PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2) 進行中7 【PC & PlayStation Vita & PlayStation4版】

    前回は、
    1ぶりと言う事でしたが、
    今回は、
    2年ぶりって感じですかね。

    まる2年ではないですけど。

    前回が2015年の年末ですからね。

    さて、
    PHANTASY STAR ONLINE 2もエピソード4が終わりました。

    たぶんね。

    終わったと思わせて、
    まだ後日談的な物語が出てくる可能性もありますが、
    アチキ的には、
    たぶん終わったのだろうと思っています。

    エピソード4は、
    ある意味、
    アニメと連動するような形で、
    地球を舞台にした物語でした。

    それが終わったので、
    またダーカーとの戦いが始まるのでしょうけど、
    どうなんですかね。

    ストーリーと関係ないところでは、
    レベルキャップが久々にあがり、
    それもかなり条件の厳しい事をしないとレベル75を突破できない感じです。

    アチキ的には、
    ラムダグラインダーを集めるのが一番大変ですね。

    これが、
    グラインダー並になってくれれば、
    それほど厳しくはないのですが、
    今は、
    かなり厳しい感じです。

    もう少し、
    何とかならんかなぁ。

    そんなわけで、
    まだどのクラスでも条件突破出来ていません。

    いつか出来るとは思いますが、
    いつになることやら。

    毎日プレイしているわけでもないですしね。

    今は、
    週に1、2回プレイできれば良い方かな。

    別にあきたというわけではないのですが、
    忙しすぎてプレイしている暇がないのですよ。

    まぁ、アチキとしては、
    次のエピソード5が、
    いつ配信されるのか、
    それがどんな物語になるのか、
    楽しみにしています。










    スポンサーサイト



    テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : RPG ACG SF ファンタジー セガ 動画 榊原良子 花澤香菜 渡辺久美子 日笠陽子

    PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2) 進行中6 【PC & PlayStation Vita版】

    一年ぶりですね。

    ネタにするのは。

    ホント、一年間このゲーム以外は、
    スマホのゲームくらいしかプレイしていないなぁ。

    とは言え、
    「PHANTASY STAR ONLINE 2」も毎日プレイしているわけではないからね。

    忙しくて、
    中々余暇の時間がとれないのよね。

    さて、
    ゲームが何か変わったのかというと、
    そんなことはないです。

    定期的にアップデートされて、
    いろいろなクエストやストーリーが進行していますが、
    基本は同じです。

    アチキとしては、
    ストーリーも楽しみなゲームなので、
    ストーリーがアップデートされるのはうれしいですな。

    エピソード3も、
    まだ終わっていませんが、
    でも、きっと終盤の山は越えたのではないかと、
    勝手に思っています。

    もしかしたら、
    ここからまた違った展開になるのかもしれませんけど。

    プレイしていない人には、
    ネタバレになってしまうかもしれませんが、
    ストーリーモード以外も楽しいので、
    知ってしまっても楽しめるとは思いますが、
    気になる方は、
    読むのをやめてください。

    さて、
    メインの話としては、
    マトイの話になりますね。

    新しい惑星に行って、
    その惑星が日本の江戸時代的なデザインの町並みなのですが、
    その惑星を統べているツクナヒメと知り合いになり、
    その惑星に浸食してきたダーカーと戦う事になります。

    その戦いによって、
    マトイは、
    ダーカーになってしまいます。

    でもまだ完全なダーカーになっていないと言うことで、
    助け出す事に成功するんですけどね。

    戦いの盛り上がりとしては、
    前章の全アークスが敵という展開の方が盛り上がりましたけど、
    物語の内容としては、
    今回のは良かったですよ。

    アークスみんなでマトイを助け出すというのは、
    ジャンプの王道的で良かったですな。

    その他にも、
    最初からプレイヤーのことを相棒と呼んでいるアフィンの姉の話も、
    一応の決着が付いたのかな。

    そして、
    度々登場していた「仮面」の正体も今回判明。

    マトイが復活してまでの話で、
    今のところ終わっているので、
    この後どうなるのかは本当のところは分かりません。

    今度のストーリーアップデートはいつになるんでしょうかね。

    楽しみですな。










    テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : RPG ACG SF ファンタジー セガ 動画 榊原良子 花澤香菜 渡辺久美子 日笠陽子

    PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2) 進行中5 【PC & PlayStation Vita版】

    たまにはゲームネタでも。

    と言うことで、
    あまりゲームしていないんですよねぇ。

    PSPのゲームをちらほらプレイしているけど、
    以前プレイしてネタにもしているゲームなので、
    それをまたネタにすることも出来ないので、
    当分、新しいゲームのネタはないかな。

    とはいえ、
    継続的に「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」は、
    プレイしていますよ。

    すでに1200時間近くプレイしています。

    とはいえ、
    今年に入ってからは、
    忙しすぎて週末にプレイする位なんですけどね。

    さて、
    「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」も遂にエピソード3に突入しました。

    エピソード3は、
    まさに新章です。

    新しい惑星(エリア)も登場し、
    エネミーも新しいのが出てきました。

    まだまだ始まったばかりのエピソード3なので、
    これからどういった展開を見せてくれるのか、
    実に楽しみです。

    新エピソードに合わせて新しい職業も追加されたし。

    これを書いている時点では、
    レベルキャップが70までなのですが、
    まだそこに到達している職業は2種類しかいません。

    ストーリー以外の通常プレイに関してもまだまだプレイしきれていないのがあって、
    当分、遊べそうです。

    興味があってまだ遊んでいない方は、
    是非、プレイしてほしいですな。

    レベル差があっても一緒に楽しめるし。

    今では、メインのハードがPCになっていますが、
    PlayStation Vitaでも良いのですが、
    大きい画面の方がプレイはしやすいですからね、
    どうしてもそうなってしまうのですよ。

    出来れば、
    PS4とかXbox Oneとかでも遊べるようにしてくれれば、
    もっと大きな画面で遊べるんだけどなぁ。

    早く移植してくれないかなぁ。










    テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : RPG ACG SF ファンタジー セガ 動画 榊原良子 花澤香菜 渡辺久美子 日笠陽子

    PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2) 進行中4 【PC & PlayStation Vita版】

    さて、「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」も発売されてから2年が立ちます。

    アチキがプレイし始めてから1年ちょいですか。

    いやー、
    まだまだ遊べますね。

    これは、
    オンラインゲームだからというわけではないですが、
    やっぱり追加アップデートのおかげの部分もあるのかな。

    オンラインでなくてもずぅぅぅと長く遊べるゲームもあるとは思いますが、
    追加要素のあるオンラインは、
    追加要素がそれなりであれば遊び続けられるなぁ、と。

    と言うわけで、
    アチキがこれを書いている段階で、
    すでに850時間以上ですか。

    今回は、
    ストーリーモードの事でも少し。

    エピソード2が現在進行中で、
    ストーリーを進めるマターボードが16枚目になります。

    これが最後なのか、
    と言うとそういうわけではないのでしょうが、
    5章「再誕の日」というのが、
    ストーリーとしてクライマックス的な展開になっています。

    もうストーリーモード自体が長くてねぇ。

    死んだりもするので、
    全部進めるというか攻略するのに、
    5日もかかっちゃいました。

    でも面白かったですよ。

    六芒の欠番に新たなメンバーが加わったり、
    感動の再会があったり。

    いやー、
    中々見せてくれました。

    この後がどうなるのかも非常に気になるのですが、
    それはまだ配信されていないので、
    先になりそうです。

    この第5章の配信と共に、
    レベルキャップも65から70へとアップされ、
    最近は、
    ファイターでコツコツやっていたのですが、
    またハンターでマターボードの穴埋めをメインにしてプレイしています。

    基本的な部分がよくできているので、
    実に楽しいですよ。

    とはいえ、
    「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」ばかりプレイしているわけでもないんですけどね。

    まっ、基本無料なので、
    気長にゆっくりのんびりとプレイしています。









    テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : RPG ACG SF ファンタジー セガ 動画 榊原良子 花澤香菜 渡辺久美子 日笠陽子

    PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2) 進行中3 【PC & PlayStation Vita版】

    オンラインゲーム「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」です。

    これを書いている時点で、
    すでに650時間オーバーです。

    いやー、
    ほぼ一年間プレイしているんですねぇ。

    ビックリだなぁ。

    で、
    エピソード1が終わりました。

    今は、エピソード2をちょっとだけ進めています。

    エピソード1では、
    全ての謎がキッチリ終わるわけではないです。

    一つの物語としては、
    クーナのエピソードに一つのケリがつくくらいですかね。

    ダークファルスの復活と、
    その時行方不明になったキャラクターがどうなったのか、
    とか、
    仮面の人物は何者なのか、
    とか、
    他にも色々とハッキリしないことが多いまま、
    続きはエピソード2で、
    と言う事になっています。

    まぁ、アチキとしては、
    このままどんどんエピソード2をプレイしても良いのですが、
    ストーリーを進めるためのマターボードのクエストを全てクリアしているわけではないので、
    粛々とそちらをクリアしながらエピソード2を進めている感じです。

    物語だけを追っていくのも十分楽しいです。

    メインのハンターのレベルは、
    まだ59でレベルキャップの65には届いていません。

    と言うか、
    届くのかなぁ。

    レベルアップ作業をすれば届きそうだけど、
    そんな時間もないし、
    無理しないでちょこちょこ遊ぶのがちょうど良いと思っていてるので、
    のんびりプレイしているから、
    届きそうになったらまたレベルキャップの上限があがりそうだけどね。

    そんなわけで、
    他のゲームが中々プレイできないのですが、
    それでもちょこちょこ他のもプレイしているので、
    いずれまたプレイが終わったらネタにするべかな。

    次回のPSO2ネタは、
    いつになるのか分かりませんけど。










    テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : RPG ACG SF ファンタジー セガ 動画 榊原良子 花澤香菜 渡辺久美子 日笠陽子

    PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2) 進行中2 【PC & PlayStation Vita版】

    遂に「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」のプレイ時間が400時間をオーバーしました。

    いやー、結構遊んでるなぁ。

    だらだらとゲーム内でチャットばかりしているわけではなく、
    フィールドを走り回ってこの時間だからなぁ。

    でも、
    「PHANTASY STAR ONLINE(ファンタシースター オンライン)」の頃に比べれば、
    まだまだ全然遊んでいない感じだけどね。

    さて、
    特に新しいネタがあるわけでもないですが、
    「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」は、
    7月17日の大型アップデートで、
    エピソード2がスタートしました。

    何てこった。

    まだエピソード1だってクリアしていないというのに。

    それにあわせて新しいエリア、
    新しい種族、
    新しい職業が追加されました。

    その詳細は、
    ここでは書きません。

    と言うか、
    これを書いている時点では、
    まだアップデートされていないのよ。

    現時点では、
    メインで使っている職業のハンターがレベル51で、
    ファイターが34、フォースが34、レンジャーが15、テクターが3といった感じ。

    今の時点で、レベルキャップが60なので、
    メインの職業がマックスになるまで時間がかかりそうです。

    今のところ、金を使っていません。

    別に、頑なに金を使わないようにしているつもりはないのですが、
    金を使う状況にならないんですよねぇ。

    今後使う機会があるとすれば、
    2匹目のマグ(サポート装備みたいなやつ)が必要になった時くらいかなぁ。

    2匹目以降は金を使わないと手に入らないようなので。

    1匹目すらまだ育てきれていないのに、
    2匹目はいつになる事やら。

    後は、コスチュームが欲しいとか、
    そういう感じにならない限り金を使う機会がないもんなぁ。

    そんなわけで、
    ほぼ毎日プレイしている「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」です。

    最近は、期間限定クエストの「境界を砕く混沌」をメインに遊んでいます。

    これ、たのしいわ。

    マルチプレイで、沢山のプレイヤーと協力して戦えるのが実に良いです。

    通常のクエストとかでもマルチプレイエリアあるのですが、
    他のパティーと出会う機会が少なかったりして、
    他のパーティーと協力する楽しさが常に味わえるわけではないからねぇ。

    そんなわけで、
    当分、飽きそうな感じのしない「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」でした。










    テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : RPG ACG SF ファンタジー セガ 動画 榊原良子 花澤香菜 渡辺久美子 日笠陽子

    PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2) 進行中1 【PC & PlayStation Vita版】

    最近ゲームネタがないなぁ、
    と思っている方がいるのかどうか知りませんが、
    実は、まだ「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」をプレイ中です。

    すでに250時間オーバーですか。

    ドリームキャストの頃の「PHANTASY STAR ONLINE」も何百時間プレイしたか分からないくらいだったからなぁ。

    やはり、オンラインゲーム(だけとは限りませんが)止めどきが難しい。

    当然、面白くなければ、
    オンラインゲームだって続かないのですけどね。

    「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」には、
    ストーリーモード(モードっていいのかな?)があって、
    そのストーリーを進めていくのに各種イベントや条件をクリアしていかなければならなくて、
    ストーリーだけを進めようとしても簡単に進められるようにはなっていないんです。

    そのストーリーも0章から始まって10章まで(今のところね。今後新規で配信されるかもしれないから)あって、
    アチキは、まだ4章までしか進行していません。

    ストーリーだけを進めているわけではないので、
    時間をかけている割には、
    進んでいないと思います。

    何しろNPC(ノンプレイヤーキャラ)のクエストオーダーとか、
    緊急クエストとか、
    やれることがいっぱいあって、
    会社の友人のクエストを手伝ったりもしているし、
    まだまだ飽きないです。

    「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」の気に入っているところは、
    プレイヤーキャラクターのレベル差があっても一緒にパーティーを組んで楽しめるとこかな。

    「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」になってからは、
    ドロップアイテムの奪い合いもなくなったし、
    実に良い感じです。

    そして、少ない時間でも一人でちょこっと遊んだりできるのもとても良いです。

    おかげで、
    中々、他のゲームをプレイできないんですよねぇ。

    あー、他のゲームと言えば、
    スマートフォンではゲームしているか。

    今度はスマートフォンのゲームのことでもちろっと書いてみようかなぁ。

    と言うわけで、
    当分、ゲームネタは、新しいゲームはなさそうです。

    「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」は、
    クリアすると言うことはないと思うので、
    飽きるまでは、当分「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」だけになりますな。


    ■「PHANTASY STAR ONLINE 2 」公式サイト








    テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : RPG ACG SF ファンタジー セガ 動画 榊原良子 花澤香菜 渡辺久美子 日笠陽子

    PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2) 【PC & PlayStation Vita版】

    「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」です。

    PSPの「ファンタシースター ポータブル 2」以来ですか。

    「ファンタシースター ポータブル 2」の出来が良かったので、
    PCで発売(と言って良いのかな)で出ると知った時は、
    あらら、
    と思ったんですよねぇ。

    何しろPCのスペックが当時のマシンでは、
    ダメダメでねぇ。

    その後、PS Vita版も出すよ、
    とリリースされてからは、
    PS Vitaを買ってプレイしようと思ったのです。

    会社の後輩にも一緒に買って遊ぼうぜ。

    と、誘い。

    ゲームは無料だからさ。

    と、誘い。

    PS Vitaは、その時は、まだ値下げ前だったので、
    本体はちょっと高いけどさ、
    と、誘い。

    PS Vita版が発売される費が近づいたらPS Vita本体の値下げが発表されて、
    ほら、安くなったから一緒に買おうぜ、
    と、誘い。

    先月の末に一緒に買ったんですよねぇ。

    実は、年末にPCがぶっ壊れて、
    新しく買い換えたので、
    PC版の「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」も普通に遊べたのですが、
    後輩と約束していたし、
    他のゲームをプレイしていたので、
    PS Vita版のタイミングになったというわけです。

    と言う訳で、
    前置きが長くなりましたが、
    これを書いている時点で約二週間弱プレイしているのですが、
    いやー、面白いねぇ。

    と言うか、
    なんか懐かしいねぇ。

    ドリームキャストで遊んでいた日々を思い出しましたよ。

    ホント、久々のオンラインゲームだし。

    オンラインゲームとしては、
    「ファイナルファンタジー11」以来ですか。

    と言ったわけで、
    会社の後輩も日々夢中でプレイしていますよ。

    よかったぁ。

    誘っといて、
    PS Vitaまで買わせて、
    つらないといってプレイされなくなったらどうしようかと思っていたのに。

    と言うわけで、
    まだはじめたばかりって感じですが、
    ほぼ毎日ログインしていますよ。

    なんかゲームの話が全然出来ていないので、
    また機会があったらネタにするかな。

    ゲームをプレイできる環境の方がいたら是非一度プレイしてみてくださいな。

    面白いでっせ。


    ■「PHANTASY STAR ONLINE 2 」公式サイト








    テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : RPG ACG SF ファンタジー セガ 動画 榊原良子 花澤香菜 渡辺久美子 日笠陽子

    ファンタシースター・オンライン 冒険者たちへの頌歌(しょうか) MICKEY2(仮名)

    ふむふむ。

    MICKEY2(仮名)です。

    第三期ラグオルシリーズを再開させた張本人です。

    ちなみに第二期は、mame(仮名)です。

    うれしいよねぇ。

    ほんと。

    ファンあっての「ひとりよがり」だから。

    この飽きっぽくて三日坊主のわたしがここまで続いてるのも、
    読者の皆様の叱咤激励のおかげです。

    私のことをよく知らない人が、「ひとりよがり」を読んでいたら、
    絶対に誤解するね。

    真面目で几帳面でコツコツと仕事をするタイプだと思うんだろうなぁ。

    それは、それでうれしいけどね。

    さてMICKEY2(仮名)ですが、みなさまが読んでいる「ひとりよがり」の読者様です。

    うれしいねぇ。

    あの名作、傑作、怪作、喜作、奇作「シーマンの観察日記」の頃からの読者らしいのです。

    うれしいねぇ。

    あの「シーマンの観察日記」を読んでくれてたなんて。

    自他共にアレを超えるものを私はいまだに書いたことがない。

    「シーマン」と「ファンタシースター・オンライン」の為だけにドリームキャストをかったって絶対そんした気にはならないぞ。

    他にもいっぱい面白いゲームがあるし。ゆっくりと紹介していくけどさ。

    またまた脱線してしまった。

    今回はMICKEY2(仮名)の話です。

    ○さんの話ではありません。

    MICKEY2(仮名)さんからメールをいただきファンタシースター・オンラインのロビーで待ち合わせ。

    と、いうより私がいつも作っている部屋の名前を教えてあげたのよね。

    「いつでもウエルカム」と。

    そして、来てくれたのです。

    うれしいですねぇ。

    これぞネットゲーム。

    遠くに住む友達とも遊べるし、
    普段なかなか会えない友達とも遊べる。

    平日は、大体仕事で遅くならないかぎり11時にはネットに入っている。

    で、1時半か2時くらいに落ちるんですよね。

    休みの日は、もう少し深い時間まで遊んでいたりすることもあるし。

    しまった。今回はMICKEY2(仮名)のお話でした。

    MICKEY2(仮名)は、ほんとよく遊びに来てくれます。

    うれしいですねぇ。

    わたしもそこそこ長くネットでゲームをしているからよくファンタシースター・オンライン内のシンプルメールでお誘いを受けたりすることがありますしも逆にお誘いすることもあります。

    MICKEY2(仮名)もよく声をかけてくれます。

    うれしいですねぇ。

    気軽に声をかけてくれて、一緒に遊ぶ。

    ネットゲームだからこそ、できる遊び。

    一緒に敵を倒し、アイテムを見つける。

    一人じゃなくみんなで和気あいあいと遊ぶ。

    いいよねぇ。

    まぁ、mame(仮名)以外は、みんな私よりもファンタシースター・オンラインの事をとっても詳しいです。

    私の知らないことや、見たこともないようなアイテムをいっぱい持っています。

    いろいろ勉強になるし、話をしていても楽しいです。

    ヒューマーのMICKEY2(仮名)とハニュエールのKIRIKOの冒険は、まだまだ続くのです。

    新しい仲間も続々と増えていくし。

    ドリームキャストを持っている人も、
    持っていない人も次々とネットに入ってくるし。

    うれしいねぇ。

    もっともっと楽しい世界が広がるねぇ。

    PSOジャンキー。

    MICKEY2(仮名)との冒険は、まだまだ続くのです。










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 冒険者たちへの頌歌(しょうか) 白の四姉妹

    私の使っているキャラクターKIRIKOは、ハニュエール。

    ショートカットの白髪に白いお肌。

    そして、白いコスチューム。

    全身真っ白。

    そこで、私は白いハニュエールだけで、
    楽しく冒険するのが夢なのです。

    と、おもい一生懸命白いコスチュームのハニュエールを探し回っていたかというと、
    そんなことは全然なく適当にいつも遊んでいたのです。

    ある時、いつものように遊んでいたら、
    なんと「白いハニュ募集」のチームがあるではないですか。

    うひょーー。

    そうか、その手があったか。

    と、おもいそのチームに合流。

    うんうん。

    楽しかったですねぇ。

    メンバーは三人いて、NEO(仮名)CIAO(仮名)URANUSU(仮名)。

    その人たちのセカンド、サードキャラの集まりで、
    白いハニュのチームを作ろう!といって作った人たちだったのですね。

    いつも、メンバーが揃っているわけじゃなく、
    みんな揃っていないときもある。

    そんなときは、白ハニュを求めて旅に出る。

    でも、最近は集まることなくなったなぁ。

    ファンタシースター・オンラインVer.2が発売されてからは、
    とくに集まらなくなったなぁ。

    みんな、セカンドキャラやサードキャラなので、
    Ver.2からキャラのレベルの上限が200になったからファーストのレベル上げとレアアイテム探しで忙しいらしく、
    なかなか白ハニュで来ることはなくなってしまった。

    ちょっと寂しいけどね。

    みんな同じキャラでチームを作って遊んでいる人は、
    ネットの世界では結構いたりします。

    ギルドカードという、
    いわゆるゲームの中の名刺みたいなモノがあり、
    そのカードの中にコメントを記入できるのですが、
    そこにはよく「なになにチーム所属」とか、
    「なになにチームNo○○」みたいに書いてあるカードをよくもらったりします。

    なので、わたしもカードに「白い四姉妹」のコメントを入れてます。

    ついでに黒に限りなく近い紺色の髪に黒い衣装のフォマールのキャラもいますが、
    このキャラは「黒い四姉妹」のチームを作るのが夢。

    まぁ、夢は、いつまでたっても夢なんですけどね。

    夢が叶う日があるのでしょうか?

    ないだろうなぁ。

    うーん、しまった。

    今回は「白い四姉妹」ということでNEO(仮名)CIAO(仮名)URANUSU(仮名)の事について、
    書くつもりだったのに、書けなくなってしまった。

    いずれ「白い四姉妹」の冒険の事を書くかな。

    その時は、どんなメンバーになっているのか、とっても楽しみ。










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 冒険者たちへの頌歌(しょうか) BERSERK(仮名)

    mame(仮名)の友人で、
    最近何回か続けて一緒に冒険しているBERSERK(仮名)。

    まだ、ファンタシースター・オンラインをはじめたばかりで、
    いろいろと苦労しているBERSERK(仮名)。

    いつも私とプレイするときは、
    とってもつらい状況で冒険しているBERSERK(仮名)。

    ファンタシースター・オンラインには、
    レベルに応じて難易度が選べるのですが、
    BERSERK(仮名)と一緒になるといつもギリギリの難易度でプレイしているような気がする。

    だから、いつも冒険で必ず死ぬ。

    なれてくるとなかなか死ななくなるんだけど、
    BERSERK(仮名)は、よく死ぬ。

    わたしもemirianやphianaでプレイすると、
    よく死ぬ。

    何しろ武闘派だから、つい敵に突っ込んでいってしまう。

    そんな、キャラクターじゃないのに、
    平気で突っ込んでいく。

    KIRIKOでも、そう。

    仲間がいると、死をも恐れずに敵に突っ込んでいく。

    そして、死ぬ。

    一人の時は、結構、慎重にプレイするんだけど、
    仲間がいるとガンガン突っ込んでいく。

    死んでも、仲間が助けてくれると思うから。

    BERSERK(仮名)も、
    ハンターだしガンガン突っ込んで死んでいる。

    でも、仲間がいるから平気で死ねるのだ。

    ほんと、思い出して、BERSERK(仮名)はよく死んでいる。

    特に、ラスボスの時は、サイコーに死にまくっていた。

    BERSERK(仮名)もハードのラスボスは、
    初めての経験だったらしく、
    戦い方がよく分かっていなかったのも敗因の一つ。

    私も、とってもレベルの低いキャラだったし、
    どうあがいても敵の一撃で死ぬキャラだったから、
    助けてあげられなかった。

    でも、ベリーハードでのラスボス戦は、
    結構ギリギリの所だったけど、
    死にまくることなく、戦えたからね。

    ハードでの経験が、モノを言ったわけです。

    一人で、コンピュータを相手に戦っているときは、
    友達に同じゲームをしている人がいなければ、
    攻略本を買って、
    敵を攻略しなくてはならないけど、
    ファンタシースター・オンラインのようにネットで仲間と一緒にプレイしていると、
    仲間から教わる。

    それも、自分が困っているときに助けてくれる。

    わたしも、いろんな人から教わって、プレイしている。

    BERSERK(仮名)のように友達から紹介されて友達になり、
    一緒に冒険をしたりするようになる。

    友達の友達は、みな友達だ。

    まさに、ネットワークという無限の世界だからあり得る事。

    パッケージROMにおさめられた仲間ではないから、
    その出会い一つがとってもドラマチック。

    BERSERK(仮名)と一緒にプレイして思うことは、
    わたしもずいぶん長いことネットの中に入り浸っているなぁ、
    ということ。

    そして、まだまだ、この世界の冒険は終わらないなぁ、
    ということ。

    新しい、仲間ができるたびに、新しいドラマが生まれ新しい冒険が始まる。

    BERSERK(仮名)との出会いに、座布団一枚。

    なんの、こっちゃ。

    まぁ、いずれmame(仮名)とBERSERK(仮名)のチームに紛れ込んであそんでやるぅぅぅ。

    よく、ふられるんです。

    KIRIKOかわいそう。










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 冒険者たちへの頌歌(しょうか) Budweiser(仮名)

    たった一度しか、一緒にプレイしていませんが、
    とっても印象に残っています。

    酔っぱらいです(笑)

    それも、ただの酔っぱらいではありません。

    全ての台詞(ショートカット)が、酒ネタです。

    イケてます。

    面白かったです。

    キャラ立ち(キャラクターが完成されていること)していました。

    出会ったのも比較的最近でしたけど、
    とっても好印象のプレイヤーでした。

    プレイヤーの演出がうまいキャラクターというのは、
    一緒にプレイしていて楽しいですね。

    特に、フリーで現れたプレイヤーが、こういうキャラ立ちしていると、
    とってもいい感じで一緒に冒険できてしまいます。

    ファンタシースター・オンラインでは、
    キャラの背中にマグという生物?を背負っていて、
    そのマグがキャラクターをいろいろとサポートしてくれているのですが、
    その中で、一つ、いわゆる必殺技みたいなモノがあります。

    フォトンブラスト。

    敵を倒したり、ダメージを食らうと、
    マグの「怒りゲージ(私が勝手に命名しました)」が溜まり、
    それがマックスになると必殺技を繰り出せるわけですが、
    そのときのBudweiser(仮名)の台詞が、
    とってもステキでした。

    「酔えば、酔うほど~、強くなるう~」と、
    いって繰り出す攻撃の数々。

    こやつ酔拳の使い手か?

    と、思わせる台詞と行動。

    「酒が切れた」といっては、戦線から離脱してロビーにアイテムを買いに行き、
    敵にやられたら「酔いがたりねぇ」の愚痴をこぼし。

    とっても、楽しいです。

    mame(仮名)の場合は、リアルで酒を飲みながらプレイをしていますが、
    このBudweiser(仮名)もリアルで酒を飲んでプレイしている模様で、
    なかなか楽しめました。

    彼のようなプレイヤーに出会うと、
    またファンタシースター・オンラインのプレイ時間が増えてしまうんですよね。

    また、彼のような楽しいプレイヤーに出会えるかもしれないと。

    惑星ラグオルに集う様々な冒険者たちに乾杯!










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 冒険者たちへの頌歌(しょうか) PULSAR(仮名)

    PULSAR(仮名)くん。

    もしかしたら、ネット外で知り合いになり、
    ネットで待ち合わせして、
    一緒にプレーした初めての人。

    待ち合わせの時間になってもPULSAR(仮名)くんは、
    あらわれず、たぶん何らかの事情で遅れたか来られなくなったんだろうなぁ、
    と思って先に遊びながらまっていることにしたんですね。

    この時、初めてチーム名に「kiriko」と使ったかもしれません。

    もし、何らかの事情で遅れたのならコレで気がついて入ってきてくれるかも、
    なんて淡い期待のもと遊んでいたんですね。

    いやー、来てくれましたよ。

    うれしかったですね。

    これ以来、好んでチーム名「kiriko」を使うようになったなぁ。

    PULSAR(仮名)くんは、とってもなりきり君で楽しかったです。

    やっぱり自分のイメージしたキャラクターがいて、
    そのイメージにあった台詞とかが出てこないとね。

    普段の会話は、そんな風にはなかなかできないけど、
    台詞を登録しているショートカットは、なりきり台詞じゃないと。

    楽しかったよ、PULSAR(仮名)くん。

    それっきり一緒に遊んでいないけど、機会があったらまた一緒に冒険したいね。

    坑道エリアしか遊べなかったけど、楽しかったよ。

    フォニュームのPULSAR(仮名)。

    ハンターなみに前線に出てガンガン敵を攻撃している姿は、
    かっこよかったです。

    ちなみに私のフォマールもどちらかというと武闘派です。

    ガンガン全面に出てテクニックと武器で敵を攻撃してます。

    なので、よく敵に倒されています。

    よく一緒に遊んでいるmame(仮名)に、
    私が倒れたときの台詞をショートカットに登録するくらい、
    よく倒れます。

    一回しか、遊んでいないけど、とっても印象に残っています。

    遅刻して現れたからな(笑)










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 冒険者たちへの頌歌(しょうか) OFF-SIDE(仮名)

    うーーーーん。とっても悩みました。

    仮名の付け方。

    まぁ、知っている人はピンとくる名前にはなったかな。

    あまりにも分かりすぎると、
    なにかとトラブルの原因になるからなぁ。

    本人の承諾受けてないし。

    そのうちに事後承諾は受けておこうかなぁ。

    ははは。

    と、言うわけでOFF-SIDE(仮名)さんの話。

    とってもいい人です。

    いろいろ助けてもらってるし。

    いつもお世話になりっぱなしです。

    改めて、いつも遊んでくれてほんと感謝しております。

    きっとmame(仮名)も同じ気持ちでしょう。

    どのくらい、お世話になっているかというと、
    mameの次くらい一緒に行動しているので、
    その行動回数と同じくらいお世話になっています。

    きっとmame(仮名)も同じ気持ちでしょう。

    mame以外では、今のところ初めてアイテム移動を手伝ってもらった人物です。

    アイテム移動を手伝ったことはあっても、
    自分のキャラのアイテム移動をmame以外に手伝ってもらったことはありませんでしたね。

    それまで何故にアイテム移動をmame以外の人に頼まなかったのかというと、
    相手を信用していないという部分も確かにありますが、
    アイテム移動というのは以外と手間がかかり、
    手伝ってもらう相手にとってはとっても退屈な時間なんですね。

    ネットゲームは、接続しているだけでお金がかかります。

    自分の身銭を切ってゲームをプレイするためにネットに入ってきているのです。

    プロバイダー料金に回線使用料(電話代など)が、かかるのです。

    だから私の場合、信用するしないという部分がクリアされたとしても、
    今度は相手に悪いな、
    と思ってしまってなかなか手伝ってもらうということが頼めませんでした。

    そんなことを書くと、
    OFF-SIDE(仮名)なら悪いと思わないのね、
    なんてとられると困ってしまうのですが、、、。

    まぁ、mameには全然悪いと思わないけどね(笑)

    閑話休題

    ほんと、彼には助けてもらってます。

    ファンタシースター・オンラインのラスボスと戦うときに、
    私ともう一人しかいなかったので、
    コレは絶対に倒せないと思い、
    お助けメールを出したらすぐに駆けつけてくれて助けてもらったこともありますし。

    私のわがままな行動もその大きな心で受け入れてもらっていると、
    信じつつ一緒に遊んでもらっています。

    そして、つい最近発覚した驚くべき事実。

    OFF-SIDEは、なんとソフトウェアキーボードで会話していたのです。

    すごーーーい。

    こいつは、ほんとに凄いことです。

    神業。

    と、わたしは思いました。

    てっきり私と同じようにちゃんとしたキーボードを使って会話しているものと思っておりました。

    驚きです。

    それほど、彼のレスは普通に行われておりました。

    確かに、他の人よりもショートカット登録された発言が多いと思っていましたが、
    OFF-SIDEというクールなキャラを演出しているからだと思っていました。

    なるほど、そういうわけだったのですね。

    とってもクールでイカしたOFF-SIDEと、
    一緒に冒険するのはとっても楽しいです。

    ファンタシースター・オンラインを初めてプレイする人や、
    プレイしようと思っている人、
    要するにネット初心者の方には、
    是非彼のようなクールでイカした人に出会えることを切に願います。

    きっと、楽しいファンタシースター・オンラインの世界を堪能できるはずです。











    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 冒険者たちへの頌歌(しょうか) mame(仮名)

    惑星ラグオルに連日連夜冒険の旅に出ている私。

    何故にそこまでのめり込むのか。

    登山家の言葉に「そこに山があるから」という名言があるが、
    私の場合はそんなにかっこいいものではない。

    そうだなぁ、あえて言葉を借りるなら「そこに人がいるから」かな。

    もう少し、それらしく書くと「そこに冒険者がいるから」になるのかな。

    もっと、一般の人にわかりやすく書くなら「そこに仲間がいるから」だろうな。

    そう。

    仲間がいるのです。

    苦楽をともにした仲間が。

    私が、短くも長い日々をおくった(いやまだおくっているから過去形ではないな)おくっている「その世界の冒険者たち」を記録にとどめておこうと思う。

    その世界--。

    ファンタシースター・オンラインの世界。

    そこは、惑星ラグオル。

    冒険者たちが集う惑星。

    と、言う名の電脳空間(サイバー・スペース)。

    第一回目の登場人物は「mame」。

    コロコロとした体型にモヒカン刈りの愛らしい冒険者。

    その名も「mame(仮名)」

    いいヤツです。

    この原稿を読んでいるから、ほめているわけではないんですよ。

    「私設ラグオル探検隊」での活躍を読んでいてくれた人には、
    今更説明するまでもないキャラです。

    ステキです。

    コロコロしていて、見ていて楽しいです。

    勇猛果敢に敵に攻撃して、あえなく玉砕。
    なんてパターンが、定着しています。

    まぁ、仲間がいるから無謀な行動もできるんですけどね。

    最近は、背中につけているマグが成長して「アブサラス」という名のマグになっているのですが、
    コレをつけたmameの姿といったら、
    唐笠模様のマントをつけたガキ大将って感じの風貌なんですよね。

    笑えます。

    ほんと。

    一度、二人で洞窟を攻略していたとき、
    日本以外の国の人が私達の部屋に入ってきたことがあります。

    そのとき、翻訳機能をもった定型会話があることを知っていた私は、
    その定型文を表示させようと一生懸命いろいろなボタンを押して探したんですけど、
    近くにマニュアルがなかったのも災いして、
    結局「彼」は私達の部屋から出ていってしまったのです。

    それから、私は翻訳機能の定型文の出し方を勉強(勉強も何もないんだけどね。マニュアル見るだけだから)し、mameはという発言がバイリンガルになりました。

    英語だよ、英語。

    バイリンガルだよ、バイリンガル。

    やるねぇ、mame。

    彼が、ラグオルに来てからは、私のパートナー回数ナンバーワンです。

    サイコーだよ、mame。

    ほめてんだよ、mame。

    よんでるかよ、mame。

    はははははは、mame。

    と、いうわけでmameとの冒険はまだまだ続くのです。

    ちなみに「私設ラグオル探検隊」は、第一の冒険が終わっただけで、
    今度「第二の冒険」が始まります。

    ただ、ネタがまだ集まりきらないのよね。

    アルティメット・モードの恐怖の冒険を描くつもりなんです。

    今は、その前段階。

    ある意味、序章かもしれませんね。

    ステキな仲間たちとの冒険を共有してもらうための序章。

    その第一回目が、ハンターのmame(仮名)。

    次号は、誰にしようかなぁ。

    只今、思案中。










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン Ver.2

    もー、いきなりです。

    何がいきなりかと言うと、昨日買った「ファンタシースター・オンライン Ver.2」のネタです。

    ゲームネタの場合は、
    物にもよりますが全てプレイした後にいろいろ書くわけです。

    某ゲーム雑誌の書評のようにはじめだけチロッとプレイしただけで書いたり、
    プレイせずに書いたりはしません。

    なんで、みんなあんな書評を鵜呑みにして信じているんでしょうねぇ。

    あの書評は、広告ですよ。はっきり言って。
    点数の付け方から内容まで、全てチェックが入ってます。

    広告をいっぱい入れているところのゲームは、
    どんなにひどくても絶対に悪い点数と悪い評価はしません。

    ほんと、アレを信じている読者がとってもかわいそうです。

    さて、そーいいつつ、ちゃんとプレイしていないのにしっかりネタにする私ですが、
    まぁ、基本的には前作のバージョンアップ版ですから、中身はほとんど同じです。

    しかし、このほとんどというのがくせ者です。

    では、中身の話を少々。


    まずは前作のキャラクターをVer.2用にコンバートします。

    私の場合、キャラが四人いるので、コンバートも四回行います。

    コレが結構面倒です。

    今までは、キャラクターのレベル上限が100だったのに対し、
    今度は200にアップです。

    そして、今回の目玉は、なんと言ってもアルティメット・モードの存在。

    他にも色々あるけど、私的には一番かな。

    今まで、ノーマル、ハード、ベリーハードしかなかったモードに、
    とってもすごいベリーハードモードが追加されたんです。

    それが、アルティメット・モード。

    まずは、オフラインで、このアルティメットモードを選択。

    感想……。

    めちゃめちゃ凄いです。

    強すぎです。

    ぎょえぇぇぇぇぇぇぇぇ、って感じです。

    今までの最強キャラが、凡人に、平民に、なってしまいました。

    うぅぅぅ。

    なんといっても、敵に攻撃が当たらない。

    当たったとしても、生半可な武器だとダメージを与えられない。

    KIRIKO(私のお気に入りキャラ)のお気に入りであるダブルセイバーという武器があるのだが、
    全然使えない武器になってしまった。

    まぁ、属性がいまいちなので仕方ないのだが、
    しかし、しかし、ここまでダメージを与えられないと、
    いくらお気に入りでも使えない。

    ふぇぇぇ。

    そして、今まで慣れ親しんだ敵が、一新!

    もー、凶悪この上ない姿。

    いやんいやん、って感じ。

    んでもって、強い。強すぎる。

    何度も書くけど、強すぎる。

    いやー、また眠れない日々が続くねぇ。

    で、オフの森を終了して今度は、オンへ。

    すんごいねぇ。

    久しぶりに見たよ。

    ロビーにレベル100のキャラがわんさかわんさか。

    お目当ては、アルティメットモード。

    オフであれだけ強いんだから、オンはどうなってしまうの?
    ってかんじだったのよね。

    で、一人でプレイするのは、ちとつまらないので、
    知り合いを検索して、そこのチームに混ぜてもらおうとおもったんだけど、
    ちと時間が早くて知り合いが人が少ない。

    一人、あいているところを見つけて、潜り込んだら終了してた。

    で、オフの敵の強さにまいってしまった私は、
    知り合いに頼んでアイテム移動をすることに。

    別キャラにわたした装備をレベル100のキャラに移動する。

    ネット上でしか、自分のキャラにアイテムをわたすことができないので、
    結構ネットでは頻繁に行われていることなのね。

    で、やっぱりオンの敵は、やたらめったら凄いらしい。

    二人でも心細いと言うくらい、凄いらしい。

    なので、早速仲間を集める。

    しかし、集めすぎて人数オーバー。

    どうしよう?
    ってなかんじで、そこそこ人数がいるので、
    Ver.2から登場したサッカー場へ行くことに。

    ひろい。広すぎる。

    そして、面白すぎる。

    ネット上、初のサッカーゲーム。

    まぁ、サッカーというよりは、たまケリ遊びに近いんですけど、
    これが、なかなか燃える!

    なんだかんだと一時間近く遊んでいたもんなぁ。

    知り合いを見つけては、呼び出して仲間を増やして遊んでしまいました。

    いかんですねぇ。

    こりゃ、寝る暇もないくらい遊べます。

    このほかにもチャレンジモードやバトルモードと遊べる内容盛りだくさん。

    とりあえず、アルティメットモードを制覇しないとね。

    強いよ、オンのアルティメットの敵は。

    四人で、森を攻略したけど、もう大変だったよ。

    ボス戦で、死にまくりだもん。

    私じゃなく、仲間がね。

    レベルをあげるのも大変そうだし、
    レアなアイテムはどどーんと増えてるし。

    バージョンアップ版とは思えないくらいの内容充実です。

    分かってはいるけど、一つだけ寂しい点が。

    キャラのバリエーションがもっと欲しいです。

    まぁ、いずれ出るであろうファンタシースター・オンライン2では、実現されているかな。

    ドリームキャストで出るのか、
    Xboxで出るのかゲームキューブで出るのか、
    プレイステーション2ででるのか分からないけどね。

    まぁ、一年以上先の話だろうけどね。

    ほんと、楽しいねぇ。

    面白いねぇ。

    また、書くよ、きっと。

    なにをって? そりゃ、秘密です。










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 私設ラグオル探検隊 第一の冒険「システムエラー」

    ――第一の冒険 「システムエラー」

    TORIFU(仮名)を加えた三名で三度ボス戦に挑む。

    が、困ったことにボスかせいる場所へ行く転送装置前に作っといた穴がなくなっている。

    なぜ?

    作るのを忘れた?

    仕方がないので、またてくてくと歩いていく事に。

    エリアマップを見ながら最短で目的地へと行く。

    転送装置の前につくと、早速ロビーへの穴を作る。

    三人で転送装置の上に乗り、早速ボスの所へ。

    ボス戦が始まってから、動きがおかしくなる。

    なんだろ。

    特にTORIFUの動きが変だ。

    はじめはボスに向かって攻撃魔法とかを使っていたが急に動かなくなった。

    じっと立ち止まっている。

    そうこうしている間に、私は死に。

    mame(仮名)も死んだ。

    TORIFU以外みんな死んだのに、いっこうに動く気配がない。

    たまに、回復魔法や攻撃魔法がTORIFUから発せられる。

    でもTORIFUは動かない。

    どーしたのだろう。

    mameと二人で、しばらく死んだままでいる。

    「TORIFUどーうしたんだろう」mame

    「うーん」私

    「もどる?」mame

    「うーん」私

    結局、私たちはTORIFUを残して一端ロビーにもどることに。

    ロビーにもどってしばらくすると、
    仲間の状態を知らせるモニターからTORIFUの名前が消えた。

    あれれ?

    また二人。

    いよいよもってKIRIKOの登場か。

    そのとき、また一人仲間が参加してきた。

    ラッキー。

    レイキャシールのCHAO(仮名)だ。

    うんうん心強いぞ。

    アタッカーが二人になった。

    TORIFUが謎の失踪をしてしまった所へ現れたCHAOは、
    無口だったけど頼もしく感じた。

    そこへ、いきなりTORIFUが登場してきた。

    「ごめんなさーい」TORIFU

    「急になんだか動かなくなってしまって」TORIFU

    「大丈夫?」私

    「たぶん大丈夫」TORIFU

    「なんかサーバーが不安定なのかな」私

    「そうかも。すっごい混んでるもん」TORIFU

    「そっか」私

    システム的に少し不安だけど、ボスとの戦いはこれで何とかなる。

    TORIFUがもどりCHAOが加わり、四人。

    やっとボスを倒せる。

    うんうん、良かった良かった。

    そして、私たちはボスとの戦いに向けて出発した。

    ――おわり










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 私設ラグオル探検隊 第一の冒険「全滅」

    ――第一の冒険 「全滅」

    つよい。

    やっぱり敵が強い。

    mame(仮名)は、とってもつらそうだ。

    洞窟エリアに入ってから、よく死ぬようになった。

    回復のテクニック(ファンタシースター・オンラインでいうところの魔法)を持っていないのかもしれない。

    私は、回復のテクニックを持っているが、
    レベルが低いので仲間を回復することが出来ない。

    そのかわり、KIRIKOからもらったお金がいっぱいあるので、
    回復アイテムはたくさん買って持っていた。

    mameが持つアイテムがなくなってくると、
    私が持っているアイテムをわたす。

    それで、どうにか洞窟エリアの敵と戦うことが出来た。

    洞窟エリアに入ってから、私のテクニックを使うケースが多くなった。

    それも全体攻撃のテクニックを。

    攻撃は最大の防御。

    mameが、敵の波状攻撃によって死ぬ前に敵をやっつける。

    何度も、ロビーに戻ってアイテムを補充しては、
    奥に進んでいく。

    そして、ついに来てしまった。

    ボスがいる下水口へ転送する装置の前に。

    「さて、いきますか」私

    「おっけー」mame

    「死ぬな」私

    「四回は死ぬ」私

    「まじ」mame

    「うん」私

    そう。確実に死ぬ。

    たった二人、それもレベルの低いハンターと、レベルの低いフォマール。

    確実に死ぬ。

    無謀とも思える戦いに私たちは挑んだ。

    転送後三分。

    死んだ。

    いきなり死んだ。

    敗因は、私が先に死んだせいだ。

    困った。

    mameは私を生き返らせるアイテムを持っていないらしい。

    しばし、呆然とmameの戦いを眺める。

    いつ死ぬのだろう。

    死なないわけがないのだ。

    だって、mameは、この敵との戦い方を知らない。

    とりあえず薄情と思われても、mameが死ぬのを待つ。

    死んだ。

    mameも早々に死んだ。

    二人して、ロビーに一端引き上げる。

    装備していたアイテムは、
    ボスがいる場所に残されてしまっているから、
    新しい装備をアイテム預かり所から引き出して、
    再びボスのいる場所へ。

    そう。

    普通なら、また迷路のようなダンジョンを進まなければならないのだが、
    ほぼ確実にこのような状況になることがわかっていた私は、
    ボスの場所へ行くための転送装置の前に転送用のホールをつくっていたのだ。

    それを使い、再びボス戦に挑むべく洞窟へと降りる。

    出発前に、一度使えば消えてしまう転送ホールを作っておく。

    そう。やっぱりまた死ぬのだ。

    うまく戦えば、勝てる自信はあった。

    ただ、長期戦は覚悟の上だ。

    まずは私が死なないようにする。

    そうすれば、何とか勝てる。

    今回、勝てなければ、私は一度KIRIKOに助けを求めようかと思っていた。

    KIRIKOならノーマルのボスなど赤子の手をひねるより簡単に殺してしまえる。

    それか、一端待ち合わせロビーに行き、
    仲間を集めてくることも考えていた。

    しかし、なんとかphianaとmameで決着をつけたかった。

    ここまで苦労してきたのだ。

    何とかしたい。

    ボスと戦い初めてから、
    私たちが使っているロビーに仲間が入ってきた。

    フォニュエールのTORIFU(仮名)だ。

    しかし、今はボス戦。

    途中から戦いに参加できない。

    私は、いまボスと戦っている事をTORIFUに告げる。

    戦いながら話すのも苦労するのだ。

    TORIFUは、私たちの状況を理解して、
    声援を送ってくれた。

    しかし、TORIFUの声援のかいもなく私たちは死んだ。

    あっけなく。

    そして、ロビーに戻りTORIFUと会う。

    「わーい。よろしく」私

    「よろしく」mame

    「よろしく」TORIF

    「これで、ボスを倒せる」私

    「でも私も弱いよ」TORIFU

    「そんなことないよ。この中では一番レベル高いもん」私

    三人なら何とかなる。

    mameとTORIFUがオフェンス。私がディフェンス。

    いい感じです。

    何となく、チームになってきました。

    でも、phianaはチーム「黒の四姉妹」を作るのが夢。

    黒い衣装を身に纏ったフォマール四人のチーム。

    うーん、素敵です。

    ちなみに、KIRIKOは「白の四姉妹」です。
    白いハニュ四人のチーム。

    そういう楽しみもファンタシースター・オンラインならではですね。

    ――つづく










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 私設ラグオル探検隊 第一の冒険「森へ」

    ――第一の冒険 「森へ」

    今度はギルドの依頼を受けずに、ラグオルへ降りる。

    レベルが低いので、ノーマルしか選べないし、森にしかいけない。

    オフラインで、クリアしたエリアしかオンラインではいけないのだ。

    森エリア1から森エリア2へ。

    順調に進む。

    そして、ドームへの転送装置を前にして行き詰まる。

    ロックがかかっていて、前に進むことが出来ない。

    あれれ?

    おかしい。

    すべてのロックは、解除してきたのに。

    どこか見落とした?

    「あれ?」

    「ロックされてる」

    「解除キーを探せー」

    mame(仮名)と別行動を取る。

    あっちこっち走り回る。

    やっぱりない。

    もう一度、転送装置の前に行く。

    突然、モンスターが現れた。

    「きゃーーー」私

    「どうした」mame

    「モンスターがあらわれた」私

    「すぐいく」mame

    「こいつらが、キーだ」私

    「だな」mame

    遠く離れたmameが、駆けつけ、二人で、一気に敵をやっつける。

    転送装置へ行くロックがはずれた。

    これでドームに行ける。

    よしよし。

    ドーム前の敵もすべて片付け、いよいよドラゴンとの戦い。

    レベルが低い私たちは、やっぱり先ほどと同じように敵を倒すのに苦労する。

    与えるダメージが低く、なかなか倒せない。

    仲間は、mameだけ。

    やっぱり二人はつらい。

    でも倒せない相手じゃない。

    時間はかかったが、ドラゴンを倒す。

    落ちているアイテムを拾い集め、ロビーに戻る。

    ふぅ。

    一息入れ、次の目的地へ。

    洞窟エリア。

    今の状況だと、少々きつい感じ。

    さぁて、どうなる事やら。

    ――つづく










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    ファンタシースター・オンライン 私設ラグオル探検隊 第一の冒険「クエスト」

    ――第一の冒険 「クエスト」

    まずは、mame(仮名)と一緒にオンライン・クエストでネットプレイ。

    ギルドカウンターに行き、ギルドの依頼を見る。

    手始めに「奪われたヒートソード」という依頼を見る。

    どうやら、依頼主はドラゴンとの戦闘中に愛用していたヒートソードを飲み込まれてしまったらしい。

    そのヒートソードを取り返してきてくれ、
    と言うのが依頼だ。

    うんうん、これにしよう。

    私は、ギルドにこの依頼をする旨を伝える。

    すると、依頼主のホプキンス登場。

    ヒートソードを取り返してきてくれと、泣いて頼まれる。

    そこまで、言われたらやるっきゃないでしょ

    早速、私とmameは、ラグオルへ転送する。

    ラグオルの森。

    相変わらずの美しい風景。

    これで、モンスターがいなければ、いいんだけど。

    当然のように出現する。

    次から次へと出現するモンスター。

    ハンターのmameは果敢にモンスターを倒しに全面に出ていく。

    phianaは、遠距離から、テクニック(魔法)を使い、
    敵にダメージを与える。

    まだ、レベルが低いからmameを助けることもままならない。

    せめて、回復テクニックのレベルが高ければ、
    mameの体力も回復させてあげられるのに。

    とっても残念。

    やられたら、自分で回復してね、mame。

    そう、思いながらせめて、
    敵をやっつけるのを楽にするためにばんばんテクニックを使用する。

    やっつけてもやっつけても敵は出てくる。

    phiaaにとっては、いつもの光景だが、
    mameにとっては新鮮だったに違いない。

    そう。

    オンライン時の敵は、数も強さもオフライン時と違うのだ。

    とりあえず、エリア内の敵をすべて倒し、ひとまず休憩。

    オンライン時の初戦闘の感想を話し合う。

    やっぱり敵の数に驚いたようだ。

    二人で、ラグオルの敵を倒しながら、
    いろいろとmameの質問に答えていく。

    遂に、ドラゴンがいるドームの前についた私たちは、
    一度、ロビーに戻りアイテムの補充をする。

    mameが前にドラゴンと戦ったときの話をした。

    「ダメージをなかなか与えられない」と。

    そう。ドラゴンにも弱点はある。

    それは、頭。

    頭を狙えばいいのです。

    mameに、ドラゴンの攻略のヒントをおしえてからドームに転送する。

    KIRIKOなどは、自らダメージを貰いにいくマゾだからね。

    ダメージを食らうと、
    フォトンブラストを発動させるためのゲージが上がるからだ。

    だから、たまにマゾ的な行動に出るときがある。

    しかし、phianaは別。

    全然体力がないので、ドラゴンの攻撃を二度食らえば確実に死ぬ。

    炎の攻撃でも四回か五回食らえば、確実に死ぬ。

    だから、mameがドラゴンの地中攻撃を必死で逃げ回っているのを、
    安全な場所からじっと見ていたよ。

    ごめんね、mame。

    でも、ハンターは、
    やっぱり安全なところに逃げていちゃ駄目だからね。

    先陣を切って敵に向かっていかないと。

    どうにか、こうにかドラゴンを倒した私たちは、
    依頼主ホプキンスの所へヒートソードを返しにいく。

    ホプキンスは、約束通り私たちに報酬をくれた。

    100メセタ。

    まあ、こんなもんだろ。

    クエストを終えた私たちは、待ち合わせロビーに帰る。

    mameは、興奮気味に「やっぱ面白いな。一人でプレイするのとは全然違う」

    そうだろ、そうだろ。

    何たって、ファンタシースター・オンラインだからね。

    ファンタシースター・オフラインじゃないんだから。

    これは、もうプレイしてみないとこの楽しさはわからないよな。

    再び、私たちはラグオルへの冒険を開始する。

    今度は、mameがチームを作る。

    ――つづく










    テーマ : オンラインゲーム
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : セガ RPG ACG ファンタジー SF 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー