ウルトラセブン 【TVドラマ】

    ウルトラシリーズの三作目ですね。

    「ウルトラQ」「ウルトラマン」
    そして、
    「ウルトラセブン」

    今回、
    前二作と合わせて、
    Blu-rayを購入。

    「ウルトラQ」の時に書きましたが、
    「ウルトラセブン」は、
    その昔、
    泉麻人の解説で放送された深夜番組としてベータで録画した「ウルトラセブン」を持っていて、
    当然、
    環境的に見られる状態を維持できず、
    いずれDVDは買おうと思っていたのですが、
    DVD BOXが発売される度に、
    あー、
    今回も第12話「遊星より愛をこめて」が収録されていないのか、
    と思って、
    購入に踏ん切りがつかなかったんですよね。

    だって、
    BOXで購入となると、
    それなりの金額ですからね。

    で、
    今回買ったのにも、
    もちろん12話は収録されていませんが、
    輸入盤で値段が安いので、
    購入。

    久々に見た「ウルトラセブン」は、
    やっぱりおもしろかった。

    もう脚本の出来もそうだけど、
    特撮シーンも、
    前作「ウルトラマン」から一気にレベルアップした感じで、
    続けて見たせいで余計にその差にビックリ。

    これは、
    ヘビーローテで見そうです。

    まだ、
    これを書いている時点では、
    他に購入した物を、
    先に見ようとしているので、
    まだ二回目には突入していませんが、
    間違いなく、
    年内に、
    後、
    1、2回は、
    続けて見そうですな。










    スポンサーサイト



    テーマ : ウルトラマンシリーズ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF 怪獣 エイリアン 動画

    ウルトラマン 【1966年製作:TVドラマ】

    「ウルトラQ」に続いて「ウルトラマン」です。

    「ウルトラマン」は、
    「ウルトラQ」シリーズの一作であるというのが、
    オープニングで明確にされているんですね。

    知りませんでした。

    今回、
    「ウルトラマン」も輸入盤のBlu-ray BOXを購入。

    大人になってから、
    第一話から最後まで、
    まともに見たのは、
    はじめてだと思います。

    子どもの頃は、
    テレビで再放送とかがやっていれば、
    ちょくちょく見ていましたが、
    キチンと全部見たのかどうかは、
    記憶が定かではなかったですからね。

    こうして、
    改めて見ても、
    おもしろいと言うことが分かりました。

    「ウルトラQ」よりも、
    子ども向け、
    と言うのが意識して作られているのもよく分かったし。

    シリアスな演出よりも、
    コメディ的な演出が多いというのも、
    子どもを意識しているからなのかな、
    と思いましたね。

    そう言う流れから、
    あの名シーン、
    スプーンで変身しようとするのが、
    生まれたのかな、
    と。

    アレは、
    かなり関係者で物議を醸したらしいですが、
    子ども達がスプーンを持って変身する遊びを見て、
    アレで良かったのだと納得したという話を、
    どこかで見たか、
    聞いたことがあります。

    ちなみに、
    これも有名な話だが、
    ハヤタ隊員たちが食べていたのは、
    カレーライスではなく
    ハヤシライスです。

    まぁ、
    そんなのも含めて、
    楽しく見られました。

    こんな話もあったんだ、
    と言うのもあったりして、
    やっぱり、
    子どもの頃の記憶って、
    という感じでしたね。

    しかし、
    こういう昔の作品が、
    気軽に見られるというのは、
    いい時代だよなー、
    とつくづく思いましたね。










    テーマ : ウルトラマンシリーズ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF アクション 怪獣 動画

    ウルトラQ 【TVドラマ】

    イヤー、
    今更ですが、
    「ウルトラQ」です。

    何故かというと、
    輸入盤ではありますが、
    Blu-rayを買ってしまって、
    改めて見たからです。

    アニメは、
    結構、
    輸入盤のBlu-rayを買っていたりするんですよね。

    最近のは、
    英語字幕が非表示に出来なくて、
    ちょっと画面がうるさく感じるのもありますが、
    アチキは、
    値段が安いのと、
    ディスク1枚に目一杯エピソードを入れてくれているのがうれしいです。

    日本のディスクは、
    1枚に多くても4話で、
    1クールアニメが増えた昨今は、
    基本、
    1枚で2話ですからね。

    いちいちディスクを入れ替えるのが面倒で、
    多少画質が悪くても、
    字幕がうるさくても、
    ディスクの入れ替え無しに見られるのは、
    凄くうれしいです。

    時間がたって、
    廉価版を出すのはよいですが、
    廉価版の後は、
    目一杯盛り込んだ物も発売して欲しいな、
    と。

    そう言う需要もあるよ、
    と。

    まぁ、
    それがどの位売れるのかは、
    分かりませんけど。

    さて、
    相変わらず脇道にそれましたが、
    それたついでに、
    「ウルトラQ」をはじめて観たのは、
    泉麻人がナビゲーターを務めた深夜番組があって、
    それで始めて全話をきっちり見たんですよね。

    もちろん、
    当時、
    全話ビデオに録りましたよ。

    ついでに、
    「ウルトラセブン」も全部録りましたよ。

    当時、
    永久保存版ということで、
    ベータで木がしたんだよね。

    VHSもその時は持っていたけど。

    画質がベータの方が綺麗だったから。

    しかし、
    今や、
    ベータもVHSもデッキ自体持っていないので、
    録画したビデオは、
    全て処分しました。

    いずれ、
    DVDを買おうと思っていたので。

    なので、
    いつもDVDのボックスが発売される度に、
    チェックして、
    後は、
    お財布と相談して、
    という感じでしたからね。

    で、
    今回の輸入盤の購入となったわけです。

    ディスク1枚に7話収録ですよ。

    いいですなー。

    ちなみに、
    「ウルトラマン」と「ウルトラセブン」も購入済み。

    これを書いている時点では、
    まだ「ウルトラセブン」は、
    届いていませんが、
    順次、
    見てからネタにしようと思っています。

    さて、
    「ウルトラQ」です。

    モノクロの「ウルトラQ」です。

    総天然色に色づけされたのもありますが、
    今回見たのは、
    オリジナルのモノクロです。

    何度も見ているのですが、
    前回見てからかなり時間がたっているので、
    新鮮な気持ちで見られましたね。

    相変わらず、
    記憶力がイマイチなアチキは、
    大筋は憶えていますが、
    詳細を忘れているのが多く、
    おかげで、
    凄く楽しました。

    特撮のチープさは、
    仕方がないとして、
    物語は、
    今見ても実に良くできていて、
    まだ見たことがない人は、
    一度はご覧になって欲しいですね。

    とは言え、
    今の若い一般の人がどこまで楽しめるのかは、
    ちょっと分かりませんけど。

    まぁ、そんな感じですが、
    アチキ的には、
    手元にあって、
    いつでも気軽に見られるのはよいなー、
    と思っています。

    それも、
    ディスクの入れ替えが少なくてすむので、
    BGV的に見られるのが本当によいです。










    テーマ : 懐かしドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF ファンタジー ホラー エイリアン 怪獣 モンスター 超能力 オカルト 動画

    孤独のグルメ Season 3 【TVドラマ】

    「孤独のグルメ」もシーズン3です。

    1話30分のドラマです。

    井の頭五郎は、
    個人でアンティークのおろしをしている商売人。

    社長ですからね、
    乗っている車もBMWですよ。

    なんか、
    似合わない感じですが、
    お客様に対してのプレゼンと考えれば、
    そうなのかも、
    と思いますが、
    孤児の趣味では、
    ちょっと違う気もします。

    で、
    基本的に、
    井の頭五郎が商談のためにお客のいる町に向かい、
    そこで、
    腹が減って、
    町中の店を探して食うという構成。

    ドラマが終わると、
    漫画の原作者が登場するコナーが有り、
    実際の店で井の頭五郎と同じような食事を食べて簡単にレポートするという流れ。

    基本的には、
    都内ですが、
    出張として、
    東京近郊よりも少し離れたところまで行くこともあります。

    選ぶ店は、
    昭和の香りがするところが多いですね。

    その辺のチョイスに関しては、
    アチキと趣味が合います。

    こじゃれたところも好きですけど、
    昼食って考えると、
    昭和の香りがする所を選びがちですな。

    ちなみに、
    今回、
    アチキの行動範囲に近いところでは、
    静岡県の河津町がありましたね。

    その近くに住んでいるわけではなく、
    月1回とか、
    2月に一回くらいですけど、
    下田までトライブに行くんですよ。

    本当に、
    車を走らせに行くだけで、
    下田に行って、
    軽く飯食って帰ってくる感じの。

    その通り道が河津町なんですな。

    ドライブインの食堂ですから、
    今度、
    よってみようかな、
    なんて思いましたね。










    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : グルメ ドラマ 日常 動画

    孤独のグルメ Season 2 【TVドラマ】

    「孤独のグルメ」シーズン2です。

    相変わらず、
    うまそうなドラマです。

    毎回、
    夜中に見ているのですが、
    いつも、
    翌日の昼飯や、
    休日の昼飯に登場してきた料理を食べたいな、
    と思ってしまうんですよね。

    出来れば、
    登場してくる店に行って食べたいのですが、
    そうそう近場もないですし。

    で、
    シーズン2の初っぱなは、
    新丸子が舞台になっていて、
    これは、
    比較的近いぞ、
    と思い、
    登場してきた中華料理屋には、
    ちょっとだけ行ってみたいと思ったのですが、
    昼間から呑みの店なので、
    アチキは、
    井の頭五郎と同じで、
    お酒を飲まないので、
    ちよつと気が引けました。

    しかし、
    その店の前に喫茶店が出てきたので、
    そこは、
    言っても良いかな、
    とちょっと調べたら、
    閉店していましたね。


    う~ん、
    残念。

    他の登場してくる見せもそうですが、
    ファンの人は、
    きっと孤独のグルメツアーをやっている方、
    多そうです。

    アチキですら、
    登場してきた店を食べ歩きたいと思うくらいですからね。

    さて、
    次は、
    シーズン3です。

    もう、
    アチキのおなかが鳴っています。










    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : グルメ ドラマ 日常 動画

    都市伝説の女 Part 2 【TVドラマ】

    TVドラマ「都市伝説の女」の続編です。

    続編が作られるくらいですから、
    人気があったのでしょうね。

    どこに、
    そのような要素があったのか、
    シーズン1では、
    アチキは、
    はっきりと分かりませんでした。

    で、
    このシーズン2で、
    分かったかというと、
    今回も分かりませんでした。

    やはり、
    長澤まさみと、
    竹中直人なのかな。

    他の役者さん目当ての方もいると思うし。

    しかし、
    今シーズンは、
    7話しかないんですよね。

    前シーズンも9話まででしたし。

    普通に考えると、
    1クール、
    12話か13話なので、
    それ以下だと、
    打ち切り、
    って感じなんですけどね。

    もちろん、
    はじめから、
    10話とか、
    9話とか、
    7話とか、
    決めて作る場合もありますからね。

    外からでは、
    分からないこともあります。

    さて、
    肝心の中身ですが、
    前シーズンと基本変わりません。

    前シーズンのラストで、
    FBIに出向になった主人公音無月子が、
    日本に帰ってきたところから始まります。

    そして、
    都市伝説ぽい感じの事件に首を突っ込んで、
    実は違ったという展開で、
    真犯人を捕まえるという流れです。

    都市伝説のネタ自体の魅力が、
    前作よりも落ちたかな、
    って感じで、
    そういう所からも前シーズンよりもレベダウンって感じを受けました。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 コメディ 長澤まさみ 竹中直人

    孤独のグルメ Season 1 【TVドラマ】

    マンガが原作のグルメドラマです。

    原作マンガは、
    読んだことないですね。

    ドラマが面白かったので、
    ちょっと読んでみようかな、
    なんて思ったりもしましたが。

    さて、
    ドラマの方ですが、
    個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎が、
    仕事の相手先を訪れた町で、
    主に昼食をするという展開の話。

    主人公の井之頭五郎を、
    松重豊が演じているのですが、
    実に良いです。

    マンガのカットがドラマでも使用されていて、
    マンガのキャラクターの容姿をイメージすると、
    松重豊ではないと思えるのですが、
    ドラマを見ていると、
    バッチリはまっている感じです。

    まぁ、
    アチキが、
    マンガよりもドラマから入ったので、
    そう思えているだけかもしれないですけどね。

    原作マンガのファンの方は、
    どう思っているのかな。

    で、
    物語のメインは、
    腹を空かした井之頭五郎が、
    立ち寄った店の話になります。

    この店が、
    実在する店舗で、
    実際に店で出しているメニューの料理が出てきます。

    だから、
    ドラマを見た後、
    この見せにいっつて見たいと思うことも多々あります。

    特に、
    自分の生活圏の店が出てきたときは、
    いつも以上にどんな店なのか、
    注目してみてしまいますね。

    それと、
    アチキは、
    このドラマを大体、
    会社から帰ってから見るので、
    夜、
    それもそれなりに深い時間になってみていたのですが、
    移管ですよ、
    夜のグルメ系は。

    絶対に何か食べたくなってします。

    このドラマも、
    その場は、
    我慢しますが、
    翌日の昼食とかに、
    反映されことがあります。

    まだシーズン1ですが、
    この後、
    当然のようにシーズン2も見ようと思っています。

    実にけしからんドラマです。

    あー、
    腹減った。










    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : グルメ ドラマ 日常 動画

    眠りの森 ~新参者・加賀恭一郎~ 【TVドラマ】

    加賀恭一郎シリーズですね。

    それとも「新参者」シリーズといった方が良いのかな。

    TVドラマスペシャルになります。

    「新参者」シリーズの時系列で言うと、
    「赤い指」よりも前になります。

    何しろ、
    まだ加賀恭一郎の父親が生きていますから。

    で、
    これを書くにあたってちょっと調べたら、
    この原作小説のドラマ化は、
    二度目なんですね。

    阿部寛が演じる加賀恭一郎の前に、
    山下真司が加賀恭一郎を演じているドラマがあるようです。

    もうアチキの中では、
    加賀恭一郎イコール阿部寛になっているので、
    山下真司は、
    すごく微妙な感じもするのですが、
    機会があったら見てみたいとは思いました。

    とはいえ、
    TSUTAYA DISCUSには、
    ないので、
    と言うか、
    DVDになっているのかも知りませんが、
    レンタルして見られるようになったら見るかどうか考えます。

    さて、
    物語は、
    いつものように、
    謎解きというよりは、
    事件に関わった人の嘘を暴いていく展開になるのですが、
    今までとは、
    かなり雰囲気が違うような気がしましたね。

    いつもの、
    アチキにとってはですが、
    メンバーがいないというのもあるのかもしれませんけど。

    物語は、
    とあるバレエ団で、
    正当防衛による殺害事件が起きます。

    これが、
    本当に正当防衛なのか。

    警視庁の人間としての加賀恭一郎が、
    所轄の刑事と共に、
    真相を探していく話です。

    所轄の刑事役を柄本明が演じているのですが、
    これがいいですな。

    そうそう。

    冒頭で、
    加賀恭一郎が事件のあったバレエ団の公演を見に行っているのですが、
    実は、
    それ、
    お見合いで、
    お見合いの相手が、
    山田という女性。

    もう冒頭しか出てこないのですが、
    この山田の役を仲間由紀恵が演じているのです。

    これは、
    もうネタですね。

    ちなみに、
    ネタ元は、
    テレビ朝日のドラマですね。

    と言うことで、
    TBSのTVドラマ「眠りの森 ~新参者・加賀恭一郎~」ですが、
    実は、
    製作の順番としては、
    この前に、
    映画が一作有り、
    この後に、
    また映画になっています。

    なので、
    次は、
    映画の加賀恭一郎シリーズですね。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー 阿部寛 仲間由紀恵

    赤い指 【TVドラマ】

    「新参者」の後に放送されたTVスペシャルのドラマのようです。

    アチキは、
    レンタルで見たので、
    放送のタイミングとか、
    全く分かりません。

    さて、
    「新参者」の時代よりも前の話になります。

    小説の方ではどうだか知りませんが、
    ドラマになった分だけの話で言うと、
    「新参者」を見た後に見ると、
    はやりのビギニング的な感じになりますね。

    加賀恭一郎が、
    人形町に行く前にいた練馬署での事件の話になります。

    加賀恭一郎の従弟で、
    警視庁捜査一課の松宮脩平とは、
    このときは、
    まだ仲があまり良くなかったり、
    「新参者」の時に重要な人物でもあったタウン誌の編集記者青山亜美が、
    まだ新聞記者だったり、
    物語のトピックスとしては、
    加賀恭一郎の父親が病死する話であったりと、
    事件以外の所でも見所があったりします。

    事件は、
    相変わらず、
    推理というよりは、
    物的証拠から犯人を突き止めていく刑事物で、
    今回も加賀恭一郎は、
    ただ犯人を捕まえるだけでなく、
    容疑者たちの心の問題まで解決する話になっています。

    物語の冒頭で、
    今回の事件を二年前の事件というふうに語っているので、
    ドラマとしては、
    「新参者」の続きという見せ方を、
    冒頭でしていて、
    最後も冒頭の続きで締めている感じなので、
    混乱することはなかったですね。

    もしかしたら物語の時代順に見る、
    って感じで、
    先にこちらから見ても、
    そんなに問題ないかな、
    って気もします。

    今回も面白かったので、
    是非、
    興味がありましたらレンタルしてご覧になってくださいな。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー 阿部寛 黒木メイサ

    新参者 【TVドラマ】

    原作は、
    東野圭吾の小説です。

    ガリレオシリーズの時にも書いているかもしれませんが、
    アチキ、
    東野圭吾の小説を一冊も読んだことが穴井です。

    映像作品は、
    このドラマもそうですが、
    見ているんですけどね。

    まぁ、
    いつか読むつもりではあります。

    さて、
    このドラマ。

    本放送の時に、
    ちらっとだけ見たことが有り、
    いつかキチンと見ようと思っていたのですよ。

    その時に見たのは、
    阿部寛扮する加賀恭一郎が、
    鯛焼き屋に並んでいて、
    いつものように買えないシーンから見たんですよね。

    そこから、
    しばらく見ていたのですが、
    阿部寛の役が刑事だと言うことくらいしか分からないところで、
    見るのをやめたんですよ。

    そのときの印象は、
    相変わらず阿部寛おもしれぇなー、
    ってことで、
    今回、
    あのシーンがどんなシーンだったのかやっと分かりました。

    全10話ですが、
    事件は、
    一つの事件しか扱われていません。

    アチキは、
    てっきり、
    一話で一つの事件かと思っていたので、
    二話まで見て、
    そういう展開の物語なのか、
    と理解しました。

    毎回、
    事件に関わる人物たちが出てきて、
    それも容疑者という立場からね
    実は、、、
    といった感じで進んでいきます。

    肝心の事件の犯人捜しよりは、
    それぞれの登場人物たちの小さな事件(あえて事件と書きます)を、
    加賀恭一郎が解決していきます。

    日本橋、
    人形町を舞台にした、
    現代版時代劇、
    人情劇、
    って感じですか。

    最後になって、
    ちゃんと犯人は分かります。

    アチキは、
    とある人物の台詞から、
    この人が犯人かな、
    と感ピュータが働き、
    当たりました。

    推理なんかしていません。

    展開とか、
    そういうのも含めて、
    この人だろうな、
    と思っただけで、
    動機も何も分かりませんでしたよ。

    まぁ、
    物語の半ばくらいで、
    職業的な立場もあって、
    金かな、
    と言う気はしていましたけど。

    そういう、
    犯人捜しよりは、
    それ以外の部分の人情劇が良かったですな。

    この後、
    加賀恭一郎シリーズは、
    スペシャルや映画にもなっています。

    それらは、
    この後にでもネタにしていきますので。

    まだご覧になっていない方は、
    面白いので、
    是非ご覧になってくださいな。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー 阿部寛 黒木メイサ

    都市伝説の女 【TVドラマ】

    長澤まさみ主演の刑事ドラマです。

    コメディですね。

    都市伝説をネタにしていますが、
    コメディですので、
    都市伝説の部分にあまり期待すると、
    残念な結果になると思います。

    アチキもそうでしたから。

    コメディの部分は、
    まぁ、
    よしとしても、
    都市伝説と事件の相関関係とか、
    つながりとか、
    あまりにも安直というか、
    何も考えていないんじゃないのか、
    という感じで、
    残念でしたね。

    とはいえ、
    コメディですので、
    その部分を気にしなければ、
    結構楽しめます。

    そして、
    脚本、
    演出よりも、
    役者に依存しているところが大きいような気がしましたね。

    特に、
    竹中直人は、
    相変わらずの安定感のある面白さです。

    それ以外は、
    まぁ、
    まぁ、
    って感じだったかな。

    とりあえず、
    なんか、
    続編もあるようなので、
    そちらも見ようと思っています。

    これを書いている段階では、
    まだ見ていないんですよ。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 コメディ 長澤まさみ 竹中直人

    魅せられた美女 江戸川乱歩の「十字路」 【TVドラマ】

    これまた天知茂が明智小五郎を演じたTVドラマですね。

    ついでに言うと、
    これまた岡田奈々が出ている話になります。

    でもこちらは、
    先にネタにした作品よりも岡田奈々が、
    とてもいい感じです。

    そして、
    天知茂が一人二役をやっています。

    変装する必要のない相手ですね。

    もし変装が必要な相手ならと言う事ですけど。

    お色気に関しては、
    まったくと言って良いほどないです。

    残念ですね。

    このシリーズの一つの売りなんですけど。

    でも岡田奈々がとても良いので、
    気になりません。

    物語の展開も、
    結構良くできていて、
    おもしろかったです。

    改めて、
    他の作品も見てみようとは思っているんですけどね。

    とは言え、
    この作品も1年以上前に見たネタだしなぁ。

    そんなわけで、
    興味があったらご覧くださいな。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 犯罪 探偵

    白い乳房の美女 江戸川乱歩の「地獄の道化師」 【TVドラマ】

    懐かしいですね。

    土曜ワイド劇場で放映されていたドラマですね。

    天知茂が明智小五郎役で出ていたTVドラマシリーズです。

    シリーズと言っても、
    毎週放映されていたわけではないです。

    たぶん。

    その辺は、
    アチキの記憶も曖昧だからなぁ。

    再放送で見たものかどうかさえ良く憶えていません。

    夜に見た記憶があったり、
    夕方に見た記憶があったりと、
    もうあやふやです。

    さて、
    そんなわけで、
    懐かしさも含めて、
    レンタルして見たんですよね。

    それも岡田奈々が出ている2本を。

    そのうちの一本が、
    「白い乳房の美女」です。

    原作は読んだことがありません。

    と言うか、
    まともに江戸川乱歩を読んだことがない。

    いずれ読みたいとは思っていますけど。

    そんなわけで、
    ドラマの内容だけ理話になりますが、
    中々どうして、
    今見てもそれなりに楽しめますな。

    古くさいところは、
    もう仕方がないとして、
    がんばっておどろおどろしさとか、
    親重な雰囲気を演出しているのは、
    良い味出しています。

    岡田奈々の幸薄い感じの演技も、
    きっと演技だと思いますが、
    良かったですね。

    シリーズ名物の返送をとくシーンも懐かしかったし。

    お色気に関しては、
    このドラマはそれほどでもなかったですね。

    そんなわけで、
    思っていた以上に楽しめましたよ。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 犯罪 探偵 ちょいエロ

    沙粧妙子 帰還の挨拶 【TVドラマ】

    「沙粧妙子 最後の事件」から三年後の話。

    TVドラマスペシャルとして放映されたドラマです。

    沙粧妙子があれからどうなったのか、
    今度の事件はどんな物なのか、
    そんなところが見所ですかね。

    TVドラマシリーズと同じように、
    捜査課に配属される刑事のシーンから始まります。

    今度は、
    柳葉敏郎ではなく、
    高橋克典です。

    田舎の刑事ではなく、
    キャリア組です。

    で、
    沙粧妙子はと言うと、
    前回の事件の後遺症で、
    田舎でカウンセリングを受けている日々。

    そんなとき、
    当時と同じ事件が発生。

    口の中にバラの花びらが。

    また沙粧妙子絡みと言うことで、
    警視庁は、
    沙粧妙子の元へ。

    今度の犯人は、
    以前の事件を模倣しているのか、
    それとも、、、。

    といった感じで、
    沙粧妙子が巻き込まれていきます。

    スペシャルなので、
    テンポ良く話も進んでいくし、
    シンプルなので、
    悪くなかったですね。

    アチキ的には、
    もう一ひねりあっても良かった気もしますが、
    あの展開でひねっていると言うことなのかな。

    まぁ、
    TVシリーズと続けてみたので、
    楽しかったですな。

    TVシリーズを見て、
    おもしろと思った方は、
    ご覧になった方が良いかも。

    おもしろいと思ったら言われなくても見るか。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 犯罪 刑事 警察 佐野史郎 中谷美紀 伊武雅刀 杉本彩

    沙粧妙子 最後の事件 【TVドラマ】

    浅野温子主演のサスペンス刑事ドラマです。

    以前から機会があったら観てみたいと思っていたドラマです。

    浅野温子が出ているくらいしか知らなかったアチキです。

    あー、刑事ドラマだというのは知っていたな。

    と言うことは、
    その知っている情報だけで見ているので、
    目当ては、
    浅野温子と言うことがバレバレですな。

    と言うわけで、
    語り部的な立ち位置で、
    ある意味主人公ではないかというのが、
    柳葉敏郎の研修目的で警視庁に赴任してきた刑事

    その柳葉敏郎が、
    浅野温子が演じる沙粧妙子に関わっていきます。

    バラの花びらを口に入れて殺されている殺人事件。

    その事件を巡って、
    沙粧妙子は、
    走り回るのではなく、
    頭を使って事件を捜査していきます。

    最初の香取慎吾が犯人役の事件の終盤に入ってくると、
    大体の予想が付いてしまいましたが、
    おもしろかったです。

    ネタバレになってしまうので、
    詳しく書きませんが、
    あの人の生死の部分だけは、
    ちょっと外れたかな。

    後、最後の方になってくると、
    色々と、、、。

    いやいや、
    あまり書かないでおこう。

    全11話です。

    この後、
    スペシャルドラマとして、
    「沙粧妙子 帰還の挨拶」があります。

    このラストで、
    どういった感じで続くのかなぁ、と。

    と言うか、
    どんな事件を扱うのかなぁ、と。

    そう思って続きも観ましたよ。

    その話は、
    また次回。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 犯罪 刑事 警察 柳葉敏郎 佐野史郎

    仮面の忍者 赤影 【TVドラマ】

    いやー、
    懐かしいですな。

    子供の頃、
    夕方の再放送枠で見ていたんですよ。

    でもキチンと見た記憶がなくてね。

    いつか観てみようと思っていたのです。

    レンタル屋に置かれているのを見て、
    かりようとしたことがあったのですが、
    何とか編、何とか編という感じだったので、
    パッケージもろくに見ずに、
    なんか総集編ぽい感じの編集版とかなのかなぁ、と。

    ビデオも2、3本くらいしか置かれていなかったので、
    余計そう感じたんですよ。

    で、
    今回、バンダイチャンネルの月額見放題で見られるということで、
    せっかくだから見たんですな。

    いやー、
    まさか全52話もあるなんて知りませんでした。

    アチキのイメージは、
    2クールくらいだったんですけどね。

    再放送で見立ていた時も、
    やはり全話やっていなかったんだと改めて思いました。

    そして、
    大人になってみて驚いたことがもう一つ。

    「仮面の忍者 赤影」と言えば、
    青影の「だいじょ~ぶ」の台詞と共に親指を鼻に当てて最後は手を開くあの名シーン?

    アチキのイメージでは、
    ほぼ毎回そのシーンがあったような気がしていたのですが、
    全52話の中でも、
    ほとんどそのシーンがないんですよ。

    びっくりだわ。

    ついでに「がってんがってんしょ~ぅち」というシーンも、
    あー、そういえばこんなのもあったなぁ、
    と思い出しました。

    こちらも同じくらいあまり使用頻度は高くなかったですな。

    それでも、
    「だいじょ~ぶ」よりは、
    少し多いくらいに感じましたけど。

    と言うわけで、
    「仮面の忍者 赤影」ですが、
    なんと織田信長の配下というか、
    所属の忍者だったんですな。

    最初は、
    木下藤吉郎、後の豊臣秀吉の配下として活動していて、
    話が進んでいくと、
    織田信長も登場して、
    その下で仕事していました。

    物語は、
    金目教篇
    卍党篇
    根来篇
    魔風篇
    と4つのエピソードで構成されています。

    後半のエピソードになってくると、
    巨大怪獣の登場頻度が高くなっていきまして、
    ちょっと驚きましたね。

    と言うわけで、
    アチキは懐かしさもあって全話見ましたが、
    そういう何かしら見る意味がないと、
    ちょっと最後まで見るのは、
    辛いかもしれませんな。

    アチキは、
    赤影、青影、白影の三人の掛け合いが楽しくて、
    それもこの作品の魅力の一つと感じたから見ていられましたけどね。

    改めて、
    今の若い人が見ても楽しめるかどうかは、
    ちょっと分かりませんな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : 特撮ヒーロー
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 忍者 時代劇 怪獣

    怪奇大作戦 【TVドラマ】

    円谷プロが制作したドラマですな。

    名前は聞いたことがある程度で、
    どんな内容のドラマなのか、
    全く知りませんでした。

    イメージとしては、
    「ウルトラQ」みたいな感じかなぁ、
    という位でしたね。

    さて、
    ドラマの内容ですが、
    SRIという科学捜査研究所というところが、
    警視庁が扱う一般的な事件では、
    ちょっと分からない不可解な事件を調査する機関の話になります。

    なるほど、
    「Xファイル」とか、
    「事件記者コルチャック」のノリかな、
    と思って見始めました。

    ですが、
    基本的にオカルト的な犯罪に見えて、
    実は、
    科学によって引き起こされたトリックだというのが、
    基本的な流れ。

    とは言え、
    超科学というか、
    オーバーテクノロジーというか、
    遙かに進んだ科学は魔法と一緒ということで、
    当時の科学技術というか、
    空想科学的なネタで事件が起きているという感じです。

    子供が出てこないので、
    (全くではないけど)
    大人のドラマが展開されます。

    30分で一話完結。

    全26話です。

    中々見応えありましたよ。

    興味があれば、
    是非ご覧になってくださいな。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF 警察 犯罪

    ジャイアントロボ 【TVドラマ】

    子供の頃、
    再放送でよく見ていたんですよ。

    なのに、
    全体を通してキチンと見ていないというか、
    覚えていないんですよね。

    アニメ作品は、
    一通り見たので、
    いつか観たいと思っていたのです。

    たまたまバンダイチャンネルの月額見放題で見られる機会があったので見たんですよ。

    いやー、
    こんなスタートだったんだ、
    とか、
    こんなエピソードあったんだ、
    と、
    当然のように自分の記憶が実に曖昧で、
    ほとんど覚えていないことがよくわかりました。

    さて、
    「ジャイアントロボ」がどんな物語なのか、
    知らない人のためにちょー簡単に説明すると、
    宇宙から地球侵略のためにやってきたギロチン帝王が、
    秘密結社ビッグファイア団を結成して侵略活動を行います。

    それを阻止するための組織、
    国連秘密警察機構ユニコーン機関が頑張る話です。

    このユニコーン機関に、
    たまたまBF団の襲撃事件に巻き込まれた少年草間大作が、
    BF団から奪ったジャイアントロボと共に、
    ユニコーン機関日本支部に所属して戦うという話。

    まぁ、基本的には、
    敵が何かしらの侵略作戦を考えて、
    それを毎回主人公たちが阻止するというパターン。

    原作が「鉄人28号」の横山光輝です。

    だからというわけではないですが、
    リモコンでジャイアントロボを操縦します。

    操縦といっても腕時計型の操縦機器で命令するといった形です。

    この命令して操るというのは、
    子供のごっこあそびには、
    とても良い感じでしたね。

    今ならスマートウォッチで命令とかになるんでしょうね。

    ちなみに、
    アチキは、
    「ジャイアントロボ」の本放送の時は、
    生まれていません。

    再放送でしか見たことありません。

    さすがに今の子供たちが見て喜ぶかどうかは分かりません。

    アチキでも懐かしいなぁ、
    と言う思いで見ていただけですから。

    なので、
    子供の頃見たけど、
    もう一度観てみたいと思ったかは、
    ご覧になってくださいな。





    テーマ : 特撮ヒーロー
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF アクション ロボット 怪獣

    彼女との正しい遊び方 【TVドラマ】

    TVドラマだったんですね。

    映画かと思ってみていました。

    まぁ、言い方悪いかもしれませんが、
    この手の青春映画って、
    フィルムで撮っていても映画らしい感じにはなっていなかったりするから、
    映画だと言って観ても違和感はない感じでした。

    まぁ、それだけ日本の映画は、
    映画らしくないと言うことなんでしょうね。

    もちろん、
    全ての日本映画がそうだと言っているわけではないですよ。

    さて、
    画作りのことに関しては、
    あまり深く書かずに置いておくとして、
    内容の方ですな。

    高校生青春恋愛物語です。

    幼なじみの男女が繰り広げるお姫様ルールの恋愛

    彼女が自分の気持ちを素直に表現できずに、
    繰り広げられるお姫様ごっこ。

    まぁ、なんて言うのか、
    アチキのようなおっさんには、
    ちょっと気恥ずかしくなるような感じでしたが、
    悪くはなかったですよ。

    展開もオーソドックスだったし。

    特別何かあるわけではないですが、
    TVドラマと言うことを知った今、
    なるほど、
    こんなもんだろうと改めて思いました。

    結構ストレートな内容なので、
    それはそれですごいなぁ、と。

    大体、この手のモノってちょっとおちゃらけてみたりして、
    ラヴコメぽくしたりするんだけどね。

    アチキのようなおっさんには、
    そういう感じの方が、
    気軽に観られて良いんだけど。

    なので、
    女性がどう思うかはちょっと分かりませんが、
    レンタルで観る分には、
    良いのではないでしょうか。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 恋愛 学園 高校生 青春 谷村美月

    トリハダ 【TVドラマ】

    オカルトではないけど、
    鳥肌が立つ怖い話のTVドラマです。

    見た印象ですと、
    都市伝説的な感じのネタが多かったなぁ、
    と言う感じですか。

    オムニバス形式で、
    1エピソード10~15分くらいですか。

    ちょっと正確な時間は分かりません。

    感覚での尺です。

    DVDで6巻あって、
    そのうち第2巻だけが、
    まるまる1エピソードで、
    サブタイトルに「ネック」とついていました。

    1巻を見て、
    一発ネタのおもしろさというか、
    怖さがあったので、
    尺が長くなると、
    どうしても起承転結的な物語になって、
    いまいちな感じでした。

    実際、制作側もそう思ったのか知りませんが、
    2巻以外は、
    全てオムニバス形式の一発ネタ的な話になっています。

    アチキ的には、
    第1巻が一番おもしろかったかな。

    それ以外は、
    慣れもあったのかもしれませんが、
    まぁ、こんなもんだろうという感じです。

    オカルトホラーではありませんが、
    夜一人で見るには、
    ちょっと怖いかも、
    という感じの作品ですな。

    アチキも真夜中に一人で見たんですけど、
    まぁ、感覚鈍いので、
    鳥肌は立ちませんでしたけどね。

    その辺の感覚は人それぞれと言うことで。





    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : ホラー 谷村美月

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー