コンクリート・レボルティオ ~超人幻想~ THE LAST SONG 【アニメ】

    「コンクリート・レボルティオ」のセカンドシーズンです。

    とは言え、
    話数のカウントは、
    前シーズンから続いているので、
    あまりセカンドという感じではないですね。

    さて、
    物語としては、
    当然、話数が続きになっているので、
    前シーズンからの続きです。

    だからここから見ても、
    まったくなんのこっちゃ、
    と言う事になってしまいます。

    超人を取り締まる超人課の仕事に疑問を持った主人公が、
    超人課を飛び出した後の話になります。

    一人で、
    正義を貫くという感じ、
    というよりは、
    疑問を持ったままでは何も出来ないという感じで、
    それぞれの事件に対して、
    自分はどう行動すればいいのか、
    という感じで行動しています。

    自身の出生の秘密なんかもあったりして、
    悩み多き青年って感じですね。

    勧善懲悪になりそうでならない物語なので、
    いかにも現代的な物語ではありますね。

    このセカンドシーズンで、
    物語もシンプルになっているので、
    物語が収束していく上では、
    非常に良かったです。

    前作までならちょっと評価は低かったですけど、
    このシーズンでワンランク上の評価にはなったかな。

    前作を途中で投げ出してしまった人は、
    もしかしたら、
    ここまで我慢して見ていけば、
    最後まで見られかもしれませんな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション 超能力 ロボット 怪獣 エイリアン 妖怪 豊崎愛生 三木眞一郎

    コンクリート・レボルティオ ~超人幻想~ 【アニメ】

    これまたモダンレトロ的な感じの作風です。

    パラレルワールドの世界なんでしょうね。

    それも現代ではなくて、
    戦後くらいの所からの話になります。

    それだけではなくて、
    過去と現在の展開というかエピソードが混じり合って、
    当初、
    アチキは、
    混乱しましたよ。

    ん?ん?
    って感じです。

    物語が進んで、
    やっと理解できてきたというお馬鹿なアチキです。

    内容としては、
    ヒーローや怪獣など、
    子供の頃に見た様々なヒーロー番組の設定が現実になっている世界です。

    設定といってもキャラクター的な設定です。

    ロボット超能力など、
    どこかで見たことがあるような設定のヒーロー達が出てきます。

    それらが、
    悪と戦うという単純な話ではありません。

    人ならざるもの、
    人より優れた力を持つものの存在は、
    普通の人間にとっては脅威でしかなく、
    ヒーロー、
    この物語では、超人となっていますが、
    管理されるべきだという設定で、
    物語が進んでいきます。

    少し高尚なことを言えば、
    善とは、
    悪とは、
    正義とは、
    と言ったことを真剣に考え、
    悩んでいるのが主人公になります。

    後半になって盛り上がってきたところで、
    え、これで終わりなの、
    という感じでしたが、
    その後、
    シーズン2というか、
    はじめから予定されていた続きが放映されて、
    そこまでで一つの作品となっています。

    と言うわけで、
    続きは、
    また次回。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション 超能力 ロボット 怪獣 エイリアン 妖怪 豊崎愛生 三木眞一郎

    攻殻機動隊 新劇場版 GHOST IN THE SHELL 【2015年製作:アニメ:映画】

    「攻殻機動隊ARISE」の続編の映画になります。

    前作までを見ていないと、
    ちょっと内容的について行けない作品になっています。

    「攻殻機動隊ARISE」では、
    まだまだ公安9課に所属しないで終わったので、
    この映画で最後所属することになるのかなぁ、
    と思ってある意味期待を持って見たわけですな。

    それがどうなるのか、
    気になる方には、
    ネタバレになるので、
    この先は読まないように。

    さて、
    物語は、
    国防軍の兵士達が大使館を占拠。

    この事件が発生している最中に草薙基子は、
    自身が率いる部隊の予算確保を済ませ、
    正式に大使館籠城の事件に首を突っ込みます。

    そして、
    大使館の敵を制圧寸前に、
    総理大臣が元上司であったクルツ中佐と共に爆弾テロにより死亡。

    これら事件の真相を突き止めるべく動き出します。

    まぁ、全体としてはよくまとめたなぁ、
    という感じでした。

    気になる公安9課への配属ですが、
    ほぼその流れになるという感じで終わっています。

    だから、
    もし次回作があって、
    その時にスタートから公安9課として動いていても不思議ではないです。

    逆に明確になっていないので、
    次回作も公安9課ではない組織として活動していてもおかしくはないです。

    そういう中途半端な感じで終わっています。

    物語が中途半端というわけではないですよ。

    まぁ、公安9課に所属してしまったら一連の作品の流れとしては、
    もう終わりと言うことになってしまいますからね。

    このシリーズは、
    アチキの認識として、
    公安9課に配属される前の草薙基子の活躍を描いた作品だと思っているので。

    そんなわけで、
    「攻殻機動隊」シリーズが、
    この先、
    どのように展開していくのか、
    非常に興味がありますね。










    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション 犯罪 動画 士郎正宗 坂本真綾 中井和哉 沢城みゆき 浅野まゆみ 麦人

    コード:ブレイカー 【アニメ】

    原作はマンガらしいです。

    少年マガジンで連載されていたマンガです。

    何となく本屋で表紙を見たことがあるような気がしているのですが、
    手に取ったことはないなぁ。

    手に取っていたり、
    パラパラと読んでいたりしたら憶えているだろうけど。

    と言うわけで、
    原作を読んだことがないので違いは分かりません。

    さて、
    物語は、
    異能の力を持った少年が主人公です。

    ヒロインの女子高校生が、
    あるとき、
    その少年が力を使っている現場を目撃。

    そこから二人が絡んでいくことになるのですが、
    このヒロインの女子高校生もなにやら力があるようで、
    唯の一般ピーポーではない設定。

    で、
    異能の力を持った者たちは他にもいて、
    チームを組む事は滅多になく、
    単独で悪者をやっつける仕事をしています。

    で、
    この異能の力を持った者たちの事をコードブレイカーと呼ぶのです。

    まぁ、
    やっている仕事は悪人をやっつけるという感じなのですが、
    一応、政府の仕事でやっています。

    しかし、
    本当に悪者をやっつけているのか、
    みたいな展開になっていきます。

    異能バトルがメインではありますが、
    中々おもしろかったです。

    アニメは、
    全13話なので、
    たぶん原作のマンガは、
    もっとエピソードがあると思うので、
    続きが出来れば観ようとは思いますが、
    アニメの制作年数をみると、
    今の段階で続きが出来ていないと言うことは、
    ちょっと望み薄なのかな。

    と言うわけで、
    興味があったらレンタルでもして見てくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション 犯罪 学園 高校生 日笠陽子 斎賀みつき 三木眞一郎 ゆかな 中田譲治 甲斐田裕子

    攻殻機動隊ARISE 【アニメ】

    攻殻機動隊の新シリーズと言って良いのかな。

    一応、今までの「攻殻機動隊」よりも前の時代で、
    公安9課が出来る前の話になります。

    アチキが見たのは、
    全4話の部分だけです。

    この後に、
    アチキの記憶が確かなら映画があるというわけですが、
    そちらは、
    まだ見ていません。

    さて、
    公安9課の前段というわけで、
    主人公の草薙素子は、
    まだまだ精神的に若いといった設定になるのですが、
    やはりアチキのイメージとは、
    ちょっと違っているので、
    違和感はありましたね。

    声優も変更になっているのですが、
    その部分は、
    あまり気にならなかったかな。

    性格設定が、
    この後すぐに9課が出来ることを考えると、
    ちょっと弱すぎた感じがする。

    そして、
    今までの作品の設定をどこまで反映させるのかという所でも、
    アチキとしては、
    えぇ、って感じでしたね。

    と言うわけで、
    これは、
    「攻殻機動隊」の新シリーズというわけです。

    今までの作品は忘れてください、と。

    そんなわけで、
    今までの作品にどの位の愛情があるかで、
    この作品を受け入れられるのかどうかが分かれるのかな。

    アチキは、
    これはこれで問題なく受け入れましたよ。

    劇場版は、
    まだ見ていませんが、見たらまたネタにしようと思います。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション 犯罪 坂本真綾 中井和哉 沢城みゆき 浅野まゆみ

    GOLDEN BOY さすらいのお勉強野郎 【OVA】

    マンガ「GOLDEN BOY(ゴールデンボーイ)」のオリジナルビデオアニメです。

    全6話になります。

    まぁ、マンガも連載途中で終わってしまっている作品なので、
    続編も出ていますが、
    アニメの方は、
    物語としてキチンと最後まで描かれているわけではございません。

    とは言え、
    元々マンガの方もエピソード毎に物語が完結しているので、
    アニメもエピソード毎に描いているから、
    物語としての中途半端さはありません。

    マンガの方は、
    後半になっていくと、
    エロい部分が多くなってくるので、
    OVAとして成人指定を受けずに見せられるのは、
    前半部分という気もするので、
    これはこれでよいのかな。

    この後、続けていたら、
    きっとR18になってしまうからなぁ。

    逆に、
    そうしないと、
    すごく中途半端な作品になってしまうので、
    やるからには、
    成人指定にして作って欲しいなぁ。

    内容については、
    一見おバカで、
    行動もおバカなんだけど、
    すごく頭の良い主人公がいて、
    一見、頭がよいと言うこともあまり自覚していなくて、
    世の中には知らないことがいっぱいあって、
    人生生きること全てが勉強と言うことで、
    様々な仕事に従事して勉強していくというお話し。

    もちろん、
    仕事をしているだけではなく、
    色んな事件などがあって、
    影ながら解決して去っていくという展開。

    関わっている人は、
    主人公がいなくなってからそのことに気づいて、
    主人公を再び呼び戻そうとするってのが基本。

    なので、
    見ていて楽しいです。

    興味があったらマンガ共々ご覧になってみてくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : OVA ちょいエロ 鶴ひろみ 皆口裕子 井上喜久子 玉川紗己子 かないみか 榊原良子 土井美加 納谷悟朗

    これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド 【アニメ】

    アニメ「これはゾンビですか?」の第2期になります。

    全11話です。

    なのですが、
    TV放映は、
    全10話だったんですね。

    なんか、
    10話を見ていて、
    最終回ぽい作りだなぁ、
    と感じていて、
    11話は、
    単独エピソードで、
    なんか最終かぽくないなぁ、
    と感じていたんですけど。

    そういうことだったんですね。

    なっとくです。

    前作から引き続き、
    なにかしら裏がありそうな感じで物語が進んでいくのですが、
    色んな所属団体が、
    それぞれの思惑で動いていて、
    それぞれに裏があるという物語の見せ方になっています。

    それでも魔法少女の世界と、
    ネクロマンサーの世界の話が、
    メインであることには、
    かわりないのかな。

    前作の流れで見ているので、
    まあ、こんなもんか、
    と言う感じでしたけど。

    シーズン2まで制作されたと言うことは、
    商売的には、
    うまくいっていると言うことなんでしょうね。

    バトル有り、
    恋愛有り、
    コメディあり、
    と要素だけを取り上げれば、
    そんな感じのアニメです。

    どちらにしろ、
    前作を見ていないと分からない物語なので、
    興味があれば、
    前作からご覧になってくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 恋愛 ゾンビ ヴァンパイア 忍者 魔法 日笠陽子 金元寿子 下屋則子 生天目仁美

    これはゾンビですか? 【アニメ】

    ライトノベルが原作のアニメです。

    原作の小説は、
    完結しているようです。

    アニメも第2期まであります。

    まだ、
    これを書いている段階では、
    第2期を見ていません。

    何しろ忙しくてね。

    昨年の後半から新潟県長岡市にちょくちょく出張で行っていてね。

    それだけが原因ではないですが、
    それ絡みで忙しいという感じです。

    さて、
    個人的な話は置いといて。

    物語ですが、
    主人公の高校生がゾンビです。

    ゾンビといってもホラー映画に出てくるゾンビとは、
    ちょっと違います。

    普通に人間しています。

    話すし、食うし、
    人を食うわけでも感染するわけでもないです。

    ネクロマンサーによって死体から生き返られさせた存在です。

    なので、
    純粋なゾンビという感じてはないですな。

    他にも魔装(魔法みたいなもの)少女や吸血鬼でありながら忍者といった人種が出てきます。

    こういう設定は、
    実にライトノベルらしいというのかな。

    敵の存在とかもあったりして、
    バトルもあります。

    もちろん、
    恋愛要素も。

    そんなわけで、
    シリアスな展開もあったりはしますが、
    基本的には、
    コメディかな。

    まぁ、気軽に見られる作品という感じですな。

    興味があったらご覧になってくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 恋愛 ゾンビ ヴァンパイア 忍者 魔法 日笠陽子 金元寿子 下屋則子 生天目仁美

    悟空の大冒険 【アニメ】

    手塚治虫原作のアニメ「悟空の大冒険」です。

    マンガの方も読んだことがあるのですが、
    ずいぶんの昔のことでねぇ。

    最後まで読んだのか、
    全部読んだのか、
    それすらあやふやです。

    ちなみに、
    マンガのタイトルは、
    「ぼくの孫悟空」です。

    アニメに関しては、
    子供の頃、
    再放送を良くやっていて、
    見ていたのですが、
    やはり、
    キチンと見たことがなかったんですよねぇ。

    と言うわけで、
    バンダイチャンネルの月額見放題で、
    見られる機会があったので、
    見たわけです。

    いやー、
    やはり懐かしいって感じが強かったです。

    そして、
    やはり手塚治虫作品だなぁ、
    と改めて思いました。

    コメディー的な部分もそうですが、
    アイデア、アレンジの仕方など、
    当時としては、
    斬新だったのではないかと感じましたね。

    さすがに、
    今の人が初めて見ると、
    古くさく感じるのは仕方がないかな。

    アチキでさえ、
    懐かしさの次に感じたのは、
    やはりそこら辺だったらね。

    でも小さいお子さんなんかは、
    そう言うのを感じることなく楽しめるのかもしれないな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション コメディ 冒険 手塚治虫 増山江威子 野沢那智

    こいこい7 【アニメ】

    漫画が原作のアニメです。

    アニメは見たのですが、
    どうもイマイチ理解できなかったので、
    これを書くにあたってちょいと調べてみたんですけど、
    原作のマンガとアニメは、
    全く別物という感じの作品らしいですな。

    大雑把なキャラクターの設定とかは一緒のようですけど。

    と言うわけで、
    アニメの方の話。

    作画のクオリティは、
    昨今の作品としては、
    いただけない感じです。

    まぁ、物語全体が、
    パロディ的な内容で、
    コメディなので、
    これも、まぁ、一つの味と言えなくもないです。

    主人公の男子高校生と、
    その主人公を守る女性6人を中心とした話。

    守ると言うことは、
    敵もいるわけで、
    その敵も悪の組織と言うより、
    学園内のライバル?といった感じです。

    金持ちのお嬢様に目をつけられた「こいこい7」といった感じですな。

    6人なのになぜ「こいこい7」なのかは、
    アニメを見ていてもよく分かりませんでした。

    そんなわけで、
    アチキ的には、
    あんまりお勧めできないかなぁ、
    といった感じですな。

    全13話なので、
    とりあえず最後まで見られることが出来ましたけど。

    コメディだから真剣に見る必要がなかったというのも最後まで見られた要素ではあります。

    そんなわけで、
    お色気も満載なのですが、
    クオリティがいまいちなため、
    お色気になっているようないないような。

    まっ、興味があったらご覧になってくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション コメディ パロディ ちょいエロ 恋愛 学園 水樹奈々

    琴浦さん 【アニメ】

    漫画が原作のアニメ「琴浦さん」です。

    いつものように原作の漫画は読んだことありません。

    いつものようにバンダイチャンネルの月額見放題だったので見た作品です。

    さて、
    物語は人の心を読める超能力者の琴浦さんが主人公です。

    人の心が読めると言うことで、
    周囲の人々から恐れられ、
    嫌われて、
    両親も友達もいない寂しい人生を送っています。

    そして、
    物語は、
    新しい高校に転校したところから始まります。

    クラスメイトの真鍋義久と出会い、
    心を読まれることを何とも思わない真鍋義久によって、
    徐々に心を開いていく琴浦さんのお話です。

    まぁ、
    幼い頃ならいざ知らず、
    中学生や高校生になってまで、
    心が読めることを隠さないというか、
    不用意な発言で気味がわれる事をするんなんて、
    なんてアホな琴浦さんと思いながら見ていたわけです。

    真鍋義久がエロい妄想によって琴浦さんが困惑するのが、
    おもしろいというシチュエーションのために、
    アホな琴浦さんになっているのかもしれないですけど、
    まぁ、コメディな感じですからこのくらいでちょうど良いのかもしれませんな。

    そんなことを気にしながら見ていたせいなのか、
    ながら見になってしまいました。

    確かに真鍋義久は、
    良いやつで、
    すごいやつだとは思うけどね。

    ちょっと暗めの展開もあったりします。

    それでも、
    後半になっていくと、
    少しずつではありますが、
    ハッピーな要素が増えては来ているのかな。

    まぁ、興味があったらご覧になってみてくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。


    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 恋愛 超能力 学園 高校生 金元寿子 花澤香菜 井上喜久子 渡辺明乃

    ゴーストハント 【アニメ】

    原作は、
    小野不由美著の悪霊シリーズと呼ばれている、
    いわゆる一つのライトノベルになります。

    というのは、
    この記事を書くに当たって調べたから知っているということで、
    当然、原作を読んでおもしろかったからアニメもという流れで見たわけではございません。

    と言うことは、
    原作との違いなんて全く分かりません。

    さて、
    物語は、
    原作がライトノベル、ティーンズを対象としている、
    それも女性をターゲットにしているモノなので、
    主人公は、
    女子高校生です。

    その女子高校生谷山麻衣の通う学校で、
    心霊現象騒動が、
    いわゆるお化け騒動があり、
    その道のプロを呼んで対応してもらうことに。

    それがもう一人主人公でもある渋谷一也というわけです。

    まぁ、その事件が切っ掛けで、
    渋谷一也の仕事を手伝うことになった谷山麻衣が、
    様々なオカルト的な事件に巻き込まれるというお話。

    絵柄が、もっと細かく言うと、
    キャラクターデザインが、
    少女漫画風だったのと、
    内容的にも少女漫画的な感じがしたので、
    アニメを見ているときは、
    原作は少女漫画かなぁ、
    と思っていました。

    この手のホラー的な少女漫画って多いですからね。

    ほとんど読んだことないですけど。

    そして、
    思っていたよりは怖かったかな。

    あくまでも思っていたよりはですよ。

    アニメだし、
    それほど、というか、
    全く怖いとは思わないんだろうなぁ、
    と思っていたんですよ。

    だから演出的にも物語的にも、
    がんばって怖がらせようというのがあって、
    ほー、エー感じだなぁ、
    と思ったわけです。

    それが一般的にどれほど怖いのかわかりません。

    アチキもB級ホラー映画ばかり見ているので、
    感覚がバカになっていたりするからねぇ。

    と言うわけで、
    興味があったらご覧になってみてくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ホラー 恋愛 オカルト 高校生 名塚佳織 釘宮理恵 南央美

    コヨーテラグタイムショー 【アニメ】

    アニメ「コヨーテラグタイムショー」ですが、
    作品を観るまで全く知りませんでした。

    いやー、
    相変わらずバンダイチャンネルの月額見放題を愛用しているアチキですが、
    その中に入っていたんですよねぇ。

    今は、月額見放題から外れてしまっていますが、
    またいつか復活するかもしれません。

    そんな作品いっぱいあるからね。

    と言うわけで、
    「コヨーテラグタイムショー」ですが、
    面白かったです。

    あまり期待していなかった分、
    余計に面白く感じたかもしれませんが、
    面白かったです。

    中年のおっさんが主人公です。

    それも外見は決して二枚目ではありません。

    そして、一人娘がいて、
    この娘も本当の子供ではなくて、
    親友の忘れ形見。

    この親子を中心に物語が進んでいきます。

    主人公は、
    コヨーテと呼ばれる海賊

    いやいや、この物語の世界では、
    海賊のことをコヨーテと言っています。

    コヨーテの中でも一目置かれているおっさん、
    「ミスター」と言うニックネームなんだろうな、
    が、主人公。

    そして、娘のフランカ・ドックリー。

    このフランカ・ドックリーが、
    実は、100億宇宙ドルと言われている遺産の鍵となる人物。

    このフランカを巡って、
    マフィアって感じの殺し屋集団マルチアーノとの死闘と、
    争奪戦が繰り広げられるのです。

    全12話ですが、
    中身の濃い物語でしたね。

    主人公周辺は、いわゆる萌え要素なんかないのですが、
    敵であるマルチアーノには、
    12姉妹の殺し屋がいて、
    こちらが萌え部隊って感じになっています。

    伝説のお宝のからくりも良い感じだったし、
    ラストは緊迫感のある演出で、
    とても良い感じでしたね。

    キャラクターも魅力的で、
    これなら続編が出来ても良いと思える作品でしたよ。

    でも、今まで続編がないと言うことは、
    今後もないと言うことでしょうね。

    まぁ、若い人には受けないんだろうなぁ。

    キャラクターとか意外とオーソドックスだし。

    でもおっさんであるアチキは、
    楽しませて頂きました。

    と言う事で、
    興味があったら見てくださいな。

    結構、面白いですから。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 海賊 アクション 宇宙 大塚明夫 堀内賢雄 関智一 湯屋敦子 沢海陽子 生天目仁美

    こみっくパーティー Revolution(レボリューション) 【アニメ】

    TVアニメ「こみっくパーティー」を観た後に、
    そのまま流れで観た作品。

    当然、アチキは続編だと思って観はじめました。

    う~ん、続編なんだろなぁ。

    キャラクターデザインが変わったのか、
    容姿が大人な感じになったし、
    高校生から大学生になったし、
    主人公ははじめから同人マンガ画いているし。

    まぁ、何というか、
    キャラクターの設定とかに違和感を感じたもので、
    ちょっとそう思ったりしちゃったりしたのよ。

    と言う事で、
    全13話を見ました。

    もちろんバンダイチャンネルでね。

    なんか、バンダイチャンネルの回し者のようになっているなぁ。

    そんなことはないんだけどね。

    取り合えす見た環境を画いとくかな、
    と言うレベルでの情報です。

    さて「こみっくパーティー Revolution(レボリューション)」ですが、
    アチキ的には、
    こちらの作品の方が良かったですね。

    でもいきなりこちらから見てもどうかという部分もあるけど。

    「こみっくパーティー」では、
    同人マンガに対する重いというか関わり方というか、
    さういう部分の比重が大きかったけど、
    こちらの「こみっくパーティー Revolution(レボリューション)」では、
    その部分は、それほどでもなく、
    キャラクター重視の見せ方になっている気がしたなぁ。

    その分、取っつきやすい感じはしたよ。

    まぁ、何はともあれ、
    ゲームをプレイしたことがない人は、
    いきなり「こみっくパーティー Revolution(レボリューション)」から見てもちょっとついて行けない部分もあるかもしれないので、
    興味があってみたいと思ったら前作の「こみっくパーティー」から見ることをお薦めします。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。


    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 恋愛 大学生 菊池正美 こおろぎさとみ 園崎未恵

    こみっくパーティー 【アニメ】

    ゲームが原作のアニメ「こみっくパーティー」です。

    実は、ドリームキャストの「こみっくパーティー」を持っていたりするんですよねぇ。

    積みゲーになっているので、
    まだプレイしたことないんです。

    と言うわけで、
    アニメを見たので次はゲームでもプレイするかなぁ、
    と思っているのですが、
    いつになる事やら。

    実際、今はPS3とPSPのゲームを同時進行形で遊んでいたりするしなぁ。

    さて、TVアニメ「こみっくパーティー」ですが、
    いつものようにバンダイチャンネルの月額見放題と言うことで見ました。

    解説によると、
    ゲームでは大学生の設定がアニメでは高校生になっていると言うことらしいです。

    その差がどういう感じになるのかは、
    アチキにはちと分かりませんでしたけどね。

    物語は、
    主人公の千堂和樹が悪友の九品仏大志にそそのかされて同人マンガを画くことになるお話しです。

    無理矢理同人誌即売会に連れ出され、
    そこで同人誌を作る人たちと出会い、
    半ば強制的に漫画を書く羽目になり、
    楽しさと苦労を知っていくというお話し。

    一応、恋愛的な要素もあるにはありますが、
    そっち系の話よりもやはり漫画を画き、本を作っていく過程の話がメインかな。

    この辺は、実際に同人誌を作っている方々の方が、
    そうそう、と思ったり、
    そんなわけあるかー、と思ったりする部分なんでしょうけど、
    アチキは実際に画いたり作ったりしたことがないので、
    その辺のことはよく分かりませんが、
    結構楽しく見られましたよ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 恋愛 高校生 菊池正美 こおろぎさとみ 園崎未恵

    COBRA THE ANIMATION(コブラ・ジ・アニメーション) 【TVアニメ】

    「コブラ」の新TVアニメシリーズです。

    昔の「コブラ」の好きですが、
    今回の新しい「コブラ」のアニメも中々ですよ。

    と言う事で、新しい「コブラ」は、
    前作で若い頃のコブラの声を担当した内田直哉が、
    現在のコブラの声も担当することになり、
    このタイミングだと、やっぱり野沢那智の体調問題があったのかなぁ、
    と思ってしまいますね。

    さて、物語の方は、
    マンガの話が基本になっています。

    はじめは、ドミニクのそっくりさんとしてマンガでも登場した女性のお話です。

    ここからはじめるというのは、
    やっぱりわかってらっしゃるって感じです。

    シークレットという女性ですが、
    ドミニクの後は、ヒロイン的な存在になる女性です。

    そして、宇宙一のプロポーションを持っているという素晴らしい女性です。

    とはいえ、
    今回のTVアニメは、
    全13話で、1クールしか作られていないので、
    シークレットが活躍する事はほとんどないです。

    まぁ、マンガでもそれほどいっぱい活躍しているわけではないけどね。

    やっぱり、
    13話というのは、ちょっと少ない感じでしたね。

    アチキは「コブラ」のファンだからそう思うのかも知れないけど、
    せめて2クール分は作って欲しかった。

    まぁ、今後、何年かしたらまた作られるかも知れないけど、
    それまで辛抱できるかなぁ。

    とりあえず、
    今ある作品だけでも十分楽しめますので、
    是非、暇があったらご覧くださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション スペースオペラ 海賊 寺沢武一 榊原良子 坂本真綾 田中敦子 川澄綾子

    COBRA THE ANIMATION タイム・ドライブ 【OVA】

    「COBRA THE ANIMATION タイム・ドライブ」は、
    「COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン」の次に作られた作品です。

    そろそろ、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)という表記も変えなくてはならないかなぁ。

    最近は、ODA(政府開発援助じゃないよ。オリジナルDVDアニメーションだよ)という表記を使っていたりするからなぁ。

    まぁ、物理的なメディアが変われば、そうなるのだろうけど、
    意味的には変わっていないから、当分はOVAと表記するつもりです。

    と言う事で、
    「COBRA THE ANIMATION タイム・ドライブ」です。

    今回は、
    なんと、
    コブラの声優が変更されています。

    ビックリです。

    見るまで知りませんでした。

    野沢那智から内田直哉に変更です。

    ですが、
    悪くなかったです。

    と言っても過去のコブラの声を内田直哉がやっているんですけどね。

    ですが、次のTVアニメになった「コブラ」では、
    交代してしまっているんですよね。

    と言う事で、
    今回のお話は、
    アーマロイド・レディの過去の話になります。

    マンガでは、一度人間だったときのアーマロイド・レディが登場していて、
    (「タイム・ドライブ」の話が作られる前ね)
    その時は、クリスタルボーイとの対決や因縁なんかも語られていて、
    その話がアチキ好きでねぇ、
    いつか映像化されないかなぁ、と思っていたのですが、
    今回は、それ以上の過去の話になっています。

    タイムパラドックス的な部分もうまく処理はしています。

    若かりし頃のコブラも登場し、
    中々楽しい作品になっています。

    レディとコブラの深い絆が描かれているステキな作品でもあります。

    全2話ですので、
    はじめて「コブラ」を見るには手頃かも知れませんなぁ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : OVA SF スペースオペラ アクション 海賊 寺沢武一 野沢那智 榊原良子 高山みなみ

    COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン 【OVA】

    原作者である寺沢武一が監督、脚本など作品に深く関わって制作された「COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン」です。

    とてもいい感じですよ。

    主人公のコブラに野沢那智、相棒のレディに榊原良子とベストな配役で、
    実に良いです。

    「コブラ」誕生30周年記念作品と言う事で復活したわけですが、
    この作品の評判が良かったのか、
    この後にも新作の「コブラ」が制作されています。

    と言う事で、
    スペースオペラの傑作「コブラ」のアニメを堪能してください。

    って感じで、
    中身なんて説明する必要はないですよ。

    まずは見てくれって感じです。

    SF的なデザインの数々、
    美女、美女、美女のオンパレード。

    そして、コブラの宿敵も登場して、
    もうサイコーですよ。

    と、べた褒めな感じですが、
    ちょっと残念なことが。

    コブラ役の野沢那智氏が、
    とても元気のない声なんですよ。

    なんか、年取ったなぁ、
    って感じで、
    すごく寂しかったです。

    「COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン」は、全4話。

    マンガのワンエピソードを映像化しています。

    簡単に内容を説明すると、
    500カラットのダイヤ「ナイルの涙」を盗むため、
    古代火星美術館に忍び込んだコブラですが、
    同じタイミングで海賊ギルドが襲撃してきたのです。

    海賊ギルドの目的は、
    化石虫の研究者ユートピア・モア博士と「化石虫」。

    美女にはめっぽう優しいコブラが、
    偶然、美女ユートピア・モア博士を助け出し、
    この事件に関わることに。

    「化石虫」には一体どんな秘密があるのでしょう。

    って感じで、海賊ギルドとコブラの戦いが始まるのです。

    いやー、「コブラ」のファンの人は、
    間違いなく観ていると思うし、
    観ていない人はすぐにでも観て欲しいです。

    そうでない方は、
    とりあえず観てちょうだいって感じですね。

    別に「COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン」かせ見ることもないし、
    どの作品から見ても良いので。

    とても面白いですよ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : OVA SF スペースオペラ 海賊 寺沢武一 野沢那智 榊原良子

    鋼鉄神ジーグ 【アニメ】

    「鋼鉄ジーグ」から50年後の世界を描いた続編「鋼鉄神ジーグ」です。

    ですが、TVアニメ「鋼鉄ジーグ」の真っ当な続編ではないです。

    マンガの「鋼鉄ジーグ」の続編と言うことになっています。

    九州が丸々謎の雲に覆われてしまって50年。

    まるで、小松左京の「首都消失」のような状況。

    そして、遂に九州を覆っていた積雲が動き出し、
    積雲を観測していた新ビルドベースまでが飲み込まれてしまいます。

    その時に、新しい鋼鉄神ジーグが登場します。

    今回は、主人公草薙剣児は、普通の人間です。

    サイボーグではありません。

    しかし、鋼鉄神ジーグの頭部となって戦います。

    頭部になるのは、スペシャルなバイク。

    バイクに乗って頭部に変形して合体して戦う。

    残念だなぁ。

    アチキはやっぱりサイボーグで変形して欲しかった。

    で、雲に飲み込まれた世界は、
    50年前からほとんど時間がたっていなかった。

    九州ではまだ戦闘が続いていたのです。

    この設定は良かったですね。

    そして、50年前に行方不明になった鋼鉄ジーグと司馬宙の行方を捜し、
    遂に最終決戦へ。

    いやー、おもしろかったですよ。

    「鋼鉄神ジーグ」だけを観ても話が分かるようにはなっています。

    が、やはり「鋼鉄ジーグ」を知っていると思い入れも違いますね。

    ですが、司馬宙の声が古谷徹でなかったのが残念無念。

    新旧ジーグの共演もあり、
    実におもしろかった。

    おかげで「鋼鉄ジーグ」をまた観たくなってしまったほど。

    スーパーロボット好きなら是非ご覧くださいって感じですね。

    後、昔「鋼鉄ジーグ」を観たことがあるおっさんたちにもお薦めです。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 動画 永井豪 兵藤まこ 岡村明美 野田順子

    鋼鉄ジーグ 【アニメ】

    永井豪原作の「鋼鉄ジーグ」です。

    永井豪氏が原作となっていますが、
    永井豪氏が自ら描いたマンガは存在していません。

    設定のみ参加という形でのアニメ作品となっています。

    今更「鋼鉄ジーグ」なんて、
    と思いますが、
    続編(実はマンガの続編)「鋼鉄神ジーグ」を最近観たので、
    懐かしくなって観てしまいました。

    いやー、今観ても面白いです。

    昔、子供の頃「鋼鉄ジーグ」のおもちゃを持っていましたよ。

    マグネモシリーズとしてタカラでていたのですが、
    アニメと同じように磁石で分離合体できる優れもの。

    アニメで登場した様々なパーツも有り、
    特にお馬さんのパーンサロイドが発売されたときは、
    欲しくて溜まりませんでしたが、
    家が貧乏なので(今も貧乏ですが)買ってもらえず、
    友達が持っていたパーンサロイドと合体させて遊んだものです。

    と言うことで「鋼鉄ジーグ」ですが、
    主人公、司馬宙(シバ ヒロシ)が実はサイボーグで、
    鋼鉄ジーグの頭部に変形してしまうと言う実に斬新な設定でした。

    邪魔大王国の女王ヒミカと戦うのですが、
    アチキは、再度「鋼鉄ジーグ」を観るまで、
    女王ヒミカの事を女王ヒミコとずっと思っていました。

    まぁ、ヒミコがモデルになっているのだから間違っていても問題はないと思うんだけど。

    そんな勘違いもかわいいもので、
    スーパーロボット全盛期の時代に登場した「鋼鉄ジーグ」は、
    間違いなく少年時代のアチキのハートをがっちり掴んでいたことは確かです。

    しかし、ヒロインの卯月美和は、
    あまり好きではなかったなぁ。

    あの時代を感じさせるヘアスタイルのせいかな。

    アチキのハートを掴んだのは実は「鋼鉄ジーグ」の後に始まった「マグネロボ ガ・キーン」のヒロイン花月舞だったなぁ。

    それも変身後の花月舞が良かったよ。

    ケバい化粧のヒロインなんて当時はいなかったから実に衝撃的でしたね。

    「マグネロボ ガ・キーン」についてはいずれまた。

    今更「鋼鉄ジーグ」を再度観るなんて事は、
    ゲーム「スーパーロボット大戦」に登場したとき原作を知りたいと思うときくらいでしょうが、
    続編の「鋼鉄神ジーグ」を観た後も観たくなることでしょう。

    たぶん。

    ただレンタル屋には中々置いていないと思うので、
    観たくなっても観れないという事があるかもね。

    アチキもネットのストリーミング配信で観たくらいですから。





    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 永井豪 古谷徹 吉田理保子 緒方賢一

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー