桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 1巻 【マンガ】

    グルメマンガです。

    でも、
    よくあるグルメマンガとはちょっと違います。

    どこが違うかというと、
    いわゆる、
    ゲテモノを食するグルメマンガです。

    桐谷さんという女子高校生が主人公。

    近所に住む学校の先生がいる高校に入学。

    この先生とは、
    ある意味、
    幼少の頃からの知り合いで、
    幼なじみと言っても良い存在。

    そんな二人が、
    ゲテモノを食する活動をすることに。

    何しろ校長先生にも認められ、
    部活動として学校で堂々とゲテモノ料理を調理して食うことが出来るのです。

    ゲテモノと言っても、
    まだ1巻では、
    メジャーなところからですね。

    一発目は、
    かえる。

    蛙ですよ。

    食用としても人気がある蛙。

    まぁ、
    この辺のは、
    出てくるだろうな、
    と。

    と言うか、
    取っつきやすいかな。

    その後は、
    蛇、
    まぁ、
    あるね、
    鯉、
    これもあるな、
    そして、
    サソリ、
    いやー、
    ゲテモノ、
    って感じだな。

    ずいきに深海魚に、
    豚の金玉、
    って感じです。

    いやー、
    中々面白いですよ。

    まだ、
    1巻ですけどね。

    しかし、
    ゲテモノ系で、
    どれほどネタがあるんだ、
    と思ったら、
    すでに9巻まで出ているじゃありませんか。

    まぁ、
    世の中には、
    色々とありますからね。

    2巻以降も楽しみだね。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : グルメ 料理 日常 高校生 コメディ

    今日からCITY HUNTER 2巻 【マンガ】

    「今日からCITY HUNTER」の2巻です。

    1巻を読んでから、
    2巻を読むまで少々間が開いてしまいましたね。

    あいかわらず、
    あれもこれも読みたいマンガがあるので、
    読む時間を割くのも結構大変。

    何しろ、
    趣味に割いている時間が、
    潤沢にあるわけではないですからね。

    映画を見たり、
    ゲームをしたり、
    アニメ見たり、
    それで、
    マンガも読んだりですからね。

    さて、
    そんなこんなで、
    2巻ですが、
    「CITY HUNTER」の世界に入り込んでしまった沙織。

    海坊主と美樹の騒動に出くわし、
    マンガでは語られなかったそのとき裏ではこんなことが、
    って所を見られるかも、
    と行動したり、
    このままでは、
    マンガの内容が変わってしまう、
    と焦ったりと、
    ある意味、
    タイムトラベル物的なネタを披露しています。

    まぁ、
    そんな主人公の話よりも、
    追憶的に物語を楽しむと言うのが、
    アチキの楽しみ方かな。

    だったら、
    「CITY HUNTER」を読み返せばいいじゃん、
    と言う身も蓋もないことを言う方もいると思いますが、
    コレはコレで、
    楽しいのですよ。

    そういう意味では、
    主人公沙織がいい味出していると言うことですな。

    と言うことで、
    次は、
    3巻ですが、
    これまたいつ読んで、
    ここのネタになるのでしょうかね。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション コメディ

    銀のスプーン 2巻 【マンガ】

    「銀のスプーン」の2巻ですね。

    前巻をネタにした時に、
    ちろっと調べたら、
    かなりの巻数が出ていて、
    ちょっとビックリ。

    アチキ的には、
    5、6巻くらいかな、
    と思っていたりして。

    これは、
    主人公の人生をかなり描いていく漫画なんだと、
    巻数を見て思いましたね。

    と言うことで、
    2巻では、
    入院していた母親も無事に退院して、
    兄妹だけの家族による厳しい生活とはおさらばになりました。

    金銭的には、
    苦しいのでしょうが、
    精神的には、
    良い方向の話ですな。

    そして、
    主人公が、
    実は、
    養子であることも判明。

    ちょっと暗い感じになりましたが、
    きっと、
    これもポジティヴに変わっていくのでしょう。

    その兆しも見えていますしね。

    こうなると、
    グルメネタよりも、
    それらの人間関係などのドラマの方が気になりますよ。

    今回も、
    グルメマンガと言うことで、
    作中に登場する料理のレシピとかも載っているし、
    料理をすることや、
    考えることもしてはいますけどね。

    さて、
    次は、
    3巻ですね。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ドラマ ハートフル グルメ 料理 高校生

    銀のスプーン 1巻 【マンガ】

    グルメマンガになるのかな。

    それだけではないですけど。

    「銀の匙」を読み終わって、
    次は、
    「銀のスプーン」ですか。

    と言う流れではないですね。

    たまたまです。

    主人公は、
    イケメンの高校生

    父親がなくなり、
    母親が入院。

    下に中学生の弟と小学生の妹がいて、
    その二人の世話をしなければならなくなります。

    やはり、
    この展開だと、
    食事の話になるわけですな。

    とはいえ、
    料理の話がメインではありますが、
    それよりも、
    家族の話とか、
    進路の話とか、
    そういう周辺の話がしっかりしていて、
    料理の話は、
    付け足しに感じます。

    それが悪いと言っているのではないですよ。

    料理、
    料理、
    ではないのが実に良いです。

    もちろん、
    物語がしっかりしているからそう思うのですけどね。

    とりあえず、
    1巻は面白かったので、
    次は、
    2巻ですな。

    また読み終わったらネタにしますよ。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ドラマ ハートフル グルメ 高校生

    木根さんの1人でキネマ 第7巻 【マンガ】

    「木根さんの1人でキネマ」の最新刊です。

    もう7巻なんですね。

    すぐに10巻の大台に乗りそうですね。

    主人公の木根さんは、
    アラサー女子のOLなのですが、
    きっと、
    このマンガが続く限り、
    木根さんは、
    ずっとアラサーなんでしょうね。

    作者もそんなようなニュアンスに取れるコメントを、
    書いていましたからね。

    さて、
    今回の木根さんの映画ネタで、
    タイムリーだと感じたのがありまして、
    それは何かと言いますと、
    ゴジラシリーズのネタですね。

    実は、
    これを書いているタイミングで、
    ゴジラシリーズを、
    一作目から見直していたりするのですよ。

    木根さんも、
    同じことをしていますな。

    まぁ、
    アチキの場合は、
    これを書いている時点では、
    まだ、
    全部見ていませんけど。

    しかし、
    マンガとはいえ、
    映画館で、
    必ずゴジラ映画で近くの席に座っているというシチュエーションは、
    公開初日の一発目とか、
    なんか、
    必ず決まった部分がないと実現しないよな。

    後、
    共感ではないが、
    木根さんの友人の泣かない人の話は、
    アチキも、
    似たようなところがあるので、
    ちょっとだけ分かる。

    なぜそこまで涙流れる、
    と周囲の人たちを見て思ったことが、
    何度もあるから。

    年と共に、
    目頭が熱くなることは、
    あるけど、
    まだ涙まで流れたことはないな。

    じ~ん、
    と、
    感動することはあるけどね。

    涙までは、
    行かないのよ。

    やっぱり、
    どこか感情的に鈍いところがあるのかな。

    恐怖映画に関しては、
    子どもの頃は、
    怖くて見られなくて、
    見られるようになると、
    今度は、
    怖くなくなってしまっているという感じだしね。

    でも、
    笑いに関しては、
    子どもの頃から、
    笑える物は声を出して笑っているな。

    と言うことで、
    マンガの登場人物たちに共感しつつ楽しんでいるって感じです。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    銀の匙 Silver Spoon 15巻 【マンガ】

    「銀の匙 Silver Spoon」の最新刊で、
    最終刊です。

    遂に、
    「銀の匙 Silver Spoon」も終わってしまいましたね。

    大蝦夷農業高等学校をみんなが無事に札行して終わりってことになりました。

    休載が多かったので、
    中々新刊が出ない土器もありましたが、
    無事、
    終了って感じですが、
    間が、
    空いていたのと、
    同じように、
    高校生活の三年生の一年間が駆け足で話が進んでいき、
    なんか、
    あっという間というか、
    もっといろんなことがあっても良かったと思わせるような感じになってしまいましたね。

    こうなると、
    大学生になった彼ら彼女らを見てみたくなります。

    ですが、
    巻末で、
    それはないよ、
    という編集とのやりとりがマンガになっていて、
    編集と作者の力関係も垣間見える感じで、
    それはそれで良かったのですが、
    やはり、
    当初の濃密な学園生活から考えると、
    エピソード的に、
    同じことも出来ないし、
    と言うのも分かるが、
    ポンポン話が飛んでいく感じで終わったのが、
    実に、
    残念な感じでしたね。

    こうなると、
    間を売るようなエピソードの短編を何本か書いて、
    コミックが出るくらい画いて、
    気づけば、
    それが、
    2、3冊くらいになっているとうれしいかな。

    とはいえ、
    昨今の人気があるうちは、
    無理矢理にでも物語を続けていくと言うことではないので、
    実に良かったです。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 学園 ハートフル コメディ 高校生

    木根さんの1人でキネマ 第6巻 【マンガ】

    最新刊と書くには、
    ちょっと時間がたってしまいましたね。

    新刊くらいですかね。

    まぁ、
    アチキのブログは、
    基本的に、
    色々な物が、
    タイムリーではなく、
    予約投稿になっているので、
    それなりに時間がたってしまうんですよね。

    F1ネタくらいですか、
    限りなくタイムリーに近いのは。

    さて、
    今回も映画をネタにした話よりも、
    映画にまつわる話の方が、
    楽しかったといった感じですね。

    特に、
    最初のエピソードは、
    映画好きなら必ず通る道かと。

    洋画などの外国の作品は、
    字幕か吹き替えか。

    アチキは、
    若い頃は、
    字幕にこだわっていましたね。

    マンガに登場する字幕派のキャラクターとほぼ同じような意見でしたよ。

    しかし、
    今は、
    どっちでもいいかな。

    と言うか、
    映画に限らずドラマなんかでもそうですが、
    はじめにどちらのものを見るかで変わるかな。

    基本的には、
    字幕を選びますが、
    吹き替えしかないとか、
    たまたま吹き替えを見たといった事になると、
    以後、
    その作品は、
    基本吹き替えになります。

    まぁ、
    映画よりは、
    TVドラマシリーズが、
    そういう感じになるのかな。

    最近だと、
    「フラッシュ」や「スーパーガール」は、
    吹き替えで見てしまったので、
    その後のシリーズは、
    全て吹き替えで見ていたりしますしね。

    映画で吹き替えがいいな、
    と思えるのは、
    やはり子どもの頃、
    テレビではじめて見た映画は、
    吹き替えがしっくり来るな、
    と。

    ジャッキー・チェンの映画とか、
    ダーティー・ハリーシリーズとか。

    まぁ、
    マンガとは、
    離れた話になってしまいましたが、
    映画が好きなら、
    あるあると言った感じのエピソードが満載のマンガですので、
    興味があったら読んで見るといいかもです。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    今日からCITY HUNTER 1巻 【マンガ】

    「シティーハンター」のアナザーストーリー、
    かと思っていましたが、
    近くて遠い感じのマンガでしたね。

    でも、
    面白かったです。

    良くできているし。

    原案は、
    「シティーハンター」ですが、
    マンガの絵描きとかは、
    北条司ではないです。

    錦ソクラと言う方で、
    はじめて知る人でした。

    しかし、
    画は、
    うまいというか、
    北条司にそっくりにまねて画いています。

    微妙に違うとかの細かいところは、
    さておき、
    微妙に違う違和感がほとんど無い画です。

    それこそ、
    北条司が画いたと言われたら、
    アチキは、
    納得してしまいます。

    まぁ、
    アチキの審美眼なんて、
    たいしたことが無いので、
    他の人が見たら、
    えーーちがうじゃん、
    とか、
    言われそうですけど。

    さて、
    内容は、
    主人公の女性、
    青山香が、
    ある日突然、
    女子高校生になって、
    「シティーハンター」の世界に入り込んでしまうという話。

    ある意味、
    異世界転生物、
    ってことですかね。

    物語のキャラクターが現実世界に表れる物語や、
    当然、
    このマンガのように物語の世界に入ってしまうネタのマンガは、
    他にもあります。

    なので、
    その辺の設定での新鮮さはないですが、
    「シティーハンター」をこよなく愛する主人公が、
    愛するマンガの世界で行動する内容が実に良い感じです。

    まだ始まったばかりなので、
    今後どのようになっていくのか、
    楽しみです。

    特に、
    どこまで、
    原作マンガのエピソードに沿っていくのか。

    途中からオリジナルの展開になるのか、
    その辺も興味津々って感じです。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション コメディ

    教習日記 【マンガ】

    免許を取るために教習所に通うことになった漫画家の話。

    秋月カイネ自身の体験が元になっているのか、
    それとも、
    全くのフィクションなのかは、
    よく分かりませんが、
    全4話なのですが、
    はじめは、
    こういう人が免許を取得してを運転するから事故が減らないんだな、
    と思う感じのキャラクターでしたね。

    一般人のレベルで、
    一般道を走るだけで言うなら、
    うまい、
    へたって、
    実は、
    それほどの運転の技量さは、
    ないのかな、
    と思うんですよね。

    状況判断と、
    それに伴う的確な行動(運転)、
    が出来れば、
    周りから下手くそとは言われない気がします。

    よく流れに乗るとか、
    周囲(特にrearview mirrorなとで後方を走行中に見ている)を見ることが出来れば、
    下手とは、
    言われない気がします。

    そういう運転をしていても、
    実は、
    的確なハンドル操作とか、
    的確なアクセルワークとか、
    ブレーキ、
    最近はATしかほぼないので、
    最適なギアレシオとかはなくなりましたけど、
    そう言うのが、
    下手くそとか、
    今市でも、
    先ほどのことが出来ていれば、
    周囲から下手くそとは言われないような気がします。

    さて、
    このマンガの主人公は、
    そう言うのも含めて、
    路上に出てはいけない人のような気がします。

    そんな人でも、
    練習を重ねて、
    うまくなって上に出るという流れですが、
    そろそろ、
    周囲を見て流れに乗れない人は卒業させず、
    出来るようになるまで、
    起用醜女で練習させるようにすれば良いのに、
    と。

    誰でも卒業させることが、
    集客につながるという流れは、
    そろそろやめるようにして、
    長くいさせることで、
    もうけるようにしないとだめかもですよ。

    出来る人はね
    さっさと卒業させて、
    出来ない人は、
    何年でもいさせて金を落とさせると。

    どこの教習所に行っても、
    卒業できなければ、
    本人も免許の取得は諦めるでしょうしね。

    がないと不便な土地では、
    免許を取らせないなんて無理、
    と言うことをしているから、
    結果的に公共の交通が成り立たないので、
    免許を取れない人が増えれば、
    必然的に公共の乗り物を利用しなければならなくなるわけですから。

    まぁ、
    級には変えられないし、
    変わらないでしょうけど、
    少子高齢化になっていくわけですから、
    教習所もどうやって経営していけばいいか、
    考え直すと、
    数の攻め方を変えていくしか無いと思うんですよね。

    一つの所だけでやってもだめですけど、
    全体で談合してやれば、
    結構うまくいくと思うけどな。

    もちろん、
    警察の協力が必要ですけどね。

    卒業生の質を問題にして、
    徹底的に指導する必要があるし、
    高齢ドライバーの教習も、
    簡単な講習ではだめと言うことにして、
    再検定的にしっかりと教習させるようにして教習所も設けて、
    危ない人は、
    免許が取り消しになるとか、
    諦めるように持って行くようにすれば、
    いいような気がするけどなー。

    と、
    いつも以上に、
    マンガの内容とは全く関係の無いことだけで、
    だらだらと書いてしまった。

    ようするに、
    このマンガを読んでいて、
    を運転する楽しさだけではなく、
    特に、
    教習所を題材にしているのなら、
    今ならネガティヴな展開のものがあってもよいよなー、
    と思いながら読んでいたと言うことです。

    教習所のあるあるとか、
    善し悪しとかではない切り口があっても良いなー、
    と言うことです。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag :

    木根さんの1人でキネマ 第5巻 【マンガ】

    さて、
    今回も映画の話よりも、
    その周辺の話の方が、
    アチキ的には、
    おもしろかったという感じの5巻ですね。

    まずは、
    レンタル屋の話。

    昨今、
    レンタル屋がどんどんつぶれてます。

    ネット配信のせいもあるのでしょうが、
    やはり、
    店舗だと床面積の問題で、
    おけるタイトルの数に限りがありますからね。

    そうなると、
    いろいろと面倒なことがあり、
    そのことをいちいちここで書くのもなんか違うという事で、
    書きませんが、
    まぁ、
    そんな事を考えるレンタル屋のエピソードでしたね。

    ああ、
    マンガの方は、
    そんなレンタル屋経営の話ではなく、
    名作映画の話ですけどね。

    それと、
    ディレクターズカット版の話。

    いやー、
    これは、
    ほんとに色々とありますよ。

    まぁ、
    ディレクターズカット版と言えば、
    「ブレードランナー」って言うのが、
    アチキの認識ですな。

    大好きな映画ですしね。

    そーいえば、
    まだ続編見ていないなぁ。

    早く見ないとな。

    と言う事で、
    今回も楽しい木根さんでした。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    木根さんの1人でキネマ 第4巻 【マンガ】

    さて、
    「木根さんの1人でキネマ」の第4巻です。

    4巻では、
    エクソシスト、
    コメディ
    ダイ・ハード、
    トイ・ストーリー、
    ロッキー、
    40歳の童貞男、
    といった感じです。

    さて、
    今までと違うのは、
    木根さんと佐藤さん以外のキャラクターが、
    大勢出て来ます。

    いや、
    今までも出て来ていたけどね。

    巻が進むにつれて、
    準主役として手で来るようになりました。

    特に、
    木根さんのお母さんはいい感じですね。

    元ヤンキーで、
    娘が真っ直ぐに育つように、
    間違った映画を見させないようにしてきた人物です。

    まぁ、
    今までも、
    過去の話で、
    それとなく出て来ましたが、
    今回は、
    顔も出て来ました。

    そして、
    佐藤さん。

    木根さんの同居人ですが、
    遂に壊れてしまいました。

    木根さんは、
    映画のパッケージを収集する趣味があるようで、
    特典が違うだけで同じ映画のパッケージを買うようです。

    アチキも、
    パッケージを買うのが好きなのですが、
    特典はなくてOK。

    それよりも1本でも多く買いたいので、
    未だに、
    Blu-rayとDVDなら、
    DVDを買ってしまうタイプ。

    Blu-rayも持っているけどね。

    そんなわけで、
    今巻も楽しんで読みました。

    ちなみに、
    今、
    これを書いている時は、
    CSの映画チャンネルで映画を見ながら書いています。

    それも、
    DVDを持っている映画です。

    何度も見た映画です。

    それでも見てしまうんですな。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    木根さんの1人でキネマ 第3巻 【マンガ】

    いつものように、
    他の漫画を買いに行ったら発売されるのを知って、
    買ってきました。

    「木根さんの1人でキネマ」の3巻ですね。

    実は、
    もう4巻も発売されています。

    先に、
    4巻を見つけたわけですか゛、
    いつものように、
    あれ?
    と思ったわけで、
    自分のブログでどこまで読んだのかをチェックしました。

    と言うわけで、
    3巻まだ読んでいなかったので、
    まずは、
    3巻から。

    映画のネタとしては、
    アメコミの映画、
    ジョーズ、
    ホラー映画、
    ファイト・クラブ、
    エヴァンゲリオン、
    スター・ウォーズ、
    と、
    まぁ、
    アチキの好きな映画が一杯です。

    ある意味、
    一般の方にも通じるメジャー作品ばかりです。

    まぁ、
    映画の内容を語る漫画ではなく、
    それに関わる人達の話がこのマンガです。

    考えてみれば、
    アチキもかなり映画見ていますが、
    映画の話をしたいとか、
    あまりないですな。

    実際、
    会社でもそれほど話さないし。

    と言うか、
    アチキの場合、
    B級映画が多いので、
    はなから話し合いたいと思わないのですな。

    そういう映画が好きだというのも、
    映画をよく見る会社の人達には知れ渡っていますし。

    そんなわけで、
    あまりこのマンガの主人公に共感することはありませんが、
    楽しんで読んでいますよ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    銀の匙 Silver Spoon 14巻 【マンガ】

    なんか、
    すごく久しぶりの新刊ですね。

    前巻を、
    アチキのブログでネタにしたのが、
    2年前ですからね。

    連載が休止されていたんでしょうね。

    どんな事情でそうなったのかは知りませんけど。

    物語が、
    どんな状況だったのか、
    思い出すのに、
    ちょっとかかりましたね。

    さて、
    今回は、
    いよいよ、
    大学受験の話がメインって感じかな。

    八軒勇吾は、
    進学するつもりはなかったのですが、
    とある理由で、
    大学受験することになりそうです。

    そして、
    御影アキの受験も終わり、
    結果がどうなったかは、
    マンガを読んでもらうとして、
    八軒との関係も、
    少しだけ進展した感じです。

    これからは、
    刊行ペースが戻るのか、
    それとも、
    またしばらくでないのか、
    よく分かりませんが、
    続きが楽しみですよ。


    ■eBookJapanで「銀の匙 Silver Spoon」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 学園 ハートフル コメディ 高校生

    木根さんの1人でキネマ 第2巻 【マンガ】

    「木根さんの1人でキネマ」の2巻ですね。

    他のマンガを買いに行った時に、
    発売されているのを知って買ってきましたよ。

    今回は、
    どんな映画がネタになっているのかなぁ、と。

    初っぱなは、
    前巻の予告にもあったジブリ映画のネタでしたね。

    木根さんは、
    ジブリ映画を見たことがないという話です。

    みんなそれぞれ好きなジブリ映画があって、
    その話だけで盛り上がるのが一般的。

    アチキは、
    確か「ハウルの動く城」から見ていないのかなぁ。

    DVD持っているにもかかわらず、
    まだ見ていない。

    それを見ていないから次の作品も見ていない。

    何故か「ハウルの動く城」を見る切っ掛けがないんだよねぇ。

    確かにはじめは、
    キムタクかぁ、
    と言う事で何となく見る気になれなかったのですが、
    今は、あまりそれで見たくないというきでもないし。

    実際、見る気満々でDVD買っているわけだしね。

    と言う事で、
    何故木根さんがジブリ映画を見ていないのかは、
    マンガを読んで確認してください。

    後、印象に残ったのは、
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ですか。

    木根さんが映画館で見てはまってしまったというネタです。

    確かに「マッドマックス 怒りのデス・ロード」おもしろかったですが、
    そこまでかぁ、
    と言うのも正直な感想でしたね。

    もう、木根さんのはしゃぎっぷりがすごいエピソードです。

    ちなみに、
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」もDVDを持っていたので、
    このマンガを見た後、
    また見てしまいました。

    他にも色々とあるのですが、
    既に木根さんの一人で映画を見るというネタは、
    ほとんど影を潜めた感じですね。

    なんか友達や仲間が増えてきた感じです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    木根さんの1人でキネマ 第1巻 【マンガ】

    タイトルを本屋で見て、
    映画ネタを使ったマンガなんだと思い、
    とりあえず買って読むことに。

    過去にも映画をネタにしたマンガはいくつか読んでいますが、
    このマンガは、
    今の時代をうまく取り入れた感じですね。

    主人公の木根さんは、
    三十うん才で、
    趣味は映画鑑賞。

    レンタルもするし、
    映画館に行くこともあるし、
    DVDなどのパッケージを購入して見ることも。

    趣味も女性なのに、
    アクションやSF、ホラーと言った、
    どちらかというと男の子が好きなジャンルが好き。

    逆に女性が好きそうな恋愛、ロマンスなどの映画は、
    どうも苦手らしい。

    そして、
    映画を見た後は、
    ブログやTwitterで感想を投稿。

    そのレスに一喜一憂するというが趣味。

    作中で取り上げられているのは、
    メジャー作品ばかり。

    まぁ、
    その辺は、
    読者のことを考えれば当然かな。

    アチキが好んでみているようなマイナーな作品では、
    読者は読んでくれないよね。

    で、一人暮らしで映画を見ることだけが好きな木根さんですが、
    会社の同僚の女性が、
    旦那が浮気したと言うことで、
    突然夜中に現れて、
    そのまま居着いてしまうと言うことで、
    同居生活が始まります。

    結局、木根さんは、
    映画の話をする友達が欲しいんだ、
    と言う事になるのですが、
    これからどんな展開になるのか、
    楽しみですね。

    きっと映画の感想とか、
    映画の趣味は、
    作者とイコールなのかもしれませんな。

    自らの体験も盛り込まれているのでしょう。

    映画が好きな人もそうでない人も、
    楽しめるのではないかな。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    銀の匙 Silver Spoon 13巻 【マンガ】

    なんだか随分出ていなかったような気がする「銀の匙 Silver Spoon」です。

    「MIX」は、
    もう出たの、
    って感じだったのに。

    で、
    そんな感じでいたので、
    13巻を読み始めて、
    アレ、もしかして間抜かしてしまった?
    なんて錯覚を起こしてしまいました。

    と言うのも、
    いきなり三年生になっていて、
    乗馬の大会の話になっていたので、
    アレレ、
    って感じを受けたのですよ。

    で、
    調べてみると、
    間抜かしていないし。

    なんか、
    物語の時間の進み方が早いなぁ、
    と感じた13巻でしたね。

    こうなると、
    高校卒業で物語が終わるのか、
    大学生になってもつづくのか、
    気になり出しましたね。

    高校卒業までで物語が終わってしまったら、
    最近の少年誌としては、
    ちょっと関数的に少なくないか、
    と思うわけです。

    これが人気のないマンガだったら分かるけど、
    人気ありますからね。

    まぁ、
    アチキとしては、
    何十巻も出されると、
    それはそれで困ってしまうのですが。

    さてさて、
    これからどうなるのかな。

    楽しみですよ。

    アレ?
    マンガの中身については何も書いていないな。

    まっ、いいか。


    ■eBookJapanで「銀の匙 Silver Spoon」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 学園 ハートフル コメディ

    銀の匙 Silver Spoon 12巻 【マンガ】

    「銀の匙 Silver Spoon」の最新刊12巻です。

    この巻から「四季編」と言うことらしいです。

    二年生になった八軒勇吾たち。

    起業を目指す傍ら、
    各生徒たちは、
    みずから掲げた研究テーマに沿って活動してい行くことになります。

    まぁ、これが、
    後々どういった展開になるのかは、
    まだ今のところ分かりません。

    そんな中、
    フランスへの短期留学の話が八軒勇吾の元に。

    これは、
    なにか新たな展開になるのか、
    と思ったら他の生徒に譲り、
    その生徒も二週間なので、
    すぐに戻ってきてと、
    ネタとしての広がりは、
    ほとんどありませんでした。

    そして、
    馬術部にも新しい部員が入り、
    こちらも何かありそうなのですが、
    今のところ何もないって感じです。

    要するに、
    プロローグというか、
    伏線はりまくりというか、
    そんな感じの12巻でしたね。

    物語というか、
    時間の流れも早くて、
    一年生の時のようなじっくりと描いていく感じではなくなっています。

    まぁ、
    一度やったネタだからね。

    このペースで行くと、
    大学生になってからも話が続きそうな感じですよ。

    それは、それで楽しそうだけど。

    高校生活だけというのもありだとは思うしね。

    さてさて、
    これからどうなっていくのか。

    実に楽しみです。


    ■eBookJapanで「銀の匙 Silver Spoon」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 学園 ハートフル コメディ

    銀の匙 Silver Spoon 11巻 【マンガ】

    てっきり書いていると思ったんですけどね。

    調べたら書いてなかった。

    間違って、
    他のカテゴリに書いたとか、
    色々と調べたんだけど。

    でもその仮定で、
    「銀の匙 Silver Spoon」の9巻が検索ででこないのが判明。

    記事もアップされていて、
    存在しているのに、
    何故か検索で出てこない。

    カテゴリのソートでも出てこない。

    全く持って原因不明。

    問い合わせても良いんだけど、
    消えているわけではないから、
    まっ、いいか、と。

    と言うわけで、
    「銀の匙 Silver Spoon」11巻です。

    いよいよ、
    八軒勇吾も二年生に。

    寮から出るのか、
    そのまま残るのかで、
    色々と悩みます。

    悩んだ結果、
    寮から出ることに。

    せっかく始めた一人暮らしも初日から大変な目に遭うというところで、
    11巻は終わってしまいます。

    それ以外にも、
    八軒勇吾が起業を考えていて、
    父親との新たな関係がスタート。

    月が実に楽しみな感じなんですよね。

    と言っても、
    これを書いている時点で、
    すでに12巻は読んでいるんですけど。

    さてさて、
    次の漫画ネタは、
    12巻の話になります。


    ■eBookJapanで「銀の匙 Silver Spoon」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 学園 ハートフル コメディ

    金魚屋古書店 16巻 【マンガ】

    そーいえば、
    この「金魚屋古書店」が連載されている雑誌が休刊になってしまいます。

    あれ、もうなったのかな。

    まっ、いいや。

    アチキ的には、
    そのニュースを見たとき、
    「鉄子の旅」くらいしか思い出さなかったんでけど、
    いやいや、
    この「金魚屋古書店」があったんですな。

    どうなるんだ「金魚屋古書店」。

    こんなに良い漫画が読めなくなってしまうのか。

    それとも、他の雑誌に連載が移るのか。

    う~ん、
    是非、続けてほしいですよ。

    ちなみに、
    雑誌が「休刊」と言って、
    その後、雑誌が復活することがないのは、
    まぁ、詳しく書くのが面倒なので、
    大雑把な説明しかしませんが、
    「廃刊」にすると、
    せっかく取得した雑誌を刊行する権利を失ってしまうから二度と出さないと分かっていても「休刊」ということにするんですね。

    これは、
    ビジネス的な大人の事情ってやつです。

    と言うわけで、
    アチキの愛する漫画「金魚屋古書店」16巻の話です。

    表紙には、
    国民的漫画作品のキャラクターが登場しています。

    漫画を読んだことがない人もそのキャラクターは知っているというやつですな。

    仕事で、
    たまたま今回そのキャラクターの話の元になっているミュージアムの話をしていて、
    「金魚屋古書店」でもそのミュージアムの話が出てきて、
    偶然とは言え、
    こう続けて話題が出てくると、
    なんか縁を感じるので、
    機会があったら行ってみようかなぁ、
    なんて思ってしまいましたね。

    そーいえば、
    漫画家のミュージアムって一つも行ったことがないなぁ。

    さて、
    アチキ的には、
    ミュージアムの話も良かったのですが、
    やはり元漫画編集者が登場するエピソードが良かったですな。

    漫画ってなんだろうって、
    改めて考えさせられました。

    人それぞれ漫画に対する思いがあり、
    感じ方があり、
    受け止め方があると思うんですよね。

    漫画の大先生が言った「漫画はおやつである」と言うのも一つの捉え方、
    考え方だと思いますし、
    中には「悪書」としか思わない人もいます。

    どちらにしろ、
    社会的に無視できない存在であることは間違いないです。

    すぐそばに、
    どこにでもあって、
    簡単に手にすることができる存在。

    そんな存在だからこそ、
    こうして、
    それぞれの作品からいろいろなものが与えられ、
    「金魚屋古書店」のような漫画も生まれてくるのでしょう。

    たぶん、
    アチキは、
    死ぬまで漫画を読み続けると思うんですよね。

    そして、
    まだ出会っていないすばらしい漫画といつか出会える日を楽しみにしていくんでしょうね。

    まずは、
    「金魚屋古書店」で紹介されている漫画から読んでみるのは、
    一つの切っ掛けとして良いのかもしれませんな。


    ■eBookJapanで「金魚屋古書店」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 ハートフル ドラマ 芳崎せいむ

    銀の匙 Silver Spoon 10巻 【マンガ】

    「銀の匙 Silver Spoon」10巻です。

    アニメも第2期がスタートして、
    盛り上がっているのかな。

    さて、
    マンガの方は、
    冬真っ盛りです。

    八軒勇吾の兄が突然、
    ロシア人と結婚したという前巻の続きから、
    実家で会うことになるのかなぁ、
    と思ったら実家に帰省せず、
    寮で新年を迎えることに。

    その寮では、
    教師達だけのパーティーがあり、
    それに参加することになった八軒勇吾の話とか。

    ロシア人の嫁さんが兄と一緒に寮に来てご対面とか。

    駒場一郎の話とか。

    色々と盛りだくさんです。

    特に駒場一郎関連の話は、
    ちょっと良い感じで終わっています。

    なので、
    御影アキとの関係は、
    それほど進んでいませんが、
    年賀メールのやり取りをみる限り、
    良い感じになっていそうです。

    週刊連載なので、
    結構、いいペースで刊行されている「銀の匙 Silver Spoon」なので、
    興味がある方は、
    早めに手をつけた方がよいかもです。


    ■eBookJapanで「銀の匙 Silver Spoon」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 学園 ハートフル コメディ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー