トラフィッカー 運び屋の女 【2018年製作:映画】

    クライム・サスペンス映画になるのかな。

    犯罪映画であるのは間違いないですな。

    アイスランドの映画です。

    日本には、
    中々入ってこない国の映画ですな。

    その事は、
    映画を見る前は知らなかったんですけどね。

    ただ、
    映画自体は、
    ヨーロッパでも寒い国の映画かな、
    と言う雰囲気はありました。

    なので、
    気になって確認したらアイスランドだったということです。

    さて、
    内容ですが、
    タイトルまんまの話です。

    麻薬の運び屋の女の子を中心とした話。

    きっと主人公は、
    借金を抱えた弁護士の男なんでしょうね。

    で、
    出所してきた弟共に、
    金を作るために麻薬の密売に足を突っ込みます。

    で、
    女の子の胃の中に麻薬が入ったチューブを飲ませて持ち込むという、
    ある意味、
    よくある手口で密売をしようとします。

    女の子は、
    今回が初めての仕事のような感じ。

    で、
    なんだかんだありましたが、
    密売が製鋼したかに見えたのですが、
    井の中に入れたチューブが全部出てこない。

    血反吐吐くまで出そうとするのですが、
    中々出てこない。

    さぁ、
    どうしよう、
    って感じの映画です。

    最初はどうかなー、
    と思っていたのですが、
    後半というか、
    クライマックスにかけては、
    それなりに良かったです。

    そこまでじっくりと我慢してみていられるか、
    と言うところが最後まで見られるかどうかになるのかな。

    まぁ、
    B級映画好きなら問題なく最後まで見られると思いますけどね。










    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 弁護士 刑事 ドラマ 動画

    ドクター・スリープ 【2019年製作:映画】

    「シャイニング」の続編になります。

    原作者のスティーヴン・キングは、
    スタンリー・キューブリック監督作品の「シャイニング」を、
    気に入らないようですが、
    アチキは、
    好きです。

    今回の続編の内容ですが、
    「シャイニング」の主役の少年のその後の話になります。

    そうなんですよね、
    「シャイニング」の主役って、
    少年の父親、
    って感じなんですよね。

    でも、
    タイトルの「シャイニング」も、
    少年の力のことを指しているわけですし。

    そんなわけで、
    大人になったダニーは、
    力を失うこともなく、
    かといって、
    それで何かをしているわけでもなく、
    どちらかというと、
    できるだけ一般人のように生活することを心がけている、
    って感じで生きています。

    そんなとき、
    同じ力を持った少女からコンタクトがあり、
    いろんな意味で助けることになります。

    そして、
    再びあのホテルへと導かれていきます。

    思っていたよりは、
    ちょっと残念というか、
    こんな物か、
    って感じでしたね。

    面白かったんですけどね。

    こうなると、
    やっぱり原作の小説を読んでみるべきかな、
    と。

    一応、
    「シャイニング」の原作小説は読んでいるからな。

    どちらにしろ、
    前作の映画なり、
    他の映像作品なり、
    小説でもいいけど、
    「シャイニング」を見るなり読むなりしてから見ることをお勧めします。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 超能力 動画 スティーヴン・キング ユアン・マクレガー

    トゥ・ヘル 【2018年製作:映画】

    ホラーではないけど、
    オカルト映画ですね。

    どちらかというと、
    お馬鹿コメディに思えてしまうのは、
    ニコラス・ケイジが演じている男が、
    ちょっといかれた感じだからかな。

    なので、
    ホラーとは言い切れないな、
    と言うことで、
    ホラーではない、
    と決めつけました。

    ニコラス・ケイジ主演の映画です。

    いつも書いているように思いますが、
    本当に、
    ニコラス・ケイジって出る映画を選ばないですな。

    内容的には、
    もうB級映画ですよ。

    アチキは好きだから良いけど、
    一般の人は、
    嫌いな人が多いですからね、
    B級映画。

    さて、
    内容ですが、
    愛する妻を亡くしたニコラス・ケイジが、
    生きがいをなくしたような感じでいて、
    そんなとき、
    意識不明状態になると、
    意識が肉体から離れて、
    他の人の意識の中に入り込むことが出来る女性と出会います。

    で、
    この女性の娘が、
    事故で危篤状態に。

    生死の境にいることを知った女性は、
    娘を助けるためにニコラス・ケイジの力を借りて、
    意識不明になります。

    そして、
    幽体離脱みたいな感じで、
    娘を助けにいき、
    娘取り戻したかに見えたのですが、
    実は、、、。

    と言う流れです。

    まぁ、
    何というか、
    主人公のニコラス・ケイジが、
    本当に、
    お馬鹿な感じで、
    ある意味笑えるんですよね。

    こういう性格の男じゃないと、
    信じないということで、
    こういう感じになったのかな。

    まぁ、
    ええけど。

    B級ホラー映画が好きな人なら楽しめますが、
    一般の人が楽しめるかどうかは、
    ちょっと微妙な気がします。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : オカルト サスペンス ちょいエロ 動画 ニコラス・ケイジ

    トビラ 魔の入り口 【2018年製作:映画】

    ホラー映画です。

    B級映画ですが、
    中々良かったですよ。

    中盤から後半に入って、
    ちょっと、
    なんだかなー、
    なんて思ったのですが、
    ラストが実にホラーらしくて良かったです。

    さて、
    内容ですが、
    精神的に問題があるのか、
    子どもに多少の問題があるようで、
    田舎町に越してきた親子。

    子どもが入学した学校で、
    働くことになった父親。

    まぁ、
    ちょっとした事情があるのですが、
    詳しくは見てもらうとして。

    母親は、
    アンティークな物が好きなようで、
    古物などを扱った商売を考えている模様。

    で、
    小学生の転校生は、
    特に社交的ではない小学生は、
    いじられたりするわけで、
    それが原因で子どもが停学処分に。

    相手がちょっかいを出してきたのに、
    相手はおとがめなしという理不尽なところもありますが、
    ぐっと我慢して処分を受け入れる親子。

    気分転換もかねて、
    森にハイキングに。

    そこで、
    ぽつんと立っている扉を発見。

    鎖で巻かれた扉が、
    何もないところで立っているだけでも不自然なのに、
    そんなことを気にしない母親は、
    これは、
    中々趣があって良い扉だ、
    と言うことで、
    家に持って帰って、
    修復して使うことに。

    当然のように、
    扉をつけてから、
    家の中で不可思議な現象が、、、。

    と言うことで、
    ここから先は見て楽しんでください。

    霊能者が子どもの両親と冷媒をするんですけど、
    これが、
    なんというか、
    アチキ的には、
    いろんな意味で安っぽく感じてですね、
    なんだかなー、
    と思ったわけですよ。

    しかし、
    ラストのオチは、
    中々良いので、
    アチキのように思った人がいても、
    そこで見るのを止めずに、
    とりあえず最後まで見て欲しいですな。

    と言うことで、
    一般の方は、
    どう思うか分かりませんが、
    B級ホラー映画ファンなら楽しめると思うので、
    興味がありましたらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画

    TRANSPORT トランスポート 【2005年製作:映画】

    B級SF映画です。

    それもタイムトラベルものです。

    内容は、
    好きな彼女が、
    薬物摂取で死にかけてしまいます。

    何も出来ないで、
    ただ見守るだけの主人公。

    そんなとき、
    とある男から、
    ある機械というか、
    ソファを見せられ、
    それが、
    タイムマシンだと言われます。

    とてもそんな風には見えないのですが、
    わらにもすがる気持ちで、
    騙されたと思って使ってみたら、
    なんと、
    過去に戻っていたということで、
    これは本物だ、
    と言うことで、
    彼女を助けるように動くのですが、
    そう簡単には、
    うまく事が運びません。

    次こそはうまく生かせるために、
    戻る時間を変えたり、
    助ける行為をかえたりと、
    試行錯誤の繰り返し。

    はたして主人公は、
    彼女を助けることが出来るのか、
    って感じの話です。

    なんとなく、
    「バタフライ・エフェクト」を彷彿とさせますね。

    こちらの映画の方が、
    色々と、
    とてもチープですけど。

    タイムトラベルも、
    これは夢なのではないか、
    という感じのタイムトラベルなので、
    最後は、
    夢オチなのか、
    なんて思ったりするほどチープです。

    そんなわけですが、
    アチキ的には、
    結構楽しめたので、
    B級映画好きなら楽しめるのではないかな。

    一般の方は、
    ちょっと分からないです。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF タイムトラベル 動画

    ドニー・ダーコ2 【2009年製作:映画】

    「ドニー・ダーコ」の続編になります。

    設定だけとか、
    タイトルだけとか野続編ではなく、
    物語として、
    キチンと続編になっています。

    前作を見ていない人は、
    ここから先、
    ちょっとネタバレになってしまうので、
    気にする方は、
    読まないでください。

    前作の主人公の妹が主人公になります。

    前作が、
    2001年製作と言うことで、
    約8年立ってからの続編と言うことで、
    かなり微妙な感じですな。

    物語的にも、
    妹が成長しています。

    8歳年取ったのかどうかは、
    よく分かりません。

    少なからず、
    兄の死がトラウマになっている感じです。

    で、
    友達と二人で、
    カリフォルニアに向かう途中、
    車が故障して、
    知覚の町で滞在することに。

    そこで、
    兄と同じような奇妙なことが起きるのですが、
    何というか、
    イマイチでしたね。

    前作は、
    結構楽しめたので、
    同じような感じになるのか、
    それとも違った感じになるのか、
    興味津々だったんですけど、
    期待値が高すぎたのかな。

    これだったら、
    妹ではなく、
    前作の主人公と同じような体験を別の人間に起きて、
    その原因を解明するという感じでも良かったかも、
    なんて思ってしまうほどの出来でしたね。

    そんなわけで、
    前句が面白くて、
    続きも見ようと思ったかは、
    あまり期待せずにご覧になってくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 動画

    ドニー・ダーコ 【2001年製作:映画】

    サスペンス映画ですね。

    タイトルの「ドニー・ダーコ」は、
    主人公の名前です。

    映画を見て知ったので、
    見る前は、
    どんな意味の言葉なんだろうと思っていました。

    ドニーは、
    名前だな、
    というのは、
    なんとなく分かるし、
    言われればそうだ、
    と思うのですが、
    ダーコは、
    中々名前というかファミリーネームとは思えなかったので、
    タイトルが人の名前だとは、
    ピンとこなかったと言うことです。

    さて、
    内容ですが、
    ちょっと問題児の主人公。

    過去にちょっとした事件があり、
    留年しての高校生活。

    クラスメイトは、
    年下と言うことになります。

    問題児と行っても、
    不良という感じではないです。

    至って真面目。

    どちらかというと、
    印象としては、
    内向的な感じ。

    実際、
    薬を服用しています。

    薬といっても処方されている薬です。

    そして、
    ある夜。

    空から飛行機のエンジンが落ちて果て、
    主人公の部屋に直撃します。

    しかし、
    運良く主人公は夜中ですが、
    外に出ていて難を逃れます。

    それまでに、
    夢遊病的なシーンがいくつかあり、
    謎の人物が登場とかして、
    そいつのおかげで助かったという雰囲気なわけです。

    で、
    そいつに言われるのですよ。

    28日後に世界が終わると。

    アチキは、
    きっと主人公が死ぬとかの世界の終わりなんだろうな、
    と思いながら見ていたわけですな。

    いやいや、
    もしかしたら本当に世界が終わるという展開の話かもしれないし、
    とも思ってワクワクしてみていました。

    そして、
    タイムトラベルの話が出てきて、
    なんかいい感じになってきたぞ、
    と言うところでのラストです。

    ここから先は、
    実際に見てもらうとして、
    アチキ的には、
    不満ですな。

    そこまでは、
    本当に良かったですよ。

    と言うことで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    アチキとしては、
    続編があるので、
    そちらも見ようと思っています。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス SF 学園 犯罪 動画 ドリュー・バリモア

    特捜部Q カルテ番号64 【2018年製作:映画】

    「特捜部Q」シリーズ4作目です。

    今回は、
    なんと、
    今まで
    バディを組んでいた相棒が、
    他部署への移動という所から物語が始まります。

    なんてこったい。

    でも、
    原作のシリーズは、
    続いているので、
    相棒が変わってもシーズが続いているのか、
    はたまた、
    相棒はやっぱり変わらないのか、
    どちらなんだろう、
    という感じで、
    見始めました。

    このシリーズの特徴というか、
    扱う事件が、
    迷宮入りとか、
    そういう物が多いので、
    過去の事件がらみとか、
    過去の出来事が発端というのが基本になるケーズか多いです。

    と言うか、
    そればっかという感じですけど。

    で、
    今回も過去似あったスプロー島女子収所から事件が始まります。

    その収容所に入った女性が、
    カルテ番号64の人なんですけどね。

    今回は、
    と言うか、
    今回もですが、
    実に良かった。

    今回の事件をどのように収束させるのか、
    犯人をキチンと捕まえられるのか、
    と言うのが、
    最後まで気が気ではなかったですよ。

    玉虫色に解決することもあるのかな、
    なんて思ったほど。

    でも、
    すっきりと解決します。

    うがった見方をすれば、
    すっきりしすぎではありますけど。

    とりあえず、
    映画は、

    今のところコレが最後です。

    でも、
    原作の小説は、
    まだまだあるので、
    この後も映画化される可能性は残っているので、
    是非、
    作って欲しいですな。









    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 刑事 ミステリー ちょいエロ 動画

    特捜部Q Pからのメッセージ 【2016年製作:映画】

    「特捜部Q」シリーズの三作目です。

    相変わらずの高クオリティです。

    高いレベルで安定していると言うことですな。

    今回は、
    ボトルに入った謎のメッセージから、
    それが、
    SOSだと言うことが判明。

    同時期に、
    子どもの姉弟が誘拐されたという事件が発生。

    しかし、
    親は、
    子どもは誘拐されていない、
    親戚の家に遊びに行っている、
    と。

    で、
    実は、
    同じような事件が過去にもあったと言うことで、
    本格的に誘拐犯人を捕まえると言うことに。

    ミステリーの部分は、
    過去の二作品に比べて薄くなりましたが、
    刑事ドラマとしては、
    良くできているので、
    面白さの質は、
    若干変わりましたが、
    面白さという大きな括りで言えば、
    変わりません。

    と言うか、
    シリーズ物なので、
    登場人物に愛着がわいている分、
    より楽しく見られたかな。

    そういうわけで、
    シリーズ1作目から見ていただくのが一番ですが、
    途中の作品から見ても、
    まぁ、
    内容自体は分かると思います。

    推奨はしないけどね。

    興味があれば、
    是非、
    レンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 刑事 ミステリー 動画

    特捜部Q キジ殺し 【2014年製作:映画】

    「特捜部Q」シリーズの2作目になります。

    前作が良かったので、
    今回も期待して見ましたよ。

    前作の事件での活躍が認められ、
    閑職的な部署の扱いから、
    一気に機体の部署へと変わった特捜部Q。

    予算が付いたのかどうかは知りませが、
    秘書が新たに加わりました。

    で、
    特捜部Qとしては、
    次の未解決、迷宮事件の掘り起こしをしている最中。

    しかし、
    これといった事件がなく、
    なんとなく煮え切らない主人公。

    そんなとき、
    ある男が現れて調べてくれと依頼が。

    その男が、
    自殺を図り、
    これは、
    自分にも責任があると言うことで、
    その事件を再度洗い直すことに。

    今回も、
    事件の調書をはじめとした資料を再度チェックして、
    疑問箇所を洗い直し、
    事件の真相を探っていく感じです。

    前回もそうでしたが、
    大体、
    最初の捜査がいい加減で、
    遣っ付け仕事という物が多いですな。

    多いと言ってもこれで二つ目ですけど。

    なので、
    端からキチンと対応していれば、
    こんな悲劇にはならなかったのに、
    と言う感じです。

    今回も中々良かったので、
    次がまた楽しみですな。

    ここから見ても良いですが、
    やはり、
    一作目から見ることをお勧めします。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 刑事 ミステリー ちょいエロ 動画

    特捜部Q 檻の中の女 【2013年製作:映画】

    ユッシ・エーズラ・オールスンの小説の映画化です。

    本屋で「特捜部Q」の表紙は、
    よく見ていたので知っているんですよね。

    もちろん、
    タイトルだけですけど。

    で、
    映画になっているのをたまたま見つけて、
    見たという感じです。

    いやー、
    面白かったですよ。

    内容は、
    刑事物で、
    よくある問題がある刑事が主人公。

    冒頭で、
    仲間の刑事ともども犯人に銃撃され、
    一人は死亡。

    一人は、
    寝たきり、
    で、
    主人公は、
    なんとか現場復帰。

    しかし、
    元々問題のある刑事なので、
    療養もかねて、
    資料生理的な部署に配置転換。

    新たに組むことになった相棒は、
    元々倉庫番をしていた者。

    主人公を含めて、
    たった二人だけのその部署は、
    未処理、未解決の書類を整理するのが仕事。

    その中で、
    自殺と結論づけられた事件に引っかかりを覚え、
    ちょっと調べてみることに。

    と言う話。

    この転属された部署が「特捜部Q」と言われている部署。

    中々良質の刑事映画でしたよ。

    これなら一般の方も楽しめると思うので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    アチキ的には、
    機会があったら原作の小説も読んでみようかな、
    と思ったくらいです。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 刑事 ミステリー ちょいエロ 動画

    ドント・ヘルプ 【2017年製作:映画】

    メキシコ映画です。

    それもホラー映画です。

    いやー、
    中々面白かったですよ。

    とある政治家の家に強盗に入った姉妹。

    夫婦を拘束して、
    金目の物を探していると、
    地下で拘束されている少女を発見。

    自分たちも悪だが、
    こいつらは、
    もっと悪だ、
    という感じで展開するのですが、、、。

    いつものように何の予備知識もなく見たので、
    この展開は、
    中々良かった。

    当然、
    拘束されている少女には何かあると思わせられるので、
    いいのか、
    そんなことして、
    という感じで、
    スリラー的なハラハラもあって良かったですよ。

    B級映画でしょうが、
    これならホラーが好きな人なら楽しめるのではないかな。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト スリラー 動画

    トレイン・ミッション 【2018年製作:映画】

    リーアム・ニーソン主演のサスペンス映画です。

    いやー、
    面白かったですよ。

    リーアム・ニーソン主演の映画は、
    当たりが多いですね。

    さて、
    今回の映画は、
    電車が舞台。

    リーアム・ニーソン主演の「フライト・ゲーム」を見たことがある方なら、
    あの映画の電車版だと言えば、
    わかりやすいかも。

    監督も同じですし。

    物語は、
    長年勤めていた会社を、
    定年間近でリストラ。

    毎日、
    同じように通勤していた電車に乗り、
    いつもと変わらないことをしながら、
    もう会社に行くことが無くなる。

    そんなとき、
    見知らぬ女性から、
    高額の仕事の依頼が。

    報酬のでかさと、
    仕事の内容のアンバランスさ。

    そして、
    なぜ自分に頼むのか。

    怪しさ満点だが、
    リストラされたので、
    無下にもしにくい。

    どういうことなのか、
    ちょっと調べて、
    慎重に行動を開始することに。

    そして、
    事件は起きて、
    どんどん大変なことになっていく。

    って感じです。

    これは、
    一般の方でも楽しめると思うので、
    この手の物が好きな方は、
    是非レンタルして見てくださいな。

    おもしろいでっせ。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 動画 リーアム・ニーソン サム・ニール

    ドクター・エクソシスト 【2016年製作:映画】

    ホラー映画ですね。

    タイトルからイメージすると、
    悪魔払いの人が、
    医者なのかな、
    という感じです。

    で、
    実際に見ると、
    これが、
    中々良い感じの設定でしたね。

    あまり説明すると、
    ネタバレにもなりかねないので、
    書きませんが、
    主人公の悪魔払いは、
    いわゆる神父さんではないです。

    それこそ、
    バチカンとは距離を取っていて、
    バチカンでも難しい仕事を請け負ったりすることもある感じ。

    今回も、
    バチカンからの依頼で動くのですが、
    請け負った決定打は、
    主人公の過去に由来する悪魔憑きだからと言う流れ。

    で、
    どうやって悪魔払いするかというと、
    いわゆるサイコダイブするんですよ。

    それも、
    主人公の特殊能力みたいな感じで。

    作中では、
    夢の世界に閉じ込められているのを、
    それが夢だと認識させて、
    現実に引き戻す行為をするのが、
    悪魔払いになります。

    そんなわけで、
    最後まで、
    色々と見させてくれる内容でしたよ。

    キチンとオカルトしているし。

    これなら、
    一般の方でもこの手の映画に興味があれば、
    レンタルして見ても楽しめると思いますよ。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画

    トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~ 【2017年製作:映画】

    タイトルを見た感じだと、
    サスペンス系かな、
    なんて思ってみていて、
    はじめの方は、
    そんな雰囲気で物語がスタート。

    しかし、
    トゥルース・オア・デアのゲームが始まると、
    これは、
    サスペンスではなく、
    オカルト系のホラー映画だな、
    と。

    TSUTAYA DISCUSでは、
    サスペンスになっているけどね。

    アチキが、
    分類するならホラーかな。

    さて、
    ホラーな映画の要になっているトゥルース・オア・デアですが、
    これは、
    真実か挑戦を選べ、
    と言うゲームです。

    真実を選べば、
    真実を言わなければならない。

    挑戦を選べば、
    挑戦しなくてはならない。

    これが、
    単なるゲームだったらたいしたことないのですが、
    ここに悪魔が絡んでくると、
    どちらを選んでも失敗したら死が待つという結果に。

    そして、
    真実の選択は、
    連続して二人まで。

    三人目は、
    強制的に挑戦になるという仕掛け。

    いやー、
    面白かったよ。

    こんな感じの映画だとはちょっと思っていなかったので、
    尚更ですね。

    これに似たような最悪に巻きこまれてしまうパターンの映画って、
    近年多くなってきたよな。

    それも、
    SNSが絡んでいる物って。

    セックスすると、
    相手に得体の知れない物がついてまわり殺されるのは、
    SNS関係なかったか。

    あれも知らずに巻き込まれて、
    と言うオカルトパターンの映画だったな。

    あれも面白かったけど。

    この映画も面白いので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー サスペンス オカルト 悪魔 動画

    トレマーズ コールドヘル 【2018年製作:映画】

    「トレマーズ」シリーズの最新作ですね。

    いまだにシリーズが作られているというのは、
    凄いことです。

    ある意味、
    安定感のあるシリーズとなりました。

    モンスターを退治する映画です。

    毎回退治している主人公がいるので、
    今回は、
    どこでどのように退治するのか、
    という感じのシリーズになっています。

    新種でも出てこない限り、
    基本は、
    変わりません。

    地面に伝わる音に反応するので、
    その特性を逆手にとって、
    モンスターをおびき寄せて、
    やっつけるというのが、
    退治する基本。

    さて、
    今回は、
    寒い場所でのハントになります。

    ですが、
    予算の都合なのでしょうね、
    氷原の地域なのに、
    温暖化で、
    氷原は見当たらない。

    きっと、
    ロケの都合の設定なのでしょう。

    それが悪いと言っているのではないですよ。

    そんなことを言い始めたら、
    もう細かいところで色々と突っ込まなくてはいけなくなりますからね。

    と言うことで、
    今回も安心のハント生活。

    まだまだ続くんですかね。

    このシリーズ。

    きっとレンタルされれば、
    また見てしまうと思います。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション モンスター 動画

    トゥームレイダー ファースト・ミッション 【2017年製作:映画】

    「トゥームレイダー」シリーズの最新作で、
    リブート作品ですね。

    アンジェリーナ・ジョリーの「トゥームレイダー」シリーズは、
    二作まで作られ、
    アチキは好きでしたね。

    もっとシリーズ作品が出来るのかと思っていましたが、
    商売的にうまくいかなかったのか、
    主演のアンジェリーナ姉さんが、
    首を縦に振らず、
    主演の女優が中々決まらなかったからなのか、
    大人の事情については、
    よく分かりません。

    でも、
    こうして、
    リブートとは言え、
    シリーズが復活してくれてアチキはうれしかったですね。

    アンジェリーナ・ジョリーの「トゥームレイダー」は、
    既にララ・クロフトは、
    冒険家として世界を駆け巡っていましたが、
    この作品は、
    それこそ、
    ビギニングと言われても、
    納得してしまう感じで、
    ララ・クロフトが、
    冒険家になる前の話になります。

    なので、
    アチキ的には、
    ちょっと物足りないというか、
    スーパーウーマン的なアクションなんかも期待していたのですが、
    そこまでは、
    まだまだですよ、
    という感じでしたね。

    でも、
    謎解きや冒険アクションは、
    今までのシリーズ作品と比べても遜色ないです。

    現時点で、
    続編の話が、
    アチキの耳には聞こえてきていないので、
    興行的には失敗でもしたのかな、
    なんて思ったりもしているのですけどね。

    まぁ、
    アチキは時養蜂収集を二勇年にするタイプではないので、
    単に続編のことを知らないだけかもしれませんけど。

    と言うことで、
    もし続編が出来たら、
    当然見ますよ。

    おもしろかったので。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 冒険 動画

    ドラキュラ’72 【1972年製作:映画】

    タイトルからも推察できるように、
    1972年公開の映画ですね。

    これまたTSUTAYA DISCUSの解説によると、
    ドラキュラシリーズとして、
    7作目になるようです。

    当然、
    シリーズ設定はされていないので、
    自分で確認して順番に見ていかないと、
    順番通りには見ることは出来ません。

    便利になった部分が使えないと、
    一気に面倒でダメダメになってしまいますな。

    さて、
    これまた前作とのつなぎは、
    よく分かりませんが、
    そんなことは気にしなくても楽しめましたよ。

    肝心の内容ですが、
    どうやら前作から死んで100年くらい時代が立っているようです。

    もちろん、
    解説によりますと、
    と言う事ですけど。

    まぁ、
    現代に蘇ったドラキュラさんの話ということですな。

    いつの時代に蘇っても、
    ドラキュラさんの行動原理はかわらないわけです。

    しかし、
    凄いのは、
    永遠のライバルというか、
    家業になっているというか、
    ヘルシング家の人ですな。

    今回登場するのは、
    孫に当たるらしいです。

    時代は変わっても、
    お互いにやることは一緒と言うことですな。

    ホラー映画ではありますが、
    安心の展開というのかな。

    映像的には、
    中途半端な古くささを感じてしまいますが、
    それはそれで、
    良い物です。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ヴァンパイア 動画

    ドリアン・グレイ 【2009年製作:映画】

    これを書くまで知らなかったのですが、
    原作小説があり、
    その小説の映画化は、
    この作品で三度目らしいです。

    と言う事で、
    かなり有名な作品なんですね。

    相変わらず、
    アチキは、
    何も知らないです。

    さて、
    そんな感じですが、
    そんなことに関係なく、
    そんなこんなで、
    おもしろかったですよ。

    まぁ、
    有名な作品らしいので、
    知っている方も多いかもしれませんが、
    簡単に内容を説明すると、
    (詳しく説明することなんか、ほとんど無いですけどね)
    じいちゃんの遺産を相続した青年が主人公です。

    そして、
    とある画家に自分の肖像画を依頼します。

    その肖像画が、
    素晴らしい出来で、
    まるで本物そっくり。

    その段階で、
    大体その画の秘密が想像できてしまうのですが、
    その想像通りで、
    それから、
    なんやかんやあるといった展開です。

    想像通りの画ではありますが、
    其れが分かったからと言って、
    つまらなくなるわけではないです。

    なので、
    原作の小説を読むかどうかは置いといて、
    まずは、
    過去に作られた映画は、
    ちょっと見てみたいとは思いますね。

    なので、
    興味がある方は、
    レンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画 恋愛 時代劇

    トリプルワールド 【2009年製作:映画】

    これまた、
    見てすぐに分かるB級映画です。

    まぁ、
    タイトルとパッケージから、
    間違いなくそうだろうとは、
    思うのですが、
    中を見た瞬間に、
    B級映画と確定します。

    アチキの場合は、
    そうだと思ってレンタルしているし、
    それで満足なのですが、
    蒼主ワイでレンタルしてしまった人は、
    凄く残念な気持ちになるのでしょうね。

    さて、
    そんなわけで、
    内容ですが、
    タイトルがよく表しているといった感じです。

    とある女性科学者が、
    異次元への転送装置を開発して、
    別の世界へ行くという話。

    その別の世界がパラレルワールドなんですけどね。

    自分と同じ人間がいる世界。

    でも、
    世界情勢も立場もそれぞれの世界で違うという事で、
    登場人物たちは、
    基本的に、
    一人三役って感じです。

    もちろん、
    他の世界に行っては意終わりというわけではなく、
    この転送装置が引き金になって、
    大変な事に。

    それを阻止するというか、
    解決するというのが、
    この映画の内容。

    まぁ、
    画とか、
    色々とチープですが、
    アチキ的には、
    こんなもんだろうと、
    いった感じですな。

    なので、
    一般の型には、
    ちとお勧め出来ない感じですか。

    まぁ、
    興味があったらB級SF映画が好きな方はレンタルして観てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション パラレルワールド 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー