あゝ我らがミャオ将軍 1巻 【マンガ】

    いわゆるハートフルコメディってやつですな。

    かわいらしい表紙絵に惹かれて、
    購入してしまいました。

    いわゆるジャケ買いってやつですか。

    内容は、
    コルドナ社会主義共和国という世襲制を重んじる独裁国家があり、
    その指導者に若干9歳の女の子がなってしまったという話。

    世襲制ですから、
    というか、
    少女を独裁者にするために世襲制の設定になったのか、
    世襲制の独裁国家に、
    少女がなったらおもしろいな、
    と思ったのか、
    どちらにしろ、
    いかにもマンガらしい設定のネタで、
    内容も、
    それに準じた形で、
    中々良かったですよ。

    ほのぼのハートフルですから。

    独裁国家でも、
    というか、
    独裁国家ですから、
    トップが変われば、
    一気にイメージも変わるというもの。

    ですが、
    子どもは我が儘です。

    ミャオ将軍の口癖、
    というか、
    ストレス発散は、
    部下のおっさんのカンに、
    粛正を命令すること。

    粛正と言っても、
    女の子の発想なので、
    トイレ掃除とか、
    実にほのぼのとしてはいます。

    これから、
    この独裁国家は、
    ミャオ将軍の手によってどんな国になっていくのか、
    とても楽しみです。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ ハートフル

    おひ釣りさま 1巻 【マンガ】

    これまた釣りマンガですね。

    「放課後ていぼう日誌」の流れで、
    ちょっと読んで見たマンガです。

    主人公は、
    女性です。

    社会人です。

    いわゆるOLと言うやつですな。

    それも美人です。

    とてもアウトドアな趣味を持っているようには見えません。

    その彼女の趣味が、
    釣りです。

    それも、
    一人で釣りを楽しむ。

    まぁ、
    基本、
    釣りは一人で楽しむ物と思っているんですけど。

    「放課後ていぼう日誌」の用に友達と一緒に楽しくと言うのも、
    有りだと思うし。

    一人でストイックというのも、
    それはそれで良いと思うし。

    で、
    このマンガは、
    タイトルかも分かるように、
    一人で楽しむ釣りと言う事になっていますが、
    人との絡みは、
    それなりにあります。

    今のところ、
    淡水魚がメインですが、
    今後は、
    もっと色んな魚を相手にするんでしょうね。

    そんな感じで、
    思ったよりもおもしろかったので、
    金があれば、
    続きを買って読みたいです。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 釣り

    映像研には手を出すな! 4巻 【マンガ】

    今巻もアニメ製作の話よりも、
    その他のエピソードが多いですな。

    それが、
    悪いというわけではないですけど。

    たぬきの話と、
    トレジャーハンティングの話です。

    ちょっと話は変わるけど、
    マンガって、
    連載当初からほぼ間違いなく絵が変化していきます。

    大きく分けると二つ。

    より洗練され丁寧になっていくか、
    アーティスティックに雑になっていくか。

    まぁ、
    極端な表現をしているので、
    マンガかつんによっては、
    その程度の差は、
    千差万別ですけどね。

    なんで、
    こんな事を書いたかというと、
    このマンガも最初の頃の無駄に掻き込んでいる部分が凄く良かったのに、
    それが無くなってきて、
    アニメのイメージボード的な画風になってきて、
    まぁ、
    それが悪いとは思いませんが、
    アチキは、
    無駄にディテールが凝っていた頃の方が好みだったな、
    と。

    このマンガがいつまで続くのか分かりませんが、
    学園生活が終わるまでは、
    物語として続きそうですが、
    その先は、
    続くのかな。

    まぁ、
    だらだらと続く感じではないので、
    スパッと終わりそうですけどね。

    次巻が楽しみです。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 オタク 高校生

    異世界の色彩 ラヴクラフト傑作集 【マンガ】

    H・P・ラヴクラフト原作小説のコミカライズ作品です。

    過去、
    アチキが取り上げていたH・P・ラヴクラフト原作小説のコミカライズとは、
    画力が全然違う方がマンガにしています。

    田辺剛氏が画を描いています。

    他にも田辺剛氏が画いているマンガがあるようなので、
    機械があれば買って読んで見ようと思っています。

    さて、
    「異世界の色彩」ですが、
    アチキは、
    H・P・ラヴクラフトの小説を一通り読んでいるのですが、
    何しろかなり昔に読んだので、
    余程、
    印象に残っているか、
    再度、読み直していたもの以外は、
    すっかり忘れていますね。

    このマンガも、
    すっかり内容を忘れている作品でした。

    また、
    改めて読み直そうかなぁ、
    と思っています。

    H・P・ラヴクラフト以外のク作家も含めたトゥルー作品を集めた本とかは、
    実は、
    買っていたりするのですが、
    相変わらず、
    積ん読状態ですね。

    まぁ、
    何にしても本を読む時間がないなぁ、
    と。

    そうなると、
    マンガは、
    手っ取り早くて良いなぁ、
    と、
    つくづく思いますね。

    と言う事で、
    H・P・ラヴクラフトに興味はあるけど、
    小説を読むまではなぁ、
    と言う方には、
    コミカライズ作品は、
    お勧めですね。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ホラー H・P・ラヴクラフト

    映像研には手を出すな! 3巻 【マンガ】

    「映像研には手を出すな!」の最新刊ですな。

    他のマンガを買う時に、
    発売されているのを知って買ったというわけです。

    もちろん、
    Amazonで買ったんですけどね。

    さて、
    早速ですが、
    内容について、
    ですね。

    新キャラクターが登場します。

    そのキャラクターは、
    音が大好きの変態さんです。

    まさに音フェチではないかと。

    様々な音を録って、
    整理してまとめて、
    と言う事をしています。

    で、
    こいつは、
    映像研には、
    入部しないのですが、
    共存共栄的な関係になり、
    アニメーション制作の音を担当することになります。

    やはり、
    音が違うと、
    見栄えも変わりますからね。

    今後も、
    アニメーション制作に必要な人材が、
    増えていくのでしょうかね。

    それは、
    それで楽しみですよ。

    ただ、
    今回は、
    新キャラクターに比重があったせいか、
    アニメーション制作の苦労が、
    ほとんどなく、
    新作アニメが完成しているのが、
    ちょっと寂しかったですね。

    まぁ、
    作る内容が変わっても、
    制作する作業は変わらないから、
    同じような事を何度もと言うのは、
    考えてしまうのでしょうね。

    そこに、
    新鮮味を加えるのは、
    難しいのかな。

    と言う事で、
    次の巻の発売が待ち遠しいです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 オタク 高校生

    映画大好きポンポさん 【マンガ】

    映画を題材としたマンガを買って読んでいるのですが、
    Amazonで、
    その手のマンガを何冊かかっていたら、
    このマンガのタイトルを良く目にしたので、
    それも、
    それなりに高評価と言う事で、
    表紙の画は、
    あまり好みではないのですが、
    買って読んで見ました。

    まぁ、
    確かにつまらなくはないですが、
    アチキ的には、
    そこまで高評価というわけでもなかったですね。

    まっ、
    この一冊で終わっているので、
    それはそれで、
    良いと思いましたけど。

    内容は、
    架空世界で、
    ハリウッドならぬ、
    ニャリウッドで映画プロデューサーをしている女性のポンポさんが主人公。

    敏腕プロデューサーらしいのですが、
    B級映画もプロデュースする辺り、
    アチキの好みとバッチしです。

    で、
    その彼女が、
    ある映画を製作することになるのですが、
    その話が、
    後半のメインになります。

    まぁ、
    当然、
    素晴らしい映画になるんですけどね。

    そういう意味では、
    ハッピーエンドなので、
    楽しかったですよ。

    これが、
    連載者で物語が続くのであれば、
    成功、失敗と色んな要素が入ってくるのでしょうけど。

    そんなわけで、
    興味があったらご一読を。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ オタク

    映像研には手を出すな! 2巻 【マンガ】

    やっとこ2巻を購入しました。

    まぁ、
    やっとこ、
    と言うほど時間も苦労もなかった点ですけどね。

    何となく、
    タイミングが合わなくて、
    購入できなかったなぁ、
    という感じ。

    まぁ、
    そんなマンガは、
    腐るほどあるんですけどね。

    と言うわけで、
    2巻の内容ですが、
    生徒会へのプレゼンも成功し、
    そのおかげで、
    生徒会から作品制作の要望が来ます。

    ロボット研究会と協同で、
    ロボットアニメを作れと。

    それを学園祭で上映すること。

    基本、
    二人きりでアニメを制作しているのですが、
    何故か、
    身近い時間で完成します。

    スケジュールが押して、
    大変な状況というシチュエーションもあるのですが、
    その辺の悲惨な状況は、
    さらっとしていて、
    読んでいるこちらとしては、
    意外と簡単にできたなぁ、
    という印象になっています。

    別に、
    その辺の悲惨な状況を読みたいわけではないので、
    全然、OKなのですが、
    これを読んで、
    なんだアニメなんて比較的簡単につくれんじゃん、
    とおもわないように。

    ほとんどの読者は、
    そんなこと思わないでしょうけど、
    中には、
    いそうだからなぁ。

    そんなわけで、
    学園祭での上映も成功して、
    次への展開がどうなるのか、
    実に楽しみです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 オタク 高校生

    映像研には手を出すな! 1巻 【マンガ】

    また新しいマンガに手を出してしまいました。

    お金に余裕があるわけではないので、
    金銭的なことを言えば、
    実に手痛い失費です。

    でも、
    値段分は楽しませて頂きました。

    さて、
    内容ですが、
    女子高校生の三人が、
    アニメを作りたくて、
    同好会を作って活動しようというお話し。

    三人と言っても、
    一人は、
    金儲けが趣味で、
    友達の付き合いもあって、
    アニメ制作を手伝うという感じ。

    他の二人は、
    本当にアニメ大好きで、
    一人は、
    設定とかが大好き。

    一人は、
    アニメーターになりたい。

    それも読者モデルをするくらい美人。

    学校には、
    既存のアニメを作っている部があるのだが、
    肌が合わず、
    かといってね
    アニメ制作をあきらめられず、
    三人で新しく作ってしまおうという展開。

    で、
    作って、
    アニメも作って、
    さぁ、これから、
    と言うところで、
    1巻は終わり。

    今、2巻まで出ているようなので、
    いずれ買って読みますよ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 オタク 高校生

    ああっ女神さまっ 48巻 【マンガ】

    遂に「ああっ女神さまっ」も48巻で最後ですか。

    長かったのか、
    短かったのか。

    月刊連載での48巻だから十分長いよな。

    さて、
    この後は、
    もしかしたらネタバレがあるかもしれないので、
    気にする方は読まないように。

    と言うわけで、
    森里螢一とベルダンディーに神様から与えられた試練も無事にパス。

    後は、地上に帰還するだけとなります。

    地上に帰還するにもタイムリミットがあり、
    一つのドラマになっています。

    そして、
    何とか無事に地上世界に帰ってきた森里螢一と女神たち。

    後は、
    フィナーレとなるためのエピソードがあります。

    さて、
    とってつけたようなラストの言葉の意味。

    もう無理矢理感満載なのですが、
    これはこれでよいのでしょうね。

    もう作者も「ああっ女神さまっ」を書くことに飽きていたんではないかと、
    十分すぎるくらい感じていましたから。

    やはり最初と中盤くらいまでの感じが一番良かったなあ。

    森里螢一が大学を卒業し、
    働き始めた頃までは良かった。

    そこから徐々に落ちていったなぁ。

    やっぱり地上世界の話から天上界とか魔界とかの話にシフトしていってから「らしく」なくなったなぁ。

    地上世界に天上界魔界が介入してくる話が良かったよ。

    それらに翻弄される森里螢一とか、
    思っていた以上に気にしない周りの人間たちとか。

    まぁ、
    いずれ終わりは来るわけで、
    アチキ個人もよく最後までつきあったなあ、と。

    そんなわけで、
    改めて最初から読み直してみようと少し思ったりもしたんだけど、
    実行するのはいつになることやら。

    さてさて、
    次の藤島康介作品がどんなモノになるのか、
    ちょっと楽しみであります。


    ■eBookJapanでも「ああっ女神さまっ」のダウンロード販売しています。

    ◆「ああっ女神さまっ」 ダウンロード購入はこちらから



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー ハートフル 悪魔 女神 コメディ 恋愛 日常 藤島康介

    ああっ女神さまっ 47巻 【マンガ】

    ラストまで後1つとなった「ああっ女神さまっ」47巻です。

    随分前に発売されており、
    ラストの48巻も発売されています。

    47巻発売の時に、
    48巻で完結だと知って、
    これは、
    続けて読んだ方が良いかなぁ、
    と思い、
    48巻が出たタイミングで合わせて買って読みました。

    と言うわけで、
    48巻のネタも続けて書くと言うことになりますな。

    さて、
    47巻ですが、
    神様が登場して森里螢一とベルダンディーに試練を与える話の続きです。

    バイクで時間内にベルダンディーの元へ向かうという話ですな。

    まっ、当然、
    この試練もクリアすることになるわけです。

    問題はどうやってクリアするかというところでしょうね。

    なるほど、
    そういう展開ですか、
    といった感じでした。

    でもこの試練が最後の試練とはね。

    少々拍子抜けでもあったかな。

    とはいえ、
    それも次で終わりだと思って読んでいるからなのかもしれません。

    ここまで来ると、
    最後までつきあってやろうじゃないの、
    と言う気持ちが大きくなるのも事実かな。

    さてさて、
    次巻のラストはどうなるのでしょうか。


    ■eBookJapanでも「ああっ女神さまっ」のダウンロード販売しています。

    ◆「ああっ女神さまっ」 ダウンロード購入はこちらから



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー ハートフル 悪魔 女神 コメディ 恋愛 日常 藤島康介

    海街diary (うみまちダイアリー) 6巻 【マンガ】

    吉田秋生(よしだあきみ)の漫画です。

    サブタイトルが「四月になれば彼女は」になります。

    背表紙でもサブタイトルの方が目立つんですよねぇ。

    さて、サブタイトルの「四月になれば彼女は」の彼女とは、
    一番末の妹浅野すずの事です。

    まぁ、
    4月になれば、
    それぞれ人生の中でも進学、就職など、
    それまでとは環境が変わることはあるわけで、
    浅野すずのエピソードではありますが、
    それは、
    他の三人の姉妹にも言えることではあります。

    今回は、
    遺産相続の話がメインですかね。

    四姉妹だけでなく、
    なじみの店のおばあちゃんが亡くなって、
    その人の遺産相続の件もあったりと、
    ちょっとヘビーな感じの話です。

    でも、
    意外とさらっとしているので、
    ちょっと、
    という感じです。

    四姉妹のそれぞれの恋の行方もほんのちょっとだけ進展してみたり。

    でも、
    すずの従兄が登場するのですが、
    そちらの恋の方は、
    あっさりとうまくいく感じで、
    サブキャラの方が進展はぇなぁ、
    って感じですか。

    実写映画化も決まって、
    これから漫画の方もどうなのか、
    実に楽しみです。

    機会があったら是非ご一読を。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 恋愛 ドラマ 吉田秋生

    87 CLOCKERS(エイティセブン クロッカーズ) 5巻 【マンガ】

    いやー、5巻出ていたんですな。

    さて、
    早速ですが、
    忙しいので、
    ぱぱっと書いてしまいます。

    ミケから逃げ出したハナちゃん。

    千葉の牧場で再会した主人公一ノ瀬奏と中村ハナ。

    そこに、
    中村ハナを好きだという青年が現れて、、、。

    といった感じですか。

    オーバークロックネタの話で言うと、
    牧場の主もオーバークロックをやっていて、
    その大会の予選があって、
    それを手伝うという話になります。

    その予選結果は、
    まっ、実際読んで確かめてください。

    これから一ノ瀬奏と中村ハナの関係かどうなるのか、
    このまま一ノ瀬奏の片思いで終わるのか、
    それとも、、、なのか、
    その辺は、
    全く今の段階ではよめません。

    そんなこんなで、
    この先どうなるのか、
    楽しみではありますな。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 コメディ 恋愛 二ノ宮知子

    87 CLOCKERS(エイティセブン クロッカーズ) 4巻 【マンガ】

    二ノ宮知子のオーバークロックを題材にしたコメディマンガ「87 CLOCKERS(エイティセブン クロッカーズ)」の4巻です。

    賞金30万円の秋葉原で行われているゲーム大会の話が今回のメインです。

    ゲーム大会に参加しているそれぞれのチームが実に個性的で、
    主人公の一ノ瀬奏とジュリアのチームが霞んでしまえるほどのチームも存在します。

    いやー、引きこもり生活で賞金をゲットして結婚という夢を持ったチームが実に良い。

    その母親も最高に笑えました。

    チートで大会を有利に進めるチーム、
    聖都のためとはじめた先生がいつしかゲームにのめり込んで大会まで出ることになってしまったチーム。

    いいねぇ。

    実に明るく楽しい大会です。

    さすがクラシックを笑いに変えた二ノ宮知子という感じですか。

    その前は、
    農家ライフを笑いに変えていたし。

    そーいえば、
    この巻で大会の話も終わり、
    いよいよヒロインハナの色々な事が分かるエピソードがスタートしました。

    たぶん色々分かるんでしょう。

    その舞台は、
    千葉の牧場。

    昔取った杵柄。

    って感じの話になるのかな。

    ここに来て、
    各キャラクターの個性が固まってきた感じで、
    これからが本領発揮になるのかな。

    題材はパソコンのオーバークロックですが、
    全然難しくないので、
    「のだめカンタービレ」を読んで面白いと思った方は、
    きっと楽しめるはずです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 コメディ 恋愛 二ノ宮知子

    ULTRAMAN(ウルトラマン) 3巻 【マンガ】

    「ULTRAMAN(ウルトラマン)」第3巻です。

    ついこの間2巻の事を書いたのですが、
    その後、すぐに3巻が届きまして、
    これだったら2冊まとめて書いても良かったかなぁ、
    とちょっとだけ思いました。

    と言う事で、
    3巻です。

    ちょっとネタバレになってしまいますが、
    まぁ、当初からこの漫画を読んでいる人はそうだと思っていたので、
    ネタバレにもならないと思いますが、
    一応、気にする人がいると思うので、
    気にする人はこの先読まないように。

    そのネタバレになると思う部分ですが、
    遂にウルトラマンセブンが登場します。

    諸星という名前の登場人物ははじめの方から出ていましたので、
    きっとこいつはウルトラマンセブンなのだろうと読者のみんなは思っていたはず。

    だから登場した時は、
    ちょっと盛り上がりましたよ。

    でもねぇ、
    なんだかなぁ、
    と言う部分もあります。

    設定としては、
    ウルトラマンのバージョン7という事になっています。

    やはり、この部分が何だかなぁ、
    なのかな。

    Ver.7という設定自体は悪くないですし、
    今風でよいかもしれませんが、
    やはり、あのウルトラマンセブンもとい、
    ウルトラセブンじゃないからでしょう。

    やはりウルトラマンのVer.7で、
    ウルトラマンセブンってなんだよ、と。

    ウルトラセブンを登場させろよ。

    と言いたくなる人もいるでしょうね。

    さて、そんなファンの気持ちをちょっとだけ代弁しつつ、
    物語としては、
    良い感じになってきました。

    宇宙人街まで登場するし。

    この作品は「ケロロ軍曹」か、
    と言いたくなりましたね。

    別に宇宙人街があったっていいんですが、
    今までのように「M.I.B.」でいいじゃん、
    とも思うわけですよ。

    と言ったわけで、
    まだまだこれからという感じの「ULTRAMAN(ウルトラマン)」です。

    次巻の発売を楽しみにしたいと思います。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 怪獣 ミリタリー

    ULTRAMAN(ウルトラマン) 2巻 【マンガ】

    マンガ「ULTRAMAN(ウルトラマン)」の第2巻です。

    さて、
    主人公早田進次郎の父親が昔ウルトラマンとして活躍してたことを知り、
    そして、
    自らもウルトラマンとしての力を持っていることを知った早田進次郎は、
    今後の身の振り方に悩みます。

    と言っても、
    苦悩するほどでもなくて、
    案外あっさりとウルトラマンとして行動することに。

    しかし、
    世間ではウルトラマンどころか、
    宇宙人、怪獣の存在さえ伝説的になりつつある現代。

    科学特捜隊も現代の遺物と思われていたのが、
    いきなり表立った活動に口を挟むようになります。

    さすがに単純な宇宙怪獣対ウルトラマンという物語ではなく、
    色々と設定が凝っていたりします。

    この展開は、
    最近のアメコミの映画に通じたりしているなぁ、と。

    まだまだ始まったばかりで、
    ウルトラマンも巨大化していないし、
    新たな登場人物も出てきて、
    何処まで話が大きくなるのか。

    実に次の展開が待ち遠しいです。

    と言うわけで、
    3巻が出ているので、
    それを読んでからまたネタにします。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 怪獣 ミリタリー

    ああっ女神さまっ 46巻 【マンガ】

    「ああっ女神さまっ」の46巻ですね。

    限定版には、
    新作のオリジナルアニメが付いています。

    ついているといってもおまけではないので、
    買うとそれなりの金額になります。

    さて、46巻ですが、
    読み始めていきなり、
    どうしてこんな展開になっていたんだっけ。

    と前巻までの物語の流れをすっかり忘れていたアチキを発見。

    クーデターが終了したのは憶えていたんですけどねぇ。

    もう歳だね。

    と言うわけで、
    45巻から読み直して、
    物語の流れをつかむことに。

    さて、ここからちょっとネタバレは入ります。

    気になる方は、
    ここから先読まないように。

    以前、45巻のことを書いたブログで、
    スクルドの母親が出てきたから今度は、
    ベルダンディーの母親だね、
    と言う事を書いたのですが、
    (当然、そんなことを書いたのを憶えていたわけではございません。これを書くにあたって読み返したから分かったことです)
    なんと、
    今巻では母親ではなく、
    お父さん登場です。

    そして、
    大事な娘の相手として森里螢一がふさわしいか試練を与える事になります。

    この試練が、
    バイクでのタイムトライアル。

    時間内にベルダンディーの元にたどり着けるかという試練です。

    まぁ、結果は、
    分かっているんだけど。

    たどり着けるかどうかは分かりませんが、
    お父さんは、納得することになるんでしょうな。

    もしかして、その過程で、
    お母さんが登場するかも。

    なんて、感じで、
    次回の展開が楽しみです。

    でも、こうなってくると、
    そろそろエンディングという事になるのかなぁ。

    まぁ、それはそれでよいと思うけどね。


    ■eBookJapanでも「ああっ女神さまっ」のダウンロード販売しています。

    ◆「ああっ女神さまっ」 ダウンロード購入はこちらから



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー ハートフル 悪魔 女神 コメディ 恋愛 日常 藤島康介

    一騎当千 ―逆鱗考察。― 【マンガ】

    塩崎雄二のマンガ「一騎当千」を、
    大山玲が外伝として画いた漫画「一騎当千 ―逆鱗考察。―」です。

    外伝と言っても本編とはまったく関係ない、
    どちらかというと、
    二次創作的な感じの内容です。

    と言うわけで、
    マンガ「一騎当千」を読んだことがないアチキですが、
    アニメは観た事があります。

    なので、
    登場するキャラクターとかは、
    理解できているので、
    それなりに楽しました。

    まっ、何にしても大山玲のマンガと言うことで、
    買ったので、
    それなりと書きましたが、
    アチキは十分満足しています。

    一応、ストーリーはありますが、
    コメディだし、
    裸がいっぱい出てくるし、
    ある意味色物マンガと言われてしまえばそれまでですが、
    久々の大山玲のマンガなので、
    もうそれだけで十分です。

    あー、ちなみに大山玲のコミックは、
    「真夏の夜のユキオンナ」と「THE FISHBONE」しかコミックとしては、
    ありません。

    「真夏の夜のユキオンナ」を読んで大山玲のファンになったのですが、
    その後、とんと新しい漫画作品が出なくてねぇ。

    気づいたら「THE FISHBONE」が出ていたのですが、
    内容的には、
    ぶっちゃけ残念な感じで、
    もう二度と大山玲のマンガは読めないと思っていたんですけどねぇ。

    オリジナルではないですが、
    新刊として大山玲の名前を観た時は、
    喜びました。

    実際、それなりに楽しめたので、
    オリジナルでないのが、
    非常に悔やまれます。

    次は、オリジナルの漫画作品を読んでみたいですなぁ。

    最悪、「一騎当千 ―逆鱗考察。―」の続きでも良いから大山玲には、
    もっと漫画を画いて欲しいです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ パロディ ちょいエロ 大山玲

    87 CLOCKERS(エイティセブン クロッカーズ) 3巻 【マンガ】

    パソコンのオーバークロックを題材にしたマンガ「87 CLOCKERS(エイティセブン クロッカーズ)」です。

    いやいや、
    オーバークロックを題材というのは、
    正確じゃないな。

    市販のコンピュータで、
    CPUの演算速度を競う事を題材にしたマンガ。

    しかし、
    CPUってなに?
    演算速度ってなに?
    と言う人が、
    世間には多い。

    いやいや、
    知っている人の方が少ない。

    アチキの会社でもそんな話が普通に通じる人はほとんどいないと思う。

    そんな難しい感じの設定でも、
    大丈夫。

    何しろアチキの会社の先輩が、
    そんなことを知らない代表的な人で、
    このマンガを読んで楽しめたのだから。

    本当のところで、
    オーバークロックについてどの位理解できたかは分かりません。

    でも、
    面白いと言って読んだのだから、
    そういうことが分からない人で大丈夫と言うことはよく分かった。

    さて、
    音楽大学に通う学生で、
    一目惚れの女性がオーバークロックにはまっているのを知って、
    欺されたとは言え、
    PCのゲーム大会にまで出てしまった一ノ瀬奏。

    今回は、
    空冷から窒素へのステップアップがオーバークロックとしての話になるかな。

    物語的には、
    アキバのゲーム大会から、
    もう一歩すすんで、
    規模のでかいゲーム大会に出ることに。

    一ノ瀬奏とハナの仲は、
    進歩したのかなぁ。

    まだまだ、謎の多いハナですよ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 コメディ 恋愛 二ノ宮知子

    海街diary (うみまちダイアリー) 【マンガ】

    吉田秋生(よしだあきみ)のマンガ大賞をとった作品「海街diary (うみまちダイアリー)」です。

    以前から存在は知っていたのですが、
    読んでいなくて、
    マンガ大賞の話を会社でしている時に先輩が持っているよ、
    と言う事で、
    借りて読みました。

    今のところ5巻まで出ています。

    吉田秋生のマンガは好きでねぇ。

    でも全部読んだことはないんですけど。

    「BANANAFISH(バナナフィッシュ)」面白かったです。

    「吉祥天女」大好きです。

    と言うわけで、
    「海街diary (うみまちダイアリー)」ですが、
    各巻にサブタイトルがついています。

    1巻から「蝉時雨のやむ頃」「真昼の月」「陽の当たる坂道」「帰れないふたり」「群青」
    となっています。

    各巻に収録されているお話しのタイトルから抜粋されているので、
    その巻の象徴的なお話しというかタイトルと言うことになるのかな。

    物語は、
    女を作って離婚して家を出て行った三姉妹の所に、
    その父親が亡くなったという知らせが入ります。

    母親も今では別の男の所に嫁いでいて、
    葬式には出ないと言うことで、
    三姉妹が父親が死んだ山形まで行くことに。

    そこで、なんやかんやとあって、
    離婚の原因となった女と父親の子供と出会い、
    一緒に暮らさないかと誘うところからこの物語は始まります。

    香田幸(さち)、香田佳乃(よしの)、香田千佳(ちか)の三姉妹と、
    浅野すずの四人の鎌倉での生活が描かれています。

    主人公的な立ち位置にいるのが、
    中学生でサッカーをやっている浅野すず。

    でも、それぞれの姉妹の対外的な思いが描かれ、
    そして、最後には、家族の元に戻って日常という安寧な場所へと帰ってくると言う流れになっています。

    生活の中での怒りや哀しみや、
    どうしようもない事にじたばたする四姉妹の叫びは、
    きっと作者が普段感じていることなんだろうなぁ、と。

    そして、結構重いネタが多いのに、
    決してネガティブな気持ちにならないというのも、
    作者の力量のなせる技かと。

    改めて吉田秋生は凄いと感じました。

    これは、アチキには分からなかったのですが、
    吉田秋生ファンの方なら、
    それも「ラヴァーズ・キス」を読んだことがある人ならプラス楽しめる事があるそうです。

    「ラヴァーズ・キス」との世界観のリンクがどうなっているのかは、
    アチキは、残念ながらまだ「ラヴァーズ・キス」を読んでいないので、
    分かりません。

    せっかくだから機会があったら読んで観たいと思っています。

    とりあえず、
    「海街diary」を、
    早速、全巻買いそろえようと思っています。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 恋愛 ドラマ 吉田秋生

    ULTRAMAN(ウルトラマン) 【マンガ】

    特撮ヒーロー「ウルトラマン」の漫画版というか、
    TVドラマの「ウルトラマン」の続きをマンガにしたと言った方が正解かな。

    と言う事で、
    「月刊ヒーローズ」で連載されている「ULTRAMAN(ウルトラマン)」のコミック1巻です。

    会社の先輩が、
    こんなのあったの知ってる、
    と言って持ってきたマンガです。

    当然、知らなかったアチキは、
    早速、マンガを読んだというわけですね。

    どこで読んだかは、
    ひ・み・つ。

    物語は、
    TVシリーズから数十年後。

    ハヤタ隊員も結婚して子供がいて、
    と言ったところから始まります。

    このハヤタ(早田進)隊員も防衛大臣となっていいおっさんになっているわけですが、
    悩みがあって、
    その悩みが自分の記憶と子供のこと。

    科学特捜隊にいた頃の、それもウルトラマンが活躍していた頃の記憶が全くないことと、
    子供の早田進次郎がとんでもない「力」を持っていることに関して悩んでいたところ、
    元同僚のイデ(井手光弘)隊員に声をかけられます。

    今では「光の巨人記念館」となっている元「科学特捜隊日本支部」の建物が、
    実は記念館とは世を忍ぶ仮の姿。

    その実態は、「科学特捜隊」そのものの本部だったのです。

    そして、
    早田進次郎が高校生(たぶん、中学生じゃないと思うんだけど…)になった頃、
    事件が起こります。

    この物語のポイントは、
    「ウルトラマン因子」ですね。

    ウルトラマンに憑依されていた時に「ウルトラマン因子」が残留し、
    その因子が子供に遺伝したという設定で、
    なんと今回のウルトラマンは、
    M78星雲から来た者ではなくて、
    「ウルトラマン因子」を持つ者の物語となっています。

    もちろん、怪獣も登場しますよ。

    今回は、まだ巨大ではありませんが、
    今後出てきそうな感じはするなぁ。

    出てこないのかなぁ。

    う~ん。

    まぁ、宇宙人は出てきますよ。

    巻末の予告には、
    あの人も出ていたし。

    これから楽しみな漫画ですねぇ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 怪獣 ミリタリー

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー