ねこのこはな 1巻 【マンガ】

    ほのぼの、
    ハートフル日常マンガですが、
    登場するのは、
    擬人化された猫。

    約三頭身くらいの女の子の姿をした猫が、
    ヒロインです。

    まぁ、
    キャラクターデザイン的には、
    良くある感じで、
    なじみ深く、
    その画の印象から受けるほのぼの感と、
    作品の内容は、
    マッチしているので、
    読んでいて、
    好感が持てます。

    特段良くもないけど、
    悪くもないので、
    そののんびりとした癒しの空間がマッチするのなら楽しめるのかな。

    マンガなので、
    あまり理屈をこねたくないのですが、
    どうも人の形をした猫の存在が、
    作中で、
    本物の猫のように扱われていて、
    そのくせ、
    人語を話し、
    二本足で歩き回り、
    人間と代わらない生活ぶりに、
    全く話巻を持っていない人たちが大勢。

    何が言いたいかというと、
    そう言う生物でいいじゃない、
    と思うわけです。

    この子は、
    猫です。

    と言わなくてもさ。

    まぁ、
    そんなことを思いながらも楽しく最後まで読んでしまいました。

    いずれ、
    続きを読みたいと思います。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 コメディ ハートフル

    29歳独身中堅冒険者の日常 1巻 【マンガ】

    分かりやすいタイトルですね。

    ラノベが原作のマンガなのかな、
    と思ってしまうくらいですが、
    そうではないようです。

    さて、
    物語は、
    タイトルが示すように、
    29歳独身中堅冒険者の日常が描かれています。

    まぁ、
    冒険者なので、
    中世時代か、
    ファンタジー世界の人物なんだろうな、
    と。

    答え、
    ファンタジー世界です。

    冒険者の日常とは言え、
    きっと、
    炊事洗濯の日常の物語ではなく、
    冒険者らしい戦いの日常なんだろうな、
    と。

    半分正解。

    へんぴな田舎で活動する冒険者が主人公。

    近場のダンジョンとかに依頼を受けて借りに行ったりする日常

    モンスターが出て困ってテイルと言うより、
    肉が食いたいから、
    肉を持ってこいと行った感じで、
    モンスター退治。

    そんな生活の中で、
    ダンジョンに一人の少女が。

    助けたはいいが身寄りがない。

    色々あって一緒に生活し、
    冒険することに。

    しかし、
    この少女何かありそうで、
    突然、
    夜中にナイスバディの女性に変身したり。

    といった感じで、
    ほのぼのとした話の中にも、
    続きが気になる要素があったりして、
    結構楽しめましたね。

    この後、
    どんな展開になっていくのでしょうか。

    主人公が年取ったら、
    タイトルの変更を是非お願いしたいですね。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー 日常 コメディ ハートフル 冒険

    猫のお寺の知恩さん 1巻 【マンガ】

    前から気になっていたマンガです。

    なので、
    1巻を買って読んで見ました。

    ちょっとイメージしていたのとは、
    違いましたが、
    おもしろかったですよ。

    イメージしていたのは、
    タイトルにも出てくる、
    猫の存在ですな。

    もっと、
    色々と猫が出てくると思ったんですけどね。

    そうでもなかったです。

    主人公の高校生と、
    三つ年上のヒロインである知恩さんの、
    ラブコメなんですかね。

    これから、
    徐々に二人の関係が、
    近づいていくのか、
    このままの距離なのか、
    気になるところです。

    すでに、
    7巻まで出ているのかな。

    まだ完結はしていないようですし。

    これから、
    ちょこちょこ勝ってみようかな、
    と思っています。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 コメディ 高校生 恋愛 ハートフル 青春

    懐かしファミコン物語 【マンガ】

    タイトルに惹かれて買ってしまいました。

    申し訳ないけど、
    新刊ではなくて、
    古本なんですけどね。

    暇つぶしに近所の古本屋に行って、
    なんかないかなぁ、
    と、
    だら~と店内を見ていて買ったというわけですな。

    ビニールで中身が確認できなかったんですけど、
    中身見ていたら、
    もしかしたら買わなかったかも。

    いわゆるアンソロジーで、
    様々な作家の方が、
    ファミコンのゲームネタで物語をかいています。

    基本的には、
    有名なタイトルばっかりなので、
    ファミコン世代ならたぶん知らないタイトルはないでしょう。

    プレイしたことがあるかは置いといて、ね。

    それぞれの物語もフィクションと言う事で、
    アチキは、
    てっきり作者の実際の話をネタにしていたりするのかなぁ、
    と思っていましたけど、
    どうなんでしょうね。

    でも、
    フィクションとは言え、
    結構、そのゲームやファミコンと言う事でのあるある的なネタになっていたりするので、
    もしかしたら似たような体験や経験をしたことがあるのではないかな、
    と言うのもあったりします。

    まぁ、そんなわけで、
    アチキは、
    特にファミコンのゲームが好きだったわけではないので、
    これを読んでも懐かしくてまたプレイしたくなることはなかったですが、
    人によっては、
    またプレイしたくなったりするんでしょうね。

    実際、このマンガ読んでいなくても、
    任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が売れたりしているわけですから。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常

    日常 【マンガ】

    2巻までは、
    読んでいたマンガ「日常」です。

    今回、
    アニメを見て、
    改めてマンガを読むことに。

    なので、
    2巻以降を買って読みました。

    アニメネタの時にも書いたと思うのですが、
    東雲なのが、
    はじめから高校生都市学園生活をしているか、
    していないかの違いくらいで、
    基本的には、
    マンガとアニメのエピソードは、
    一緒でしたね。

    細かいところで、
    アニメはアレンジされている感じでしたけど。

    実際、
    最初にマンガを読んだ頃に比べると、
    アニメを見てから読んだときの方が、
    おもしろいと思ってしまいました。

    慣れのせいなのか、
    アニメの動きをイメージできたからなのか、
    声優さんの声のイメージのせいなのか、
    よく分かりませんけど。

    大きくとまでは言わないけど、
    それなりに最初にマンガを読んだときより印象は変わりましたね。

    まぁ、これから新刊が出てきたら、
    お金に余裕があるときにでも、
    買って読んでみようと思った次第です。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 コメディ 学園 高校生 ロボット

    日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編 【マンガ】

    遂に「日本人の知らない日本語」も3巻で終了です。

    まぁ、アチキ的には、
    よくネタが続いたなぁ、と。

    今回は、
    今まで登場してきた外国人のみんなが日本語学校を卒業という事で、
    一旦終了。

    次からは、また新しい展開になるそうです。

    それはそれで楽しみですね。

    このマンガの良いところは、
    普段使っている私たちの日本語の素朴な疑問、
    それも日本人なら疑問にすら思わないことを外国の方が感じて質問したり、
    日本語の意味などを勘違いしていたり、
    と言ったところが笑いのネタとしては面白い。

    とは言え、
    それだけではなく、
    日本人ですら間違った用法で言葉を使っていたりして、
    本当に楽しみながら勉強になるというマンガです。

    でも、アチキの場合、
    身にはなっていないかな。

    コミカルな部分と、
    その場だけの関心で大半が終わってしまっているような、、、、。

    いやー、日本語は難しい。

    でも素晴らしい言語だ、とつくづく思いますな。

    アチキ的には、1巻が一番面白かったです。

    さすがに3巻目は、
    コミカルなネタが薄くなって、
    驚きとおもしろさが薄くなりましたね。

    でも、勉強にはなりましたよ。

    なので、ベストセラーにもなった本ですから読んでいる方も多いでしょうが、
    まだ読んだことがない人は、
    是非この機会にご一読をお薦めします。

    あぁ、そういえばドラマにもなっていたねぇ。

    見たことないけど。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 エッセイ

    ニャルラトホテプ 【マンガ】

    クトゥルー神話の神々の中でも特異な存在である「ニャルラトホテプ」が登場する短編小説のコミカライズ作品です。

    収録されているのは、
    「魔女の家の夢」「ニャルラトホテプ」「闇をさまようもの」の三編。

    「魔女の家の夢」は、
    ギザイア=メイスンという名の魔女が研究していた秘密に見せられたウォルター・ギルマンの物語。

    当然のように「ネクロノミコン」や「無名祭祠書」などのクトゥルー神話ではおなじみの魔道書なんかが出て来ます。

    ギザイア=メイスンが住んでいた部屋にウォルター・ギルマンは住み込み、
    そこで体験する事が描かれた作品です。

    「ニャルラトホテプ」は、
    数少ないニャルラトホテプ自身が登場する作品です。

    アチキ的には、「ニャルラトホテプ」というより「ナイアーラトホテップ」という名称の方がなじみがあるのですが、
    最近は「ニャルラトホテプ」という名称の方が若い人にはなじみがあるようです。

    ライトノベルで「ニャルラトホテプ」が主人公の作品があり、
    アニメにまでなってしまいましたからね。

    アチキなんて、このマンガ「ニャルラトホテプ」の解説を読んでライトノベルにまで、
    それも「萌え」系で登場するとは、
    凄い時代になったもんだと感心しましたよ。

    残念ながら「這いよれ!ニャル子さん」は、
    まだ読んでも観てもいません。

    いずれ機会があれば作品に触れてみたいとは思っています。

    いやー、何しろ仕事が忙しくて中々時間がないんですよねぇ。

    「闇をさまようもの」は、
    ワルプルギスの夜にまつわるお話しで、
    主人公の名前は、ロバート・ブレイク。

    この名前は、ラヴクラフト・サークルの一員であり、
    ホラー作家として有名なロバート・ブロックをモデルにしています。

    こういうお遊び的なことは、ラヴクラフト・サークルの作家同士で良くやっていることらしく、
    ロバート・ブロックもH.P.ラヴクラフトをモデルにした主人公なんかを登場させていたりします。

    中々、粒ぞろいの作品のコミカライズで、
    それこそ「這いよれ!ニャル子さん」でクトゥルー神話を知ったという人なんかは、
    元祖ニャルラトホテプを知るには丁度良い作品かな、と。

    マンガだしね。

    いつも書いていますが、
    漫画を読んで面白いと思ったら是非小説の方もご一読を。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ホラー クトゥルー H・P・ラヴクラフト

    日本人の知らない日本語2 【マンガ】

    「日本人の知らない日本語」の第二弾ですね。

    まさか第二弾が出るとは思っていませんでした。

    確かに、おもしろいしためになるし、
    売れていたし、
    出でもおかしくはなかったけどね。

    問題は、そんなにネタがあるのか?
    と言うこと。

    しかし、「日本人の知らない日本語2」を読んで、
    まだネタあるんだねぇ、と思いました。

    今回一番のヒットは、
    漢字の偏と旁をわけて改行してしまうところですね。

    実に素晴らしい。

    日本人からは中々出てこないですよ。

    その他にも楽しいのはいっぱいあるので、
    それは買って読んでもらうことにして。

    前巻は会社の人たちにも読ませたんですが、
    今は退社した女性がこのコミックを読んで私も日本語教師になるとか言い始めまして、
    そんな簡単なもんじゃないでしょと話していたのですが、
    今回の本の中に前巻の問い合わせで同じ様なことを思っている人が多いと知りました。

    そーいえばまだ前巻かしたまま戻って来てないなぁ。

    凪子先生の真面目さと、
    生徒の真面目なコミュニケーションが非常におもしろい漫画です。

    それは、漫画としておもしろくしているせいであって、
    漫画のように楽しく日本語教師が出来るとは思えないんですよね。

    そんなわけで日本人なのに日本のことや、
    日本の言葉の事をあまりにも知らないことに愕然としながら楽しく読める漫画です。

    これは万人にお勧めしますね。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 エッセイ

    日本人の知らない日本語 【マンガ】

    コミックエッセイです。
    TVなどでも紹介されていたので、
    知っている人も多いでしょう。

    かくいうアチキもTVを観ていて欲しくなった口であります。

    でもねそれほど真剣に探していなかったので、
    TVで観てから随分時間がたったなぁ。

    まぁ、偶然近所の本屋で見かけたので、
    速攻買って読みました。

    いやー、面白いです。

    まったくこの本の内容について知らない人に一応説明手すると、
    外国人の為の日本語学校の先生である海野凪子のマンガエッセイです。

    ちなみにマンガは蛇蔵が描いております。

    ネタ提供が海野凪子で、それをおもしろおかしく画いているのが蛇蔵と言うことです。

    いやー、実話を元にしているので、
    尚更面白いのです。

    外国人が日本語の不思議を次々と質問してそれに答える凪子先生という基本パターンで構成されています。

    日本語に限らず日本の風習や慣例なども扱っているので、
    全てが日本語の話というわけではないですが、
    「不思議の国ニッポン」の世界は十分描かれています。

    まぁ、外国人の奇妙奇天烈な行動のおもしろさだけでなく、
    日本語の使い方や、改めて知る意味なども含めて、
    実に勉強になる本です。

    この手の本は、実はいっぱいあって、
    そのどれもがまじめな本なので、
    確かに読めば勉強になるのですが、
    憶えるまでいかない。

    やはり、マンガだとおもしろおかしく、
    ネタとして自然に憶えてしまうところが実に不思議です。

    活字本の偉そうな佇まいと上から目線の物言いに打ち勝ち、
    「マンガはおやつ」から「マンガは主食」にまでなってしまった感が否めないですね。

    全てのマンガが、と言うわけでないですよ。

    歴史だって、活字ばっかりの本よりもマンガの方が楽しく憶えられるしね。
    でも、小説など活字でないと楽しめない本もあるし。
    辞書などは、マンガで作るのは大変そうだし。

    マンガのせいで文章の読解力低下が言われていますが、
    確かにそれは感じるかな。

    アチキは、まだ両方を楽しんでいるからまだましだけど。

    両方それぞれに良いところと悪いところが存在するので、
    マンガだけ、活字だけ、という考えにはなりませんね。

    まぁ、そんなこんなで、
    「日本人の知らない日本語」の話。

    この本の一番凄いところは、
    何度も読み返してしまう楽しさです。

    何度も読み返すのが苦痛ではなく、
    楽しいからいつの間にか個々に枯れている事を憶えていってしまうこと。

    かの名医ブラックジャック先生もチャンピオンを読んで医術を勉強したほどですからね。
    (このネタが分かる人は少ないだろうなぁ。)

    ちなみにアチキの文章はあえて崩してて至り、
    図らずも崩れてしまったりと、
    正しい日本語とは到底言えないので、
    改めて正しい日本語で書こうかな、
    なんて、ことは一切思っていません。

    全てがハチャメチャというわけにもいきませんが、
    砕けた感じで楽しく読んでもらえて、尚かつ真意が伝わる文章を目指してみようかな、
    といつも思ってかいている次第です。

    全然うまくいっていませんが。

    まぁ、そんなことはおいといて。

    「日本人の知らない日本語」ですが、続編が出ないかなぁ、
    と思っています。

    それほど楽しいです。

    日本語なんて、とか、
    勉強するような本なんでしょ、とか、
    そんなこんなで、思っている人にこそ読んでいただきたいマンガです。

    アチキのように頭の片隅に入れといて本屋で見かけたら手にとってみてください。

    コミックのコーナーには置いていないと思います。





    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 エッセイ

    のだめカンタービレ 17巻 【マンガ】

    むふおぉ

    最高のねぞうデスね

    ハー

    ぶちゅん

    いやー楽しいなぁ。

    やっと落ち着いて読めたよぉ。

    相変わらず笑っちゃいました。

    のだめカンタービレ」17巻です。

    今回は、シリアス入ってます。

    そして、また次巻から急展開な予感が、、、、。

    マルレオケの常任指揮初公演を大成功に納めた千秋ですが、
    二回目の公演で父親の姿に動揺して失敗。

    あいするのだめとはすれ違いの毎日。

    千秋のシャツの残り香でトラップできるのだめと違い、
    千秋君は少々鬱気味に。

    いやー、楽しいねぇ。

    音のないコンサートシーンも実にその場の雰囲気が出ていて、
    どんどん二ノ宮知子はうまくなっていくなぁ、
    と実感。

    巻冒頭の初回公演のシーンは、
    実によいできです。

    TVドラマもTVアニメも全然観ていませんが、
    いつかレンタル屋に並んだら押さえるつもりです。

    それまでは、漫画で十分満足です。

    ふぅ。

    早く18巻でないかなぁ。





    テーマ : のだめカンタービレ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 二ノ宮知子 日常 音楽 コメディ

    のだめカンタービレ 16巻 【マンガ】

    16巻ですよ。

    相変わらず楽しいねぇ。

    今回は、千秋のオケのオーディションと、
    マルレ・オケにあける初公演(前回スポットでは指揮しているけど)の話がメイン。

    マルレ・オケを再生させる苦労が、
    ひしひしと感じられる話。

    そして、黒木君とターニャの気になる関係が、、、。

    相変わらず、
    クラシック・初心者のアチキでも興味を掻き立てる内容で、
    のだめカンタービレ」を読む度に、
    クラシックを聴きたくなるんでよすね。

    クラシックをよく聴く人は、
    タイトルを見ただけで、
    頭の中にその曲が流れると思うんですけど、

    アチキは、さっぱりですよ。

    ホント、曲をイメージできたらもっともっと楽しいんだろうなぁ。

    と思うわけです。

    特に今回は、
    曲のイメージとマルレ・オケの現状をオーバーラップさせていたりするから、
    つくづく曲を知らないというは、
    少々寂しく感じてしまいました。

    それでも、
    のだめの「奥様」ぶりに笑いが止まらず、
    読み終わる度に一巻から読み直したくなってしまいます。

    今度は、テレビドラマになるようだし、
    ビデオになったらちょっと観てみようかなぁ、
    と思う今日この頃です。





    テーマ : のだめカンタービレ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 二ノ宮知子 日常 音楽 コメディ

    のだめカンタービレ 15巻 【マンガ】

    グミ・ノダメです。

    「のだめカンタービレ」15巻です。

    初ののだめリサイタル!

    今巻の「のだめカンタービレ」15巻は、
    モーツァルトがネタになっています。

    そーいえば、
    モーツァルトウン周年でしたなぁ。

    しっかり忘れています。

    しかし、ノダメにかかれば、
    仮装もただのコスプレ。

    まぁ、確かにそうなんだけどね。

    そして、のだめ殺人料理。

    いるんだよねぇ、実際。

    腹壊すまでは行かなくとも、
    間違っても人の食い物とは言えないモノを、
    普通に作って食べれる人が。

    マンガだけではありませんよ。

    そんなことも、
    読みながらついつい思い出して、
    笑ってしまう「のだめカンタービレ」です。

    それにしても、
    相変わらず音楽音痴なアチキは、
    モーツァルトの曲名が書かれていても、
    まったく曲のメロディーを思い出せません。

    間違いなく、
    聴いたことがある曲だと思うんだけどね。

    また、
    CDをチェックしちゃうんだろうなぁ。

    のだめカンタービレ」を読んでからクラシックを聴く機会が増えたよなぁ。

    そう考えるとやはり凄いマンガだよね。

    のだめカンタービレ」は。





    テーマ : のだめカンタービレ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 二ノ宮知子 日常 音楽 コメディ

    のだめカンタービレ 14巻 【マンガ】

    ムキャー ぎゃぼ あへー ふぉぉ はぅぅ デス

    なんでこんなに楽しいのこのマンガは!!

    と、言うことで「のだめカンタービレ」14巻を買って読破しました。
    早速、この感動!?をお伝えしなければ、
    と思ったのですが、
    このおもしろさの半分もアチキは皆様に伝えることは出来ないので、
    買って読んでちょ。

    うっ、こんなに簡単に終わってしまって良いのか?

    いかんいかんだろー

    アチキは、音楽の才能ゼロです。
    クラシック?何それっ?
    って感じです。

    そんなアチキでも「のだめカンタービレ」は、
    ちょーーーーーーーーーーーーー面白いです。
    のだめが「プリごろ太」のアニメが大好きなくらい、
    アチキは「のだめカンタービレ」が大好きです。

    「プリごろ太」何?
    って人は「のだめカンタービレ」をお読みになってくださいな。

    相変わらずの変態のだめですが、
    今回は試験のご褒美に20秒間千秋のニオイを嗅ぐ行為が極めつけでしたね。

    波瀾万丈抱腹絶倒の14巻お楽しみください。

    あへー 早く続きが読みたいデス。





    テーマ : のだめカンタービレ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 二ノ宮知子 日常 音楽 コメディ

    のだめカンタービレ 【マンガ】

    いやー、今更だけど、
    まだ完結していない作品をマンガに限っては、
    ネタにしています。

    アレ?

    小説もそうか。

    まぁ、えぇ、気にしないで。

    「のだめカンタービレ」です。

    二ノ宮知子です。

    少女マンガです。

    傑作です。(今のところ)

    もーー、久しぶりに声を出して笑ってしまいました。

    いい大人が、いかんのー。

    でも、ホントちょーーおもしろかったよ。

    酔っぱらいからおもしろいから読め、
    といわれて「平成よっぱらい研究所」と「のだめカンタービレ」の一~三巻をかりて読んだのよ。

    いやー、三巻を読み終わった後、
    近所の本屋まで残りを全部買ってきてしまいました。

    いわゆる大人買いってやつですか。

    一気に読破しました。

    今出ている分だけですけど。

    現在十一巻まででいます。

    たまらないよね、これ。

    音大の生徒「のだめ」と先輩の恋愛物語?なんだろうなぁ。

    なのに、
    なぜ大笑いかというと、
    もーーー「のだめ」サイコーです。

    野田恵のニックネーム「のだめ」。

    もう、この「のだめ」の行動パターンが、
    サイコーなんですよ。

    あの奇妙な擬音もサイコーなんですよ。

    もう、物語なんか、、と言いたくなるくらい「のだめ」がサイコーなんです。

    もちろん、キャラだけが良くて物語がダメではないんですよ。

    物語もいいんですよ、ホントに。

    はやく続きが読みたいくらいに。

    おっと、中身は読んでもらって楽しんでもらって、
    って感じです。

    とりあえず、ここでは「のだめ」談義を。

    どうも作者のあとがきというかコラムを読むと「のだめ」のモデルがいるらしい。

    リアル「のだめ」が。

    やっぱりピアノをやっているらしい。

    それも福岡でピアノの先生(ピアノ教室の先生だったような)をやっているらしい。

    ちょー天才的なピアノの才能があるのかはしらないが、
    絶対にあの独特の「のだめ」擬音は、
    モデルが言っているんだろうなぁ、
    なんて思ってしまう。

    みてみてぇ~。

    ちょー、みてみてぇ~。

    リアル「のだめ」の生態を観察してぇ~。

    マンガ以上に愉快にさせてくれるんだろうなぁ。

    見ているだけなら、、、。

    たぶん。

    と、言った感じで、最近のちょーオススメマンガです。

    男女問わず楽しめるので、
    まだの人は、
    ぜひ「のだめ」を体験して欲しいです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 恋愛 二ノ宮知子

    ねじ式 【マンガ】

    つげ義春氏の代表作の一つです。

    「ねじ式」です。

    短編です。

    「ねじ式」というタイトルの短編集に収録されています。

    今は、文庫サイズでお手軽に読めるようになっているので興味があったら是非読んでください。

    つげ義春氏は、
    独特の作風ですので、
    相容れない人もいっぱいいることでしょう。

    多少なりとも抵抗が少なければ、
    必ず一度は読んでみるべき作家さんです。

    つげワールドといっても過言ではない独特の世界観をもち、
    数々のクリエイターに影響を与えた作家です。

    そういう観点から作品にふれてもらってもいいかもしれません。

    入り方は、どうでもいいのです。

    ふれることが大切なのです。

    無理する必要もないし。

    入れない人は、入れないし。

    でも、ハマると深いです。

    「ねじ式」とタイトルを限定するのは、
    ちょっとどうかなぁ、
    という部分もありこんな抽象的な紹介になってしまっております。

    シュールだし、
    不気味だし、
    ある意味怖いし。

    妖怪のでない水木しげるマンガというと、
    すごーく誤解されそうだけど、
    どこか通じるところがあるような気がするし。

    「無能の人」とか映画にもなっているので、
    どこかで何らかの形でつげワールドにふれているとは思うんですよね。

    でも、やっぱりあの独特の世界観は、
    マンガを読んでもらわないと分からないと思います。

    「ねじ式」の説明をするのもいいんだけど、
    なんかそれをするとそれだけに思われてしまうのも非常によろしくないと思うわけです。

    たとえば、
    ねじ式の物語を説明すると、
    血管が切れてけがをした少年が、
    けがの治療のために医者を捜してまわる物語。

    と、なるわけです。

    まぁ、よくある話といえばよくある話です。

    短編ですし。

    長くは語れないわけです。

    で、どの辺がつげワールドかって説明すると、
    これは私なんかは、
    やっぱり「あの」世界観になるわけです。

    医者を捜し回る少年に関わる村の人たち。

    雰囲気。

    確かに切れた血管をねじ付きの管をつけて結合するなんていう発想はなかなか出てこないとおもうけど、
    それがつげワールドかというと、
    やっぱりそうじゃないといいたくなってしまう。

    まぁ、なんのかんの書きましたが、
    ようはとりあえず読んでみろ、
    ということですよ。

    ホント、ハマるとすごーく深みにはまってしまいますから。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ドラマ

    ナイン 【マンガ】

    たまには、懐かしのマンガネタでも書くか。

    最近のあだち充の作品はイマイチだねぇ。

    「タッチ」で燃え尽きたのかなぁ。

    「H2」も期待していたんだけどなぁ。

    で、「ナイン」です。

    「ナイン」は良かったなぁ。

    この頃のあだち充作品がもしかしたら一番面白かったかも。

    「陽あたり良好!」があって「ナイン」があって「みゆき」があって「タッチ」があって「スローステップ」があって「ラフ」があって、
    あってあっていい感じで作品を連載していたよなぁ。

    途中いただけないモノも確かに存在していたけど、
    まぁ、その辺りの作品は作者の息抜きみたいなものでしょう。

    ワンパターンからの脱出というやつですか。

    ワンパターンも磨けば光。名言だなぁ。

    タイムボカンシリーズしかり。吉本興業しかり。

    で、「ナイン」。

    あだち充の王道的作品。

    野球ラブコメ作品。

    弱小野球部にかわいこちゃんマネージャー目当てに入部した主人公を中心に話は展開。

    にっちもさっちもかめよりも遅い恋愛展開。

    いいよねぇ、ほのぼのとしていて。

    で、ナインの前半は、弱小野球部を何とかして甲子園へ行かせるための話。

    後半は、どちらかというと三角関係の話。

    全五巻。

    アッというまの展開です。

    この短さもまたいいよねぇ。

    だらだらと長くない。

    「陽あたり良好!」もそうだけどさ。

    あだち充のうまいところは、あの微妙な恋愛さじ加減。

    お互いに好きあっているのにちっとも展開しないストーリー。

    うまいねぇ。

    あれだけで物語を引っぱっているんだから。

    スポーツでの物語展開も独特の味を出していて、私はけっこう好きです。

    マンガだからね。

    スポ根モノじゃないし。
    あれでいいんでないの。
    と感じさせてくれます。

    「ナイン」以降は、「ラフ」が一番良かったかも。

    何が良かったって、それはまた機会があるときに。

    で、ナインの話。

    あだち作品の定番キャラクターふとっちょくんの唐沢くんが「ナイン」に登場します。

    この唐沢くんの愛のスケッチブックとでもいいましょうか、
    短編があるんですけど、この話は結構好きです。

    いつも悪口を言い合っている漫画家志望の女の子がいるんですが、
    この女の子が唐沢くんをスケッチしているのです。

    コミカルなキャラクターのモデルにはモッテコイだといって。

    しかし、唐沢くんド・スランプ中。

    何打席か忘れましたが、全然打てない。

    そんなとき、この漫画家志望の彼女転校することになるのです。

    唐沢くん、男の意地で転校する前に一本打ってやるというのですが、
    やっぱり打てない。

    最後の打席まで時間がなくて見ていることが出来ない漫画家志望の女の子は、
    スケッチブックを残して転校先へと旅立っていくのです。

    ちゃんちゃん。

    じゃなくて、この後唐沢くん、彼女のスケッチブックを見て、打席に立ちます。

    彼女のスケッチブックには、絶好調時の唐沢くんのバッティング・スタイルが克明に描かれていたのです。

    単純な唐沢くんは、最後の打席で一発どでかいホームランを打つというはなし。

    あぁ、なんて単純な唐沢くん。

    というとってもいい話なのです。

    後半のというよりもう連載終了間際の短編は、
    けっこういい話が多かったなぁ。

    あだち充は、変に長い話よりも短編の方が面白いよ。

    だって、短編集の話は、いい話いっぱいあるモノ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : あだち充 野球 青春 スポーツ 恋愛

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー