F1 2002年 シーズン総括

    総括と言ってもいつものようにだらだらとくだらないことを書くだけなんだけどね。

    今年は、言いたくないけどフェラーリ・シューマッハの年だったなぁ。

    ホント、ホンダの年はいつ来るんだろう。

    来年かな?

    たぶん来年だよ。

    いやいやきっと来年だ。

    と、言うことで来年こそは、
    楽しいF1を満喫できることを祈ってコレにて終了。

    と、いって終わりたいけど、
    ホンダだけがF1の楽しさじゃないので、
    もちっといろいろと書くかな。

    トヨタ。

    う~ん。

    がんばれ、トヨタ。

    来年こそが勝負の年だぞ。

    琢磨。

    しくしく。

    来年は、BARのテストドライバーです。

    でも、まだF1の中にいるから良いかな。

    チャンスはきっと来るし。

    ドライバーとしても今までの日本人ドライバーの中では、
    群を抜いているし。

    それは、
    中島悟が実現できなかった若いときにドライブしていたら、
    を実現させた男だし。

    一番の可能性を持っているよ。

    F1の表彰台の真ん中に立つという可能性が。

    モントーヤとキミ・ライコネン。

    今年一年、この二人が、一番ワクワクさせてくれたかな。

    王者をモノともしないドライビング。

    楽しかったなぁ。

    来年は、本当にマシンの出来如何で混沌としそうな程の台風の目となるべき二人です。

    あと、シューマッハ弟。

    元気なかったなぁ。

    あまり好きじゃないけど、
    あーも元気がない走りを見ているとますます嫌いになってしまう。

    お兄ちゃんを食ってかかるくらい元気がないとダメだね。

    ルノーは、私が思っていたよりも戦績を残せなかったなぁ。

    良い走りを何度も見せてくれたのに残念だなぁ。

    それこそ、ホンダもあのくらいの走りが出来ないとなぁ、
    と思ったほどの走りを見せてくれたのに。

    ちょっとがっかりのシーズンでしたね。

    ホンダもBARにシーズン途中から新しいマシンデザイナーが入って来て、
    根本的なマシンバランスの改善には至らなかったけど、
    空力的には現行マシンで可能な限りのステップアップを見せてくれていたので、
    来年が本当に楽しみ。

    まぁ、来年のことはまた改めて書きますのでお楽しみに。

    最後に今年は鈴鹿に行けなかったけど、
    鈴鹿での佐藤琢磨の走りには、本当に感動しました。

    また同じような感動をいつか見せてくれると信じつつ年末放映のF1総集編を楽しみにしている今日この頃










    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP 動画

    F1 2002 Round.17 日本GP

    すごーーーい。

    とってもすごーーーい。

    佐藤琢磨が予選で7位。

    すごい。

    そして、決勝で5位!!

    すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい。

    コレがどのくらいスゴいことかというと、
    中島悟の決勝4位に匹敵するくらいスゴいことです。

    アグリくん?

    あぁ、アレは、まぁ、スゴいですけどね。

    ただ一人の日本人三位表彰台のドライバーですから。

    中島悟くんは、
    一位から四位までをホンダエンジンのマシンが独占した時の四位。

    フロックではなく、実力での四位。

    もちろん、マシンがとっても素晴らしいので、
    その順位は、ある意味妥当だと思うし、
    悟くんの前を走っていた三人は、
    すべてワールドチャンピオン・ドライバーだったりなった人ですからね。

    スゴいことです。

    おっと、今回は琢磨くんですね。

    琢磨くんも、トップ三チームの次ですからね。

    実力でもぎ取った予選七位。

    トップチームの二台がこけて五位。

    でもね、マシンのレベル的には、ルノーよりも出来悪いし。

    もっといってしまえば、ザウバーよりも悪い。

    もっともっといってしまえば、
    後半のモデファイされたジャガーよりも悪い。

    まぁ、BARとはドングリの背比べで、
    若干ジョーダンの方が良いかな。

    と、いうレベルでの順位ですからね。

    マシンのポテンシャル以上のパフォーマンスは見せてくれたということです。

    なにしろフィジケラよりも好タイムだったわけだからね。

    まぁ、フィジケラはちょっと苦戦していたかな。

    セッティングもいまいちみたいだったし。

    でも、決勝はハラハラドキドキだったなぁ。

    ホンダエンジンが、つぎつぎとブローしていくんだもん。

    あちゃー、今度は琢磨か、、。

    なんて思ってみていました。

    でも、今シーズンのバッドラックはすべて使い果たしてきた琢磨くんだったから、
    何事もなくチェッカーを受けることが出来てとってもハッピーでしたね。

    そうそう、ホンダの話。

    ここ数レースエンジンを派手にぶっ壊しているホンダですが、
    わちしは全然悲観していません。

    むしろ好材料といった感じです。

    ホンダが本気でエンジンに手を入れているということだからね。

    第二期ホンダF1参戦時もホンダは、
    当初エンジンをばかすか壊していましたからねぇ。

    極限まで手を入れて開発スピードをアップさせている証拠です。

    目標値まで一気に駆け上がろうとしているわけです。

    来年、再来年がとっても楽しみですねぇ。

    もちろん琢磨も楽しみです。

    そうそう。

    あのワールドチャンピオンのシューマッハも、
    勝利者インタビューで、
    異例ともとれるコメントをいっていました。

    これは、ちょっと驚きです。

    ちょっと感動したし。

    それほど、鈴鹿は琢磨で盛り上がっていたということでしょう。

    行きたかったなぁ。


    2002 Japanese Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps__Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari531:26'59.698110
    22Rubens BarrichelloFerrari53+0.50626
    34Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes53+23.29244
    46Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW53+36.27563
    510Takuma SatoJordan-Honda53+1'22.69472
    615Jenson ButtonRenault52+1 Lap101
    77Nick HeidfeldSauber-Petronas52+1 Lap12
    824Mika SaloToyota52+1 Lap13
    916Eddie IrvineJaguar-Cosworth52+1 Lap14
    1023Mark WebberMinardi-Asiatech51+2 Laps19
    115Ralf SchumacherWilliams-BMW48Engine5
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth39Transmission17
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda37Engine8
    Ret14Jarno TrulliRenault32Mechanical11
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda27Engine9
    Ret22Alex YoongMinardi-Asiatech14Spun off20
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda8Mechanical16
    Ret3David CoulthardMcLaren-Mercedes7Throttle3
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas3Accident15
    WD25Allan McNishToyotaInjury18










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.16 アメリカGP

    ひさびさに面白かったねぇ。

    やっぱりオーバーテイク(追い越し)が見られるサーキットって言うのは、面白い。

    もともとインディーシリーズのオーバルサーキットだから、
    スピードもスゴーく出るし。

    三百五十キロですよ。
    ↑佐藤琢磨の記録。

    ひぇーーー。

    優勝争いは、序盤にウイリアムズの二台がちょんぼやって面白くなくなりましたが、
    BARとジョーダンのホンダ勢がとっても盛り上げてくれました。

    いやー、いいねぇ。

    ガンガン攻めていたよ。

    二回ピットストップをする作戦で、
    車体が軽かったのもあるけど、
    トップスピードだけは、
    トップチームに手が届くところまできたね。

    コレは、来シーズンにむけてとっても好感触。

    次の日本グランプリでは、
    今回の成績くらい上げられると、
    とってもハッピーなんだけど、
    難しいだろうなぁ。

    ジャック・ビルヌーブが六位入賞で、
    とってもハッピー。

    それよれも、
    何故かトヨタのマシンをホンダ勢がオーバーテイクしていくシーンがとっても爽快に感じるのは、
    あちきがトヨタ嫌いだからかな?

    ワンツーは、フェラーリで、
    最後の最後でミハエル・シューマッハがバリチェロに優勝を譲っていたけど、
    まぁ、今回はそんなに問題にならないだろうね。

    もうすでにワールドチャンピオンは決定しているから。

    それにしても、
    ミカ・サロはすでにやる気なし状態の走りだったなぁ。

    予選から。

    やっぱり、遺恨を残した解雇だったからなぁ。

    トヨタのイメージは決して良くないよなぁ。

    たぶん契約で、
    トヨタの悪口を言えないんだろうけど、
    サロも契約で言えないんだよね、
    と言っちゃえばいいのに。

    まっ、無理か。

    しかし、最近はホントよくぶっこわれるんだよ、
    ホンダエンジン。

    今回も予選で琢磨が予選用のエンジンを派手にぶっ壊していたからなあ。

    もう、ほんとギリギリまで作り上げているんだね。

    さすが、ホンダだぁ。

    やる時はやる。

    パワーパワーパワー。

    信頼性は、まぁ、ついでに。

    それでこそホンダだぁ。

    いいぞー、ホンダー。

    でもなぁ、琢磨の決勝の走りを見ていたら、
    やっぱ予選用エンジンが予選前に壊れたのは痛かったよなぁ。

    確実にコンマ五秒は違ったからなぁ。

    う~ん、残念。

    さて、いよいよ次回日本グランプリで2002年のF1も終了です。

    最後くらい皆さんしっかり見ましょうよ。


    2002 United States Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps__Time/Retired_Grid_Pts
    12Rubens BarrichelloFerrari731:31'07.934210
    21Michael SchumacherFerrari73+0.01116
    33David CoulthardMcLaren-Mercedes73+7.79934
    46Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW73+9.91143
    514Jarno TrulliRenault73+56.84782
    611Jacques VilleneuveBAR-Honda73+58.21171
    79Giancarlo FisichellaJordan-Honda72+1 Lap9
    815Jenson ButtonRenault72+1 Lap14
    97Nick HeidfeldSauber-Petronas72+1 Lap10
    1016Eddie IrvineJaguar-Cosworth72+1 Lap13
    1110Takuma SatoJordan-Honda72+1 Lap15
    1212Olivier PanisBAR-Honda72+1 Lap12
    138Heinz-Harald FrentzenSauber-Petronas71+2 Laps11
    1424Mika SaloToyota71+2 Laps19
    1525Allan McNishToyota71+2 Laps16
    165Ralf SchumacherWilliams-BMW71+2 Laps5
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes50Engine6
    Ret22Alex YoongMinardi-Asiatech46Engine20
    Ret23Mark WebberMinardi-Asiatech38Steering38
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth27Transmission17










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.15 イタリアGP

    さてさて、フェラーリの凱旋。

    予選ではウィリアムズに押されていたけど、
    やっぱり決勝は強かった。

    昔、ホンダ・マルボロ・マクラーレンの時のような強さではないけど、
    それに近い力強さを感じるよなぁ。

    で、余談なんだけど、
    CXで100万円が当たる順位予想をしていたのをご存じでしたか?

    私も予選が終わった段階で、早速投票しました。

    ミハエル・シューマッハと佐藤琢磨の順位を予想するんですけどね。

    で、私はシューマッハが2位、琢磨が13位でした。

    いやー、ドキドキして観ていましたよ。

    当たったらどうしよう。

    そして、あちきの家に電話があったらどうしよう。

    なんて思ってみていたのですが、
    残念ながら順位が的中しても電話がかかってきても、
    100万はもらえなかったのです。

    だって、最初からレースを見れなかったから。

    しくしく。

    番組の冒頭で伝えられるキーワードを電話がかかってきた時に告げないと当たらない仕組みだったから。

    でも、まぁ、そんな心配事は途中からなくなったんですけどね。

    でもおしかったなぁ。

    シューマッハ二位は当たったけど、
    琢磨十二位だからなぁ。

    レースはね、、、、。

    途中からしか観ていないから何とも言えないんだけど、
    フェラーリの殿様レースでしたね。

    ホント、決勝では強いよなぁ。

    ちなみにホンダ・マルボロ・マクラーレンがちょー強かった時は、
    予選もめちゃめちゃ強かった。

    すべてが強かった。

    もう負けるなんて気が全然しなかった。

    それでもシーズン中に一回負けたけどね。

    そうそう。イタリアGPの話ね。

    ジャガー速かったねぇ。

    たぶん、空力などのセットアップがどんぴしゃだったんだね。

    で、ホンダ。

    過去の栄光の話は、あくまで過去のこと。

    高速サーキットで真価を問われるエンジンパワー。

    う~ん。厳しいねぇ。

    それと琢磨。

    全然、セットアップがダメだね。

    めちゃめちゃマシンのバランスが悪いじゃん。

    見ました?琢磨の車載カメラの映像。

    外から見ているよりもとっても深刻だね。

    でもね、フィジケラよりも(琢磨のチームメイト)あんなに遅いとちょっと問題だよね。

    当然、ファーストドライバーの方がマシンのセットアップや部品なんかも優先されるんだけど、さ。

    それを差し引いても、今回ちょっとわるかったよなぁ。

    琢磨も最初のタイヤセットはだめだめと言っていたけど、
    もちっとがんばってもらわないと。

    すごーく速いドライバーで頭が良いのもよく分かる。

    逆境も凄いでしょう。

    でも、それを乗り越えられるパワーがないとダメなんだよ。

    超一流になるには。

    がんばれー琢磨。

    と、言うことで今年のF1も残りわずかです。

    特に最後の日本GPは絶対にお見逃しなく。


    2002 Italian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps___Time/Retired__Grid_Pts
    12Rubens BarrichelloFerrari531:16'19.982410
    21Michael SchumacherFerrari53+0.255s26
    316Eddie IrvineJaguar-Cosworth53+52.579s54
    414Jarno TrulliRenault53+58.219s113
    515Jenson ButtonRenault53+1'07.770s172
    612Olivier PanisBAR-Honda53+1'08.491s161
    73David CoulthardMcLaren-Mercedes53+1'09.047s7
    89Giancarlo FisichellaJordan-Honda53+1'10.891s12
    911Jacques VilleneuveBAR-Honda53+1'21.068s9
    107Nick HeidfeldSauber-Petronas53+1'22.046s15
    1124Mika SaloToyota52+1 Lap10
    1210Takuma SatoJordan-Honda52+1 Lap18
    1322Alex YoongMinardi-Asiatech47+6 Laps20
    Ret6Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW33Chassis damage1
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes29Engine6
    Ret23Mark WebberMinardi-Asiatech20Engine electrics19
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas16Collision14
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth15Collision8
    Ret25Allan McNishToyota12Suspension13
    Ret5Ralf SchumacherWilliams-BMW4Engine3










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.14 ベルギーGP

    眠いから何を書くか分からなくなってとんちんかんに
    なるかも。

    ん!?

    と、言うことは、いつも眠いのか?

    おいおい。

    って、誰か突っ込んで。

    と、言うわけでF1です。

    ワールドチャンピオンはドライバーもコンストラクターも決まったというのに、
    しっかり見てしまいます。

    消化レースなのに。

    でもね、下位チームとか、まだシートの決まっていないドライバーとか、
    それこそ来年にむけて一ポイントでも多くとるためにみんな必死なんです。

    気を抜いたチームなんてありません。

    それは、ワールドチャンピオンになったフェラーリチームだってそう。

    みんな全開バリバリです。

    エンジン壊れるくらいアクセル踏み込んでいます。

    と、いうわけでホンダエンジンは、とっても凄い壊れかたしてました。

    ありゃ、燃料パイプ系までいっちゃってガソリン燃えてたね。

    それほど凄かったよ。

    普通、
    エンジン内部の駆動部分が壊れてエンジン内部がめちゃめちゃになってオイル引火して白煙上げて止まるんですけど、
    今回のホンダエンジンを積んだジョーダン・フィジケラのマシンは炎上げて走ってましたからね。

    ジェットエンジンみたいでしたよ。

    すごいエンジン作ったもんだ、ホンダさん。

    さすがです。

    トヨタには真似できねぇなぁ。

    で、トヨタです。

    後一年契約が残っているミカ・サロを今期限りで解雇。

    かわりに、現BARホンダのオリビエ・パニスと契約。

    こいつは、トヨタもだんだんえげつなくなって、
    F1村の仲間になってきたねぇ。

    ホンダエンジンをよく知るパニスを入れるなんてさ。

    まぁ、ホンダもそんなことはしょっちゅうやっているしね。

    今回は、見るべきところが中堅チーム以降って感じで、
    昨日今日F1を見始めた人には、
    ちょっとつまらないレースだったかも。

    聞いたこともないようなチームとドライバーの名前ばっかりだったしね。

    でも、あちきはとっても楽しく見ていましたよ。

    ジャック・ビルヌーブがフィジケラをオーバーテイクするシーンが見れたし。

    まぁ、積載燃料のせいだと分かっていても、気持ちいいよねぇ。

    やっぱ、BARってホンダ・ワークスって感じだし。

    BARとジョーダンならどっちを応援するかと言われたらBARだからなぁ。

    佐藤琢磨とBARだったら琢磨かな。

    今はね。

    ホンダエンジンのマシンに乗っているし。

    このベルギーグランプリが開催されるサーキットは、
    とっても名物なコーナーがいくつかあって、
    その中でもオールージュと言われる坂道は最高にハッピーな場所なんだよね。

    時速三百キロで坂道を駆け上がっていくのは、
    すごい見応えあります。

    こいつはナマで見てみたいなぁ。

    これからは、レースの話よりもドライバーの移籍話で盛り上がりを見せるF1ですから、
    その辺もネタにしていこうかなぁ。

    それぞれのチーム事情とか。

    だから、ちょっとF1を知らない人にはつまらない話が多くなるかも。

    でも、ちゃんとフォローしますよ。

    出来るだけね。

    ちなみに優勝はシューマッハ。二位はバリチェロ。

    フェラーリの1、2です。

    3位は、わたしのお気に入りモントーヤです。

    ホンダは、、、、、、。

    次こそがんばれっっ。


    2002 Belgian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps__Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari441:21'20.634110
    22Rubens BarrichelloFerrari44+1.977s36
    36Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW44+18.445s54
    43David CoulthardMcLaren-Mercedes44+19.357s63
    55Ralf SchumacherWilliams-BMW44+56.440s42
    616Eddie IrvineJaguar-Cosworth44+1'17.370s81
    724Mika SaloToyota44+1'17.809s9
    811Jacques VilleneuveBAR-Honda44+1'19.855s12
    925Allan McNishToyota43+1 Lap13
    107Nick HeidfeldSauber-Petronas43+1 Lap18
    1110Takuma SatoJordan-Honda43+1 Lap16
    1212Olivier PanisBAR-Honda39Engine15
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda38Engine14
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth37Suspension11
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas37Engine17
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes35Engine2
    Ret14Jarno TrulliRenault35Engine7
    Ret22Anthony DavidsonMinardi-Asiatech17Spin20
    Ret15Jenson ButtonRenault10Engine10
    Ret23Mark WebberMinardi-Asiatech4Gearbox19











    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.13 ハンガリーGP

    予選で、ジョーダン・ホンダのフィジケラが五番手についた。

    すごい!

    だけど琢磨は、、、、、まぁ、もう少し上には上がれたかな。

    マシントラブルがなければね。

    それにしても、予選5位は凄いなぁ。

    これが、ジョーダンだけでなくBARもシングルポジションだったら、
    とってもハッピーな週末だったのに。

    こんなに調子がいいのに、
    ホンダは来期からジョーダンを捨ててBAR一本に絞るそうです。

    コレは、とっても良いことです。

    とりあえず最強エンジンを作るまでは、
    一チーム体制が良いでしょう。

    そうなると心配なのが、琢磨の去就。

    来年もジョーダンで走れるとは思うけど、
    なにが起こるか分からないのがF1だからなぁ。

    ジョーダンの戦闘力は、
    ホンダのかわりにフォード・コスワースになるようなので、
    まぁ、なんというか、
    とりあえずパッケージがよければシングルにはいけそうな気がするなぁ。

    ふたを開けてみないと分からないけどね。

    さてさて、グランプリ決勝は、
    またまたフェラーリの独走で終始。

    バリチェロのドライバーズ・ランキング2位を決めるためにワールドチャンピオン・シューマッハがサポート。

    結果、一位バリチェロ、二位シューマッハ、三位シューマッハ弟となりました。

    上位は、イマイチ見るべき所がなかったなぁ。

    ちなみに、このレースでフェラーリはコンストラクターズでもチャンピオンになりました。

    ダブルタイトルです。

    素晴らしいチームですねぇ。

    今回のレースで一番印象的だったのは、フィジケラだねぇ。

    コーナースピードが抜群でした。

    流れるように走っているのよ。

    素晴らしい。

    そこへいくと、琢磨くんは同じマシンに乗っているとはちょっと思えませんでしたなぁ。

    まぁ、セカンドドライバーだし、
    セッティングだって違うし。

    がんばれ、琢磨!

    次こそは、良いところを見せてくれよ。

    そうそう。

    結局、フィジケラは6位フィニッシュだったね。

    おしかったなぁ。

    マクラーレンの二台に土壇場でやられてしまった。

    でも、次回がいろいろと楽しみな結果ではあったね。


    2002 Hungarian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps__Time/Retired_Grid_Pts
    12Rubens BarrichelloFerrari771:41'49.001110
    21Michael SchumacherFerrari77+0.434s26
    35Ralf SchumacherWilliams-BMW77+13.356s34
    44Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes77+29.479s113
    53David CoulthardMcLaren-Mercedes77+37.800s102
    69Giancarlo FisichellaJordan-Honda77+1'08.804s51
    78Felipe MassaSauber-Petronas77+1'13.612s7
    814Jarno TrulliRenault76+1 Lap6
    97Nick HeidfeldSauber-Petronas76+1 Lap8
    1010Takuma SatoJordan-Honda76+1 Lap14
    116Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW76+1 Lap4
    1212Olivier PanisBAR-Honda76+1 Lap12
    1317Pedro de la RosaJaguar-Cosworth75+2 Laps15
    1425Allan McNishToyota75+2 Laps18
    1524Mika SaloToyota75+2 Laps17
    1623Mark WebberMinardi-Asiatech75+2 Laps19
    Ret22Anthony DavidsonMinardi-Asiatech58Spin20
    Ret15Jenson ButtonRenault30Spin9
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth23Engine16
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda20Transmission13
    DNQ22Alex YoongMinardi-Asiatech










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.12 ドイツGP

    今年のドイツGPは、コース改修によって、
    まったく違うサーキットになってしまった。

    あの数々のドラマを生んだ高速サーキットが、
    普通のサーキットになってしまった。

    300キロオーバーのオーバーテイクは、
    このサーキットでしか味わえなかったのになぁ。

    とっても残念。

    で、新しいコースで一つだけ良いことが。

    と、いってもコースそのもののことではなくて、
    コース横に設置された設備のこと。

    ヘアピンを抜けたストレート横に、
    ワイヤーに吊られたカメラがマシンと一緒に走って被写体を追うように設置されているのです。

    こいつが、とってもかっこいい画をいっぱい見せてくれました。

    この方法は、すべてのサーキットで採用して欲しいですねぇ。

    で、直接レースには関係ないんだけど、
    フェラーリのピット作業で一つ気付いたことがあります。

    掃除機を使っていましたねぇ。

    前にも使っていたような気がするなぁ。

    なんかこれを書いていて、思ったんだけど、
    前にも同じようなこと書かなかったかなぁ。

    エアダクトのゴミを今までは、
    いやいや、
    今でも他チームでは人の手でゴミ掃除をしていたのですが、
    フェラーリは掃除機を突っ込んでダクトのゴミを綺麗にしておりました。

    コレは、今後のピット作業のトレンドになるんじゃないかなぁ。

    さてさて、レースの方はと言うと、
    地元ミハエル・シューマッハ初のポール・トゥ・ウイン。

    ポールポジションからスタートして一位でゴール。

    ついでに、レース中の一番速いタイムも出してハットトリック。

    完全勝利ですね。

    昔、ウイリアムズのナイジェル・マンセルがフリー走行から予選、
    決勝まですべて一番時計を出して勝ったことがあったなぁ。

    アレこそ完全勝利ですな。

    さてさて、
    ワールドチャンピオンが決まったというのに、
    F1レースは相変わらず熱いバトルが繰り広げられております。

    まだコンストラクターズタイトルが決まっていないですし、
    一つでも多くのポイントをとって来年のグランプリに備えたいというのもあります。

    レースも、タイトル争いが基本的にかかっていないのにとっても面白かったです。

    ホンダの元気が良かったのがいい。

    結果、完走できたのは琢磨くんだけだったけど、
    いい感じでエンジンの開発が進んでいるので、
    とっても安心して見ていられましたねぇ。

    やっと、トンネルの出口がどこにあるのか見えてきたんでしょうなぁ。

    これからシーズン終了までは、順位もそうですが、
    レースの中身がとっても重要になってくるので、
    みなさんもそこんとこに注目して見ると面白いと思いますよ。

    さてさて、F1も夏休み。

    次回グランプリは三週間後。

    それまで、F1ネタはないのかな?

    いやいや、なにか書くかな。


    2002 German Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps__Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari671:27'52.078110
    26Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW67+10.503s46
    35Ralf SchumacherWilliams-BMW67+14.466s24
    42Rubens BarrichelloFerrari67+23.195s33
    53David CoulthardMcLaren-Mercedes66+1 Lap92
    67Nick HeidfeldSauber-Petronas66+1 Lap101
    78Felipe MassaSauber-Petronas66+1 Lap14
    810Takuma SatoJordan-Honda66+1 Lap12
    924Mika SaloToyota66+1 Lap19
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda59Engine6
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes59Spin5
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth57Brakes16
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth48Engine18
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda39Engine7
    Ret14Jarno TrulliRenault36Spin8
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda27Gearbox11
    Ret15Jenson ButtonRenault24Engine13
    Ret25Allan McNishToyota23Engine17
    Ret23Mark WebberMinardi-Asiatech23Hydraulics21
    Ret20Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth18Hydraulics15
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth0Transmission20
    DNQ22Alex YoongMinardi-Asiatech










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.11 フランスGP

    いやー、バリチェロ様々だね。

    あの優勝がなかったら、今回決まらなかったからね。

    と、いうことで早くもドライバーズ選手権が終了です。

    2002年ワールドチャンピオンは、
    ミハエル・シューマッハに決定。

    ワールドチャンピオンになるだろうとは思っていたけど、
    こんなに早く決まるとなんか、寂しいなぁ。

    で、とりあえずワールドチャンピオンネタは、
    今日は書きません。

    じゃぁ、何について書くかというと、
    ジャパン勢のことでもありません。

    モントーヤとライコネン。

    この二人は、あちきとっても注目していたんですよ。

    「ひとりよがり」でも何度となく名前が出てきていたと思うので、
    F1に興味がない人でもF1ネタを読んでいた人はなんとなくおぼえていると思いますが、
    これからはもちっとしっかりおぼえといてもらいましょう。

    で、何がいいたいかというと、モントーヤ凄いですねぇ。

    五戦連続ポールポジションですよ。

    ワールドチャンピオン・シューマッハを抑えてのポールポジション。

    凄いですねぇ。

    同じマシンに乗るラルフ・シューマッハが、
    予選順位五番手ですから、
    いかにドライバーの腕がいいかおわかりでしょう。

    まぁ、決勝は散々でミハエル・シューマッハのワールドチャンピオン決定を手助けしてしまった感がありますが、
    仕方ないね。

    いずれワールドチャンピオンになる素質を持っているドライバーであることにはかわりありません。

    モントーヤには、いつかホンダエンジンのマシンに乗って欲しいと思う今日この頃。

    セナの愛したホンダだから、
    セナを愛しているモントーヤもきっとのってくれるでしょう。

    そして、驚異のスーパークールボーイのライコネン。

    このちょーーーークールでふてぶてしい若造のスーパーな経歴は、
    いずれ機会があればゆっくり書くとして、
    今回の決勝レースで一番輝いていたのはこいつかもしれません。

    何しろ、ラスト五週まではミハエル・シューマッハを抑えて一位を走っていたのですから。

    結果、自分のドライビングミスでシューマッハに一位を譲ることになり初優勝を逃したわけですが、
    いやー、すげぇなこいつは。

    何が凄いって、表彰台での態度。

    結果的に二位になったけど、
    ライコネンの場合、
    端から見れば表彰台にのぼれるだけ凄いと思われる立場なのに、
    ぶすーーーーーーーと自分のミスに後悔と怒りをあらわにしているんだから。

    まぁ、若いと言ってしまえばそれまでだけど、
    こいつもやっぱり大物です。

    そして、この男もいずれワールドチャンピオンになる素質と気質を持っています。

    すんごい楽しみ。

    こいつはイケてる、
    と思ったドライバーがこうして活躍するのを見るのはとっても楽しいですね。

    今度、コンストラクターズ・チャンピオンが決まったらマシンについて書こうかと思いますが、
    来年はフェラーリ盤石とは言えない状況になりつつありますね。

    来年は、混迷のグランプリシーズンになって欲しいという希望も込めて、
    今年後半のグランプリを楽しみたいと思います。

    では、また来週ドイツGPのネタでお会いしましょう


    2002 French Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps____Time/Retired___Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari721:32'09.837210
    24Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes72+1.104s46
    33David CoulthardMcLaren-Mercedes72+31.975s64
    46Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW72+40.675s13
    55Ralf SchumacherWilliams-BMW72+41.772s52
    615Jenson ButtonRenault71+1 Lap71
    77Nick HeidfeldSauber-Petronas71+1 Lap10
    823Mark WebberMinardi-Asiatech71+1 Lap18
    917Pedro de la RosaJaguar-Cosworth70+2 Laps15
    1022Alex YoongMinardi-Asiatech68+4 Laps19
    1125Allan McNishToyota65Engine17
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth52Rear wing9
    Ret14Jarno TrulliRenault49Engine8
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas48Mechanical12
    Ret24Mika SaloToyota48Engine16
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda35Engine13
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda29Accident damage11
    Ret10Takuma SatoJordan-Honda23Spin14
    DNS2Rubens BarrichelloFerrari0Ignition3
    DNQ20Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth
    DNQ21Enrique BernoldiArrows-Cosworth
    WD9Giancarlo FisichellaJordan-HondaInjury











    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.10 イギリスGP

    ひゅーひゅー。

    やっと、BARホンダが入賞しました。

    それも、二台揃って。

    良かった良かった。

    と、とりあえずポイントがとれたことには、
    素直に喜びたいです。

    だからといって、
    BARが常にポイント圏内を走れるポテンシャルを持っているとは、
    到底思えない。

    残念です。

    今回は、ブリヂストンのおかげ。

    ブリヂストン様々です。

    雨のイギリスGP
    と言っても中途半端な雨のおかげで、
    中途半端な雨の時に走るタイヤの出来が、
    そのままレース結果に結びついた感じ。

    なんたがよく分からない書き方だな。

    日本語書けよ、日本語。

    と、いうことで、ちょっと専門的な話。

    レースには、通常二種類のタイヤが用意されます。

    この二種類というのは、
    ドライ用のタイヤが二種類用意されているということです。

    たいがい、コンパウンドが堅いのと柔らかいモノが用意されます。

    それとは別に、雨が降った時のためにレイン用タイヤが常に各レース場に持ち込まれています。

    で、昔はレイン用は一種類しかありませんでした。

    でも、今は二種類あります。

    いっぱい雨が降った時のレイン用タイヤと、
    ちょっとしか雨が降っていないとき用のレインタイヤの二種類です。

    で、今回のレースと言うより、
    毎回なんですが、
    この中途半端な時のレイン用タイヤの出来が、
    ブリヂストンとミシュランでは全然違うのです。

    おかげで、
    ミシュランを履いて走っているウイリアムズとマクラーレンは、
    ブリヂストンを履いているフェラーリに、
    まったく歯が立ちませんでした。

    それどころか、BARにさえ勝つことが出来なかった。

    まさに、今回のグランプリは、
    ブリヂストン対ミシュランというタイヤ戦争がとっても分かりやすく展開されレースでしたね。

    何しろ、
    ウォームアップランのスタートが出来なかったフェラーリ・バリチェロが、
    最後尾からスタートして結果は二位。

    それもコレもブリヂストンのおかげ。

    一位は、余裕とも思えるような走りで、
    フェラーリ・シューマッハ。

    ちなみに、我らが琢磨くんはエンジンブローでリタイヤ。

    ちなみに、トヨタも二台ともリタイヤ。

    予選は速かったんだけど、
    決勝で失敗した、とってもかわいそうなチーム。

    でも、結果がすべてなのよ。

    今回は、本当にレースがめちゃめちゃで初めてF1を見た人がいたら、
    とってもかわいそうなくらい何が何だか分からないレースだったろうなぁ。

    私は、楽しめたけどね。

    さーて、BARも運が向いてきたということで(たぶん…)次からとっても楽しみですねぇ。

    たぶん。


    2002 British Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari601:31'45.015310
    22Rubens BarrichelloFerrari60+14.578s26
    36Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW60+31.661s14
    411Jacques VilleneuveBAR-Honda59+1 Lap93
    512Olivier PanisBAR-Honda59+1 Lap132
    67Nick HeidfeldSauber-Petronas59+1 Lap101
    79Giancarlo FisichellaJordan-Honda59+1 Lap17
    85Ralf SchumacherWilliams-BMW59+1 Lap4
    98Felipe MassaSauber-Petronas59+1 Lap11
    103David CoulthardMcLaren-Mercedes58+2 Laps6
    1117Pedro de la RosaJaguar-Cosworth58+2 Laps21
    1215Jenson ButtonRenault54Wheel12
    Ret10Takuma SatoJordan-Honda50Engine14
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes44Engine5
    Ret14Jarno TrulliRenault29Electronics7
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth28Driveshaft18
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth23Spin19
    Ret20Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth20Engine16
    Ret24Mika SaloToyota15Drivetrain8
    Ret23Mark WebberMinardi-Asiatech9Clutch20
    Ret25Allan McNishToyota0Clutch15
    DNQ22Alex YoongMinardi-Asiatech










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.9 ヨーロッパGP

    ヨーロッパGPは、
    ドイツ国内のサーキットニュルブルクリンクで開催されるグランプリです。

    今回は、サーキットの一部がレイアウト変更され、
    コース全長がのびました。

    ちょっとテクニカルな複合コーナーが出来たので、
    ドライバーたちには結構評判良かったようです。

    何しろ、インタビューに答えているドライバーのすべてが、
    表現は多少違っても「前のコースはつまらなかった」と言って比較していましたから、
    本当につまらないサーキットだったんでしょうねぇ。

    で、今回のGPは、
    この新設されたコーナーでドラマが繰り広げられました。

    決勝いきなりジョーダンの二台がクラッシュ。

    フィジケラが一コーナーの段差でスピンして佐藤琢磨のマシンにヒット。

    いやー、見ている方は、とってもがっくしでした。

    琢磨がフィジケラにぶつかった時は、
    しょうがないなぁ、
    と寛大な気持ちになりますが、
    フィジケラが琢磨のマシンにヒットした時は「てめー、なにやってんだよっっつ」と、
    とっても冷静に見てられませんでしたなぁ。

    ごめんねフィジケラ。

    ついついひいきしちゃて。

    ホンダのためにポイント稼いでくれたのに。

    でも私日本人だからさ。

    仕方がないのよ。

    と、言うことでグランプリの話。

    今回は、タイヤが大きく勝敗を分けました。

    予選の一発勝負では、ミシュランとブリヂストンの差はほとんどなかったのですが、
    決勝はミシュラン曰く「持ってきたタイヤのチョイスに失敗した」ということで、
    ブリヂストン曰く「勝負を捨ててますね」という状況での決勝でした。

    ブリヂストンに全然、
    太刀打ちできないからピット回数を減らして何とかしようというミシュラン勢の作戦が、
    フェラーリ・ブリヂストンの独走を招きましたね。

    だからトップ争いは、後半つまらないモノになってしまい、
    それでも最後までハラハラしながら見ていられたのは、
    バリチェロがまたシューマッハに道を譲るのかどうかという興味だけで見ていたような気がします。

    BARはパニスだけが、
    淡々としたつまらない走りでラップを重ね、
    ジャックは予選から精彩ないし、
    フィジケラはリタイヤするし、
    琢磨はどんべを懸命に走っているし、
    あーあー、
    って感じでしたからねぇ。

    トヨタ?

    そっかー、トヨタも走っていたんだよねぇ。

    トヨタは、このドイツにチームの基地があるからホームグランプリと言ってがんばっていたなぁ。

    ホームグランプリだよ、ホームグランプリ。

    まぁ、スタッフのほとんどが外国人だかなぁ、
    トヨタは。

    第二のホームグランプリが鈴鹿なのかな、トヨタって。

    トヨタってどこの国のチームなんだろ。

    よく分かんないや。

    と、言うことで多国籍軍のトヨタは、
    ミカ・サロが不調で全然でしたね。

    マクニッシュががんばっていたけど、
    所詮セカンド・ドライバー。

    日本勢は、
    トヨタもホンダもすべてセカンド・ドライバーががんばっていたなぁ。

    ちなみに、予選トップのモントーヤも新設された一コーナーでスピン。

    クルサードを巻き込んでリタイヤしてしまい、
    ポール・ポジションで勝てないモントーヤというジンクスをまた一つ増やしてしまいました。

    しかし、あの段差は、スゴい。

    もう少し、コース幅いっぱいにバンクをつけてナチュラルにしないと、
    ちょっとつらいよなぁ。

    せっかくのパッシングポイントなんだから、
    イン側の車がコースのせいで立ち上がりでアクセルを踏めない状況になるのは、
    ちょっとつまらないよなぁ。

    ちょっと話が飛んだけど、結局フェラーリの1、2フィニッシュで、
    バリチェロはチームオーダーなしでそのままゴール。

    そして、棚からぼた餅のライコネンが三位。

    棚からぼた餅と書きましたが、実力のあるドライバーなので、
    マシンがもっと良くなれば、上位でガンガンですよ、きっと。

    結構、走りもアグレッシブだし。

    若さ爆発状態だからなぁ。

    まだ一発の速さが見えてこないけど、
    そのうち「こいつははぇぇ」と言われる存在になるでしょうねぇ。

    さぁて、次はまた二週間後です。


    2002 European Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps____Time/Retired___Grid_Pts
    12Rubens BarrichelloFerrari601:35'07.426410
    21Michael SchumacherFerrari60+0.294s36
    34Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes60+46.435s64
    45Ralf SchumacherWilliams-BMW60+1'06.963s23
    515Jenson ButtonRenault60+1'16.944s82
    68Felipe MassaSauber-Petronas59+1 Lap111
    77Nick HeidfeldSauber-Petronas59+1 Lap9
    814Jarno TrulliRenault59+1 Lap7
    912Olivier PanisBAR-Honda59+1 Lap12
    1017Pedro de la RosaJaguar-Cosworth59+1 Lap16
    1121Enrique BernoldiArrows-Cosworth59+1 Lap21
    1211Jacques VilleneuveBAR-Honda59+1 Lap19
    1320Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth59+1 Lap15
    1425Allan McNishToyota59+1 Lap13
    1523Mark WebberMinardi-Asiatech58+2 Laps20
    1610Takuma SatoJordan-Honda58+2 Laps14
    Ret24Mika SaloToyota51Gearbox10
    Ret22Alex YoongMinardi-Asiatech48Hydraulics22
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth41Hydraulics17
    Ret6Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW27Collision1
    Ret3David CoulthardMcLaren-Mercedes27Collision5
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda26Accident damage18










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.8 カナダGP

    ジル・ビルヌーブ・サーキット。

    そう、ここカナダグランプリの開催するサーキットは、
    現在BARホンダのドライバーである、
    ジャック・ビルヌーブのお父さんの名前が付いたサーキット。

    このグランプリにBARホンダは、
    ニューエンジンとニューシャーシを持ち込んで、
    全面的にジャックをバックアップ。

    元ワールドチャンピオンのドライバーの機嫌を取るために万全の体制。

    おかげで予選ではジャックくん9位をゲット。

    見てないんだよねぇ。予選。

    面白そうだったなぁ。

    予選結果を見て、
    おー、いよいよホンダの反撃が始まったかー。

    と、思ったんですけど、
    佐藤琢磨が乗るマシンが予選で派手にエンジンブロー。

    おいおい。

    こりゃ、ちと心配だぞ。

    と、思いながら決勝レース

    最近絶好調のフェラーリ・バリチェロが、
    早々に予選一位のウイリアムズ・モントーヤをパスして、
    快調にレースをすすめていきます。

    さてさて、
    我らがホンダ勢は、なんかパッとしないスタートで、
    まぁ、順当という感じ。

    しかし、いきなりBARホンダのジャックくんがスローダウン。

    エンジンから煙も火も見えていないので、
    駆動系か油圧系ないしは電気系のトラブルの模様。

    残念だねぇ。

    一度、ジャックくんは川崎大師でお払いしたほうがいいよ。

    それ以外のホンダ勢はすべて完走しているんだから。

    まさに不運。

    かわいそうに。

    久々にジャックのアグレッシブなドライビングが見れるかと思ったのに。

    それにしても、なんでBARはあんなにリアウイングを立てていたんだ?

    謎だ。

    リアのトラクション不足か?
    それ以外に考えられない。

    このサーキットで、
    あんなにウイングを立てないといけないなんて、
    思っていたよりシャーシの出来がよくないのか?

    確かにストップアンドゴーのサーキットなのでブレーキング時のスタビリティとか、
    リアを立てた方がいいの分かるけど。

    ストレートの割合を考えるとねぇ。

    うーーーん、情報が不足してるなぁ。

    琢磨のマシンは前後のバランスが悪そうで、
    コーナーの突っ込みでマシンがふらつくことが多かったから、
    あの順位で完走できたのはとってもよかったのではないかな。

    逆に5位でフィニッシュしたフィジケラの方ができすぎって感じです。

    それにしてもフェラーリ・シューマッハはスゴいね。

    八戦終わって、七回優勝。

    びっくり。

    一つはバリチェロにもらった勝利だとしても、
    こいつは、もーいかんです。

    だれか、止めろよ。

    誰かというより、
    モントーヤよ、がんがんいっちゃってよ。

    あちき好きなんだけどなー、モントーヤの走り。

    今回も、いいところまでいってマシントラブルでリタイヤ。

    次こそは、表彰台の真ん中に食い込んで欲しいね。

    トヨタは、前回のモナコに続いて、全滅。

    改めてF1の厳しさを体感していることでしょう。

    今までが、ちょっと出来過ぎって感じでしたから。

    あのままの調子で最後までいっていたら、
    本当にスゴいチームだと、
    褒めようと思っていたのに。

    やっぱり、F1です。

    そーそー、簡単ではない。

    ホンダが復調の兆しを見せてきたんだから、
    トヨタさんももう一踏ん張りですよ。

    でも、まぁ、最後に勝つのはホンダなんだけどね。

    トヨタも、もっとじゃんじゃん金使わないと、ダメだよ。

    それしかないんだから、トヨタがF1で勝つことが出来るのは。

    フェラーリの10倍くらい金を使わないと。

    勝てないよ。


    2002 Canadian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari701:33'36.111210
    23David CoulthardMcLaren-Mercedes70+1.132s86
    32Rubens BarrichelloFerrari70+7.082s34
    44Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes70+37.563s53
    59Giancarlo FisichellaJordan-Honda70+42.812s62
    614Jarno TrulliRenault70+48.947s101
    75Ralf SchumacherWilliams-BMW70+51.518s4
    812Olivier PanisBAR-Honda69+1 Lap11
    98Felipe MassaSauber-Petronas69+1 Lap12
    1010Takuma SatoJordan-Honda69+1 Lap15
    1123Mark WebberMinardi-Asiatech69+1 Lap21
    127Nick HeidfeldSauber-Petronas69+1 Lap7
    1320Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth69+1 Lap19
    1422Alex YoongMinardi-Asiatech68+2 Laps22
    1515Jenson ButtonRenault65Gearbox13
    Ret6Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW56Engine1
    Ret25Allan McNishToyota45Spin20
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth41Overheating14
    Ret24Mika SaloToyota41Brakes18
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth29Gearbox16
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth16Suspension17
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda8Engine9












    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.7 モナコGP

    今年も楽しいモナコGPでしたね。

    ミハエル・シューマッハのファンの方には、
    大変申し訳ないんですが、今回は負けてくれないかなー、と。

    なぜかって。

    それは、我が愛しのセナの記録を破らないでほしいから。

    とはいっても、いずれ破られるだろうけど。

    少しでも長くセナが歴代モナコマイスターのトップで居続けてほしいです。

    と、言うわけで、
    今回は先頭を走っていたクルサードにゴールを譲ってもらえず、
    二位でチェッカーを受けたミハエル・シューマッハ。

    レース後の会見でも、
    クルサードが譲ってくれなかったと冗談を言っていましたね。

    さてさて、久々のマクラーレンのトップチェッカーは、
    モナコだから可能だったのかなぁ、とおもい。

    今後、マクラーレン復活と言えるようなマシンになっていたかというと、
    少々疑問です。

    さて、そんなトップチームのトップ争いなど、
    私には半分どーでもよくて、やっぱり気になるのはホンダ陣営。

    どーしたBAR。

    マシンのバランスは、良いと言っていたじゃないか。

    エンジンパワーの差があまりレースに影響しないこのサーキットで、
    あの走りはなんなんですか。

    最近、ビルヌーブくんのやる気にムラがあって困っちゃうよなぁ。

    やっぱ、カナダまでお預けかな。

    のりにくそうだったもんなぁ。

    対するジョーダンは、
    お家騒動でぐちゃぐちゃなのに良い感じでフィジケラが走っていましたなぁ。

    琢磨くんは、
    まぁ、一年生らしいミスを犯して自爆してしまいましたが、
    来年もチャンスがあると思うので、
    来年がんばってほしいですねぇ。

    でも、すんごい屈辱だったろうなぁ。

    おまえ遅いからフィジケラを前に行かせろだなんて。

    わたしだったら、絶対に言うこと聞かないなぁ。

    たぶんその時だけ無線の調子が悪くなって聞こえないと思う。

    まぁ、チームオーダーは、
    契約の中に入っているからしぶしぶ応じるしかないんだろうけど。

    もしかしたらフィジケラよりも遅い自分に腹が立っていたかもしれないなぁ。

    と、言った感じで下位の方が見所いっぱいなのですよF1は。

    なにしろ人間ドラマがどろどろぐちょぐちょ渦巻いてのレースですからね。

    昔は、もっとあからさまにドライバー同士の好き嫌いがレース中に色々とあって面白かったんだけどなぁ。

    最近は、その様なことがないよう色々とお約束が増えてしまってあからさまに出来ないと言う。

    つまらんのー。

    でも、やっぱ一度はモナコでF1観戦したいよなぁ。

    海外でF1を見てみたいナンバーワングランプリです。

    みんな見ましたか。

    CXは、気をきかせて早い時間にF1を中継していたんですから、
    このレースくらいは見ておかないと。


    2002 Monaco Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    13David CoulthardMcLaren-Mercedes781:45'39.055210
    21Michael SchumacherFerrari78+1.049s36
    35Ralf SchumacherWilliams-BMW78+1'17.449s44
    414Jarno TrulliRenault77+1 Lap73
    59Giancarlo FisichellaJordan-Honda77+1 Lap112
    620Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth77+1 Lap121
    72Rubens BarrichelloFerrari77+1 Lap5
    87Nick HeidfeldSauber-Petronas76+2 Laps17
    916Eddie IrvineJaguar-Cosworth76+2 Laps21
    1017Pedro de la RosaJaguar-Cosworth76+2 Laps17
    1123Mark WebberMinardi-Asiatech76+2 Laps23
    1221Enrique BernoldiArrows-Cosworth76+2 Laps21
    Ret24Mika SaloToyota69Brakes9
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas63Accident13
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda51Collision18
    Ret15Jenson ButtonRenault51Collision8
    Ret6Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW46Engine1
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda44Mechanical14
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes41Collision6
    Ret22Alex YoongMinardi-Asiatech29Accident22
    Ret10Takuma SatoJordan-Honda22Spin16
    Ret25Allan McNishToyota15Accident10










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.6 オーストリアGP

    なんといっても佐藤琢磨。

    いきなり、ニュースでクラッシュシーンが放映されているのを見て、
    あややややと言う感じでした。

    私が言うのもなんですが、
    いきなりのルーキーイヤーでここまでいろいろなことが起きると、
    後は経験していないことなどないな、
    というくらいいろいろとアクシデントを経験しています。

    いいんでないかなぁ。

    まぁ、命に別状がなかったので、佐藤ネタはこの辺で終了。

    そして、オーストリアGPの優勝者ミハエル・シューマッハは、
    観客のブーイングでウイニングランを終え表彰台では、
    二位にチェッカーを受けたバリチェロを表彰台の真ん中に立たせて、
    トロフィーを譲っていました。

    まぁ、やるだろうなーとは思いましたが、
    しっかりとチームオーダーが出て、
    一位を譲ったバリチェロは、
    悔しくないと言えば嘘になると思いますが、
    記者会見でもいっていたように、
    出ると思っていたし、初めてじゃないから、割り切っていると。

    結局、バリチェロが優勝するには、
    ミハエル・シューマッハがリタイヤしてコースにいないか、
    譲ることも出来ないほど離れて(三位以降)いないとダメだということ。

    ホント、スゴいよなーフェラーリは。

    と、言うことでフェラーリネタも終了。

    続いて、BARホンダの話。

    やっと、ネタになるような車が出てきたねぇ。

    予選では、ビルヌーヴくんセッテングがうまくいってなかったのかな、
    結構空回り状態でしたねぇ。

    でも、本選ではなかなかの走りを見せてくれていたので、
    レースセッティングは決まったのかな。

    燃料が軽い状態なら、決まったのかもしれないし。

    でも、やっとホンダらしい開発スピードが出てきたので、
    夏までにはもう少しいい感じになるでしょう。

    本当は、もちっといろいろと書きたかったけど、
    忙しくなったのでこの辺で。

    今度は、モナコです。

    皆さんお楽しみに。



    2002 Austrian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari711:33'51.562310
    22Rubens BarrichelloFerrari71+0.182s16
    36Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW71+17.730s44
    45Ralf SchumacherWilliams-BMW71+18.448s23
    59Giancarlo FisichellaJordan-Honda71+49.965s152
    63David CoulthardMcLaren-Mercedes71+50.672s81
    715Jenson ButtonRenault71+51.229s13
    824Mika SaloToyota71+1'09.425s10
    925Allan McNishToyota71+1'09.719s14
    1011Jacques VilleneuveBAR-Honda70Engine17
    1120Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth69+2 Laps11
    1223Mark WebberMinardi-Asiatech69+2 Laps21
    Ret14Jarno TrulliRenault44Fuel pressure16
    Ret22Alex YoongMinardi-Asiatech42Engine22
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth38Hydraulics20
    Ret7Nick HeidfeldSauber-Petronas27Collision5
    Ret10Takuma SatoJordan-Honda26Collision18
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda22Engine9
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas7Suspension7
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes5Engine6
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth2Collision12
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth0Throttle19










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.5 スペインGP

    さてさて、F1。

    またまたまたミハエル・シューマッハが優勝です。

    圧倒的です。

    ほんと。話にならない。

    バリチェロ、かわいそうでしたねぇ。

    もう今年いっぱいかな、バリチェロ。

    しかし、なんであんなに速いんでしょうねぇ。

    他がダメなのかな。

    シューマッハがとっても速いドライバーだから、
    という結論だと一緒のマシンに乗っているバリチェロは遅くなければいけない。

    しかし、今回のGPの予選までを見ると、
    もうマシンの出来が桁違いです。

    どこがどう良いとかという問題ではありません。

    全ての要素が高次元でまとまっていると言った感じです。

    そして、マシンセットアップも一つ抜き出ています。

    コレは、ドライバーも優れているし、
    メカニックも優れている、と言うことです。

    フェラーリ以外で、セットアップが良くできているなぁ、
    と感じたのはザウバーかな。

    ウイリアムズ、ルノー、アロウズは、
    まぁ、可もなく不可もなくって感じだったし。

    それ以外のチームは、結構苦戦している感じでした。

    レース自体は、二位以下のチームのバトルが、
    それなりにあって面白かったのですが、
    それって、やっぱ、イマイチだよね。

    ごひいきのチームが下位チームの場合は、うれしいけど。

    ちなみに、私のごひいきのBARホンダさんチームですが、
    産みの苦しみが続いています。

    見た感じだと、やつぱエンジンがキレイにまわっていない。

    新しいスペックもまだまだって感じでした。

    でも、落胆はしていません。

    いい感じです。

    なに? いっていることが矛盾している?

    ふふふ。

    夏には、面白いレースを見せてくれそうです。

    しかし、このままだと今年のチャンピオンシップも早々と決まってしまいそうです。

    がんばれ、モントーヤ。

    ストップ・ザ・フェラーリ。

    ストップ・ザ・シューマッハ。

    ラルフもいいんだけど、
    やっぱ、モントーヤのふてぶてしい態度に3000点。


    2002 Spanish Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari651:30'29.981110
    26Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW65+35.630s46
    33David CoulthardMcLaren-Mercedes65+42.623s74
    47Nick HeidfeldSauber-Petronas65+1'06.697s83
    58Felipe MassaSauber-Petronas65+1'18.973s112
    620Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth65+1'20.430s101
    711Jacques VilleneuveBAR-Honda64+1 Lap15
    825Allan McNishToyota64+1 Lap19
    924Mika SaloToyota64+1 Lap17
    1014Jarno TrulliRenault63Engine9
    115Ralf SchumacherWilliams-BMW63Engine3
    1215Jenson ButtonRenault60Hydraulics6
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda43Exhaust13
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth41Hydraulic22
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth40Hydraulic14
    Ret10Takuma SatoJordan-Honda10Spin18
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda5Hydraulic12
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes4Rear wing5
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth2Spin16
    DNS2Rubens BarrichelloFerrari0gearbox2
    DNQ22Alex YoongMinardi-Asiatech










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.4 サンマリノGP

    サンマリノGP

    と、言っても開催国はイタリア。

    フェラーリ一色のグランプリ。

    フェラーリ好きの熱狂的なファン「ティフォシ」ばっかり。

    フーリガンまではいかなくても、たぶん近いモノはあると思う。

    さて、レースはフェラーリ・シューマッハの独走で、
    TVもあまりのつまらなさに他のチームのバトルをいっぱい撮してくれました。

    なので、今年はじめて他のチームのマシンをチェック出来た感じ。

    やっぱ写真で見てもわからないことっていっぱいあるんだよね。

    で、今回はなんといってもホンダ。

    やっとこ、スペック1のエンジンを投入してきました

    テストの時に、たぶん構造的欠陥が見つかって大幅にエンジンの作り直しを余儀なくされて、
    開幕はテストで使用したエンジン・スペックを使うといって、
    ヨーロッパラウンドには間に合わせるといっていたとおり、
    なんとか間に合わせました。

    って感じでした。

    スペック0のエンジンは、
    本当にダメで、
    ここでネタにするのもはばかれるくらいサイテーでした。

    回転数の制限を設けているのに、エンジンブローするし。

    とほほ、情けない。

    でも、第二期ホンダの参戦した当初も散々なエンジンは一杯つくってたからなぁ。

    読者の皆さんは、
    栄光のホンダエンジンしか知らない人が多いと思いますが、
    第二期スタートのホンダは、
    今年のホンダ以上に悲惨でした。

    それが、あれよあれよという間にトップエンジンになって、タ
    ーボ禁止の立て役者にまでなってしまったのです。

    だから、これからですよ、ホンダは。

    と、いうわけで、ジョーダン・ホンダは全滅。

    おいおい。

    BAR・ホンダは、パニス、リタイアで、ジャックが7位完走。

    うんうん。

    いいんじゃないの。

    結果はともかく、内容的にはとっても良かったです。

    ジャックだけを見ればね。

    だけど、全体から見れば、
    去年のフェラーリエンジンよりもパワーが出ていない。

    しくしく。

    ザウバーはえーなぁ。

    立ち上がりがもたもたしているのがいかん。

    トップスピードの計測は、トップチームと遜色ないところまでいっていたので、
    立ち上がり加速が良くなればいいレースが出来るようになだろうなぁ。

    ちなみに、トップスピードがかわらないといっても、
    同じくらい馬力が出ているとは限りません。

    何故なら、、、、、。

    長くなるので、今度また別の機会に書きましょう。

    と、言うわけで、今回はフェラーリの1、2で締めくくられた、
    とってもフェラーリファンにはうれしい週末でした。

    しかし、つまらないレースだったなぁ。

    順当すぎるレースは、力の差がはっきりしすぎていてつまらん。

    雨でも降ってくれれば、もっと面白かったのに。

    これから夏にかけてのヨーロッパラウンドでホンダが、
    どこまで上位に食い込んでこられるのか、
    とっても楽しみです。


    2002 San Marino Grand Prix

    Pos__No________Driver_____________Team_____Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari621:29'10.789110
    22Rubens BarrichelloFerrari62+17.907s26
    35Ralf SchumacherWilliams-BMW62+19.755s34
    46Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW62+44.725s43
    515Jenson ButtonRenault62+1'23.395s92
    63David CoulthardMcLaren-Mercedes61+1 Lap61
    711Jacques VilleneuveBAR-Honda61+1 Lap10
    88Felipe MassaSauber-Petronas61+1 Lap11
    914Jarno TrulliRenault61+1 Lap8
    107Nick HeidfeldSauber-Petronas61+1 Lap7
    1123Mark WebberMinardi-Asiatech60+2 Laps19
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth50Power loss20
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth45Driveshaft18
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes44Exhaust pipe5
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda44Throttle12
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth30Driveshaft22
    Ret24Mika SaloToyota26Gearbox16
    Ret20Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth25Power loss13
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda19Hydraulic15
    Ret10Takuma SatoJordan-Honda5Gearbox14
    Ret25Allan McNishToyota0Electrical17
    DNQ22Alex YoongMinardi-Asiatech












    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.3 ブラジルGP

    地球の裏側のグランプリは、本当に困ってしまう。

    何しろ、日本での放映が、
    限りなく深夜ふか~い時間になるから。

    そして、困ったことに今年はWOWOWの放映がない。

    まいったねぇ。

    ビデオ取り忘れると、大変なことになってしまう。

    一見、サイバーな印象をもっている私だが、
    タイマー予約が大変なのよね。

    設定が、大変と言うよりいろいろなAV機器がたこ足のようにつながっていて、
    どのラインで繋げば録画できるのか毎回悩むのよ。

    何度も設定を変えてみて、回答を探す。

    出来るだけシンプルにしたつもりなんだけどなぁ。

    普段ほとんど、タイマー録画なんてしないからなおさらね。

    結局、録画スタートをマニュアルでするハメになってしまうわけで。

    と、まぁ、お家の事情はさておき、楽しかったです。

    寝るのを忘れて見とれてしまいました。

    兄弟対決。

    手に汗握る展開。

    拮抗しているマシン性能。

    後は、ドライバーの腕だけ。

    ただ、後ろを走っているのが弟・ラルフ・シューマッハだったので、
    無茶さえしなければ兄を抜くことは出来ないだろうなぁ。

    と、思っていました。

    ただし。

    この無茶をやりそうだから、
    ワクワクドキドキだったんだけどね。

    さすがに、兄・ミハエル・シューマッハほど安定した走りは出来ていないので、
    突発的なひらめきによる追い越しか、
    無謀とも思える追い越し以外に戦略的に抜くことはまだ無理だなぁ、
    と思ってみていました。

    戦略的な追い越しとは、兄者がよくやるのです。

    ほんと、うまい。

    追い抜くポイント(コーナーなど)に最適なスピードとラインで入る。

    コレは、当たり前。

    で、バトルの最中は、相手は当然ブロックをしてくる。

    バトルには、いろいろな方法がある。

    ラインブロックの方法。

    コレは、とっても一般的で誰もがやる。

    そして、アクセルタイミングによるブロック。

    コーナー立ち上がりなどで、タイミングをずらしてスリップにつかせないようにしたりするのに使う。

    他にもあるけど。

    で、こんないろいろな要素を計算して、
    相手のブロックを考えて、
    自分に都合の良いブロックを相手にさせて追い抜く。

    こんなことを、兄・ミハエル・シューマッハは、
    たまにやる。

    スゴい。

    と、本当に思う。

    と、言うわけで、本当にこの二人のバトルは楽しかったです。

    その様子を言葉に出来ないのが、とっても歯がゆいです。

    と、言うわけで、日本勢の話。

    琢磨、がんばりました。

    なんといっても、普通に走って完走できたのが偉い。

    そして、しっかりとレースをしているのが偉い。

    これからますます期待できます。

    そして、トヨタ。

    今まで、評価を控えてきましたが、
    このブラジルGPを見て本当にエンジンが良いと言うことが実感できました。

    このグランプリは、本当にエンジン泣かせのグランプリなのです。

    ホンダのエンジンにパワーがないと、
    ぼろくそにビルヌーブに言わせるほど、
    エンジンのパワーに対する要求度が高いサーキットなのです。

    そこで、順位はおまけみたいなものですが、
    しっかりと走ってスピードも出ているところを見ると、
    ホント去年一年間ダテにテストをしてきたわけではないな、
    と思うわけです。

    金を使って優秀な外国人スタッフを集めただけのことはあるな、と。

    こいつは、これから先とっても楽しみになってきました。

    そして、遂にルノーが出てきました。

    やつぱ、この会社は、恐ろしいです。

    皆さん。これからF1を見る方は、
    是非ルノーに注目してください。

    では、長くなったのでこの辺でお開きにします。


    2002 Brazilian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps__Time/Retired_GridPts
    11Michael SchumacherFerrari711:31'43.663210
    25Ralf SchumacherWilliams-BMW71+0.588s36
    33David CoulthardMcLaren-Mercedes71+59.110s44
    415Jenson ButtonRenault71+1'06.883s73
    56Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW71+1'07.563s12
    624Mika SaloToyota70+1 Lap101
    716Eddie IrvineJaguar-Cosworth70+1 Lap13
    817Pedro de la RosaJaguar-Cosworth70+1 Lap11
    910Takuma SatoJordan-Honda69+2 Laps19
    1011Jacques VilleneuveBAR-Honda68Engine15
    1123Mark WebberMinardi-Asiatech68+3 Laps20
    124Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes67Wheel rim5
    1322Alex YoongMinardi-Asiatech67+4 Laps22
    Ret7Nick HeidfeldSauber-Petronas61Brakes9
    Ret14Jarno TrulliRenault60Engine6
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas41Collision12
    Ret25Allan McNishToyota40Spin16
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda25Gearbox17
    Ret20Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth25Suspension18
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth19Suspension21
    Ret2Rubens BarrichelloFerrari16Hydraulics8
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda6Engine14











    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.2 マレーシアGP

    しかし、いつもマレーシアGPを見ていて思うんだけど、
    下手くそだよねー。

    何がって、TV中継がさ。

    ですが、レースはとっても面白かったです。

    ウイリアムズ・BMWの1、2フィニッシュで幕を閉じたマレーシアGPですが、
    三位に入ったミハエル・シューマッハの運の強さには脱帽です。

    そして、今年注目のルノーワークスにとってはとっても残念な結果でした。

    開幕前の予想通りの活躍をしていただけに、
    私としてはちと寂しい結果にとほほです。

    そして、マクラーレンのライコネンも、
    クルサードなんか全然眼中にない素晴らしい走りでがんばっていたのに、
    とっても残念な結果になってしまいました。

    そして、そして、佐藤琢磨。

    やっぱ、こいつは期待できます。

    まぁ、チームメイトとの接触は、やっちゃいましたかてっかんじで、
    全然気にならないけど、
    そんなことよりも、
    スタートから一コーナーへ、
    そして、半周ほどの大混戦の中をするすると度胸良く走っていく姿を見て、
    こいつはやっぱただ者ではないと思ってしまいましたね。

    皆さん見ていましたか?

    スタートの空撮映像。

    先頭の方ばかり見ていてはダメですよ、
    ちゃんと琢磨の車をチェックしなくちゃ。

    そんなこんなで、見所満載。

    そして、今年一年、
    いろいろと楽しめることがやっと確認できた貴重なレースでした。

    トヨタもホンダも、いい感じだし。

    BARは、やっぱりダメだし。

    そろそろ一年落ちのフェラーリエンジンくらいには、
    スコーンと勝てるくらいにして欲しい今日この頃です。

    それにしても、サロのピットインの原因は何だったんでしょうねぇ。

    まだちゃんとレース後のコメントとか見ていないからよく分からないんだけどさ。

    さぁて、ささっと、書き終わったので、また明日。


    2002 Malaysian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    15Ralf SchumacherWilliams-BMW561:34'12.912410
    26Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW56+39.69926
    31Michael SchumacherFerrari56+1'01.79414
    415Jenson ButtonRenault56+1'09.76683
    57Nick HeidfeldSauber-Petronas55+1 Lap72
    68Felipe MassaSauber-Petronas55+1 Lap141
    725Allan McNishToyota55+1 Lap19
    811Jacques VilleneuveBAR-Honda55+1 Lap13
    910Takuma SatoJordan-Honda54+2 Laps15
    1017Pedro de la RosaJaguar-Cosworth54+2 Laps17
    1120Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth54+2 Laps11
    1224Mika SaloToyota53+3 Laps10
    139Giancarlo FisichellaJordan-Honda53+3 Laps9
    Ret2Rubens BarrichelloFerrari39Engine3
    Ret23Mark WebberMinardi-Asiatech34Electrical21
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth30Hydraulics20
    Ret22Alex YoongMinardi-Asiatech29Gearbox22
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes24Engine5
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth20Fuel pressure16
    Ret3David CoulthardMcLaren-Mercedes15Engine6
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda9Clutch18
    Ret14Jarno TrulliRenault9Overheating12











    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002 Round.1 オーストラリアGP

    ほほほほほ。

    やっと、シーズンインです。

    なが~い、オフシーズンも、始まってしまえば過去の出来事。

    まぁ、テストのリポートが海外から届くようになると、
    もうシーズンに入っている感じでしたけど、
    いざ始まって、いつもの見馴れた風景がモニター映し出されると、
    ほっ、と一安心。

    やっぱ、F1は面白いなー。

    世界一速い男と、世界一速いマシンを決める世界大会。

    サイコー!!

    で、いきなりですけど、
    あのCXの演出は、
    ほとんどのF1ファンはブーイングだったんでしょうなぁ。

    まぁ、中身はどーあれ、
    わたしは出来るだけ初心者の人をF1の世界に引き込もうとした努力は買います。

    ミーハー(死語?)な人間をいっぱい作ってもらってOKです。

    タレント目当てにF1中継を見てもらって全然OKです。

    その内の数%の人が、F1を好きになってくれるだけでOK。

    F1好きが増えて、
    F1のTV視聴率が上がって、
    F1の注目度が上がって、
    F1で戦っている日本企業やドライバーが注目される。

    とっても良いことです。

    第一次F1ブームだって、
    結局はたくさんのミーハー(やっぱ死語?)なF1ファンを作り出し、
    そして、
    その中からF1の楽しさを知って、
    本当のファンになった人が、
    いま現在もF1を見続けているわけですから。

    やり方や内容はどうあれ、やろうとしていることにはわたしは三世です。

    おっと。賛成です。

    で、開幕オーストラリアGPは、
    あまりにもいろいろなことがあって、
    全てについて書くことが出来ません。

    かといって、何にスポットを当てていいのかも、
    決めかねていると言ったところです。

    ざっと、どんなことがネタとして成立するかというとデスね。

    ・フェラーリ、去年の改良型マシンでダントツの速さ。
    ・佐藤琢磨について。
    ・キミ・ライコネンって、頭いいね。
    ・トヨタ、ポイントゲット。
    ・BAR、ジョーダンの不振の原因。
    ・スタート直前の大クラッシュで、上位陣総リタイア。
    ・強すぎるシューマッハ。

    まぁ、いま思いついたのだけでもこんだけあるんだよなぁ。

    何について書こうかなぁ。

    やっぱ、琢磨くんのことかな。

    個人的には、ホンダのこと書きたいんだよね。

    でもなー、くらいは話になってしまうし。

    かといって、トヨタの話をしても決して明るい話ではないし。

    う~ん。

    フェラーリの話か?

    でもなぁ、ちとマニアックな世界にはいりそうだし。

    まいったなぁ。

    と、言うことで決めました。

    キミ・ライコネンの話でも。

    デビュー二年目で、名門マクラーレン入り。

    コレだけでも凄いけど、
    去年の今頃は、
    F3さえ走ったことのないドライバーが、
    F1でやっていけるのかと騒がれていたことを考えると、
    とんでもなく凄いことが分かる。

    何しろ、F1をドライブするにあたって発行されるスーパーライセンスだって、仮だったんだよ。

    で、レースの走りを見て正式にスーパーライセンスを発行するといっていたんだから。

    凄いよねぇ。

    そして、去年突然の休養宣言をしたミカ・ハッキネンにかわって、
    マクラーレン入りをはたしたキミ・ライコネン。

    図太い神経と野心をもったF1パイロット、キミ・ライコネン。

    名門のプレッシャーを感じさせない走りは、とっても恐れ入りました。

    これから、一戦一戦どんどん成長していくでしょうねぇ。

    とっても頭の良いドライバーだから。

    今回のレース中、何度かステアリングミスやアクセルワークのミスで、
    自滅の道を行きそうになったことがあるけど、
    しっかりとフォローして、
    しっかりと走っている。

    う~ん、びっくりドンキーだね。

    末恐ろしい坊やだ。

    いずれは、ワールドチャンピオンになる男だね。

    今年は、佐藤琢磨と日本のトップ企業と、
    レースバカの企業の応援だけでなく、
    キミ・ライコネンにも注目して欲しいね。

    えっ! オーストラリアGPの結果?

    いいよ、そんなの。

    知りたかったら、どっかで自分で調べてくれ。


    2002 Australian Grand Prix

    _Pos__No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_GridPts
    11Michael SchumacherFerrari581:35'36.792210
    26Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW58+18.62766
    34Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes58+25.06654
    416Eddie IrvineJaguar-Cosworth57+1 Lap193
    523Mark WebberMinardi-Asiatech56+2 Laps182
    624Mika SaloToyota56+2 Laps141
    722Alex YoongMinardi-Asiatech55+3 Laps21
    817Pedro de la RosaJaguar-Cosworth53+5 Laps20
    Ret3David CoulthardMcLaren-Mercedes33Gearbox4
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda27Broken Wing13
    DSQ20Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth16Disqualified15
    DSQ21Enrique BernoldiArrows-Cosworth15Disqualified17
    Ret10Takuma SatoJordan-Honda12Electrical22
    Ret14Jarno TrulliRenault8Spun Off7
    Ret2Rubens BarrichelloFerrari0Collision1
    Ret5Ralf SchumacherWilliams-BMW0Collision3
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda0Collision8
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas0Collision9
    Ret7Nick HeidfeldSauber-Petronas0Collision10
    Ret15Jenson ButtonRenault0Collision11
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda0Collision12
    Ret25Allan McNishToyota0Collision16










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002年シーズンを楽しむために PART3

    さて、今回でこのネタも最終回。

    ドライバーネタ。

    なんといっても、一番人気はミハエル・シューマッハですな。

    とんでもなく、マシンが遅くなければ優勝候補ナンバー・ワンでしょう。

    ライバル?とよんでいいのか、
    個人的には疑問なんですが、
    確かに現状シューマッハの次に速いドライバーであったハッキネンが、
    今年は休養。

    戻ってくるのかわからないけど、
    コレでライバル不在という混沌とした状況になったわけです。

    ただ、ポスト・シューマッハは、いっぱいいるわけで。

    特に注目なのが、休養宣言でいなくなったハッキネンのかわりにマクラーレンのシートに座るキミ・ライコネン。

    こいつは、いい。

    なにがって、とってもわがまま。

    そーいう意味では、ウイリアムズのモントーヤもいい。

    で、個人的にはねモントーヤ好きです。

    だって、モントーヤって、
    神様アイルトン・セナの大ファンで、
    それこそセナのことを神様扱い。

    シューマッハとのバトルで、他のドライバーなら道を譲ったであろうシーンに、
    モントーヤは「だってセナじゃないだろ」(このままのことをいったわけではないよ)ですからね。

    いいねぇ。

    セナだったら譲ったけど、
    シューマッハは、セナみたく速くないじゃないかと、
    いったわけです。

    いいねぇ。

    だから、好きになりました、モントーヤ。

    他にも、いっぱい二番手候補はいます。

    それこそ、ベテランや中堅にはごろごろ。

    もちろん、王者ミハエル・シューマッハと同じ遺伝子を持つ弟のラルフの存在も侮れないし、
    影は薄いけどマクラーレンのデビッド・クルサードだって速い。

    まぁ、世界中のモータースポーツの頂点で走っているドライバーたちなので、
    みんな個々でみれば凄いやつらばっかりなんですけど、
    その中で頭一つ抜けるのは、
    やっぱ、誰がみても速いと思えるヤツだけ。

    今年は、独走シューマッハを誰が止めるかというところに注目が集まりそうではあるが、
    意外な番狂わせが待ち受けている可能性もしっかりあるよ。

    だから、F1シーズンが始まったら、
    一戦も見逃すことなくしっかりと注目して欲しいね。

    でも本命ミハエル・シューマッハは盤石だろうなぁ。










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2002年シーズンを楽しむために PART2

    さてさて、今回は、なんといってもメインのお話。

    やっぱ、ワールド・チャンピオンの話でしょ。

    で、今回はコンストラクターズ・チャンピオンの話。

    セナとプロストの確執から全戦でのポイント集計に変わったF1。

    おかげでわかりやすくなりました。

    プロスト様々です。

    で、今年の予想。

    去年は、こんな事を書いていました。

    『やっぱりフェラーリ、マクラーレンは、いい感じでマシンが出来上がってきました。

    それ以外で目を引くのは、ベネトンとウィリアムズ。

    ベネトンは、エンジンもそうですが、
    ギアボックスなどの補完機がどのくらいまともに動くかで決まりそうですね。
    あと、タイヤとのマッチング。この辺がうまくまとまるとウィリアムズ以上の台風の目になりそう。

    さてウィリアムズの方は、どうかというと。

    タイヤ。

    すべてはこれにつきる。

    あとエンジンがどれくらい進歩したかにもよるなぁ。

    とくにウェイトは、しっかりと減量が進んでいないとちょっと苦労するかも。

    タイヤの負担も大きくなるからね。

    さぁ~て、われらがBARホンダの話をいよいよ。

    コンサバだねぇ。

    まぁ、ウィリアムズとミシュランがベストマッチをしなければ、三位は確実だね。

    ただしウィリアムズとミシュランがベストマッチするとフェラーリも食われるかもしれないからなぁ。

    マクラーレンは、トラブルだけだもんな問題なのは』

    う~ん、当たっているとも当たっていないとも言えるなぁ。

    こんな事は、誰でも予想つくしなぁ。

    やっぱ、心情的な部分を抜いてもBARは予想を下回ったなぁ。

    ベネトンに関しては、前半のふがいなさが最後まで尾を引いてたなぁ。

    後半は確実に良いマシンになっていたから、
    とっても残念。

    と、いうことで、マシンは、やっぱりフェラーリかマクラーレン。

    マクラーレンは、キミ・ライコネン次第。

    それと、タイヤ。

    マクラーレンは、今年からブリジストンを捨てミシュランに変更したんです。

    コレが吉と出るか凶と出るかとっても楽しみ。

    そして、本当のダークホースになったウイリアムズ・BMW。

    注目は、なんといってもラルフ、
    じゃなくてファン・パブロ・モントーヤ。

    こいつは、ばけるとすげぇドライバーになるかも。

    勝ち癖がつくと止まらないタイプかもしれないなぁ。

    で、四番手が難しい。

    去年以上に混沌としている。

    ベネトンも、お約束通りルノーワークスとなり、
    チーム名も「マイルドセブン・ルノーF1」になったし。

    おかげで、とっても力はいっているし。

    ジャガーも、去年の後半の調子で、
    マシンを作り込んでくると、ちょっと凄そうだし。

    ザウバーは、フェリッペ・マッサが去年のキミ・ライコネン並だとちょっと侮れないし。

    トヨタは、とってもコンサバなマシンで、
    とってもトヨタらしいので、
    第一戦の予選順位がシーズン通しての順位になりそうだし。

    ジョーダンは、金がないから心配だし。

    BARは、お家騒動でジャックがどうなるか分からないし。

    ジャックが、シーズン通してちゃんと働いてくれれば、
    何処が進化したのか分からないくらいコンサバなマシンなので、
    いいとこつけそうだし。

    フロントの空力処理は、結構変わっていたなぁ。

    問題は、足回りの具合なんだよなぁ。

    実は、BARのマシンって、
    根本的にダメなんじゃないかと前々から思っているわけで。

    何がダメって、マシンデザイナーがダメで。

    去年のマシン設計を見てつくづく思って、
    今年のマシンを見て再確認したわけです。

    去年のマシンって、簡単にいってしまうと、
    一昨年のマシンの欠点である直進安定性を改善したマシンで、
    簡単にいってしまうと、ホイルベースを長くして安定性を保ったわけです。

    そしたら、今度はコーナリング時の挙動が不安定になり、
    マシンの前後バランスが悪くなってはちゃめちゃになったわけです。

    こーなると、普通、根本的にマシンを見直すんだけど、
    今年のマシンを見る限りでは、何処まで突っ込んで見直したか、
    ちょっと分からないなぁ、という感じ。

    ふぅ。

    困ったねぇ。

    そんなこんなで、今から開幕がとっても楽しみですたい。

    あしたは、ドライバーの話でもするかいな。










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー