性と出会います。

    色々と調べていくと、
    その女性に行き着いたりするので、
    何かあると。

    で、
    その女性は、
    定期的にUFOに拉致されているという経験者。

    ここから先は、
    ちょっとネタバレが入るので、
    気にする方は読まないように。

    さて、
    この映画もよくあるように、
    嘘だと思っていたら実は、
    本当だったと言うことが分かる展開。

    そこで、
    主人公は、
    もうすぐ女性が拉致される時期に来ていると言うことで、
    女性を守ろうとします。

    しかし、
    嘘か誠かよく分からない状況では困るという組織が有り、
    拉致事件を作り上げている者たちに女性共々さらわれてしまいます。

    ちなみに、
    この組織は、
    政府機関ではないです。

    そして、
    その日が来て、
    女性は、、、、。

    と言うことになるのですが、
    この映画、
    拉致された後のUFO内での出来事も描いています。

    ついでに、
    エイリアンも出てきます。

    いやー、
    まさか、
    そこまで描いてくるとは思っていなかったので、
    ちょっと感心しました。

    と言うことで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    一般の方にはどうなのか分かりませんが、
    B級映画ファンなら楽しめると思いますよ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン 動画

    エリア0 <ゼロ> 【2014年製作:映画】

    実際の事件をモデルにしたフェイクドキュメンタリー映画ですな。

    POVです。

    エイリアン物です。

    タイトル的にもエリア51を意識しているのでしょう。

    実際の事件というのは、
    ノースカロライナ州にあるブラウン山で、
    多数の謎の光源飛行物体が目撃されていると言うこと。

    そして、
    その光源を目撃した人たちは、
    行方不明とかになってしまうという話。

    で、
    映画では、
    自閉症の少年が撮影していた映像が発見されたというかたちで語られます。

    この山の事件については、
    知識人というか、
    学者の人たちのコメントインタビューを見せています。

    それらの人たちが本物かどうかは知りません。

    さて、
    内容ですが、
    礼の山にキャンプに来た家族の話です。

    そこで夜中光源を見て、
    翌日、
    トンネルの入り口で、
    多数の車が止まっているところに出くわします。

    まぁ、
    そこに至るまでにもちょっとしたことがあったりするのですが、
    本番は、
    このトンネルの所からですな。

    もうここで、
    謎の人物言うか、
    エイリアン登場です。

    そいつらに捕まらないように逃げるという感じの展開です。

    結構楽しめましたよ。

    映像が記録され続けている理屈もキチンとしているし。

    この手の物では、
    及第点の出来だと思うのですが、
    どうも世間での評価は低いようです。

    まっ、
    いつものことですな。

    と言うことで、
    B級映画ファンの方なら楽しめると思うので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン 動画

    エンドレスナイト 【1971年製作:映画】

    原作は、
    アガサ・クリスティの小説のようです。

    映画を見ている時は、
    知りませんでした。

    見終わってからも、
    知りませんでしたね。

    テロップを見ていたら分かったかもしれませんけど。

    しっかりと見ていなかったので。

    今回、
    これを書くにあたって、
    解説を読んだら、
    原作アガサ・クリスティと出ていてはじめて知った、
    と言うことです。

    まぁ、
    いつものことですね。

    原作小説のタイトルは、
    「終りなき夜に生れつく」のようです。

    もちろん、
    いつものように読んだことありません。

    なので、
    原作にどのくらい忠実なのか、
    全く分かりません。

    さて、
    そういうことで、
    ミステリー映画なのですが、
    中々人が死にません。

    どちらかというと、
    人間関係の部分がかなりしっかりと描かれています。

    そのおかげで、
    ラストが生きてきているのかな、
    って感じですかね。

    ただ、
    アチキ的には、
    古い映画なので、
    近年の速いテンポの映画になれているので、
    ちょっとのんびりした感じを受けてしまいましたね。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミステリー サスペンス 犯罪 動画 アガサ・クリスティ

    EVA <エヴァ> 【2011年製作:映画】

    スペイン映画です。

    SF映画です。

    スペインというと、
    暖かいというか、
    暑いイメージがありますが、
    映画は、
    雪景色の冬の寒い季節の映画です。

    さて、
    ちょっとネタバレになるかもしれませんので、
    気にする方は、
    ここから先読まないようにしてくださいな。

    さて、
    主人公は、
    ロボットを作っている男性。

    作っていると言うよりは、
    研究者ですね。

    で、
    近未来の地球で、
    結構、
    普通に二足歩行のロボットが存在しています。

    主人公が研究しているのは、
    ロボットの感情プログラム。

    昔働いていた所から戻ってきて再び研究しないかと言われ、
    戻ってきたところから話が始まります。

    そして、
    町中で一人の少女とで会います。

    その少女の何に惹かれたのか。

    子どもながらの素直な感情表現なのか、
    その容姿なのか。

    主人公は、
    その少女が、
    実は、
    兄の子どもだと後で紹介されます。

    いやー、
    アチキ的には、
    パッケージのイメージから、
    この少女がロボットだと思っていたので、
    ロボットでは泣いといた感じで登場してきて、
    いつかロボットになるのか、
    それとも、
    実はロボットだというのがオチなのか、
    という感じで見ていたんですよね。

    ちょっと切ない感じの展開で、
    中々面白かったですよ。

    ロボット技術が当たり前という感じの世界観の作り込みとかも良かったですし。

    これら一般の方でも楽しめると思いますので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ドラマ ロボット 動画

    エリカ&パトリック事件簿 踊る骸 【2013年製作:映画】

    スウェーデンの映画です。

    スウェーデンの人気ミステリー小説が原作らしいです。

    読んだことないです。

    スウェーデンのイメージって、
    アチキ的には、
    それほどなくて、
    撮影しているのがスウェーデンなら、
    季節にもよるでしょうけど、
    詠歌では、
    実にグレーな世界でしたね。

    まぁ、
    内容的に、
    夏のノーテンキな世界で、
    って感じでもないですしね。

    タイトルで、
    エリカとパトリックとなっていますが、
    夫婦です。

    しかし、
    原作ではどうだか知りませんが、
    映画では、
    旦那の出番はすごく少ないです。

    タイトルから名前を外しても良いのではないか、
    と思えるくらい、
    出番も存在感もタイトルに名前を出すほどではないですな。

    原作の小説だと、
    もっと出番があったのかもしれませんけどね。

    旦那は、
    警察官です。

    奥さんは、
    作家です。

    内容は、
    奥さんの母親の事故死から始まり、
    突然現れた兄貴。

    そして、
    その兄貴が、、、。

    といった感じで、
    殺人事件の犯人捜しがメインというよりは、
    母親の過去の真相を調べるのがメインって感じになります。

    それが、
    事件の真相につながると言うことで。

    イメージしていた二人で捜査して、
    って感じではなかったですけど、
    犯人も、
    推理とかせずに、
    こいつが怪しい、
    と何の根拠もなく思った人物が、
    犯人だったりして、
    意外性もなかったのですが、
    面白かったですよ。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 ミステリー 動画

    エルフ 悪魔の人形 【2017年製作:映画】

    B級ホラー映画です。

    タイトル通りの内容の映画です。

    導入は、
    中々期待させられる感じで良かったんですよ。

    もちろん、
    B級映画の括りの中での話ですけど。

    昔の出来事があって、
    現代になって、
    これから何か起きるぞ、
    と言う流れ。

    何かをするのは、
    人形です。

    やっぱりオカルト物に人形は、
    ある種
    定番のアイテムですな。

    ついでに、
    アチキ、
    この映画を見る前に、
    チャッキーのシリーズを見まくっていたので、
    どうしてもそれと比べてしまうところもあったのですが、
    せっかくのアイデアが生かし切れていないのが、
    実に残念な内容になっています。

    人形の出来というか、
    特撮的な部分は、
    予算の都合などもあって、
    一般の方から見れば、
    怒ってしまいそうな出来ですが、
    アチキからすれば、
    こんなもんだろうという感じでしたね。

    なので、
    そこに不満は、
    ないと言えば嘘になりますが、
    もう少しうまく演出すればな、
    というのはありますが、
    この程度の出来の物は、
    B級映画とすれば、
    それこそ、
    定番、
    って感じですよ。

    それよりも、
    人形に襲われる理由というか、
    人形の行動原理の見せ方が、
    イマイチだったんですよね。

    これでは、
    ちょっとB級ホラー映画としてもちょっと残念な感じとしか言えないと言うことですな。

    それこそ、
    チャッキーのシリーズが、
    良くできているのが、
    改めて感じられたというのは、
    この映画を見ての収穫かもしれません。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    エアポート'80 【1979年製作:映画】

    エアポートシリーズ第四弾です。

    原題では、
    コンコルドの名前が入っているんですよね。

    パッケージにもコンコルドが入っているし。

    確か、
    アチキの記憶が間違っていなければ、
    日本にも一度、
    コンコルドが来たことがあるような。

    アチキは、
    本物を見たことはないですけどね。

    あー、
    コンコルドも、
    いずれ、
    知らない世代の方が多くなるんだなー。

    知らない人のためにちょっとだけ説明すると、
    旅客機のくせに、
    音速で飛行できる未来の旅客機として華々しくデビューしたわけですよ。

    しかし、
    コスパが悪くて、
    ほとんど生産されることもなく、
    確か、
    世界でも数機だったような、
    最後の1機が現役引退するときは、
    ニュースになったのを覚えているな。

    あれっていつだったかな。

    と言うことで、
    今回は、
    コンコルドが大変な目にあうというお話です。

    それも二回も。

    一回目は、
    追跡ミサイル、
    いわゆる巡航ミサイル的なものなんですけど、
    そいつにつけ回されて、
    コンコルドがアクロバット飛行をして切り抜けるという話。

    もう一つは、
    クライマックスにもなっているのですが、
    雪山に不時着しなければならない状況に追い込まれます。

    なんでそんな目に会うのかは、
    見てのお楽しみと言うことで、
    雪に埋もれたときは、
    今度は海から雪か、
    と思ったのですが、
    期待していた感じではなかったですな。

    そんなわけで、
    色々と楽しめた作品です。

    興味がありましたらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 飛行機 動画

    エアポート'77/バミューダからの脱出 【1977年製作:映画】

    エアポートシリーズ第三弾。

    今度は、
    バミューダからの脱出と言うことで、
    バミューダトライアングルが関係しているんだろうな、
    というのは分かりますが、
    まさか、
    SFやオカルト的な感じでの脱出劇ではないだろう、
    と言うことは、
    なんとなく分かります。

    これまでの二作もそうですが、
    この作品も昔、
    テレビで見たことありましたね。

    全部ではないですが、
    見ていて、
    このシーン知っているというのが、
    結構ありました。

    特に、
    ラストの方は、
    ほぼ見覚えがありましたね。

    さて、
    内容ですが、
    今回は、
    乗客を乗せた旅客機が、
    海の中に落ちてしまいます。

    落ちただけではなく、
    海底に沈みます。

    もう、
    まさに絶妙な状態で、
    乗客を乗せたまま海底に沈没して、
    いつ浸水するのかという恐怖におびえながら、
    なんとか脱出しようという話です。

    いやー、
    面白かったですよ。

    これと同じような感じで脱出劇を演じる映画も見たことがありますが、
    あれって、
    この映画のリメイクって分けでもないよな。

    っていうか、
    その映画ってB級的な感じだったからな。

    まぁ、
    ええ。

    この映画の最後に、
    今回の救出方法は、
    海軍のマニュアルに準拠していると言うことらしいので、
    他の作品で同じ感じで救出劇をやってもおかしくはないと言うことです。

    と言うことで、
    興味があったら是非レンタルしてご覧くださいな。

    おもしろいでっせ。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 飛行機 動画

    エアポート'75 【1974年製作:映画】

    エアポートシリーズの第二弾です。

    一作目は、
    古い、
    昔ながらの映画って感じでしたが、
    この作品から、
    いわゆる近代映画的な作りになっている感じがします。

    それでも、
    古いって言えば古いですけどね。

    ドラマ部分よりも、
    パニック的なエンタテインメントを前面に出しているところが、
    違うって感じです。

    さて、
    今回は、
    飛行機でのパニックがメインの映画になっています。

    タイトルのエアポートは、
    本当に付け足しになった感じですね。

    飛行機と地上管制とのやりとりで登場するくらいの立ち位置です。

    さて、
    内容は、
    旅客機が、
    個人所有のジェット機と衝突。

    それも、
    パイロットたちがいる部分が衝突し、
    操縦する人がいなくなってしまいます。

    とりあえず、
    自動操縦と、
    スチュワーデスがパイロットの変わりを担当。

    そうなんですよ、
    この時代は、
    まだCAではなく、
    スチュワーデスなんですよ。

    そのうち、
    スチュワーデスって何?
    って世代になるんでしょうけど、
    まだ分かる人の方が大峰いかな。

    さて、
    そんな状況で、
    飛行機は、
    いつ落ちてもって感じで、
    どうやってみんなを助けるか、
    っていうのが映画の内容になります。

    今でこそ、
    よくある話、
    みたいな感じですが、
    これが元祖だと思えば、
    結構楽しめると思いますよ。

    なので、
    興味があれば、
    レンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 飛行機 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー