ペルソナ2 罪 【プレイステーション ポータブル版】

    プレイステーションで発売されたゲームの移植版です。

    移植に当たっては、
    細かいところで、
    調整は入れているのでしょうね。

    よく知りませんけど。

    内容的には、
    「ペルソナ」シリーズの第二段です。

    登場人物などで、
    多少の関連はありますが、
    前作をプレイしていなくても十分楽しめます。

    アチキは、
    前作をプレイしていますが、
    内容は、
    ほぼ忘れているので、
    プレイしていないのと同じような感じでしたが、
    しっかり楽しめました。

    このゲームの売りは、
    噂が本当になる、
    というストーリー展開ということらしいのですが、
    アチキはてっきり、
    噂の内容によって、
    物語が変化していくのかと思っていました。

    実際は、
    噂がアルの中で、
    どの噂が本当なのかを選び、
    そのようになっていくという所は、
    しっかりとしていますが、
    選ぶ噂の内容が、
    物語のメインとは、
    全く関係のないところの部分なので、
    ちょっとがっくり。

    シミュレーションゲームで、
    探検していって、
    噂を信じるか信じないかで、
    地図とかが決まっていくというゲームがありますが、
    アチキは、
    そんな感じなのをイメージしていました。

    まぁ、
    さすがに、
    RPGでそれをメインにしてしまうと、
    物語の構築とかが、
    大変なことになるので、
    仕方ないのかな、
    と。

    だからといって、
    つまらないと言う事ではないです。

    期待はずれではありましたけど。

    さて、
    物語は、
    と言うか、
    このゲーム、
    二部作になっています。

    「ペルソナ2 罪」と「ペルソナ2 罰」です。

    今、
    これを書いている段階で、
    「ペルソナ2 罪」を終えて、
    「ペルソナ2 罰」をプレイし始めているのですが、
    先に「ペルソナ2 罰」からプレイというは、
    ちょっと頂けない感じの内容ですね。

    しっかりと、
    「ペルソナ2 罪」をプレイしてから、
    「ペルソナ2 罰」をプレイした方がよいです。

    ちなみに、
    「ペルソナ2 罪」のプレイでは、
    初期のペルソナで、
    どこまで行けるのかな、
    なんて感じでプレイしていたのですが、
    結局最後までペルソナを変更することなく行けてしまいました。

    とは言え、
    イベントで、
    ペルソナがアップデートしてしまうので、
    純粋に初期ペルソナというわけではなかったのですが。

    でも一階もベルベットルームを使用しませんでしたね。

    でも、
    最後の方で、
    やっぱりペルソナを何とかしないと、
    と言う事になるのも嫌なので、
    悪魔とのコミュニケーションは的と意宇にしていて、
    カードだけは、
    潤沢に持っていましたけど。

    結局1枚も使わずに終わりました。

    メガテンシリーズでは、
    悪魔合体がないとクリアするのに苦労するのですが、
    ペルソナシリーズは、
    それがなくてもクリアできるのが良いですね。

    「ペルソナ2 罰」では、
    せっかくなので、
    ベルベッドルームは、
    使用してのプレイをするつもりではいます。










    スポンサーサイト



    テーマ : 女神転生・ペルソナ
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG 学園 悪魔 高校生 動画 子安武人 矢島晶子 渡辺久美子 速水奨 土井美加

    戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION 【プレイステーション ポータブル版】

    「戦場のヴァルキュリア」のシリーズ三作目ですね。

    基本的には、
    プレイステーションポータブルで発売された前作「戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校」と同じような感じです。

    丙の育成というか、
    クラスチェンジの考え方というか、
    育て方が変わったのが、
    アチキ的には、
    一番大きな変更に感じました。

    そして、
    前作でもそうでしたが、
    あのミニマップを移動していく構成は、
    やはり、
    イマイチな感じですね。

    ハードの容量の部分で仕方ないのでしょうけど、
    一作目の大きなマップでの戦闘が一番しっくりと来ます。

    二作目以降は、
    ヤリ込み要素というのか、
    キャラを育てたりするのに、
    一杯プレイしなければならないようになっていました。

    一回のプレイでは、
    全員揃わなかったり。

    今回も、
    似たような感じで、
    ルート選択があるので、
    一回のプレイでは、
    全ての戦闘マップを経験できません。

    そして、
    ヒロインが二人いるので、
    こちらも選択式になっているので、
    両方のエンディングを見るに、
    当然、
    一回のプレイでは見られません。

    まぁ、
    何にしても、
    時間はかかりますよ。

    そして、
    アチキは、
    全てを見ていませんし、
    二回目をプレイしていません。

    まぁ、
    いつかプレイするかもしれませんが、
    しばらくは、
    プレイしたくないかな。

    他にもプレイしたいゲームが一杯あるし、
    このシリーズの新作もプレイしたいしね。

    全く持って時間がないですよ。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : SLG ACG 戦争 ミリタリー 戦車 動画 セガ 遠藤綾 浅野真澄 久川綾

    ヒーローズファンタジア 【プレイステーション ポータブル版】

    えー、
    冒頭からですが、
    最近、
    ニュースになったのですが、
    PlayStation Vitaが、
    生産中止になるそうですね。

    次の携帯ゲーム機を出さないと言う事で、
    SONYとしては、
    携帯ゲーム機から撤退と言う事になりますな。

    まぁ、
    時代というか、
    スマホに携帯ゲーム機の座を奪われてしまったのは事実でしょうが、
    それは、
    いわゆるカジュアルゲームの普段からあまりゲームソフトを勝って遊ぶという人ではない人が多いだけで、
    それだけが原因で、
    携帯ゲーム機が売れていないとか、
    携帯ゲーム機のソフトが売れていないと言う事で、
    撤退というのは、
    ちょっと違う気がしますね。

    事実、
    任天堂の携帯ゲーム機は、
    それなりに商売になっているわけですから。

    アチキに言わせれば、
    Vitaでしか遊べないゲームソフトが、
    極端に少ないのが原因かという気がします。

    PSPには、
    PSPだけでしか遊べないゲームソフトが、
    一杯ありましたからね。

    この「ヒーローズファンタジア」もその一つですよ。

    このソフトのためにPSPを買う気になるかは置いといて、
    PSPを買って持っている人が、
    PSPでしか遊べないソフトを積極的に買う事はあるので、
    こういう専用ソフトの存在は、
    ハードを維持していく上でも必要だと言う事ですよ。

    だって、
    VitaとPS4の両方で同じソフトが出ていたら、
    両方ゲーム機を持っている場合は、
    アチキがそうですが、
    やっぱりでかい画面で画の綺麗な方で遊ぼうと思いますよね。

    それが、
    Vitaでしか遊べないとなれば、
    選択の余地はないわけですから。

    と言う事で、
    横道にそれましたが、
    「ヒーローズファンタジア」ですな。

    いわゆるスパロボ系の色んなアニメ作品が一同にかいして物語が語られるという、
    いかにもゲームらしいお話しのゲームです。

    登場するアニメ作品は、
    全部で9作品。

    R.O.D -READ OR DIE-
    BLOOD+
    DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
    ケロロ軍曹
    スクライド
    舞-HiME
    スレイヤーズREVOLUTION
    魔術士オーフェン
    魔法戦士リウイ

    アチキは、
    全部の作品を見ていませんが、
    知っている作品が、
    二つ三つあるだけでも、
    十分楽しめる内容だと思います。

    基本RPGなので、
    パーティーを組んで、
    ダンジョンなどを回って、
    敵をやっつけて、
    経験値をもらってレベルアップ、
    と言う作業になります。

    レベルも、
    各キャラクターに張り付いているわけではなく、
    チームとしてレベルが存在している感じで、
    戦闘に参加していなくても、
    後で合流してきても、
    チームとして持っているレベルに全キャラクターが反映されます。

    なので、
    無駄にレベルアップ作業をする必要が無く、
    物語を楽しめるようになっています。

    実際、レベルアップも簡単に上がるし、
    レベル100でカンストですが、
    すぐにカンストするし、
    スキルアップできるのですが、
    それも、
    普通にプレイしていれば、
    最後にはカンストするので、
    ボス戦で倒せなくてレベル上げ作業とか、
    たぶんないと思います。

    ちょっとエンカウントが低いので、
    モンスターに出会う苦労はあるかも知れませんけど。

    そんな感じで、
    30時間強ですが、
    十分楽しませていたただ来ました。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG バンダイナムコ ファンタジー 動画 日笠陽子 金元寿子 遠藤綾 浪川大輔 沢城みゆき 林原めぐみ

    クイーンズゲイト スパイラルカオス 【プレイステーション ポータブル版】

    PSPのゲーム「クイーンズブレイド スパイラルカオス」の続編だと認識して、
    プレイしました。

    間違ってはいないのですが、
    「クイーンズゲイト」というゲームブックが存在しているのを、
    今回、初めて知りました。

    「クイーンズブレイド」と同じ流れをくむゲームブックのようですね。

    物語とかというわけではなく、
    もとのゲームブックを、
    ホビージャパンがアレンジして発売していると言う事の意味で。

    ゲームブックのことは、
    まったく知らないので、
    PSPのゲームの方の話です。

    システム的には、
    前作と同じですので、
    前作をプレイしていれば、
    まったく問題なし。

    初めてプレイしても、
    それほど難しくはないです。

    いわゆるシミュレーションRPGというやつです。

    前作との違いは、
    キャラクターも含めて、
    ボリュームがすごくアップしていること。

    それと、
    他のアニメ作品のキャラクターも多数出ていること。

    アニメだけではないですね。

    ゲームとかからも出ています。

    スポロボ的な雰囲気がますます大きくなっています。

    しかし、
    スパロボは未だに色々と続いていますが、
    こちらは、
    このゲームの後、
    続編とか出ているのか分かりませんが、
    見たことないですね。

    最近スパロボはプレイしていないので、
    どうなのかは分かりませんが、
    このゲームは、
    途中で正直あきてきました。

    分岐も以前より多く、
    1回のプレイで、
    キャラクターも全て使い切るということは無理なので、
    何度もプレイしてもらいたいはずなのに、
    エンド後、
    続けてプレイしたいとは思いませんでしたね。

    実際、途中で放置していましたから。

    アチキ的には、
    前作くらいがちょうど良かったかな。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : SLG RPG バンプレスト ちょいエロ ファンタジー 動画 川澄綾子 田中敦子 能登麻美子 甲斐田裕子

    Persona (ペルソナ) 【プレイステーション ポータブル版】

    さて、
    「ファンタシスター オンライン2」をプレイする傍ら、
    PSP版「Persona (ペルソナ)」をプレイしていました。

    プレイステーション版では「女神異聞録ペルソナ」となっていたゲームですが、
    PSPに移植されるにあたり「女神異聞録」がとれて、
    単なる「ペルソナ」になりました。

    まぁ、2作目以降の「ペルソナ」シリーズを意識してのタイトル統一という所でしょうね。

    さて、
    プレイステーション版も発売当時プレイしたんですよ。

    最初だけですが。

    最初の方だけで断念してやめたので、
    いつか時間に余裕がある時にでもプレイしようとは思っていました。

    難しいとか、つまらなかったという理由でプレイを断念したわけではございません。

    もう何しろ戦闘が長くてですね、
    ペルソナ召喚のアニメーションがスキップできず、
    下手すると一回の戦闘で10分くらいかかったのですよ。

    ペルソナ召喚をしなければ、
    それなりなのですが、
    ペルソナを育てないと使い物にならなくて、
    どうしても使わないといけないわけですな。

    だからPSPでリメイクされた時、
    戦闘アニメのスキップがあるだけで、
    やる気満々になったわけです。

    その後、
    BGM等の音楽関係で、
    酷評されているのを見ても、
    アチキ的には、
    全く気になりませんでした。

    確かに、
    明るくポップな感じの曲になって、
    ダークなイメージが薄れたような気もしますが、
    プレイステーション版をまともにプレイしていないので、
    前のが良かったとかというのもないですし、
    今回のも、
    世界観にあっているかあっていないかと言われれば、
    合っていない気もしますが、
    それ以上に戦闘スキップがあるだけで、
    もう満足でしたね。

    さて、
    ゲームの物語は、
    「セベク篇」と「雪の女王篇」が存在します。

    「セベク篇」は、普通にプレイしていると進むルートで、
    「雪の女王篇」は、
    攻略サイトや攻略本でも見ながらやらないと、
    普通には、そのルートには行きにくいでしょうね。

    実際、アチキも「雪の女王篇」は、
    攻略サイトを見ながらルートを確定させました。

    「セベク篇」は本筋なので、
    街の異変を主人公と仲間達で解決する話になり、
    「雪の女王篇」は、
    サイドストーリーというか、
    本編に行くまでの途中に起きた事件と言った扱いです。

    なので、
    「雪の女王篇」のラストは、
    これから「セベク篇」が始まる流れになってENDになります。

    物語の時間軸的には、
    「雪の女王篇」から「セベク篇」となりますが、
    はじめてプレイする方は、
    やはり「セベク篇」からプレイするべきだと思いますね。

    特に「雪の女王篇」の最初のダンジョンは、
    ゲームのシステムとかになれていないと、
    ちょっとキツいかもしれません。

    「セベク篇」も「雪の女王篇」も面白かったです。

    今度は、「ペルソナ2」ですが、
    こちらもPSP版をプレイすると思います。

    でもいつプレイするんだろう。

    ホント、時間ないなぁ。










    テーマ : 女神転生・ペルソナ
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG 学園 悪魔 高校生 動画

    英雄伝説 空の軌跡 the 3rd 【プレイステーション ポータブル版】

    「空の軌跡」のメインストーリーは、
    「SC」で一応終わり、
    「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」では、
    その後日譚ということですが、
    主人公は、エステル・ブライトとヨシュア・ブライトからかわり、
    ケビン・グラハムとリース・アルジェントになりました。

    とは言え、
    今まで登場してきた人物達も登場します。

    「SC」までに語られた事件の後始末をしていたケビン・グラハムとリース・アルジェントは、
    次の仕事をするために行動をしていた時に、謎の人物と出会います。

    そして、気づいたらわけの分からない世界に飛ばされていて、
    基本的には、そこからの脱出を目指すというお話し。

    もちろん、二人だけで行動するのははじめだけ、
    その世界を探査していくうちに、
    それまでケビン・グラハムが関わってきた人たちが合流していきます。

    もちろん、合流してきた人物達もなぜこんな所に来てしまったのかわけが分からない状態。

    まぁ、メインストーリーだけだと、
    いまいちな感じですが、
    途中にある「扉」を開くことで、
    各キャラクターのエピソードが楽しめるようになっています。

    これが良い感じなんですよね。

    但し、というか、
    当然というか、
    今まで「FC」「SC」をプレイしてきた人しか楽しめないと思います。

    ラストで、つかの間の再会を喜び、
    再びそれぞれの道へ旅立つ別れのシーンが、
    プレイしているこちらとリンクして、
    良い感じ何だよなぁ。

    結局、何だかんだと、
    70時間オーバーですよ。

    もっとサクッと終わらせるつもりだったんですけど、
    満喫してしまいました。

    こうなると、
    続きである(直接的な物語の続編ではないようですが)「英雄伝説 零の軌跡」「英雄伝説 碧の軌跡」もプレイしようと思っています。

    まぁ、それがいつになるのかは分かりませんが。

    とりあえず今は、
    Xbox360で「Fallout 3」をプレイ中です。

    こちらもプレイ時間が長くなりそうです。


    ◆Windows版「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」のダウンロード版はこちらから。








    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー 動画 斎賀みつき 桑島法子 今野宏美 新井里美 雪野五月 神田朱未 鶴ひろみ

    英雄伝説 空の軌跡SC 【プレイステーション ポータブル版】

    「英雄伝説 空の軌跡FC」の続編「英雄伝説 空の軌跡SC」です。

    「英雄伝説 空の軌跡SC」で、
    エステル・ブライトとヨシュア・ブライトの物語が終わります。

    前作のラストで別れてしまったエステル・ブライトとヨシュア・ブライト。

    分かれたといってもヨシュアがどっか行っちゃったって言うことなんだけど。

    と言うわけで、
    エステルは、正遊撃士となってヨシュアを探す旅をすることになるはずが、
    大変な事件に巻き込まれてしまいます。

    UMD二枚組のボリュームで、
    特にやり込んでいないで、普通にプレイしていて終わるまで約90時間。

    いやー、満腹でした。

    全ての謎が解決するわけではないのですが、
    前作からの物語は一つの終わりを迎え、
    まぁ、大団円的な感じになります。

    暗くなりそうな物語なんですが、
    特にヨシュアが暗いのでそう感じてしまうのですが、
    エステルの明るさで楽しく最後までプレイできましたね。

    魅力的なキャラクターも大勢いて、
    アチキの一番のお気に入りは、
    ティータ・ラッセル、
    のお母さんだなぁ。

    あぁ、まだ「SC」には登場していなかったか。

    ティータのお母さんはまだ出てきませんが、
    新キャラクターも登場します。

    ついでに釣りも楽しいです。

    前作では、ほぼ固定だったパーティーの編成も、
    仲間が増えていくと自由に組めるようになったのは良かったですね。

    ゲームシステムにストレスがないので、
    物語を十分楽しめるし、
    戦闘も楽しいので、
    やらされている感は少ないですね。

    ホント、人気があるのも分かる気がします。

    ラストも良かったしね。

    キレイに終わったので、
    「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」ってどんな展開になるんだ、
    と思って、
    すぐに「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」をプレイしはじめちゃいました。

    まだ序盤ですけど、
    プレイヤーというか、物語の主人公が変わるのね。

    そして、懐かしいメンバーとの出会いもあって、、、アチキはすぐに続けたからそれほど懐かしくもないか。

    まぁ、ええ。

    と言ったわけで、
    「英雄伝説 空の軌跡SC」は面白かったです。

    なのでまだプレイしたことがない方は、
    是非「英雄伝説 空の軌跡FC」から始めてください。


    ◆Windows版「英雄伝説 空の軌跡SC」のダウンロード版はこちらから。







    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー 動画 斎賀みつき 今野宏美 新井里美 神田朱未 西原久美子

    英雄伝説 空の軌跡FC 【プレイステーション ポータブル版】

    日本ファルコムの英雄伝説シリーズ6作目「英雄伝説 空の軌跡FC」です。

    「FC」ってファーストチャプターの略だったんですね。

    何なんだろうって、
    ゲームをプレイする前は思っていました。

    と言う事で、
    PSP(プレイステーション ポータブル)版をプレイしました。

    PC版ではございません。

    いやー、日本ファルコムのゲームって、
    今までまともにプレイしたことがなかったんですよねぇ。

    PCでは、ガガーブトリロジーシリーズの「英雄伝説III 白き魔女」を、
    もう何年もかけてプレイしています。

    思い出したようにちょこっとずつプレイしているから、
    何をしていたか忘れるんだよねぇ。

    戦闘とかがたるくて飽きてきちゃうのよ。

    と言う事で、
    「英雄伝説 空の軌跡FC」をプレイしたんですが、
    いやー、面白かったですよ。

    戦闘も楽しかったし。

    チビキャラがちょこちょこ動くのもかわいかったし。

    物語も良かったですよ。

    リベール王国に住む二人の少女と少年のお話で、
    父親の後を継ぐかのように遊撃士になるべく旅していく物語です。

    主人公のエステルとヨシュアの二人は、
    血は繋がっていないですが、
    姉弟として育ってきて、
    旅をしながら相手の存在が大きくなっていくという王道パターン。

    旅をしていくうちに様々な人たちと出会い、
    様々な事件に遭遇し、
    それが、王国の存亡に関わる大事件へと繋がっていくという展開。

    一本道のストーリーですが、
    クエスト的に色んなエピソードがあって、
    それもまた楽しい。

    たまに戦闘で苦労したりもしますが、
    アクションゲームではないので、
    必ず攻略できます。

    一人だけ、めちゃめちゃ強い敵がいて、
    貴重な回復アイテムとかをガンガン使って頑張ったのですが、
    こりゃあ、もう一度戦闘をやり直した方が良いな、
    と全滅させたら、
    普通は、戦闘のリトライが出来るのですが、
    物語が進んでしまって、
    ええー、もしかしてこいつはまともにやりやってもダメだったのか、
    と使ってしまってしまったアイテムは戻ることもなく、
    ちょっと落ち込んでしまいましたよ。

    もしかしたら二周目プレイも出来るので、
    倒すことは出来るのかもしれませんが、
    一回目ではアチキには無理でしたね。

    そこ以外は、ラスボスもそれほど苦労することなかったし。

    面白かったですよ。

    ただ、物語は完全に終わったわけではないです。

    続きがあります。

    次回予告のムービーも入っていて、
    アチキも続けて続編の「英雄伝説 空の軌跡SC」をプレイ中。

    まぁ、三本セットのを買ったので、
    「英雄伝説 空の軌跡3rd」まで一気にプレイするでしょう。

    人気があるのも納得できる内容でした。

    興味がありましたら是非プレイしてみてください。


    ◆Windows版「英雄伝説 空の軌跡FC」のダウンロード版はこちらから。








    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー 動画 斎賀みつき 今野宏美 新井里美 雪野五月 神田朱未

    ことばのパズル もじぴったん大辞典 【プレイステーション ポータブル版】

    PSP版「ことばのパズル もじぴったん大辞典」ですね。

    相変わらず、この「ことばのパズル もじぴったん」シリーズは、
    面白いです。

    良いパズルゲームって、
    中毒性高いよなぁ。

    この「ことばのパズル もじぴったん大辞典」も色んなゲームモードがあり、
    中毒性も高く、
    気がつくとずぅぅとプレイしています。

    今回のPSPでは、
    コンピュータ相手の対戦が面白いです。

    キャラクターによって、
    使用する言葉が違っていて、
    こちらが考えもしなかった言葉が出てくると、
    ほっほー、それも使えるのか、
    といった感じで、
    何となくボキャブラリーが増えた気にさせてくれます。

    普通に文字をつなげでクリアしていくモードだと、
    ホント、自分のボキャブラリーのなさ、
    貧困さに愕然としますよ。

    こういうパズルゲームは、
    携帯ゲーム機にぴったりですな。

    いつでもどこでも楽しめるし、
    はじめての人でもすぐにルールを覚えて遊べますからね。

    まさに一家に一本って感じです。

    PSPをお持ちなら是非購入してみてくださいよ。

    ホント、面白いでっせ。





    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : PZG バンダイナムコ

    機動警察パトレイバー かむばっくミニパト 【プレイステーション ポータブル版】

    「機動警察パトレイバー」のゲームです。

    PSPで発売されたんですが、
    これが、まぁ、なんといか。

    「機動警察パトレイバー」のファンのためのゲームって事ですよ。

    映画「WXIII 機動警察パトレイバー」で同時上映された短編アニメ「ミニパト」の演出でゲームをつくったって感じです。

    「ミニパト」を観ていないので、
    物語的な内容などがどうリンクしているのか、していないのか、
    全く分かりません。

    で、「機動警察パトレイバー かむばっくミニパト」ですが、
    特車2課第二小隊の面々が揃っているので、
    映画「機動警察パトレイバー2 the Movie」以前の話で、
    レイバーの暴走ネタがあるので、
    映画「機動警察パトレイバー the Movie」よりも後という感じですか。

    で、ゲームの内容は、
    これまた暴走レイバーの事件が発生。

    それを解決するのが、メインのお話しですが、
    基本的に泉野明を操って隊員たちの士気を上げたり、
    地下迷宮でお宝を探し回ったり、
    レイバーと戦ったりします。

    地下迷宮のお宝探しは、
    2Dアクションゲームになっていて、
    レイバーとの戦いは、
    射的のようなシューティングゲームになっています。

    まぁ、どちらもたいして難しくありません。

    そして、物語の語り部というか、
    基本的に特車2課第二小隊隊長の後藤喜一が状況説明など物語の進行をつとめます。

    そして、台詞があるのも後藤喜一です。

    後藤喜一ファンには、たまらないでしょうが、
    どれだけいるんだか。

    そんな感じで、
    ネタ的にもファンを意識した内容だし、
    ゲーム単体としてもそれほどでもないので、
    普通に定価で買ってしまうと、
    ちょっとお高い感じのゲームって事になってしまいます。

    なので、「機動警察パトレイバー」が好きで、
    まだプレイしたことがない人は、
    安かったら買っても良いかなぁ、
    という感じのゲームです。

    それ以外の人は、
    まぁ、よっぽどでない限り手をださん方が良いでしょうね。





    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG AVG ロボット 押井守

    SIMPLE2500シリーズ Vol.3 THEどこでも推理 ~IT探偵:全68の事件簿~ 【プレイステーション ポータブル版】

    「SIMPLE2500シリーズ Vol.3 THEどこでも推理 ~IT探偵:全68の事件簿~」です。

    プレイステーションで発売された「SIMPLE1500シリーズ Vol.59 THE推理 ~IT探偵:18の事件簿~」と、
    プレイステーション2で発売された「SIMPLE2000シリーズ Vol.17 THE推理 ~新たなる20の事件簿~」と、
    プレイステーション2で発売された「SIMPLE2000シリーズ Vol.67 THE推理 ~そして誰もいなくなった~」が、
    一つになっているのが「SIMPLE2500シリーズ Vol.3 THEどこでも推理 ~IT探偵:全68の事件簿~」らしい。

    らしいというのは、
    前のゲームをプレイして確かめていないから。

    と言うことで「SIMPLE2500シリーズ Vol.3 THEどこでも推理 ~IT探偵:全68の事件簿~」ですが、
    タイトルにも書いてあるとおり、
    68の事件を解決していきます。

    ボリューム満点ですよ。

    ゲームはとてもシンプル。

    推理とはとても言えない感じで、
    現場で証拠を集めるのがお仕事で、
    証拠を集めたら勝手に推理してくるって感じの流れです。

    ですからつまることはありません。

    こうなると、事件よりも物語の方が良くできていないと、
    最後までプレイするのはちと辛くなります。

    ですが、
    これが後半に行くにしたがって、
    いい感じで盛り上がっていくのです。

    これまでのゲームを単発でプレイした方には、
    この物語の盛り上がり感を感じることは出来なかったでしょうね。

    そういう意味では、
    「SIMPLE2500シリーズ Vol.3 THEどこでも推理 ~IT探偵:全68の事件簿~」は、
    良くできたゲームであり、
    最初っからこの内容だったら凄く評価も高くなったでしょうね。

    しかし、低価格が売りのゲームですから、
    いきなりこのボリュームは辛いでしょう。

    実は、SIMPLEシリーズって、
    アチキこのゲームがはじめてなんですよね。

    安いなりのゲームだからプレイするのを控えていたというわけではありません。

    安いなりに面白いのもあるんだろうなぁ、
    とは思っていましたが、
    単にタイミングの問題でプレイしていなかったというのがホントのところですか。

    と言うわけで、
    安かろう悪かろうというゲームばかりだと思っていいる人には、
    「SIMPLE2500シリーズ Vol.3 THEどこでも推理 ~IT探偵:全68の事件簿~」をちょっとプレイしてみてはいかがですかね。

    値段以上には楽しめましたよ。





    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : AVG 探偵 推理 犯罪 平松晶子 川上とも子 松岡由貴

    ナムコミュージアム Vol.1 【プレイステーション ポータブル版】

    「ナムコミュージアム」がプレイステーションではじめて出たときは、
    狂喜乱舞したものだ。

    ちょっと表現が大げさかな。

    しかし、驚きとうれしさを提供してくれたのは確かだ。

    何しろ、昔ゲームセンターで100円コインを投入しまくっていたゲームが、
    ほぼそのまま家で遊べてしまうなんて、
    凄い時代になったものだ、と。

    今でこそ、ゲームセンター(最近は死語になりつつあるなぁ)のゲームが、
    家庭用ゲーム機で発売されても別段驚かなくなってしまったけど、
    プレイステーションが出た当時は、
    まだ驚きはあったなぁ。

    と言う昔話は、
    またいずれどこかで書くとして、
    PSPで発売された「ナムコミュージアム Vol.1」です。

    プレイステーション版の「ナムコミュージアム」もネタにしていないのに、
    なぜPSP版かというと、
    単純に最近購入して遊んでいたから。

    いやー、やっぱりナムコのゲームは面白いねぇ。

    収録されているゲームは、
    もうおなじみって感じです。

    「パックマン」「ミズ・パックマン」「ギャラガ」「ギャラクシアン」「ディグダグ」「ラリーX」「ニューラリーX」の7作品と、
    「パックマン」「ギャラガ」「ニューラリーX」「ディグダグ」の4作品のアレンジ版。

    なんといってもPSP版の売りはアレンジ版なわけで、
    こいつは、良くできていましたよ。

    一番のポイントは、
    アーケード用と言うよりは、
    家庭用を意識した難易度と言うことでしょうね。

    アーケードって、やっぱりコイン投入を考えているので、
    結構難易度が高くなっているのですが、
    アレンジ版はコンティニューも含めてほどよい加減で誰もが楽しめるようになっています。

    どのゲームも基本的に、
    オリジナルのシンプルな操作性とかはそのままに、
    マップなどのギミックなんかを凝った作りにして、
    それぞれの面を飽きさせない感じにしています。

    攻略していく楽しさもあるしね。

    ビジュアル的な美しさはPSPですから十分するくらい綺麗です。

    昔のゲームなんて知らない、
    って人にもアレンジ版はとってもお薦めです。

    シンプルな操作と適度な難易度で誰でも遊べるし、
    ナムコゲームファンの懐古的な部分だけで楽しませるゲームではないのがとってもいい感じです。

    ナムコファン以外の人にも十分、
    バラエティに富んだゲーム集だと思って買って遊んでもらえねゲームですね。

    なので、
    どうせ昔のゲームの寄せ集めでしょ、
    と思っている人にこそ遊んで欲しいです。





    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG バンダイナムコ

    ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険 【プレイステーション ポータブル版】

    プレイステーションで発売された名作RPG(ロールプレイングゲーム)「ポポロクロイス物語」と「ポポロクロイス物語II」をカップリングして、
    プレイステーション ポータブルで発売された「ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険」です。

    カップリングと言っても単純に2本のゲームが入っているわけではなく、
    ある意味キチンとプレイステーション ポータブル用に作り替えています。

    まずゲーム注のアニメーションは新規に作り直されています。
    (ちなみに、最後までプレイしたセーブデータをロードすると、アニメシーンだけを回想できるようになっています。これが、また良いんだなぁ。)

    画面比率が違うだけなのに、
    キチンと全部作り替えています。

    そして、物語が章立てになっており、
    2本のゲームが入っているという感じにはなっていません。

    尚かつ、新たなエピソードとして「闇の獅子王」編が追加されています。

    これは「ポポロクロイス物語」と「ポポロクロイス物語II」の間に挿入された感じですね。

    追加要素としては、そんな感じですが、
    細かいイベントなどは、結構省かれているそうです。

    アチキは「ポポロクロイス物語」しかプレイしたことがないので、
    「ポポロクロイス物語II」での追加削除がどのくらいになっているのかは分かりません。

    ただ、敵のモンスターが弱くなっているのは、すごく感じましたね。

    でも、これはある意味正解だったかもしれません。

    一本道の物語とは言え、
    2本分のストーリーですから、
    それなりにボリュームもあるし、
    何より「ポポロクロイス物語」は、
    物語がとっても良いので、
    へんにゲームの難易度が高くなって物語が楽しめなくなるのはマイナスにしかならないと思うんですよ。

    こうして改めてプレイしてみると、
    (ついこの前プレイして終わったばっかりなのよね)
    この物語は、ピエトロ王子(主人公)とナルシア(ヒロイン)の恋物語なんだなぁ、と。

    実に良い感じです。

    だからまだ未プレイのプレイステーションで発売された「ポポロクロイス物語II」をプレイしたくなりました。

    まぁ、これからプレイしようとする方は、
    プレイステーション ポータブルで発売されている「ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険」で、
    十分お楽しみいただけると思います。

    昔プレイされた方で、まだ「ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険」をプレイし事がない人は、
    是非、プレイしてみてください。

    結構、良い出来ですよ。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー ハートフル 動画 折笠愛 根谷美智子 かないみか 佐久間レイ 白鳥由里 若本規夫

    ファンタシースターポータブル2 【プレイステーション ポータブル版】

    久しぶりの「ファンタシースター」です。

    それも「ファンタシースターオンライン」の流れをくむ「ファンタシースター」です。

    いやー、初プレイは、実に懐かしいって感じでしたね。

    基本的な操作に関しては、
    ドリームキャストで発売された「ファンタシースターオンライン」と同じで、
    すぐに馴染むことが出来ましたよ。

    そして、あの頃と一番違うのは、
    ストーリーモードがキチンとしていることですね。

    プレイしてから知ったのですが、
    「ファンタシースターポータブル2」の物語は、
    それ以前に発売された「ファンタシースター」シリーズの物語と関連しているんですね。

    プレイステーション2で発売された「ファンタシースターユニバース」から続く物語らしいです。

    「ファンタシースターユニバース」「ファンタシースターユニバース イルミナスの野望」
    そして「ファンタシースターポータブル」とそれぞれ物語が関係しているというのは、
    ちょっと他の「ファンタシースター」をプレイしたくなる要素ではあります。

    でもなぁ、「ファンタシースターユニバース」とかって凄く評判悪いんだよねぇ。

    発売当初はアチキもプレイしようかなぁ、
    なんて思っていたけど、結局、プレイしなかったからなぁ。

    そして「ファンタシースターポータブル」が結構評判良くていつかプレイしようと思っていたら「ファンタシースターポータブル2」が発売されたから早速買ってプレイしたって感じです。

    そしたらあーた「ファンタシースターポータブル」の物語から続いている話なのね「ファンタシースターポータブル2」って。

    と言ってもそれぞれ独立した物語だから関係ないと言えば、関係ないけど。

    でもやっぱりどんな物語か気になるのは事実です。

    とはいえ「ファンタシースターオンライン」の流れをくむゲームは、
    物語以上に仲間との冒険が一番と言うことです。

    そして、「ファンタシースターポータブル2」では、
    一人で遊んでも仲間との冒険が疑似体験できる感じになっています。

    いやー、進歩したねぇ。

    仲間プレイヤーが結構キチンと戦ってくれるんですよ。

    当然、人が操っているのに比べればお馬鹿なところはありますが、
    一人で遊ぶには問題ないレベルです。

    プレイするステージも凄く多いです。

    こんなにいっぱいあるのか、と言うのがアチキの感想。

    当然、今までの「ファンタシースター」シリーズをプレイしていれば、
    そんなことは思わないかもしれないけど、
    アチキはドリームキャストの「ファンタシースターオンライン」以来ですからねぇ。

    いやー、ボリューム満点。

    物語も満足できるレベルだし、
    フリークエストもいっぱいあって楽しめる。

    そして、誰もが遊べる優しさがあるというのがいいね。

    アクションRPGですから、レベルさえ上げれば、ボスクラスのモンスターも倒せるようになる。

    なので「モンスターハンターポータブル」のアクションが難しいと思っている人には、
    「ファンタシースターポータブル2」をお薦めするね。

    今なら新作「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」もあるし。

    と言うか、今から買うなら「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」だよ。

    「ファンタシースターポータブル2」の内容にプラスしたゲームですから、とってもお得です。

    是非、「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」を買ってプレイしてください。

    これは超お薦めゲームです。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : セガ ACG RPG SF 動画 斎藤千和 田中敦子 川澄綾子 大原さやか 沢城みゆき

    涼宮ハルヒの約束 【プレイステーション ポータブル版】

    涼宮ハルヒのプレイステーション・ポータブルのゲーム「涼宮ハルヒの約束」です。

    「モーションポートレート」というシステムを使用して話題にもなり、
    アチキとしては、その辺の事が気になりプレイしてみることに。

    確かに、「モーションポートレート」の効果は大きかったかな。

    「モーションポートレート」とは一枚の絵から様々な表情を作り出すシステムです。

    2Dのアドベンチャーゲームなんかは特にですが、
    キャラクターの立ち画とかバストアップの画とかが多用され、
    予算の都合上、それぞれのシーンにあった画を用意すると言うことがないのが現状で、
    はじめのうちはいいのですが、
    何度もゲームをプレイしているとその画にも飽きてくるし、味気ない感じになるものです。

    それが「モーションポートレート」のおかげで、
    多少ですが画に動きがあることによって変化が生まれているので、
    飽きやすくはないです。

    これがもっと進歩してくると、
    喜怒哀楽や口パクなんかももっと自然に色んな変化が出来るようになるんでしょうね。

    と言ったシステム的な話は、この辺でやめときます。

    ゲームは、涼宮ハルヒの小説を読んだことがある人ならとても楽しめる内容になっています。

    アニメしか知らないと、
    ちょっと理解できない部分もあるかな。

    物語は、学園祭前日の話です。

    なんか「うる星やつら ビューティフルドリーマー」のような設定だなぁ。

    なんて思いながら、
    涼宮ハルヒ率いるSOS団は自主映画を学園祭で上映するために撮影して、
    そして、編集作業をする事に。

    アニメでも小説でもこの編集作業の模様はちょっとした台詞では語られているが、
    詳しくは描かれていません。

    で、編集を任されたキョンは、
    息抜きという名目の上、学園祭前日の学園をうろちょろとすることに。

    そこには、いつものメンバーがいて、
    いろんな事件?に巻き込まれていきます。

    これが、キチンとフラグを立てていないと日付が進行しないんですよ。

    もう毎日同じ日を繰り返すことに。

    なんか毎日同じ事を繰り返すようなネタが小説にもありましたなぁ。

    あぁ、小説は一日ではなくて一週間くらいを繰り返していたんだっけ。

    まぁ、えぇ。

    そんなわけで、
    アチキは攻略本が必要になりました。

    アニメの声優をそのままキャスティングしているし、
    画もアニメのデザインを使用しているので、
    アニメファンも違和感なく遊べるのではないでしょうか。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : 学園 日常 SF AVG 動画 平野綾 茅原実里 後藤邑子 松岡由貴 杉田智和

    モンスターハンター ポータブル 2nd G 【プレイステーション ポータブル版】

    PSP(プレイステーションポータブル)で初の400万本出荷したゲームソフトです。

    今更説明するのも何ですが、
    とりあえずプレイしたからね。

    それにPSPで新作「モンスターハンターポータブル 3rd」も出ることだし。

    「モンスターハンター」が出た当時は、それぼどでもなかったのですが、
    その後、「モンスターハンター3」が出る頃には面白いという話があっちこっちから聞こえてきました。

    と言うことでいつかプレイしようと思っていたところ、
    「モンスターハンター ポータブル 2nd G」が発売されてしばらく立った頃友人から一緒にプレイしようという誘いがあり、
    アチキもだったらと言うことでプレイしましたよ。

    遊んだ遊んだ。

    何百時間遊んだんだ。

    いやー、面白いです。

    その友人とはまだ遊んだことがないんですが、
    一人プレイでも十分楽しめます。

    アクションゲームで、カプコンからの発売ですから難しいのかなぁ、
    と思っていたのですが、
    それほどでもなかったです。

    確かに上位クエストに行くとそれなりに苦労しますが、
    それもまた楽しい。

    モンスターと言うより恐竜って感じの生物もいいですねぇ。

    恐竜を狩って素材を集めて防具を作ったり、
    肉をとって焼いて食ったり、
    虫を捕ったり、
    草花をとったり、
    鉱石を掘ったり、
    魚を釣ったり、
    もうやることがいっぱいあって、
    そのどれもが楽しい。

    そして、今ではスピンオフして主役に昇格したゲーム「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」が発売されたアイルーもいい感じです。

    お供に連れて行くアイルーも良いですが、
    農場?のようなところで働いているアイルーが実に愛らしいです。

    特に探検に旅立つアイルーの船を漕ぐ姿はかわいいです。

    何度もプレイしたくなる要素がいっぱい。

    開発はスタッフが「ファンタシースターオンライン」を参考にしたというのもうなずけるほど良くできています。

    今からでも十分遅くないです。

    新作が出るのを待ってもいいですが、
    今安く買える「モンスターハンター ポータブル 2nd G」を遊び尽くした方がいいですね。

    それから新作「モンスターハンター3」を購入してプレイというも良いと思います。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG 恐竜 カプコン 動画

    戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校 【プレイステーション ポータブル版】

    いやー、おもしろかったー。

    第一作目のプレイステーション3「戦場のヴァルキュリア -Gallian Chronicles-」が非常に良くできていておもしろかったので、
    プレイステーション・ポータブルという携帯ゲーム機に場所を移してどうなるかと思っていたけど、
    大変満足しました。

    のべ300時間以上プレイしてしまった。

    久々に遊んだなぁ、
    って感じのゲームでしたね。

    基本的なゲームシステムは「戦場のヴァルキュリア -Gallian Chronicles-」と同じです。

    大きく変わったと思えるのは、
    マップの大きさかな。

    内蔵RAMの容量の問題だと思うんだけど、
    「戦場のヴァルキュリア -Gallian Chronicles-」に比べて小さいマップが1つのミッションで複数つなぎ合わせて構成されています。

    広い戦場を(「戦場のヴァルキュリア -Gallian Chronicles-」でもそんなに広いとは感じなかったけど)侵攻ルートを含めて戦術を考えるのが楽しかったのですが、
    「戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校」ではその戦術的な思考は必要なくなりました。

    しかし、それでつまらなくなったかというとそうではなくて、
    マップ移動に関する拠点奪取や防衛と言った要素に変化しており、
    これが中々考えさせられるのです。

    出動できる兵士の総数が限られているので、
    それもたった6人という数なので、
    結構考えさせられるんですよ。

    そして、レベルアップの上限が50まであり、
    これとあわせて職種が増えているので、
    アチキのプレイ時間のほとんどを兵士育成にかけていたほど大変な作業になりました。

    大変とは言え、苦痛ではなかったので、
    1年目で全ての職種とレベル50まで引き上げてしまいました。

    使用できるキャラクターもパスワードで解放されるキャラや、
    「ファンタシースター・ポータブル2」のセーブデータが必要なキャラクターなども全て集めて1年目をプレイしていたので、
    上級職へ全てのキャラクターを引き上げるのに苦労しました。

    上級職へ上げるためにはミッションで活躍した成績により単位をもらって規定の単位を集めるとアップするという感じだったので、
    これが思ったように単位が集まらなくてねぇ。

    そして、1年目で全てのキャラクターが集められるわけではなくて、
    2年目から使用できるキャラクターがまた増えて、
    これまた上級職へ上げるのが楽しかったですよ。

    と、まぁ、ゲームシステム的にはちょっとやり過ぎではないかと思えるくらいでしたが、
    1年目からそこまで上げる必要はなくて、
    物語だけを進めて行くのであれば、
    もっとお手軽にいけると思います。

    と言うことで物語についてですが、
    これまた結構良く出来ておりました。

    今回の舞台は一作目の2年後になります。

    ガリア戦役で帝国に勝利したガリアですが、
    ヴァルキュリア人ではなくダルクス人だとカミングアウトした王女に反発した貴族が革命軍となって内戦が勃発。

    そんな中、
    「ガリア王立士官学校」に在席していた主人公アバン・ハーデンスの兄レオンが戦死したという知らせを受け、
    真相を確かめるため「ガリア王立士官学校」に入学した所から物語が始まります。

    落ちこぼれのG組の面々が一人前になってヒーローになるまでの話が良く描けていると思います。

    前作から2年ごと言うことですが、
    「戦場のヴァルキュリア -Gallian Chronicles-」の主人公ウェルキン・ギュンターとアリシア・メルキオットも登場するのですが、
    その時の後日談では二人の子供が登場していたのですが、
    今作では登場していないので、
    後日談よりも前の時代と言うことになりますなぁ。

    それと、プレイステーション3で表現されていた水彩画のような美しいビジュアルも、
    ギリギリ雰囲気を作り出しており、
    とりあえず不満はないかなぁ、と。

    そして、「戦場のヴァルキュリア」の新作も発表されたのですが、
    これまたプレイステーション・ポータブルからなのよねぇ。

    開発費のことを考えると携帯ゲーム機になってしまうのは分かるけど、
    アチキとしては、プレイステーション3で新作を発売して欲しいです。
    それもマルチストーリー、マルチエンディングでお願いしたいなぁ。

    と言うことで「戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校」は、
    お薦めですよ。

    アチキとしては「戦場のヴァルキュリア -Gallian Chronicles-」からプレイして欲しいですが、
    「戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校」からはじめても十分に楽しめます。

    ただ前作の登場人物ネタの時にちょっと理解できないかもしれないかなぁ、
    というくらいでメインストーリーは問題なく理解できます。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : SLG RPG セガ 戦争 ミリタリー 動画 能登麻美子 大原さやか 小山茉美 川澄綾子

    一騎当千 Eloquent Fist 【プレイステーション ポータブル版】

    プレイステーション・ポータブルのゲームとして発売された「一騎当千 Eloquent Fist(エロクエントフィスト)」です。

    基本は、プレイステーション2で発売された「一騎当千 Shining Dragon(シャイニングドラゴン)」と同じ感じで、
    違うのは3Dのモデリングキャラクターから2Dのグラフィックキャラクターに変わったことかな。

    孫策伯符、呂蒙子明、劉備玄徳、関羽雲長、張飛益徳、呂布奉先もその他のキャラクターも良くできています。

    おかげでアニメのキャラクターデザインと同じ感じでキャラクターを操作できるので、
    「一騎当千」のファンは2D表現の方がよいのかもしれませんね。

    残念なのは、違うのはビジュアル表現だけで、
    それだってハード的な制約とかで2Dにした感じが色濃く出ているし、
    ぶっちゃけ3Dモデリングが評判悪かったせいもあるかもしれないが、
    それ以外はなんか違うゲームをしている感じにはならなかったなぁ。

    結局、雑魚を倒していってボス戦になって、
    ボスを倒してゲームクリア。

    ポイントを稼いでキャラクターの能力をアップさせていくって感じ。

    後は、プレイヤーキャラクターが増えたことと、
    カットインでの演出がよくなったくらいか。

    ゲームとしての出来は操作性を含めて、
    「一騎当千 Shining Dragon(シャイニングドラゴン)」よりもよくなったのは確かです。

    敵をやっつける爽快感も「一騎当千 Eloquent Fist(エロクエントフィスト)」の方が上かな。

    とはいえ、全部のキャラクターを育てていくモチベーションを維持するのは結構つらい。

    どうしても作業感が強くなっていて、
    飽きてきてしまう。

    モチベーションを維持できる工夫があるとよかったなぁ。

    ゲーム内容にアクセントをつけるのでもよいし、
    成長させていくとご褒美が過激になるとか、
    変化が楽しめないともう一回プレイしようという気に中々なれないのですよ。

    それこそ「一騎当千」のファンで、
    キャラクターが大好きという人なら楽しめるかもしれないけど、
    そうでない人がプレイすることもあるし、
    ファンだってつまらないよりは楽しいゲームの方がよいに決まっている。

    限定版のおまけでファンを喜ばせることも大事かもしれないが、
    ゲームの中身でも喜ばせてあげましょうよ。

    ゲームが楽しければ、
    ゲームが好きな人もプレイして「一騎当千」のファンになってくれるかもしれないしさ。

    まぁ、それでもプレイステーション2の「一騎当千 Shining Dragon(シャイニングドラゴン)」に比べればよくなっているので、
    同じ金だして遊ぶならPSPの「一騎当千 Eloquent Fist(エロクエントフィスト)」の方が良いかな。

    そういえばPSPでは「一騎当千 XROSS IMPACT(クロスインパクト)」が発売されているんだっけ。

    そしたらそっちの方が良いかも。

    アチキとしては、
    プレイステーション3とかで発売された方が良かったと思うけどね。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG ちょいエロ 高校生 学園 浅野真澄 甲斐田裕子 茅原実里 生天目仁美 動画

    クイーンズブレイド スパイラルカオス 【プレイステーション ポータブル版】

    クイーンズブレイドを題材にしたPSP(プレイステーションポータブル)のゲームです。

    バンプレストが作っているせいか、
    ゲームシステムは「スーパーロボット大戦」のまんまですね。

    ホントに、キャラクターと名称が変わっているだけで、
    「スーパーロボット大戦」なんだよ。

    それが別に悪いと行っているわけではございません。

    ヘタな格闘ゲームにするよりは、
    全然良かったと思っています。

    きちんとキャラクターの魅力も伝え、
    ゲームとしてもおもしろい。

    残念なのは、ハード的な問題でフルボイスじゃなかったり、
    TVゲームと言うことでお色気が抑え気味だったりと、
    クイーンズブレイドのファンにとっては、キモになるであろうなぁ、
    と言う部分がちょっと足りていない気もしましたが、
    アチキは楽しくプレイしましたよ。

    戦闘も敵のアーマーを壊していくと、
    追加攻撃が出来たりするので、
    シミュレーションゲーム特有の戦闘シーンはおまけみたいな感じでぼけーと観ていることもなくなり、
    ほどよい緊張感の中でゲームを楽しめましたね。

    ストーリーの分岐も少ないですが、
    用意されているし、
    1週目では全て堪能することは出来ないようになっています。

    その分、2週目のストレスを軽減する措置も執られているし、
    ゲーム自体の難易度もクイーンズブレイドは好きだけどゲームは苦手という人でも楽しめるレベルになっています。

    アチキとしては、フリーバトルの敵が弱すぎて、
    経験値稼ぎとかもつまらなくなってしまっているが嫌だなぁ。

    途中からフリーバトルが意味なくなってくるし。

    まぁ、フリーバトルで強くなりすぎて、
    本編で敵が弱くなってしまってもいかんので仕方ない気もするが、
    それならせめて敵の配置がランダムになるとか、
    もう少し工夫して欲しかったなぁ。

    それこそクイーンズブレイドのゲームはPCゲームの方が色々とやれるんでないの。

    なんて思ってしまいますね。

    まぁ、クイーンズブレイドを知らなくても楽しめるようにはなっているし、
    このままスパロボシステムで続編作っていってもいい気がするし。

    レーティングもZ区分になるように割り切って作った方がもっと楽しいモノになったんではないかな。

    宣伝に関する制約とかあるけど、
    この手のキャラゲーなんてファンしか買わないんだからさ。

    一般の人に告知しても買う人ほとんどいないと思うぞ。

    だったらファンが満足してくれるモノを作り、
    結果、Z指定になってもいいじゃんくらいの方がもっと売れるだろうし、
    評価もされるんじゃないのかな。

    特別クイーンズブレイドに思い入れがあるわけではないアチキでもゲームとして楽しめたので、
    名前くらい聞いたことがあるレベルの人でも楽しめると思います。










    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : SLG RPG バンプレスト ちょいエロ ファンタジー 動画 川澄綾子 田中敦子 能登麻美子 甲斐田裕子

    新世紀エヴァンゲリオン2 造られしセカイ -another cases- 【プレイステーション ポータブル版】

    PS2からの移植作品で、
    アチキはPS2もプレイしていました。

    が、PS2版はあまりイメージがよろしくなかった。

    でもPSP版は、評判が良いので、
    再度、購入してプレイしましたよ。

    いやー、別のゲームとかと思うくらい細かいところを色々といじくっております。

    PS2の時は、ファンの期待も大きかっただけに、
    出来の悪さ(といってもそんなに酷くはないよ)にブーブーいっとったから、
    今回、その意見を取り入れてチューニングし直したんでしょうね。

    アチキも、期待していた一人だったけど。

    作品はよく知っていたし、
    ゲームは、あの「高機動幻想ガンパレード・マーチ」のシステムをステップアップして使用しているし、
    アチキは、「高機動幻想ガンパレード・マーチ」のシステムで「新世紀エヴァンゲリオン」を遊べる、
    と言った感覚だったんだけどね。

    まぁ、なんていうか、
    こんなもんかな、と言う感じだったのよPS2は。

    でも、PSPは良く出来ているので、
    皆さんにお勧めしたいです。

    ベスト盤も出ていて安くなっているし、
    実にコストパフォーマンスの良いゲームになっています。

    はじめは、TVシリーズに沿った展開で、
    ゲームになれる為にプレイ。

    まぁ、この辺は、
    イベントシーンをみて懐かしいなぁ、と思いながらプレイ。

    色々と行動しても大きく脱線することがないので、
    自由度を求めている方には、少々不満が出るかも。

    しかし、
    フリーで遊べる方は、
    良い感じですよ。

    当然、碇シンジ以外のキャラクターも選べます。

    アチキとしては、
    ATフィールドを開放して、全ての女は俺の女だぁ、
    という感じで女性を口説きまくるプレイをお薦めするけど、
    どんなプレイをするかはその人次第。

    戦闘シーンも楽しくなったし、
    成功判定のボタン押しも緊張感があって実に良い感じ。

    パーフェクトで判定を終えたときなんかは、
    ガッツポーズが出てしまうくらい。

    残念なのは、画面の大きさくらいかな。

    こうなると、PS3で続編を作って欲しいと思ってしまう。

    続編と言っても映画の内容を盛り込んだ形で、
    また細部をブラッシュアップして、
    新規イベントをいっぱいいれて、
    大人も楽しめるハードに奴でお願いしたいです。

    気に入ればいつまでも遊んでいられるゲームであることは間違いないです。

    アチキもまだまだ遊び足りないくらいです。

    でも時間がないので、
    他のこともしたいので、とりあえず今はプレイしていませんが、
    またいつか再プレイするでしょう。

    ホント、色んな意味で時間が足りないですよ。





    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : バンダイナムコ SLG SF 学園 緒方恵美 三石琴乃 山口由里子 林原めぐみ 宮村優子

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー