刑事コロンボ ルーサン警部の犯罪

    今回のタイトルになっているルーサン警部とは、
    劇中の人気テレビドラマシリーズのキャラクターの事です。

    このルーサン警部の役に、
    ウィリアム・シャトナーというのが、
    良いですね。

    はじめて観た時は、
    当然のように、
    あっ、
    カーク船長だ、
    と思ったモノです。

    さて、
    そのカーク船長ですが、
    もとい、
    ルーサン警部ですが、
    コロンボと一緒に推理をしたりするんですね。

    そして、
    自分が犯人だという流れに持って行ったりする。

    でも、
    そこには、
    自分が、
    事件のあった時間のアリバイが、
    完璧に存在するという所から、
    そう言う流れにしても問題ないと展開していくのです。

    そして、
    最後には、
    そのアリバイもコロンボの手によって崩されてしまい、
    犯人は、
    あなたしかいないと言う事になります。

    そして、
    自分の心境も含めて、
    同じ警部のあなたなら分かるだろう、
    と言うのですが、
    それに微妙な表情で返事をするコロンボが実に良いですな。

    みんなに多様な感じの展開ですが、
    こうして一つ一つ、
    なにか残るモノがあるのが実に良いです。

    だから、
    何度見ても楽しめるのですね。





    スポンサーサイト



    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ さらば提督

    今回の事件には、
    常連の刑事さんも登場して、
    それも、
    かなり台詞が多く、
    大概、
    事件が起きた現場で登場してからは、
    それ以降、
    あまり出ず、
    犯人逮捕の時にいるかいないかの刑事さんなのですが、
    頻回、
    本当に、
    良く出てきます。

    ついでに、
    エリートの若手刑事も登場。

    前回のちょっと本当にエリートなのか、
    という刑事とは違い、
    今回の刑事は、
    うん、
    エリートぽいぞ、
    と言う刑事です。

    その刑事も、
    事件が解決するころには、
    コロンボの信者になっています。

    さて、
    今回は、
    これまた犯人役として、
    過去に出たことがある役者さんが登場。

    また犯人なのか、
    と思ったら、
    違う役でした。

    この辺は、
    ある意味、
    よく見ている視聴者を騙そうという感じなのでしょうね。

    実際、
    途中までは、
    いつものように、
    コロンボがその人にしつこく色々と聞きまくりますから。

    で、
    犯人を特定するシーンでは、
    名探偵よろしく、
    関係者が呼び集められて、
    その中で犯人を特定します。

    その方法も、
    アチキは、
    好きですね。

    まぁ、
    今までのコロンボらしくないところありつつ、
    それでもやっぱりコロンボって感じなのですが、
    前々から、
    このエピソードのラストが、
    気になっていたんですよ。

    コロンボが一人で手こぎボートに乗って海に出て行こうとするんですよ。

    まだまだ、
    とかいいながら。

    これは、
    間違いなく最終回のシーン作りだよな、
    と思っていて、
    でも、
    はじめて観た時は、
    これが最終回でも何でもなく、
    続きのエピソードがあるのも知っていましたし、
    変わった終わり方だな、
    とくらいにしか思っていなかったんですよね。

    でも、
    今こうして確認できる情報からすると、
    このエピソードで、
    いわゆる第5シーズンが終わりなのですよ。

    もしかしたら、
    このエピソードが作られた時は、
    第6シーズンが作られることが決まっていなかったのかもしれませんな。

    そう思うと、
    凄くしっくり来るラストシーンなのです。

    逆に、
    次のシーズンが決まって、
    まだまだ頑張るぞって言う事の決意表明という見方も出来なくもないけど。

    うーん、
    でもやっぱりてこ入れしている感じの作りだったりするからな。

    もちろん、
    本当のことはよく分かりませんよ。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 魔術師の幻想

    今回の犯人は、
    ある意味、
    刑事コロンボの犯人役の常連さんだと思ってしまうほど、
    複数回登場していて、
    印象的な役者さんであるジャック・キャシディです。

    また吹き替えの声優さんがドンピシャなんですよ。

    と言う事で、
    犯人は、
    マジシャンです。

    トリックは、
    お手の物。

    だから、
    犯罪のトリックもお手の物と、
    高を括っていたんでしょうな。

    犯人もそうですが、
    今回、
    コロンボの助手として登場する刑事も、
    二回目の登場で、
    前回は、
    科学捜査の信奉者だったのが、
    コロンボの捜査方法を目の当たりにして、
    宗旨替えというか、
    コロンボの信者となって再登場。

    それが、
    また楽しいわけです。

    で、
    コートなんかも新しくしてみせたりと、
    何か、
    変えようとしている感じが出ていましたね。

    まぁ、
    何にしてもこの事件は、
    最後の犯人の完全犯罪という言葉に対して、
    コロンボがかみつくシーンが、
    やっぱり素敵ですよ。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 闘牛士の栄光

    今回のコロンボは、
    海外編です。

    舞台はメキシコ。

    過去、
    海外と言えば、
    イギリスがありましたが、
    今回は、
    メキシコと言う事で、
    実は、
    海外ではないですが、
    洋上での事件のエピソードで、
    メキシコとは、
    少しばかり関わりがありました。

    まっ、
    関わりと行っても船の目的地がメキシコって言うだけですが。

    ただ、
    この事件が、
    現地メキシコでは、
    大々的なのか、
    関係者の間だけなのか、
    有名らしく、
    コロンボの相手をしたメキシコ警察の刑事からは、
    その時の事件の様子を聞きたいという話になります。

    まぁ、
    この実績があって、
    コロンボは、
    管轄外ではありましたが、
    事件に関わることになり、
    容疑者がメキシコの英雄的な存在でも、
    仕方なくコロンボの手伝いをするといった展開。

    もし違っていたら、
    就職を世話しろと言う話になるくらいですからね。

    話自体はおもしろいのですが、
    事件がおもしろいと言うよりも、
    勝手の違う国での捜査という所でのコロンボの動きがおもしろいと言った感じですか。

    今回の犯人の動機が、
    営利的なモノではなく、
    自分のプライドを守るためなのですが、
    その部分を犯人を追い詰める時に照明するんですよ。

    それが、
    プライドのかけらもないアチキなんかからすると、
    えー、
    そんな足がすくんだくらいで、
    犯人だと認めちゃうんだ、
    という感じです。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 仮面の男

    前回は、
    外交官。

    今回は、
    諜報機関の人間が犯人です。

    犯人のキャラクターに、
    ある意味苦労しているのかな、
    と思うくらい、
    犯人の職業で、
    物語を作り出そうとしている感じがしますね。

    まぁ、
    元々、
    コロンボが相手をする犯人は、
    基本的に頭が良くて、
    一見すると犯人が犯人として疑われない感じなのを、
    コロンボだけが、
    お前が犯人だ、
    と追い詰めていく感じなので、
    職業も、
    それなりの人が多いです。

    今回は、
    前回のように外交特権と言うよりも、
    これは、
    情報機関としての仕事でね
    みたいなことで、
    話をはぐらかすところが、
    このキャラクターを使った理由なのかな。

    そう言う中で、
    どうやって犯人として追い詰めていくのか。

    いつもながら、
    さすがコロンボって感じですよ。

    録音テープから、
    アリバイ崩しをしていくのですが、
    まさか、
    話のネタにまで、
    要素があったなんてね。

    うんうん。

    相変わらず楽しいですよ。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ ハッサン・サラーの反逆

    犯人は、
    ハッサン・サラーです。

    犯人の名前が、
    タイトルに使われているというのも、
    珍しいですな。

    他にあったかな。

    たぶんないと思うけど。

    まぁ、
    あくまで邦題での話ですから。

    さて、
    このハッサン・サラーですが、
    中近東スワリ王国の外交官として、
    アメリカのロサンゼルスにいます。

    そう。

    外交官なので、
    開講特権があり、
    さすがのコロンボも、
    いつも以上に手を焼くことに。

    だから、
    最後の手段は、
    これは、
    アチキ的には、
    ちょっと反則なのではないかと思える、
    国王と仲良くなったので、
    その力を借りるという展開。

    いくら先進的な国王とは言え、
    コロンボとすぐに仲良くなると言う設定が、
    既に伏線的な展開になっていて、
    そこまであからさまにしなくても、
    といった感じです。

    ですが、
    この国王は、
    実に愛嬌があるというか、
    親しみがあるので、
    この展開は、
    有りだと思わせてしまいます。

    やはり、
    トリックも大事ですが、
    キャラクターあっての刑事コロンボだな、
    とつくづく思いますね。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 忘れられたスター

    これは、
    コロンボのシリーズの中で、
    犯人が逮捕されない事件という、
    実に珍しい作品だと思います。

    犯人は、
    往年のミュージカルスター女優。

    晩年の最後を飾るつもりなのか、
    新作ミュージカルに立つつもりでいたのですが、
    スポンサーでもある医師の夫に反対され、
    金も出さないと言う事で、
    だったら殺して財産を引き継いで上演するという流れ。

    なんで金を出さないかの理由を知らせず、
    それが帰って理不尽に思えての犯行になるのですが、
    これが、
    夫人を愛しているからこその行動というのが、
    ラストで分かるわけですな。

    そして、
    ミュージカルで共演する男優も、
    若い頃から彼女のことを愛していて、
    執拗に彼女を追い詰めるコロンボに腹を立てるわけですが、
    なぜ夫が金を出さなかったかの理由を知って、
    自らも彼女のために行動するのです。

    なんと、
    彼は、
    自分が殺したと自首するんですよ。

    コロンボも彼女ために自首したところで、
    裁判であなたが犯人として判決が出ることはない、
    と言うのですが、
    それだけの時間があれば十分というような趣旨の発言で、
    コロンボも納得して犯人である彼女を逮捕しないんですね。

    まぁ、
    簡単に言ってしまえば、
    彼女は余命幾ばくかという状況で、
    死ぬまで自分は犯人として行動して彼女を逮捕させないという、
    愛情を見せるんですよ。

    実にいい話で、
    アチキは、
    このラストの展開が好きでね。

    結構気に入っているんです。

    そこに行くまでの流れは、
    特に素晴らしいという感じではないんですけど。

    あのラストシーンで、
    一気に良い作品に引き上げられました。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 5時30分の目撃者

    今回のコロンボは、
    精神分析医と対決です。

    そして、
    今回の殺人は、
    偶発的な事故により殺してしまったのを、
    状況が状況だけに、
    強盗に襲われて殺されたことにしようと、
    こそくなことを考えたために、
    コロンボに追い詰められてしまうという展開です。

    偶発的とは言え、
    地位と名誉を守るためというのは、
    コロンボのドラマでは良くある犯人像になります。

    人間は欲深いですからね。

    そして、
    もしこの事故がばれても、
    過失になると思うのですが、
    そうなっては、
    ドラマにならないので、
    死んでしまった人物の奥さんで、
    精神分析医の愛人でもある女性を、
    催眠術を使って殺します。

    ここで、
    殺人が成立するのですが、
    一般的には、
    催眠による自殺行為は出来ないと言う事になっており、
    コロンボは、
    どうやってこれを殺人と認定して犯人を追い詰めていくのか、
    と言う所が見所ですね。

    相変わらず、
    素晴らしいです。

    やっぱり脚本家が優秀なのでしょうね。

    そして、
    何度も書いていますが、
    刑事コロンボ」は、
    何度見てもおもしろいです。

    物語の構成で、
    犯人を捜すという展開ではないからと言うのもありますが、
    それだけではないですよ。

    やはりピーター・フォークの演技と、
    追い詰めていく展開、
    証拠探し、
    たまに出来過ぎな感じもありますが、
    そして、
    犯人との関係性。

    いいですよね、
    刑事コロンボ」は。






    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ ビデオテープの証言

    今回の「刑事コロンボ」は、
    犯人のアリバイ崩しになりますね。

    ハイテク企業の社長で、
    いわゆる婿養子で、
    頭は良いけど、
    経営の才能は、
    ある意味、ゼロ。

    で、
    奥さんの母親に、
    あんた社長クビ、
    と宣言される状況で、
    母親を殺すという展開。

    で、
    家の中は、
    防犯カメラとか、
    自動ドアとか、
    あったりするんですね。

    そして、
    その防犯カメラの映像をトリックに利用するという流れ。

    なんと、
    カメラに殺しの現場を録画させて、
    その時間には、
    自分は居なかったと、
    と言う展開。

    コロンボは、
    どうやってそのトリックを崩すのか、
    と言うのが見所になるわけです。

    この犯人の社長が、
    実にいいキャラなんですよ。

    トリックの崩し方も、
    アチキは、
    結構気に入っていて、
    楽しめますよ。

    それにしても、
    分かってはいても、
    ハイテク企業と言われても、
    時代が時代なので、
    今見ると、
    とてもハイテクってところが、
    これがハイテクかって感じなんだよね。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 歌声の消えた海

    刑事コロンボ」の中でもお気に入りの作品です。

    刑事コロンボ 歌声の消えた海」です。

    海の上、船上で殺人事件があり、
    たまたまかみさんがプレゼントキャンペーンで船旅が当たったためにお客として搭乗していたコロンボ。

    最初は迷惑なお客だったコロンボでしたが、
    事件を解決していくうえで船員からの信頼を勝ち取っていく姿は、
    なかなかほかの事件では見られません。

    それは、やはり船の中で自分の中でだけ犯人を特定し攻めていくことが難しかったから。

    協力を得るために状況を説明し、信頼を得ていく。

    いい感じです。

    そして、犯人を追いつめる時の鼻歌。

    最高です。

    いつものようにまんまんと犯人が策略に乗ってくれてしてやったりの気分を素直に表しています。

    いつものコロンボですが、
    いつもは隠している部分が垣間見えている姿が見られる数少ないエピソードです。

    だから好きなんですよねぇ。

    相変わらずアホみたいなことをしていますが。

    ボートと汽船の間違いがいつまでたっても直らないしね。

    一緒にいるはずのかみさんも最後まで登場しません。

    ですが、その存在を随所に見せてくれるのですが、
    その演出もまたいい感じてなんですよ。

    是非見てほしいエピソードですよ。

    刑事コロンボ 歌声の消えた海」はお勧めです。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 祝砲の挽歌

    刑事コロンボ 祝砲の挽歌」は、
    結構お気に入りの作品です。

    何処が気に入っているかというと、
    今回登場する犯人に好感が持てるというか、
    気に入っているんですよね。

    今回の事件は、
    ヘインズ陸軍幼年学校という全寮制の学校が舞台になります。

    そして、犯人は、
    ヘインズ陸軍幼年学校の校長先生のラムフォード大佐。

    そうなんです。

    軍隊式の学校で、
    将来のアメリカ軍人を育てる目的で作られた学校で、
    軍に行かなくとも祖国アメリカを愛する人間に、
    そして、規律を重んじ立派な大人になるための教育が行われている場所なのです。

    と言う「刑事コロンボ」が制作された時代ですら、
    ちょっと古くさい教育理念の学校で、
    そんな学校は流行らないから普通の学校にして驚愕にするという理事長をラムフォード大佐が殺すわけです。

    それも式典の最中に祝砲の火薬の量を増やして、
    筒にタオルをねじ込み、
    暴発させて事故に見せかけて殺します。

    この事故に不信を持ったコロンボが、
    学生寮に寝泊まりして事件を追いかけるんですね。

    下着姿で学生寮の中を貼り回ったりして、
    普段の「刑事コロンボ」では見られない姿を見ることが出来ます。

    刑事コロンボ」に登場する犯人は、
    頭の良い人が犯人のケースが多く、
    証拠などを突きつけられて観念するときは、
    素直に負けを認めて自らの犯した罪に後悔したりするのですが、
    今回のラムフォード大佐もそういった感じの犯人になります。

    自分では、よかれと思ったこと、
    自分の考えが但し、その邪魔をする者を殺したと言う事。

    その考えが間違っており、
    生徒に罪をなすりつけるような真似をして後悔する。

    ある意味、つかまってほっとしている犯人。

    刑事コロンボ」では、王道パターンではありますが、
    最後の最後で人間味があふれるところが実に良いですね。

    それまでの軍人とはかくあるべきというリントした姿からは想像できないかんじで、
    まさに名演技でした。

    と言うわけで、
    この「刑事コロンボ 祝砲の挽歌」を観るときは、
    是非、犯人のラムフォード大佐に注視して観て欲しいですね。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 逆転の構図

    この頃の「刑事コロンボ」は、
    まさに脂がのっていると表現がぴったりの時期ですね。

    「逆転の構図」は、
    口うるさい奥さんを殺したカメラマンのお話。

    計画殺人の典型のような事件で、
    用意周到、綿密に計画を立て、
    自らのアリバイも含めて行われた殺人事件。

    刑務所から出所した男を欺して、
    誘拐犯に仕立て上げ、
    最後は口封じで殺してしまう。

    もちろん、自らも銃を撃って怪我を負い、
    警察の目を誤魔化す。

    奥さんは、誘拐犯に殺されたと言う事にして、
    自分は被害者だと訴える。

    しかし、コロンボは、いつものように目の付け所がシャープ、、もとい、
    目の付け所が違って、はじめに犯人が銃で撃たれた後に焦げ目がついていることに不信を持ち、
    誘拐犯だとして殺された男の行動などにも不審を持ち、
    真犯人はカメラマンの旦那だと言うことを突き止めるのですが、
    確たる証拠がない。

    観ている方もどうやって犯人を追い詰めていくのか、
    興味津々。

    遂に、コロンボは犯人を警察まで呼び出し、
    誘拐犯で殺人犯として死んだ男は犯人ではないと言うことを証明しようとします。

    そして、決定的な証拠として、
    奥さんが誘拐されたときに写した写真を大きく引き伸ばし、
    背後に写っている時計の時間を見せて、
    ほら、この時間に死んだ犯人にはアリバイがあるんですよ、
    と迫る。

    いやー、このあとの展開が実に好きでねぇ。

    ちょっと犯則技ぽいけど、
    してやったりというのが、見ていて気持ちいいんですよ。

    このラストシーンのおかげで、
    「逆転の構図」は、結構好きなエピソードになりましたね。

    みなさんにも是非観て欲しいエピソードの一つです。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 自縛の紐

    さてさて、今回の刑事コロンボは、
    「自縛の紐」です。

    「自縛の紐」とは、どんな紐なんでしようね。

    今回の事件は、
    フィットネスクラブのオーナーが殺害されます。

    オーナーといっても出資者、たぶん株主なんでしょうね。

    経営自体は、
    別の人がいて、その人が犯人です。

    有名なインストラクターで、
    会社の金をトンネル会社を使って自分の懐に入れているのがばれそうになって殺害します。

    現場に来たコロンボは、
    床についた靴の後から犯人の手がかりを突き止めます。

    もちろん、狙いは経営者でもあるインストラクター。

    普段運動しているところとか、
    犯人を捕まえるために走ったりしているところを見たことがないコロンボ警部。

    そんな彼が、
    頑張って運動します。

    いやー、こう言うのを見るとさすがコロンボだと思いますよ。

    犯人を捕まえるためには、
    ある意味何でもやる。

    結構、好きなエピソードではあるのですが、
    最後の最後が、ちょっとアチキ的にはイマイチなんですよね。

    靴紐の結び方までの流れは非常にコロンボらしくて良かった。

    でもそこで詰めにならずに、
    もう一言犯人を追い詰める話をするのですが、
    これが、どうもイマイチだったんだなぁ。

    やっぱ、言った言わないは、
    録音でもしていない限り決定的とは言えないからなぁ。

    でも、それまでの話は好きですね。

    一番の見所が秘書の水着姿という結果にならなくて良かった作品だな。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 権力の墓穴

    刑事コロンボ 権力の墓穴」の犯人は、
    コロンボの上司でもあるロス市警次長です。

    そして、最初の殺人は、
    ロス市警次長が行ったわけではなく、
    隣の家に住む男が妻を殺し、
    その事をロス市警次長に相談。

    その事件を、最近その界隈で犯行を積み重ねている空き巣犯になすりつけようとします。

    その試みは一見うまくいったように感じるのですが、
    そこはコロンボ、ちゃんとおかしいことに気づきます。

    はじめは、旦那が犯人かと思い(正解ではあるけど)カマをかけますが、
    見事に外れ。

    奥さんの習慣を知っている旦那が間違えるはずがないと、
    犯人は別にいると言うことになり、
    少々混乱します。

    そして、犯人を隣の家の寝室から見たというロス市警次長に狙いをつけたところ、
    今度は、その奥さんが殺されます。

    ここに来て、
    コロンボは、犯人は一人ではなく二人いると確信。

    しかし、証拠がない。

    そこで、空き巣の常習犯を使って犯人たちを罠にかけます。

    これが、実に良い感じなんですなぁ。

    この部分が一番の見所なので、
    詳しく書きませんが、
    刑事コロンボ」シリーズでもアチキのお気に入りの解決方法の一つですね。

    犯人が成功したと思ったときに、
    ストンと一気に落とすこの痛快な展開。

    何度観ても楽しめますよ。

    中身とはあまり関係ないですが、
    ロス市警次長が搭乗して見回りをしているヘリコプターなんですけど、
    上空にいるときと、ロス市警次長をヘリから降ろすときでは、
    機種が変わっているんですよね。

    編集の時に気づかないわけないと思うんだけど、
    なんでこんな初歩的なミスを犯しているんでしょう。

    まぁ、物語には一切関係からいいんだけどね。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 白鳥の歌

    刑事コロンボ 白鳥の歌」ですが、
    アチキ的には、それほど好きではないお話しです。

    好きではないと言っても面白いですよ。

    刑事コロンボ」は、全部面白い。

    その中で優劣というか、序列をつけると、
    好みでないモノが下に来るわけで、
    この「刑事コロンボ 白鳥の歌」は、
    それに当たるといった感じですか。

    でも、印象には残っている物語で、
    中には、印象に残っていない物語もあることを考えると、
    良い、悪い、だけの話じゃないような気もします。

    たぶん、犯人がアチキの好みじゃないというのが、
    この物語を下のランクにしてしまっているからでしょう。

    犯人は、売れっ子のカントリー歌手で、
    過去の犯罪をネタに強請られていて、
    その結った相手を殺すというお話し。

    強請っている相手を殺したのだからそれほど悪い奴ではない、
    という感じでもありますが、
    人を殺すこと自体が悪い行為なので、
    良いわけがないんで、
    強請られるような子としていた犯人が悪いのです。

    その強請のネタは、
    未成年者を強姦したこと。

    もうこの段階で強請られて当然。

    と言うか、
    警察に突き出しなさい、
    って感じだけど。

    で、その強請っている相手は女性で、
    今では犯人のバックコーラスをしていて、
    尚かつ、マネージャー的な存在。

    カントリー歌手が儲けた金を自分が所属する宗教団体に全額寄付させるなど、
    やっていることは良い奴ぽいけど、
    強請をやるような人間なので、
    やっぱり嫌なヤツです。

    で、今回は自家用セスナを墜落させて、
    同乗していた強請っている嫌なヤツと強姦された生きた証拠としての女性を殺します。

    で、犯人は墜落する前にパラシュートで脱出。

    この経緯は実際に観てもらうとして、
    一人生き残った犯人は、
    死んだ遺族からあいつが殺したという通報をして、
    コロンボが登場するというわけです。

    いやー、今回の一番の見所は、
    なんと言っても追い詰める過程で、
    コロンボが自分の思い通りに犯人が動かなかったことを後悔するところですね。

    当然、そこからあることが閃いて、
    最後は当然コロンボが勝利するんですけど、
    犯人を追い詰めるのを失敗したときのコロンボは良い感じでした。

    と言うわけで、
    物語がつまらないわけではないです。

    普通に面白いです。

    なので、アチキの印象というか、
    ランク付けに惑わされずに観て欲しいですね。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 愛情の計算

    刑事コロンボ・シリーズの中でも結構有名なエピソードです。

    とりわけ、SF映画ファンとか。

    まぁ、なんと限定的なんでしょう。

    それというのも、
    このエピソードには、
    「禁断の惑星」に登場したロボット、ロビー・ザ・ロボットの上半身が組み込まれたロボットは登場するし、
    スティーヴン・スピルバーグの名前を拝借(まんまじゃないけどね)した天才少年が出てきたりします。

    子のと登場したロボットには、
    コロンボの愛犬の散歩をさせたりするんだよね。

    ちなみにこの愛犬、コロンボ(ピーター・フォーク)が実際に飼っている犬だとか。

    ちなみに、この愛犬が初登場したのは、
    「黒のエチュード」です。

    なんで、今となっては、こんなSFオタクじゃないと分からないようなネタが登場するのか、
    それは、今回の舞台になっている場所が、
    天才を集めた研究所だからです。

    さて、今回の犯人は、
    息子のために殺人を犯します。

    そうです。

    タイトルにもなっている「愛情の計算」の愛情とは、
    息子への愛情です。

    そして、計算とは、
    きっとコロンボが犯人を捕まえるためにした方法のことでしょうね。

    いやー、この手のある意味詐欺まがいの方法って、
    意外とコロンボの得意とする所なんですよね。

    それで、今回はどんな方法をとったかについては、
    やっぱり一番の見所なので、ここでは控えさせていただきます。

    最後は、犯人と葉巻を吸うコロンボですが、
    この葉巻が犯人を特定したモノであることから、
    実に意味深なシーンになっています。

    これは、「別れのワイン」に通じるところがありますね。

    もしかしたら「別れのワイン」のラストが評判が良くて、
    また同じ事をしようとしたのかな。

    なんて思ってしまいました。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 第三の終章

    さて「刑事コロンボ 第三の終章」のですが、
    今回の犯人は、
    出版社の社長で、
    売れっ子作家との契約トラブルに怒って作家を殺害してしまうというお話し。

    犯人役のジャック・キャシディは、
    刑事コロンボシリーズで複数回犯人役として登場する常連さん。

    「構想の死角」では、売れっ子ミステリー作家として登場していたので、
    今回の役柄は、
    ちょっと笑えます。

    作家、出版社の社長、そして、マジシャンと役柄は変わっても犯人像としては、
    あまり変わっていない感じなのは、
    役者が同じだからですかねぇ。

    と言う事で、
    「第三の終章」では、
    アリバイ工作と言うよりも、
    自ら手を汚して殺しをしません。

    金で雇った人間に殺しをさせて、
    その時間の自分のアリバイを証明するという方法をとっています。

    まぁ、その雇った人間を自ら殺してしまうんですけどね。

    そうやって犯人自ら墓穴を掘り、
    コロンボに追い詰められてしまうと言う訳です。

    この第三者に殺しを依頼するというのは、
    刑事コロンボシリーズでもほとんど無いんじゃないかな。

    なので、
    はじめて「第三の終章」を観たときは、
    どうやって犯人を追い詰めていくのか、
    非常に興味津々観たのを憶えています。

    みなさんにも、
    そこん所を楽しんでみて頂けたらな、
    と思う次第です。

    ちなみに、
    アチキも後で知ったのですが、
    売れっ子作家の役で殺されてしまった被害者は、
    ミッキー・スピレインだったんですね。

    ちなみにミッキー・スピレインとは、
    セックスとバイオレンスを前面に出したハードボイルド小説マイク・ハマーシリーズの生みの親です。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 意識の下の映像

    この作品は、
    アチキのような広告業界で仕事している人間にとっては、
    感慨深い作品のような気もします。

    とはいえ、
    古い作品なので、
    何も感じない人もいっぱいいるかな。

    と言う事で、
    刑事コロンボ 意識の下の映像」です。

    犯人役が、ロバート・カルプなんですよね。

    アチキにとって、
    ロバート・カルプは、
    TVドラマ「アメリカン・ヒーロー」のビル・マックスウェルなんですよ。

    なので、
    この作品の方を先に見ているのに、
    後になって観た「アメリカン・ヒーロー」が印象深く、
    まぁ、当然だわな、
    後になって「刑事コロンボ 意識の下の映像」を見て、
    ビル・マックスウェルが出ていると思うわけです。

    ちなみに、
    ロバート・カルプは、
    刑事コロンボシリーズには、
    三作品に登場しているんですね。

    すでに紹介している「指輪の爪あと」と「アリバイのダイヤル」にも出ています。

    と言う事で、
    「意識の下の映像」は、
    広告の仕掛けというか、映像作品では御法度のサブミナル効果を使って、
    殺人を行うというお話しです。

    そして、解決するためにコロンボがとった手段もサブミナル効果を使った演出なんですね。

    自分の方法を使われて、
    最後は高笑いする犯人が実に印象的です。

    いつものように、
    最後の最後で自供を迫るような追い詰め方ではなく、
    俺が犯人というのなら証拠を見せろ、
    という犯人に対して証拠を探すんですよ。

    でも見つからない。

    どうしよう。

    と言うところで思いついたのが、
    上記の方法なんですよ。

    いやー、面白いですよ。

    毎回書いていますけど。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄 ロバート・カルプ

    刑事コロンボ 野望の果て

    今回の「刑事コロンボ 野望の果て」の犯人は、
    政治家です。

    上院議員候補で、選挙大詰めというところで事件が起こります。

    上院議員候補のネルソン・ヘイワードには愛人がいて、
    スキャンダルになるからと選挙参謀が別れろと真っ当なことを言う訳です。

    元々選挙参謀のことが気にくわなかったネルソン・ヘイワードは、
    この機会に選挙参謀を殺してしまうんですね。

    それも、自分が命を狙われているという偽の犯行声明を利用して、
    自分と間違えられて殺されたと仕向けるのです。

    護衛についていたロス市警の他の刑事たちは、
    犯人の思うとおりに動くのですが、
    コロンボだけは、くだらないことに首を突っ込んでくるんですな。

    まぁ、それが持ち味だし、おもしろさの一つなんだけどね。

    今回のポイントは、
    犯人がどこから電話をかけたかという所ですね。

    その情報を持って犯人の所へ行き、
    いつものように自分には分からないからお知恵拝借って感じの展開になるのですが、
    結局、犯人として言い訳ができる内容を話せず、
    困った顔をするところが実に良いです。

    もう自分が犯人ですといっている感じでね。

    まぁ、窮地に陥った犯人は、
    再び自分が命を狙われているんだと言うことを見せるために一芝居うとうとします。

    これが、コロンボの策略たったんですね。

    結果的にはだけど。

    この犯人を追い詰める所は、実に気持ちが良いです。

    このラストシーンを見るためだけに「刑事コロンボ 野望の果て」を見て欲しいですね。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    刑事コロンボ 別れのワイン

    刑事コロンボ 別れのワイン」ですね。

    こいつは、アチキの好きな好きなエピソードです。

    まず犯人が良いですね。

    そして、犯人とコロンボの関係も。

    特に犯行を認めてからコロンボが犯人を連行するのですが、
    いつもなら連行するところで終わるのが、
    このエピソードでは、
    ちょっとだけお話しがあるんですよね。

    まぁ、それは、タイトルにもなっているのでけど。

    さて、犯人は、
    ワインがとってもとっても大好きな男で、
    ワイン製造会社の社長でもあります。

    但し、弟がいて、
    この弟が商売もダメ、ワインの知識もダメ、
    金の使い方だけは一流という出来の悪い男のスタンダードモデルになっています。

    で、弟が金のために会社を売ることにしたんですが、
    売り先が兄が大嫌いなワインを作っている会社で、
    大切な会社とワインを守るため、
    弟を殺してしまうのです。

    コロンボは、
    アリバイトリックをどうやって崩していくかという展開になります。

    そして、色々と捜査するのですが、
    決定的な証拠や証言を得られない。

    そこで、いつものようにバクチを打つわけです。

    これがまた絶妙なんですよね。

    でも、それでも客観的にみると、
    犯人だと決めつける証拠にはならないわけで、
    ここで、犯人が自供する決意をしたのが、
    コロンボのせいではなく、
    女性のせいなんですね。

    いやー、しびれるねぇ。

    何しろ、結婚という牢獄と犯人として監獄にいるのとでは、
    どちらが幸せかと天秤に計り、
    犯人として監獄にいる方が幸せだと思うんですから。

    そんな、犯人にコロンボは、
    最後、自分の見立てたワインをプレゼントするんですね。

    これが「刑事コロンボ 別れのワイン」です。





    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー