ヒトラー最終兵器 【2013年製作:映画】

    ジャンルとしては、
    SFホラーになるのかな。

    第二次世界大戦時の話。

    タイトルにある通り、
    ヒトラーの最終兵器にまつわる話、
    かと思いきや、
    そこまでの話ではなかったですね。

    まぁ、
    ヒトラーは、
    オカルト趣味があり、
    その手のことも色々とやっていたので、
    映画のネタにもいろいろとなっているわけですよ。

    これもそんな感じのネタになります。

    オカルトではないですけどね。

    内容は、
    ドイツ軍が、
    密かに研究している実験部隊に、
    ソ連の兵士たちが捕まってしまいます。

    なので、
    てっきりアチキは、
    ロシア映画化と思ったんですよ。

    しかし、
    これ、
    どうやらイギリス映画のようです。

    ドイツでもないんだ、
    って感じですけどね。

    で、
    この秘密の研究が、
    実は、
    最強兵士を作り上げる研究で、
    その実験の素材にされたり、
    相手をさせられたり、
    と散々な目にあうソ連軍兵士たちです。

    果たして、
    無事に秘密基地から脱出できるのか、
    ってのが大筋かな。

    結構面白かったですよ。

    もちろん、
    あくまでB級映画の範囲での話です。

    なので、
    B級映画が好きな人は、
    レンタルして楽しめると思いますが、
    一般の人がどこまで楽しめるのかは、
    ちっょと分かりませんな。










    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ミリタリー SF アクション ホラー モンスター 動画

    ピラニア リターンズ 【2012年製作:映画】

    「ピラニア」の続編です。

    物語として、
    しっかりと続いています。

    とはいえ、
    舞台になる場所は、
    変更されていて、
    出演者も基本的に、
    新しい人になっているので、
    前作を見ていなくても、
    一応、
    問題が無い感じでは作られていますが、
    やはり、
    登場してくるピラニアの説明は、
    ちょっと端折っているので、
    前作から見た方が、
    楽しめるのは間違いないと思います。

    さて、
    今回は、
    前回舞台になった湖から、
    どのくらい離れているのかは、
    分かりませんが、
    別の湖の、
    それも、
    湖に隣接するような感じで作られているプールが舞台です。

    そのプールのオープニングの日に、
    またピラニアが登場。

    どうやって、
    プーに入って来るのかは、
    見て確かめてもらうとして、
    今回も3Dで見せるように作られているので、
    人もいっぱい出てくるし、
    名前のある俳優さんも出てくるので、
    メジャーに近い制作費で作られているのでしょうね。

    基本的なパターンというか、
    エログロは、
    一緒。

    下ネタ的な演出とかは、
    ちょっと少なくなったかな。

    前作が、
    えげつないくらいあったからね。

    それと比べると、
    って感じではあるけど。

    アチキ的には、
    前作の方が、
    好きですね。

    面白さから言っても。

    こちらも悪くはないですけど。

    どうしても、
    二作目というのは、
    前作以上で同列って感じのイメージですからね。

    実際、
    アチキの知る限りでは、
    この後の三作目が見当たらないので、
    作られていないのでしょう。

    まぁ、
    日本に入ってきていないだけというのも考えられますが、
    思ったほど、
    お金をかけた割には、
    儲からなかったのかもしれませんな。

    とはいえ、
    極端につまらないわけではないので、
    前作を見て、
    面白いと思った方なら楽しめると思います。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー パニック コメディ ちょいエロ 動画

    ピラニア 【2010年製作:映画】

    ジョー・ダンテ監督の「ピラニア」ではありません。

    あちらは、
    ピラニアが、
    大量発生しての物語、
    こちらは、
    太古のピラニアが、
    登場しての殺戮劇。

    いやー、
    久々に面白いB級映画でしたよ。

    B旧都は言え、
    結構、
    お金かけて作っていると思います。

    CGにお金がかかっていると言うよりは、
    人にお金がかかっている、
    って感じです。

    エキストラが多い。

    あれだけのエキストラを使っての撮影は、
    結構金がかかっていると思います。

    さて、
    B級ホラー映画の王道的な作品です。

    エロとグロがてんこ盛り。

    エロは、
    下ネタもバリバリです。

    内容は、
    とあるアメリカの田舎の湖が舞台。

    そこで、
    毎年行われるイベントがあり、
    その中の催し物の一つに、
    ウェット・Tシャツコンテストがあり、
    もうそのコンテストで何かがあるのかと思ったら、
    基本、
    そのコンテスト関係ないです。

    そのコンテストがあるから水着美女が、
    いっぱいいるという設定のためだけに存在する感じ。

    一応、
    コンテストは、
    スタートしますけどね。

    もう至る所で、
    おっぱいがぷるるん、
    です。

    さて、
    太古のピラニアは、
    さすが、
    弱肉強食の時代で生存していたからでしょうか、
    猛烈な肉食です。

    そいつらは、
    地底湖のような、
    閉ざされた空間の水の中で、
    外敵に襲われる事無く生存し続けて、
    その場所が、
    地殻変動による自信でね
    湖と直結。

    大勢の人がいるところに、
    大量のピラニアが襲いかかると言うはなし。

    もう、
    人間食われまくりです。

    もう、
    これでもか、
    と言うくらい食われまくりです。

    それだけでも、
    金かかっているのがよく分かります。

    いやー、
    面白かったですよ。

    ホントに。

    これなら、
    もしかしたら一般の方も楽しめるのではないか、
    と思えるのですが、
    どうでしょぅか。

    続編もあるので、
    商売的にもうまくいったと思われるので、
    きっと、
    この手の作品に興味があるのなら、
    見ても大丈夫のような気もします。

    もちろん、
    B級ホラー映画好きの人は、
    間違いなく楽しめるので、
    まだ見ていない人は、
    是非、
    レンタルして見てくださいな。

    ちなみに、
    劇場公開では、
    3Dだったようで、
    それを考えると、
    やはり、
    限りなくメジャータイトルに近い制作費があったのでしょうね。

    出演者も名前のある人がいっぱいいましたしね。

    まぁ、
    アチキは、
    普通のテレビモニターで見ていたので、
    飛び出しては来ませんでしたけど。

    わざと飛び出しているのが感じられるように、
    それぽっい画の作りをしているところは、
    散見できましたね。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー パニック コメディ ちょいエロ 動画

    美女とエイリアン 【1957年製作:映画】

    以前、
    トレイシー・ローズが出演しているリメイク作品の「美女とエイリアン」を見て、
    オリジナルの存在を知り、
    やっとこ見たと言うことですな。

    といっても、
    実際に見たのは、
    1年以上前ですけどね。

    さて、
    監督は、
    B級映画の帝王ロジャー・コーマンです。

    アチキの知るロジャー・コーマンは、
    製作者の遙かに多く、
    監督としてのロジャー・コーマンは、
    あまり知らないんですよね。

    ということで、
    今回は、
    ロジャー・コーマン監督の映画です。

    リメイク作品とほぼ同じ内容でしたね。

    モノクロ映画の時代で、
    当時の技術的な部分もあって、
    今見れば、
    制約が多いんだろうな、
    というところでの作品なのですが、
    それを感じさせない作りで、
    実にいい感じです。

    モノクロの作品というのも、
    いろんな意味であらを消してくれているので、
    メイクよりも楽しめたというのが、
    ホントのところかな。

    内容は、
    エイリアンが、
    人間になりすまして地球に潜伏。

    夜な夜な美女を襲います。

    美女を襲い、
    血液を盗む。

    手っ取り早く病院とかに保管されている血液を盗まないところに意味があるんでしょうね。

    盗む相手は、
    美女ですからね。

    おっさんでもおばさんでもない、
    若くて美しい女性。

    それらの人たちの血液がそれ以外の人たちとどう違うのか、
    それは、
    よくわかりませんが、
    理由はあるようです。

    なんで、
    血液を盗むのか。

    その辺は、
    実際に見て確認してください。

    B級映画ファンはもちろん、
    懐古的に楽しめると思うので、
    一般の方でも興味があれば、
    レンタルして見てもよいのではないかな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン 動画 ロジャー・コーマン

    ビジター 【1998年製作:映画】

    似たようなタイトルの作品もありますが、
    こちらの作品は、
    ジャン・レノ主演のコメディ映画です。

    そして、
    「おかしなおかしな訪問者」の続編になります。

    ネタ的には、
    SFコメディって感じでしょうけど。

    中世の騎士が、
    現代にタイムスリップして、
    騒動を巻き起こすという話です。

    ただ、
    SFと書くと、
    タイムマシンが登場して、
    って感じなんでしょうけど、
    このシリーズは、
    魔法的な力でタイムスリップします。

    さて、
    内容の方ですが、
    続編ということで、
    まんま続編になります。

    なので、
    出来れば、
    前作から見て欲しいですね。

    一応、
    前作を見ていない人にも分かるように、
    冒頭、
    前作のあらすじ的な説明はあります。

    前作でもタイムスリップして現代に来たのですが、
    今回も、
    また現代にやってきます。

    前回は、
    どちらかという、
    不慮の事故って感じでしたが、
    今回は、
    事故と言うよりは、
    来るべくしてきたという感じです。

    なので、
    さすがに二回目ですから、
    多少の文化的、文明的なギャップはありますが、
    混乱は少ないと言う事で、
    その辺のギャップによるおもしろさの演出は減っています。

    だからというわけではないですが、
    なんとなくパワーダウンって感じですね。

    まぁ、
    仕方ないですけど。

    それ以外の所で、
    おもしろさを出せればよいのですから。

    アチキ的には、
    十分楽しめましたが、
    一般の方はどうなんでょうかね。

    この頃の映画の続編は、
    イマイチというのが、
    多かったですからね。

    この映画も前作に比べれば、
    イマイチと言われても仕方がないかな。

    と言うわけで、
    前作がおもしろくて、
    続きが観たいというは、
    ご覧になっても楽しめると思いますよ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ファンタジー コメディ 恋愛 魔法 タイムトラベル 動画 ジャン・レノ

    スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦 【2004年製作:映画】

    タイトルに主演者の名前が出ているのは、
    発売元か配給元が、
    内容では客を引きつけられないと思った空なんでしょうね。

    今回のタイトルも、
    スカーレット・ヨハンソンのファンに向けて、
    この映画に出ているから見てくれよ、
    という意味でタイトルに名前を入れていると言う事でしょう。

    まぁ、
    「百点満点大作戦」では、
    ちょっと微妙だと思ってしまうのは、
    確かですね。

    それこそ、
    昔、
    「ザ・カンニング」などという、
    カンニングして百点を取ろうというか、
    赤点をとらないようにしようという映画がありましたが、
    まだ、
    そちらのタイトルの方が、
    分かりやすくて、
    見たいという気にさせますね。

    ちなみに、
    この映画の原題は、
    「THE PERFECT SCORE」です。

    「百点満点大作戦」と邦題をつけたくなる気持ちは、
    ほんの少しだけ分かりますね。

    さて、
    内容ですが、
    高校生の主人公たちが、
    大学の適正テストで満点を取るために、
    がんばって、
    不正をしてとろうという話。

    勉強してとる流れにならないのが、
    いいですね。

    まぁ、
    基本的には、
    コメディですが、
    馬鹿笑いをするようなコメディ映画ではないです。

    シリアスになりすぎないためのコメディといった感じですかね。

    ちなみに、
    タイトルにもなっているスカーレット・ヨハンソンは、
    ピンでメインではないです。

    六人のメンバーの中の一人です。

    ファンの方で、
    スカーレット・ヨハンソン目当てのつもりで見るのなら、
    そこを間違えなければ、
    内容的には、
    結構楽しめると思いますよ。

    内容がおもしろいと期待して見ると、
    こんな物か、
    と言う結果になりそうなので、
    興味があってもあまり構えずにご覧になった方が楽しめると思います。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 高校生 犯罪 学園 動画 スカーレット・ヨハンソン

    ビューティフル・クリーチャー 【2000年製作:映画】

    レイチェル・ワイズ主演のサスペンス映画です。

    この映画もレイチェル・ワイズ目当てで見た映画と言う事ですね。

    すっかり忘れていましたけど。

    クリーチャーというタイトルが付いているくらいだから、
    モンスターとか出てくる、
    SFやホラー映画なのかとも思えるのですが、
    普通のサスペンス映画です。

    二人の女性があることが切っ掛けで知り合い、
    それぞれ、
    旦那と愛人に困っていることから、
    あることが計画されます。

    まぁ、
    それも、
    ある意味、
    行き当たりばったりみたいな感じですけど。

    すごく真剣なドラマなのですが、
    滑稽な感じで、
    ちょっと笑えます。

    何はともあれ、
    一番の見所が、
    レイチェル・ワイズの美貌という感じの映画かな。

    それなりに、
    ハラハラドキドキの展開ですけど、
    あくまでそれなり、
    って感じです。

    悪くはないけど、
    興味があればご覧ください、
    って事かな。

    アチキのように、
    出演している人目当てとか、
    監督目当てとか、
    そう言うのがあれば、
    レンタルしてご覧くださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 動画 レイチェル・ワイズ

    BILLABONG ビラボン 【2016年製作:映画】

    B級モンスターパニック映画ですね。

    オーストラリアが舞台です。

    ちなみに、
    オーストラリア映画です。

    先住民の土地を巡るお話しです。

    先住民の言い伝えとかって、
    実に物語のネタになり安いよね。

    それが、
    本当にあろうと無かろうと。

    インディアンの呪いとかさ。

    この映画では、
    アボリジニだけどね。

    物語は、
    兄弟の所に、
    死んだじいさんから手紙が来て、
    持っている土地をアボリジニかえしてくれと頼まれる。

    その土地に何があるんだ、
    と言う所で、
    何もなければ、
    映画にならないので、
    何かあるのですが、
    まぁ、
    最初に書いているけど、
    モンスターが登場すると言う事ですな。

    ちょっとテンポが、
    オーストラリアの大地並にゆったりしているので、
    モンスターが出るまで、
    一般の方は、
    ちょっとあきてきてしまうかもですね。

    そんなわけで、
    B級映画が好きな方で興味があればレンタルしてください。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : モンスター パニック 動画

    ヒーロー・ウォンテッド 【2008年製作:映画】

    これまたいつものように、
    B級映画です。

    まぁ、
    アチキが個々でネタにするほとんどが、
    B級映画なので、
    今更そんなこと言わなくてもわかっとるわい、
    って思っている方も多い事でしょう。

    後、
    タイトル見れば、
    聞いたことがないようなタイトルだから、
    きっとそうだろう、
    と思う方もいるでしょうね。

    某大作映画のニアなタイトルだと、
    間違えないように、
    注意が必要かも知れませんが。

    さて、
    今回の映画も、
    前回同様、
    一般の方にも勧められると思われる映画ですね。

    アチキ的には、
    おもしろかったですよ。

    内容は、
    妻を亡くした男が、
    人生に生き甲斐をなくして、
    ゴミ収集車でゴミを収集する仕事で生活するようになります。

    そんな時、
    炎上している車を見つけ、
    社内に残された少女を救出。

    その後、
    銀行強盗の現場に居合わせて、
    これまた結果的に英雄的な働きをすることになるのですが、
    ここから、
    物語が始まると言っても良いでしょう。

    回想的なシーンが出てきて、
    それも時系列がばらばらで、
    全てのパーツが見えるのは、
    ラストの方という、
    よくできた脚本です。

    そんなわけで、
    これならきっと一般の方もレンタルして観て楽しめるのではないかと。

    もちろん、
    B級映画好きは、
    間違いなく楽しめます。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 サスペンス 動画

    美女と野獣 【2017年製作:映画】

    実写版「美女と野獣」です。

    主役は、
    エマ・ワトソンです。

    公開前から気になっていた映画ですね。

    何しろエマ・ワトソンですからね。

    映画の内容は、
    過去の作品と大きくは違いません。

    新しい解釈による物語の変更とかはなく、
    正統的な「美女と野獣」を実写でやりましたという感じです。

    まぁ、ウォルト・ディズニーですからね。

    全方位的に、
    誰もが見て楽しめる作品に仕上がっています。

    アニメ版で、
    アチキの好きなシーンが、
    美女と野獣が二人でダンスをするシーンなのですが、
    アニメのような壮大な感じが、
    実写では、
    こぢんまりとした感じになっていて、
    実に残念でした。

    まぁ、
    それは、
    些細なことなので、
    それ以外は、
    満足できるレベルでしたね。

    クライマックスも良くて、
    唯一の悪者役といってもよい、
    男がやっつけられるのは、
    良かったですな。

    どうせウォルト・ディズニーだから、
    死ぬと言う事はないんだろうな、
    と思って見ていましたから。

    そんなわけで、
    当然ながら一般の人でも十分楽しめる作品になっています。

    お子様と一緒に家族で楽しめるのではないかな。

    まっ、
    アチキは、
    一人で見ましたけどね。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : 恋愛 ファンタジー 動画 エマ・ワトソン

    ビギニング 【2015年製作:映画】

    B級SF映画ですね。

    製作国は、
    オーストラリアです。

    結構、おもしろかったですよ。

    でも、
    TSUTAYA DISCUSのレビューコメントを読むと、
    ダメダメの評価が多いですな。

    多いと言っても、
    もともとのコメント数が少ないからなぁ。

    と言うわけで、
    やはり一般の方とは、
    アチキの基準が違うということが、
    いつものように分かってしまったのですが、
    それは、
    それで、
    アチキ的には、
    あまり気にしていないです。

    さて、
    映画の内容ですが、
    核戦争が勃発して、
    もう人類は長くはないという状況で、
    とある田舎に隕石が落下。

    その隕石を発見した男は、
    隕石に付着していたある物によって、
    怪我が治ってしまいます。

    その事実を知った政府が、
    主人公を捕らえようとするのですが、、、。

    まぁ、
    あんまり書いてしまうと、
    ネタバレになってしまうので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    但し、先にも書きましたが、
    どうも一般の方の反応は良くないようなので、
    十分、取り扱いにはご注意を。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    ピースキーパー・ウォー ~最終大戦~ 【2004年製作:映画】

    知らなかったのですが、
    この映画、
    実は、
    TVドラマシリーズの映画のようです。

    映画と言っても、
    もしかしたらテレビ用に作られた映画かもしれないので、
    劇場では、
    本国でも公開されていないのかもしれませんな。

    で、
    元になっているというか、
    この映画の前の話は、
    テレビシリーズで語られているようで、
    通りで、
    イマイチ理解しきれないところがあったわけですな。

    で、肝心のTVシリーズのタイトルは、
    「FARSCAPE(ファーエスケープ)」らしいです。

    なんか、
    聞いたことがあるタイトルだなぁ、と。

    で、
    TSUTAYA DISCUSを検索したら、
    なんと、
    シーズン2しかレンタルされていませんでした。

    シーズン1を飛ばして、
    シーズン2だけかよ、
    って感じです。

    なんで、
    こういう対応が出来るのかね。

    感覚的にちょっと不思議。

    シーズン1は、
    他でレンタルしろと言う事なのでしょう。

    で、この映画の原題も「FARSCAPE」が入っているので、
    TVシリーズの流れをくんでいるのは間違いないです。

    こうなると、
    やはりTVシリーズを見てみたい気がするなぁ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 宇宙 動画

    ピエロがお前を嘲笑う 【2014年製作:映画】

    ドイツ映画ですね。

    まっ、これを書くにあたって解説見たらそう書いてありました。

    いつものようにドイツだからと言って、
    あまり意味はありません。

    どの国が作ろうが、
    おもしろければそれでよいのです。

    さて、
    映画の中身ですが、
    ハッカーのお話です。

    主人公は、
    ハッキングの技術があり、
    ある意味、
    軽い気持ちで、
    彼女のために試験問題を盗み出します。

    まぁ、これが事の発端。

    ここから、
    他のハッカー達も出てきて、
    どんどん主人公は、
    深みにはまっていきます。

    ちなみにタイトルのピエロですが、
    表面的には、
    ハッカー集団が施設に侵入してハッキングする時に、
    面が割れないようにピエロのお面をかぶっている所からついていると思います。

    結構、おもしろかったですよ。

    B級映画ばかり見ているせいで、
    基準が低いのかもしれませんが、
    良かったです。

    アチキの見解では、
    一般の方も楽しめるのではないかと思います。

    なんでそんな書き方をするのかというと、
    TSUTAYA DISCUSのコメントを読むと、
    両極端な評価になっている気がするのですよ。

    面倒なので、
    全部コメントチェックしていないので、
    本当のところは分かりません。

    と言うわけで、
    アチキ的には、
    興味があったらレンタルして見ても良いと思いますよ。

    と言う事で。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 動画

    ヒルサイド・ストラングラー 丘の上の絞殺魔 【2004年製作:映画】

    この映画、
    実話を元にした映画だったんですね。

    それも殺人鬼の犯罪を元にした映画です。

    たぶん、
    アチキは、
    C・トーマス・ハウエルの名前でレンタルしたのではないかと思われます。

    C・トーマス・ハウエルが殺人鬼の役なのですが、
    なんか、
    年取ったなぁ、
    と。

    見ながら思っていました。

    また映画を見ている時は、
    実話が元になっていると思っていなかったので、
    なんだろ、
    この展開は、
    とか、
    なんだろ、
    この犯人は、
    なんて思いながら見ていました。

    実際、
    映画としての評価は、
    いまいちな感じでしたしね。

    殺人鬼と言っても、
    凶暴な暴力に訴えるような、
    バイオレンスな犯人ではないです。

    そして、
    犯人は、
    二人組。

    どちらかというと、
    変質的な犯人になります。

    だから余計、
    変な感じを受けたのかもしれませんな。

    どちらにしろ、
    映画としての完成度は、
    いまいちな感じですが、
    実話を元にしたという所では、
    また違った感じになるかもしれません。

    そんなわけで、
    興味があればレンタルしてくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 レイプ ちょいエロ 伝記 動画

    ヒミツの恋愛トレーニング 【2004年製作:映画】

    どうやら前回の映画ネタもそうでしたが、
    ケリー・ブルックつながりでレンタルして見た作品のようですね。

    と言うわけで、
    ケリー・ブルック主演のコメディ映画です。

    映画の内容は、
    イタリアの都市部(たぶん。憶えてないけど)からイギリスにやってきた主人公が、
    自分の経験も踏まえて、
    恋愛の達人になる講座を開設することになります。

    恋愛に何かしら問題を抱えている受講者が集まり、
    それを解決していくという流れになります。

    ですが、
    実は、
    講師でもある主人公も恋愛に対して、
    ちょっとしたトラウマ的なモノを抱えているという話。

    まぁ、
    最終的には、
    みんながハッピーみたいな形で終わるんですけどね。

    コメディですから、
    悩みの部分も笑えるような感じで演出されているので、
    重くシリアスな感じにはなりません。

    良くも悪くも普通な感じですが、
    アチキ的には、
    もう少しコメディ色が強くても良かったかなぁ、と。

    お勧めと言うほどでもないので、
    興味があったらレンタルでもしてご覧になってください。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 恋愛 動画

    ヴィクター・フランケンシュタイン 【2015年製作:映画】

    いやー、
    アチキはてっきりB級ホラー映画かと思っていましたよ。

    全然ちゃいましたね。

    この映画も動画配信ポイントサービスで見たんですけどね。

    それでもまともに解説とか読まないで、
    タイトルやパッケージの雰囲気だけでポンポン見てしまうわけですな。

    なんだろ、
    映画で失敗することを恐れないからなのかもしれませんな。

    B級映画などのクソ映画を見すぎて、
    基本、
    失敗したと思わなくなってしまったという、
    いいのかわるいのか、
    まったく分かりませんけど。

    でもどんな映画でもある程度は楽しめてしまう心の広さは獲得して良かったかも。

    損得勘定として収支が合っているかどうかは別問題だけどね。

    さて、
    この映画ですが、
    ハリー・ポッターが、
    魔法使わずに死体の部品を集めて人を作ってしまうというお話し。

    と書くと、
    すごく誤解が生じるよなぁ。

    主人公は、
    ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフとジェームズ・マカヴォイ。

    ジェームズ・マカヴォイは、
    X-MENで有名ですかね。

    で、
    ダニエル・ラドクリフは最初見世物小屋で働くせむし男だったんですけど
    医者なのかな、
    ジェームズ・マカヴォイに助けられて、
    ジェームズ・マカヴォイの研究を手伝うことになります。

    元々頭がよいので、
    ジェームズ・マカヴォイの研究には欠かせない存在となるのですが、
    行き過ぎた研究と感じ始めた頃から反発するようになります。

    そして、、、。

    そこから先は、
    実際に映画を見て楽しんでください。

    フランケンシュタインの映画としては、
    中々、
    おもしろかったですよ。

    作り上げたフランケンシュタインの物語ではなく、
    作り上げていく二人の男の物語と言う事で。

    なので、
    ホラー映画って感じではないですな。

    興味があったら是非レンタルして観てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ファンタジー 動画

    ビースト・ストーリー 選ばれし勇者 【2014年製作:映画】

    簡単に言ってしまうと、
    狼男の映画です。

    主人公の高校生が、
    悪夢にうなされる毎日を送っており、
    そのことからもしかして自分は人間ではないのかも、
    なんて思い始めた矢先に、
    事件を犯します。

    そして、
    逃げるように町から逃亡して、
    放浪先で一人の人物と出会うことから、
    自分の出生の秘密なんかも徐々に明らかになっていくというお話し。

    狼男の映画としては、
    ちょっと切り口が違った感じで良かったですな。

    後半からの展開も良かったですね。

    あまり書いてしまうとネタバレ気味になってしまうから書きませんが、
    狼男が悪で、
    よくある人間対狼男のホラー映画的な話ではないです。

    最後まで楽しめましたよ。

    作りもB級映画ほど酷くないですしね。

    かといって、
    金をばんばん使った大作というわけでもないです。

    レンタルして観る分には十分楽しめのではないかな。

    もちろん一般の方がね。

    いつものようにB級映画ファンだけと言う事ではないと思います。

    興味があったらご覧になって見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 狼男 動画

    火を噴く惑星 【1962年製作:映画】

    いやー、いい感じの映画でしたね。

    60年代のSF映画です。

    それもソ連製。

    もう、
    ソ連という言葉を歴史の教科書でしか知らない人がいる時代になったのですが、
    アチキは、
    ソ連製だと言うことを知らずに見ていました。

    昔のSF映画を見てみたいなぁ、
    と適当にTSUTAYA DISCUSで予約ボタンをポチッとしただけですから。

    さて、
    タイトルからアチキはてっきり原始時代とか、
    ロストワールド的なSF映画だと思ったんですけど、
    金星に行く実に未来的なSF映画でした。

    パッケージの写真を見れば、
    宇宙服を着ているので、
    間違いなく、
    原始時代的な舞台の映画ではないことは想像できると思うんですけど、
    予約ボタンをポチッとした時には、
    その辺の事を見ていたかもしれませんが、
    ディスクが家に届く頃には、
    すっかり忘れています。

    金星に探査に向かった三機のロケットが、
    1機は隕石にやられてすぐにいなくなり、
    のこり2機になって、
    1機は金星着陸、
    その1機もなんか大変な事になったので、
    軌道上にいた仲間が助けに行くことに。

    しかし、
    全員で行くとこれまた色々とあるので、
    一人残して救出に。

    で、
    金星に降りた2組の冒険と、
    それを軌道上で見守るというか、
    留守をしている者の話になります。

    まぁ、
    今の金星の情報からはとてもこんな設定の金星は描けないだろうなぁ、
    と言うところが、
    実に良いですね。

    火星にタコ型の火星人がイタというのを、
    本気で信じていたのと同じくらい夢があります。

    当然、
    特撮のレベルは時代に即したものですが、
    物語とか展開は、
    良くできていると思います。

    アチキは十分楽しめましたし。

    一般の方がどの位この映画を見て楽しめるのか、
    ちょっと分かりませんね。

    なので、
    興味があったらご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 冒険 ロケット ロボット 動画

    ピクセル 【2015年製作:映画】

    機内上映で見た映画の一つです。

    ちょうどTSUTAYA DISCUSで届くタイミングだったんですよねぇ。

    なので、
    ブラジルから帰ったら早速、
    予約から外しましたよ。

    と言うわけで、
    映画の話。

    予告を見た時から見ようと思っていた映画。

    80年代をゲームと共に過ごした少年少女には、
    たまらない映画ですな。

    いるかいないか分からない宇宙人とコミュニケーションを取ろうとして宇宙船(と書きましたが本当は人工衛星を宇宙に放り出しただけですけど)を送り出したパイオニア計画やヴォイジャー計画。

    そのある意味一方通行なコミュニケーションを受け取った宇宙人が、
    当然、
    本来の意図とは違う意味で受け取り、
    地球を侵略に来る話です。

    まぁ、このネタは、
    他の映画でも散見されているけどね。

    何が呼び出されて来るかが、
    まだネタとして色々と考えられるというわけですな。

    今回は、
    戦う方法を地球人が指定したゲームで行うという、
    宇宙人的には、
    お前等に有利な条件で戦ってやろうじゃないか、
    という感じで地球侵略がスタートします。

    その宇宙人の意味をまず最初は理解できず、
    理解した後は、
    今まではゲームが得意という以外は、
    社会のはみ出し者であった主人公が活躍するというお話し。

    実にB級映画のノリで楽しかったです。

    B級映画のネタを金をかけて作るとこうなるという、
    良い見本のような映画。

    アチキは、
    好きだなぁ、
    こういう映画。

    と言うわけで、
    万人受けするかは知りませんが、
    少なくとも80年代にゲームセンターなどでゲームをしていた大人は楽しめるでしょうね。

    たぶん。

    映画の内容まで楽しめるかどうかは知りません。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション コメディ エイリアン 動画

    美女と野獣 【2014年製作:映画】

    ウォルトディズニーの劇場アニメ「美女と野獣」は、
    映画館で見たんですよね。

    とてもディズニーらしい映画で、
    アチキとしては、
    久々の長編アニメで出来の良いのが出来たな、
    と偉そうに思っていました。

    さて、
    実写の「美女と野獣」ですな。

    こちらも最近の流行ですな。

    アニメの実写化。

    CGのおかけで最近は「映像化不可能だった作品が……」と言ったフレーズを聞かなくなりました。

    今では、
    よほど文章として抽象的な表現でなければ、
    何でも出来てしまう感じです。

    SFだろうとファンタジーだろうと。

    と言うわけで、
    ちょっと話がそれましたが、
    「美女と野獣」の実写と言っても映像的には問題ないと思うわけで、
    そうなると内容がどんな感じになるのか。

    基本、
    最近の流れでは、
    ダークな感じになると言うことですが、
    こちらもやはりダークな感じの作品になっています。

    原作の小説に近い内容と言うことですが、
    いかんせん原作の小説を読んだことないからなぁ。

    でも楽しめましたよ。

    大人も十分楽しめる内容です。

    と言うか、
    子供は楽しめるのか?

    小さいお子さんだと楽しめないんじゃないのか、
    といった感じですね。

    と言うわけで、
    興味があったらご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 恋愛 魔法 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー