デビルサマナー ソウルハッカーズ 【セガサターン版】

    セガサターンで発売された名作RPG「デビルサマナー ソウルハッカーズ」です。

    久々にプレイしました。

    「ドラゴンズドグマ」をプレイする前からプレイしていて、
    「ドラゴンズドグマ」と「ロリポップチェーンソー」をプレイしている間休止していて、
    再びプレイして、
    といった感じだったんですけどね。

    今回は、2回目のプレイで、
    プレイをはじめた頃は、
    まだニンテンドー3DSでリメイク版が出るとは知らずにいて、
    知っていたらニンテンドー3DS版をプレイしたのに、
    と思いながらもセガサターン版をプレイしました。

    2周目ではないのは、
    前回プレイしたセーブデータがとんでなくなってしまったから。

    2回目ですが、
    前回は、セガサターン版が出た当時にプレイしているので、
    相当昔です。

    内容も半分くらい忘れていましたね。

    でも面白かったなぁ。

    物語は、
    ネットワークなどが完備されたモデル都市天海市で、
    バーチャル都市サービスの「パラダイムX」がスタートする所から始まります。

    主人公は、天海市で活動するハッカー集団「スプーキーズ」のメンバーの一人。

    ひょんな事からとある事件に巻き込まれ、
    悪魔召喚が出来るコンピューターCOMP(コンプ)を手に入れて、
    天海市の裏で行われている陰謀に巻き込まれていきます。

    その時、ネットワークで遭遇した謎の女性意識「ネミッサ」が、
    恋人?の遠野瞳に憑依。

    主人公(プレイヤー)と一緒に戦っていくといった内容。

    前作「真・女神転生デビルサマナー」の登場人物なんかも出てきて、
    前作をプレイしていると、
    ちょっとだけ楽しみがまします。

    未プレイでも全然問題ないけどね。

    いやー、ホント、「デビルサマナー ソウルハッカーズ」は面白いのよ。

    今回2回目でしたが、
    さくさくと進めるつもりでプレイしていたんだけど、
    結局、130時間も遊んでしまった。

    最初にプレイしたときは、1枚目のディスクが終わる時には、
    すでに150時間以上プレイしていたから、
    それと比べると約半分の時間でプレイし終わったんだけどね。

    何が楽しいって、
    物語も俊逸だけど、
    やっぱり悪魔合体と悪魔を育てたりすることかなぁ。

    またいつかプレイしたいですよ。

    その時は、ニンテンドー3DS版かなぁ。

    もしかしたら他のハードに移植されているかもしれないし、
    その時の状況で考えるかな。

    まだまだ先のことだと思うしね。

    まだ未プレイの人は、
    是非「デビルサマナー ソウルハッカーズ」を遊んでみてくださいな。

    お薦めですよ。










    スポンサーサイト



    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG SF 悪魔 動画 寿美菜子 中井和哉 冬馬由美 銀河万丈

    AZEL -パンツァードラグーンRPG- 【セガサターン版】

    いやー、面白かったです。

    「ソウルキャリバーV」をプレイする傍らでプレイしていたんですけどね。

    セガサターンの名作3Dシューティングゲーム「パンツァードラグーン」シリーズの設定で作られたです。

    シューティングゲームからロールプレイングゲームへ。

    まぁ、シューティングゲームの時からストーリーは良かったですからね、
    その流れでRPGというのは、
    よく分かります。

    で、実際には、
    シューティングゲームで描かれた物語の後の話になります。

    とはいえ、
    シューティングゲーム「パンツァードラグーン」シリーズをプレイしていなくても物語は独立しているので、
    安心してプレイできます。

    そして、「パンツァードラグーン」ファンの人も違和感なく楽しめるように、
    敵との戦闘がシューティングゲームのような感じになっています。

    戦闘は、基本的にドラゴンに乗っているときにしかありません。

    まぁ、ドラゴン以外の乗り物に乗っているときもあるけど、
    要するに人間単独での戦闘はないって事です。

    空をドラゴンで飛びながら敵をやっつける。

    実に楽しいです。

    敵との位置取りで、
    敵の攻撃を受けずに仕留めることが出来たり、
    弱点を攻撃できる位置に移動して攻撃したりと、
    雑魚敵でも楽しめる戦闘になっています。

    そして、肝心の物語ですが、
    これがまた良い感じなんだ。

    遺跡から発掘された少女「アゼル」と、
    帝国、そして、帝国に反旗を翻して「アゼル」を奪っていった軍将校。

    主人公エッジは、
    両方の敵と戦うことになります。

    ゲームとして良く出来ていて、
    物語も良かった。

    でも残念ながらボリュームが少ない。

    CD4枚組なのに、
    そうプレイ時間が20時間前後。

    ムービーデータと音声データで埋め尽くされているんだろうなぁ。

    無駄にサブクエストを増やせとは言わないけど、
    もう少し、色々とドラゴンと冒険したかったなぁ。

    物語ももう少し色々とエピソードを追加できると思うし、
    ビジュアルも現行ハードならもっと良くなるし、
    と言う事で、
    ぜひ移植、リメイク、続編、何でも良いからつくって欲しいなぁ。

    もしセガサターンが現役で稼働できる人で、
    まだ未プレイの人はプレイするのをお薦めします。





    テーマ : RPG
    ジャンル : ゲーム

    tag : SF ファンタジー ドラゴン セガ 動画 石田彰 坂本真綾 伊武雅刀 大塚周夫 大塚明夫

    プリンセスクラウン 【セガサターン版】

    いやー、面白かったです。

    こいつは、買いだな。

    といえるゲームでしたね。

    評判は良かったので、
    きっと面白いだろうとは思っていましたが、
    いやはや、
    面白かったですよ。

    最近までプレイしておりました。

    セガサターン版の「プリンセスクラウン」です。

    今は、プレイステーション・ポータブルにも移植されているので、
    今からプレイする人はそちらをお薦めします。

    さて、ゲームの中身ですが、
    三姉妹の末っ子お姫様グラドリエル=ド=ヴァレンディアが、
    王国を救うという物語です。

    まだ少女のグラドリエル=ド=ヴァレンディアが、
    母親のようにな立派な当事者となるために、
    城下町や統治下の村々を訪れて事件を解決していきます。

    そして、遂に闇の世界の住人が動き出して王国は大変な事に。

    っていうまさに王道の物語。

    ゲームシステムは、
    2DアクションRPGです。

    横スクロールして移動と戦闘を行います。

    これがまた良くできているんだな。

    そして、メインストーリーとクエストなんかもプレイしてもちょっと物足りないかなぁ、
    ってくらいのプレイ時間で、
    それでも良くできていたから満足満足。

    と思っていたらクリア後には、
    また別のキャラクターでそのキャラクターの視点で物語が、
    ゲームがプレイできるという仕組み。

    イヤイヤ、実に素晴らしいです。

    そう考えると、
    最初のプレイ時間もちょうど良い感じです。

    ただ一つ不満があるんだよねぇ。

    ゲームスタート時の少女とおばあちゃんが出てくるところ。

    このゲームが物語だという演出として作られているのは実に良い感じですが、
    せっかく、時計機能があるんだからゲームをする時間によってそこの部屋も朝、昼、夜くらいの演出をしてくれても良かったかなぁ。

    おばあちゃんが孫に本を読むのは夜だけじゃなくても良いと思うんだよね。

    と言うことで、
    こいはお薦めなので、
    是非プレイしてみてくださいな。

    面白いでっせ。





    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ACG ファンタジー ドラゴン セガ

    ティンクルスタースプライツ 【セガサターン版】

    セガサターンで発売された対戦シューティングゲーム「ティンクルスタースプライツ」は、
    バツグンにおもしろいです。

    対戦シューティングと行っても「エースコンバット」シリーズのようなフライトシューティングみたいな対戦ではなくて、
    どちらかというと「ぷよぷよ」シリーズのような落ちモノパズル的な対戦ゲームです。

    画面の構成も「ぷよぷよ」シリーズのような左右縦分割で、
    コンピュータ相手に対戦する場合は、
    左の画面が自分の画面で、
    右の画面が相手の画面になります。

    ゲームの流れも「ぷよぷよ」シリーズのような感じで行われます。

    まぁ、わかりやすく言えば、
    「ぷよぷよ」がシューティングゲームになったと思えば一番いいのかな。

    向かってくる敵を打ち落としてやっつけるのはシューティングですが、
    敵のやっつける順番とか、
    敵の種類などによって連鎖爆発を起こして一気に敵をやっつけられたり、
    その時に「ぷよぷよ」でいうおじゃまぷよみたいなのが、
    敵の画面に登場したりするのです。

    敵から送り込まれたおじゃまぷよみたいなのは、
    打ち落としてはじき返すことも可能だし、
    連鎖爆発ではじき飛ばすことも可能。

    シューティングゲームのお約束、
    ボムもあって、
    これは向かってくる敵を一掃してくれたりします。

    条件が揃うとボス級の敵が登場してきたりします。

    まぁ、何にしてもゲームのルールが分かるとちょーーー楽しいです。

    自分が操作するキャラクターも複数いて、
    それぞれにショットとか動きとかも違ったりして、
    はじめは色々と試して、自分にあったキャラクターを選んだりするのもありだし、
    敢えて不利なキャラクターを使う楽しみなんかもあります。

    いやー、まさかこんなに楽しいゲームとは思ってもみませんでしたよ。

    一人で遊んでも楽しいし、
    対戦相手がいればなおいっそう楽しいです。

    セガサターン以外でもドリームキャストとか、
    もっとマイナーなNEOGEOとかNEOGEO CDとかでも発売されています。

    続編?になるのかな、
    「ティンクルスター スプライツ ~La Petite Princesse~」は、
    プレイステーション2で発売されています。

    なので、お持ちのゲームハード用の「ティンクルスタースプライツ」を購入してプレイしてみてくださいよ。

    こいつはお薦めですよ。










    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG ファンタジー 動画

    テレビアニメ スラムダンク I Love Basketball 【セガサターン版】

    セガサターンで発売された「SLAM DUNK(スラムダンク)」のゲームです。

    それも、タイトルにあるようにTVアニメの「SLAM DUNK(スラムダンク)」を題材にしています。

    それは、きっと、動画を使いたかったんでしょうね。

    だからゲーム中、思っていた以上の動画が使われていました。

    これを見るだけでも十分楽しめますが、
    ただ新作カットという感じではないので、
    単にアニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」を見たかったら「テレビアニメ スラムダンク I Love Basketball」をプレイする意味はないですね。

    やはりゲームですから、ゲームの部分の出来がどうかにかかっていると思うんですよ。

    実際、アチキは良くできている方だと思うんですよ。

    このゲームを買う人は、
    スポーツゲームでバスケットボールのゲームをプレイしたい人ではないと思うんですよ。

    「SLAM DUNK(スラムダンク)」のファンがプレイすると思うわけです。

    だからゲーム初心者でも楽しめる作りになっていると思うんです。

    コートは3Dで表現されていて、そこに2Dのキャラクターが走り回るという構成ですが、
    フルポリゴンでは表現できないマシン的な制約はおいといて、
    この仕様は大変良かったと思う。

    ヘタなポリゴンで表現されるよりも雰囲気あるし、
    やっぱり桜木花道や流川楓や赤木剛憲や宮城リョータや三井寿や木暮公延でプレイしたわけですよ。

    ちなみに、このゲームの最大の欠点だと思っているのですが、
    安田靖春や潮崎哲士や角田悟もゲームに出場させなければ行けないんです。

    いやいや、安田靖春や潮崎哲士や角田悟がダメと言っているわけではないのです。

    プレイヤーキャラクターのスタミナが異常に減りが早い。

    だからどのキャラクターでも基本的に1試合持たない。

    確かに湘北高校バスケ部の面々はスタミナに問題があるのは原作通りですが、
    あまりにもなさ過ぎる。

    だって、ゲームではまだ県大会なんだよ。

    インターハイのゲームならまだしも。

    と言うことで、ストーリーモードを楽しんであちはちょっとね、
    って感じのゲームですが、
    「SLAM DUNK(スラムダンク)」は一度はプレイしてみるべきですね。

    今となってはセガサターン本体を購入して、という人が多そうだけど、
    それでもコストパフォーマンス的にはちょうど良い感じかな。

    そして、ぜひ「SLAM DUNK(スラムダンク)」の新作ゲームを作って欲しいです。

    もちろんPSPとかではなくてPlayStation3でね。

    それもアクションゲームだけど、
    ちゃんとストーリーモードやifのストーリーとか、
    その後のストーリーなんかも入ったゲームにして欲しいです。

    キャラクターも成長できるようにして、初心者救済にもなるようなつくりでさ。










    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : SPG ACG バスケットボール バンダイナムコ 動画 井上雄彦 草尾毅 緑川光 平松晶子

    ファンタシースターII 還らざる時の終わりに 【セガサターン版】

    「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」は、
    メガドライブで発売されたRPG(ロールプレイングゲーム)ですが、
    アチキはメガドライブを持っていません。

    と言うことで、
    プレイしたのはセガサターンで発売された「SEGA AGES/ファンタシースターコレクション」に収録されていた「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」です。

    メガドライブで発売された「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」とどこか違うところがあってもアチキは分かりません。

    でもプレイ前に移動速度を「通常」と「高速」から選べるので、
    そこは違うんでしょうねぇ。

    アチキは常に「高速」でプレイしていたので、
    「通常」がどのくらいたるいのかは知りません。

    ちなみにセガサターンで発売された「SEGA AGES/ファンタシースターコレクション」には、
    全部で4つの「ファンタシースター」が入っております。

    アチキは、まだ一作目と今回の二作目しかプレイしていません。

    後、二作遊べるなんてとってもお得ですねぇ。

    と言うことで「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」ですが、
    登場キャラクターで一番人気のネイが死んでしまうのは色んな所で書かれているのでアチキとしては、
    いつどうやって死ぬのか楽しみにしていました。

    みんな感動すると書いていたからなぁ。

    残念ながらそんな情報のおかげなのか、
    ネイが死んでもまったく感動しませんでした。

    はじめのうちは仲間が全然集まらなくてねぇ。

    物語が進むにつれてイベントか何かで出会うのかと思っていたのよ。

    それが、まさか自宅に帰らないと行けないなんて。

    これにはビックリでした。

    それにしてもダンジョンと言って良いのかな、
    建物とかの構造がまさに迷路でねぇ。

    すんげぇ、苦労しました。

    おかげでレベルアップ作業をする必要が無くてねぇ。

    また戦闘が基本的にオートだから暇だし。

    敵がメカ系だと堅くてなんかレベルアップしても強くなった感がないんだよねぇ。

    武器とか防具を強くしないと強くなった気がしないというのは、
    ちょっと寂しかったです。

    主人公のレベルが33でボスをやっつけてしまったので、
    今のRPGの感覚だと随分低いレベルでやっつけたなぁ、
    という気がするのですが、
    ゲーム自体は凄く長く遊んだ気がしますよ。

    ダンジョンの苦労は、当然と言えば当然なのですが一作目とは比べものになりませんでしたなぁ。

    エンディングも実に新鮮でした。

    アレって、仲間を全員集めていないと全員分のビジュアルは観られないんだよねぇ。

    気になるけど、ダンジョンのマップでも無い限り二度プレイは辛いなぁ。

    戦闘がもっと楽しかったり、
    レベルアップで強くなっていくのが実感できないとなんかなぁ。

    でも初プレイはとても楽しめましたよ。





    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG SF セガ

    美少女花札紀行みちのく秘湯恋物語スペシャル 【セガサターン版】

    セガサターンの花札ゲームです。

    と言うよりアドベンチャーゲームに花札を取り入れた感じですかね。

    元々「美少女花札紀行みちのく秘湯恋物語」はプレイステーションで発売されたのを、
    レーティング区分が出来ているセガサターンで発売するにあたって、
    温泉に入っている女性の露出を高めたビジュアルに変更して作られたので、
    「スペシャル」となっているのですね。

    ゲームを作っているフォグという会社はこの旅情アドベンチャーゲームで有名になり、
    このあと、北海道を舞台にしたゲームや沖縄を舞台にしたゲームなんかも作っていて好評を得ています。

    アチキは、ドリームキャストで発売された「MISSING PARTS the TANTEI STORIES」が大好きでねぇ。

    そのゲームを作った会社と言うことで「美少女花札紀行みちのく秘湯恋物語スペシャル」をプレイした感じですね。

    そして、これが結構おもしろかったんですよ。

    主人公はカメラマンになりたいけど実家が花札の家元ということで家を継げと言われていて、
    フォトコンテストで入選して実績を作るために東北を旅して良い写真を撮ることに。

    花札の家元という設定が実に素晴らしい。

    で、旅先で出会った女性の写真を撮るために花札で勝負して勝ったら撮影OKという流れ。

    この花札勝負がまた良い感じなんだよ。

    難易度も後半に行く毎に高くなっていくし。

    花札勝負をしているだけで夢中になれるんだよねぇ。

    脱衣麻雀なみに燃えます。

    アドベンチャーゲームとしての物語性は、
    まぁ、普通といった感じかな。

    花札勝負の勝ち点で撮れる写真の枚数が変わることと、
    シャッターチャンスをきちんと狙わないとピンぼけ写真になってしまうゲーム性は良い感じです。

    しかし、なんで花札なのかはやっぱり理解できないなぁ。

    花札の家元という素晴らしい設定を先に思いついたのならいざ知らず、
    後付けでの設定だったら花札でなくても良かったのに、
    と誰もが思うんだよねぇ。

    だから次に作られた旅ゲームには花札などのゲームは入っていないわけだし。

    とはいえ、全体的に良く出来たゲームなのは確かかな。

    すごく丁寧に作られているのがよく分かる良質のアドベンチャーゲームです。

    なので、まだプレイしたことがない人は必ずセガサターン版の「美少女花札紀行みちのく秘湯恋物語スペシャル」をプレイしてください。





    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : AVG 日常 大学生

    ポリスノーツ 【セガサターン版】

    小島秀夫氏が「スナッチャー」の後に制作されたアドベンチャーゲームです。

    「ポリスノーツ」は、
    強引な言い方をすると、
    宇宙版「リーサル・ウェポン」です。

    キャラクターデザインは、まんまって感じです。

    当時は「スナッチャー」は「ブレードランナー」だったし、
    「ポリスノーツ」は「リーサル・ウェポン」だし、
    オリジナリティはないのか、
    なんて思っていましたよ。

    その後、「メタルギアソリッド」が発売されてからは、
    小島秀夫氏のイメージは変わったかな。

    とは言ってもまだ「メタルギアソリッド」はプレイしたことないんだけどね。

    で、「ポリスノーツ」ですが、
    「リーサル・ウェポン」のイメージを気にしなければとても面白かったです。

    元は3DOだったのかな。

    プレイステーションとセガサターンに移植され、
    アチキはセガサターン版をプレイしました。

    ガンコントローラでのプレイがあると言うことで、
    セガサターンのガンコンはかっこよかったからねぇ。

    プレイステーションのガンコンはなナムコが「タイムクライシス」を発売するまでかっこいいのなかったからなぁ。

    主人公はジョナサン・イングラム。

    スペースコロニー初の宇宙飛行士警官「ポリスノーツ」で、
    任務中の事故により宇宙空間を人工冬眠で漂流中に奇跡的に救助され、
    地球で私立探偵を営んでいたとき、
    妻であったロレイン・北条が現れる。

    そう。

    ジョナサン・イングラムは人工冬眠で25年も眠っていたのだ。

    そのせいで宇宙恐怖症になり、宇宙へ行くことに抵抗があった彼だが、
    ロレイン・北条から旦那を捜してくれと依頼され、
    仕事を受けるかどうか思案して再度返事を聞きに来ると言ったロレイン・北条が、
    目の前で自動車ごと爆発して死んでしまった。

    結局、ジョナサン・イングラムは、
    元妻の死の真相も含めて真実を求めて再び宇宙へ旅立つのでした。

    と、ここまではプロローグ。

    さすがに「スナッチャー」の時に比べハードも進化しているので演出面も強化されています。

    2Dアドベンチャーゲームとしては、今でも十分か楽しめる作品です。

    ただ物語をすすめるだけでなく、
    ゲームとしての遊びも入っています。

    ガンコントローラを使用したゲームシーンや爆弾解体。

    そうそう。

    ガンコントローラがなくても当然ゲームは出来ます。

    しかし、せっかくドンパチのシーンがあるならガンコンで遊んだ方が気分も盛り上がるというモノだ。

    残念なのは「スナッチャー」も「ポリスノーツ」も最近のハードに移植されていないので、
    ゲームをプレイしたかったらプレイステーションかセガサターンのハードが必要になってしまうことだけ。

    まぁ、プレイステーション版はプレイステーション3でダウンロード販売されていますが、
    セガサターン版はきっといつまでたっても無理だろうなぁ。

    プレイステーション版とセガサターン版の違いなんてあるのかなぁ。

    よく知らないが、
    違いがあったら是非ともセガサターン版も移植なりダウンロードなりが出来ると嬉しいなぁ。





    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : SF ハードボイルド AVG 田中秀幸 井上喜久子 塩沢兼人 冬馬由美 阪脩

    サンダーフォースV 【セガサターン版】

    「サンダーフォース」をはじめて知ったのは、
    友人の家にあったPC-8801でプレイしているのを観たとき。

    その時何度かプレイしたけど、
    あまり印象には残っていなかったなぁ。

    ちなみにその友人は後にX68000を購入して色々なシューティングゲームを買って遊んでいました。

    その中に「サンダーフォースII」もあったと記憶しています。

    と、言うことで実は「サンダーフォース」をまともに遊んだことがあるのは、
    「サンダーフォースV」が最初だったりします。

    PC-8801もX68000もメガドライブも持っていなかったので、
    はじめて自分で購入したのも「サンダーフォースV」だったりする。

    セガサターンでは、
    他の「サンダーフォース」シリーズも発売されていたりするのですが、
    「サンダーフォースゴールドパック1」「サンダーフォースゴールドパック2」で以前の「サンダーフォース」が遊べる優れもの。

    シューティングゲームマニアなら是非押さえておきたいソフトですが、
    アチキは好きではあるけどマニアではないのでもっていません。

    たぶん。

    と、言うことでシューティングゲームが好きなアチキが遊んだセガサターン版「サンダーフォースV」の話をすっぺかな。
    ちなみに「サンダーフォースV」はプレイステーションでも発売されています。
    セガサターンをお持ちでない方は(シューティングゲームが好きな人が持っていないとは思えませんが)プレイステーション版をお楽しみください。

    おっとまた脱線してしまいました。

    いやー、面白いですよ「サンダーフォースV」は。

    今までのシリーズとの違いとかはまったく分かりませんが、
    家庭用シューティングゲームって感じでバランスもいい感じです。

    はじめの3ステージは任意で順番を決められたりするのもいいですね。

    得意なステージで得点を稼ぎ、
    このゲームのポイントのである武器を取得したりパワーアップしたりして苦手なステージの攻略を楽にしたり、
    苦手なステージの練習を最初に持ってきて練習したり、
    などなどいろんな考えで遊べたりするのがいいですね。

    そうなんですよ、武器を選択できるのが楽しいんですよ。

    標準装備以外の武器を選択中に自機がやられると武器もなくなってしまうのはイタイですけど、
    そのくらいの緊張感がないと面白くないしね。

    緊張感と言えば、
    オーバーウェポンと呼ばれる自機のライフを削って打つことが出来る攻撃があるんですけど、
    これがボス戦でうまくいって高得点を撮れたときなんかは最高ですよ。

    シューティングゲームは、基本憶えゲーなので、
    何度も死んで敵の動きとかを憶えて対処していくと少しずつですが先に進めるようになります。

    「サンダーフォースV」は武器の選択が任意になっていますが、
    シューティングゲームは、撃つ避けるといった基本的なルールが共通だし、
    簡単なルールなのでゲーム初心者でもすぐに楽しめる優れたジャンルであることは間違いないです。

    難しい、クリアできないと言った部分は弾幕系シューティングに多いですが、
    「サンダーフォースV」のような家庭用のシューティングゲームは、
    無茶な難易度はそんなに多くないですよ。

    そして、クリアできなくても楽しめるのもシューティングゲームだと思うし。

    アチキのようなヘボゲーマーでも楽しいと思えるんですから遊び方のスタンスの問題だと思うけどね。

    と、いうことで「サンダーフォースV」はオススメですよ。

    難易度も選べるしね。

    セガサターンやプレイステーションを持っているなら一度遊んでみてください。










    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG SF 動画

    SNATCHER(スナッチャー) 【セガサターン版】

    はじめて「スナッチャー」を知ったのは、
    パソコンのPC-8801シリーズで発売される記事だったなぁ。

    アチキの大好きな「ブレードランナー」のようなゲームが出るんだ、
    と思ったので印象に残りましたねぇ。

    残念ながらその時は、アチキのうちにパソコンはあったのですが、
    PC-8801はなかったので、
    持っている友達に「買え、買え」と勧めていたんですけど、
    結局、友人も買うことはありませんでした。

    その後、PCエンジンで発売されたのですが、
    その時もPCエンジンを持っていなかったので買うこともなく、
    プレイステーション版とセガサターン版が発売されてからやっと買うことが出来ました。

    表現規制の問題で、
    プレイステーション版はビジュアルがマイルドになっていることを知り、
    アチキはセガサターン版を購入したんですよ。

    さすがに元のゲームが古いので、
    アドベンチャーゲームのシステムとしてはちょっと古く感じましたけど、
    それでも単純にコマンド選択していくだけでなく、
    文字を入力したり、
    シューティング要素があったり、
    ヒントが背景の広告看板だったりと、
    色々と仕掛けがしてあって、
    単純に読み進めていくゲームではありませんでしたね。

    物語は、2042年の神戸が舞台。

    そこに人を殺して、殺した相手になりすますアンドロイド「スナッチャー」が関与した事件が発生。

    スナッチャー専門の捜査官としてギリアン・シードが赴任してくるところから物語は始まります。

    基本的に一本道のストーリーで、
    マルチエンドでもなく、
    バッドエンドも特にないです。

    シューティングゲームの所では、
    規定数の敵を倒せなかったりするとゲームオーバーになりますが、
    何度もやり直しがきくようになっているので、
    バッドエンドという感じはしないですね。

    イベントシーン的な所は全て音声有りです。

    ヒントもきちんとしていてるので、
    ハマって先に進めなくなることもありません。

    ボリュームもそこそこあるので、
    今なら中古で安く買えるので買った値段分以上の楽しみは与えてくれるでしょう。

    残念なのは、一回クリアしてしまうと、
    再度プレイする気にはあまりなれないと言うことですか。

    数年後に物語の細部を忘れて、
    懐かしいなぁ、って感じでプレイするくらいでしょうね。

    あぁ、そうそう。

    このゲームの開発者は、ゲームファンなら当然知っているので今更説明は不要ですが、
    ゲームファンでない人は知らないと思うので、
    一応説明しときます。

    最近では「メタルギアソリッド」シリーズで有名になった小島秀夫がつくっています。

    「メタルギアソリッド」を知らないという人は、
    何処でも良いのでTVゲームが売っている売り場の棚で探してください。

    まぁ、ネットで検索するのが一番手っ取り早いですけど。

    そんなわけで、このゲーム「スナッチャー」は小島秀夫の名前を印象づけた作品でもありますね。

    興味があったら是非プレイしてみてください。










    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : AVG コナミ SF ロボット 近未来 屋良有作 小山茉美 冨永みーな 動画

    ダライアス外伝 【セガサターン版】

    タイトーの名作シューティングゲーム「ダライアス外伝」です。

    「ダライアス」はゲームセンターで三画面筐体の時に少しプレイしたくらいで、
    アチキ的にはそれほど熱狂したゲームではなかったですね。

    大体、三画面筐体のおいてあるゲームセンターが少なかったし、
    いつも誰かがプレイしていて中々プレイできなかった事だけは良く覚えていますよ。

    だから「ダライアス」にそれほど思い入れはなく、
    信者のような方々の声を聞いてプレイしたのがセガサターン版の「ダライアス外伝」です。

    シリーズの新作も未だに発売されるほどのタイトルですからね。

    人気のほどはよく分かるというものですよ。

    実際、「ダライアス外伝」をプレイすると分かるのですが、
    まさに王道の横スクロールシューティングゲームって感じです。

    選択したルートによって多少難易度に違いはありますが、
    基本的に難しいです。

    それでも、プレイしているうちに徐々に先に進めるようになる難易度ではあります。

    やられたときのパターンを覚えていてそれを回避していくので、
    結果、先に進むんですけどね。

    それよりも、
    やられてもコンティニューしたくなるおもしろさがあることが「ダライアス外伝」の良いところですねぇ。

    BGMも独特で、
    全ての麺の曲が好きというわけではないですが、
    いくつかのステージのBGMは「いいねぇ、これ」というのがあります。

    シューティングゲームらしくない透明感のあるBGMは好きですねぇ。

    トータル的にみても「ダライアス外伝」が評価されるのはよく分かります。

    確かにこれはおもしろい。

    アチキのようにシューティングが下手でも好きになれるタイトルですね。

    「ダライアス外伝」をプレイして、
    他のシリーズ作品もプレイしたくなりましたよ。

    セガサターンには名作と呼ばれるシューティングゲームがいっぱいあるから、
    シューティングゲームが好きな人は必ずハードを買ってプレイして欲しいですね。

    アチキの家では未だに現役ハードですから。










    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 動画

    DIGITALPINBALL ラストグラディエーター 【セガサターン版】

    実に素晴らしいデジタルピンボールゲームです。

    アチキ、ピンボールゲームが大好きなんですよ。

    ゲームセンターにピンボールがあれば必ずと言っていいほどプレイしますね。

    へたくそですけど。

    でも、最近は大きなゲームセンターに行っても置いてなかったりするんですよね

    実に嘆かわしいことです。

    ホント、面白いんですよ。

    ただ玉をはじいているだけでも楽しいと思いますが、
    そのゲームのルールを知るともっと楽しくなります。

    基本的にピンボールゲームはハイスコアを競うゲームです。

    よほどのことがない限り、1プレイで3回分の玉を使います。

    ただ闇雲に玉をはじいていても高得点は狙えません。

    まぁ、あまり色々と書いていると大変なことになるので、
    まずはピンボールを楽しんで欲しいですね。

    Windowsマシンの中にはゲームの中にデジタルピンボールが入っていると思うので、
    ピンボールの楽しさを味わってみてください。

    でも、大概のデジタルピンボールは玉が軽いです。

    まるでピンポン球みたいです。

    これはデジタルピンボールの宿命かと思っていました。

    このセガサターンで発売された「ラストグラディエーターズ」をやるまでは。

    これはもう驚きですよ。

    たまに重さがあるんです。

    鉄の玉が転がっているのです。

    実に素晴らしいです。

    こんなに良くできたデジタルピンボールは、
    当時中々出会えませんよ。

    制作会社は、カゼという会社なのですが、
    デジタルピンボール命のような会社です。

    「ラストグラディエーターズ」の後も素晴らしいデジタルピンボールゲームを世に出し続けています。

    「ラストグラディエーターズ」も後にバージョンアップ版を出したくらいですからね。

    アチキとしては、マルチボールでの玉と玉がぶつかったときのはじけ方が、
    ちょっと大きいというか派手な感じがするんですよね。

    そんな所とかをバージョンアップ版では修正してきているのか、
    アチキは未だにバージョンアップ版を持っていないので確認できていません。

    いつか手に入れて遊んでみたいですが、
    今あるのでも十分楽しいです。

    4つの台が用意されているのですが、
    アチキ一つだけ苦手な台があるんですよねぇ。

    ドラゴンショウダウンって台なんですけど、
    これがどうもダメなんだよ。

    他はどれも問題なく楽しめるのに。

    う~ん、何故だろう。

    まぁ、そんなことはどうでも良いです。

    とにかく、これは是非プレイして欲しいゲームです。

    ピンボールゲームの楽しさ、
    デジタルピンボールがこんなに良くできている凄さ、
    去れらを感じてほしいです。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ピンボール 動画

    ゲーム天国 【セガサターン版】

    ジャレコの業務用(ゲームセンター)シューティングゲーム「ゲーム天国」をセガサターンに移植。

    縦スクロールシューティングゲームなので、ルールは簡単です。
    避けて撃つ。

    これだけ。

    画面いっぱいの弾幕を避けるのは、
    アチキのようなヘボゲーマーには無理な話。

    ですが、最後まで、
    エンディングまでプレイできるのは、
    やはりコンティニューのおかげ。

    セガサターン版のオリジナルモードには、
    ステージ毎にショートドラマがあり、
    物語がきちんと描かれています。

    それが、どんな物語かというと、
    世界征服企むマッドサイエンティストのジーニアス山田が手始めに、
    ゲームセンターのゲームを乗っ取るところから始まります。

    世界征服を考えているのに、ゲームセンターのそれもゲーム自体を乗っ取るとは、
    さすがマッドサイエンティスト。

    何考えているのか全く分かりません。

    そこへ、ゲームセンターの従業員である伊藤由紀が、
    このままではお店をオープンできない、
    となると怒られる、
    ということで、ゲームを征服したジーニアス山田をやっつけるために立ち上がるのです。

    ジーニアス山田を倒すために選ばれたのは、
    過去に発売されたジャレコのゲームキャラクターたち。

    それぞれのキャラクターたちに、それぞれの武器があり、
    選んだキャラによっては、苦戦する事も。

    一応、キャラ特有の物語もありますが、
    基本的なストーリーは同じです。

    後、タイムアタックモードという制限時間内に得点を争うモードもあり、
    これはこれでおもしろかったりします。

    実際、通常のモードやストーリーモードですと、コンティニューした段階で得点もリセットされてしまうので、
    ノーコンティニューで何処まで行けるかという感じでプレイしないとハイスコアを残せません。

    アチキのようなヘボゲーマーですと、
    ノーコンティニューでエンディングを迎えるのはとてもじゃないが無理な話で、
    そうなるとハイスコアは、全機死んだところでコンティニューせずに終わらせなければならないのです。

    これが、中々難しい。

    やっぱり、ついエンディングまでいってしまおうとコンティニューしてしまうのですよ。

    それが、タイムアタックモードだと、
    そんな事はないので純粋にハイスコアを狙ったプレイを楽しめたりするのですね。

    そんな感じで、ヘボプレイヤーのアチキでも楽しめるシューティングゲームだと言うことなので、
    シューティングゲームが好きな方にはお薦めできるのか分かりませんが、
    シューティングゲームは難しくて敬遠しているゲーム好きの方にはお薦めできますね。

    セガサターンでは、
    「ゲーム天国・極楽パック」というOVA(オリジナルビデオアニメ)が同梱されているものもあります。

    どんなアニメなのかはアチキは持っていないので知りませんが、
    ゲーム中の寸劇物語のような感じのモノだったらきっと楽しめるでしょう。

    それこそ、ジャレコのゲームが好きな人なら尚更ね。

    ついでにプレイステーション版は、
    「GUNばれ!ゲーム天国」となっており、
    2Pのコントローラーにガンコントローラーをつなげて同時プレイが出来るというものです。

    残念ながら未だにプレイしていませんが、
    いつかプレイステーション版もプレイしてみたいと思っております。

    なんかプレイステーション版もおもしろそうなんでね。

    ちなみに椎名へきるが声を担当しているキャラがいるのですが、
    このキャラクターのボム攻撃のモモコボンバーは一見の価値ありです。










    テーマ : シューティング
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 西原久美子 千葉繁 関智一 かないみか 椎名へきる 大塚明夫 こおろぎさとみ 動画

    ファイターズメガミックス 【セガサターン版】

    セガサターンのオリジナル格闘ゲームです。

    それも、お祭りソフト。

    何がお祭りかって、セガの様々なゲームからキャラクターが登場しているからです。

    オールスターって言った方がわかりやすいのかな。

    企画自体は、SNKの「ザ キング オブ ファイターズ」があり目新しさはないが、
    残念ながら「ザ キング オブ ファイターズ」のキャラクターの知名度は、
    セガのゲームキャラクターよりも一般的には低かった。

    かくいうアチキも「ザ キング オブ ファイターズ」の登場キャラクターはほとんど元のゲームを知らなかったです。

    で、セガサターンの「ファイターズメガミックス」ですが、
    基本は「バーチャファイター」と「ファイティングバイパーズ」で、
    システム的には「ファイティングバイパーズ」を踏襲。

    セガサターンとしては、良くできていますが、
    若干、ゲームバランスが荒いというか、
    わざと詰めていないのか、時間がなくて詰め切れなかったのか、
    まぁ、色んなキャラクターで遊べるだけで幸せ、
    というくらいの気持ちでプレイしてちょうど良い感じ。

    実際、友達と遊ぶと結構盛り上がる。

    通常の格闘ゲームのように技の入力を憶えてシビアに戦うという感じではなく、
    気軽に色んなキャラクターで技もへったくれもなく遊んでいて楽しめる感じです。

    しかし、非常に残念なのが、セガサターンの3D表示能力がイマイチなので、
    一番の売りであるオールスターキャラクターの味が生かされていないと言うことです。

    なので、アチキとしてはドリームキャストで「2」の発売を心待ちにしたモノです。

    最低でもドリームキャストの3D表示能力があれば、
    それぞれのキャラクターもかっこよくモデリングされて操作するのも楽しくなったのに。

    それこそ、今からでも最新ゲーム機で続編を作って欲しいくらいですよ。

    PlayStation3やXbox360なら申し分ないですからね。

    確かに今は格闘ゲームはそれほどセールスを期待できないけど、
    「ファイターズメガミックス」なら、そこそこいい線いくと思うんだけどなぁ。

    それこそ、カプコンのように他のゲームからの参戦も有りだと思うし。

    実績のあるセガだからこそ出来る企画だと思うんだけどね。

    あぁ、色物企画で女性キャラクターだけの格闘ゲーム「ファイターズ女神ックス」というのはどうでしょう。

    「デッド オア アライブ」の女性キャラクターや「ストリートファイター」の春麗等や、
    「鉄拳」「ソウルキャリバー」などなど、
    女性キャラ総登場で楽しそうじゃないですか。

    そーいえば、ネオジオポケットで「SNK ギャルズファイターズ」というのがあったなぁ。
    もってるけどまだプレイしていないなぁ。

    まぁ、そんな感じで、
    「ファイターズメガミックス」は色々な可能性を秘めた面白いゲームですよ。








    テーマ : 格闘ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : 格闘 ACG セガ 動画

    ステラアサルトSS(ダブルエス) 【セガサターン版】

    セガサターンの中でも数少ない3Dシューティングゲームです。

    数が少ないだけでなく、
    ゲームとしても秀逸な出来です。

    元々はメガドライブ32Xで発売されたモノをセガサターンに移植。

    移植に当たっては、
    ナビゲーターボイスがついたりしたらしいのですが、
    それらが雰囲気をぶちこわしているとメガドライブ32X版をプレイした人たちは言っているようです。

    硬派なゲームを軟派にしやがってと言うことでしょう。

    まぁ、アチキはメガドライブ32X版をプレイしたことがないので何とも言えませんが、
    セガサターン版はとても良くできています。

    批判している人たちもゲーム部分で批判しているわけではないですからね。

    そこは、折り紙付きでしょう。

    アチキは元々ゲームセンターでアタリの「スターウォーズ」にはまった口で、
    3Dシューティング大好きなんですよ。

    セガサターンでも他に「バルクスラッシュ」とかもはまりましたねぇ。

    「ステラアサルトSS」の「SS(ダブルエス)」は、きっとというか絶対セガサターンの意味なんでしょうね。

    まぁ、そんなことはおいといてゲームはミッションクリア型です。

    与えられた任務をこなしていくタイプ。

    なので、キチンとした物語が存在します。

    そして、マルチエンディングです。

    マルチと言ってもベストエンドかベターエンドの二種類しかアチキは知りません。

    ベストの場合は、いくつかのミッションでクリアに必要なターゲット以外のターゲットを倒す必要があります。

    これもネットで調べないとちょっと分かりにくい感じです。

    で、アチキも調べ廻ったのですが、
    キチンとした攻略サイトがシューティングゲームにはないんだなぁ、と言うこと。

    凄くマニアなファンがいるのに、そう言うサイトがないなんて。

    ただでさえ、難しいイメージがあるのに初心者とかに配慮した攻略サイトがないなんて、
    やはりマニアのためのゲームなのかなぁ、なんて思ってしまった。

    自力でクリアしろやっ、ってスタンスなんでしょうね。

    攻略方法が分かっても簡単に攻略できるゲームだとは思えないんですけどね。
    (シューティングゲーム全般の話です)

    メーカーなんかは、その辺のフォローをするようにしないと、
    いつまでたってもシューティングゲームのファンは増えていかないと思うんだよなぁ。

    攻略本を出す出版社も数が見込めない本は出せないし。

    そうなると、ゲームメーカーとファンの有志だけしかそういうことが出来ないと思うんですよ。

    アチキは攻略すらまともに出来ないヘボゲーマーなので、
    到底作ることは無理。

    そんなヘボゲーマーでもとりあえずトライアンドエラーを繰り返していれば、
    何とかクリアできるレベルのゲームが「ステラアサルトSS」です。

    ただミッション説明画面はスキップできるのに、
    それ以外の部分がスキップできないのは辛い。

    コンティニューが3つしかないのは仕方がないとしてもね。

    それと、スコアがないのもちょっと物足りない感じですなぁ。

    まぁ、それはなくてもいいけど、レーダーは欲しかった。

    一応、レーダーの代わりになるモノはついているんですけど、
    ある程度の範囲の全体的な状況が知りたいのに出来ないというのはちょっとストレス溜まったなぁ。

    是非、このゲームはリメイクなり移植して欲しいゲームなので、
    繰り返しプレイすることを前提にした作りと、レーダーだけは最低付けて欲しいです。

    ちなみにアチキはタイプBの方が初心者には扱いやすいと思います。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : SF STG 宇宙 今井由香 松井菜桜子 檜山修之 動画

    クロックワークナイト ~ペパルーチョの大冒険 上巻・下巻~ 【セガサターン版】

    セガサターンのほぼローンチタイトルでもある「クロックワークナイト ~ペパルーチョの大冒険~」の上巻。

    いわゆる「スーパーマリオブラザーズ」のようなアスレチックアクションゲームです。

    アクションゲームなのに、上巻、下巻と分かれています。

    やっぱり、セガサターンのラインナップ上の戦略で開発途中のを無理矢理出した感じはするよなぁ。

    実際、ゲームは面白いんですよ。

    アチキのようなヘボゲーマーでも楽しめます。

    上巻なんてキャラクターの操作にさえ慣れてしまえば、
    それほど難しくないし、
    コンティニューも無制限と思えるほど王冠が集まるし、
    クリアするだけなら簡単です。

    ボーナスルーレットで王冠とか自キャラの残機を増やせたりするんですけど、
    高得点を狙わなければボーナスルーレットをやる必要性がないほどです。

    ステージ構成も多少いやらしいところはありますが、
    憶えてしまえばなんてことはありません。

    それよりも、本来の「クロックワークナイト ~ペパルーチョの大冒険~」は、
    下巻の方でしょう。

    時間をかけただけあって、
    きっちりとバランスも調整されています。

    ステージも3D表現を意識した作りになっているし、
    これが上巻から出来ていれば、
    このゲームの評価ももっと違ったモノになったことでしょう。

    実際、プレイしていて楽しいのも下巻です。

    上巻のゲームデータを引き継ぐこともないので、
    全くの新作として楽しむことが出来ます。

    まぁ、物語的におもちゃ王国のお姫様を助ける話になっているので、
    物語を重視する方は上巻からキチンと遊ぶと良いかもしれませんが、
    純粋にアクションゲームだけを楽しみたいのであれば、
    下巻だけで十分なような気もします。

    最近のリメイクブームに乗って、
    この作品もPSPあたりでリメイクするのはいいかもしれませんなぁ。

    オリジナルモード(上下巻)と、
    アレンジモードとしてステージ構成やバランス調整をし直したモノを作ってもいいかも。
    基本上巻の作り直しかな。

    キャラクターもいい感じなんだけどね。

    ブリキのおもちゃが主人公で、
    間違いなく主人公はドン・キホーテをモデルとしていて、
    ステージの合間に出てくるのは、サンチョだろうし。

    同じようにステージ間のムービーシーンでは、主人公は馬に乗っているのだが、
    これもロシナンテなんだろうなぁ、と思わせる。

    下巻では、ムービーだけでなく、
    実際にプレイ中にも馬に乗ってステージを走り回ったりもします。

    ホント、上巻が下巻並みの出来であったならもっと評価も良かっただろうし、
    売れたんではないだろうか。

    実にもったいない作品です。

    まぁ、こんな事をかいているアチキも発売当初は、
    存在は知っていても買う気にはならなかったんですけどね。

    中古で安くなっていたので、買ってプレイしたのもつい最近。

    まだセガサターンが稼働可能なら是非プレイしてみてくださいな。

    特に下巻は満足できる内容ですぜ。











    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG セガ ファンタジー

    バックガイナー よみがえる勇者たち 飛翔編「うらぎりの戦場」 【セガサターン版】

    つい先だってプレイが終わったんですよ。

    「バックガイナー よみがえる勇者たち 飛翔編「うらぎりの戦場」」の話。

    買ってから棚の肥やしになっていたゲームです。

    なぜかというと、
    この続きである完結編が出ないから。

    三部作の第二部に当たるんですけど、
    第一部はまだセガサターンが現役で販売されている頃だったなぁ。

    と、言うことで第一部の話もほとんど忘れかけている頃、
    プレイしました。

    データ引き継ぎで。

    いやー、まだ第一部のクリアデータ残っていたんですねぇ。

    驚きです。

    と、言うことでプレイしたんだけど、
    やはり続きが気になるです。

    次回予告まであるし。

    ゲーム自体は、難しいことはなくて、
    アドベンチャーパートとシミュレーションパートに別れていて、
    特別難しいことはありません。

    アドベンチャーパートとかでは、積極的にアニメーションが導入されており、
    セガサターンでも十分なクオリティで楽しむことが出来ます。

    第二部「バックガイナー よみがえる勇者たち 飛翔編「うらぎりの戦場」」から始める人はそんなにいるは思えませんが、
    前回のあらすじも用意されているので、
    それほど複雑な物語でもないので十分楽しめるのかな、と。

    難点をあげると、
    シミュレーションパートがやたら長い。

    クリアするのが難しくて長いのではなく、
    なんだか分かりませんが長いのです。

    だから一日一回シミュレーションパートをクリアするのが精一杯って感じてす。

    それでも勧善懲悪の物語なので、
    楽しくプレイ出来ます。

    続きが気になると言うより、
    飽きないからといった感じだけどね。

    一歩間違えればセガサターンでヒットした「サクラ大戦」になったかもしれない作品です。

    やはり、投じてとしては三部作はきつかったのでしょう。

    実際、三作目は発売されていないわけですから。

    まぁ、もう少しオリジナリティが見えていれば違ったのかも。

    どうも、どこかで見たことがあるモノばかりと感じてしまいましたからね。

    ボリューム的にも前後編くらいだったら良かったのではないでしょうか。

    今では、未完の大作と言うよりただの未完成品になってしまっていますからね。

    特にアニメパートなんかは、良く出来ているんですよ。

    すごく残念な作品ですが、
    続きが見てみたい作品ではあります。

    気が向いたらプレイしてみることをお薦めします。

    ゲームが苦手な人でも楽しめると思いますよ。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : SF AVG SLG 天野由梨 根谷美智子 今井由香 岡村明美 勝生真沙子 動画

    魔法騎士レイアース Magic Knight Rayearth 【セガサターン版】

    セガサターンではじめて、
    おもしろいと思ったロールプレイングゲームですね。

    実は、アクション・ロールプレイングゲームもはじめてプレイしたのもこのゲーム。

    実におもしろかったです。

    原作は、全然知りません。

    CLAMPが画いた漫画がアニメになって、ゲームになったというのは知っていた。

    しかし、中身は全く知りませんでした。

    そんなアチキがなぜこのゲームをプレイしたかというと、
    仕事の絡みでプレイしたのよ。

    動機は、そんな感じでしたが、
    プレイしているときは仕事とは関係なく楽しみました。

    物語は三人の少女(高校生なのか、中学生なのか全く理解していません)が、
    異世界に飛ばされて英雄となって悪を滅ぼすというお話し。

    ヒロイック・ファンタジーの王道です。

    ゲームはかわいらしいちびキャラを操って、
    三人の属性を利用して攻略していく感じです。

    なので、多少頭を使いますが、
    難しすぎて先に進めないことは全くありません。

    イベントシーンで重要なところは、アニメーションが表示されます。

    が、当時のセガサターンのアニメ表示は画像が荒くてねぇ。

    せっかくだからアニメとか細かいところを直して再度発売されないかなぁ、
    と思えるほどの作品です。

    これを観た後、原作かアニメを観てみようかと思ったりもしましたが、
    未だに観ていません。

    でも、観ようと思ったのは事実ですから、
    それほど良く出来ていたと思います。

    ファンじゃない人でも楽しめるゲームになっていることは間違いないです。

    スーパーファミコンの頃は、原作アニメのゲーム化はつまらないというのが普通でしたが、
    このころからそんな常識が当てはまらなくなってきました。

    実際、このゲームもゲームらしい部分は薄くて、
    どちらかというと、ロールプレイングスタイルのアドベンチャーゲームって感じで、
    それは難易度の部分にもよるところが多いと思うし、
    また低年齢層(小学生)の女の子でも最後までクリアできる感じになっています。

    その分、アニメーションとかイベントシーンに力を入れてドラマチックに物語を見せているので、
    アニメを観た人や漫画を読んだ人でも違和感が少なく楽しめるんでしょう。

    キャラクターゲームの最大の悩みは、
    ファン以外の人たちにどうやって遊んでもらえるかと言うことでしょうね。

    アチキの場合も、仕事等ファクターがなければ、
    きっと今でも遊んでいないと思います。

    なので、原作知らないからなぁ、
    という感じだけでプレイしていなかった人は、
    この機会に是非プレイしてみてください。

    と、言ってもセガサターンがまだ現役で動いている人だけになってしまうのかな。

    押し入れに入っているだけなら是非押し入れから引っ張り出して遊んでみてください。

    そのくらいの苦労は帳消しにしてくれるでしょう。

    しかし、今からハードを買ってとなると、
    これ以外のゲームも遊んでもらわないと元は取れないかもなぁ。

    でも他にもまだまだいっぱいセガサターンのおもしろいゲーム杯ツパイありますから。










    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG RPG ファンタジー CLAMP セガ 椎名へきる 笠原弘子 動画

    リグロードサーガ 【セガサターン版】

    セガサターンがまだまだこれからで、
    元気があった頃、
    ロープレのキャンペーンをやっていた。

    RPGのソフト不足で、
    一気に三本のRPG大作を発売という、
    ロープレ祭り。

    大作かどうかは、さておき、
    RPGが当時のライバルであったプレイステーションに比べて見劣りしていたのは確か。

    そんな中満を持して登場した三本のロールプレイングゲーム。

    その一本が「リグロードサーガ」でした。

    見た目的には、次世代ハードのRPGって感じでしたね。

    キャラクターや世界は、3DCGで描かれたのを使用し、
    背景はリアルタイムポリゴンだったような気がする。

    フィールド移動中とモンスターとのバトルが場面が変わることなくシームレスで戦闘画面になるという手法で、
    いかにも次世代ハードのソフトに見えたもんです。

    で、プレイすると、これがもうさくさく進んで、
    あっという間に終わってしまう、
    とても大作には思えない内容でしたね。

    ビジュアルは当時としてはがんばった方ですが、
    それ以上にシナリオをがんばって欲しかった。

    実際、遊びやすかったし、
    はじめてRPGをする人には、
    ゲームシステム的にはちょうど良い感じだったかも。

    ただ、このゲームをどこまで楽しめるのかは疑問だけど。

    中古のワゴンセールなんかで見かけたら買って遊んでみるといいかも。

    アチキなんか、定価に近い金額で買ったから、
    ちょっと割高に感じましたね。

    中古のワゴンセールくらいの価格ならコストパフォーマンスも悪くないと思うよ。

    アチキなんて、これをプレイしてセガサターンで良質のRPGなんか出てこないんだろう、
    と思ってしまいました。

    ちなみにマップも大して広くないので、
    移動のストレスもほとんどありません。

    ただ、キーレスポンスがちょっと悪いように感じたかな。

    それにしても、一番驚いたのが、
    この作品の続編が開発されたことだな。

    残念ながらアチキはまだ続編はプレイしていないけど。
    いずれプレイすると思います。

    その時は、もしかしたらこの第一作目からプレイしなおすかも。

    それでも大したストレスにはならないでしょうね。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : SLG RPG ファンタジー セガ 動画

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 中川ランド大レースの巻 【セガサターン版】

    ゲームになっても長いタイトルは変わらないねぇ。

    「こちら葛飾区亀有公園前派出所 中川ランド大レースの巻」はセガサターンのゲームです。

    こんなに長いこと人気も連載も続いている作品ですが、
    ことゲームに関してはアチキの知る限りでセガサターンとプレイステーションにしかないような気がするんですが。

    それ以前のハードは、
    アチキあんまり知らなくて、
    出ていないんですかね?

    実際、セガサターンの「こちら葛飾区亀有公園前派出所 中川ランド大レースの巻」は、
    ボードゲームなんですが、
    メインのキャラクターがコマになっていて、
    それぞれの特長を生かしたルーレットになっていたりと、
    詰めの甘さはありますが、
    実に良く出来ていました。

    さすがにボードゲームなので、
    一人プレイはちときついですが、
    友達と遊ぶ分には、けっこう盛り上がったりします。

    遊ぶ友達が、
    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の原作コミックのファンなら間違いなく楽しめます。

    まぁ、桃鉄ほどの中毒性はありませんけどね。

    だから、第二弾、第三弾とブラッシュアップしていけば、
    もっと良くなったと思うんだ。

    なので、今からでもPSPかDSで作り直して出してくれないかなぁ、
    なんておもっています。

    プレイステーションで出た「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のゲームは未プレイですが、
    「こちら葛飾区亀有公園前派出所」をネタにしたらなんでも出来そうな気がするんですけど。

    それこそ、
    定番ですが、
    レースゲームとかね。

    マリオカートみたいな感じで、
    チキチキマシン猛レース的なのりで、
    漫画でもそんな感じでレースネタとかあるじゃないですか。

    それ以外でも「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の街をシミュレートして、
    街で遊べるようにするとか。

    もう、ほんと、
    何でもかんでも色んなジャンルのゲームにはめ込んで作れてしまう気がするんだけど。

    問題は、売り上げの面だけだと思うし。

    あぁ、これが一番の問題か。

    そうなると秋本治氏が制作費を出して、
    プロデュースするという形で、
    納得できるゲームを作るという手もあるなぁ。

    と、いうか出版以外でも儲けているのだから、
    ゲーム作るくらいのお金あるでしょ。

    で、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」らしいゲームが出来たら、
    ファンも喜ぶし、
    ある程度の本数がさばけることが分かれば、
    ゲームメーカーも自ら企画と金を出して作ると思うんだ。

    なぜそんなことを思うかというと、
    やはり「こちら葛飾区亀有公園前派出所 中川ランド大レースの巻」が、
    結構良く出来ていたから。

    そして、コミックのファンだし。

    色々と楽しいモノが出来そうな世界観だし。

    なので、
    ファンの方は一度「こちら葛飾区亀有公園前派出所 中川ランド大レースの巻」をプレイしてみてくださいよ。

    そうすれば、
    アチキの言っていることの半分くらいは理解できるかもしれませんて。




    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ボードゲーム 秋本治 バンダイナムコ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー