オカルト・クロニクル 【単行本】

    Amazonで、
    たまたま目に付いた本です。

    名画ミステリーの本を物色して購入している流れで、
    見つけたという感じです。

    ミステリー繋がりなんでしょうね。

    さて、
    目に付いただけではなく、
    評価も高かかったし、
    何より取り上げている題材の中に、
    あのディアトロフ峠事件もあったので、
    それ目当てで買いました。

    書籍のタイトルにもなっているサイトがあり、
    そこで発表している物を書籍化したようです。

    書籍化に当たって、
    サイトにはない+αを入れているようですが、
    それがサイトで内容を知っている人にとって、
    本の価格に見合っている+αなのかは、
    アチキには、
    判断できません。

    ただ、
    サイトを見ていないアチキとしては、
    十分見合っている内容でしたね。

    実におもしろく読ませていただきました。

    ディアトロフ峠事件以外の事件についても、
    手に入る資料を集めて、
    出来るだけ客観的に考察しているところが良かった。

    アチキのように、
    面倒なことが苦手で、
    資料を読みあさるなんて、
    時間的にも根気的にも性格的にも難しいので、
    そういうのを代わりにしてまとめてくれているので、
    実にありがたい本でしたね。

    この本を読んで、
    サイトの方も見てみようという人も少なからずいるのではないかな。

    ちなみに、
    アチキは、
    これを書いている時点では、
    見ていません。

    今後、
    機会があれば見るかもしれませんけど。

    とりあえず、
    本は、
    堪能したので、
    いつか続編が出たらまた読まさせていただこうとは思っています。

    たぶん、
    続きは出るのではないかな、
    と思いますね。

    アチキの手元にある本で、
    既に第三版ですから。

    それも短期間で。

    かなり、
    予想を超える売り上げになったのでしょうね。

    はじめは、
    かなり少なかったと思いますけど。

    興味があったら、
    サイトをご覧になって見るのも良いかもしれませんな。





    スポンサーサイト



    テーマ : 読んだ本。
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 犯罪 オカルト ミステリー

    ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ

    とりあえず、この本読んでみんな「ゲーム脳」になるべし!

    本の帯に「あの芥川賞作家が放つ、
    入魂のゲーム批評
    」とある。

    なんかこのキャッチには、
    権威主義者に対する揶揄が込められていると思うのは、
    アチキだけでしょうか。

    本のタイトルは「ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ」です。

    あまりにも素晴らしいのでそのまま今回のタイトルとさせていただきました。

    本の帯にも書かれているとおり、
    この本は「芥川賞作家」が、別のペンネームで書いていたエッセイをまとめた本です。

    あまりにも笑えたので、一日で読んでしまいました。

    頷くこと度々、
    笑うこと屡々。

    イケてるねぇ。

    アチキの家は貧乏だったので(今でもそうですが・・・)
    ファミコンが家にありませんでした。

    ゲーム機が家に来たのは、
    「ドラゴンクエスト」が発売されてから数ヶ月後のことです。

    姉が「ドラゴンクエスト」やりたさにハードと一緒に買ってきたのでした。

    アチキは、姉がプレイしているのを横で見ていて、
    姉がクリアしてからプレイしたのを覚えております。

    面白かったなぁ。

    と、言うように「ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ」でも
    作者の回顧録と併せてゲームの話が面白く書かれています。

    一番笑った?(感心した?)のは、
    アチキが初めてプレイしたファミコン版「ドラゴンクエスト」の裏技の話。

    どんな裏技かというと、
    主人公のキャラクターを自分の好きなキャラクターに変えられるという裏技。

    コレは、バツグンでした。

    遣り方を知りたい人は、
    是非「ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ」を読んでください。

    それ以外にも楽しい話がいっぱいで、
    この本を読んだ後、アチキはゲームをプレイしたくなりました。

    この本は、普段ゲームを毛嫌いしている人に読んで欲しい。

    ゲーム脳」の本を買って読んで大きく頷いている人にこそ読んで欲しい。

    (しかし「ゲーム脳」のネーミングは抜群だなぁ。このネーミングを考えただけで一生分のコピーの才能を使い切ってしまった感じですね)

    ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ
    著者:ブルボン小林 発行:太田出版


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    テーマ : 読書感想
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 日常

    やがて哀しき外国語

    さてさて、村上春樹氏の本の話です。

    「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を以前書いたので、
    今度は「ノルウェイの森」かな、
    と思っていたんですが、
    急遽変更して「やがて哀しき外国語」になりました。

    いやー、長年会社で働いていたアルバイトくんがやめてアメリカに留学することになったのです。

    そこで、短期留学記念として、
    てきとーに考えたお題が村上春樹氏のエッセイ「やがて哀しき外国語」なんですねぇ。

    村上春樹氏は、このお題の旅行記?海外滞在記という方が適切か、
    以外にもギリシャ・イタリアでの滞在記も書いているのですが、
    やっぱアメリカに留学なのでアメリカ滞在のことが書いてあるモノにしないとね。

    なので「やがて哀しき外国語」になったのです。

    えっ、前置きがしつこい。

    いいじゃないの、今に始まったことじゃないんだから。

    さてさて。中身の話は、村上氏がアメリカは、
    ニュージャージー州プリンストンで見聞きしたことについて書いています。

    プリンストン限定の話というわけではありません。

    どっちかというとアメリカの中産階級の生活風景といった感じですか。

    村上春樹氏の書くエッセイは、結構面白いんですよね。

    村上朝日堂シリーズのエッセイも大好きですし、
    コピーライター糸井氏との共著の中のエッセイも面白いし。

    エッセイって、それを書く人のパーソナリティが重要だし、
    パーソナリティが欠落しても、
    書く人の視点が面白いと、やっぱり面白いし、
    まぁ、なんですか、やっぱり「ひとりよがり」は、
    面白いということなんですか。

    えっ、論点がズレてる?

    だって、、ズラしたんだもん。

    でね、話を元に戻しますが、この本の中に日本の小説の英訳の話が出ていて、
    その英訳を素直に日本語に訳すと元に戻るのかという話があったのね。

    まぁ、結論は、皆さんのご想像通りで、
    元に戻るわきゃないのです。

    でね、そんなことはどーでもよくて。

    はてさて、「やがて哀しき外国語」について、
    もう少しいろいろと書いとかんとなぁ。

    村上春樹氏の作品を読んだことがなくても、楽しく読めます。

    以上。

    えっ、もっといろい書けって。

    う~ん、まぁ、いいじゃん。とりあえず読みなって。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    テーマ : エッセイ
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 日常 村上春樹

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー