ファイナルファンタジー11

    随分懐かしいタイトルだな。

    もうかれこれ二年前ですね。

    私がプレイしていたのは。

    この二年の間に随分変わりました。

    まず拡張ディスク「ジラートの幻影」「プロマシアの呪縛」の二本が発売されました。

    これだけでもすごいけど、
    今では海外のプレイヤーもいっぱい。

    サーバーの稼働時間とか効率を考えると、
    時差が十二時間ずれているというのは、
    実にコストパフォーマンスがいい。

    と、今更二年前のネタを再び書くのには、わけがある。

    また、はじめたんだよねぇ。

    友人がやっていると言うことで、
    一緒にやりましょうと言われ、
    いいよ、
    と。

    と、言うことで久々にPS2をネットに接続。

    拡張ディスク「ジラートの幻影」をインストール。

    「プロマシアの呪縛」も発売後にインストール。

    ビックリしたのは、プレイオンラインの登録データが残っていたこと。

    当時プレイしてフレンド登録したリストがまんま残っている。

    いやー、懐かしかったです。

    そんなこんなで、はじめるまでに友人からワールドパスをもらい、
    アップデートをひたすら待ち、
    と相変わらず時間がかかる。

    ワールドパスは仕方がないとして、
    さすがに二年間ほっといたから、
    いっぱいアップデートが有り、
    時間かかったなぁ。

    拡張ディスクのアップデートもあったりで、
    大変でした。

    まぁ、予想していたとおりだったから、
    暇な週末、
    本を読みながらやっていたけどね。

    で、昔使っていたキャラ名を使おうとしたら使えなくてがっくり。

    もうすでに使っている人がいるんだね。

    と、言うことで違う名前に。

    で、まぁ、なんだかんだといろいろあって「Phiana」という名前でプレイ中。

    いやー、なんというか、かんというか、すごく快適です。

    もう昔プレイした同じゲームとはとても思えない。

    やっぱり、進歩してんだねぇ。

    競売所もちゃんと機能しているし。

    バザーも充実しているし。

    レベルも全体的にばらけているし。

    何しろお手伝いという環境があるのがいいよねぇ。

    ホント、まったく別のゲームと言っていいです。

    で、一緒にやりましょうと言った友人は、
    当初全然ネットに入ってこないし。

    気がつけば、友人よりもレベル上がってしまったり、
    仕方がないので、他のジョブをあげて一緒に出来るようにしたり。

    そんなこんなも楽しくやっております。

    友人の会社の人のリンクシェルに入れてもらったり。

    昔は、リンクシェルを買って仲間を作るのが夢みたいな感じだったもんなぁ。

    まぁ、実際、昔プレイしていたのは三ヶ月ちょっとって感じだったし。

    もう良くなったことを書き始めたら一回や二回では、
    書ききれないね。

    これからはじめる人は、すごくいいかも。

    実際、私も会社の後輩を引き入れたし。

    ゼロから環境を整えても、昔ほどハードル高くないし。

    今更、初心者として入るのは、ちょっと、と思っている方。

    逆に今の方が、いいかも。









    スポンサーサイト



    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 18

    お久しぶりです。

    ここんとこ、ネタらしいネタがなくて書いていませんでした。

    実際、忙しくてなかかなゲーム自体出来なかったりしたのもあるんですけどね。

    武器スキルのアップを一生懸命やっていたり。

    町中で、会話を楽しんでいたり。

    バザー品のアイテムをいろいろと探していたり。

    と、まぁ、それなりに遊んではいたのですが、いかんです。

    たぶん、今月でこのゲーム終了します。

    ゲームに飽きたとかと言うよりも。

    ゆっくりと時間がとれる週末に全然アクセスすることが出来ずプレイしていない。

    さすがに、金払っているのにプレイできないので、
    もういい加減頭にきたのでゲーム終了です。

    金払いたくないから、イコール、ゲーム・オーバーです。

    まぁ、今月分の金は払っているので、
    月末までに改善されるようだったら、
    また一月のばしてもいいかな。

    と、思っているけど、たぶん改善されないだろうなぁ。

    まだまだ行っていないところが、いっぱいあるんだけど、
    金だけ払ってゲームが出来ないのは、イヤだからなぁ。

    平日は、トラブルがない限り問題なく繋がるんだけどゲームする時間なんて一時間か二時間くらいだから、
    たいして遊べないんだよね。

    のんびりゆっくりプレイするのは、全然OKです。

    だけど、何度も書くけど好きな時に好きな時間だけプレイできないのは、やっぱり問題です。

    と、いうわけで総論。

    ファイナルファンジーXIは、とっても良くできています。

    たか~いお金を払ってでもやる価値があるかどうかはその人個人によって違うでしょうが、
    まぁ、投資した設備等は他のゲームでも使えるからね。

    とりあえず今のところは、このゲームしかないけど。

    あちきは、このゲームが終了したらPS2では「信長の野望 オンライン」にちょっと期待しているので、
    そっちをちろっとプレイしてみようかと思っております。

    と、いうことで、たぶん今回でこのシリーズは終了だな。

    あと半月あるので、どうなるか分からないけど。

    ではでは、いずれどこかのネット上でお会いしましょう。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 17

    このゲーム、とりあえずジョブレベルの上限が判明した。

    レベル50でカウンターストップ。

    今のところは。

    レベル100までは、考えているそうだけど、
    新規参入&時間がとれなくて(アクセスできなくても入るだろうな)プレイがなかなか出来ない人と、
    ヤリ込み派の格差を少なくするために、当分この上限のままらしい。

    すでに発売されてから約一ヶ月。

    もうカウンターストップになったプレイヤーがいるというから凄いもんだよ、ホント。

    死ぬ気でやっているんだろうなぁ。睡眠時間削って。

    それで、自分的なプレイネタは、
    最近忙しいのと繋がらないことによって、
    あまりネタになりそうなのがない。

    戦士6人でパーティーを組んだ戦いの苦労する楽しさとか、
    几帳面にもパーティー構成を理想に近づけようとするリーダープレイヤーとか、
    敵から逃走する時にパーティーからはずれて自分だけ安全にとんずらするプレイヤーとか、
    とかとか、ホントプレイしている私は楽しい状況にいっぱい遭遇するのですが、
    ネタ的にはどうもなぁ、というのがいっぱいです。

    ホント、ネットゲームって人が相手だから楽しいよねぇ。

    コレがコンピュータだと、腹立たないんだけど、
    人がプレイしているから腹が立ったり、
    よろこんだりするんだよねぇ。

    ファイナルファンジーXI関連の掲示板を読んでいると、
    まだその手の話題って少なくて、
    どちらかというと金の話やアクセスの問題とか、
    攻略がほとんどで、
    こんなヤツいたーといった話が少なくて、
    ちょっと寂しいです。

    良い人も悪い人も含めてね。

    このゲームが初めてのネットゲームという人には、
    少しでも良い想い出になるようなプレイヤーと出会って欲しいですねぇ。

    ネットゲームって楽しいね、と思ってくれるような。

    システム云々でつまらんというのは、どうしようもないけど、
    プレイしていて楽しいと思えないというのはやっぱいかんです。

    単調なレベル上げのパーティープレイだって、
    人とやるから毎回いろいろなドラマが生まれるわけで、
    自己の利益ばかりを追求しているから楽しさが見えないんでしょうなぁ。

    まぁ、コレを読んでゲームをプレイしたくなったら、
    まずはあちきと楽しくプレイでしましょうや。

    と、いうことで今回はコレまで。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 16

    土曜の夜に強制的(突然だよ突然。頭きたなぁ)にログアウトになって、
    その後つながらくなって、
    日曜はほとんど終日繋がらなくなってやっぱり週末はダメだなぁ、
    なんて思ってF1見てました。

    さてさて、相変わらず不満ぶちぶちで、
    スタートした当コーナー(コレはコーナーだったのか。知らなかった)ですが、
    不満に思いつつもプレイしているのは、
    それなりに楽しいからであります。

    いつも書いてるけどさ。

    パーティープレイは、楽しいよ。

    ただね、目的がはっきりしないプレイは、イマイチなんだよねぇ。

    この目的がはっきりしないパーティープレイとは、
    よーするにレベル上げのためのパーティー。

    個人でレベル上げするよりは、全然楽しいです。

    ただね、やっぱ単調なんだよなぁ。

    倒した敵の経験値を見て、
    おいしいだのまずいだの言ってモンスターを倒していく。

    敵が強いと、コレはコレで楽しいのよ。

    ちゃんと協力しないと倒せないから。

    でもね、やっぱイマイチだなぁ。

    ミッションやクエストをクリアするために一緒に行動するのとは訳が違う。

    ミッションやクエストのクリアには、
    明確な目的があるからみんな一生懸命楽しくワイワイです。

    レベル上げは、一応目的があるけどやっはぱり単調なんだよね。

    あちきもサポートジョブを取得できるレベルが18以上と途中から決められてしまったので、
    仕方がなくレベル上げを目的にパーティーを組んでいたりしたのですが、
    やっぱイマイチなんだよねぇ。

    楽しいプレイヤーと一緒だと、気にならないんだけど、
    つまらないプレイヤーといると早々にゲーム終了です。

    効率悪いけど、一人でやった方が全然いいなぁ、
    と思ってしまう。

    思うだけで、やらないんだけどさ。

    やらないと言うより、やれないんだけどね。

    まぁ、なんにしてもレベルが二桁になるあたりからは、
    一人よりもパーティーでレベル上げした方がいいです。

    はじめから(レベル1からね)パーティーでやろうとしても、
    たぶん誰も一緒にやってくれないと思います。

    知り合いでもいない限り。

    あからさまに拒否するパーティーもいるからなぁ。

    そのジョブならレベルいくつ以上じゃないと邪魔だからね。

    そんな会話がちらほらと。

    そーそー。

    プレイするならバストゥークは、お薦めらしいです。

    と、他の国からきた人が言っていました。

    街は、広すぎるくらい広いし、噴水広場は活気があっていいし。

    なんやかんや。

    他の国は、最近でこそ他国の人が来るようになって良くなったらしいが、
    はじめの頃はすごーーく静かで閉鎖的だったらしい。

    ここも似たり寄ったりのような気がするけどなぁ。

    なんて言ったら、ソートー違うと言っていた。

    まぁ、他のワールドサーバーはどうか知らないけど、
    私のいるサーバーは、そうらしい。

    まぁ、街の広さだけは、どこの国よりもスゴいからここをスタート地点にすると迷子になるけど、
    迷子になる感覚はここでしか味わえないからなぁ。

    そー言えば、あちきは他国まで行ったことないなぁ。

    船で、ウィンダスにはすぐいけるんだけどさ。

    こんど、行ってみっかな、ネタのために。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 15

    遂に、判明! と、いうほどのことではないですが、
    私がプレイしているサーバーの呼称が判明。

    Quetzalcoatl=ケツァクウァトル

    と、いうらしい。

    ファイナルファンジー関連の名称だということは、
    分かっていたが、なんなんだコレ?

    と、言ったらファイナルファンジー8の召還獣の名前らしい。

    プレイしたんだけどなぁ、ファイナルファンジー8。

    いたかなぁ。よく思いだせん。

    まぁ、えぇ、些細なことだ。

    平日は、スムースにネットに繋がり快適快適。

    やっぱ、問題は週末だよなあ。

    特に遅い時間につなげた場合。

    この前、ちょっとネタ集めにこのゲームのことをネット検索したんですよ。

    思った通り「繋がらないで文句を言う人」が、結構いたなぁ。

    掲示板の場所にもよるけど。

    ちなみに「2ちゃんねる」は個人的に好きではないので、まったく見ません。

    「スクウェア様これ以上ソフトを売らないでくれー」という感じの発言が多かったなぁ。

    そんなこと書いてもダメだよ。

    スクウェアはね、
    ユーザーよりも自社の利益が大切だから。

    なんて思ってしまいました。

    で、平日は快適快適な状態で、ゆっくりのんびりプレイしています。

    相変わらず死にまくっています。

    大体、ゲームを始めた時の経験値と同じかそれ以下で終わる日が多い。

    いかんなぁ。

    だから全然レベルが上がらないんだ。

    なぜレベルが上がらないかと言うと、死ぬから。

    なんて簡単なんだろう。

    これがねぇ、死なない方法はないんだよ。

    どーしてかと言うと、それは、ひ・み・つ。

    やってみないと分からないよ、ホント。

    パーティー組んでても死ぬからなぁ。

    経験値が死ぬと1%目減りするというのは、
    すごーーーいプレッシャーをプレイヤーにあたえるよ。

    あちきなんて、一人の時は本当に臆病者状態。

    昨夜も一人で狩りに行っていて、
    まぁ、適当なモンスターのゴブリンくんを相手に戦っていたら、
    突如仲間のゴブリンくんが登場。

    一匹なら余裕でも、二匹を相手にしたら絶対に死ぬ。

    と、言うことで早々に逃走開始。

    逃げ切れるか分からないけど、なんとかなるだろうと

    もしかしたら誰かが助けてくれるかも、、、。

    なんて、甘い期待に胸をふくらませていたら、しっかり助け人現る。

    らっきー。

    ということで、その場で回復開始。

    戦闘が終わったらお礼をと思ってみていると、
    なんかヤバイ雰囲気。

    二匹のうち、一匹はまくことが出来たけど、
    この残る一匹を相手にしてくれているのだけど、
    全然決着が付かない。

    それどころか、二人組のパーティーだったんだけど、
    回復役の台詞が、そのパーティーのやばさを語っていた。

    「ごめん、もう限界」

    もう回復してあげるマジックポイントが切れたことを告げていた。

    あちゃー。

    回復途中だけど、決して強い敵ではないので相手を替わろうとして立ち上がる。

    他にも同じように助けに来てくれたプレイヤーが横で心配そうに立っている。

    モンスターのライフと戦っているプレイヤーのライフをチェック。

    ダメだ、こりゃ。

    すかさず助けようとキー入力をはじめたとたん、
    ゴブリンのクリティカルヒット。

    がーーーん。間に合わなかった。

    かくなる上は、敵討ち。

    と、思っていたら横にいたプレイヤーの方が一足早くゴブリンくんにアクション開始。

    やることがなくなった私は、また回復開始。

    アッという間にゴブリンくんを退治。

    一応、その彼にお礼をいう。

    しかし、先に助けてくれた人のことで、二人して意気消沈。

    パーティーで生き残ったプレイヤーに声をかけようとしたら突如ログアウト。

    あらら。

    なんとも後味の悪い結末です。

    それから再びモンスター狩り。

    そして、またたまゴブリンに襲われる。

    今度は、三匹。

    こりゃいかん。

    と、思っているうちにあれよあれよとライフがレッドゾーン。

    それまで相手にしていたゴブリンくんに、
    めちゃライフを削られていたからなぁ。

    と思いながら、危機をかぎつけた多くのプレイヤーが助けに来てくれたのに、
    しっかり間に合わず昇天。

    コレで、スタート時点の経験値よりも少なくなってしまうというわけです。

    ふぅ。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 14

    考えてみれば、結構、基本的なことを書いていなかったような気がする。

    今まで、ある程度よりも、
    もう少し知識がある人にむけて書いていたような気がする。

    なので、十四回目にして、ちょっと「ファイナルファンジーXI」の基本的な話を書きましょう。

    このゲームは、何度も書いていますがオンライン・ゲームです。

    オンライン・ゲームとは、
    インターネットを交いして赤の他人と一緒に遊ぶことができるゲームです。

    インターネットが、本当の意味で普及してきたからこそ出来るゲームです。

    「ファンタシースター・オンライン」の時に、
    さんざん書いた人とのコミュニケーションの楽しさが、
    オンライン・ゲームの最大の面白さです。

    栃木の友人とも岡山の友人とも一緒に遊ぶことが出来るゲームなのです。

    で、「ファイナルファンジーXI」は、
    「ファンタシースター・オンライン」とは、
    ちょつと違ったゲームシステムのオンライン・ゲームです。

    「ファンタシースター・オンライン」は、
    MORPGと呼ばれるネットワークロールプレイングゲームです。

    かたや「ファイナルファンジーXI」は、MMORPGと呼ばれるネットワーク・ロールプレイングゲームです。

    どこが違うのか。

    Mが多いか少ないかの違い。

    その通り。

    MORPGは、10人以下の少人数で世界を共有する
    タイプのRPGで、MMORPGは数百人から数千人規模のプレイヤーが同じ世界を共有して遊ぶロールプレイングゲームなのです。

    ファンタシースター・オンライン以外にもMORPGで有名なのを上げるとDIABLO(ディアブロ)という海外のオンラインゲームがあります。

    このDIABLOは、海外では本当に大ヒットしました。

    今は、日本語に完全対応して遊べますので、
    興味のあるかたはぜひ。

    で、MMORPGの代表作といえばウルティマ・オンラインでしょうねぇ。

    最近では、エヴァクエストかな。

    そっか、今は韓国産が日本ではマスコミにも取り上げられて有名なのか。

    で、あるからして、本来ネットワークゲームって、
    こーなんだろうなぁ、なんて映画で見たヴァーチャルな世界のゲームを想像しているかたは、
    「ファイナルファンジーXI」のゲームの方が想像に近いと思います。

    ヴァナ・ディールという一つの世界を、
    ネットワーク上(厳密には違います)に構築して、そこで遊ぶ。

    この「遊び」の部分も人それぞれ。

    私のように、ミッションをこなしたりクエストをこなしたりレベル上げをしたりという、
    基本的なロールプレイングゲームの遊びをしている人間もいれば、
    全然そんなことをせずに(本当にいるのかしらないが)釣りばっかりやっていたり、
    工場で働いてアイテムをつくって売ってばっかりしている人も、
    自分にあたえられた部屋のインテリアに凝ってみたり、
    ひたすらおしゃべりに花をさかせている人もいるわけです。

    その世界で、どんな風に遊ぼうとも自由なのが、MMORPGというわけです。

    語弊があるな。

    自由に出来る選択権の話ではなくて、
    まぁ、世界に浸れる度合いが高いのがMMORPGだと思ってください。

    実際、街の中は本当に賑やかで、うるさいくらいです。

    別に声が聞こえてくるわけではないですよ。

    でも、そう表現したくなる光景が街の中にはあります。

    一つのヴァナ・ディールに約1200人だったかな。

    が、存在しているのです。もちろんマックスの話。

    たったと思うか、すごーいと思うかは人それぞれですが、
    実際プレイしていると本当に1200しかいないのか?と思ってしまいます。

    本当は、もっといるんじゃないの?

    なんて思ってしまうくらい、キャラクターが動き回っています。

    私自身ネットワークゲームは、
    初めてではないのですが、
    MMORPGは初めてだったので、
    これはやはり驚きでしたね。

    よくぞまー、という感じです。

    ファンタシースター・オンラインのごちゃごちゃとロビーに人がいるのとは、全然違います。

    暇な時は、ついついネットに接続して(繋がらなくぶーぶーの時がいっぱいありますが)ヴァナ・ディールで、ちょこちょこと遊ぶ。

    いやー、ひきこもりの私には、ピッタリですね。

    金銭的にも引きこもらないといけない私としては、
    なおさらです。

    ちょっと敷居は高いですが、高い敷居を乗り越えた先には、
    たぶん満足できるレベルの楽しさが存在しているはずです。

    ほんと、もう少し敷居が低ければなぁ。

    と、プレイするたびに思ってしまう今日この頃。

    では、また次回をお楽しみに。

    MORPG:Multi-player Online Role Playing Game
    MMORPG:Massively Multi-player Online Role Playing Game










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 13

    やっぱりWindows版の要求スペックは高かったねぇ。

    具体的に書くと、これを読んでいる読者はついてこれないので書きませんが、
    推奨は今売っている一番高いディスクトップのマシンじゃないと駄目と言うことです。

    まぁ、それ以下でも動く環境はあるのですが、
    それは、興味を持った人が自分で調べてください。

    自分の家のパソコンで動くかどうかを気にしている方。

    一年以内の安いパソコンを買っていない方で、
    ノートパソコンでなければ動く可能性があります。

    それ以外は、無理ですね。

    と、いうことでパーティープレイの話。

    いつものように一人でしこしことプレイしていると、
    パーティー参加のお誘い。

    もちろん、コチラでパーティー参加の希望を出していたので、
    当然といえば当然。

    で、まぁ、それからちろっとやりとりがあって合流。

    このプレイヤーさん、とってもいい人です。

    たぶん、今のところ一番良い人です。

    とりあえず初めてのフレンド登録者です。

    で、まぁ、とりあえずその人と二人でプレイ。

    どーも、私のことを女性かな?と疑っていたようです。

    別にネッカマ気取っているわけでもないんだけど、
    どうしても丁寧な言葉を使ったりしていると、
    キャラのビジュアルが女性だからそう思われてしまうようです。


    一応、ネカマではないっ、と強く否定しましたけどね。

    その人も「ヒューマーの女性キャラを使っているのは十中八九、お・と・こ」だと強く主張していました。

    もちろん、その中に私も入っているわけです。

    で、この人。うーーん、ソルトさん(仮名)としましょう。

    私と同じ社会人です。

    ネットゲーマーです。

    ラグナロックをつい最近までプレイしていた模様。
    ラグナロックとは、韓国でチョー人気のネットゲームです。

    確かOFF-SIDEもプレイしているといっていたなぁ。

    で、あちきの知り合いにもプレイしている人がいるよと教えときました。

    おっと、またまた脱線。

    で、この人はうまかったなぁ。イコール楽しかったです。

    二人では、ちょっとつらくてもう一人勧誘して、
    戦士三人という構成で、スゴーく楽しくプレイ。

    このゲームで、戦士だけというのは、
    結構なれていないとつらいのよね。

    二人の時は、各自一回ずつ昇天しました。

    あーーー、経験値がぁぁぁ。

    で、三人に。

    「とて強(「とても強い」と表示されるモンスターのことを「とてつよ」とみんないっている)」をばんばん?(実際は、倒しては休み倒しては休み)倒して経験値を荒稼ぎ。

    その後、途中参加のプレイヤーが寝落ち。

    で、やっぱり二人だとキツいので、またまた勧誘。

    サポートジョブを持っている白魔道士さんを仲間にいざ鎌倉、、、もとい、砂丘地帯へ。

    いこうと思って、港町から出ると、そこはゴブリンだらけ。

    誰かがいっぱい引き連れて逃げてきたのね。

    困った。

    どれくらい困ったかというと、
    街から出られずに出入り口にたくさんのプレイヤーがたまるほど、
    困った状況。

    あの数を相手に出来るパーティーもプレイヤーも、
    いないという状況。

    で、途方に暮れていたのですよ。

    と、そこへナンパ?勧誘?されるわ・た・し。

    ソルト(仮名)曰く。

    女キャラは、トクだなー。

    へへ。

    PSOでも同じ状況だったなぁ。

    と、いうことで、外の状況をみんななんとか打開しようと、
    徒党を組んでの攻撃態勢。

    やんややんやとパーティーの人数を増やして、戦力補強。

    1パーティー6人の構成。

    あっちでもこっちでも、大意変なにぎわい。

    とりあえず、構成マックスのパーティーになったので、
    少しでも状況を打開しようと街の外へ。

    あらら、すでにゴブリンの大群が、閑散と散らばっている。

    他のパーティーが、行動したのでしょう。

    いい感じです。

    リスクは、少ない方がいい。

    と、いうことで出来るだけゴブリンを避け、
    海岸までまっしぐら。

    勧誘してきたパーティーが、
    魚をターゲットにしていたので、
    魚を捕まえにいく。

    元ソルト・パーティーは、
    経験値さえ稼げれば何でもOKのパーティーだから依存はない。

    で、この勧誘されたパーティーのリーダーが、
    私が見てもへぼい。

    ソルト(仮名)は、うまいなー、と思うことしばしば。

    このニュー・リーダーは、いかん。全然いかん。

    なれてない。

    ソルト(仮名)とは、大違い。

    これならあちきの方がいいかも、
    と本気で思ってしまったほど。

    で、まぁ、それなりに経験値を荒稼ぎ。

    たまるたまる。

    しかし、だんだんと寝オチするパーティーメンバー。

    結局、元ソルトのメンバー三人とニューリーダーのみに。

    コレが、また悲劇の元。

    とんでもシープです。

    羊くんに手を出して、全員スリープ。

    攻撃を受けたプレイヤーは目を覚ますんですが、
    それ以外は夢見る人に。

    ソルトが死に。

    私が死に。

    その間にも果敢に攻撃はしていたから、
    元ソルト・メンバー白魔道士の順番の時になんとか撃退。

    しかし、二人は、死んだ場所から、
    すごーーーく遠い場所まで戻らなければならない。

    なので、そのままパーティー解散後寝落ち。

    いやー、その日は結局朝方までプレイしていたなぁ。

    それくらい楽しいのですよ、このゲームは。

    ぶーぶー不満を書いていますが、面白いんだよ、ホント。

    もちっと、素人さんでも気軽に楽しくプレイできる価格と環境が手にはいるなら、
    みんなに強制的にすすめるくらい楽しいです。

    と、いうことは価格に見合っていないのか、
    といわれてしまいそうですが、
    そんなことはないですけどね。

    ただこれ以上にコストパフォーマンスに優れたファンタシースター・オンラインというネットゲームが存在しているので、
    相対的に素人さんにはあまりお勧めしていないということです。

    さぁてと、今日はどんな人と出会えるのでしょうねぇ。

    パーティープレイをするつもりはないけどね。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 12

    さてさて、いよいよWindows版の「FFXI」のテストが開始される。

    どの程度のマシンスペックが要求されるのか、
    詳しくは興味がないので知りませんが、PS2でプレイするよりは、
    比較的リーズナブルにプレイ環境が整うのではないでしょうか、、、、たぶん。

    ちょーハイスペックの可能性が高いけど。

    すでにネット環境バッチシのPCなら、
    マシンスペックだけを気にするだけですみそうです。

    で、Windows版は、PS2のユーザーと同じサーバーで遊べるそうです。

    で、PS2ユーザーは、すでに取得しているIDでパソコン版が遊べるそうです。

    もちろん、ソフトを購入しなければなりません。

    と、いうことは私なんかは家と会社でFFXIが遊べるようになるわけです。

    しかし、Windows NTに対応するとはとても思えないので、
    コレはちょっと現実的ではありません。

    えっ、対応していたら本気で会社で遊びそうだって。

    うーーーん。仕事忙しいからなあ。
    そんなことしている暇ないだろうなぁ。

    えっ、やっぱり考えていたんだな、だって。

    ぎくぅぅ。

    マシンスペックがなぁ。

    Pentium IIIだからなぁ。

    ほーら、やっぱかんがえていたんだ、だって。

    ぎくぎくぅぅぅぅ。

    と、いうことで本題。

    やっぱり、アクセスが集中して使えない時間がある。

    障害報告が出ていないから、そう勝手に判断しています。

    で、そんな逆境にもめげずにプレイしているのは、
    やっぱり楽しいからです。

    そーいえば、またまた余談だけど、やっぱりマスコミは、
    スクウェアのサーバートラブルに関しては、
    すごーーく好意的なことをコメントしている人が多いなぁ

    その後のアクセス集中で使えないことがしばしばあることは、
    全然語られていないなぁ。

    ファンタシースター・オンラインの時とは、偉い扱いが違うよなぁ。

    トラブルが出ると、それ見たことか、早すぎるんだよといいながら、
    今回は出て当たり前、よくぞ数日で使えるように直しただって。

    笑っちゃうよね。

    で、あんまり詳しく書くと、何だかセガ信者と間違われるので、
    なんで笑っちゃうのかは読んだ人の判断におまかせします。

    やっぱ、ネットゲームは、ネットゲームの楽しさがあります。

    それは、なにかと申しますとコミュニケーションです。

    まぁ、その辺りのことはファンタシースター・オンラインでさんざん書いてきたので、
    今更その事について詳しく書くつもりはありません。

    で、いままでパーティープレイについては、
    あまり書いていなかったので、
    今回からネットゲームの本流パーティープレイについて書こうかと思います。

    パーティープレイ。別名、乱交プレイ。

    えっ、違うって。

    めんご。

    セクハラ?

    うちの会社いると、どーもセクハラという言葉が持つ本来の意味を忘れてしまうんだよなぁ。

    と、いうことでパーティープレイ。

    二人以上で一緒に組んでプレイすること。

    楽しいですよー。

    ファンタシースター・オンラインなどのネットゲームをプレイしたことのある人なら、
    今更説明不要です。

    その楽しさは、
    この接続環境がとってもチープ(現状そう言わざるを得ない)なネットゲーム「ファイナルファンジーXI」でも一緒です。

    で、困ったことにパーティーで行動すると、
    どーしても長くなる。

    コレは、ファンタシースター・オンラインの比ではない。

    PSOは、フロアや中ボスといったある程度区切りとなる部分が存在していたので、
    そこでプレイを中断しやすかった。

    しかし、FFXIにはそれがない。

    気がつくと、六時をまわっていたりする。
    午前か午後かは想像におまかせします。

    なので、平日は無闇にパーティーを組んでプレイできない。

    時間指定で初めにお断りしてもついつい長くなる。

    困ったねぇ。

    楽しいからいいんだけどさ。

    で、楽しさの秘訣がパーティーのリーダーによるところが大きい。

    システム的なリーダーというより、
    パーティーを引っぱっていくアクティブなプレイヤーのことだね。

    システム的なリーダーとイコールの場合が多いけどね。

    私なんかは、いまだにリーダーをやったことがありません。

    システム的にも、プレイ的にも。

    己を知ってるというんですかね。

    まぁ、中には私がこのパーティー引っぱた方が絶対効率いいなぁ、
    なんてこともしばしば。

    で、私の知っている範囲でいうと、うまい人は、
    今までにネットゲームをプレイしてきた人。

    で、結構多いんですよ、ネットゲームマニアが。

    わたしFFマニアが多いと思っていたんですけど、
    そーでなかったみたい。

    今後は、増えてきそうだけどね。FF大好き人間が。

    このFF大好き人間のネットゲーム初心者がいるパーティーは、非常につらい。

    すべてとはいわないけどね。気がつくといる。気にするといる。

    って感じです。

    で、つまらないプレイヤーの話は、そのうちに機会があればするとして、
    面白いプレイヤーに会うと、
    やっぱり時間を忘れてプレイしてしまいます。

    と、いうところで、ちょっと長くなったので、
    詳しくはまた次号で。

    ではでは。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 11

    さてと、とりあえず普通につなげられましたです。

    良かった良かった。

    昨夜の話ね。

    で、その前に死んで失った経験値を求めて、
    再びチロッと経験値稼ぎ。

    一時間くらいじゃ、ほとんど意味ないんだけど、
    まぁ、何があるか分からないから、とりあえずプレイプレイ。

    お化け羊の子供とでも言うべきマッド羊をばったばったと倒しまくる。

    で、調子にのって倒していたら、なんかやたら敵の攻撃回数が多い。

    げっ!

    もしかして、リンクしてしまったのか?

    がちょーーーーーん。
    (なんか新鮮だなぁ、この表現)

    死角からマッド羊が攻撃していた。

    ヤバイ。

    一匹なら楽勝だけど、二匹は絶対死ぬ。

    しかし、二匹つれて逃げ切れる自信なし。

    で、最初にアタックした羊の息の根を一気に止める。

    で、そそくさともう一匹から逃げる。

    が、やっぱりつらい。

    がんがん減っていくライフゲージを見ながら、あーあま死ぬのか、、。

    こいつは、レベルダウン必死だな。

    ショック。

    と、思っていたら、通りすがりのガルガとヒュームがお助け行動に出てくれた。

    こいつは、ラッキー。

    逃げるのを止めて、マッド羊くんを捕まえやすいようにする。

    で、ヒュームの(たぶん赤魔道士)KIRIRI(仮名)くんが、先制。

    あちきはKIRIRI(仮名)くんの戦闘を傍観しながら一休み。

    良かった良かった。

    戦闘終了して、KIRIRIくんにお礼する。

    「サンクスフレンズ。助かったわ」

    「どういたしまして」とKIRIRIくんも一休み。

    私より回復が早かったKIRIRIくんが立ち去る時改めてお礼。

    「お互いがんばりましょう」とKIRIRIくん。

    で、回復完了のKirikoも再び戦火の中へ。

    しばし獲物を追いかけ回して、ぼーと次の獲物を索敵していると、
    後ろから走って通り過ぎた一人のヒューム。

    あら、彼は私の命の恩人。

    彼の後ろを一匹のゴブリンが。

    あらら、追われているのね。

    いいわ、助けてあげる。

    の前にモンスターチェック!

    、、、、、、。

    ごめんね、KIRIRI(仮名)くん。

    ヘルプにいったわたしまで死んでしまうモンスターなのよ。

    ぐるーーーと、私の前を円を描きながら走っていくKIRIRIくん。

    あー、なんか私に頼っている気が、、、、。

    そのまま、丘の陰に隠れて視界から消えていく。

    そして、モニターに一つのメッセージが。

    「KIRIRIはゴブリンに倒された」

    ほんとうに、ごめんね。

    薄情なヤツだと思ってくれていい。
    (実際思っていることだろう)

    到底かなう相手じゃなかったのよ。

    ひとりよがりなわたしをゆるして頂戴。

    今度あったら、お詫びをしなくては、と思い一人その場から立ち去るのでした。

    だって、「強そう」なゴブリンに見つかったら私まで死んでしまうからね。

    さーて、今日はどんな出来事が私を待っているのでしょう。

    苦い思い出だけは、勘弁です。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 10

    昨日は、せっかく褒めたのに、いきなりだよ。

    九時過ぎくらい(その前は知りません)から十二時くらいまで全然アクセスできず。

    で、アクセス状況を確認できると豪語した新機能へ、
    どーなっているのか早速アクセス。

    、、、、、、。


    繋がらない。

    ぜーーーんぜん、繋がらない。

    なんのためにつけたんでしょう。

    意味ないジャン。

    PCでチェックしていた時とまったく同じ状況。

    で、十二時過ぎに繋がったので、
    早速サーバー情報をチェック。

    なにか、トラブルでもあったのかな、と。

    な~んに、出ていない。

    障害報告なし。

    と、言うことはたんにアクセス集中で、
    繋がらなかっただけなのかな。

    最低なシステムだな。
    (たぶん何らかの障害があったんだけど、隠しているような感じ。じゃなきゃ突然すんなり繋がる分けないもんなぁ)

    相変わらずの対応に、ぶーぶー。

    みんなよく我慢してるなぁ。

    ガマンしてないのかな。

    今度、リサーチしようかな。ネット上で。

    でも、面倒だな。

    面倒なの嫌いだからな。

    で、まぁ、とりあえず繋がったから、ちこっとプレイ。

    やられちゃいました。

    いきなり。

    羊の化け物みたいなのと出会い頭です。

    五回ほど攻撃を受けてノックダウン。

    せっかくためた経験値が、またまた減ってしまいました。

    ついてねぇ。

    どーーーんと、落ち込み。

    イヤになったので、すぐにログアウト。

    どこでもログアウトできるからいいけど、
    どんな状況でもログインできるから、出会い頭は困るよなぁ。

    アレは、ちょっと救済処置を考えてくれないかなぁ。

    ログインしてから一定時間は、無敵にするとか。

    とりあえず、今自分が置かれている状況が確認できる時間くらい。

    もしかしたら、そーなっているかもしれないけど、
    もしそーならちょっと短いよ。

    ほんと、下手なところでログアウト出来ないもんなぁ。

    安全だと思っていたんだけどなぁ。

    まさか、あんな所まで活動範囲だったとは。

    一日中、モンスターの行動を観察している訳じゃないから、
    知らないとホント困ります。

    まぁ、この程度のことは、なかなかスリリングで自らの不運を呪うだけですむんだけどね。

    それもコレも、遊びたい時にしっかりログインできてからの話だよね。

    と、言うことで、ほとんど何も進展していないのど、
    書くことなくてすんません。

    では、たま明日。

    ログインできればネタが転がっていると思うから。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 9

    ちょっと別の話題。

    Xbox(マイクロソフトが発売した日本で全然売れていないゲーム機)のネット関連の発表がありました。

    ちょっと注目。

    ちょっと期待しているアトラスのネットゲームの他にコンシューマでナンバーワンのネットワークゲーム「ファンタシースター・オンライン」が、
    Xboxのネットワーク・スターターキットにバンドルされることが発表された。

    これは、とってもスゴいことだ。

    ソニーのVAIOにも「ファンタシースター・オンラインPC版」がバンドルされ、
    いよいよ名実共に「ファンタシースター・オンライン」は、
    日本の代表的なネットワークゲームになりますなぁ。

    後は、プレイステーション2に対応するかどうかだけですなぁ。

    しないわけないだろうなぁ。

    「ファイナルファンジーXI」をやっていて、
    つくづく「ファンタシースター・オンライン」は、
    優秀だなぁ、と思う今日この頃。

    それもこれも「ファイナルファンジーXI」が、不甲斐ないからだなぁ。

    さて、本題の話。

    前回お伝えしたバージョンアップのアップデートは、
    とっても順調に、すごーーーいと褒めたくなるほど順調に行えました。

    当たり前のことが出来て、感動してしまう私って。

    ふぅ。

    で、久々に気分良くゲームをプレイ。

    とりあえず、何が変わったかなんて見た目では全然わかりませーん。

    で、とりあえずコンクエストに参加するためにシグネットをかけてもらう。

    で、シグネットをかけてもらえる場所が増えている。

    こいつは、とっても便利。

    敵国の領土との国境で出来るようになったので、
    無駄な移動時間が少なくてすみます。

    考えてみれば、敵国との国境線はお互いに監視しあうのが常なのだから、
    あって当たり前なんだよね。

    でも、相手国側には相手国のおっさんがいない。

    やっぱ思った通り救済処置なのかな。

    このようなゲームマスター自らが、
    ゲームを調整しようと言うのは、ちといただけないなぁ。

    同一条件ならまだしも、
    弱いモノを神の手で強くさせてしまうような行為はいただけないよなぁ。

    勝つも負けるも、そのゲームのプレイヤー次第というのが一番良いのに。

    で、今までシグネットをかけてもらうのに10分はかかっていた時間が、半分になりました。

    で、しこしことレベルアップに励むKirikoちゃん。

    一匹の女豹とかしてコンシュッタット(だったけかな?)高地を駆け回っていると、
    たき火を囲んでいるヒューマノイドタイプのモンスター群を発見。

    一匹一匹は大したことないんだけど、
    5匹もいると確実に私は死んでしまう。

    どーしようかなぁ、と一人ぼー安全なところで眺めていると、
    四人組のヒューマーがやってきて同じようにたき火を囲んでぐるぐるまわっている醜いミュータントタートルズ・モンスターを眺めている。

    こいつは、ラッキー!

    あのパーティーのおこぼれをもらっちゃおう、
    と思ってひたすらぼーと待っている。

    やっぱり、あの数だとパーティーでも踏み込むのに勇気いるよなぁ、
    なんて考えていると向こうのパーティーから声がかかった。

    「一匹ひきうけてまれません?」

    望むところですよ。

    「サポートします」

    そいつは願ったり叶ったり。

    「戦闘のタイミングはKirikoにおまかせします」

    って、おいおい私をダシに使うきかよ。

    いいでしょう。乗りかかった船だ。

    わたしもおこぼれをもらおうとしていたし、
    ここは一つやっちゃいますか。

    と、言うことで裏切られないか心配しながらも(今まで何度裏切られたことか)敵陣に突っ込み、
    挑発で一匹を引っ張り出す。

    が、やっぱり一匹だけは無理だったのね。

    ぞろぞろと私に向かって襲ってくるのよ。

    よわっちいくせに、集団でこられるともーダメ。

    三匹を相手に戦闘開始。

    あれよあれよと私のライフゲージが減っていく。

    おいおい、サポートって言葉の意味知っているのか?

    と、思っている時に回復魔法。攻撃力アップの補助魔法。

    なんだ、しってるじゃない。

    と、言うことで、一匹成敗。

    つづいて、二匹目。

    単品勝負なら怖いモノなし。

    連ちゃんで戦っても三、四匹なら全然OKのモンスターレベル。

    二匹目を倒したところで、他の獲物を探す。

    パーティー組が、戦っている一匹が最後のようだ。

    戦いが終わるのを観戦。

    難なく仕留めて、無事終了。

    二匹分の経験値が入って、とりあえず満足のKirikoは、パーティー組に一通りお礼。

    戦闘中にシグネットが切れたので、一度国境まで戻ることに。

    名残惜しいけど、パーティー組にさよならを言う。

    こういう出会いは、とってもいい感じ。

    これが、ネットゲームだよね。

    利害が一致しての協力プレイだけど、裏切られなかったし。

    いい人たちだったなぁ。

    と、言うことで、今日も「良い」出会いを求めてネットにつなぐ私でした。

    なんか、やばめの文章だな。

    まぁ、いいか。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 8

    今日、「ファイナルファンタジー11」のアップデートがかかる。

    購入してすぐのアップデート以来のアップデートです。

    基本的には、ゲームバランスの調整。

    サポートジョブがレベル18以上にならないと使えないようになるとか、いろいろです。

    だいたい、わたしはサポートジョブを使えるようになるクエストがなんなのか知らないんですよ。

    まぁ、きけば教えてくれると思うんですが、
    あえて聞いていません。

    コツコツと楽しみます。

    さて、今回のアップデートでまたまた気になるところが一箇所。

    サーバーの状況が確認できるようになるらしい。

    プレイオンラインが混んでいて繋がらなくても、
    サーバーの状況が確認できるようになるとのこと。

    確かに、サーバー障害により「どーなってるの?」という状況はなくなるかも知れません。

    これはよいことです。

    実際、アクセスできなくなると、
    スクウェアのホームページ関係すべてアクセスできなくなります。

    なので、障害報告がアップされていても確認できないという状況が、
    必ず起きます。

    それが、確認できるようになるのはいいことです。

    しかし、これが付いているからアクセスが多くて繋がらないんだよ、
    というのを対外的に告知して、
    あきらめさせるために使おうと思っているのならもってのほかです。

    えっ、いっている意味が分からないとな。

    よーするに「ほーら、サーバーの状況見てご覧。
    こんなに混んでいるんだねぇ。
    だからアクセスできないからまたすいてから遊びにおいでよ」というんだよきっと。

    それとか「あー、こんなに混んでいるから、また後でつなごう」と、
    いってあきらめてくれるユーザーが増えるのを期待しているんだよ、
    きっと。

    だから、アナウンスで「アクセス集中で繋がらないようならサーバー状況を確認して、時間を改めてアクセスしてください」と、
    いうような意味のモノが使われたら、
    こいつは、ちょっといただけない。

    スクウェアらしいといえばらしいけど、
    とって姑息な対応だよなぁ。

    わたしに、そんなこと言ったら火に油を注ぐ効果しかないよ。

    純粋にFFXIにかかる一月のお金って1200円もするのよ。

    1200えんっ。

    こんな大金を払って(私には大金なんです。ちなみにファンタシースター・オンラインは300円です)遊べないなんて、
    どーいうこと。

    ぷんぷん。

    スクウェアの社員の方は、
    たくさーーーーーーーーーん給料もらっているから1200円なんて私の貨幣価値の一円にも満たないかもしれないけど、
    私にとっては、
    とーーーーーても大金なのよ。

    まぁ、相対的な話をしても始まらないし、
    まだ、どうなるのか分からないことに腹を立ててもしょうがないので、
    この辺で止めときます。

    しかし、今日これから帰ってアップデートできるのかな?

    すでにスクウェアは予防線張って、
    アクセス集中でアップデートできないかもしれないと大見得切っているからなあ。

    そんなことを書く前に、何十万人がアクセスしても大丈夫なようにするのが、
    お仕事じゃないの。

    ほんと、消費者をバカにしているよなぁ。

    文句書くのも疲れてきたよなぁ。

    もっと、みんなが楽しそうと思ってくれるような内容を早く書きたいよなぁ。

    「楽しそう」が幻想で終わらないことを切に願うよ、
    ホント。

    私自身高い出費してるんだからさ。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 7

    貧乏です。
    大阪行きは、なんだかんだと痛かったなぁ。
    楽しかったから別にいいけど。
    今月は、給料日まで毎夜カップラーメンかな。
    でも、給料出てもマンションのローンやなんだかんだで、給料もほとんど残らないんだよなぁ。

    とほほ。

    給料あがらねぇし、ボーナスないし。

    そろそろ転職か?

    と、いうように金のない人間が、身銭切ってゲーム代出して遊ぼうとしているのに、
    アクセスが多くて繋がらない。

    時間をおいて、アクセス数がすいてからもう一度つなげてください。

    なんて、大上段に構えられては、
    メーカーが初めからユーザーを騙して金を取ろうとしているようにしか思えない。

    詐欺だ、詐欺。

    有料になって、同じような対応をするようなら民事訴訟だぞ。

    分かってるのかな、メーカーは。

    それほど遊びたい時にネットにつなげられない状況というのが、
    深刻だということが。

    絶対に、分かっていないよな。

    10万本ソフトが売れたら、
    10万人が一気にアクセスしても、
    ちゃんと遊べるようにしておかなければいけないんだよ。

    アクセスしないと遊べないし、
    月額使用料を払わないと遊べないんだから。

    遊べない時間分金を返してくれるわけでもないんだからさ。

    訴えたら絶対に負けるんだよ。

    そんなユーザーいないと思ったら大間違いですよ、スクウェアさん。

    それに、このことはスクウェアだけの問題じゃないですよ。

    初めてのネットゲームがFFXIで、
    こんな酷い状況だと、もう二度とネットゲームをしてくれない人がいっぱい出てくるよ、きっと。

    高いお金払っても、全然遊べないんじゃ、
    ネットゲームなんて二度とやらない。って普通の人は思うよ。

    だから私も今のままなら、FFXIは人に勧められない。

    PS2でネットゲームするなら、
    今度コーエーから発売される「信長の野望 オンライン」をすすめる。

    FFと同じロールプレイングゲームだし。
    戦国時代が舞台だし。

    魑魅魍魎が出るらしいし。

    国盗り合戦も出来るらしいし。武勲を上げて出世できるらしいし。

    忍者がいるらしいし。

    そーなると、私的には「タキ」をつくりたくなってしまうし。

    でも、ネットゲームのキャラはやっぱりキリコだから「霧子」になるのかな。
    「霧子」って名前はくのいちらしくていいな。

    うんうん。ちょっと真面目に「信長の野望 オンライン」を考えるかな。

    コーエーは、スクウェアと違うから、
    しっかりとした企業だから安心だしね。

    まぁ、スクウェアだけだよ、あれだけユーザーをバカに出来るのは。

    そんなことはないと思っている人。
    そんなことはないんですよ。
    全員がそう思っていませんが、
    それなりの人たちがそう思って仕事しているんですよ。

    対外的なスタンスと中身は全然違うんですよ。
    最近、ましになったとききますが、
    スクウェアというブランドをだけで仕事をしている人は、
    いっぱいいて、
    その人たちは個人の能力がないからスクウェアの名前だけで仕事して威張りちらしているから大変なんですよ。

    と、いうことで、PS2でネットゲームをするつもりなら「信長の野望 オンライン」は、
    たぶんお薦めです。

    そんなこんなで、
    サーバーの障害とアクセス集中で全然ネットにつなげられない状態が頻繁に起こるFFXIですが、
    時間がいっぱいある人や、ゲームをとことんヤリ込む人には、
    モッテコイのゲームかもしれません。

    これは、毎月のゲーム使用料を出来るだけ長く払わせようというというスクウェアの策略だね。

    と、いうことでゲームの内容についてあまりかけないのは、
    全然ネットにつなげられないから。

    それと、なかなかキャラのレベルが上がらなくて、
    全然ゲームが進展していないから。

    でも、不満だけはどんどんたまるから、
    こーしてはけ口を求めて書いているわけです。

    さぁぁぁて、今日はプレイできるのかなぁ。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 6

    さすがに立ち上げたばっかりだから、
    結構いろいろとトラブルがあったり改善しなければならないところがあるみたいで、
    頻繁にサーバーメンテやアップデートがなされています。

    これで、だんだん快適にプレイ出来きるようになるとうれしいなぁ。

    そーいえば、スクウェアはweb上でのファンサイトに対するガイドラインをもうけて、
    ネット上でFFXIを一緒に盛り上げてくれるホームページの紹介を積極的にすすめようとしています。

    これは、
    どのネットゲームでも必ずといっていいほど行われていることで「ファンタシースター・オンライン」なども、
    このおかげでいまだにゲームプレイヤーが毎日のようにネットにつなげて遊んでいる状況が生まれています。

    ただ、どのメーカーにも言えることですが、
    自分のゲームの不利益になる事を書かれたりするのは、
    イヤで規制しよとしたりすることが希にあったりします。

    誹謗中傷は、よくないですが、
    事実を正直に書いただけで印象が悪くなるようなことまで、
    規制しようとする行為が、
    ごくごく希にあったりします。

    その行為自体にまた非難が集中するので、
    あまりそれらについて目立った動きをしないのがメーカーの態度なんですが、
    スクエアは違います。

    そーいうことを平気でやってしまう体質の会社です。

    それは、もー、業界ではちょーーーーーーーーーーー有名です。

    その手の話を聞くと、
    絶対にそのメーカーを嫌いになるくらいすごーーーい話がいっぱいあります。

    まるで、どこぞの日本一でかい代理店みたいですなぁ。

    みんな、染まってしまうんですよねぇ。

    こわいこわい。

    なので、今後ファンサイトといい関係がつくられていくのか、
    ちょっと興味津々です。

    金使って黙らしたりしそうだなぁ。

    ちなみに、私が今まで書いてきた内容は、
    スクウェア的には絶対世間に出してはいけない内容です。

    まぁ、公正中立な立場で書いていないので、
    校閲されてダメが出てもやっぱりと思ってしまいますが、
    結局、事実をちょっとでも批判的に書いたりすると、
    もー絶対ダメだという会社なんです。

    エゴの固まりのような会社だからなぁ。

    さて、そんな会社が作ったゲームですが、よくできています。

    この会社のゲームは、個人の性格が出ない工業製品的ゲームですから、
    クオリティも品質もばっちしです。

    とってもトヨタ的。

    で、このゲームは、スタートで自分の所属する国を三つの国から選べるのです。

    これが、なかなかポイント高い。

    これにより、この仮想現実の世界で自国の領土所有権争いが出来るのです。

    これが、またいい。

    現在、私が所属している国は、三国中最下位の領土しか持っていません。

    くやしぃぃぃぃ。

    と、いうことで私は一人でしこしことプレイしている時は、
    この領土圏争いに参加しています。

    まぁ、基本的にいつも参加しているわけですが、
    一応参加手続きがあるので、
    いつもちゃんと何をするにも参加手続きをしています。

    よわっちい国です。

    ひとりよがりな国民が多いのでしょう。

    領土権争いに参加を呼びかけるプレイヤーも中にはいますが、
    どのくらいの人がそれに耳を傾けているのかしりません。

    で、最近活動しているエリアでの顔見知りは、
    たいがいレベル上げアンド領土権争いに参加しています。

    なので、どこか仲間であるという意識が生まれているようです。

    シグネットをかけて、モンスターを退治する。

    シグネットが切れる。

    また、シグネットをかけてモンスターを退治する。

    往ったり来たり。

    みんな、走ってます。

    A地点からB地点へ。

    B地点からA地点へ。

    その行動で分かるのです。

    あいつもがんばってやっているのだな、と。

    だから、仲間が不利な状況の時は、助けてくれる人がいます。

    大体、その手の行動をしている人は限られていますけど。

    パーティーを組んでいる人たちは、
    私の知る限りほとんど相手に干渉しません。

    隣で、仲間が不利な状況で戦っていて、
    助けを求めてても助けようとする人が皆無です。

    その辺は、逆にフリーで一人で戦っているプレイヤーの方が助けてくれたりします。

    それは、何故か。

    自分も同じ目にあったことがあるから、
    痛みが分かっているから助けてくれるのです。

    パーティー組は、パーティー内では助け合っていますが、
    もうそのパーティーで一つの村社会が出来ていてフリーの放浪者とか、
    他のパーティーとの交流はほとんど行われていません。

    哀しいですねえ。

    でも、まぁ、それもだんだんよくなっていくでしょう。

    さてさて、今回はちと長くなったので、この辺で終了。

    今日も、ちろっと我が国の領土を広げる手助けをしますか。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 5

    ヴァーチャルという言葉が、だんだん虚構から現実へと変わりつつあるなー。

    それが、FFXIです。

    一つの仮想空間を作り上げることには、
    とにかく現時点で最高のモノを作り出していると言えましょう。

    ハードのスペックが上がれば、
    もっとスゴいモノが出てくるのは当たり前なので、
    あえてその事を声高にいうつもりはありません。

    ただし、本当にビジュアルはよくできている。

    ちゃんと世界が、活動しているように細かいところまで演出が行き届いています。

    天候の変化や、天体の変化。

    海辺の断崖に立って見た朝日はキレイだったなー。

    と、思ってしまうくらいよくできています。

    雷が鳴り、雨雲が空を覆い始める。

    素晴らしいです。

    その辺は、ゲームシステムにこだわりを持って、
    ネットワークゲームとしての完成度を上げようとしていた「ファンタシースター・オンライン」とは、
    本当に対称的です。

    ただ良くを言えば、
    エリアごとの移動でのつなぎ目をもう少し気をつかってくれたら、
    もっとよかったのにと思います。

    たぶん、マップ担当がチームごとに別れているので、
    この先の道がどの様になっているのかを関係なくつくっているからあーなってしまっているんでしょうけど、
    その部分は統括している人間がしっかり、
    指示を出すだけで、簡単に微調整できると思うんですよね。

    シームレスにビジュアルをつなげといっている訳じゃないんですから。

    さてさて、最近は(とぃってもいつもなんですが)忙しくて、
    まとまったプレイが出来ていません。

    もともと飽きっぽいから、一人でプレイしているとすぐに飽きて、
    ゲーム終了になってしまうんですが、
    ネットプレイでパーティー組むとそーいうわけにはいかないんですよねぇ。

    と、いうことで、チロッとずつの経験値稼ぎと、
    はめられて経験値削減とを繰り返している毎日ですが、
    一人プレイをしていても、いい人に出会うことはあります。

    まぁ、ちょっとした出会いとコミュニケーションなんですけどね。

    このちょっとしたことの積み重ねが、
    ネットワークゲームを面白くしてくれるわけです。

    今、私がメインに活動しているエリアには、
    それなりにプレイを重ねてきた人が多いのか、
    気軽にコミュニケーションを取る人が多いです。

    モンスターと戦っている時、応援をしてくれたり。
    (単に「がんばれー」と声をかけるだけですが)

    視角外の所にいる強力なモンスターの存在を、
    教えてくれたりとか。

    これが以外に貴重なんですよ。

    ちょっとした情報交換をしたりとか。

    そして、よく見かけるプレイヤーとは、
    会話はなくとも軽く、
    挨拶して通り過ぎたりと(よく走るゲームなんだよ本当に)簡単なコミュニケーションが、
    飛び交うようになってきました。

    いい感じですねぇ。

    だから、時間がなくて一緒にプレイできないのを本当に残念に思っています。

    別れ際に「今度は一緒にパーティーを組みましょう」
    といって別れるケースが増えてきました。

    いいことだよなぁ。

    サーバーも改善され、プレイヤー自身もレベルアップしてきて、
    だんだんネットワークゲームらしくなってきました。

    仲間内だけで遊んでいる人も、いっぱいいますが、
    これからどんどん「仲間」意識が出てくるのではないかと思っています。

    その辺の話は、次回にでも。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 4

    最近、不満ばかり書いているので、書くネタがつきてきました。

    もー、不満はない、とは言いませんが、
    心の広い私はそのくらいは、
    しょーがないなーと思ってしまうので不満にはならないのです。

    そーいえば、まだシステム的にバグがある。

    ハードディスクを使用しているので、
    パッチを当てて直すことは簡単だから、
    どんどん直して欲しいなぁ。

    とりあえず、キャラとモンスターの位置関係が、
    ちょっとうまくないところが多々あります。

    視覚ビジュアルでは、目の前にくっつくぐらい目の前にモンスターがいるのに、
    攻撃の有効範囲外ですと表示が出る。

    それだけならまだしも、敵の攻撃はしっかりとコチラにヒットする。

    あの状態で殺されて、経験値を搾取されたら、怒り狂う人いるよなー。

    私は、この前初めてこれにぶち当たったんだけど、
    その時は私一人ではなく、
    もう一人助っ人が現れて、
    助っ人も同じように攻撃できていなかったねぇ。

    困った困った。

    で、相変わらず広大な世界を、
    しこしことモンスターを倒しながら遊び回っている私ですが、
    プレイしていて気になることが一つ。

    このゲームシステムによるところも大きいとは思うけど「ファンタシースター・オンライン」でみられた仲間同士の助け合いというのは、
    パーティーを組まない限りほとんど皆無です。

    ゲームのプレイヤー年齢が低いのかなぁ、
    とも思ったけど、
    あれだけ高額ではじめるまでの敷居が高いゲームなので「ファンタシースター・オンライン」と、
    さほど変わらないだろうと思っています。

    一人プレイを始めて、
    敵と戦っている時に見ず知らずのプレイヤーに回復魔法や補助魔法をかけてもらって戦闘が楽になり助けてもらったことがありました。

    あちきは、とーぜんのように「ありがとう」と一言挨拶。

    そしたら、なんと助けてくれたプレイヤーが、
    走り去ろうとするのを止めて一言。

    「いいひとだー」

    おいおい。

    どーなってんだよ、おい。

    モンスターを倒して、しばし歓談。

    どーも、そのプレイヤーたち(二人組でした)苦しい戦いをしている人に愛の手をよく差し出しているらしいのです。

    自分も魔法を使うとスキルがアップするので、
    善意だけではないのですが、
    それでも赤の他人に施しを与えているのは善意からの行為であると。

    しかし、一言くらい何らかのリアクション(お礼だね)があってもいいのではないか、
    と思うくらいリアクションがない。

    らしい。

    まだ、ゲームが発売されて一週間くらいだったかな。

    ゲーム自体になれていないのかなー、
    とも思っているようだったが、
    それにしてもなさすぎると。

    だから、私が初めてリアクションがあったプレイヤーだったので、
    ある意味感動したらしい。

    なるほどねぇ。

    半ば強制的に協力プレイをしないとゲームが進行しない「ファンタシースター・オンライン」は、
    形式的ではあるにしろ「あいさつ」は、やって当然という形になり、
    コミュニケーションをとるゲームとしてつくられているのに対して「FFXI」は、
    コミュニケーションを煩わしいと思えるプレイヤーには、
    天国のようなゲームであると。

    だからかもしれないが「ファンタシースター・オンライン」以上に、
    我が儘でひとりよがりなプレイヤーが目立つ。

    まぁ、そんなプレイヤーはどこにでもいるし、
    多い少ないは感覚的な問題なので、
    思いっきり主観が入っているから話半分にきいてもらっていいのだが、
    唯我独尊を増長することが可能なゲームシステムであることは確かである。

    いっとくけど、
    このゲームシステムが悪くて「ファンタシースター・オンライン」のシステムが良いと言っているのではありません。

    一長一短です。

    コミュニケーションをとる楽しさを、
    早く知って欲しいなー、
    と思うプレイヤーが多いFFXI(わたしがいるワールドサーバーだけかもしれませんが)ですが、
    大きな可能性を持ったゲームなのは間違いないので、
    私の時間が許す限りしばらくは付き合ってみようと思っています。

    めちゃめちゃ腹の立つプレイヤーもいるけど、
    まぁ、それも一つご愛敬ということで。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 3

    しかし、驚いたね。

    こんなにも売れてなかったんだね。

    噂では、ちらほら聞こえてきていたけど。

    このオンラインゲーム、当初は十万、二十万のアクセスでもへっちゃらです、
    とメーカーは言っていたんだよねぇ。

    それが、たった七万前後のアクセスでパンクしてしまうとは。

    どーなってるのかなぁ。

    もちろん、ネットは難しいです。

    予期せぬことがいっぱい起こります。

    でも、予期していたモノよりも下回っていたアクセス数に対して、
    あの障害とアノ対応は、ちょっといただけない。

    マスコミは、相変わらず気をつかってトラブルのことはできるだけ触れないようにして、
    大したことがなかったかのように振る舞っています。

    それを考えると、ドリームキャストの「ファンタシースター・オンライン」は、
    やっぱりスゴいよなぁ。

    そして、どんなにハードが普及してても、
    標準とオプションの差は、
    でかいなぁと言うことを改めて実感。

    私的には、20~30万は確保して欲しかったなぁ。

    たぶん、他のメーカーもそのくらいは最低でもFFで普及させてくれないと、
    と思っているはず。

    まぁ、これから先どのくらい増えていくのか楽しみではあります。

    さて、ゲームの話。

    プレイする時間が、ほとんどない私は、
    たまに、
    やっと、
    奇跡的に、
    ネットに繋がるとしょぼしょぼとゲームをします。

    戦士でしょぼしょぼとレベル上げ、
    あ~んど、
    世界をうろちょろうろちょろ。

    で、レベルもある程度上がると、なかなかレベルアップしなくなります。

    ついでに、あきっぽい私は、
    戦士での戦闘に飽きて、
    モンクになって、
    格闘技王を目指そうとしてみたり、
    やっぱ人助けの基本は、
    魔法で回復。
    と思って白魔道士になったりして優柔不断にプレイしています。

    いままで、三つの職業で遊んだ結果、一番もてたのは白魔道士。

    一人で、コツコツと遊んでいると、必ずナンパされる。

    まぁ、確かにKirikoは、
    かっこいい美人なのでナンパされるのは当たり前だが、
    白魔道士の時だけというのは、
    どーもリアルな社会と一緒で、
    下心ありありです。

    やっぱり回復サポート系のキャラは、
    必要だけど自分でやるのはつまらないなぁ、
    と思っている人が多いのでしょう。

    で、最近は、キャリアウーマンを目指して。違う?

    えー、孤高の戦士を気取って日夜モンスターと戦っています。

    何度死んだことか。

    死ぬと経験値が減らされる。

    減らされた経験値は、レベル3、4分確実にある。

    ついつい「冒険」して、無鉄砲にモンスターと戦ってしまうんだよねぇ。

    で、たまに勝ててしまうから、癖になってやってしまうのよねぇ。

    いかんなぁ。

    今日は、プレイできるのかなぁ。

    出来ない人が多いからなあ。

    ホント、いつでもやりたい時に遊べないゲーム。
    それがキャッチフレーズになりつつあるゲームだなぁ。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 2

    まさか、二回目があるとは。

    さて、近況報告。

    最近は、比較的落ちなくなりましたね。

    でも、夜中はほとんど繋がらない。

    一度三十分待たされて繋がらなかったこともある。

    そーいえば、一昨日は全然ダメだった。

    今は、まだ無料期間中だから、寛容な私は許してしまうけど、
    有料期間になってネットに繋がらない状況がつづいたら寛容じゃない私が出てきて、
    告訴してやるぅぅぅ。

    詐欺だー。

    金返せー。

    時間を金換算するぞー。

    弁護しつけるぞー。

    と、ならないようがんばってよりよい環境を早くつくってほしいですねぇ。

    しかし、あんなに繋がらないのに、
    ソフトを発売しているのは、いかがなものか。

    今購入している人たちが、不満なく遊びたいときに遊べる状況になってからでも良いのではないかな。
    と、思うのだが。

    さて、本筋の話。

    私が、冒険している世界は
    「Quetzalcoatl」(なんて読むんだ?)
    と、言う名前の世界。

    いわゆるサーバーの名前なんだけどね。

    所属する世界は、最初の設定でランダムに振り分けられるらしい。

    だから仲の良い友人とネットで一緒に遊ぼうとしてもこのワールドサーバーの名前が分からないと、
    そのサーバーにジャンプできません。

    もちろん、各サーバーに気軽にジャンプできるわけではありません。

    まぁ、わたしのまわりでこのゲームをプレイしている友人はいないので、
    このサーバージャンプを試したことがありません。

    もしかしたら、ずぅぅぅと試す機会なく、
    このゲームを終えてしまうかもしれません。

    さて、ゲーム本編の話。

    とりあえず、街を徘徊する。

    前にも書きましたが、とにかくでかい。

    街をくまなく見て回ろうとすると有に二、三時間かかります。

    私は、途中で疲れて止めました。

    少しずつ探険しようと。

    だから、いまだに行っていないところがあるかもしれません。

    それほど、広いです。

    そして、一歩待ちの外に出ると、もーーーーーーーー嫌になるくらい広いです。

    最初は、良いのです。

    私のキャラもレベルが低くて、よわっちいので、
    街の近くをうろちょろしながらセコセコとレベル上げをしているから。

    それが、だんだん強くなってくると、
    街の近くのモンスターでは、
    レベルが上がらなくなってくるのですこーしずつ遠出をするわけです。

    この、すこーしがすこーーーーーしになって、
    今ではすこーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーし(音引きが長くなるとだんだん短くなっていく意味になるけど、まぁ、視覚的イメージで捉えてください)
    になっています。

    だから大変。

    ちょっと時間あるから、ちょっとつなげて経験値を稼いでおくかな、
    なんて思ってゲームスタートしたとき街にいるのを忘れていると、
    現在経験値をためられる場所まで、
    たったかたったか二十分走ってます。

    えんえんとはしってます。

    だから、遠隔地で敵に倒されて街に強制的に戻されると、
    その日一日何もする気になれないくらい、遠いです。

    さて、この続きはまた次号で。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジー11 最後の幻想とFFワンダーランド 1

    コレ一回で終わるかもしれない。

    なんて、ことをのっけから。

    このシリーズは、徒然なるままに「ファイナルファンジーXI」について書きます。

    完全オンライン・ロールプレイングゲーム。

    どういうことかというと、ネットワークに繋がないと遊べないゲーム。

    以前紹介したドリームキャストのゲーム「ファンタシースター・オンライン」は、ネットにつなげなくても遊べたゲームでした。

    このゲームをプレイするには、当たり前だけどプレイステーション2が必要です。

    そして、ある特定のプロバイダーと契約する必要があります。

    そこでプレイステーション2用のハードディスクドライブを購入またはレンタルするんですねぇ。

    まぁ、その他通信費とか色々かかるわけです。

    ちなみに私は、どーーんと購入です。

    それがあーた、わたしパソコンを二台もっているのですが、
    ゲーム機のハードディスクが一番大きい。

    しくしく。

    一つは、3Gで一つは8Gです。

    プレイステーション2のハードディスクは、なんと40Gです。

    しくしく。

    「G」はゴールドじゃないよ、ギガだよ。

    まぁ、なんだかんだと金かかってます。

    貧乏なのに。一人もんだから自由に金使えるから良いですよー。

    もちろん、マンションのローンさえなければ。

    しくしく。

    で、たぶん通信環境が今はすこーーーーしだけ(決して良くなっていないよ)改善されたので、
    家にハードディスクが来て、
    もろもろの準備が整ってゲームディスクを入れて、
    ゲームするまでに普通の人で2時間はかかるな。

    マジで。

    一発目に、30分もかけてゲームのアップデートがあるのですよ。

    たぶん、今後はディスクにアップデートファイルが入ると思うので、
    それはないと思うけど、ハードディスクにゲームデータをインストールするのにも30分以上かかるからなぁ。

    大変だよ。

    そして、いよいよゲームをするわけですが、
    はじめにすることは自分のプレイするキャラクターをつくること。

    これがさ、思っていたよりもつまらないんだ。

    「ファンタシースター・オンライン」では、
    体型やカラーをある程度自由に出来る部分があったんだけど、
    「ファイナルファンジーXI」では、
    単にパーツをつけるだけで終わってしまうのです。

    種族決めて、顔決めて。身長選んで。ジョブ決めて。

    ジョブは職業です。コレは、後で変更できるので、あまり悩まずに戦士でしたね。

    ちなみに、あちきがつくったキャラは、
    種族ヒューム(いわゆる人間ですね)で、
    女性(またです)で、名前が「kiriko」です。

    うん? どうした。なにか言いたいか?

    ちなみに、登録されている名前は、
    キャラクターデータが削除されないかぎり他の人は使えないらしいです。

    なので「kiriko」は、わたしだけのキャラ名なのです。

    大文字小文字の変更で作れるのか、知りません。

    でね、装備でベレー帽をかぶると、
    あーーなんで赤じゃないんだ、
    と思うわけです。

    そして、やっぱ男にしとけば良かったかなぁ、
    とも思うわけです。

    でもな、やっぱ踏襲すべき所は踏襲しておかないと。

    これからネットゲームのキャラは、すべてコレで行くか。

    まぁ、落ちも付いたし(えっ、おちてない。いやいや良く落ちるよ、このゲーム。呆れるくらい。一度落ちたら繋がんないし。そして、障害報告もしないし。相変わらずサイテーな会社だよなぁ)この辺で終了。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    ファイナルファンタジーXI その2

    さてさて、
    ネットに関する不満、
    対応に対する不満、
    人それぞれで言いたいこともいっぱいあるだろうけど、
    何はなくとも、
    ネットワークゲームというジャンルが一般の人に定着してくれれば、
    いいなーと思う今日この頃。

    と、言うことでゲームの話ですが、こいつは困った。

    このゲーム、はじめてオンラインRPGをする人にはちょっと敷居が高い。

    環境を揃えるための敷居ではなく、
    ゲームをプレイするための敷居です。

    いやー、わたしですらいまだにゲームの機能をすべて理解していません。

    ほんとコマッタ。

    でも、考えてみれば機器ねとネット環境を揃えられる人にはそのくらいのハードルは気にしないのかもしれませんなぁ。

    で、ゲームの話。

    まずネットに繋いで一番はじめに感じること。

    「広い」

    ほんと広い。

    嫌になるくらい広い。

    街も広いし、街の外も広い。

    街の外では、迷子になっている人を私は数人目撃しました。

    マップを見ればわかるんだけど、
    その行為すら分からないんだなー、
    と思いましたね。

    しかし、この広さは罪です。

    ぶぅわぁぁぁぁーちゃるな世界の構築にはなっています。

    すごく。

    でも、大変なんだよ、ほんとこの広さは。

    何度でも書きたくなるくらい大変なんだ。

    一番苦労するのが、ひーひー言いながら遠出して死んだとき。

    誰も助けてくれない。

    いやいや助けようにも助けられない。

    復活の魔法やアイテムをもっているプレイヤーは、
    現時点でほとんど見かけない。

    大体、パーティー組んでプレイするとき、
    回復魔法をもっている人の勧誘がとっても大変。

    ほとんどいないのよ。

    私も基本的なセオリーとして、
    人間の戦士ではじめたのだけど、
    最近は回復魔法が使えるジョブも使用するようになった。

    こーなってくると、とっても中途半端なんだよねぇ。

    マイキャラを育てるのが。

    パーティー組むと長くなるから、
    まだ数えるほどしかパーティー組んでいないけど、
    あの文字表示はやっぱ使いづらい。

    と、言うよりも「ファンタシースター・オンライン」の吹き出しコミュニケーションは、
    やっぱ偉大だなーと思う。

    開発画面を見ると、
    Xboxのメガテンも「ファンタシースター・オンライン」を出来るだけマネにならないように真似して吹き出し表示にしているし。

    いいところは、どんどん真似してほしいなー。

    フィルターをかけすぎると、味気なくなるし。

    まぁ、えぇ。

    とりあえず、一人でもそれなりに楽しく遊べるだけのネタはいっぱいあります。

    でも、やっぱパーティープレイだよなぁ。

    それにしても、レベルの高い方に優先的に経験値がいるというのは、
    ネットプレイでレベルの低い人を助けながらレベル上げを手伝うという行為が、
    難しくなるよなー。

    スキルアップの手助けにはなるのかな。

    まぁ、えぇ。

    それなりにたかーーい敷居がいっぱいありますが、
    それを乗り越えられれば、充分楽しめます。

    ホント、敷居高いなー。

    だから、あんまりみんなに勧められないんだよなぁ。

    「ファンタシースター・オンライン」ならハードごと買わしても全然問題にならないくらい敷居低いです。

    ゲームキューブ然り。

    Xbox然り。

    もう少し、お手軽感があればなー、
    と思う「ファイナルファンジーXI」でした。










    テーマ : FINALFANTASY XI
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : スクウェア・エニックス ファンタジー RPG 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー