ソーラー・ストライク 2013 Part2:最後の希望 【2013年製作:映画】

    さてさて、
    「ソーラー・ストライク2013」の後編になりますね。

    ここからは、
    前作でもあるPART 1のネタバレがありますので、
    気にする方は、
    ここから先読まないように。

    もしかしたら、
    PART 2の部分のネタバレもあるかもしれないですし。

    と言う事で、
    前編で宇宙船がトラブルになり、
    何とか救出しようとしたのですが、
    あえなく太陽に直撃。

    太陽に近づいて燃え尽きず、
    中の人間も大丈夫で、
    ぶつかってから死ぬという高性能な宇宙船で、
    エンジンも太陽を利用した画期的なエンジンで、
    そのエンジンのせいで、
    太陽にぶつかって、
    太陽から強烈なプラズマが発生。

    それが、
    地球をあわや直撃になりそうな感じでかすめていきます。

    そのおかけで、
    地球は危機的状態に。

    もう明日には、
    みんな死んでしまうといった感じになります。

    今度は、
    地球を救うために行動するという展開です。

    まぁ、
    色々と突っ込みたいところは一杯あるでしょうが、
    実際、
    あるのですが、
    些細なことと割り切って見ていると、
    結構、
    楽しめます。

    まぁ、
    それはアチキだからと言う事もあるかもしれませんが。

    なので、
    一般の方が楽しめるのかどうかは、
    ちょっと分かりません。

    B級映画が好きな方なら、
    たぶん楽しめると思います。










    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック ロケット 宇宙 動画

    ソーラー・ストライク 2013 Part1:太陽の怒り 【2013年製作:映画】

    「ソーラー・ストライク」シリーズといっていいのかな。

    まぁ、
    邦題だけのシリーズだけど。

    一応、
    太陽が絡んでの物語というのが、
    このシリーズの特徴というか、
    定義になっています。

    そんなのタイトル見れば、
    簡単に想像できるだろう、
    と思っている方もいると思いますが、
    B級映画の邦題は、
    その単純とも思える部分を簡単に裏切ってくれたりしますからね。

    さて、
    過去、
    色々と見てきた「ソーラー・ストライク」シリーズですが、
    コレで一応、
    今のところですけど、
    最後と言う事です。

    この後、
    いつかまた、
    太陽ネタの映画が出た時に、
    使われるかもしれませんので、
    今のところと言う事にしてあります。

    で、
    タイトルからも分かるようにPART 1です。

    と言う事は、
    少なくともPART 2は、
    あるわけで、
    実際、PART 2まであります。

    たぶん、
    テレビ用の映画なので、
    二日にわたってとか、
    二週にわたってとかで放映されたんでしょうな。

    まぁ、
    前後編と言った方が分かりやすい内容ですけど。

    さて、
    前置きが長くなりましたが、
    物語は、
    画期的な推進エンジンを発明した科学者が企業のバックアップで宇宙船を作り、
    その初飛行が行われます。

    その時、
    太陽が異常活動して、
    ロケット推進エンジンにダメージを与えます。

    で、
    暴走した宇宙船には、
    大統領夫人も乗っていたりして、
    何とかしようとするのですが、、、、。

    まっ、
    今回は、
    この辺で。

    続きは、
    PART 2の時に。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック ロケット 宇宙 動画

    ソーラー・ストライク 2012 【2009年製作:映画】

    今回で、
    4作目の「ソーラー・ストライク」シリーズです。

    一旦、コレで、
    アチキのネタは終了です。

    まだ、
    「ソーラー・ストライク 2013」と言うのがあるのですが、
    アチキが、
    TSUTAYA DISCUSでレンタルした時は、
    まだ無かったのか、
    チェック漏れしていて、
    同じタイミングでレンタルできていなかったのですね。

    たぶん、
    出ていたと思うのですが、
    シリーズ登録されていなかったので、
    ノーチェックでレンタルしなかったというのが、
    真実のような気もします。

    まぁ、
    シリーズではないので、
    それで文句を言うつもりはさらさら無いです。

    と言う事で、
    4作目も、
    一応、
    太陽がからんでの話にはなっています。

    自然災害だけでなく、
    テロリストや、
    宇宙ステーションや、
    核弾頭ミサイルや、
    ある意味、
    B級映画らしいてんこ盛りですが、
    全く、
    それらの素材がイカされていません。

    行き当たりばったりで、
    緊張感を出そうとしている感じですね。

    まぁ、
    それでもアチキは、
    楽しく見てしまうのですが。

    こうなると、
    やはり一般の方には、
    お勧めしにくいよな。

    と言う事で、
    興味がありましたらレンタルしてくださいな。

    改めて言いますが、
    シリーズ物ではないので、
    どこから見ても全く問題ないです。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 災害 動画

    ソーラー・ストライク サード・インパクト 【2008年製作:映画】

    邦題だけのシリーズ作品の第三弾ですね。

    今回の「ソーラー・ストライク」は、
    なんと、
    ドイツの映画です。

    もう製作国も変わってしまいましたね。

    まぁ、
    たまにあるのですよ。

    最初に作った国では興行的に振るわなくて、
    他の国では凄くヒットして、
    作った国では続編作らないから、
    商売がうまく行った国が権利を買って続編を作るというのは、
    無くはないのです。

    ですが、
    この映画はそうではないです。

    前々から書いていますが、
    邦題だけのシリーズです。

    だから、
    どこから見ても何の問題もないくらい話は繋がっていません。

    唯一、
    太陽が問題なディザスターパニックっていう、
    テーマ的な所は、
    共通させているようですが、
    それも、
    かなり広義な意味になりますね。

    で、
    今回は、
    暑くて雨が降らず、
    水不足になってという展開。

    どんどん貯水量が減っていくのをカウンターで表示していたりして、
    人類滅亡まで後何リットル、
    みたいな感じにしたいのでしょうけど、
    そこまでは、
    さすがに緊迫感はないかな。

    それでも、
    それなりに楽しめる感じではありますけど。

    もう一押しが足りなかったね。

    B級映画が好きな人なら最後まで楽しめるかな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 災害 動画

    ソーラー・ストライク セカンド・メルトダウン 【2006年製作:映画】

    さて、
    「ソーラー・ストライク」シリーズの2作目、
    と言う事ですが、
    シリーズとは、
    名ばかり。

    邦題だけのシリーズです。

    なので、
    セカンドと付いていても、
    厳密には、
    2作目を意味しているわけではないです。

    まぁ、
    そんなことは、
    原題を確認すれば、
    シリーズではないことはすぐに分かるんですけどね。

    B級作品は、
    こうしていかないと、
    見てくれる人がいないから。

    と言うか、
    B級映画ファン以外の一般の方を騙して見させないといけないという感じですか。

    騙すというのは、
    悪い表現ですな。

    まっ、
    アチキ的には、
    そんなことはどうでも良くて、
    今回、
    このシリーズを積極的に見ようと思ったのは、
    TSUTAYA DISCUSの解説を見たからだと言うことが、
    判明。

    そんなことは、
    レンタルした理由なんか、
    すっかり忘れていましたけど。

    なんと、
    この作品は、
    ジョン・カーペンターが、
    原案らしいです。

    あくまでも原案ですからね。

    その原案をどの位活かして、
    どの位うまく表現できているのかは、
    原案を知らないので、
    何とも言えませんが、
    アチキ的には、
    邦題シリーズとは言え、
    前作の方が良かったです。

    まぁ、
    一応、
    シリーズとして意識しているのは、
    太陽が関係しているところですかね。

    その辺は、
    タイトルのソーラーの部分は、
    ちゃんと意味があると言う事ですな。

    分かっていてもこう言うのを見てしまうのが、
    B級映画ファンと言う事なのでしょう。

    一般の方からしたら、
    時間と金の無駄のように思えるし、
    一般の方が見たらきっとそう思うのでしょうけど。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 災害 動画

    ソーラー・ストライク 【2005年製作:映画】

    この映画、
    シリーズになっているようです。

    と言う事は、
    少なくとも商売として成功した作品と言う事ですね。

    もしかしたら、
    邦題のタイトルだけのシリーズという可能性もありますけど。

    まぁ、
    とりあえず、
    TSUTAYA DISCUSでレンタルできる分は、
    レンタルして見ましたよ。

    と言う事で、
    一作目ですね。

    これが、
    中々、良かったのですよ。

    一般の方にとっては、
    よくあるB級映画で、
    こんなのをおもしろいと言ってみているのか、
    と言われそうですが、
    B級映画としては、
    良くできていると思います。

    太陽活動の異常により、
    地球が大変な事になるのですが、
    その大変さを見せる部分が、
    よくあるこの手のB級映画とは違い、
    政治的な色合いを持たせつつ軍事的な側面で見せるのですよ。

    それもアメリカとロシアという二大軍事国家の軍での話ですから、
    中々楽しいですよ。

    こう言うのは、
    以下にスケール感を出すかというのも大切ですからね。

    地球規模の話なのに、
    どこかの田舎町だけで完結してしまうような事って、
    良くありますから。

    そんなわけで、
    この作品を見ると、
    続きが出来てもおかしくないな、
    と言うか、
    二匹目のドジョウを狙うのも分かるな、
    という感じです。

    と言う事で、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。





    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック ミリタリー 災害

    ソード・オブ・ザ・ファンタジー 勇者と聖なる剣 【2002年製作:映画】

    今回、
    これを書くにあたってはじめて知ったのですが、
    この作品、
    シリーズ物らしいです。

    TSUTAYA DISCUSの解説にシリーズ最新作と書いてありました。

    なのに、
    シリーズ登録はされていません。

    せっかく、
    この作品がおもしろいので、
    シリーズで見てみようと思っても簡単にレンタルはできないようです。

    「ソード・オブ・ザ・ファンタジー」を検索して、
    出てきた作品はありました。

    しかし、
    製作国がドイツになっているし、

    こちらの作品は、
    オーストラリア/アメリカになっているし。

    確かに、
    シリーズで製作国が変わることはあるけど。

    しかし、
    原題も違うしな。

    うーん、
    本当に同一シリーズなのだろうか。

    誰か、
    続けて見て確かめて欲しいですな。

    アチキは、
    一応、
    レンタルしますが、
    それを見る時は、

    そんな検証のためだとか言うのをきっとすっかり忘れてみていることでしょう。

    と言う事で、
    前置きが凄く長かったのですが、
    実際の所、
    内容的には、
    一般の方にお勧め出来るような物ではないと思います。

    アチキは、
    いつものようにそれなりに楽しめましたが。

    息子のために頑張る母親の活躍を描いた作品です。

    母強し、
    って感じで、
    アチキは、
    それでOKって感じでしたね。

    まぁ、
    先にも書いたように、
    一般の方が楽しめるのかどうかは分かりません。

    興味があれば、
    ご覧くださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 動画

    続・激突! カージャック 【1974年製作:映画】

    スティーヴン・スピルバーグ監督の劇場用作品一作目らしいです。

    日本では、
    TV映画用の「激突!」は、
    確か劇場公開だったので、
    それを知っている人には、
    この映画が一作目だと言われてもピンと来ないかも知れませんな。

    まぁ、
    でも、
    そこまで詳しく知っていれば、
    「激突!」がTV用途言う事も分かっている可能性が高いので、
    そんなに混乱はないのかな。

    タイトルが、
    「激突!」とは関係なく、
    続編でもないのに、
    続編ぽく邦題が着けられているのは、
    当時としては、
    日本でのスティーヴン・スピルバーグ監督の知名度がそれほどでもなかったと言う事でしょうな。

    監督の名前ではなく、
    人気作品のシリーズ物の方が、
    人が入ると思ったというわけでしょう。

    さて、
    映画の内容ですが、
    「激突!」のタイトルを使っているので、
    少なくともカーアクションというか、
    は出てきます。

    子どものために脱獄した女性の話です。

    主役の女性は、
    ゴールディ・ホーンということで、
    コミカルでキュート、
    そして、
    ぐっと来る部分もあるという、
    これが、
    ゴールディ・ホーンでなかったら、
    ここまでおもしろく感じたかどうかは、
    分かりませんな。

    あの名作「激突!」の続編だ、
    と思わなければ、
    楽しめる映画です。

    スティーヴン・スピルバーグ監督の凄さの片鱗は見えますが、
    代表作とか、
    そういう感じで評価されていないのもうなずける感じのものでもあります。

    興味があれば、
    レンタルして楽しんでくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 警察 動画 スティーヴン・スピルバーグ

    ソーシャル・キラー 金曜日のネットストーカー 【2016年製作:映画】

    なんか、
    タイトルがすごいね。

    「ソーシャル・キラー」までは、
    まぁ、
    良いかな。

    その後ろに付いているサブタイトルが、
    「金曜日のネットストーカー」って、
    確かに、
    分かりやすいから良いのかも知れないけど。

    きっと、
    「ソーシャル・キラー」だけでは、
    駄目だったんで、
    サブもつけたんだとは思うけどね。

    内容は、
    ほぼサブタイトルで説明されています。

    主人公の女性の周囲で、
    金曜日に連続殺人事件が起きます。

    で、
    何でそんなことになるのかと、
    調べてみると、
    殺された人物達は、
    木曜日にあるアカウントからフォローされていることが判明。

    このアカウントの持ち主が犯人なのか、
    と言う事で、
    犯人を突き止めるために頑張るという話ですな。

    思ったよりも楽しめました。

    基本的には、
    B級映画のノリですからね。

    B級映画が好きな人なら楽しめると思いますよ。

    一般の人は、
    どうなのかな、
    ちょっと分からないですね。

    まっ、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス ホラー 動画

    その女諜報員アレックス 【2015年製作:映画】

    オルガ・キュリレンコが主演のアクション映画です。

    アクション映画なので、
    ドラマ的な部分は、
    あまり期待していませんでしたが、
    思った通りという感じでした。

    主人公のオルガ・キュリレンコは、
    恋人がいる犯罪グループと一緒に銀行強盗をします。

    中々のハイテク装備で、
    金庫まで穴を掘っていく昔ながらの銀行強盗とは、
    やはり違うなぁ、
    という冒頭の展開。

    その仕事の後、
    恋人としっぽりしているところに、
    襲撃者が来て恋人が殺されてしまいます。

    ここから、
    彼女の戦いが始まるといった展開。

    主人公ですから、
    当然のようにスーパーマンのような戦いぶりで、
    悪を蹴散らしていきます。

    実際、
    オルガ・キュリレンコは、
    いい感じでかっこよかったですよ。

    オルガ・キュリレンコのファンなら十分に楽しめるのではないかな。

    アチキがよく見ている、
    B級アクション映画に比べれば、
    良くできているので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 動画 オルガ・キュリレンコ

    ソード・ハンド 剣の拳 【2006年製作:映画】

    これまた、
    いつものように、
    対して期待もせずに見たのですが、
    期待していなかったからなのか、
    普通におもしろかったですね。

    まぁ、
    アチキの普通は、
    ご存じの通り、
    かなりレベルが低いと思われるので、
    その基準で考えると、
    一般の方にお勧めできない感じの映画という事になりますな。

    何となく雰囲気のある画だなぁ、
    と思っていたら、
    ロシア映画だったんですな。

    あの寡黙な感じの主人公の男も、
    そう言われると、
    ロシアか、
    と思ってしまう、
    ある意味、
    偏見としか言えないイメージで見てしまっていますね。

    内容は、
    簡単に言ってしまうと、
    好きな女性を守る男の話です。

    この女性が、
    ちょっと人と変わっていて、
    それが原因なのか、
    色々と面倒に巻き込まれるわけです。

    その露払いをするのが、
    主人公の男と言う事です。

    先にも書きましたが、
    思っていたよりも良かったので、
    興味があったらレンタルして見ていただきたいのですが、
    一般の方は、どうでしょうかね。

    そこは、
    ある意味自己責任で見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 動画

    ゾンビスクール! 【2014年製作:映画】

    ゾンビ映画です。

    それも、
    コメディ映画です。

    ホラー映画なのにコメディとは、
    いつも思うんですけど、
    矛盾していますよね。

    ホラー映画は、
    怖い映画のことなのに。

    コメディは、
    当然、怖くないお笑いの映画。

    ホラーコメディって何だよ、
    って感じです。

    まぁ、
    普通なら怖いものが出てくるのですが、
    コメディなので、
    怖いものは怖くないですよ、
    と言う事なのかも知れませんが、
    だったら、
    普通にコメディだろ、と。

    と言う事で、
    この映画は、
    コメディ映画です。

    それは、間違いないです。

    物語は、
    とある小学校で、
    チキンナゲットを食べたら、
    ゾンビになってしまい、
    大変な事に。

    子供ゾンビ
    一部大人も出てきますが、
    から逃げ出せるのか、
    と言う内容。

    アチキ的には、
    満足行く作品でしたね。

    おもしろかったですよ。

    一般の方もレンタルして観る分には、
    楽しめるんじゃないかな。

    興味があったらレンタルしてくださいな。

    ホラー映画ではないので、
    怖くはないですし。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ゾンビ 小学生 学園 動画

    ゾンビーワールドへようこそ 【2015年製作:映画】

    もうタイトルからして皆様にご理解いただけると思いますが、
    ゾンビ映画です。

    それもコメディです。

    そこまでは、
    タイトルから読み取れますな。

    どうせくだらないB級ゾンビ映画なんだろうと。

    ところがどっこい、
    くだらないという所では、
    異論はないですが、
    これが結構おもしろかった。

    まぁ、コメディだからね。

    怖くは全然無いですよ。

    物語は、
    とある研究室で実験していたゾンビをお馬鹿な清掃員が復活させてしまい、
    研究室にいた清掃員も含めてみんな、
    と言っても二人しか出ていませんが、
    ゾンビになってしまい、
    研究室の外に出て行くところから始まります。

    主人公は、
    ボーイスカウトの三人組。

    気づいたら街中にゾンビが一杯。

    安全なところに逃げようとするのですが、
    好きな彼女、
    もちろん片思いの女性を助けるために行動することに。

    仲間のアホさ加減もアメリカのコメディ映画らしい感じで、
    楽しいです。

    物語もそれなりにキチンとしていて、
    尚且つハッピーエンド。

    興味があったらレンタルして観る分には、
    十分楽しめる内容だと思いますよ。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ ちょいエロ 動画

    ゾンビナイト 【2003年製作:映画】

    ホラー映画と言うより、
    ゾンビ映画です。

    まっ、タイトルから分かりますな。

    もうゾンビというタイトルだけで、
    中身のほとんどを創造できてしまうと言う素晴らしいジャンルです。

    ヴァンパイアも同じ部類に入るかな。

    さて、
    このゾンビ映画は、
    ある意味、
    正統派です。

    正統派というのは、
    ジョージ・A・ロメロが作り出した「ゾンビ」のコトをアチキとしては、
    定義しています。

    その辺は、
    あまり異論が出る定義とは思えないですけど。

    のろのろと歩く死体のゾンビですな。

    そして、わけの分からないウイルスが原因というわけでもない。

    その辺は微妙だけど。

    ジョージ・A・ロメロの映画ですら、
    ブードゥーの呪い的なニュアンスは、
    特に出てこないからな。

    まっ、はっきりと感染の経緯とか、
    原因が語られていなければ、
    呪い的な何かというコトにしましょうと言うことです。

    で、
    この映画ですが、
    とってもチープなジョージ・A・ロメロの映画のリメイク?になっています。

    新しい何かがあるわけではないし、
    サバイバル的な要素も薄いし。

    低予算なのに無理していたり、
    まぁ、頑張っている感はあるけど。

    実に残念だな。

    ストレートで勝負してきた気概だけは評価して良いかも。

    そんなわけで、
    一般の方は見ない方がよいですな。

    B級ホラー映画ファンの方は、
    みて色々と突っ込んで楽しんでください。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ 動画

    空から赤いバラ 【1967年製作:映画】

    ラクエル・ウェルチ主演の映画です。

    続きますねぇ、
    ラクエル・ウェルチ

    後、何回か続くと思います。

    正確に数えれば分かるけど、
    面倒なので、
    そんなことしません。

    さて、

    今回は、
    スパイ映画です。

    とは言え、
    ちょっとだけコミカルなスパイ映画です。

    スリルとサスペンスは、
    あまり感じられないスパイ映画です。

    ラクエル・ウェルチが、
    スパイのエージェントとして活躍する話ですが、
    アマチュアとして、
    急遽、エージェントの仕事を手伝うことになる話です。

    せっかくのスパイもので、
    ラクエル・ウェルチが出ているのですから、
    もっとセクシーなスパイとか、
    ハニートラップ的なモノとか、
    期待したいじゃないですか。

    まぁ、ハニートラップぽい感じのは、
    ちょっとあるけどね。

    まぁ、何はともあれ、
    中途半端な感じはぬぐえないかな。

    残念です。

    とは言え、
    最後まで見ていられる楽しさはあるので、
    過大な期待さえしなければ、
    最後まで楽しめるのではないかな。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション スパイ コメディ 動画 ラクエル・ウェルチ

    ソルトン・シー 【2002年製作:映画】

    ヴァル・キルマー主演の映画「ソルトン・シー」です。

    ドラッグで飛んだ連中が出てくる映画です。

    サスペンス映画になるのかな。

    あまり期待していなかったせいか、
    おもったよりもおもしろかったです。

    ヴァル・キルマーが良い味出していてねぇ。

    特に相棒?のドランカーに対する友情が実に良かった。

    いつちゃてるんだけど、
    決めるところは決める、
    って感じで。

    ドラッグにおぼれながらも友情を大切にしている部分があるのですが、
    それが、
    普段いっちゃているから、
    真実味がないんですよ。

    だから余計に、
    おまえのことは友達だからと言っていても、
    ホントかよ、
    って思ってしまうわけですな。

    さて内容ですが、
    妻を殺された男が復習のために刑事に協力してたれ込み屋というか、
    囮捜査と言うかに協力しています。

    その男がヴァル・キルマーというわけです。

    妻殺しの犯人はいったい誰なのか、
    そして、
    ヴァル・キルマーの正体がばれたとき、、、、。

    といった感じで、
    後半にかけて全体像が見えてくると、
    結構楽しめます。

    興味があったら暇な週末にでもレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス アクション ドラッグ 犯罪 動画 ヴァル・キルマー

    ゾンビ・バスターズ 【2010年製作:映画】

    いわゆる一つのゾンビ映画です。

    ゾンビ映画は、
    すごく大きく分けると、
    ジョージ・A・ロメロ監督が描いたゾンビと、
    バイオ・ハザード的なゾンビの二種類があるわけです。

    最近は、
    宗教や呪い的な産物のゾンビは、
    愚鈍で足が遅く、あまり怖い演出が出来にくいせいか作品として少なくなっており、
    どちらかというとコメディ的な使われ方の方が多くなっているように感じます。

    対するバイオ・ハザード的なゾンビは、
    ウィルスによって作られるので、
    ある意味映画的に都合の良いゾンビが作り出され、
    もっぱらこの手のゾンビ映画が多くなっています。

    ウィルス型ゾンビをゾンビといって良いのか、
    少々疑問ではありますが、
    まぁ、ウィルスによって死者が蘇る場合は、
    ゾンビと言っても良いのかもしれませんな。

    と、
    前置きが長くなりましたが、
    今回の「ゾンビ・バスターズ」は、
    ウィルス型のゾンビ映画になります。

    ある博士が妻が死んでしまい復活させようと研究し、
    成功させますが、
    自分がイメージしたのとはちょっと違い、
    博士自身もゾンビになった妻に襲われてゾンビになってしまうというところから映画が始まります。

    で、
    ゾンビ映画の定番として、
    片田舎で生き残った人たちが、
    ゾンビと戦い、
    逃げようとするというお話。

    まぁ、
    定番的な展開の応酬ですが、
    それはそれで楽しめるわけです。

    ある意味、
    王道だからこその楽しみというやつですか。

    新しい何かがあるわけではないですが、
    シチュエーションなどの楽しさしかゾンビ映画は残されていないのかねぇ。

    とはいえ、
    B級映画としては、
    十分に良くできていて、
    B級ホラー映画ファンなら楽しめるでしょう。

    それ以外の人が楽しめるのかは、
    ちょっと判断できないです。

    ただ、
    しょぼい感じの作品ではないので、
    B級映画ファンでなくても楽しめるような気もしますが、
    一般の人はそう受け取らないかもしれないしなぁ。

    そこんとこの感覚がアチキは、
    どうも麻痺しているようなので、
    ファン以外の方が見る場合は、
    自己責任でご覧になってみてくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ アクション 動画

    ZONE [ゾーン] 【2013年製作:映画】

    ロシア映画です。

    それもモンスターというか、
    エイリアンというか、
    まっ、モンスターでいいか。

    B級SF映画です。

    物語は、
    どこかに移動中の学生達が、
    (何処に移動していたのか忘れた)
    廃工場を見つけ、
    そこを度胸試しと言わんばかりに探検。

    しかし、
    そこには、
    地球外からきたモンスターがいて、、、、。

    といった感じで、
    実にB級映画テイストで良い感じ。

    残念なのは、
    ちょっとモンスターのCGがショボ過ぎたかな。

    これでもう少し出来が良ければ、
    一般の方にもそれなりに薦められたのに。

    このCGをみるとグダグダいわれそうな出来だからなぁ。

    でも内容は、
    結構良かった。

    ちょっぱかり緊張感が足りない気をしたけど、
    B級映画としては、
    及第点。

    そして、
    ラストも予想は出来たけど、
    良かったです。

    ホント、
    惜しいのは細部の作りと、
    演出がもう少し何とかなれば、
    もっと良かったのに。

    まぁ、
    モンスターのCGとかの制約なんかもあったのかなぁ、
    そのせいかどうか、
    どうもモンスターに襲われている部分で緊張感が出にくかったんですよ。

    逆に、
    モンスターがいないところでの展開とかは、
    結構、良い感じだっただけに、
    そのギャップも含めて、
    残念な結果になってしまいました。

    ですが、
    B級映画好きなら十分楽しめますので、
    是非、興味があったらご覧になって観てください。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF モンスター パニック 動画

    ゾンビズ・シティ 【2008年製作:映画】

    チリで制作されたゾンビホラー映画「ゾンビズ・シティ」です。

    チリだからどうこうというのは、
    ないですが、
    そう言うのを知らないで観たアチキは、
    ちょっといつも見なれている感じの作品ではないなぁ、と。

    まっ、それは、
    監督とかの作家性にもよることなので、
    お国柄というのとは違うと思います。

    さて、
    ゾンビ映画だと思って観たわけですが、
    いわゆるバイオハザード的なウィルスによる死者蘇りというゾンビです。

    基本、全編モノクロです。

    それもあって雰囲気違うなぁ、
    と思ったのも確かです。

    さて、ここから先は、
    ちょっとネタバレしてしまうので、
    興味が会ってみてみようかなぁ、
    と思った方は読まないように。

    物語は、
    ウィルスが蔓延して、
    軍や政府が隔離などをはじめ、
    大変な状況になっているところから始まります。

    そんな中、
    一部の子供達にはそのウィルスに対する免疫があり、
    その中の一人の少女が主人公となります。

    軍や政府に捕まると人体実験のモルモットになるため母親と逃げていたのですが、
    捕まってしまい、
    なんとか少女だけ逃げることに成功。

    どうしていいのか分からない少女は、
    海には自分たちを助けてくれる人がいると言うことで、
    海へ行くたびをはじめます。

    その道中で色々とあるわけですが、
    最後は、
    海に着いて、
    一応のハッピーエンドになるのかな。

    ここで、
    モノクロ画面であったことの種明かしが出てくるのですが、
    こんなに一目で分かる変化だったら、
    クビのマーキングなんか意味ないじゃん、
    と言ったせっかくのオチが生かし切れていないのが残念でしたね。

    まぁ、それ以外は、
    ある意味単調ですが、
    それなりに最後まで見る事は出来ました。

    興味があって、
    どんなオチなのか気になる方はご覧になっても良いかと。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ 動画

    ソイレント・グリーン 【1973年製作:映画】

    原作はハリイ・ハリスンの小説「人間がいっぱい」です。

    と言うわけで、
    「ソイレント・グリーン」の事を書くのですが、
    ちょっとネタバレしてしまいますので、
    興味があって見ようと思っていた方は、
    ここから先読まないでください。

    まぁ、簡単に映画の内容を言うと、
    人がいっぱいで食料が不足して、
    新たな食料として配給されている「ソイレント・グリーン」の秘密に迫るというお話し。

    アチキが、
    ハリイ・ハリスンの小説「人間がいっぱい」を知ったのは随分昔で、
    TVで見て知ったんですよ。

    どんな番組かは憶えていないのですが、
    そこでハリイ・ハリスンの小説「人間がいっぱい」の紹介をしていて、
    ストーリーボードを使って、
    物語を大筋を紹介していたんですね。

    もちろん、
    最後のオチまで。

    そのオチが、
    小学生だったアチキには、
    やはりインパクトがあって、
    いまだに憶えていたというわけです。

    物語は、
    人口爆発で、
    まさに人間がいっぱいで、
    食料が足りない。

    そこへ、
    ある企業が開発した缶詰が、
    とても美味くてベストセラーに。

    人工的に作られたという肉の缶詰なんですが、
    その原料がなんと、
    人間だったというお話し。

    そんなインパクトのあるハリイ・ハリスンの小説「人間がいっぱい」の映画が存在するというのを知ったのは、
    これまた随分昔で、
    いつか観ようと思っていて、
    やっとこ最近(と言っても半年以上前ですけど)になって見る事が出来たんですよねぇ。

    で、映画の方ですが、
    缶詰ではなく、
    「ソイレント・グリーン」という乾パンのようなスナックのようなモノになっていて、
    なんか、
    生々しさがなくて、
    実に残念でした。

    あんな緑色のスナックの原料が人間だと言われてもねぇ。

    とは言え、
    アチキは原作の小説を読んだことがないので、
    (これまたいつか読んでみようとは思っているのですが)
    映画の方が正解で、
    アチキが昔見たTVの方が間違っているか、
    アチキの記憶違いである可能性もあるので、
    真偽について、
    原作を読んでからと言うことで。

    是非、
    この映画はリメイク、
    と言うか、
    原作の良さを活かしてアレンジしても良いから今の技術で作って欲しいなぁ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画 チャールトン・ヘストン

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー