ピンサロスナイパー 1巻 【マンガ】

    すごいタイトルですね。

    大人向けマンガですから。

    作者は、
    たべ・こーじ氏です。

    はじめて読みました。

    タイトルもそうですが、
    表紙の画に惹かれて買ってみました。

    主人公は、
    女性で、
    昼間はOL、
    夜はピンサロでバイト。

    ピンサロがどんなところか分からない人は、
    誰か身近の男性に聞いてください。

    で、
    裏の稼業で、
    スナイパーをしています。

    1話完結で、
    基本的に、
    昼のお仕事のシーンがあって、
    夜のピンサロに出勤すると、
    裏稼業の仕事の依頼が来て、
    依頼主とピンサロのお仕事をして、
    依頼内容を聞いて、
    殺しをする、
    と言う流れです。

    さすがに、
    1冊全てがその流れなので、
    途中で飽きてきますね。

    画力もあるので、
    1話完結にしないで、
    1エピソードをもう少し長く作っても良いかな、
    と思いますね。

    このままだと、
    短期で終わりそうです。

    エッチなシーンも毎回ありますが、
    毎回あるので、
    淡泊な感じですしね。

    まだ1巻と言う事で、
    2巻は、
    出るのでしょうね。

    連載は、
    週刊漫画ゴラクですか。

    アチキの会社で呼んでいた人がいたので、
    よく知っている雑誌ですが、
    その人がいなくなったので、
    まだ、
    この漫画が連載されているのか確認できませんでしたけど、
    続いているようなら、
    是非、今からでも1話完結を止めて欲しいです。

    とりあえず、
    2巻が出たら読んで見ようとは思っています。





    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション 犯罪 エロス

    百鬼夜行抄 26巻 【マンガ】

    25巻を買った時は、
    まだ、
    発売されていませんでした。

    読み終わって、
    Amazonを見ていたら、
    なんと、
    26巻が新刊で発売されているのを知って、
    かなり長い間、
    25巻の存在を知らなかったのだなぁ、と。

    そんなわけで、
    続けざまに最新刊を読むことになりましたね。

    そして、
    前巻では、
    登場してこなかった飯島司が登場。

    ほとんど、
    物語に絡むことのない登場でしたが、
    それも、
    酒を飲んでいるだけでしたが、
    ある意味、
    飯島司としては、
    デフォルトの状態かもしれませんが、
    やはり、
    登場するのとしないのとでは、
    違うなぁ、と。

    華がありますな。

    今回も、
    各エピソード、
    いい感じの物語が多いですな。

    飯島家の過去の因縁とでもいう感じのエピソードが多いように感じましたけど。

    それはそれでおもしろかったですよ。

    主人公の飯島律も、
    大学院に進もうとしているようだし。

    まぁ、
    飯島律が社会人になって働いている姿は、
    ちょっと創造できないから良いのではないかな。

    さて、
    次の27巻は、
    タイミング良く買うことが出来るのでしょうかね。


    ■eBookJapanで「百鬼夜行抄」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    百鬼夜行抄 25巻 【マンガ】

    久々の新刊ですね。

    ホント、
    いつ出ているのか、
    全く分かりません。

    今回も、
    たまたま他のマンガを買いに行って、
    棚に並んでいるのを発見。

    ついでに、
    25巻が最新刊なのか、
    買っていなかったのか分からず、
    自分のブログをみてチェックしましたよ。

    備忘録として、
    役に立っていますねぇ。

    他の方には、
    全く役に立っていない感じですけど。

    さて、
    内容ですが、
    相変わらず、
    おもしろいですな。

    ここんとこ、
    青嵐ネタが多い感じですが、
    これは、
    やはり契約が切れて、
    青嵐がふらふらしているせいでしょうね。

    落ち着くところに落ち着けばと思うんですけど、
    この状況は、
    それなりに物語が作りやすいのかな。

    今巻では、
    アチキのお気に入りである飯嶋司が一回も登場しなかったので、
    すごく残念です。

    次の巻では、
    登場してくれることを切に願いますな。


    ■eBookJapanで「百鬼夜行抄」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    ひとり暮らしの小学生 江の島の夏 【マンガ】

    本屋で目立っていたので、
    つい衝動買いをしてしまいました。

    「このマンガがすごい! 2016」で人気が出たようです。

    詳しくは、知りません。

    全1巻と言うことで、
    後腐れないのも良かったかな。

    このマンガは、
    Kindleで個人販売していたものらしいです。

    それを商業出版で書店に並ばせたという感じらしいです。

    だからというわけでもないでしょうが、
    オールカラーの4コママンガになっています。

    内容は、
    タイトルのまんまです。

    アチキがイメージしていたのとは、
    ちょっと違いますが、
    タイトルに嘘はないです。

    両親を亡くし、
    形見というか生活のために実家の食堂をついで生活をする小学生の話です。

    設定に多少無理がありますが、
    細かいところを突っ込んだらマンガは楽しくないですからね。

    アチキ的には、
    両親は健在で、
    地元江ノ島を離れたくないために頑張って一人暮らしをしていてる小学生の話かな、
    と思っていたので、
    ちょっとちがったな、
    といった感じです。

    4コママンガなので、
    基本的にコメディですから、
    悲惨な状況や貧乏ネタも悲壮感はそれほどないです。

    ネタさえあれば、
    まだまだ色々な話で続けられる感じでしたが、
    きっちりととりあえず終わらせています。

    そんなわけで、
    興味があったら手に取ってみてくださいな。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ハートフル コメディ 小学生

    百万畳ラビリンス 【マンガ】

    他のマンガを買う時に、
    ついで買いというか、
    ジャケ買いならぬ表紙買い。

    ビニールに包まれたビニ本なので、
    中身を確認できないから、
    お財布に余裕があった頃は、
    ぼんぼんそんな買い方していたんですけど、
    最近は、
    できるだけ自粛しています。

    表紙がいい感じで、
    上下巻ということで、
    完結しているからまとめ買い。

    全体的に、
    無駄に長く話を続けなかったおかげで、
    すっきりと落ち着くべき所に落ち着いた感じで良かったです。

    物語は、
    ゲーム会社のバグチェックのバイトをしている主人公が、
    同じバイト仲間と一緒に、
    わけの分からない世界に放り出されて、
    その世界から脱出するお話し。

    誰がこの世界を作ったのか、
    なんのための世界なのか、
    世の中にはいくつかこの手の物語があり、
    それらを踏まえて推測すると、
    それほど突飛なことを考えない限りは、
    予想の範囲内で推測できますし、
    実際、思った通りという感じで、
    その部分に関しては、
    まぁ、普通。

    しかし、
    物語の展開とか、
    主人公の性格など、
    実におもしろい調理をしていて、
    謎解き以上に楽しむことが出来ました。

    物語は、キャラクターだな、
    と言うのを感じさせる良い作品でしたよ。

    と言うわけで、
    これは一般の方にもおすすめできる作品なので、
    近くの本屋さんで見かけたら是非手に取ってみてくださいな。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF

    百万人の数学変格活用 【マンガ】

    久々に読みかえしたいと思ったマンガ。

    会社の後輩と話していて思い出してしまいました。

    と言うわけで、
    今回のネタは、
    「百万人の数学変格活用」です。

    高校の数学教師が主人公になると思います。

    この数学教師、
    実は超能力者。

    どんな超能力かというと、
    テレパシーが使えるんですね。

    だから生徒の心も読んでしまいます。

    でも、
    この超能力が物語のメインではありません。

    あくまでも人間ドラマ。

    若き青少年少女たちの悩みを先生が大人の対応で解決していく。

    解決というのもおこがましい感じもしますが。

    実にいい感じのエピソードなんですよね。

    全1巻なのが、
    実にもったいない。

    昔、アチキの姉が持っていて、
    タイトルに惹かれて読んだんですけど、
    読んですぐにお気に入りの作品になりましたね。

    作者は、
    内田美奈子なんですが、
    内田つながりで、
    アチキは、
    てっきりまるっと内田善美とかぶっていましたよ。

    だから「百万人の数学変格活用」も内田善美かと思っていました。

    大変失礼しました。

    と言うわけで、
    改めて、
    「百万人の数学変格活用」を買って読みたいと思います。


    ■eBookJapanで「百万人の数学変格活用」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 高校生 超能力 学園

    百鬼夜行抄 24巻 【マンガ】

    「百鬼夜行抄」の24巻ですな。

    こちらは、
    いつも気がつくと出ているというか、
    いつ出たのかよく分からない感じのマンガです。

    注意していないと、
    ホント気がつかない。

    近所のTSUTAYAも入荷数が少ないですしね。

    臣下でも平済みになったところを見たことがない。

    でも、
    累計では500万部ですか。

    すばらしい数だと思います。

    随分長いこと連載されているようで、
    コミックのラストに、
    作者の後書きマンガがあるのですが、
    今回は、
    そのことにも触れていました。

    と言うわけで、
    新刊が出るのを楽しみにしているマンガで、
    アチキのお気に入りの一冊です。

    さて、
    今巻も十分楽しませていただきました。

    相変わらずというか、
    主人公である飯嶋律の出番は少ないですけど。

    アチキ的には、
    それはあまり気にしません。

    出番で気になるのは、
    やはり飯嶋司の方ですな。

    今回もちょこっとだけ出てきました。

    物語に直接から無用な出番の話がなかったのが、
    少々寂しいです。

    最初に青嵐との契約関係の話があって、
    何か新しい展開とか、
    一歩、物語が進む感じの物になるのかと思ったのですが、
    そんなことはありませんでしたな。

    いつもの「百鬼夜行抄」のままです。

    なんかいつものように、
    中身については、
    何も書いていないような感じでしたが、
    それはいつものアチキのブログと言うことで勘弁を。

    まだ読んだことがない方は、
    本屋さんで見かけた時にでも、
    覚えていたら手にとって見てくださいな。

    まっ、ビニールがかかっていて中身を確認することは無理でしょうけど。


    ■eBookJapanで「百鬼夜行抄」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    百鬼夜行抄 23巻 【マンガ】

    夏には出ていたんですなぁ。

    知らなかった。

    と言うわけで、
    寒くなってから買って読みましたよ。

    相変わらずおもしろいです。

    今回は、
    「迷宮の住人」
    「まつとしきかば」
    「鬼達の忘れ物」
    「うしろの正面」
    「雛人形の無い家」
    の5編が収録されています。

    ネタ的には、
    定番のものが多かったですな。

    着物、かごめかごめ、ひな人形、
    いやー、定番とは言え、
    やはりこの手のものに絡んだ話というのは、
    怖いものです。

    そして、
    最近の「百鬼夜行抄」では、
    これまた定番となっている、
    人の記憶の曖昧さと言うが、
    うまく使われていますな。

    ここに、
    人ならざるモノが介入するので、
    これまた良い感じになるんですけどね。

    そして、
    「百鬼夜行抄」は、
    単に怖いと言うだけでなく、
    人の情を良くも悪くも描いていて、
    それが良い方の話になると、
    実に良い感じなんですよ。

    そんなわけで、
    また次がいつ出るのか分かりませんが、
    出ても気づくかどうか分かりませんが、
    早く続きが出るのを楽しみにしています。


    ■eBookJapanで「百鬼夜行抄」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    百鬼夜行抄 22巻 【マンガ】

    今市子のマンガ「百鬼夜行抄」22巻です。

    いつものように表紙が素敵なマンガです。

    表紙だけが素敵なわけではなく、
    中身も素敵です。

    さて、
    その中身、
    物語ですが、
    前巻から続いて、
    主人公飯島律の伯父飯島開が行方不明になっているところから始まるのですが、
    それこそ前巻の続きからおばあちゃんの努力?もあって突然飯島開が帰ってきます。

    親戚一同喜ぶのですが、
    一人だけ帰ってきたのは飯島開ではないと騒ぐ者が。

    なんと、それは飯嶋司だったのです。

    といった感じで飯島開の話から飯嶋司がらみの話に展開していく22巻でした。

    妖怪、妖魔、魑魅魍魎の類が絡んでくる素敵な物語。

    今回は、それほど背筋がひやっとする話はなかったですが、
    それだけがこのマンガのおもしろさではないので、
    全然OKです。

    妖怪、妖魔、魑魅魍魎、ついでに幽霊と人間、
    この世界ともう一つの世界、
    それぞれが絶妙なバランで描かれていて、
    そこに生まれる喜怒哀楽の全てを感じる事が出来るとっても素晴らしいマンガです。

    なので、
    毎回、コミックが出るのを楽しみにしているわけです。

    こんなに良いマンガなのに何故か近所のTSUTAYAには置いていない。

    新刊も気づくと無くなっているくらいしか入ってこない。
    (入荷はされていると思うんだよね)

    今回も結局Amazonで購入。

    まっ、アチキ個人としては、
    どちらで、何処で、買おうと構わないわけです。

    あー、いつもようにちょっと脱線してしまいました。

    今回の22巻では、
    アチキとしては、
    少々不満な展開になっているんですよ。

    アチキの個人的見解としては、
    飯島律と飯嶋司は、
    一緒になって欲しいなぁ、
    と思っているので、
    飯嶋司が恋人が出来たことも不満でしたが、
    今回、その仲が進展したのもちょっと不満。

    まぁ、叔父の飯島開をみる限り、
    飯島律も一生独身ということにもなりかねない気もするけどね。

    まっ、そんな先までこのマンガが続くかどうかも分からないし。

    でも出来るだけ長く続いて欲しいと緒思えるんがですよ。

    まだ読んだことがない人は、
    是非近所の本屋で味方けら手に取ってみてくださいな。

    おもしろいでっせ。


    ■eBookJapanで「百鬼夜行抄」のダウンロード販売しています。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    百鬼夜行抄 21巻 【マンガ】

    相変わらずキレイな表紙です。

    「百鬼夜行抄」の21巻です。

    妖怪、妖魔、物の怪の類が登場するマンガです。

    明日変わらず良い味出しています。

    さて、主人公飯島律の伯父飯島開が行方不明になってのお話しが、
    前巻から引き続き展開していきます。

    とは言え、
    それぞれ色んな話が入っており、
    その都度妖怪絡みの事件は解決するのですが、
    その陰というか、裏に飯島開の存在がちらほら。

    別に黒幕的な感じではないですよ。

    さて、21巻では、
    今まであまり語られてこなかった飯島律のおじいちゃんおばあちゃんのエピソードがてんこ盛り。

    特におじいちゃん飯嶋蝸牛(飯嶋伶)とおばあちゃん飯嶋八重子の結婚までお話しというのは、
    中々面白かったですよ。

    飯嶋八重子の息子である飯島開の帰りを待ち続ける日々。

    その気持ちを利用しようとする妖魔たち。

    どの話も背筋にちょっと冷たいモノが走るって言う、
    ほどよい感覚を味わえる作品ばかり。

    色んな人の縁が結び合っていて、
    これまた良い感じ。

    まぁ、アチキとしては、
    従姉の飯嶋司がほとんど登場しなかったのが不満です。

    とは言え、
    良いところで登場しているし、
    今回は、おじいちゃんおばあちゃんのお話しがメインなので、
    仕方ないかな、と。

    アチキとしては、
    飯島律と飯嶋司がはやく結ばれて欲しいなぁ、と。

    と言うわけで、
    アチキのとても好きな漫画なので、
    興味があったら是非本屋で探して手に取ってみてくださいな。

    とても面白いですよ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    百鬼夜行抄 20巻 【マンガ】

    不思議な物語、それも妖怪とか妖魔とか、
    得体の知れないモノが登場する「百鬼夜行抄」20巻です。

    すごーく怖いという物語ではないです。

    真夏の夜の夢のような感じ、
    ってていうとちょっとロマンチックな感じに聞こえるかもしれないけど、
    雰囲気はそんな感じで、
    出てくるのが妖怪とかだからどう転んでもロマンチックにはなりません。

    「百鬼夜行抄」で一番怖いのは、
    実は人間様だったりするんですよね。

    恨み辛みで引き寄せられる魔がいるわけです。

    いやー、こわいこわい。

    そんな物語がもう
    20巻分もあるんですよね。

    主人公は、とっても偉大な霊能者というか、何というか、
    まぁ、そんな不思議な力を持った祖父を持つ飯島律という男。

    父親は死んでいて、
    でも実は生きていて、
    何で生きているかというと、
    祖父の式神が操っていて、
    それも契約が切れて今はフリー。

    そして、26年ぶりに帰ってきた伯父の飯島開が再び行方不明に。

    今巻はその開を探す話がメインで、
    まぁ、結局まだ20巻では見つかりませんが。

    それよりもアチキが一番このマンガで気に入っている主人公の従姉司が、
    いい感じなんですよね。

    これは、いよいよもって主人公とくっつくことになるのかなぁ。

    楽しみだなぁ。

    と言う事で、
    とても面白いマンガなので、
    本屋で見かけたら是非手に取ってみてくださいな。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    百鬼夜行抄 19巻 【マンガ】

    今市子の「百鬼夜行抄」19巻です。

    やっと19巻ですか。

    長いねぇ。

    何が長いって刊行ペースですよ。

    まぁ、連載雑誌が連載雑誌なので仕方ないけど。

    さて、相変わらず綺麗な表紙です。

    この綺麗な表紙に似合わず中身は妖怪ホラーなお話です。

    そんなこたぁ、「百鬼夜行抄」を読んだことがある人なら知っていて当然ですが、
    知らない方の為に一応説明を。

    さて、一つ一つのエピソードはそれぞれ独立していて、
    それだけを読んでも話が通じるようになっていますが、
    登場している人物たち(主人公も含めて)はそれぞれ過去の出来事によって変化しているので1巻からキチンと読んでいないとネタ的に分からないところがあるのも確かです。

    しかし、それは各話の大筋とは関係ないところが多いので、
    とりあえず手近で手に入る巻の本を手にとって読んでもらっても差し支えないかな。

    と、言うことで「百鬼夜行抄」19巻ですが、
    前巻で蝸牛(主人公飯嶋律のお祖父ちゃん)との契約が切れた青嵐(式神)がいなくなって、
    それに伴って飯嶋家が大変なことに。

    と言っても飯嶋律以外は見えないのであまり大変ではないけど。

    そう飯嶋律は妖怪とか人ならざるものが見える体質で、
    困ったことに見える以外何にも出来ない。

    そんな飯嶋律の苦労話が語られる「寒蛍」とか「嘘つき地蔵」とか「石段の底」とか「赤将軍到来」なんて話が載ってています。

    そんな中、やはりアチキの関心事は飯嶋律と飯嶋司の関係ですね。

    飯嶋司とは飯嶋律の従姉です。

    相変わらずいいところでいい感じでボケてくれます。

    で、掲載されている話は他にも有り「名前のない子供」では、
    飯嶋伶(飯嶋蝸牛)の若い時のお話です。

    そんな感じで相変わらず怪しくも怖くて面白い「百鬼夜行抄」です。

    是非本屋で見つけたら手に取ってみてくださいな。





    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    火の鳥 【マンガ】

    本当は、それぞれの時代ごとに書こうかな、
    と思ったのですが、
    それはいずれまた。

    まずは、「火の鳥」のすばらしさを知ってもらいたいですね。

    特に若い人たちに。

    漫画が好きならやはり手塚治虫氏の作品は押さえておくべきでしょう。

    その中でも以外に手に取られることが少ない「火の鳥」こそ手塚マンガの真骨頂でしょう。

    「鉄腕アトム」もハリウッドで映画になるし、
    今年は手塚治虫氏にスポットが当たると思うので、
    少しでも興味が出たら「火の鳥」を読んで欲しいです。

    「ブラックジャック」でも「リボンの騎士」でも「ジャングル大帝」でも「マグマ大使」でも「サンダーマスク」「ぼくの孫悟空」「どろろ」「三つ目が通る」「バンパイヤ」「ユニコ」「ワンダースリー」「来るべき世界」・・・

    まぁ、いっぱいオススメ作品がありすぎて困ってしまうほどですが、
    群を抜いて面白いのが「火の鳥」だと、アチキは思っています。

    残念なのは、未完で終わってしまっていること。

    「太陽編」は面白かったなぁ。

    それまでは「鳳凰編」が好きでねぇ。

    全部読んでいるからその中でと言うことになるのだが、
    「火の鳥」は人の命、そして転生輪廻の物語でもあるので、
    単発で善し悪しを語れないところもある。

    永遠の命を求めて火の鳥を追う者達。

    いつの時代でも人の愚かな行いは終わることなく、
    転生輪廻を繰り返してさえ業を背負った者達は開放されることがない。

    数少ないけど、その中で開放される人もいるのだが、
    ほとんどは開放されることはない。

    長い時代を経て画かれているので、
    改編されている物語もあったりするが、
    その辺はあまり気にせずにまずは今手に入る本を片っ端から読んでください。

    難しいことは、一通り読んでから考えればいいです。

    単純に表面上の物語を読んでいるだけでも実に面白く良くできている。

    そして、もっと知りたいと思ったら何度も読み返す。

    読み返しにも問題なく耐えうる物語だし、
    読み返す度に何かしらの新しい発見があったりするのも「火の鳥」の凄さです。

    そして、もっと興味が出てきたら解説本とか研究本がいっぱい出ているので、
    そちらにも手を伸ばすのがよいでしょう。

    最初に解説本とか読んだらダメね。

    やっぱり自分の感性で「火の鳥」を感じ取って欲しいです。

    NHKで放映されたアニメとか、劇場版とかOVAとか、
    映像作品もいっぱいありますが、
    やっぱり「火の鳥」だけは映像作品を観る前に漫画を読んで欲しいと思ってしまいます。

    それは、やはり人のフィルターが入ってしまった「火の鳥」はその人の「火の鳥」でしかないからです。

    アチキとしては自分の「火の鳥」を漫画を読んで形作って欲しいと思うのです。

    それほど良くできた作品なんですよ。

    どれから読んでも間違いではないです。

    気に入ったサブタイトルから読んでもらって一向にかまわないです。

    順番に読むのが正解とも思えないし、
    執筆順もどうかと思うし、
    間違っても人に教わって読まない方がいいかも。

    特にディープなほど「火の鳥」が好きな人が薦めるのは、
    もしかしたらその人にとって取っつきにくい物語かもしれないしね。

    「火の鳥」は漫画の可能性を広げた作品でもあると思うんだ。

    残念なのは、その事をリアルタイムで感じ取ることが出来なかったことかな。

    後になって知って凄いなぁ、と。
    少し大人になって、凄いなぁの凄さがもっと凄いことだと思うようになって、
    今では凄いという言葉で語るのはチープだな、と思ってしまうほど。

    手塚治虫氏が天才だと言われるのを納得した作品ですね。

    だから凡人のアチキが「火の鳥」の全てを理解できるとは思っていないけど、
    そんなことは作者である手塚治虫氏はきにしないでしょう。

    ライフワークとした「火の鳥」という作品。

    未完という形で終わってしまった「火の鳥」という作品。

    もうアチキの楽しみは読み返すことでしか楽しめないのはちと寂しいですが、
    まだ未読の人はこれからこの作品を楽しめるのかと思うととってもうらやましいです。




    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 手塚治虫 SF

    百鬼夜行抄 18巻 【マンガ】

    やっと出たという感じがするのはいつものこと。

    今市子著「百鬼夜行抄 18巻」です。

    アチキがはじめて「百鬼夜行抄」と出会ったのは、
    まだ関数も一桁の前半だったような気がする。

    いつの間にか、こんなに出ているんですね。

    はじめは表紙の画に惹かれて買ったんですけど、
    いやー、大当たりでした。

    最近の本屋さんはみんなビニールがかかっているので、
    学生だったら絶対に買っていないでしょうね。

    アチキ、コウ見えても(見えてないって、っていう突っ込みは無しね)社会人ですから。

    比較的自由になるお金を持っているので、
    ジャケ買いが出来るわけです。

    まぁ、よく失敗するけど。

    さて、「百鬼夜行抄」の話ですね。

    従姉の司ちゃんに彼氏が出来てから、
    なぜか主人公の律にたいする家族の言動が、
    アチキたち読者の声を反映しているようで、
    なにか事がある度にくっつけようとしています。

    今回もそんな話が出てくるわけです。

    いいよねぇ。

    やっぱり律と司はくっつくべきですよ。

    ベストカップル。

    絶対、他の読者からもそういう声が出ているはず。

    じゃなきゃあんなネタでてくるとは思えないモノ。

    作者も本当はカップルにしたいのに、
    天邪鬼になっているんじゃないかと。

    まぁ、律くんが卒業して社会人になったらどうなるのかな、って感じですけど。

    今回は、久しぶりに律のお母さんが主役の話がありましたね。

    雪国を逃亡して以来の主役じゃないでしょうか。

    「雨戸仙人」の話ですが、実にいい話です。

    飯島家にあって物の怪妖怪変化に全く疎い一人ですが、
    不思議な体験を現実に置き換えてしまえる脳みそをお持ちの方ですが、
    いい話ですよ。

    世話できるだけ幸せじゃない。

    本当に好きな相手ならそう思えると言うことでしょう。
    世話で疲れて殺してしまう事件を見ると、
    世話をすることの大変さを痛切に感じるし、
    自分だったらどうなるだろうとよく考えますが、
    もしかしたら「雨戸仙人」のお話しのような世話が出来るだけ幸せだと、
    少しでも思えたら少しは気持ち的に良い方向になるのかもしれません。
    現実は、そんなもんじゃない、と言われるかもしれませんが。

    アチキ、ネガティブな思考や行動は基本的に好きじゃないのです。
    絶対にろくな事にならない。
    どんなにつらくてもポジティブ思考であれば、
    悲惨な結末は訪れないとおもっているのですよ。

    「百鬼夜行抄」も人の恨み辛みといったネガティブな思念のせいで不幸になるお話しが多いのは、
    さもありなんって感じですね。

    ポジティブな司ちゃんをみてごらんなさいって感じですよ。

    「見知らぬ妹」というお話しなんですけどね。

    相変わらず司ちゃんのポジティブシンキングには敬服致します。

    背筋が凍るような恐怖漫画ではないですが、
    人の「情」が織りなす怖くて不思議な物語。

    それが「百鬼夜行抄」です。

    結局、一番怖いのは人間と言うことですね。

    怖いの嫌い、
    と思って読むのを躊躇っている方、
    そんなことはないので、
    コミカルな描写もいっぱいあるし、
    一度読んでみてくださいよ。

    アチキのお薦め漫画です。




    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    百鬼夜行抄 15巻 【マンガ】

    「百鬼夜行抄」15巻です。

    相変わらずおもしろいねぇ。

    百鬼夜行抄」も15巻ですか。

    やっと出たって感じてすねぇ。

    文庫本でも出ているけど、
    文庫だとあのキレイな表紙がないからなぁ。

    今回は、5つの物語が入っています。

    しかし、アチキ的には少々不満が。

    百鬼夜行抄」には、
    妖怪系と幽霊系の物語があるのですが、
    アチキは、どちらかというと妖怪系の物語が好きなんです。

    「百鬼夜行抄」に限っては、
    ってことですけど。

    だが、
    今回の15巻には、
    純粋な妖怪系の物語がなかったなぁ。

    微妙なモノはあるんですが、
    童話的な「百鬼夜行抄」独特の妖怪物語がなかったんだよねぇ。

    それが内のが不満。

    でも、おもしろいです。

    ちょっとわかりにくい話もありますが、
    おもしろいです。

    おもしろいとしか書けない歯がゆさがあります。

    内容をつっこんで書きたいのですが、
    これから読む人のことを考えるとねぇ。

    そうそう。

    今回、司ちゃんの出番がほんのちょっとでした。

    好きなのになぁ、司ちゃん。

    あの少ない出番でもしっかり司ちゃんしているのは、
    やはりキャラが立っているからなんだね。

    アチキとしては、
    律と司はぜひくっついて欲しいなぁ。

    はやく続きでないかなぁ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー 大学生

    貧乏姉妹物語 【マンガ】

    アニメになったらしい。

    しかし、TVをほとんど見ないからなぁ。

    おっと、TVを見ないんじゃないな、
    地上波放送を見ることがほとんどないんだね。

    仕事柄見といた方がいいんだろうけど、
    つい自分の趣味に走っちゃうんだよなぁ。

    と、言うことで、
    貧乏姉妹物語」のアニメは、
    レンタル屋に並んだときにでも見るとして、
    マンガの話。

    なるほど、
    ショートストーリーなんだ、これ。

    もっと、キチンとしたストーリーマンガかと思ったんだけど。

    雰囲気としては、
    ファンタジー要素を抜いた「ニアアンダーセブン」かなぁ、
    と、勝手なイメージを持って読んだのですが、
    もっとハートフルな物語でした。

    貧乏なところは、
    似ていましたけどね。

    貧乏だからこそ、
    こころを大切に、って感じですか。

    一応、コメディにしているので、
    悲壮感はないです。

    実際、こんな生活していたら、
    あんな余裕生まれないかもなぁ。

    もう毎日食うのが精一杯だからね。

    貧乏だった学生の時だって、
    食うのに困ったことはないからなぁ。

    助けてくれる後ろ盾がない貧乏は、
    本当に悲惨だよなぁ。

    間違いなく町金に行くことになるな。

    って言うか、学生の場合は、
    施設にはいることになると思うんだけどなぁ。

    まぁ、マンガだからね。

    バックボーンがないのに、
    バイトだけで生きていくなんて、、、。

    でも、面白いですよ、これ。

    気晴らしには、ちょうど良いかな。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ハートフル ドラマ 日常 小学生 中学生

    百鬼夜行抄 【マンガ】

    「百鬼夜行抄」はとっても面白いです。

    こんなに面白いのに、一般ウケしないのは何故か?

    やっぱり出版社のせいかなぁ。

    それとも妖怪モノだからかなぁ。

    そんなに怖くないんだけどね。

    どちらかというと不思議な感じの物語が多いんだけどね。

    怖がらせようとしている物語よりも、
    不思議な感じの物語の方がアチキは好きなんだな。

    それと、ちょっとしたコメディ。

    コメディ?と言って良いのか?

    ユーモアと言うほどのものじゃないしなぁ。

    でもちょっとした話で、
    ほっと一息、
    クスッって感じで笑わせてくれるのが良いのです。

    絶妙の間なんだよねぇ。

    基本読み切りだしね。

    だから、何巻から読んでもほぼ大丈夫だけど、
    出来れば一巻から読んで欲しいです。

    百鬼夜行抄」14巻です。

    今回も最初の「番人の口笛」は、
    前回からのエピソードを引きずっているしね。

    まぁ、前回のエピソードを最悪知らなくても「番人の口笛」の話は、
    楽しめるかな。

    ただ残念なのは、
    飯嶋家の人々の話が、
    何となく少なくなっているのが、
    ちょっとね。

    百鬼夜行抄」は、本当に面白いので、
    書店で見かけたら是非手にとって欲しいなぁ。

    百鬼夜行抄」ですよ、
    百鬼夜行抄」。

    マジいけてますよ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 今市子 妖怪 ホラー

    P.S.元気です、俊平 【マンガ】

    と、言うことで「P.S.元気です、俊平」です。

    柴門ふみ著です。

    実際、この「P.S.元気です、俊平」を読んでいたとき、
    柴門ふみがこんなに売れっこになるとは思わなかった。

    このマンガは、一応男性向け雑誌に連載されていたのよね。

    だけど、画がアチキの好みじゃなくてさ、
    全然読んでいなかったのですが、
    ある時、少女マンガをこよなく愛する友人から「P.S.元気です、俊平」は、
    おもしろいから読め、
    といわれて読んだのですよ。

    もう高校生の時だから、随分昔だよなぁ。

    で、まぁ、たまたま暇だったから読んだんだよ、
    友人の家で。

    いやー、おもしろかったなぁ。

    最後まで一気に読んじゃった。

    それも友人の家で。

    主人公の俊平の恋愛物語なわけですが、
    俊平の恋愛を邪魔するような存在「桃子」がいまして、
    まさかこいつが俊平とくっつくことになるとは。

    と、いったネタバレばりばりのことを書いてしまったわけですが、
    知っていても最後まで読めます。

    結構、感動しますよ。

    その場で感動すると言うよりは、
    後からじわ~って感じですかね。

    まぁ、アチキの場合ですけど。

    結構、さらっとした感じで終わるんだよ。

    でも、それがすごくいい感じなんだ。

    アチキはああいうラスト好きなんだよね。

    いやー、恋愛モノってあんまり読まないんだけど、
    読むのといったらたいがい人に勧められて読むからあんまりはずれないんだよねぇ。

    さわやか青春ラブストーリーが読みたかったら「P.S.元気です、俊平」は、
    オススメですよ。

    ホントに。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 青春 恋愛

    漂流教室 【マンガ】

    「漂流教室」ですよ。「漂流教室」。

    楳図かずお氏の代表作ですね。

    あちきは「まことちゃん」よりも好きですねぇ。

    名作ですよ。

    ある日突然、小学校が未来にとばされてしまう話。

    はじめは、そこが未来の地球ということすら分からない。

    学校の周りが全て砂漠という状況で、
    学校の先生や生徒たちが、パニックに陥ってしまう。

    サバイバルパニックって感じなんですが、
    生き残っていくのは、子供たちだけ。

    大人は、早々にリタイヤ。

    水も食料もほとんどない状況で、
    生きていこうとする子供たち。

    自分たちがいる世界が、未来の地球だと言うことが分かってからは、
    元の世界に変える方法とかも模索したりするんですが、
    はたしてどうなるのでしょう。

    まぁ、物語の結末は、
    とてもハッピーエンドというわけではございません。

    しかし、これからがある、
    っていう感じでは終わっています。

    何よりも、この「漂流教室」が名作なのは、
    極限状態での人物描写だね。

    簡単に人が死んでいくし。

    絶望の連続で精神的にまいっていく子供たちの描写がもーサイコーって感じ。

    読んでいて、気分が滅入ってくるよ。

    主人公だけが妙に大人な部分があるんだけど、
    まぁ、リーダーになるってことは、
    そういうことだと思うしね。

    確かに、子供だけで盲腸の手術しちゃたりと、
    ちょっとあり得ない部分もあるんだけど、
    それは、まぁ、それで有りかな、と。

    冷静に読めば、理不尽なことはいっぱいあるんだけど、
    そんなことは、関係ないと思わせるパワーがあるんだよね。

    だから間違いなく読み始めたら続きが気になって仕方がないと思うぞ。

    一気読み確実です。

    映画にもなっているから、
    マンガは読んでいなくても映画は観たことがあると言う人もいるでしょう。

    ちなみに、アチキは映画は観ていません。

    なんとなく、原作のイメージが強すぎて、
    どうなんだろう、って思ってしまっているのよね。

    まぁ、いずれ観ることにはなると思うけど。

    それほど、素晴らしい作品なのです。

    こいつは、オススメなので、
    機会があったら是非、是非読んでください。

    う~ん、なんかこれ書いていたらまた読みたくなってしまったなぁ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF サバイバル 小学生 学園 楳図かずお

    陽あたり良好! 【マンガ】

    あだち充著「陽あたり良好!」です。

    お気に入りの作品です。

    元々連載されていたのは少女マンガなんだけどね。

    だからヒロインが主役です。

    でも、いきなりお風呂場での出会いは、
    少年誌のノリだよなぁ。

    と、いきなり書いてしまったけど、
    読んだことない人って、、、いるんだろうなぁ、たぶん。

    まぁ、でもあだち充のファンなら絶対に読んでいるでしょう。

    TVドラマにもなったし、アニメにもなったし。

    両方ともキチンと観たことないなぁ。

    所々は観ているんだけどね。

    と、言うわけでマンガの話。

    下宿に住む住人の話。

    ヒロインの岸本かすみちゃんと、
    風呂場でファーストコンタクトをした高杉勇作くんの物語。

    フラワーコミックス全五巻。

    甲子園ネタの前半と、
    普通?の高校生活ネタの後半とに分かれるかな。

    後半の色々なエピソードで物語が進行していく方のが個人的には好きです。

    甲子園ネタは、「いつも」の感じだしね。

    まぁ、それを言ったら全てが「いつも」になってしまうんだけど。

    それが、ある意味「安心」で「居心地」がいいモノになっているわけで。

    まさに「あだち節」となるわけで。

    どの作品も、みんな同じジャンといわれてしまうと、
    私としては「はいそうです」としかいいようがないわけで。

    でも、それがいいわけですよ。

    ラストも、はっきりしていないし。

    でも、限りなく読者が想像したとおりだと思うし。

    「陽あたり良好!」でいえば、
    あのラストが書きたくて書いていたんじゃないかと思うしね。

    だから、高杉勇作は「応援団」なんだってことだし。

    気持ちいいよね。

    この「気持ちいい」が、
    得られる作品ってそんなにないと思うんだ。

    同じ感じ、同じ雰囲気は味わえないから、
    あだち充作品を読んでしまうのよ。

    みんな同じジャン、といわれても。

    なので、読んだことない人は、
    是非、この「気持ちいい」作品を読んで欲しい。

    「陽あたり良好!」は、
    その中でも手軽で入りやすくて「あだち充」入門にはもってこいかもしれない。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 青春 恋愛 高校生 スポーツ 野球 コメディ あだち充

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー