ホワイトクラッシュ 【2003年製作:映画】

    サバイバル・アドベンチャーの映画です。

    これまた、
    いつものように、
    どんな内容なのか、
    知らずにレンタルして見ています。

    なので、
    映画の導入から、
    それこそ、
    前半までは、
    どんな展開になるのかね
    想像すら出来ませんでしたね。

    それが、
    まさか、
    サバイバルな映画だとは、、、。

    冒頭のシーンがつながるのは、
    ラストなので、
    それまでは、
    そういうつながりのシーンだとは思っていなかったですしね。

    そして、
    サバイバルも含めて、
    なかなか見せてくれる内容でした。

    特に、
    イヌイットの少女との交流は、
    実に良かった。

    あれがあって、
    ラストが生きてくる感じですよ。

    サバイバルな映画の割には、
    比較的「動」の部分が少ないので、
    静かな感じですが、
    それが状況的にも良い感じなのですよ。

    これなら興味があったら一般の方でもレンタル代分くらいは、
    楽しめるのではないかな。










    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サバイバル ドラマ 動画

    ホワイト・トレイル 【2006年製作:映画】

    アイスランドの映画です。

    なんで、
    この映画を借りてみたのか、
    相変わらず、
    分かりません。

    いつものように、
    適当に予約ボタンを押していった内の一つなんでしょうね。

    そんな感じで見た映画ですが、
    これが、
    中々良かった。

    掘り出し物というわけではないですが、
    B級映画を中心に見ていると、
    こういう映画に当たったとき、
    色々見ていて良かったと思うんですよね。

    メジャーな作品ばかり見ていたら、
    大きな外れはないけど、
    こういう作品には、
    中々巡り当たらない。

    なんか、
    そんな風に書くと、
    ホント、
    素晴らしい作品見たく撮られるかもしれませんが、
    そこまでべた褒めの作品でもないですよ。

    でも、
    面白かったです。

    内容は、
    父親の死の謎を追う息子の物語です。

    サスペンス映画ですね。

    あることが切っ掛けで、
    調べ始めると、
    あれ、
    あれがないぞ、
    何でだ、
    とか、
    そんな感じで、
    疑問がふつふつと。

    なんか、
    寒い地方のグレーな感じとか、
    ダム施設のじめっとした感じとか、
    雰囲気も良かったですよ。

    興味があったらレンタルしてみてくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 動画

    ザ・ボーイ 人形少年の館 【2016年製作:映画】

    ホラー映画ですね。

    主演の女性は、
    どこかで見たことがあるなー、
    と思ったら、
    「ウォーキング・デッド」に出ていた女性でしたね。

    今回は、
    ゾンビ相手ではなく、
    人形が相手です。

    と言うことで、
    ここから先は、
    ネタバレがあるので、
    気にする方は、
    読まないように。

    さて、
    物語は、
    主人公の女性が、
    アメリカからわざわざイギリスの片田舎まで住み込みのベビーシッターになりにきます。

    いかにもお屋敷といった感じの家で、
    老夫婦の紹介された子どもは、
    なんと、
    人形。

    その人形を、
    まるで生きているかのように扱うよう言われ、
    戸惑う彼女。

    もう、
    この流れで、
    この人形がオカルト的な存在なんだな、
    なんて思いながら見るわけですよ。

    実際、
    そのような見せ方もあるのですが、
    何か物足りない。

    そして、
    色々とあって、
    人形の秘密が解き明かされたとき、
    アチキは、
    愕然としましたよ。

    これは、
    評価を二分させるオチだな、
    と。

    アチキは、
    オカルトのままでいって欲しかったな。

    ありきたりかもしれないけど。

    そのありきたりを嫌っての展開かもしれないけど、
    ちょっとなー、
    って感じでしたね。

    まぁ、
    どちらが良いかは、
    実際に見て自分で判断してもらった方が良いな。

    そういう意味では、
    一般の方が見ても色々と楽しめるかもしれません。

    興味がありましたらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    ザ・ボルト 金庫強奪 【2017年製作:映画】

    銀行強盗の話ですね。

    小さい、
    と言ってもそれなりの銀行ではありますが、
    そこに押し入った銀行強盗の話です。

    男女二人ずつの四人組で、
    まぁ、
    金に困って、
    計画もあってないような感じで、
    小さい銀行だからいけるべ、
    って感じで強盗に入った感じの流れです。

    で、
    当初は、
    うまくいくのですが、
    思っていたよりも金が少ない。

    いくら何でももっとあるだろ、
    と言う事で、
    ある男が、
    地下に大金が入っている金庫があると告げます。

    やっぱり金があるんだ、
    と地下に行くのですが、、、、。

    ここからが、
    この映画のメインですね。

    そして、
    一番のネタバレになってしまいますが、
    ここからの展開は、
    ホラー映画です。

    いい感じのB級展開です。

    アチキは、
    まさかホラーだとは思っていなかったので、
    いやー、
    まさかホラーかよ、
    なんて思いながら見て楽しんでしまいました。

    で、
    その驚きが一番の驚きだったので、
    ホラーだと思って見てしまったら、
    もしかしたらただでさえB級映画なのに、
    よけいに一般の人には、
    つまらなくなってしまうのかも、
    なんて思いましたが、
    まぁ、
    B級映画ですから、
    あまり一般の方にお勧めするつもりはないからいいか、
    と言う事で、
    一番のネタバレをしてしまったと言う事ですね。

    どんなホラーな坦懐なのかは、
    さすがに語れないので、
    B級映画好きの人は楽しんで観て欲しいです。

    残念なのは、
    始めて「フロム・ダスク・ティル・ドーン」見た時の、
    えっ、
    バイオレンス映画じゃないの、
    と言う驚きと、
    その後の展開の良さに及んでいないってのがね。

    これが、
    タランティーノとの差なのかな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 ホラー 動画

    ボーダーライン 【2015年製作:映画】

    ジャンルとしては、
    サスペンスとなっていますが、
    アクションバイオレンスもあります。

    アメリカとメキシコの国境の町が舞台です。

    そこへ、
    一人の女性のFBI捜査官が派遣されます。

    目的は、
    麻薬カルテルの殲滅。

    FBIとしての殲滅というと、
    組織のボスや配下の者たちを全員逮捕、
    ってイメージなんでしょうけど、
    現地に入ってみると、
    まさに殲滅作戦。

    そこには、
    警察組織という枠にとらわれない行動が、
    当然のように行われて愕然とします。

    FBIとして、
    いや、人としてどうなのか、
    と葛藤するのですが、
    そんな気持ちとはお構いなしに、
    自らにも魔の手は伸びてきて、
    嫌な目にもあいます。

    これは、
    必要悪なんだ、
    こうしなければ、
    カルテルをなくすことは無理なんだ、
    ということで、
    本当にいいのか、
    なんて悩みながら仕事をしていくわけですな。

    思っていたよりも、
    見応えがありましたね。

    クオリティ的には、
    一般の人でも十分楽しめる作品になっています。

    後は、
    この手の作品が好きから嫌いかによるかな。

    興味があったらレンタルして見るのはよいと思いますよ。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション サスペンス バイオレンス 犯罪 刑事 FBI 動画

    星の国から来た仲間 【1975年製作:映画】

    昔、
    テレビで見たことがあるような、
    ないような、
    でもタイトルは、
    何となく知っているような、
    と言う事で、
    レンタルした映画ですね。

    結果から言えば、
    始めて見た、
    と言うくらい全然記憶になかったです。

    アチキの場合、
    見ていてもすっかり忘れているケースもありますからね。

    記憶にないからと言って、
    見たことがないとは言い切れないのですよ。

    まっ、
    記憶にないのだから、
    見たことがないと言っても全然差し支えないですけどね。

    さて、
    そんな感じですが、
    最後まで楽しく見させていただきました。

    さすがにちょつと古い映画なので、
    色々といい感じの物になっています。

    ましてや、
    この映画、
    SFですから。

    とある兄妹がいて、
    両親がいなくて、
    施設で生活していて、
    でも、
    この兄妹には秘密があって、
    その秘密とは、
    超能力を持っていて、
    という感じで話がスタートします。

    その力を利用しようとする悪い大人たちがいて、
    そいつ等から逃げたり、
    戦ったり、
    って感じの映画です。

    ついでに、
    この映画、
    続編があります。

    ついでに言うと、
    リメイクもされています。

    まぁ、
    先にリメイクを見て、
    元の映画があるんだ、
    と調べてみたら、
    アレ、
    なんか知ってるかも、
    テレビで見たことがあるかも、
    って感じだったんですけどね。

    と言う事で、
    古い映画なので、
    色々と古いですが、
    そう言うのを気にしないのなら、楽しめると思います。

    ただ、
    ファミリー向けというか、
    子どもが見ても楽しめるようになっているので、
    大人も童心にかえって見ないと楽しめないかもしれません。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー ハートフル コメディ SF アクション エイリアン 超能力 動画

    ボビー 【2006年製作:映画】

    タイトルのボビーとは、
    ニックネームです。

    愛称ですね。

    アチキは、
    全く知らなかったのですが、
    ジョン・F・ケネディの実弟で、
    ロバート・フランシス・ケネディの事らしいです。

    それも、
    暗殺されていたんですね。

    まぁ、
    アメリカ人ならキッとほとんどの人が知っている話なんでしょうね。

    で、
    今回は、
    その暗殺事件を扱った映画かと思いきや、
    そうではないです。

    と言うか、
    レンタルの予約ボタンをクリックした時のことは、
    全く憶えていませんが、
    ディスクがと届いて、
    タイトル見てもピンと来ず、
    そのまま再生してみていても、
    暗殺事件の事は、
    それほど意識することもなく、
    単に、
    ホテルを舞台にした群像劇なのね、
    くらいの感じで見ていましたよ。

    ロバート・F・ケネディの映像は、
    頻繁に出てくるのですけど、
    何故出てくるのかは、
    最後になってようやく理解したって感じですし。

    豪華キャストで、
    それはれそで、
    楽しかったです。

    今更ながらに、
    タイトルの意味と、
    暗殺された事件当日のホテルでの話なんだ、
    と言うのを知ってみていれば、
    また少し違った感想をもてたのかな、
    なんて気もしますが、
    今のところ、
    もう一度見直そうかな、
    と言う気持ちにはなっていませんね。

    CSとかで、
    放送されていれば、
    見てしまうかもしれませんけど。

    そんな感じで、
    そんな知識がなくても、
    アチキ的には、
    結構楽しめた映画です。

    なので、
    これなら一般の方でも興味があったらレンタルして見ても楽しめるのではないかな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 日常 恋愛 不倫 犯罪 動画 アンソニー・ホプキンス デミ・ムーア シャロン・ストーン ヘザー・グラハム

    暴行魔ゴリラー 【1969年製作:映画】

    昔の映画ですね。

    予算をかけて作っていても今見れば、
    今のB級映画よりもチープに見えてしまう時代の作品ですね。

    別に、
    この映画が、
    当時、
    すごい予算で作られたといっているわけではないですよ。

    もう邦題からして、
    B級映画のチープさが漂っている映画ですが、
    中身もそのイメージから大きく外れることはないです。

    しかし、
    結構、
    これがおもしろいのですよ。

    ジャンル的には、
    ホラー映画なのでしょうね。

    そして、
    メキシコ映画です。

    メキシコという所で、
    アチキ的には、
    ちょっと驚きでしたね。

    普通にアメリカかと思っていましたから。

    ヨーロッパの国でも驚いたかもしれませんが、
    メキシコほどではないでしょうね。

    で、
    中身は、
    結構、
    普通に良い感じなのですよ。

    ある医者というか、
    博士が、
    息子の為に、
    ゴリラの心臓を移植するのですが、
    移植された息子は、
    ゴリラの遺伝子に犯されたのか、
    退行していき、
    類人猿みたいになって、
    女性とかを襲ったりするのですよ。

    シンプルな話で分かりやすくていいですね。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー モンスター ちょいエロ 動画

    ポルターガイスト3 / 少女の霊に捧ぐ… 【1988年製作:映画】

    シリーズ三作目ですね。

    主役である少女キャロル・アンも、
    同じ役者なのですが、
    なんか変わったのかと思ってしまうほど、
    微妙に違うように見えましたね。

    まぁ、
    それは、
    この主役の女の子が死んでしまったという情報だけがアチキに残っていて、
    前後関係とか分からなかったので、
    そう言う印象を持ってしまったのかもしれませんな。

    実際は、
    撮影中に病気により死亡。

    おかけで、
    ラストは変更された模様です。

    ちなみに、
    一作目のお姉さんも死んでしまい、
    二作目からはね
    いない設定になったと書きましたが、
    今作では、
    悪霊の神父さん役も撮影前に死んでいるので、
    別の役者になった模様です。

    まぁ、
    ホラー映画の場合、
    役者やスタッフが死亡するというのは、
    色々とネタになるので、
    ある意味積極的に情報がリリースされますね。

    さて、
    内容の方ですが、
    今回は、
    キャロル・アンだけが、
    家族の元を離れ、
    おばさんの家族と一緒に生活しています。

    なんてそんなことになったのかは、
    映画を観て確認してもらうとして、
    今までは、
    一軒家でしたが、
    今回は、
    高層建築のマンションが舞台になります。

    そして、
    本当にこれが最後ですよ、
    という感じで、
    ラストを迎えます。

    もしかして、
    キャロル・アン役の役者が生きていたら、
    まだ続きが作れるようなラストになっていたかもしれませんな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画 ララ・フリン・ボイル

    ポルターガイスト2 【1986年製作:映画】

    「ポルターガイスト」の続編ですね。

    今回、
    CSの映画チャンネルで、
    一作目から三作目までを放映していたのを、
    録画して見ました。

    二作目、
    三作目は、
    はじめて観るんですよね。

    まぁ、
    おさらいも兼ねて、
    一作目から観たのですが、
    はじめ、
    出演している家族、
    それも両親は、
    違う役者なのかと思ってしまいました。

    父親は、
    あー、
    髪が長くなったから、
    印象も変わったな、
    という感じでしたが、
    母親は、
    太ったからなのか、
    という感じで、
    役者名を比べないと、
    同じ人物なのか、
    ちょっと自信がもてませんでしたね。

    そして、
    なんと、
    お姉さん役がいなくなって、
    姉の存在自体が設定からなくなってしまいました。

    うーん、
    凄いコトするな、
    と言うのが感想。

    違う役者でもいいから出せば良かったのに、と。

    と言う事で、
    悪霊から逃げるために、
    新しい家に越してきた家族ですが、
    あの悪霊は、
    まだ諦めておらず、
    娘を何とかしようと追いかけてくると言う話。

    そして、
    今度こそ終わりにしようという最後の戦いのような感じになるのですが、
    ご存じのように、
    続編があります。

    一体、
    続編は、
    タイトルだけの続編なのか、
    それとも、
    この話の続きなのか。

    どちらなんでしょうかね。

    ちなみに、
    今作からスティーヴン・スピルバーもトビー・フーパーも関係なくなっています。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画

    ホーンテッド・サイト 【2016年製作:映画】

    ホラー映画です。

    まぁ、
    タイトルに幽霊の文字が入っていますからね。

    少なくとも、
    幽霊は出てくると思いますよ。

    で、
    出てきますよ。

    今回の映画も、
    前回ネタにした「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-」と同様、
    事故物件の話です。

    それつながりでレンタルしたわけではないと思うのですが、
    たまたま似たネタつながりになったな、
    と言う事ですな。

    まぁ、
    日本と海外での事故物件の捉え方が違うかどうかは分かりませんけど、
    アチキ的には、
    そんなに違わないかな、
    と言う気がします。

    それでも、
    これがイギリス映画になると、
    また違った切り口になりそうですけど。

    さて、
    映画の方は、
    「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-」を似た映画として出したと言う事で、
    この映画も結構、
    おもしろい映画なのかも、
    と思った方もいるでしょうが、
    「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-」ほどではないですね。

    でも、
    アチキは、
    結構良かったと思っています。

    でも、
    TSUTAYA DISCUSのレビューの評価は、
    低いので、
    一般の方は、
    そちらの評価を基準に考えた方が良いと思いますね。

    どうしてもアチキの基準は、
    B級映画が平均値ですからね。

    と言う事で、
    アチキと同じような感覚のB級ホラー映画が好きな人は、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    ボーン・レガシー 【2012年製作:映画】

    ジェイソン・ボーンシリーズの4作目ですね。

    ジェイソン・ボーンシリーズですが、
    ジェイソン・ボーンは、
    基本的に出てきません。

    いわゆる外伝的な作品ですね。

    スピンオフとは違います。

    今までアチキの見ている限りでは、
    出てきていない人物が主人公になっています。

    で、
    そう言う作品だとは知らないで見ていたので、
    いつになったらジェイソン・ボーンが出てくるのかなぁ、
    なんて思いながら見ていましたよ。

    そして、
    物語の内容が、
    アレ、
    この話って、
    という感じで、
    見たことのある内容だったので、
    途中から、
    やっとこ、
    この映画がどんなのか分かったという次第です。

    まぁ、
    アホ馬鹿なアチキですから、
    気づくのが遅いって言われそうですが、
    仕方ありません。

    と言うわけで、
    最後まで楽しくは見れたのですが、
    てっきり、
    ジェイソン・ボーンが出てくるのを期待して見ていたので、
    がっかりでもありましたね。

    と言うわけで、
    前作の裏側では何が起きていたのかを知りたい方は、
    ご覧になってくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション スパイ 動画 エドワード・ノートン レイチェル・ワイズ

    ボーン・アルティメイタム 【2007年製作:映画】

    ジェイソン・ボーンシリーズの三作目ですね。

    当初は、
    三部作と言う事で、
    この映画で完結、
    みたいな感じでしたが、
    この後、
    二作品が追加されています。

    さて、
    「ボーン・アルティメイタム」ですが、
    さすがに、
    前の二作品を見てからかなり時間がたっていたので、
    この映画を見る前に、
    前二作から改めて見直しましたよ。

    色々な部分の謎が、
    一応、
    この作品で解明されたりします。

    そう言う部分も楽しみではありましたが、
    やはり、
    スーパーマンのようなジェイソン・ボーンのアクションや、
    推理というか、
    行動力というか、
    そう言う部分もパワーアップして、
    楽しかったですよ。

    前作までで、
    それほど重要だとは思えなかった人物が、
    結構、
    重要な役で登場して来たりと、
    シリーズ物の楽しさもありますしね。

    どちらにしろ、
    三作目なので、
    この作品から見てもおもしろさは、
    イマイチだと思います。

    やはり、
    一作目から順番に見るのが、
    一番の楽しみ方です。

    興味があったら、
    一作目からご覧くださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション スパイ 動画 マット・デイモン

    ホースメン 【2008年製作:映画】

    サスペンス映画ですね。

    連続猟奇殺人事件です。

    中々いい感じで物語は、
    始まります。

    あまり書くと、
    ミステリー的な部分もあるので書きませんが、
    いわゆる見立て殺人になります。

    聖書の黙示録に登場する、
    四人の騎士について見立てている殺人です。

    一体、犯人は誰なのか。

    アチキ的には、
    おもしろく最後まで楽しんで観ましたが、
    どうやら、
    いつものように、
    世間では、
    イマイチの評価のようです。

    まぁ、
    アチキのボーダーの位置が、
    一般の人よりもかなり低いというのは、
    自覚しているので、
    仕方ないな、と。

    そんなわけで、
    一般の方には、
    世間的な評価の方を信じてもらった方が良いと思うので、
    興味があって、
    レンタル代分くらいなら失敗しても良いか、
    と思っている方は、
    見てください。

    見た時間を返せと言う文句を言うような方は、
    見ないほうが良いかもしけませんな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 刑事 サスペンス 動画

    ボルケーノ・シティ 【2014年製作:映画】

    パニック映画です。

    巨大地震でロサンゼルスが崩壊する内容です。

    いつも書くことですが、
    予算の少ないパニック映画、
    特にディザスター系は、
    ビジュアルが、
    どうしてもしょぼくなるので、
    緊迫感がないんですよねぇ。

    この映画も、
    頑張ってはいるんですけど、
    予算的に残念な仕上がりになっているところも多々あり、
    やっぱりB級映画だなぁ、と。

    でも、
    単なるパニック映画は、
    大作系には敵わないと思い、
    一応、知恵を絞って内容を作っているようです。

    主人公の彼女が、
    巨大地震によって脱獄した囚人達に捕まって、
    彼女を助けるという内容になります。

    災害の片隅で起きた事件を扱うことで、
    画的にも余計な画を作ることなく、
    単なる災害映画にしなかったところは、
    良かったんじゃないかな。

    ですが、
    所詮は、
    B級映画。

    ポイントを絞っても、
    しょぼさは変わらないわけです。

    そんなわけで、
    一般の人には、
    あまりお勧めはしませんが、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 災害 動画

    ホワイトアウト 【2009年製作:映画】

    やっとこ、
    TSUTAYA DISCUSで、
    通常レンタルしている作品をネタにすることが出来るね。

    アニメネタを吹っ飛ばして、
    映画ネタだけにしているのも、
    リストがどんどんたまっていって、
    消化しきれないから。

    なのに、
    最近は、
    マンガネタと動画配信の作品が多くなってしまって、
    せっかく、
    リストの消化が順調で、
    レンタルして見てから一年を切ったところまでリストを消化できてきたのに、
    また一年と二ヶ月も前にレンタルした作品をネタにすることになってしまいました。

    さて、
    映画の内容ですが、
    アメリカの南極基地が舞台です。

    冬ごもりのために、
    基地の隊員達が本国に帰る準備をしている時に、
    殺人事件が発生。

    基地を離れる前までに、
    事件は解決することは、
    難しいという状況の中で、
    なんとか犯人を見つけ出そうとする話。

    基地に接近する低気圧のせいで、
    猛吹雪になり、
    移動手段の飛行機とかが使えなくなる前に基地を離れなければならないという状況で、
    緊迫感のある展開になっていきます。

    はたして、
    犯人を見つけ出して、
    捕まえることが出来るのか。

    といった感じですな。

    結構おもしろかったですよ。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    一般の方にも薦められる作品ですよ。

    そう。

    B級映画ではないと言う事です。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 アクション 動画 ケイト・ベッキンセール

    暴走車 ランナウェイ・カー 【2015年製作:映画】

    これは、
    タイトルでそんをしているような気がする映画ですね。

    またパッケージが、
    「トランスポーター」に似せているので、
    タイトルとあわせて、
    くだらないB級映画の臭いを漂わせています。

    それのおかげで、
    手に取らない人がかなりいるのではないでしょうか。

    さて、
    映画の内容ですが、
    ビックリするほどお金をかけているようには感じませんが、
    お金をけちって撮影されている感じもしません。

    さて、
    映画の内容ですが、
    とある銀行の支店長が主人公です。

    夫婦仲は、
    はっきり言って離婚寸前のような感じ。

    しかし、
    娘と息子には、
    両親とも当然のように深い愛情があります。

    で、
    ある朝、
    子供二人を学校に届けるという事で、
    主人公の旦那が来るまで子供達と出かけるのですが、
    そのには爆弾が仕掛けられていて、
    席を立つと爆発する仕組みになっています。

    そして、
    犯人から電話があって、
    銀行が不良債権を騙して売って損した金額を全部払えと脅迫してきます。

    陣だけならまだしも子供達も巻き添えになると言う事で、
    犯人の要求に出来るだけ応えようと奮闘する父親。

    実に緊迫した展開で、
    最後まで楽しく見ることが出来ます。

    これは、
    一般の方でも十分楽しめる映画だと思うので、
    興味がありましたら是非レンタルしてご覧になってくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 動画

    ポルターガイスト 【2015年製作:映画】

    スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮、
    トビー・フーパー監督の「ポルターガイスト」をリメイク。

    今回のリメイクには、
    二人の名前はありませんが、
    サム・ライミが制作に関わっていたりします。

    どのくらい関わっているのかは、
    まったく知りませんけどね。

    さて、
    リメイクにあたって、
    元の作品よりもまず間違いなく進歩しているのは、
    特撮、CGの部分であることは、
    見る前から想像できます。

    しかし、
    ことホラー映画に関しては、
    CGがすごくなって恩恵を受ける所って、
    色々とあるとは思うのですが、
    アチキ的には、
    グロイ部分がリアルになることかな、と。

    恐怖演出で良くなる部分って言うのは、
    どの程度あるのか、
    今のところあまり感じていません。

    スティーヴン・スピルバーグが「ジョーズ」があれだけのヒットになったのは、
    特撮部分の様々なトラブルのおかげで、
    今の技術で作っていたらあれほどの作品にはならなかったといっています。

    確かに、
    と言うのがアチキの感想。

    見えない恐怖というのは、
    人間の根幹にある物だと思うので、
    見えすぎると怖くないというのも道理。

    さて、
    リメイクされた「ポルターガイスト」は、
    元々見えない恐怖の部分はあまりないから、
    その点でのダウンはないだろうな、と。

    どちらかというと、
    物語として、
    現代におけるポルターガイスト現象をどのように扱うのかな、と。

    そんなところを注視して見ましたね。

    で、
    見終わった感想は、
    「インシディアス」だな、と。

    そんなわけで、
    元の作品とどちらの方が怖いかというのは、
    ちょっと比べることがナンセンスといってしまっていいのかどうかは分かりませんが、
    それぞれの作品としてのおもしろさはあったかな。

    そんなわけで、
    まだどちらの作品も見ていないという方は、
    どちらの作品を先に見るかでも印象が変わるような気もするけど。

    アチキは、
    間違いなくファーストインパクトがあったせいで、
    前作の方が好きですが、
    この作品も悪くはないです。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画

    ポルターガイスト 【1982年製作:映画】

    懐かしいですな。

    てっきりネタにしていると思ったのですが、
    まだしていませんでしたね。

    何故、
    このタイミングかというと、
    リメイクを見たので、
    過去何を書いたか確認しようとしたら書いていないことが発覚。

    と言うわけで、
    書きましょうかね。

    スティーヴン・スピルバーグが制作総指揮と言うことで、
    話題にもなっていたので、
    初見は劇場で見ました。

    その後、
    何度も見ていますが、
    おもしろいですな。

    監督はトビー・フーパーで、
    スティーヴン・スピルバーグがどうしてもトビー・フーパーに監督をさせたいと起用したのですが、
    これがどうも趣味が合わなかったらしく、
    監督は、
    あまりこの作品の出来が気にくわないような話をチラホラと。

    トビー・フーパーのこれでもかこれでもか、
    という展開がスティーヴン・スピルバーグは、
    あまりお気に召さなかったらしく、
    それでもアチキ的には、
    クライマックスは、
    監督らしい部分が色濃く出ていて良かったと思うんですけど。


    そういう意味では、
    トビー・フーパーらしくない家族の描写のシーンとかでは、
    スティーヴン・スピルバーグらしい感じで演出されていて、
    誰が監督なのか分からない感じでしたね。

    そういう意味では、
    スティーヴン・スピルバーグ監督作品と言われても違和感がないほど。

    当時は、
    これでもかこれでもか、
    という展開がそれほどメジャーでなかったので、
    おもしろかったですね。

    内容も良かったし。

    なのに、
    シリーズとして続編があるのですが、
    未だに見ていない。

    こういう機会に見てみようとは思うんですけどねぇ。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 スティーヴン・スピルバーグ トビー・フーパー

    ポンペイ 【2014年製作:映画】

    「ポンペイ」と言う名前は、
    聞いたことがある。

    昔、
    火山の爆発で全滅した町らしい。

    と言うくらいの知識で、
    この映画を見ました。

    実は、
    この映画を見た後に、
    ディスカバリーだったかナショジオだったかヒストリーだったか忘れたけど、
    ポンペイの発掘から当時の民衆の性文化の番組がやっていて、
    キチンと見ていないのですが、
    実に奔放な世界だったようです。

    まっ、
    余談だけどね。

    映画も関係ないけどね。

    映画は、
    ポンペイがヴェスヴィオ火山の噴火により都市が壊滅するまでの話になります。

    とは言え、
    物語は一人のグラディエイターを中心に語られます。

    奴隷になって、
    剣闘士になって、
    好きな女が出来て、
    だけど報われない、
    そんなストーリーです。

    その主人公が、
    たまたまポンペイにいました、
    という感じで、
    ポンペイがなくなるのがメインの話ではないです。

    とは言え、
    クライマックスは、
    火山が噴火してからになりますので、
    CG出来も良くて、
    実に迫力はあります。

    実際は、
    パニック映画的なネタなのですが、
    逃げ惑う群衆の恐怖よりも、
    その状況の中でアイする女性のために戦う主人公の話になりますので、
    パニック映画ぽくはないです。

    ラストもどうなるのかなぁ、
    と思って見ていましたが、
    なるほどね、
    そういう感じにしましたか、と。

    まぁ、
    ある意味予想の範囲内でした。

    あまり期待していなかったので、
    余計楽しめましたね。

    なので、
    興味があったらレンタルしてご覧になってくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 恋愛 時代劇 動画 キャリー=アン・モス キーファー・サザーランド

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー