極主夫道 (ゴクシュフドウ) 1巻 【マンガ】

    「極主夫道」です。

    「ゴクシュフドウ」と読みます。

    一応、
    ググって調べました。

    「ゴクシュフドウ」って読むんだろうな、
    と思っていましたが、
    もしかしたら違うかも、
    と言う所で、
    ググりました。

    「キワミシュフドウ」とか、
    全くの当て字のように読むとか。

    でも、
    当て字のように読むのなら、
    ルビとか、
    そんな感じの表記があると思ったので、
    違うだろうな、
    と思っていましたよ。

    だから、
    普通に読むのだろうと。

    でも、
    なんか、
    疑問に思ってしまったので、
    ググったというわけです。

    たまに、
    あるんですよ。

    些細なことが気になるって。

    いつもは、
    いい加減で、
    そんなことは気にしないのに。

    さて、
    内容ですが、
    元ヤクザが、
    専業主婦をしている話です。

    それも、
    極悪の最凶ヤクザが、
    専業主婦という話。

    「強」が「凶」というのも、
    ポイントですね。

    なにしろ「不死身の龍」と呼ばれるほどの男。

    それが、
    主婦しているという。

    あっ、主夫ですね。

    新婚なのかな。

    子どもはいないようです。

    この手の設定だと、
    主夫として修行中の身という感じなのですが、
    プロです。

    修行中ではありますが、
    プロです。

    ヤクザなのに、
    プロの主夫。

    そのギャップがおもしろいと言うことですね。


    オチの部分で、
    もちっと続きがあればな、
    という感じのエピソードもチラホラしますが、
    その余韻も含めて、
    良いのでしょうね。

    ちょっと長めの四コマ漫画的な感じがとても良いです。

    そう思わせるのは、
    最後のオチの部分が、
    えっ、
    コレで終了、
    って感じで落として終わっているところから来ているのかも。

    全てではないですけどね。

    それが、
    もちっと続きがなんて思ってしまうのです。

    と言う事で、
    おもしろかったので、
    続きも買って読もうと思います。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ

    ゴロセウム 1巻 【マンガ】

    いわゆる格闘マンガです。

    そういえば、
    「バキ」とかの純粋?な格闘マンガって、
    あまり読んでいないなー。

    と言うことで、
    久々ってことになるのかな。

    アチキは、
    知らなかったのですが、
    作者の馬場康誌は、
    格闘というか、
    筋肉の描き方がうまくて有名なようです。

    これ以外にも格闘系のマンガを画いていたりするようです。

    すみません、
    アチキは、
    今回初めて知ったので、
    他のは当然読んだことないです。

    さて、
    このマンガですが、
    函館が舞台になっています。

    もちろん、
    今のところってことでしょうけど。

    設定が面白かったというか、
    肉弾戦の格闘を世界規模で競るための理屈として、
    「平和回路(ピースメーカー)」と呼ばれるブレスレットを装着した者には弾丸などは、
    効かない、
    と言うふうになっています。

    なので、
    肉体で戦うのが一番、
    と言うことで、
    戦うマンガになっています。

    主人公は、
    女性です。

    この辺は、
    今風と言っていいのか分かりませんが、
    女性主人公というよくある設定にしていますね。

    男臭いマンガではないというのは、
    それはそれで良いものです。

    なんか、
    いいことばかりのような感じですが、
    どうも続書になるほどではないというか、
    次の巻への欲求があまりないという物語展開でした。

    悪くはないんですけど、、、、、。

    といった感じなので、
    気が向いたら次の巻を買うって感じかな。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション 格闘

    こんな編集者と寝てはいけない 1巻 【マンガ】

    「こんな編集者と寝てはいけない」と言うことなので、
    どんな編集者となら寝ても良いのかな。

    やっぱり、
    仕事をくれるとか、
    そういう損得勘定で自分に利益になる編集者としかねてはいけないと言うことなのかな。

    と言うことを、
    タイトルを見て思いました。

    さて、
    そんな感じで、
    どんなマンガなんだ、
    と読んだわけですが、
    う~ん、
    こういうネタの物なのか。

    と言うのが感想。

    まぁ、
    こんな感じだという気も、
    薄々していたんですけどね。

    実際に、
    こういう編集者もいそうですけどね。

    そう言う場合、
    これらの編集者は、
    なにハラと呼ばれるのかな。

    もう、
    今の世の中、
    何でもかんでも、
    ハラスメントになっていて、
    それぞれの状況で呼び方が違ったりするからな。

    まぁ、
    このマンガでは、
    ハラスメントで訴える話ではないので、
    かといって、
    笑いをとっているわけでもなく、
    こんなにつらい思いをしているのに、
    デビューできない私って不幸、
    ということを描きたいのかな。

    だったらやめればいいのに、
    とも思うし。

    流れるままに、
    と言うのなら、
    自虐的に笑わさせてくれれば良いのですが、
    そうでもないですし。

    あっ、
    笑いのツボが違うのかも。

    と言うことで、
    続きは出ているのですが、
    買ってまで読む気にはならないかな。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ ちょいエロ

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 200巻 【マンガ】

    発売されてからちょっと時間がたちましたが、
    アチキ的には、
    発売日にコミック買っています。

    ちなみに週刊少年ジャンプは、
    予想通り売れ切れていたため、
    保険で会社の後輩に買っといて、
    と言ったものが後日手元に来ました。

    そんなわけで、
    最終刊ですね。

    こうなると、
    やっぱりコミックの増ページは、
    これに向けての準備期間だったと思われても仕方がないでしょうね。

    週刊連載の最終話掲載と、
    コミックの最終刊を同時というわけですから、
    それなりに準備は必要ですよ。

    ともあれ、
    まさかこんなに早く最終回が訪れるとは、
    アチキ的にはビックリです。

    アチキの中では、
    作者が死ぬまで続くモンだと思っていました。

    ライフワークってヤツですね。

    それが出来る作者だとも思っていましたし。

    だから最終回は、
    普通に終わるものだと思っていました。

    実際、最終回は、
    普通に終わっています。

    そのことに不満はありません。

    コミックと週刊誌での違いというのは、
    まぁ、ご愛敬という感じですか。

    アチキとしては、
    実際にどの位あるのか分かりませんが、
    噂で聞く、
    コミック未収録のエピソードもコミックとして出して欲しいなぁ、と。

    もしかしてそんなのはないよ、
    と言う事かもしれませんし、
    出せない色んな事情があるのかもしれませんが、
    もしそのようなものがあって出せるのであれば出して欲しいです。

    それと、
    たぶん、
    今後もこち亀は、
    単発とか、
    何かの折に、
    ちょこちょこ書かれるような気もします。

    それはそれで楽しみにしているので、
    作者が死ぬまで、
    ちょこちょこかいて欲しいですね。

    またいつかこち亀を読める日を心よりお待ちしております。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 199巻 【マンガ】

    遂に残すところ後1巻で200巻ですよ。

    今回もぞうページの厚くて読み応えのあるお話しでした。

    とは言え、
    増ページ分値段も高いんですけどね。

    通常の値段で、
    このボリュームならお得な感じなんだけど。

    200巻くらい、
    特別価格で出しても良いんではないかなぁ、と。

    さて、
    今回は、
    久々の登場キャラクターが、
    いましたね。

    天国にいる魔法使いのじいさんが登場。

    相変わらず、
    問答無用で両津勘吉を動物に変身させます。

    今回は、
    猫に変身。

    猫に人間社会の知恵を持ち込み、
    猫のボスになる両津勘吉。

    次に変身させられたのは、
    カラス。

    猫のように思い通りにならなくて苦労するも、
    何とかしてしまうのが両津勘吉。

    そして、
    カラスにさせられたのが、
    実は、魔法使いのじじいだけの知恵でないことが発覚。

    最後は、
    そいつらに復讐するというオチ。

    他にも色々ありますが、
    過去のこち亀を復讐する話は、
    また昔のこち亀を引っ張り出して読みたくさせましたね。

    さて、
    次の200巻は、
    どんなスペシャルがあるんでしょうか。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 198巻 【マンガ】

    もうすぐですね、
    200巻まで後2巻ですよ。

    ちなみに、
    今回のコミックの帯を見ると、
    連載開始から40周年らしいです。

    すごいねぇ。

    40年も連載するなんて。

    それもギャグマンガで。

    ビックリというか、
    なんというか、
    すごいとしか言えないね。

    今巻もやっぱり増ページで分厚いです。

    その分読み応えはあります。

    その分価格も高めです。

    さて、
    内容の方は、
    良い意味でも悪い意味でもいつもの通りです。

    ギャグマンガですが、
    安心感があります。

    ですが、
    今回は、
    擬宝珠纏と擬宝珠檸檬の登場する回が多いので、
    アチキ的には有りです。

    特に擬宝珠檸檬なのですが、
    最近出番が少なかったので、
    出てくるだけで良いって感じですな。

    ネタの取り上げ方も相変わらずで、
    偏ってはいますが、
    色々と興味のひくネタも多く、
    楽しんで読んでおります。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 197巻 【マンガ】

    今回も増ページの「こち亀」197巻です。

    やはり、
    これは、
    200巻までは、
    このペースで行くと言うことなんでしょうね。

    すごいね。

    200巻だよ。

    ギャグマンガで、これはすごいと思う。

    さて、
    197巻ですが、
    今回も安定した内容です。

    いつもの感じですよ。

    これがまた難しい。

    ワンパターンではあるけれど、
    新鮮味もある。

    時事ネタを取り入れて、
    パターンにはめる。

    ギャグとしてのパワーは、
    確かに初期の頃に比べれば落ちてはいるけど、
    これはこれで、
    アチキは好きですな。

    時事ネタといっても事件的な話ではなく、
    文化的な流行を取り上げているところがまたいい。

    とは言え、
    オタク向け文化の色が強いけどね。

    マンガという表現の中では、
    少年誌と言うこともあって、
    これはこれで正解って感じです。

    文字量も多いから読むのに時間もかかるしね。

    次巻も楽しみにしていますよ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 196巻 【マンガ】

    さてさて、
    いつもの「こち亀」です。

    今回も書かせてもらいますが、
    まだ増ページのコミックになります。

    ホント、いつまでつづくんだ。

    もしかして200巻までつづくのか。

    200巻まで後4巻ですからね。

    びっくりですね。

    ニュースになるのかな。

    さて、
    相変わらず安定した内容です。

    ある意味安心感のある漫画です。

    大もうけして失敗して大損の流れの話と、
    なんかうまくいっちゃったね系の話と、
    マニアックなネタの話と、
    色々です。

    人情系がなかったか。

    アチキ好きなんですけどね。

    人情系。

    サバイバルゲームネタに関しては、
    このネタの時にいつも思うのですが、
    一度はやってみたいなぁ、と。

    大原部長とのキレる話で出てきたチェックシートって、
    もちろんネタなんですよね。

    そんなこんなで、
    今回も楽しく読ませて頂きました。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 195巻 【マンガ】

    「こち亀」の増ページ、
    195巻も継続中です。

    読み応えはありますよ。

    相変わらずバラエティに富んだネタでの話です。

    とは言え、
    元ネタというか、
    題材は、
    マンネリ気味ですが、
    それは今に始まったことではありません。

    それでも楽しいですよ。

    今回の表紙は、
    擬宝珠檸檬です。

    女性に人気のキャラクターだからと言うことで、
    表紙になったそうです。

    アチキも擬宝珠檸檬お気に入りのキャラです。

    今巻にも擬宝珠檸檬が登場するエピソードがありますけど。

    ありますけど、、、。

    といった感じですな。

    もっと出番を増やしてほしいですな。

    そういえば、
    久々に本田速人の二重人格がネタになって登場しましたね。

    アチキですら本田速人は、
    バイクに乗ると豹変するというのをすっかり忘れていましたよ。

    いやいや、
    本当に忘れていたわけではないですよ。

    そのくらいそのネタが使われることが少なくなったなぁ、と。

    そんなわけで、
    今更「こち亀」を読みなさいと勧めることはしませんが、
    気が向いたときにでも、
    暇つぶしに読むと、
    ちょうど良い感じで楽しめるかもしれませんよ。

    どこから買って読んでも楽しいですし。

    昔読んでいて、
    最近読んでいない人なんかも、
    たまに手にとって読んで見ると楽しめるかも。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 194巻 【マンガ】

    今回の「こち亀」も増ページです。

    いつまで続くのでしょうか。

    いつまでも続いて良いと思うけど。

    単に刊行ペースが変わるだけになるのなら、
    それはそれで嫌だな。

    と言うわけで、
    194巻です。

    今回もバラエティに富んでいますが、
    ゴルフネタが二つほどありますね。

    一つは、
    大原部長の誕生日祝いに倒産したゴルフ場とか、
    売りに出されているゴルフ場から安いのを手に入れて、
    プレゼントしてしまう話。

    まぁ、大富豪の二人がいるので、
    簡単です。

    そして、
    自分だけのゴルフ場を手に入れた大原部長は、
    ゴルフ場のコースを作り替えていきます。

    元々凝り性なので、
    これがとんでもないコースになって、、、。

    と言うのと、
    もう一つは、
    ゴルフビギナーの話ですな。

    こちらは、
    いつもの「こち亀」らしい展開。

    他にもバーベキューの話や、
    家の購入の話など。

    アチキ的には、
    今回も色々と楽しませていただきました。

    このマンガを読んでいるだけで、
    雑学ネタも増えるしね。

    ちょっとジャンルとかが偏ってきたりはしますけど。

    「こち亀」に限らず、
    マンガではいろいろな雑学を吸収しまたよ。

    と言うわけで、
    次は195巻。

    さてさて、
    次も増ページなのか。

    楽しみです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 【マンガ】

    最新刊の193巻です。

    と言っても、
    この記事がアップされるのは、
    2015年1月11日。

    発売されてからかなり立っているから、
    最新刊というのも、
    なんだか変な感じですな。

    とはいえ、
    次の巻が出ているわけではないので、
    間違いではないと思うけど。

    さて、
    今巻も増ページです。

    3巻続けて増ページですか。

    値段もその分ちょいと高いですが、
    読み応え充分です。

    さてさて、
    今巻の感想ですな。

    やはり、
    擬宝珠檸檬のエピソードですな。

    プチ家出の話とか、
    いい感じですよ。

    雪国に行っての話とか。

    192巻では、
    田舎の家に行っての話がありましたが、
    今回は
    その雪国バージョンという感じですか。

    後、食ネタも今回は楽しかったですね。

    串カツに、
    B級グルメと両さんしい話です。

    ラジコンに、サバゲー、
    相変わらず染み丸出しのネタで、
    アチキは大好きです。

    さてさてさて、
    次の194巻は、
    また増ページなんですかね。

    楽しみだな。

    そう言えば、
    最近、麻里愛が出てこないなぁ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 192巻 【マンガ】

    今回の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」も増ページです。

    二回連続ですな。

    もしかして、
    これがデフォルトと言うことではないと思いますが。

    さて、
    お気づきの方がいるとは思いませんが、
    最新刊は、
    193巻です。

    そして、
    今回は、192巻です。

    タイトルが間違っているわけではございません。

    いやー、
    最新刊が出た、
    と思って193巻を買って読んだんですよ。

    そして、
    いざ、
    ブログに感想を書こうと思ったら、
    アレ?
    前回が191巻になっている。

    あれれ。

    と言うわけで、
    なんと、
    192巻が発売されていたことすら知りませんでした。

    もう、忙しくてさぁ。

    ブログも書いている時間がほとんどないし、
    お気に入りのブログを見に行くこともままならないという状況。

    最新刊のチェックは、
    ものにもよりますが、
    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」については、
    コンビニかな。

    と言うわけで、
    全然気づかず、
    慌てて192巻を買いに行ったのですが、
    なんと、
    いつも利用しているTSUTAYAに売っていない。

    というか、
    「こち亀」が最新刊しか置いていない。

    時代も変わったものです。

    と言うわけで、
    192巻ですが、
    今回は、アチキの好きな擬宝珠檸檬のエピソードが入っていて満足でした。

    以上。

    えっ、感想になっていないって。

    たまにはいいでしょ。

    えっ、いつもの事だって。

    とほほ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 191巻 【マンガ】

    なんと今回の「こち亀」191巻は、
    増ページです。

    雑誌じゃないんだから、
    増ページって何だよ、
    って感じですが、
    ボリュームアップと言うことで、
    読み応えばっちりです。

    ただでさえ、
    文字量多いのに、
    一冊読む時間が余計にかかりましたね。

    悪い話じゃないですけどね。

    これで、
    料金が今までと一緒なら尚良かったのに。

    当然、ボリュームアップ分の料金になっています。

    さて、
    中身は、
    いつもの両さんです。

    ネタ的には、
    サクラサイトの話と、
    バス旅行の話、
    インフレデフレの話、
    残念の整形の話、
    などなど、
    相変わらずバラエティに富んでいます。

    今回の一番のお気に入りは、
    地方から来た女子高校生の話ですかね。

    人情モノです。

    笑い系も好きですが、
    人情モノも大好きでね。

    東京に修学旅行に来た女子高校生が、
    回転寿司と間違って超神田寿司に入ってしまい、
    料金の高さにびっくり。

    どうしようかと思ったところで、
    両さん登場。

    今キャンペーンで9割引だよ、
    と嘘をついて超神田寿司を満喫してもらいます。

    それだけではなく、
    その後のフォローも良い感じなんですよ。

    と言うわけで、
    いつもの「こち亀」です。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 190巻 【マンガ】

    いつもの定番マンガです。

    なんか、
    「こち亀」が出るとほっとするなぁ。

    すでに190巻ですか。

    発売日には買えていなかったので、
    書店の棚に並んでいるとき、
    190巻持っていたかなぁ、
    と思い、
    自分のブログ記事を参照。

    189巻まで書いてあったので、
    まだ買っていないからとそそくさと本を手にとって買いました。

    いやー、
    備忘録として役に立っているな、
    個人的にだけだけど。

    それも仕事がちょー忙しくて、
    記事を書きためるのも難しくなってきたし。

    う~ん、
    またいつか休止状態になるのかなぁ。

    それまでは、
    こつこつと書いていきますか。

    さて、
    190巻の内容ですが、
    いつもの感じでバラエティにあふれています。

    アチキとしては、
    久しぶりに擬宝珠檸檬のエピソードがあり、
    うれしかったですなぁ。

    こんな出来た子供いねぇよ、
    という突っ込みは、
    マンガなので、
    大目に見てちょ、
    ってことでしょう。

    アチキ的には、
    全然許せるけどね。

    擬宝珠檸檬だし。

    それと、
    大原部長の携帯電話の話。

    なんか、
    以前にも似たような感じの話があったような気もしますが、
    これはこれで良いのかな。

    アナログ世代の代表だしね。

    ハイテク最新ネタで若い女性に自慢している姿は、
    実にほほえましい。

    どっかにいるよねぇ、
    こういう人。

    そんな感じで、
    今回もアチキを楽しませてくれた「こち亀」190巻でした。

    ちゃんちゃん。






    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 189巻 【マンガ】

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」189巻です。

    この前、
    会社の後輩と「こち亀」の話をしていて、
    昔は面白かったんだけど、
    いまはなぁ~、
    と言う感想を聞いたのですが、
    後輩だけに限らず、
    昔の読者には、
    そういう人が多いなぁ、
    というのは、
    常々感じていましたね。

    アチキも結構昔から読んでいるのですが、
    今は今の「こち亀」のおもしろさがあるので、
    楽しんでいるアチキです。

    まぁ、
    これだけ長いんだから同じテイストでは、
    さすがに辛いと思うし、
    テイストを変えて続けていて、
    それはそれで面白いというのは、
    やっぱり凄いことだと思うんですよね。

    と言うわけで、
    今回の「こち亀」ですが、
    アチキは楽しんで読みましたよ。

    中川のプラモ道の話は、
    中々良かった。

    アチキも子供の頃プラモデルは、
    良く作っていたので、
    中川の観点は、
    さすが金持ちという感じで面白かった。

    そういう観点を見つけてネタに出来るというのは、
    やっぱり凄いですよ。

    で、今回は、
    ボーカロイドネタが多かったかな。

    交通課の新人として入ってきた保可炉衣土。

    これが生声で、
    ボカロの歌を歌えるという特技持ち。

    彼女を巻き込んだカラオケ店の話は、
    オチも中々良かったですよ。

    そんなこんなで、
    いつものように楽しんだ「こち亀」でした。




    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 188巻 【マンガ】

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の188巻です。

    今回の表紙は、
    クリスマスのイメージですな。

    エピソードでもクリスマスというか、
    サンタクロースというか、
    ネタがあります。

    それも三つ。

    その中の一つは、
    擬宝珠檸檬の話。

    何故か擬宝珠檸檬は、
    サンタクロースの扮装することに嫌な顔をします。

    なぜサンタクロースになるのが嫌なのか、
    というのは、
    実際に読んでもらうことにして。

    まぁ、子供らしい反応というか、
    なんというか。

    他のエピソードでお気に入りは、
    大原部長の話ですな。

    相変わらず孫に弱く、
    見栄を張って困った状態になる大原部長の話。

    今回は、
    ミニ四駆のネタ。

    前巻でもミニ四駆を大型化したようなエコカーのエピソードがありましたが、
    今回は、まんまんミニ四駆です。

    ミニ四駆の大会に孫の代わりに出ることになり、
    困っていたところに同じ大会に出ていた両津勘吉に助けてもらい、
    みごと勝利を収めます。

    おかげで孫のヒーローとなりいつものパターンで、、、。

    でも今回のオチは、
    両津勘吉とは関係ない感じでしたけど。

    もうココまで来ると基本的な話のパターンは、
    いくつかに分類されてきていて、
    ある意味、サザエ参加しているとも言えなくもないのですが、
    それがまた気持ちよかったりするんですよね。

    これからもまだまだ続くこち亀。

    次も楽しみです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 187巻 【マンガ】

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」187巻です。

    今回も擬宝珠檸檬の話があって個人的には満足です。

    巻頭一発目が、
    擬宝珠檸檬も登場するお話しで、
    両津勘吉に擬宝珠檸檬と擬宝珠纏、それに磯鷲早矢の四人で、
    千葉の海に遊びに行くというお話し。

    オチのない人情劇というか、
    日常を描いたエピソードです。

    まぁ、良くある話なんですけどね。

    で、これまた良くあることなのですが、
    こち亀に登場する女性がみんな爆乳化しているという事実。

    擬宝珠纏は、その男っぷりがよくて、
    女性らしくなく、
    スタイルも一般的な女性スタイルだったのですが、
    なぜか水着姿になったとたん爆乳ですよ。

    なんてこったい。

    ちなみに磯鷲早矢も日本女性らしいキャラクターで、
    こちらも普段は飛び抜けてグラマラスなBODYではないのですが、
    良かったのか、悪かったのか、
    水着シーンが無く爆乳なのかは不明です。

    でもきっと水着シーンになったら爆乳なんだろうなぁ。

    さて、今回アチキ手に一番ヒットしたのは、
    大原大次郎の健康的な日常の食事療法。

    広告屋として大原大次郎のような消費者は神様みたいな感じですよ。

    テレビで言っていることは全て正しいと。

    今まで言っていたことと反対のことを言ってもそれが正しいと思い込んで食生活を変える。

    そして、不健康になるのなら一般的なマンガですが、
    こち亀では、
    それでもしっかり健康になっている。

    病は気からと言う事か。

    締めのエピソードも擬宝珠纏がらみ。

    蝉のネタの話で、
    落ち込んでいる擬宝珠纏が実に良い感じ。

    いつものように安定した楽しさを提供してくれるこち亀。

    どこから読んでも楽しめるのがいいよね。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 186巻 【マンガ】

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」186巻です。

    今回のコミックでは、
    擬宝珠家、いやいや擬宝珠檸檬が登場しないので、
    ちょっと残念です。

    さて、
    今回はロンドンオリンピックのネタがあります。

    と言う事は、
    あの人の登場が予想されるわけですな。

    毎回、四年に一度登場させて、
    登場させないとファンからブーイングされ、
    大変な思いをしていいるであろう事がよく分かる今回のネタでした。

    ある意味、自虐ネタと言うんですかね。

    今回のオリンピック男はどんな感じになっているのかは、
    コミックを読んでください。

    今回、アチキ的に一番ヒットしたのは、
    鉛筆を使った遊びですね。

    いやー、あの遊び、小学生の時にやりましたよ。

    陣取りの戦争ゲーム以外にもサーキットコースを書いてレースしたり、
    いやー、ホント、懐かしいって感じですな。

    こんな説明だとどんな遊びか分からないと思いますが、
    それは、コミックを読んで確かめてくださいと言うことで。

    他にも様々なネタが満載の「こち亀」です。

    次の巻が出るまで、
    過去の作品も含めて何度でも何回でも楽しめるするめのようなマンガです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 185巻 【マンガ】

    2月に184巻が発売されて、
    もう185巻ですか。

    出るときは、
    ポンポン出ますなぁ。

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」です。

    さて185巻の表紙は、
    秋本・カトリーヌ・麗子です。

    コミックの後ろに作者の解説が載っていますしたが、
    179巻の秋本・カトリーヌ・麗子の冬バージョンに対して、
    春バージョンの秋本・カトリーヌ・麗子が表紙になっています。

    冬バージョンの時にも思ったのですが、
    この表紙の秋本・カトリーヌ・麗子って、
    なんか違うなぁ、と。

    秋本・カトリーヌ・麗子らしくないなぁ、と。

    まぁ、そんなことは、
    内容とは関係ないので、
    あまり深く突っ込まないですけど。

    さて、
    なかみですが、
    いい意味で、
    いつもと変わりません。

    一発目は、
    両津勘吉の見た夢が正夢になるかも、
    という話。

    かも、
    というのは、
    夢の通りなると、
    大変なことになってしまう、
    と言うことで、
    正夢にいないために回避したりするのです。

    寝ている間に見た夢まで迷惑な両津勘吉ってことですね。

    次が、
    秋本・カトリーヌ・麗子の話。

    超美人の秋本・カトリーヌ・麗子が、
    劇のためデブでそれほど美しくない女性に変身。

    その姿で外に出て、
    初めて感じる視線。

    そこへ、
    両津勘吉が登場。

    性格美人より外見が重要と言っていた両津勘吉が、
    誰も見向きもしないデブ麗子に対して親切にするというお話。

    本来ならここで恋心を抱いたりするのですが、
    秋本・カトリーヌ・麗子は、
    基本的に両津勘吉のことが好きですからね。

    そういう落ちにはなりませんでした。

    そして、
    こんなに長い間かかれているので、
    いろいろと設定が変わってきたりしているのですが、
    中川圭一の泣きのツボが動物だったのは、
    新しい設定ですね。

    それ以上に笑えたのが、
    大原大次郎の誕生日と結婚記念日の話。

    この二つの日付は、
    話によって変更されるというのが、
    コマの外に注釈がついていて、
    笑ってしまいました。

    まぁ、コメディですからね。

    いいんじゃないでしょうか。

    他にも楽しい話が満載のいつもの「こち亀」でした。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 184巻 【マンガ】

    まぁ、いつものことなんですけど、
    気がついたら発売されていて吃驚しました。

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」184巻です。

    こんなに永続いていても、
    毎回楽しく読むことができる漫画です。

    アチキのお気に入りキャラクター擬宝珠檸檬のお話が一つだけですが、
    あったので、
    満足しましたねぇ。

    それもこれからきっと登場することになる新キャラクターもあわせて登場。

    その新キャラクターとは、
    捨てられていた子犬。

    雪が降った東京の朝の町を擬宝珠檸檬がお散歩。

    社会人にとっては、東京の雪ほど始末に負えない感じですが、
    幼稚園児の擬宝珠檸檬には、そんなことは関係ないです。

    実家が寿司屋なので、
    動物は飼えないということで悲しい思いをする擬宝珠檸檬ですが、
    最後には、、、。

    「こち亀」お得意の人情劇ってやつですね。

    新キャラクターといえば、
    また新たに派出所勤務の警察官が入ってきました。

    それも、元お笑い芸人。

    売れない芸人だったので、
    レポーター仕事が多かったという特技がネタになるエピソードです。

    楽しいお話でしたが、
    二度目の登場があるのかは、
    ちょっと微妙なキャラクターですね。

    ほかにも下町ネタの話や、
    葛飾区のキャラクターの話や、
    不良を更生させる話や、
    プラモデラーの合コン話や、
    亀有の町おこしの話や、
    新葛飾署の食堂の話など、
    相変わらずバラエティ豊かです。

    次の巻もきっといつの間にか発売されて読むことになるんでしょうけど、
    いつ読んでもどこから読んでも楽しい漫画なので、
    本屋で見かけたら買うくらいの気持ちが、
    今でも買い続けている秘訣なのかもしれないなぁ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 秋本治 日常 コメディ 警察

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー