F1 2020 Round.4 イギリスGP

    終盤と言うより、
    ラストでの波乱は、
    すごく盛り上がりましたね。

    予選からメルセデスの強さだけが目立っていたイギリスGP

    予選1、2は、
    メルセデスで、
    次にレッドブルが来ていたのですが、
    TOPと1秒の差。

    さすがにちょっとビックリの差でしたね。

    レッドブルに関しては、
    決勝も、
    ちょっと優勝は無理で、
    3位で順当というかんじでした。

    実際、
    決勝レーススタート後も、
    TOP3は、
    特に変動もなく、
    序盤の2度のセーフティーカーも、
    特に影響せず、
    このままある意味、
    退屈なレースで終わってしまうのかな、
    と。

    結局セカンドグループの争いだけが楽しみ、
    見たいな感じなのか、
    と。

    そしたら、
    残り数周の時に、
    まずはボッタスのタイヤがパンク。

    コレで、
    3位のフェルスタッペンが2位になり、
    3位との差が開いたこともあって、
    タイやトラブルを避ける意味ではもフェルスタッペンは、
    ピットインしてタイヤ交換。

    コレで、
    2位は盤石。

    と思っていたら、
    TOPのハミルトンにもタイやトラブルが発生。

    残り半周。

    なんとか走っているハミルトンでしたが、
    ピットインした関係で、
    結局ペースダウンしたハミルトンに追いつくことなく、
    2位でフィニッシュ。

    ピットインしていなければ、
    優勝できたというのは、
    結果論で、
    あの次点では、
    あの判断はベストだったかな。

    誰もピットインしたことに、
    なんで、
    と言う疑問は持たなかったと思う。

    どちらにしろ、
    3位だと思っていたので、
    今回の2位だって、
    棚ぼたですからね。

    やはり、
    実力で優勝争いが出来ないとつらいね。

    さて、
    次戦も同じサーキッツとでの連続開催。

    果たして、
    どんな結果になることやら。

    すごく楽しみですよ。





    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2020 Round.3 ハンガリーGP

    3週続けてのグランプリです。

    すでに、
    前戦までで、
    今年もメルセデスが強いな、
    と思わせるレースが続きました。

    しかし、
    下馬評では、
    ハンガリーは、
    レッドブルが位置や報いることが出来ると言われての開催。

    もう金曜フリー走行から、
    そんな下馬評は当てにならないことがよく分かりましたね。

    テストからそうでしたが、
    あいかわらず、
    リアのスタビリティというか、
    バランスに苦しんでいて、
    全然速く走れない。

    と言うか、
    安定感がない。

    コレでは、
    駄目だろう、
    と思っていたら、
    予選は、
    アルボンメタメタ。

    フェルスタッペンもなんとか、
    って感じで、
    メルセデスの次に良かったのが、
    レーシングポイント。

    さすが、
    去年のメルセデスと同じと言われているだけのマシンです。

    で、
    決勝。

    まさかのレコノサンスラップで、
    フェルスタッペンがクラッシュ。

    フロントウイングを壊すダメージを負い、
    なんとかスターティンググリッドに突くことが出来、
    レース前に終了というのは、
    免れましたが、
    今度は、
    修理とダメージがどのくらいか、
    とヒヤヒヤ物。

    修理は、
    チームスタッフの働きでなんとか間に合い、
    スタートできましたが、
    サスペンションに問題がないのかな、
    なんて思いながらレース前半は、
    懐疑的に見ていましたね。

    しかし、
    終わってみれば、
    まさかの2位。

    メルセデスのボッタスが、
    スタートでミスして、
    棚ぼたの2位。

    レーシングポイントが、
    予選ほどの早さを見せなかったというのも好材料で、
    2位をゲット。

    スタート前では考えられなかった結果です。

    これが、
    実力で勝ち取ったと言えないのが、
    今のレッドブル・ホンダかな。

    アルボンも頑張って、
    5位まで上げてきて、
    予選から考えれば、
    上々の出来。

    しかし、
    前シーズンもそういう感じでしたが、
    フェルスタッペンしか乗りこなせないマシンというのは、
    やはり、
    色々と問題有りと言うことですな。

    さて、
    次は、
    1週空けて、
    イギリスGPです。

    どこまで、
    レッドブル・ホンダは、
    改善できてくるのでしょうかね。

    楽しみです。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2020 Round.2 シュタイアーマルクGP

    第2戦は、
    シュタイアーマルクGPですが、
    開催国と開催サーキットは、
    前週に行われたオーストリアGPと一緒です。

    コロナの影響で、
    色々とはじめてづくしですが、
    それはそれで楽しいですな。

    今年もメルセデスの強さが目立っているシーズンになっていますが、
    このまま最後まで行くのかどうか、
    ちょっと分からないな、
    と思いながらも、
    きっとこのまんまなんだろうという気もしないでもないです。

    要するに、
    どうなるのかは、
    毎度のことですが、
    やってみなきゃ分からないと言うことですな。

    予選が飴だったので、
    多少の波乱はありましたが、
    トップ勢は、
    それほど大きな変動はなく、
    中団勢が、
    色々とあって、
    楽しめましたね。

    決勝もメルセデスの強さだけが目立つというか、
    確認できたという幹事で、
    期待のレッドブル・ホンダも、
    期待値が高かったせいか、
    いまいちな感じでしたね。

    特にアルボンは、
    去年からの成長があまり見られなくて、
    このままでは、
    ガスリーのようにシーズン途中で交代もあり得るかもしれないですよ。

    もう一度がスリーを試して、
    それで駄目なら、
    来シーズンは、
    ベッテルということも考えるかもしれません。

    雨の中で、
    ガスリーは、
    いい走りしていましたからね。

    決勝も悪くない感じでしたし。

    でも、
    前戦でも感心しましたが、
    今回もマクラーレンのノリスの走りには、
    感心しましたよ。

    いずれ、
    トップチームで走るのも間違いないな、
    と。

    もちろん、
    マクラーレンが手放せばと言うことですけどね。

    さて、
    2週続けてのグランプリでしたが、
    今週末もあります。

    開催地が変わって、
    ハンガリーになります。

    3週連続開催です。

    見る方は、
    いいですが、
    チームスタッフは、
    大変でしょうね。

    次のグランプリでは、
    レッドブル・ホンダが、
    どこまでメルセデスに詰め寄ることが出来るのか、
    楽しみです。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2020 Round.1 オーストリアGP

    開幕戦仕切り直しでの2020年シーズンのスタートです。

    コロナの影響で、
    無観客など、
    様々な施策を取り入れての開催。

    契約問題などもあり、
    年間のレース数をなんとかクリアしたいという感じで、
    無理くりの同一サーキット連続開催などもあって、
    現場は大変だな、
    と。

    さて、
    今年に関しては、
    色々とイレギュラーが多く、
    アチキとしては、
    レースが見られるだけで、
    御の字だな、
    って感じです。

    さて、
    開幕戦を制したのは、
    メルセデスのボッタスです。

    ハミルトンではなく、
    ボッタスというのがいいですな。

    そのハミルトンは、
    4位です。

    2位でフィニッシュしたのですが、
    レッドブルのアルボンとの接触でペナルティをくらい、
    5秒加算になっていたので、
    後続のマシンに抜かれたというかたちになっています。

    いつもなら、
    5秒くらいマージンを稼げそうなマシンの出来ですが、
    色々とトラブルを抱えているというか、
    トラブルにならないように走っていたので、
    そこまでのマージンは稼げなかったのでしょう。

    それで言うと、
    初の3位表彰台をゲットしたマクラーレンのノリスは、
    素晴らしい走りを見せましたね。

    特に、
    ファイナルラップで、
    ハミルトンとの差を縮めた走りは、
    ファステストラップにもなるほど、
    素晴らしかったですよ。

    去年もいい走りをしていましたが、
    また一つ成長した菅を見せたって感じです。

    本当に、
    将来が楽しみですね。

    そして、
    レッドブル・ホンダですが、
    フェルスタッペンが、
    今季初のリタイヤをいきなりやってくれました。

    それまでは、
    メルセデスの後ろを走っていて、
    中盤から後半にかけて、
    どんな戦略で行くのかな、
    と思っていた序盤も序盤にマシントラブルですよ。

    チームメイトのアルボンも、
    セーフティーカーあけに、
    ハミルトンに対して果敢にせめて、
    抜いたと思ったら接触で最後尾。

    それが原因かどうかは分かりませんが、
    結局リタイヤ。

    去年のブラジルに続き、
    ハミルトンに表彰台を奪われた感じになりましたね。

    いろんなことが起きて、
    近年では珍しいくらいリタイヤが多く、
    チェッカーを受けたのは、
    11台。

    完走扱いのマシンもありますが、
    最後までサーキット場にいたのは、
    11台と言うことで、
    粉の影響による準備不足というのも少しはあったのかな、
    と。

    さて、
    次戦は、
    グランプリ名は変わりますが、
    同じ場所、
    同じサーキットで今週末に開催されます。

    マシントラブルでリタイヤしたチームは、
    色々と大変ですが、
    解決して戻ってきてくれるのを願うばかりですね。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー