モスクワ・ゼロ 【2006年製作:映画】

    出演者を見ると、
    B級映画ではないですね。

    ヴィンセント・ギャロにヴァル・キルマーですからね。

    さて、
    内容ですが、
    モスクワの地下にある迷宮が舞台です。

    その迷宮に得体の知れない物が、
    と言う良くある展開の映画です。

    とっかかりとか、
    流れとか、
    展開は、
    それなりに考えたように感じましたが、
    まぁ、
    それがどれほど効果があったのかは、
    ちょっと分かりませんけど。

    でもまぁ、
    最後まで楽しませてくれました。

    B級映画ではないので、
    チープさもないですし。

    内容か、
    出演者が好きならレンタルしてみても良いのかも知れません。

    正月早々、
    位内容の映画ネタからスタートというのもなんですが、
    その辺は、
    余り気にせずにリスト順に消化している感じです。










    スポンサーサイト



    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 ヴァル・キルマー

    モータル・コンバット ファイナル・バトル 【1998年製作:映画】

    「モータル・コンバット」シリーズの最後と言う事になっています。

    TSUTAYA DISCUSのシリーズ登録による戸ですけどね。

    前のネタの時にも書きましたが、
    こちらの映画作品も、
    TVドラマを2本つなげて、
    1本の映画のようにしています。

    つなげているのも、
    連続した物語ではないので、
    ご想像通りな感じです。

    さて、
    2作目にして、
    ファイナルタイトルを付けると言う事は、
    前作は売れなかったのでしょうな。

    もしかしたら、
    この作品と同時発売かもしれませんけど。

    どちらにしろ、
    売れる要素はないよな。

    売りたかったら、
    ちゃんと作品を見せる方向で売らないと。

    もしかしたら、
    アチキのように、
    奇特な人が、
    評価してしまって、
    売れるかも知れないじゃないですか。

    まぁ、
    アチキが評価しても、
    これを読んでいる人が少ないので、
    商売には結びつかないと思いますけど。

    そんなわけで、
    この作品も前回の作品同様、
    様々な事情加味した上で、
    ご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 格闘 動画 クリスタナ・ローケン

    モータル・コンバット キング&クイーン 【1998年製作:映画】

    「モータル・コンバット」シリーズ作品のようですが、
    どうやら、
    映画のシリーズとは違うようです。

    どうりで、
    物語として、
    新しいスタートを切ったなぁ、
    と思ったわけですな。

    で、
    TSUTAYA DISCUSのコメントに、
    その辺の事を書いていらっしゃるか違いました。

    TVシリーズで、
    「モータル・コンバット」が存在したんですな。

    いやー、
    それはそれで見てみたい。

    日本のレンタル映画で良くある手法ですが、
    TVドラマをくっつけて、
    さも映画のようにレンタルする。

    これは、
    その作品をバカにしているようで、
    本当にやめて欲しい。

    TVシリーズとして見れば楽しめたかも知れない作品が、
    ぶつ切りで紹介され、
    あまつさえ、
    映画として見せられるとなると、
    見る側の印象は、
    間違いなく悪くなりますよ。

    そんなわけで、
    この作品を見る時は、
    そういうもんだと思ってみていただければ、
    少しは、印象が変わるかも知れませんな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 格闘 動画 クリスタナ・ローケン

    モータル・コンバット 2 【1997年製作:映画】

    さてさて、
    シリーズ2作目ですな。

    商売がうまくいって、
    2作目を作ったということですな。

    そして、
    物語も前作からの続きになります。

    前作の終わりから、
    この映画は始まります。

    せっかくハッピーに慣れと思ったのもつかの間。

    魔界の住人が登場して、
    ルール破りの格闘戦へ。

    格闘ゲームが原作だから、
    格闘一辺倒のストーリーは嫌になったのでしょうな。

    普通の格闘アクション映画のような設定になってしまいました。

    物語的に頑張っているのですが、
    まぁ、
    2作目がダメなジンクスが生きている映画です。

    1作目は、
    それこそ、
    B級映画ですが、
    アチキ的に楽しめたのは、
    事実です。

    続編は、
    前作よりもパワーダウン。

    まだ続きがあるので、
    最後まで見ましたよ。

    続きがなくても一応、
    どの映画も最後まで見るけどね。

    はてさて、
    この後、
    シリーズはどう展開していくのか。

    実に楽しみです。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 格闘 動画

    モータル・コンバット 【1995年製作:映画】

    いやー、
    懐かしいねぇ。

    実は、
    劇場公開された時に、
    初日に見に行っているんですよね。

    まぁ、
    ぶっちゃけ、
    配給元がお客さんだったので、
    入りが芳しくないので、
    動員で見に行ったわけです。

    まっ、
    アチキ自体が嫌いではなかったし、
    タダで見られるのならと、
    言うわけで見たのですよ。

    当時は、
    まだ、
    今ほど心は広くはなかったので、
    実に残念な感じの感想しか持てなかったのですが、
    今回、
    シリーズが一杯出ているので、
    まとめてみてしまうかと、
    と言う事で、
    改めて一作目から見たわけです。

    すっかり内容を忘れていたので、
    ある意味楽しめました。

    元々は、
    確かアメリカの格闘ゲームが元になっています。

    いわゆる、
    ゲーム原作の映画化ですな。

    ゲームは、
    プレイしたことがないのですが、
    いつか、
    機会があればプレイしてみたいと思っているゲームです。

    演出がバイオレンスで有名なのですよ。

    内容は、
    悪者がいて、
    それを倒す救世主的な男が主人公で、
    敵を倒すために頑張るというお話し。

    この悪者が、
    魔界の住人で、
    とんでもない力を持っていたりするのですが、
    それにも打ち勝つという、
    素晴らしいお話しです。

    と言うわけで、
    B級映画の臭いがプンプンする、
    まさにB級映画って感じで、
    B級映画好きの方は、
    レンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 格闘 動画 クリストファー・ランバート

    モンスター・トラック 【2014年製作:映画】

    何というか、
    タイトルがダメですな。

    タイトル自体には、
    B級映画らしさがあってよいのですが、
    映画を見た後だと、
    このタイトルはないだろう、
    って感じです。

    大体、
    トラックがとモンスターの関係って、
    単にモンスターを輸送するトラックが出てくるだけです。

    それだって、
    まぁ、
    全体からみれば、
    そこそこって感じでしか登場しません。

    さて、
    タイトルは、
    イマイチですが、
    内容的には、
    割と良かった。

    かなり昔に、
    伝承通りに怪物の双子が生まれます。

    姉弟なのですが、
    弟は、
    もう人間とは呼べない姿の怪物。

    姉は、
    しっぽあるけど、
    まぁ、見た目人間。

    この二人、
    かなり長寿で、
    現代まで普通に生きています。

    姉は良いとして、
    弟の怪物が問題。

    こいつを何とかしようというのが、
    基本的な内容です。

    この弟の特殊能力のせいで、
    見ているこちらも混乱必至。

    はじめは、
    どういうことか、
    説明もなかったので、
    余計混乱しましたよ。

    とは言え、
    モンスター・トラックは、
    出てきませんでしたが、
    それなりに楽しめました。

    画もチープではなかったですしね。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 怪獣 動画

    モンスター・フィールド 【2014年製作:映画】

    よくあるB級モンスターパニック映画です。

    注目すべき点は、
    デンマークが製作国になっている事ですな。

    以前にも書きましたが、
    今まで中々見ることが出来なかった国の映画が見られるようになって、
    実に良いですな。

    映画を見ている分には、
    これぞデンマークというのは、
    アチキがアホのせいか、
    感じることは出来ませんでした。

    さて、
    映画の内容ですが、
    主人公は、
    高校生の兄弟の兄になるのかな。

    まぁ、
    臆病者なのですが、
    父親が突如あられたモンスターに殺されて、
    弟を守らなければならないのですが、
    臆病で頼りない。

    そんな状況で生き残るために頑張って、
    いつしか、
    勇気を勝ち取るという展開です。

    モンスターに恐怖を感じないのですが、
    まぁ、
    そんな映画は腐るほどありますからね。

    そこは、
    まぁ、気にしなければ、
    最後まで楽しめる映画だと思います。

    とは言え、
    一般の方にもお勧めできるのかどうかは、
    ちょっと分かりません。

    何としご存じの通り、
    アチキの評価基準は、
    一般の方に比べてかなり低いところにありますからなぁ。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルしてご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : 怪獣 パニック 動画

    モンスターアイランド 【2004年製作:映画】

    いかにもB級映画のようなタイトルですね。

    実際、
    そうなんですけどね。

    色んな意味において、
    B級映画らしい映画です。

    チープさや、
    物語の展開とか、
    実にいい感じのB級映画です。

    さて、
    内容の方ですが、
    彼女に振られたダメ男の主人公が、
    大ファンのタレント?アーティスト?(実際は、セクシー゛女優なんですけど)のシークレットライブに当選。

    その会場である島に行くわけですが、
    そこで、
    巨大な昆虫が登場。

    アーティストが攫われて、
    ダメ男が、
    助けに行くぞー、
    と言う話です。

    いやー、
    実に良いですな。

    モンスターパニック映画と言うよりも、
    モンスターパロディ映画って感じですけど。

    実にB級映画らしいです。

    なので、
    一般の方には、
    やはりお勧めするのは忍びない。

    ですが、
    B級映画ファンになら、
    ある意味、
    安心して進められますな。

    とは言え、
    抜群におもしろいわけではないので、
    興味があったらレンタルしてくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : 怪獣 パニック ちょいエロ 動画

    モンスターズ/新種襲来 【2014年製作:映画】

    「モンスターズ/地球外生命体」の続編です。

    続編ですが、
    前作とのつながりはありません。

    主人公も違いますしね。

    モンスターの設定だけが、
    繋がっていると言うコトですな。

    地球のあちこちに、
    前作で登場したモンスター達が現れて、
    人類対モンスターの戦いが繰り広げられているという状況の物語です。

    で、
    その戦っている部隊の一つが、
    モンスターばかりの危険な地域に取り残されてしまいます。

    で、
    その部隊を助けに行く部隊の話が、
    この映画の内容です。

    前作は、
    逃げるのが基本でしたが、
    今回は、
    戦うのが基本です。

    まぁ、
    アチキも、
    前作から続編を作るならそうしたでしょうね。

    なので、
    その設定辞退は悪くないと思うのですが、
    残念なのは、
    イマイチおもしろくなかったと言うコトですな。

    最後まで見られたので、
    平均点ではありますけど。

    アチキの平均点は、
    一般の方には、
    かなり低い点数だと思うので、
    一般の方がおもしろいと思うのかは、
    分かりません。

    一つ言えるのは、
    前作の方が良かったなぁ、と。

    そんなわけで、
    どちらから見ても構わない感じの映画ですが、
    まずは、
    前作から見て、
    おもしろいと思ったら、
    この作品をチャレンジした方が良いかな。

    前作をつまらないと思ったら、
    この映画を見るのは、
    ちょっと考えた方がよいかもしれません。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション ミリタリー 怪獣 動画

    モンスタートラック 【2016年製作:映画】

    いやー、
    タイトル見た時は、
    相変わらずのくだらないB級映画かな、
    と思ったんですよ。

    そしたら、
    結構、
    金掛けた映画でしたね。

    まぁ、
    ノリはB級映画でしたけど。

    内容は、
    採掘現場で、
    地下水脈にぶち当たり、
    地下水脈には、
    未知の生物がいるからというくだりがあって、
    本当にいた、
    と言うとコトで、
    これがばれたら採掘は中止しなければならないから、
    未知の生物を捕獲して隠滅しようと企業がします。

    で、
    うまく逃げた未知の生物が、
    主人公の青年と出会って、
    友情を育んで、
    企業の悪者から未知の生物を守るというお話しです。

    で、
    タイトルになっているモンスタートラックですが、
    モンスターがトラックの中に入って動力になってを動かすという所から来ています。

    なので、
    普通の自動では不可能な走行をしたりして、
    カーアクションも楽しい物になっています。

    結構、
    ハートフルな感じの物語なので、
    子供と見ても楽しめるのではないでしょうか。

    あまり小さいお子さんだと楽しめるか分かりませんけど。

    そんなわけで、
    実にタイトルとパッケージで損をしている感じですが、
    他に適切なタイトルって思いつかないなぁ。

    原題もモンスタートラックだしね。

    興味があったら是非ご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 怪獣 ハートフル 動画

    モーガン プロトタイプ L-9 【2016年製作:映画】

    リドリー・スコットが製作に名前を連ねている作品です。

    残念ながら監督ではないです。

    物語は、
    人工生命体をネタにしたお話し。

    となると、
    リドリー・スコットと人工生命体と言ったら、
    「ブレードランナー」を思い浮かべるわけですな。

    まぁ、
    プロモーション戦略的にも、
    それは狙っているのでしょう。

    でも、
    全体の世界観も含めて、
    「ブレードランナー」ほど凝ってはいないかな。

    人工生命体を創り出す研究をしているプロジェクトで、
    巨額の資金を投入しているのですが、
    その人工生命体が、
    暴走して研究員を負傷させます。

    これに本社が反応して、
    調査員を送り込みます。

    この研究を続けるべきかどうかも含めての判断をするために。

    途中から、
    もしかしてオチはアレかな、
    と思って見ていたのですが、
    まさか、
    思っていたオチになるとは。

    それはそれでよいのですけど、
    そのオチを活かした人工生命体とのやり取りとかあった方が、
    良かったのではないかと思うわけです。

    そうすると、
    オチに頼らない、
    ドラマの深みが出てきたのかもしれないなぁ、
    と思いましたね。

    別にあからさまな伏線とか、
    そういうことを言っているのではないですよ。

    とは言え、
    思っていたよりは、
    イマイチでしたが、
    最後まで楽しく見ることは出来ました。

    SF映画なので、
    好みの問題はあるかと思いますが、
    一般の方にも興味があれば、
    レンタルして見てくださいと言えるかな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画 リドリー・スコット

    MONSTER 【2012年製作:映画】

    「MONSTER(モンスター)」という実に安直なタイトルですな。

    原題は「BIGFOOT(ビックフット)」なので、
    どちらも実に安直です。

    安直と書くと、
    なんかあまり言いイメージに捕らえられないので、
    シンプルとでも言いましょうか。

    ちなみに「モンスター」と言うタイトルは、
    色々と使われているので、
    まだ欧文だけのタイトルは、
    商標がとれたんですね。

    ちょっと驚きです。

    さて、
    映画の中身ですが、
    町おこしのために、
    音楽フェスティバルを開催することに。

    有名アーティストが大勢出演するという宣伝をするのですが、
    実は、
    本当に来るのか分からないというか、
    来たらうれしいというレベルの話での宣伝展開。

    そんな時、
    森の中でとんでもないことが起きていて、、、。

    まぁ、
    隠すほどの事でもないですが、
    巨大なモンスターが、
    きっとビックフットと言いたいんでしょうな。

    タイトルがそうだから。

    で、
    フェスの会場に巨大ビックフットが現れて、
    人々を食ってまわるという展開。

    まぁ、
    ショボいCGなので、
    モンスター映画なのに、
    ちょっと寂しく感じたり、
    予算が少なくて、
    パニック映画なのに、
    パニックに見えなかったり、
    と色々と脳内補完をしないと楽しめない作品です。

    フェスの会場なんかは、
    本当に人が少なくて、
    それでも頑張っているのかもしれないけど、
    有名アーティストが来ると騙されて来たわりには、
    人が少なくてね。

    なので、
    ちょっと残念です。

    まぁ、
    はじめから期待していなかったから、
    こんなモンだろうと思って楽しんで観ましたけど。

    と言うわけで、
    B級映画ファン以外の人は、
    興味があったらご覧ください。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : モンスター パニック 動画 シェリリン・フェン

    モブスターズ 青春の群像 【1991年製作:映画】

    実話を元にしたギャング映画です。

    それも町のチンピラからマフィアのボスになるまでの話。

    マフィアの抗争とか、
    あるんですけど、
    サブタイトルになっている「青春の群像」が、
    内容をよく表していて、
    血みどろで陰謀渦巻く話ではないです。

    四人のチンピラが、
    仲間を大切にして、
    のし上がっていく話です。

    あくまでも四人の若者の関係が中心。

    生きていくためにギャングになって、
    仲間を守るためにトップに上がっていく。

    最後は、
    実に気持ちの良い終わり方です。

    マフィアのボスになることがよいことなのかは別にして、
    青春サクセスストーリーって感じです。

    出演している俳優の人気もあって、
    見ている人は結構いるかもしれません。

    アチキは、
    映画の評判が良かったので見たんですけどね。

    実際、
    おもしろかったし。

    さわやかな青春映画ではないですが、
    こういう友情の映画も良いなぁ、
    と感じます。

    興味があれば、
    是非暇な週末にでもご覧になってください。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 恋愛 マフィア 青春 動画 ララ・フリン・ボイル

    モンスターズ/地球外生命体 【2010年製作:映画】

    パッケージのメインビジュアルを見ると、
    「第9地区」ぽいなぁ、
    と。

    メインビジュアルが似ていると言うことではないですよ。

    タイトルとメインビジュアルをみて、
    そう言う印象を持ったと言う事です。

    で、
    見始めると、
    その印象がそれほど的外れではなかったな、
    と。

    コミュニケーションの獲れない未知の生物が現れて、
    その生物がいる地域を壁で囲って隔離していて、
    その生物が活動する時期が決まっていて、
    それ以外の時は被害もなくて、
    そんな地域に取材に行ったカメラマンが、
    モンスターが活動する時期が来たので退避することなるのですが、
    エライ人の娘がその地域にいるから保護してその地域から連れ出せと命令されるところから物語が始まります。

    まぁ、
    これで簡単に連れ出せたら映画にならないので、
    当然、
    なんやかんやでその地域にとどまることになって、
    しかし、
    そのままいると危険なので、
    別のルートでなんとかその地域から脱出してアメリカに帰国しようと旅が始まるのです。

    最後まで楽しく見る事が出来ましたね。

    雰囲気はとても良かったですね。

    ただもうちょっと細部まで設定を詰めていたらもっと良くなったのかなぁ、
    と。

    途中の展開もサバイバルにしたいのかしたくないのか、
    ちょっと中途半端で、
    見えない敵というか、
    未知なるモノへの恐怖とか出しているあたりは良かったのに、
    結局、
    ラストのオチというかなんというか、
    そこを見せたいために意外とあっさりしたサバイバルになってしまって、
    ちょっと残念でしたね。

    前段の部分もドキュメント的な味、
    まぁ、
    リアリティをだすということにこだわっての展開と見せ方のなのかもしれませんが、
    エンタテインメントとして見せるのならもう少し見せ方を考えないと、
    前段の段階で飽きてしまう人がいる作りでしたね。

    とは言え、
    アチキ的には最後まで楽しめたし、
    この手の作品が好きな人なら十分楽しめるかな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン 動画

    モールス 【2010年製作:映画】

    スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」をリメイクした作品「モールス」です。

    と言う事実を知ったのは、
    この記事を書くにあたって、
    TSUTAYA DISCUSの解説を読んだから。

    いやー、
    相変わらず、
    そう言うのを読まずにポンポン予約ボタンを押して見ているアチキです。

    そういう状況で見たので、
    当然、
    この映画がホラー映画だとは知りませんでした。

    ディスクが届いて盤面のタイトルを見てもそうは思いませんでしたからね。

    オリジナルの映画タイトルが、
    実に良いヒントになっているんですね。

    200歳の少女ですよ。

    この映画のヒロインの少女が、
    実は、
    吸血鬼、
    ヴァンパイアだったのです。

    主役は、
    12歳の少年。

    いじめられっ子で母子家庭の少年が少女と出会い色んな体験をしていくというお話し。

    単なるヴァンパイアモノではなくて、
    主人公が少年と言うことで、
    その少年の視点で物語が描かれているから、
    実にホラーらしくないです。

    とはいえ、
    少女がヴァンパイアとして活躍?するシーンは、
    ホラー映画らしいですけどね。

    怖いという感じよりも少年が大人になる切ない思いを映画にしたという感じかな。

    でも対象がヴァンパイアだとねぇ。

    と言うか、
    現代社会では、
    そういうファンタジーな対象にしないとそういう風にはならないと言うことか。

    もう少し、
    映像というか演出が違えば、
    ダークファンタジー的な物語になったのに、
    結構グロくて写実的で、
    そういう部分はホラーらしく作っているので、
    ドラマチックなファンタジーにはなっていませんでした。

    とは言え、
    映画自体は面白かったので、
    興味があったら是非暇な週末にでも見てくださいな。

    アチキは、
    オリジナルの「ぼくのエリ 200歳の少女」を、
    機会があったら観てみようと思っています。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ヴァンパイア 動画

    もしも昨日が選べたら 【2006年製作:映画】

    実は、
    二回目です。

    何が二回目かというと、
    この「もしも昨日が選べたら」のネタを書くのが二回目。

    それもフリーズしてバックアップされていなかったため書き直し。

    ちなみにフリーズしたのは、
    ブラウザです。

    それにしても定期的に記事が保存されるように設定しているのに、
    こういうときに限って保存されていないんだもんなぁ。

    どうなってんのかね。

    と言うことで、
    同じ事を二回も続けて書くのは大変です。

    なので、
    前回は、
    色々と書いたのですが、
    今回は、
    簡単に書くとします。

    まず、
    おもしろいです。

    なので、
    おすすめです。

    以上。

    と言うわけにもいかないので、
    もう少し書きますか。

    家族のために仕事を頑張っているお父さんが主人公です。

    家族のためといいながら、
    結局は、
    仕事優先になってしまっているのが現実。

    それもこれも少しでも家族が良い暮らしが出来るようにと言う家族思いのお父さん。

    しかし、
    現実は厳しい。

    あるとき、
    買い物のため量販店に行き、
    そこで変な科学者からリモコンをもらうことに。

    この時、
    ベッドで戯れるシーンがあって、
    あぁ、
    これは夢オチなのかなぁ、
    なんて思ったりもしたのですが、
    結末は、
    実際にご覧になって確かめてください。

    で、
    もらったリモコンが、
    実は時間を自在に操れるリモコンだと言うことが判明。

    最初は、
    恐る恐る使っていたのが、
    便利だし、
    使い方にも慣れてくると、
    もう使いまくりの乱用状態。

    おかげでリモコンがおかしくなり、、、、、。

    後は観てください。

    なんか「ドラえもん」的な物語ですが、
    おもしろかったです。

    アチキ的には、
    ブラックな終わり方も有りだなぁ、
    と思ったのですが、
    キチンとハッピーエンドです。

    まぁ、
    ハートフルコメディですからね。

    これは、
    お薦めなので、
    暇な週末にでもご覧になって観てください。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ハートフル ちょいエロ 動画 ケイト・ベッキンセール

    モンスター・パニック 【1980年製作:映画】

    パッケージからそそられる映画です。

    これぞB級映画です、
    と前面に出たデザインは、
    B級映画ファンの心を鷲掴みですよ。

    そして、
    B級映画と言えば、
    やっぱりこの人、
    ロジャー・コーマンですよ。

    さて、
    物語ですが、
    タイトルの「モンスターパニック」のママの映画です。

    沿岸の港町が舞台で、
    そこに半漁人が街の人々を襲うという映画。

    それ以上でもそれ以下でもない、
    モンスター映画です。

    そして、
    モンスターが人を襲う理由の一つが、
    繁殖というのが良かったねぇ。

    これは、
    何となく女性の裸が撮りたかったから、
    みたいな感じにも思えるけど、
    そうじゃないという説得力が一応ある。

    モンスターというか、
    半漁人というか、
    これが全然怖くないんだ。

    どちらかというと、
    ちょっとコミカルな感じなんだな。

    なのでB級映画ファン以外の人が観たら、
    きっと怒るでしょうね。

    それ以外は、
    まぁ、
    普通に作られています。

    街の開発推進派と、
    自然保護派の抗争があって、
    そこへ、
    半漁人の仕業による殺人事件があって、と。

    単なるモンスター映画にしていないところも好感度バツグンです。

    ちょっとネタバレになりますので、
    気になる方はここから先を読まないように。

    クライマックスのカーニバルが行われているところに、
    大挙して半漁人が現れるシーンなんかは、
    とても一生懸命作っている感じがして中々良かったよ。

    パニックになる群衆とか、
    半漁人と人間の絡みとか、
    低予算なりに良く出来ています。

    モンスターが出てくるけど、
    全然怖くないので、
    ホラー的な怖さが苦手な人でも大丈夫。

    但し、
    ちょっとエッチなシーンがいくつかあるので、
    お子様にはあまりお勧めしませんけどね。

    アチキは、
    結構楽しんだ映画です。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : モンスター パニック ちょいエロ ロジャー・コーマン 動画

    燃える大陸 【1951年製作:映画】

    昔の映画です。

    1951年の映画です。

    古い映画というのは、
    これまた味があっていいんですよ。

    それはこの「燃える大陸」にもいえます。

    ハッキリ言ってしまうと、
    いわゆるロストワールドネタの映画です。

    軍のロケット実験が行われたのたのだが、
    そのロケットが制御不能になりとある島に墜落したところから物語が始まります。

    軍は、
    すぐにそのロケットを回収するべくチームを派遣。

    ロケットが墜落したと思われる島に着くとそこの島民は神の怒りよりたたりがあると言って苫から逃げ出した後で、
    残っていたのは美人の島民からその事情を聞き、
    ロケットの墜落を確信して、
    山の上に堕ちたと思われるロケットを回収に向かう。

    このロケット回収の登山が実は一番の見せ場となっています。

    もう延々と山登りしています。

    その間に色んなハプニングが起こるのですが、
    まぁ、かわいいもんですよ。

    長すぎるくらいの登山を終えて山の頂に着くと、
    そこには、、、、。

    まぁ、
    ロストワールドネタといった時点で何があるのかは分かってしまうのですが、
    ここから先は実際に観て楽しんでください。

    ロケットの回収も含めて、
    無事に隊員たちが帰還できるのかというのも楽しみにとっておきましょう。

    懐かしの特撮映画を観てみたいなぁ、
    なんて思っている方は一度ご覧くださいな。

    結構面白いですよ。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 恐竜 冒険 動画

    モッド・スクワッド 【1999年製作:映画】

    犯罪者が警察に協力する物語。

    よくある話です。

    主演の一人クレア・デーンズが、
    いい女なんだよねぇ。

    それだけでも観る価値あるよ。

    でも、
    他がねぇ。

    イマイチなんだよねぇ。

    アクション映画としても、
    イマイチなんだよ。

    出だしがタルイのが一番ダメダメかな。

    ネタバレになってしまうけど、
    警察の内部汚職が事件の裏にあるんだけど、
    早い段階で悪をまとめていた刑事を殺してしまうのよね。

    アレがねぇ。

    もったいない。

    あそこまで引っ張って生かしておいたのなら、
    もう少し生かしておいて欲しかったねぇ。

    そーするとさ、
    誰が警察内部の悪なの?というところで、
    まさか自分たちのボス?
    というところの流れがもっと色々と演出できたと思うんだよねぇ。

    最終的には、
    誰も信じられないから自分たちで解決してやるぅぅぅ、
    って展開ですんなり収まったのに。

    でもなぁ。

    やっぱり悪が警察に協力するという動機が、
    ちょっと薄いよね。

    映画的にはもっと極端な方が良かったよなぁ。

    まぁ、
    そんなこんなで不満ぶちまけたけど、
    そんなにひどい映画ではありません。

    最後まで楽しく観ることができます。

    アクションも演出も物語も全てがB級ぽくていい感じです。

    もともと高望みしていないので、
    楽しめるわけです。

    せめてクレア・デーンズの色っぽいシーンがもちっとあったら、
    B級映画として満点だったのになぁ。

    残念だなぁ。

    中途半端にスタイリッシュだし。

    キャラの作り込みもイマイチだし。

    かっこよく作りすぎているんじゃないのかなぁ。

    残念だよねぇ。

    だからインパクトが薄くなってしまって、
    最後までなんとなく流れてみてしまうんだよねぇ。

    何か引っかかるモノが欲しかったよなぁ。

    まぁ、
    肩の力が抜けているから気軽に観て楽しめるのは間違いないけど。

    暇な週末にだら~と流して観るにはちょうど良いかな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 警察 動画

    目撃者 【1999年製作:映画】

    シガニー・ウィーバーの「目撃者」ではなく、
    ナターシャ・ヘンストリッジの「目撃者」です。

    シガニーさんのは、
    まだ見たことありましぇーん。

    ナターシャ・ヘンストリッジは「スピーシーズ/種の起源」でデビューした、
    ないすばでぃの女優さんでーす。

    今回もないすばでぃをちこっとだけ披露していまーす。

    本格的にナターシャ・ヘンストリッジのないすばでぃを堪能したい方は、
    「スピーシーズ/種の起源」を見ましょう。

    結構、
    面白いですよ。

    B級ぽくて。

    で、
    今回は、
    サスペンス映画です。

    テロリストの一味と知り合い?になってしまった女性の波瀾万丈の物語です。

    鷹だったか、
    鷲だったか、
    忘れてしまいましたが、
    ナターシャちゃんのペットがいるんですが、
    こいつの存在がとっても意味ありげの癖して、
    イマイチな役だったなぁ。

    あそこまで、
    しっかりと説明しているのなら、
    もっと活躍させても良かったんではないのかなぁ。

    物語的には、
    なかなか良く出来ているのですよ。

    FBIになりすましたテロリストがナターシャちゃんのアパートに転がり込み、
    テロリストの色男と恋仲になりそうになって、、、、。

    と、
    いうような展開がなかなかグッドでした。

    後半は、
    おもっていたよりも盛り上がらなかったけど、
    それはそれで良いのかなぁ、と。

    前半は、
    見所がそれなりにあって楽しかったのに(ナターシャちゃんのないすばでぃとか)くらべて後半は、
    パッとしなかったと言うだけなので、
    そんなには悪くないかな。

    過大な期待をして見た分けじゃなかったし。

    こんなモンだろう、
    と思っていたレベルよりも良かったのは確かです。

    刑事とのお約束のラブロマンスも良かったし。

    個人的には、
    その部分をもう少し深く突っ込んで欲しかったんだけどね。

    三角関係になりそうな設定だったし。

    すんなり簡潔に語られて終わってしまったなぁ。

    ハッピーエンドの味付け程度のラブロマンスという感じでした。

    まぁ、
    基本はサスペンスなのでテロリストとの関係を描くので精一杯という感じだったし。

    運良くビデオ屋で見つけたら借りてみても良いんじゃないでしょうか。

    わざわざ捜してみるまでもないけどね。

    あちきてきには、
    この手の映画を捜してみるのが好きなんだけどさ。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス ナターシャ・ヘンストリッジ 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー