ベロニカは死ぬことにした 【2009年製作:映画】

    アメリカ映画です。

    真木よう子主演の日本映画と同じ小説を原作とした映画です。

    なので、
    タイトルも統一していると言う事でしょうね。

    こちらの映画の主演は、
    サラ・ミシェル・ゲラーです。

    出演作を見てみると、
    ホラーやB級映画などに多く出ています。

    なので、
    アチキにもなじみのある女優さんです。

    それなりに、
    出演している作品を見ていますしね。

    なので、
    このような文芸作品といっていいのかな、
    そのようなジャンルに出ることの方が珍しいといった感じです。

    内容については、
    真木よう子主演の日本版「ベロニカは死ぬことにした」と、
    大筋では変わりません。

    と言う事は、
    エッチなシーンももちろんあります。

    まぁ、
    そこばかり取り上げていますが、
    数分しかそのシーンはないですからね。

    そこばかりを期待すると、
    残念な気持ちになると思いますよ。

    まぁ、
    両方の作品を見て感じたのは、
    アチキ的には、
    こちらの作品の方が良かったな、
    と。

    これって、
    個人の趣味とかもあると思うので、
    好きな方を見ればよいのかな、
    と思いますね。

    アチキのように、
    見比べてみるというのも一つの楽しみ方ではあると思いますが、
    アチキ的には、
    見比べるほどの物かな、
    と。

    特に、
    今のところ、
    映画を見て、
    原作の小説まで読んでみたいとは思っていないですしね。

    単に、
    物語自体が、
    アチキの好みとは、
    違っていたという事ですな。










    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ ちょいエロ 恋愛 動画 サラ・ミシェル・ゲラー

    ベン 【1972年製作:映画】

    「ウイラード」の続編になります。

    なので、
    この映画を見る前に、
    まずは「ウイラード」をご覧ください。

    と言う事で、
    「ベン」ですが、
    ネズミの名前です。

    「ウイラード」は、
    主人公の名前でした。

    と言う事で、
    今回も一応、
    主人公の名前と言う事ですな。

    前作のネタバレになってしまうので、
    コレから見ようと思っている方や、
    気にする方は、
    ここから先読まないでください。

    前作で、
    主人公に殺されそうになり、
    自らの命を守るために、
    主人公を殺したネズミ。

    生き延びたベンは、
    新しい人間の飼い主を見つけることに。

    しかし、
    前作で、
    ネズミパニックになった町は、
    ネズミに対して、
    過剰とも言える反応をしているのでした。

    そんな中で、
    追い詰められるネズミと少年。

    はたしてその結果は、
    と言う事で、
    昔の映画は、
    本当に、
    続編は、
    善作を超えるのが難しかったのが、
    よく分かりますね。

    前作のインパクトを越えないと駄目ですし、
    元々、
    続編なんか考えていないから、
    そう言う作りをしていないので、
    余計、
    難しくなっているのでしょう。

    とは言え、
    この映画がダメダメかというと、
    そんなことはなく、
    前作のインパクトを越えていないだけで、
    最後まで楽しく見られます。

    前作を見たらね
    その勢いでこちらも見て欲しいですね。

    もちろん、
    善作がつまらないと思った方は、
    見る必要はないと思いますけど。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー パニック 動画

    ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 【2016年製作:映画】

    ニコラス・ケイジ主演のホラー映画ですね。

    この人は、
    本当に何でも出るよね。

    決して、
    嫌いな俳優ではないので、
    ついつい追っかけて見てしまうことがありますけど。

    この映画も、
    ニコラス・ケイジが出ているのか、
    と言う事で、
    見たという感じですしね。

    まっ、
    内容的にも、
    ニコラス・ケイジが出ていなくても、
    いつか見ていたかもしれませんけど。

    内容は、
    ハロウィンにまつわる話です。

    子供と一緒に、
    祭に行ったら、
    そこで、
    子供とはぐれてしまい、
    行方不明に。

    アメリカでは、
    良くある話で、
    大変な事になった、
    と大騒ぎ。

    連れ去ったのが、
    人間だったら犯罪映画になったのですが、
    オバケが連れ去ったと言う事で、
    ホラーになっています。

    はたして、
    子供は助けられるのでしょうか。

    といった感じで、
    思ったよりもおもしろかったですよ。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画 ニコラス・ケイジ

    ペーパーマン PaperMan 【2009年製作:映画】

    どうせ単なるB級映画だろうと思っていました。

    それも「スーバーマン」のパロディとか、
    スーパーヒーローのパロディかと思っていました。

    なので、
    コメディ映画かな、と。

    で、
    見てみると、
    ネタはアレですが、
    結構まじめなヒューマンドラマでしたね。

    もちろん、
    ネタが、
    スーパーヒーローなので、
    コメディ色が強いですけど。

    内容は、
    売れない作家が、
    今度こそ売れる作品を仕上げるのだ、
    と日本的に言うと、
    缶詰になって、
    仕事をすることに。

    缶詰といっても、
    奥さんが医者でそれなりに収入があるので、
    海辺に近い家を借りての創作作業。

    で、
    この売れない作家が、
    実は、
    幼少期の頃から、
    心に秘めたというか、
    空想上のスーパーヒーローを持っていて、
    何かにつけて、
    そのヒーローが登場してきます。

    そんな中、
    同じような空想上の人物を心に持っている少女と出会って、、、。

    と言う感じで、
    思っていたよりも良かったですよ。

    興味があったらレンタルして見ても良いかも知れませんな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ドラマ 動画

    米軍極秘部隊ウォー・ピッグス 【2015年製作:映画】

    ドルフ・ラングレン、
    ミッキー・ロークと、
    名前の知れている俳優が出ていますが、
    まぁ、
    B級映画ですな。

    内容は、
    第二次世界大戦のノルマンディ上陸作戦後で、
    連合軍が、
    ヨーロッパ大陸にはいって、
    進軍している頃の話になります。

    そんな中、
    特務任務に使うために、
    とある部隊に上陸作戦で武勲をあげた男を使わして、
    使えるようにしろと言う事二なります。

    使えるように、
    と言うところからも、
    まぁ、
    ある意味軍隊に所属しています、
    と言うレベルの部隊で、
    当然、
    偉い人間が来て上から色々と言われて、
    ぶーぶー言うわけですが、
    嫌々ながらも鍛え上げられて、
    いっぱしの兵士になり、
    作戦を成功に導くというお話しです。

    良くある話なので、
    ある意味、
    安心して見ていられましたね。

    アチキ的には、
    最後まで楽しく見られたので満足です。

    と言うわけで、
    これなら一般の方にも進められるかなぁ、
    と思ったのですが、
    どうやら一般の方は、
    さすが見る目が肥えているので、
    この程度では、
    最低最悪の評価のようです。

    まぁ、TSUTAYA DISCUSのレビューコメントしか読んでいないので、
    局所的な可能性も有りと思いますけど。

    と言うわけで、
    当然、
    アチキの意見よりも、
    そちらの意見の方が、
    きっと信頼おけると思いますので、
    一般の方は、
    敬遠した方がよいようです。

    B級映画ファンの方で、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 戦争 ミリタリー 動画

    ベイウォッチ 【2017年製作:映画】

    主演は、
    今や、
    ザ・ロックではなく、
    ドウェイン・ジョンソンの名前の方がメジャーになった感がある、
    ドウェイン・ジョンソンです。

    今度の役所は、
    ライフセーバーです。

    この前、
    ドウェイン・ジョンソンの出ている映画を見たのは、
    消防士だったような気がしますが、
    人の命を助ける職業を制覇するつもりでしょうかね。

    消防士の時は、
    大地震で、
    一般人を助けると言うより、
    家族を助ける内容でしたけど、
    今回は、
    海での救助活動は、
    ほとんどせず、
    とある事件を解決しようとします。

    結局犯罪者を懲らしめる映画なのね、
    って感じです。

    まぁ、
    一般人相手に、
    あの肉体は、
    あまりにも破壊力がありすぎますからね。

    シリアスな内容なのかと思いきや、
    コミカル担当の役者が、
    かなり目立っているので、
    コメディ映画かと思える感じの映画です。

    まぁ、
    とりあえず、
    特に何かみたい映画があるわけではないけど、
    暇つぶしに何かみたいなぁ、
    と言う時にでも、
    レンタルして見るにはちょうど良いかも知れませんな。

    子供と一緒というのは、
    やめた方がよいかも知れませんけど。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 コメディ ちょいエロ 動画 ザ・ロック

    ペインキラー・ジェーン 【2005年製作:映画】

    どうやらこの映画、
    アメコミが原作のようです。

    知りませんでしたね。

    まぁ、
    アチキは、
    アメコミ好きですけど、
    メジャーなタイトルしか知らないし。

    原作コミックを追いかけるほどのファンでもないので、
    知っている作品よりも知らない作品の方が多いです。

    と言うわけで、
    この作品の原作も当然知りません。

    物語は、
    アメコミだと知っていると、
    なるほど、
    特殊な力を手に入れて、
    悪に立ち向かうヒーローという物語に納得。

    ヒーローと言っても女性なので、
    お間違いのないように。

    アメコミのヒーロー物といっても、
    最近の物なのでしょうね、
    派手なコスチュームは着ません。

    トレードマーク的なコスチュームは、
    アチキ的には、
    アメコミらしくて好きなんですけどね。

    アメコミ作品が、
    全て金をかけた映画というわけではないのは、
    知っています。

    この映画も余り金をかけていません。

    なので、
    昨今のアメコミ映画をイメージしていると、
    一般の方は、
    肩すかしを食らうでしょう。

    なので、
    どちらかというと、
    B級映画好きの方に見て欲しいって感じですかね。

    アチキは、
    満足しましたよ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション アメコミ 動画

    ヘンゼル&グレーテル 呪いの森の魔女 【2013年製作:映画】

    様々な「ヘンゼル&グレーテル」のタイトルの映画があります。

    なので、
    どれがどれだか分からなくなるんですよね。

    さて、
    そんな紛らわしいタイトルの映画ですが、
    この映画は、
    現代版「ヘンゼル&グレーテル」といった感じです。

    ファンタジー色の強い物語ではありません。

    ファンタジーではなく、
    ホラーです。

    あえて「ヘンゼル&グレーテル」にしている理由は、
    まっ、特にないかな。

    一応、
    魔女の住むお菓子の家に入った子供は、
    食べられてしまう、
    と言う設定は、
    なんとなく活かされています。

    それって、
    ホラーで言うところの館モノの定番って感じですけど。

    ちなみに、
    お菓子の家は、
    人が住むようなお菓子の家は出てきません。

    お菓子で作られた家は出てきますけど。

    登場人物は、
    子供と行ってもティーンエイジャーで、
    小学生みたいな小さい子供ではありません。

    何しろドラッグでラリっていたりしますから。

    で、
    この魔女が、
    いわゆる麻薬を栽培していて、
    グレーテルの恋人が魔女の元にその麻薬を買いに行って戻ってこない。

    行方不明になった恋人を探して魔女の存在を知ったグレーテルは、
    魔女と対決することになってしまうというお話し。

    いやいや、
    なんだかんだで、
    結構おもしろかったですよ。

    一般の方がどう思うのかは、
    ちょっと微妙ですが。

    アチキのようなB級映画が好きな方は、
    楽しめるのではないかな。

    興味があって未練たるするのはよいですが、
    他のタイトルと間違ってレンタルしないよう気をつけてくださいね。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 ララ・フリン・ボイル

    ヘイロー:ナイトフォール 【2014年製作:映画】

    ゲーム機Xboxのハードを牽引した世界的ヒットゲームを元にした映画です。

    ゲームは、
    アチキもプレイしましたよ。

    全部ではないですけど。

    おもしろかったですよ。

    なので、
    映画もちょっと期待していました。

    ゲームがおもしろかったからだけではないです。

    制作総指揮がリドリー・スコットだったからです。

    これは、
    金かけて作っているぞ、と。

    他にも「ヘイロー」の映像作品を観ているので、
    それらに比べるとクオリティは高かったです。

    但し、
    「ヘイロー」らしいかどうかは、
    アチキにはちょっと分からなかったかな。

    それほど「ヘイロー」に対して思い入れとかもないし、
    ゲームをプレイしたことがあるといった感じだけだからね。

    要するに「ヘイロー」というタイトルでなくても良いと思ってしまった感じの映画でしたね。

    「ヘイロー」は、
    アメリカでは人気があるから、
    これからも色んな映画に限らず色んな映像作品が作られそうだし。

    そのうち、
    これは傑作だぁ、
    と言うのも誕生するかもしれないなぁ。

    今回のは、
    リドリー・スコットが制作総指揮をしていて、
    ゲームを制作した「ヘイロー」のスタッフもかなり関わっている割には、
    良くも悪くもない作品になってしまっていたのが残念でしたね。

    レンタルして観る分には、
    ちょうど良いかもしれないけど。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション ミリタリー 動画 リドリー・スコット

    ヘルダミアン 悪霊少女の棲む館 【1988年製作:映画】

    この映画、
    前回ネタにした「ダークビヨンド 死霊大戦」の前作にあたるというのを、
    「ダークビヨンド 死霊大戦」を見てから知って、
    急遽、レンタルして観たんですよね。

    いやー、
    なんというか、
    別に前作と言っても、
    あまり関係なかったかな。

    どちらを先に見てもあまり不都合な感じはないです。

    アチキがそうだったので、
    その辺は、
    自信を持って言えるかな。

    まっ、
    制作順に見る方がベストというのは、
    間違いないと思います。

    さて、
    今回も映画のネタは、
    H・P・ラヴクラフトになります。

    その部分は、
    まぁ、楽しめたかな。

    H・P・ラヴクラフトホラー映画という観点で言うと、
    相変わらずイマイチって感じですけど。

    ホラー映画の定番、
    館モノなので、
    その当たりは楽しめましたよ。

    いかにもB級ホラー映画の低予算な感じがして、
    アチキは好きだなぁ、
    こう言うの。

    たぶんこの映画を見たいと思うのは、
    H・P・ラヴクラフトのファンか、
    B級ホラー映画ファンがほとんどでしょうね。

    一般の方で興味を持つというのは、
    まずないかな。

    もし自分が一般と認識していて興味を持って、
    観てみようと思った方、
    まず自分が一般という認識が間違っていることを自覚しましょう。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 H・P・ラヴクラフト

    ザ・ヘラクレス 【2014年製作:映画】

    ヘラクレスを題材にした作品は、
    数多くあるので、
    他とは違うヘラクレスを見せようと頑張った作品です。

    しかし、
    ヘラクレスの物語を多少なりとも知っている者としては、
    さすがに、
    ちょっと違和感を感じましたね。

    これだったら、
    知らない人の方がすんなり楽しめるのではないでしょうか。

    と言うわけで、
    映画の内容ですが、
    基本的な部分は、
    ヘラクレスになっています。

    半神の人間だとか、
    兄貴がいるとか、
    でも、
    ヘラクレスの試練という部分では、
    実にオリジナリティにあふれています。

    そんなわけで、
    この映画を見る場合は、
    ヘラクレスのことは忘れて、
    見た方が楽しいです。

    そこさえ間違わなければ、
    アクションエンタテインメントとして楽しめます。

    さすがにCGも良くできているし、
    見せ場もしっかりとしている。

    最近のこの手の作品は、
    「タイタンの戦い」もそうでしたが、
    主人公が実に肉体派のワイルドな感じになっていて、
    何となく、
    系統も似ている人が多いです。

    悪くはありませんが、
    そればかりだと、
    どの作品がどれだったのか、
    区別が付きにくくなってしまうのも確か。

    まぁ、
    そう言うのは、
    過去の作品群でも同じような感じだったから今更ですけどね。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー アクション 動画

    ヘッドハンター 【2004年製作:映画】

    これまたエステラ・ウォーレン目当てで見た映画ですな。

    どんだけ好きなんだよ、
    エステラ・ウォーレン

    って思っている方もいらっしゃると思いますが、
    お気に入りの女優さんではありますが、
    それほどでもないと言ってしまっても良いかも。

    気に入った俳優さんがいると、
    その出演している映画なんかもポンポン予約してしまうので、
    こうやってつづく訳ですな。

    TSUTAYA DISCUSの良いところでもあり、
    悪いところでもあると言うことですか。

    監督や俳優でタイトルを追っかけていくと、
    普段あまり見ないジャンルの映画なんかを見たりして、
    それが当たりだって言うことがあったりすると、
    こういう見方をするようになったりするんですよ。

    と言うわけで、
    「ヘッドハンター」の話ですな。

    タイトルからも分かるとおり、
    ヘッドハントをテーマにしたサスペンス映画です。

    企業とかが舞台の社会派サスペンスという訳ではないです。

    ヘッドハントをするのが仕事の男が、
    ある男に目をつけます。

    それが主人公なのですが、
    ヘッドハントを持ちかけられて、
    断るんですな。

    ヘッドハンターは、
    成功率100%を自慢にする男。

    一度目をつけたらどんな卑劣な手を使ってもモノにするという。

    このどんな卑劣な手というのが、
    主人公に降りかかるという話です。

    いやー、
    中々良かったですよ。

    ヘッドハンターの狡猾さとか、
    それに対抗する主人公。

    レンタル代は十分楽しませてくれました。

    興味があったら暇な週末にでもご覧になってくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 動画 エステラ・ウォーレン クリスチャン・スレーター

    ザ・ベイ 【2012年製作:映画】

    パニック映画になるのかな。

    さて、
    物語ですが、
    とある田舎町の港で、
    祭が開かれようとしています。

    時を同じくして、
    海の環境を調べている科学者がいます。

    その待ちの周辺海域で捕獲した魚を調べると、
    体内から帰省中のようなものが発見されます。

    そして、
    事態はとんでもないことに。

    といった感じで、
    なにやら大変なことが起きているのかも、
    から、
    大変な事になってしまったという展開。

    王道の物語で、
    ネタになっている部分は、
    それほど突飛なものではないです。

    徐々に明らかになってくる大変な事。

    いい感じの物語ですが、
    飛び抜けている部分がないのが残念。

    逆に言うと、
    安心して見ていられるB級映画って感じです。

    基本はおさえてあるので、
    それほど酷いと感じる部分が少なく、
    過大な期待さえしなければ、
    一般の方でも楽しめるのではないでしょうか。

    そういう意味では、
    灰汁がないので、
    アチキ的には、
    物足りないです。

    いい意味でも悪い意味でもね。

    そんなわけで、
    見たい映画がなくて、
    暇つぶしに何でもいいから見たいな、
    という時にでもレンタルしてくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 海洋 動画

    ベイビーズ・デイアウト/赤ちゃんのおでかけ 【1994年製作:映画】

    ジョン・ヒューズが製作と脚本というのを、
    見た後に知ったアチキです。

    だからなに、
    っていう感じてもありますが。

    コメディ映画です。

    金持ちの家の子供を誘拐して身代金を取ろうとする犯人たちと、
    赤ちゃんの騒動が中心になります。

    もう設定だけで、
    映画の中身が想像できてしまう感じで、
    実際、
    想像通りでしたね。

    想像と一緒だからつまらないかというと、
    そういうわけでもないですが、
    予想外のおもしろさというのはないので、
    まぁ、
    普通に最後まで楽しめたという感じですかね。

    少しはお涙ちょうだいというわけではないですが、
    ホロリとするところとかあるのかなぁ、
    なんて思ったりもしていたのですが、
    アチキ的には、
    無かったかな。

    そういうネタは仕込んであって、
    そういう感じで展開したりしたのですが、
    ホロリはなかったです。

    まっ、
    アチキは、
    感覚が鈍いから、
    参考にならないかもしれないけど。

    そんなわけで、
    ある意味、
    安心して見ていられるコメディ映画ではありますね。

    おバカ映画ではないので、
    極端に人を選ぶと言うこともないです。

    なので、
    暇な終末に気楽に何かみたいなぁ、
    という方には良いかもしれません。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 犯罪 動画 ジョン・ヒューズ ララ・フリン・ボイル

    ヘンゼル&グレーテル 【2013年製作:映画】

    まずこの映画の設定にやられたぁ、
    と思ったわけです。

    で、
    レンタル開始して直ぐにかりて見たわけですが、
    思ったのとはちと違いましたが、
    これは、
    これで面白かった。

    内容は、
    グリム童話の物語の一つ、
    「ヘンゼルとグレーテル」を元にした、
    アクション映画です。

    お菓子の家で魔女に食べられそうになったヘンゼルとグレーテルが、
    大人になって、
    魔女狩をするというお話し。

    で、
    アチキですが、
    まともに「ヘンゼルとグレーテル」のお話しを知らない。

    お菓子の家からどうやってヘンゼルとグレーテルは、
    助かったのか。

    いや、
    助かったのかどうかも知らない。

    う~ん、
    昔、
    アニメとかで見たような気もするんだけどなぁ。

    一時期、
    グリムとか、
    アンデルセンが大人向けというか、
    有路なるは残念なんだよと言うことで、
    流行った時がありましたが、
    そのちょいと前くらいに、
    岩波書店からアンデルセンの本が出ていて、
    買って読もうと思っていたんですけど、
    結局買わずに読んでいない。

    ちなみに、
    グリム童話の大人向けの漫画とかは、
    読んでいません。

    おっと、
    話が逸れましたな。

    まぁ、
    その程度の知識しかないアチキでも、
    全く問題なく楽しめました。

    と言うか、
    オリジナルは、
    設定だけでほとんど意味がないというか、
    気にする必要がないといった感じです。

    極端なことを言えば、
    ヘンゼルとグレーテルの名前を変えても成り立つ映画です。

    まぁ、
    魔女の家というか、
    お菓子の家の設定は変えないと駄目だけどね。

    魔女もいい感じだし、
    物語の展開も中々。

    思っていた以上に楽しめた映画でした。

    興味があったら是非暇な週末にでもレンタルしてみてくださいな。

    お薦めでっせ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー アクション 魔女 動画 ファムケ・ヤンセン

    ヘイロー4 【2012年製作:映画】

    Xboxで発売されたゲーム「Halo (ヘイロー)」シリーズの実写映画です。

    ゲームの物語が、
    映画になっているわけではありません。

    映画オリジナルのストーリーとなっています。

    なので、
    ゲームをプレイしたことがない人で楽しめるようにはなっています。

    とは言え、
    これ単独で楽しめる作品かというと、
    そうでもないんですよねぇ。

    コヴナントと戦うというのが、
    シリーズ当初の話で、
    映画もコヴナントと戦う兵士を育てる訓練所が舞台となっています。

    設定としては良かったんですよね。

    「宇宙の戦士」みたいに、
    新兵になるまでの過程で、
    世界状況や敵などの情報を自然に説明できて。

    しかし、
    主人公の立ち位置がイマイチで、
    いずれ英雄になる素質の持ち主なのか、
    ただの一般兵として扱いたいのかが分からず、
    クライマックスでの戦いでも何だかなぁ、と。

    クライマックスに限っては、
    ゲームをプレイしたことがある人にとっては、
    やっと出てきたかぁ、
    という感じで、
    楽しいんですけど。

    ゲームを知らない人だと、
    誰アレ、
    なんか凄い人だというのは分かるけど、
    といった感じで、
    いきなり主人公が変わってしまったような印象を受けるんですよね。

    どうせだったら、
    ゲームとは違い戦いは悲惨なものなんだ、
    とやってしまった方が良かったのではないかな。

    でも、まぁ、
    全体的に見て、
    とても酷い作品ではないので、
    ゲームをプレイしたことがある人なならレンタルして見ても楽しめると思います。

    逆に、
    この映画を観て一体何人の人がゲームをプレイしてみようと思うのかは、
    まったく分かりませんけどね。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション ミリタリー 動画

    ベガスの恋に勝つルール 【2008年製作:映画】

    キャメロン・ディアスとアシュトン・カッチャーの恋愛コメディ映画です。

    実は、
    アチキ、
    キャメロン・ディアスはあまり好きじゃない。

    でも出演している映画は結構観ている。

    アメリカ人て、
    この手の口がデカイ女性が好きですよねぇ。

    日本だと女性に人気あるし。

    さて、
    そんな印象を覆すほどの作品かというと、
    そうでもない。

    と言うより、
    単にビジュアルが好みではないので、
    役柄とか演技とかで左右されないからなぁ。

    結論から言ってしまうと、
    思っていた以上におもしろかったです。

    観る前までは、
    たいして面白くないだろうなぁ、
    と思っていたので、
    ある意味マイナススタートだったから観終わった後の印象は良くなっているんでしょうね。

    ベガスに友達と遊びに来ていたジョイ・マクナリー(キャメロン・ディアス)と、
    同じく友達と遊びに来ていたジャック・フラー(アシュトン・カッチャー)が、
    翌朝、
    気がついたら結婚していたという状態。

    ラスベガスでの結婚ネタは、
    色々とあるので、
    これもその一つですな。

    そして、
    ハングオーバーの展開というのもありがちと言うことで、
    ここまでは、
    まぁ、
    良くある話。

    そこで、
    このことは全て忘れようとする二人。

    帰り際にジャック・フラーがスロットをしたところ、
    これが大当たり。

    300万ドルを手に入れたことから二人の関係が大切になってくると。

    好きで一緒になったわけではないが、
    金は欲しい。

    しかも半分ずつなんて問題外。

    何とかして独り占めしたいとお互いに行動することに。

    はたしてその結果は、、、、。

    まっ、
    わかりやすいラストですよ。

    こう言うコメディは、
    気軽に見られるからいいよね。

    楽しいし。

    気分がネガティヴな時にご覧になると良いのかも。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 恋愛 コメディ 動画 キャメロン・ディアス

    ヘルレイザー:レベレーション 【2011年製作:映画】

    「ヘルレイザー:レベレーション」で、
    とりあえず「ヘルレイザー」シリーズのネタは打ち止めです。

    今回もパズルボックスとピンヘッドは脇役です。

    冒頭、
    フェイクドキュメント的にホームビデオによる撮影とその映像で物語が進んでいきます。

    そして、
    パズルボックスを開けてしまった青年がピンヘッドに襲われて、、、。

    と言うところから一転、
    その家族達が登場。

    先に登場した二人の青年の親で、
    子供達は行方不明になっているということが判明。

    残された荷物にそれまで撮影されていたビデオもあり、
    ピンヘッドに攫われる直前の映像も残っていて、
    一体、
    その時何があったのか、
    と家族は思うわけです。

    しかし、
    非現実的な状況で、
    現実的に考えても何も解決するわけがなく、
    家でして行方不明になった息子達の帰りを待つだけの日々。

    兄が行方不明になって、
    家庭での微妙な雰囲気というか空気に耐えられない妹が、
    遂にパズルボックスを兄の荷物から発見。

    パズルボックスを開ける一歩手前まで操作すると、
    行方不明だった兄が登場。

    ここから物語が始まります。

    と言うか、
    ここまではまだ良かった。

    ビデオに残された映像とか、
    回想シーンになるのかな、
    それらがうまく盛り上げてくれました。

    しかし、
    ここからがなんか普通になってしまってね。

    これだったらビデオに残された映像を元に家族とかが捜査してパズルボックスの秘密とか、
    ピンヘッドの存在とか、
    あの日、息子達に何があったのか、
    みたいな展開の方が良かったかも。

    今までの5から続く流れの作品の中では、
    ワンランク落ちた感じの作品でしたね。

    まっ、
    それは、
    アチキの期待していたものとかになっていなかったせいかもしれないけど。

    とは言え、
    つまらないわけではないので、
    しっかり最後まで楽しく見る事が出来ました。

    ホラー映画が好きな人でまだ「ヘルレイザー」シリーズをご覧になっていない方は、
    是非、
    シリーズを観て欲しいですな。

    おもしろいでっせ。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    ヘルレイザー ヘル・ワールド 【2005年製作:映画】

    さて「ヘルレイザー」シリーズも8作目になりました。

    そろそろ「ヘルレイザー」シリーズに興味のない人は飽きているだろうなぁ、と。

    とりあえず、
    残り1作なので、
    今しばらくお付き合いください。

    さて、
    「ヘルレイザー」シリーズは、
    ほとんどの場合、主人公やヒロインは死にます。

    死んで生きている人物もいますが、
    基本的には、それは人間ではなくなっているので死んでいると見なします。

    過去、生き残っているのは、
    もちろん端役の人は生きていたりしますが、
    メインでは、アチキの記憶が正しければ、
    一人だけです。

    さて、今回は生き残ることが出来るのでしょうか。

    冒頭男性が一人死にます。

    その葬儀がとり行われ、
    友人が参列します。

    この男性の死に友人達が絡んでいるようなのですが、
    最初はどんな感じで関わっているのかが分かりません。

    そして、
    若者の間でパズルボックスにまつわる伝説があり、
    その遊びが流行っていることが判明。

    そのパズルボックスにちなんだパーティーが開かれるのをネットで知った若者たちは、
    ネットでの参加資格のテストに合格して参加することに。

    当日、仲間達とパーティーに参加し、
    主催者と対面。

    そこからその館で様々な事が起こります。

    起きなければ、映画にならないですからね。

    そんな感じで、
    次々と仲間が死んでいきます。

    これまた夢か現実か分からない感じで物語が進んでいきます。

    物語的にはこぢんまりとした感じですが、
    伏線の張り方も中々で、
    最後まで楽しく観られました。

    ラストの展開も良かったし、
    シリーズ後半の夢と現実のネタもこなれてきた感じで良く出来ていました。

    正直、ちょっと飽きてきたのですが、
    捕らわれた境遇の若者たちのネタは良かったので、
    それがなければ、
    あー、結局このパターンか、
    と言う感想になっていたでしょうね。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン 【2005年製作:映画】

    シリーズ7作目「ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン」です。

    今回の主人公は、
    ライター、女性記者です。

    タブロイド誌の出版社に送られてきた一本のビデオ。

    そこには、
    女性を殺し生き返らせる儀式が映っていた。

    はたして、その映像は本物なのか。

    その真実を調べるためにエイミー・クラインは、
    ビデオの送り主がいるルーマニアへ行きます。

    そして、
    ビデオの送り主が住むアパートメントに行くと、
    そこには、、、、、。

    といった感じで、
    今度は、刑事ではなく記者が事件を調査して、
    パズルボックスの世界を知り、
    関わってしまうという展開です。

    これまた現実と非現実が入り交じり、
    主人公は頭がおかしくなったのか、
    それとも、
    という感じで迷走していきます。

    展開も良くて、
    さすがにネタバレになってしまうのでかけませんが、
    (書いてしまうとおもしろさ半減してしまいそうなので)
    どうなるんだエイミー、
    って感じで最後まで目が離せません。

    7作目でそろそろネタ切れかなぁ、
    なんて思いそうですが、
    まだまだイケるって感じです。

    興味があったら是非観て欲しいですな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー