F1 2004 Round.4 サンマリノGP

    アイルトン・セナが死んでもう十年なんですね。

    はやいなぁ。

    あの日のことは、今でも憶えているよ。

    5月1日が命日なんですが、
    サンマリノGPレース中の事故と言うことで、
    グランプリ期間中に色々なイベントがあった模様です。

    日本でも高島屋(確か・・)でセナのイベントが開催されるそうです。

    まぁ、いかないと思うけど。

    で、グランプリ。

    いやー、予選はもえたねぇ。

    観ましたか、みなさん。

    BARホンダのバトンがポールポジションですよ。

    あまフェラーリ・シューマッハよりも前のグリッドですよ。

    実力で勝ち取ったナンバーワンですよ。

    そのグランプリで一番はやかったドライバーですよ。

    すばらしい。

    琢磨は、ちょっと残念だったけど、
    それでも十分に評価できるポジションでしたね。

    で、もう決勝が待ち遠しくてねぇ。

    たぶん、勝てないだろうとは思っていたけど、
    もしかしたら勝てるかもしれないと思ったわけですよ。

    で、結果はBARホンダのバトンは二位。

    琢磨はあと5周というところでエンジンブロー。

    レース中もタイムにばらつきがあったので何かあったんだろうなぁ、
    と思っていたらギヤトラブルを抱えていたんだね。

    入ったり入らなかったりしていたそうじゃないですか。

    あれじゃぁ、
    エンジンの負担も相当だったんだろうなぁ。

    ブローも致し方ないって感じですか。

    それよりも、やっぱりバトンですよ、バトン。

    フェラーリの次にはやかったんですから。

    もうびっっくり。

    モントーヤなんか、
    ぶるるるるってお茶目に驚いていましたからね。

    でも、給油のタイミングとか、
    給油量を見ているとフェラーリは燃費いいかもしれませんなぁ。

    と、いうよりもホンダが燃費悪いって感じかな。

    まぁ、ちゃんと計測していたわけでもないし、
    タンク残量をチェックしていたわけでもないしね。

    もしかしたら燃料のマネジメントの差が出ているのかもしれないなぁ。

    まぁ、その辺は今後の課題なんだろうねぇ。

    ホンダ陣営も今回は予選で結果を出す。

    と言っていたし。

    決勝は次回まで待ってくれと。

    その言葉を信じましょ。

    こうなると鈴鹿が楽しみだよねぇ。

    どこまでフェラーリに追いついているか。

    もしかしたらもっとはなされてしまうかもしれないけど。

    そういえばトヨタもがんばってマシンを作り直してきていたよなぁ。

    ちょっと思っていたよりも結果が悪かったけど。

    っていうか、今までが良すぎたんだよね。

    これからが大変なんでしょう。

    まぁ、がんばってちょうだいって感じです。

    と、言うわけで今年は本当におもしろいシーズンなので、
    みなさんもこの機会にF1にのめり込んでくださいましな。


    2004 San Marino Grand Prix

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari621:26:19.670210
    29Jenson ButtonBAR-Honda62+9.7 secs18
    33Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW62+21.6 secs36
    48Fernando AlonsoRenault62+23.6 secs65
    57Jarno TrulliRenault62+36.2 secs94
    62Rubens BarrichelloFerrari62+36.6 secs43
    74Ralf SchumacherWilliams-BMW62+55.7 secs52
    86Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes61+1 Lap201
    911Giancarlo FisichellaSauber-Petronas61+1 Lap18
    1012Felipe MassaSauber-Petronas61+1 Lap12
    1117Olivier PanisToyota61+1 Lap13
    125David CoulthardMcLaren-Mercedes61+1 Lap11
    1314Mark WebberJaguar-Cosworth61+1 Lap8
    1415Christian KlienJaguar-Cosworth60+2 Laps14
    1521Zsolt BaumgartnerMinardi-Cosworth58+4 Laps19
    1610Takuma SatoBAR-Honda56+6 Laps7
    Ret18Nick HeidfeldJordan-Ford48Driveshaft16
    Ret16Cristiano da MattaToyota32Accident10
    Ret20Gianmaria BruniMinardi-Cosworth22Brake balance17
    Ret19Giorgio PantanoJordan-Ford6Hydraulics15










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    アメリカン・サイコ2 【2002年製作:映画】

    と、言うわけで「アメリカン・サイコ」の2です。

    今度は、女性が主役。

    1がおもしろかったから2も当然期待しました。

    が、、、、。

    イマイチでしたねぇ。

    確かにサイコ女がでてくるのですが、
    今度は学生だし全然壊れていかないし。

    なんか、普通なんだよね。

    普通の頭のおかしい女が繰り広げる物語なんだよね。

    面白味にかけるというか何というか。

    これじゃいかんよ。

    凄い向上心を持っていて、
    自分ではできないからできる人間になってしまうというお話なんだよね。

    要するに、
    ポジションのいいところにいる人間になりすますということです。

    だから、そのために平気で殺人も犯します。

    でも、それだけなんだよねぇ。

    これだったら単純に1の設定をイカしてキャリアウーマンのサイコ話のほうが良かったのに。

    名刺のデザインの代わりに化粧品に凝ったり、
    サロンの話で自慢したり。

    つていうか、そんな話かと思っていたのよね。

    観るまでは。

    イカンよなぁ。

    つまらなくはないんだけど、
    1のおもしろさがないのがイカン。

    これは、
    1を観てなおかつ元気があって暇なら観てもいいか、
    って作品だね。

    なんか2って名乗るなよ、
    って感じ。

    ふぅ。

    それと、主人公の女性がアチキの好みやなかったのもマイナスだね。

    好みだったらもう少しいい印象を持ったなぁ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : FBI サイコ 犯罪 動画 ウィリアム・シャトナー

    アメリカン・サイコ 【2000年製作:映画】

    原作は、不買運動にまでなった問題作。

    読んだことがないので、
    なんで不買運動にまで発展したのか分かりません。

    だって、作品紹介にそう書いてあったんだもん。

    ついでに、読んだことがないので原作とどの程度同じでどの程度違うのかも分かりません。

    で、なかなかおもしろい作品でした。

    エリートビジネスマンの表と裏って感じで。

    ヤンエグがはやっていた頃の物語なんだろうなぁ。

    いけているのが、名刺のデザインの話。

    みんなで自分の名刺のデザインを自慢しあうところは、
    ちょーイケてます。

    もうケラケラ笑ってしまいました。

    完璧な一流を目指して、
    日夜努力しているビジネスマン。

    俺はあいつより凄い、
    という自慢をするためにがんばっている姿は、
    どこの国も一緒なんだなぁ、
    とおもいますね。

    まぁ、アチキの周りにはいないけど。

    一流で居続けるためのストレスが原因で主人公は、
    殺人を犯していくお話です。

    最初は、ストレス発散のために。

    いつしか欲望充足のために。

    少しずつ壊れていく描写は良い感じです。

    まさにサイコ

    まさに病的です。

    真剣にやっているから笑えるんだろなぁ。

    怖いと言うよりも哀れって感じがするもん。

    これは一見の価値があるから是非週末にでも観て欲しいね。

    結構、笑えるよ。

    もちろん、血がドバドバの所もあるので、
    お間違えのないように。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サイコ サスペンス 犯罪 ちょいエロ 動画

    千年女優 【アニメ:映画】

    イメージしていたのとは、
    違ったなぁ、
    というのが見終わったときの感想かな。

    まぁ、観ているときから、
    あぁ、こんな感じのものだったんだぁ、
    と思いながら観ていたから、
    ラストでどうのこうのという印象をもったわけではありません。

    藤原千代子という女優の生涯を本人が語るというカタチで物語が進んでいくんですね。

    それも初恋の男の話を中心に。

    今敏監督の前作「パーフェクトブルー」に比べれば、
    すごく普通の何でもない映画です。

    アニメである必要性もないほどの物語です。

    ただ実写よりは、
    制作費が安くクオリティの高い作品が作れるからアニメになったという感じです。

    アニメであることを意識しているからなのか分かりませんが、
    演出のギミックはちょっとやりすぎだよなぁと感じますね。

    まぁ、劇中劇ぽく見せたかったというのもあるんでしょうが。

    アチキとしては、
    もっとミステリアスな部分があっても良かったと思うし、
    もっとどろどろとしたある意味三流週刊誌的なゴシップ風の芸能生活にしても良かったような気がするんだよね。

    望まずに女優になって、
    望まずに有名になって、
    その中で、いつしか水に染まっていって、
    みたいな感じで。

    ファンタジーに仕上げるわけでもなく、
    無意味に抽象的な部分を見せているあたりが、
    ちょっと鼻につくけど、
    初見は楽しく観ることができました。

    二回、三回と楽しめるかが個人的な好みになってくるかなぁ、
    って感じです。

    たぶん誰もが、一回は観て楽しめると思います。

    それなりに物語のひきもありますから。

    クオリティも高いし。

    でも、
    やっぱりあそこまでやるんだったら思い切って虚構を作り上げてしまっても良かったような気がするし。

    それはやりたくなく、
    できるだけ普通に見せたかったのならもっと正々堂々と真っ正面から作り上げていっても良かったのではないかな。

    それこそ、ミステリアスな部分を残すことなく、
    千代子の生涯をしっかり描ききっても良い作品になったと思うんだよね。

    まだ見ていない人は、
    是非観て欲しい作品ではあります。

    今敏監督の「パーフェクトブルー」よりもいい作品だと思いますし。

    今度は、もっと純粋なラブストーリーモノを作って欲しいなぁ、
    と思うのはアチキだけでしょうかね。

    今敏監督には、それを作るだけの力量はあると思うんだよねぇ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ドラマ 恋愛 動画 小山茉美 折笠富美子 鈴置洋孝 山寺宏一 飯塚昭三

    ザ・コア 【2003年製作:映画】

    昔、「ディープ・コア」とか「ディープ・コア2000」のネタを書いたけど、
    ほとんど、
    いやいや全くと言っていいほど同じ内容です。

    でも、一つ違うところがあります。

    それは、金をかけているところ。

    この差は大きい。

    パニックモノ。

    ディザスターモノは、
    やっぱり金かけて画面に迫力がないとダメだよね。

    それの典型みたいな映画だよ。

    内容は、地球のコアがおかしくなって、
    天変地異が起こってた異変だからなんとかしよう、
    という映画。

    まっ、原因を作ったのも人間だし、
    直すのも人間だよといったとっても尊大でおこがましい映画です。

    なんで、ハッピーエンドなんだろうね。

    この手の映画は、
    ハッピーエンドじゃなくてもいいような気がする。

    原因が人間ならね。

    原因が人間でなくても、
    結局自然にはかなわないよ、
    といった内容のモノがあってもいいと思うんだよね。

    まぁ、この映画のハッピーエンドは嫌いじゃないからこれはこれでいいと思うけど。

    何はともあれ、金かけているから、
    前にネタにした映画よりも自信を持ってオススメできるよね。

    ハラハラドキドキはちょっとないけど、
    しっかりエンタテインメントしているから観ていて気持ちがいいよね。

    そう。

    単純に素直に楽しめると言うことです。

    ディザスターモノがみたいなぁ、
    なんて思ったらオススメできる一本ですよ。

    ただし、いくら金かけていて大作ぽくつくってあっても、
    超大作じゃないからあまり勘違いしないように。

    もしかしたら普通の人にはそこそこに感じてしまうかもしれないからね。

    いかんよなぁ。

    金のかかっていないB級作品ばっかり観ているから、
    一般の人とはちょっと感覚がずれてしまって。

    とほほほ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 災害 動画 ヒラリー・スワンク

    ダークネス 【2002年製作:映画】

    またまたホラーです。

    最近、ホラーネタが続きますなぁ。

    基本的にホラー好きだからなぁ。

    で、「ダークネス」です。

    似たようなタイトルが多いのでお間違いないように。

    いわゆる館モノです。

    でも呪い呪われみたいなモノではないです。

    どちらかというと人災系ですかね。

    あまり詳しく書くとネタバレにもなってしまうので、
    書きませんが悪魔復活をもくろむ人たちによって家族が不幸になっていく話です。

    一応、この建物にはなんか秘密があるというくだりもなかなか楽しませてくれるので、
    どんな秘密かは実際に観て楽しんでください。

    物語もしっかりと一本筋が通っていてとっても楽しめます。

    発端は、四十年前の少年少女失踪事件で一人だけ少年が助かるところから物語が始まります。

    そして、四十年後の現在、
    また「何か」がおこるのです。

    なかなかいい感じですよ。

    少年少女は生け贄なんですけど、
    四十年前の失敗から今回こそは成功させると意気込むモノたちがいるわけです。

    その部分も後半になってはじめて分かることなんですけどね。

    特に、前回の事件で助かった少年が父親となって登場するわけですが、
    このお父さんの壊れていく過程は見物です。

    「シャイニング」を彷彿とさせます。

    サイコ系のお父さんと、
    館の謎を解く話と、
    事件の真相という部分がうまく融合していく後半は、
    単なるホラーとはちょっといい難い感じです。

    ホラー的怖がらせ方も「わっ!」と言ってビックリさせるというよりも、
    心霊写真的に「あっ」と思わせる演出に力を入れているので、
    実に好感が持てます。

    やっぱりビックリどっきりは、ホラー的じゃないよね。

    スプラッター系と、絶叫系はイマイチ好きじゃないのよ。

    やっぱりホラーといったらじわ~と怖がらせてくれないとね。

    そーいう意味では、
    この「ダークネス」は、
    じわ~と怖がらせる感じかな。

    まぁ、ホラー部分以外の所の出来がいいからあまり怖くないんだけどね。

    それでも、過剰な演出がないから実に好感が持てます。

    ホント、久々に良くできたミステリーホラーですね。

    ちゃんとどんでん返しもあるし。

    最後まで飽きることなく観ることができます。

    ホラーがちっょと苦手というくらいなら観て欲しいです。

    まったくダメな人には、無理でしょうけど。

    なかなか良い作品ですよ。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    ゴースト・フロム・ダークネス 【2002年製作:映画】

    これは、
    なかなか楽しい映画でした。

    ある意味、
    暗所恐怖症の少年の物語なんですわ。

    暗闇に潜む得体の知れないモノにおびえる少年。

    幼少の時のトラウマが原因で、
    暗闇を怖がることになるんです。

    親兄弟は、
    暗いのが怖いのはトラウマか子供だからと思っているわけです。

    しかし、
    少年には暗闇に潜むゴーストが見えるわけです。

    で、暗闇を怖がる少年とその兄だけが、
    嵐の夜家で二人きりになってしまうわけです。

    両親がいなくなり、広い家に二人きり。

    そして、お約束の停電。

    弟の虚言だと思っていたのが、
    もしかしたら本当のこと?
    と思うような不思議な出来事が続発。

    次第に、
    兄弟そろって闇の中に潜む亡霊と戦うことになるわけです。

    楽しいでげすよ。

    夢なのか、
    現実なのか。

    闇の中に潜むモノは、本当に存在するのか。

    なかなかうまくみせてくれるんだよね。

    はじめは、
    少年の恐がり方とかがちょっと鼻につくぐらいやりすぎだろう、
    って感じだったんだけど。

    それが、後半になっていくと、
    ちょうど良くなってくるのよ。

    少し大げさくらいがちょうどいいって感じですか。

    ホラーなんだけど、全然怖くないし。

    ほらー、
    恐がれ、
    怖がれ、
    っていうつくりじゃないのよね。

    現代版ダークファンタジーとでもいいますか。

    ちょっと不思議な話。

    みたいな感じですか。

    まぁ、子供が観れば怖がるかもしれないけど、
    大人が観ても怖いことはないですよ。

    クオリティも全然チープじゃないし。

    以外と、これはオススメかもしれません。

    暇つぶしにはちょうどよさげです。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    ゴーストオーシャン 【2001年製作:映画】

    いやいや。

    これはなかなか良かったぞ。

    ラストのオチは、
    まぁ、こんなもんだろうと予想していたが、
    それでもおもしろかったぞ。

    海上油田基地が舞台になっているので、
    どこにも逃げられない設定が安易に作れるところがいいよね。

    環境保護団体が、
    油田基地の操業停止を強行しようと基地に乗り込むところから物語が始まるのよ。

    で、いざ乗り込んでみると誰もいない。

    これで、全ての計画が狂ってしまうわけです。

    で、基地の中を捜査していたらビデオテープを発見。

    そこになぜ基地に比違いないかの謎が隠されているかも、
    とみんなで鑑賞。

    それと平行して、仲間が次々と死んでいく。

    裏切り者が一人紛れ込んでいるかも、
    から、
    紛れ込んでいる、
    になっていく過程がよく描けているんだよね。

    まぁ、犯人は幽霊なんだけどさ。

    簡単にいってしまうと「遊星からの物体X」のゴースト版みたいな感じかな。

    幽霊の存在が怖いんじゃなくて、
    誰に幽霊が乗り移っているのか分からないのが怖い、
    っていう話です。

    だから、ちょっと最後のオチがアチキ的には少々不満ではあるのですが、
    まぁ、結構楽しませてくれたのでOKでしょう。

    できれば「そして誰もいなくなった」にしてしまっても良かったと思うんだわね。

    無理矢理解決させようとしているのが、少々不満。

    それが、けっしてハッピーエンドじゃないし。

    なんか、ちょっとチープな感じです。

    それにしても、
    安易に「ゴースト」ってタイトルを付けないでほしいよなぁ。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    ゴーストバスターズ2 【1989年製作:映画】

    やっぱり一作目と比べるとパワーダウンしているのは仕方がないか。

    特に、一作目で観客をわかせたラストの巨大モンスター?ゴースト?に変わるものを、
    今回は何にするのか注目されたけど、
    あまりおもしろくなかったね。

    自由の女神像が歩き出すんだけど、
    なんかこじつけに見えてしまって、
    ちょっとチープに感じてしまった。

    一作目のおもしろさって、
    ラストのアンパンマン・・ちがった、
    キッコーマン・・・ちがった、、、、、、やめとこう。

    もとい。

    一作目のおもしろさって、
    ラストにでてきたキャラクターが良かったわけじゃないと思うんだよね。

    確かに売れたけどさ。

    やっぱり三バカトリオが引き起こすはちゃめちゃなところが良かったんだと思うんだよね。

    映画的にクライマックスも必要だと思うんだけど、
    無理して女神像を動かす必要はなかったよね。

    動かすなら敵役が町を破壊するために動かして欲しかったよ。

    だからそれ以外の話は、とってもおもしろかったよ。

    ちょっと、ビル・マーレーシガニー・ウィーバーとの関係はいただけなかったけど。

    どうせなら、
    まったく違う新しいおねいちゃんを口説いて欲しかったよねぇ。

    逃げられたままの方が「らしい」のに。

    そうそう。

    この映画には、「アリー・マイ・ラブ」にでていたジョンがでているのです。

    若いのかなぁ、
    いやいや、あまり変わっていないような、、、。

    と、いうことでまだ見たことがない人は是非見て欲しいです。

    もちろん一作目から観ないと話の展開が見えないと思うぞ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ホラー オカルト 動画 ビル・マーレー ダン・エイクロイド ハロルド・ライミス シガニー・ウィーバー

    ゴーストバスターズ 【1984年製作:映画】

    ヒットしましたねぇ。

    特に主題歌が。

    懐かしいよねぇ。

    ビル・マーレーが好きなアチキは、
    うきうきしながら劇場に行ったもんですよ。

    でも、最近の十代の方は観たことがない人もいるようで。

    時代やなぁ。

    今観ても十分楽しめるデスよ。

    なので、
    基本的にあまりにも有名な最後のモンスターの話は、
    書きません。

    もともと、
    この映画の主役は、
    ブルース・ブラザースだったのよね。

    だけど、ジョン・ベルーシが死んでしまって代わりにビル・マーレが起用されたのです。

    ベルーシのゴースト・バスターズも観てみたかった気もするけど、
    ビル・マーレーの役がハマりすぎていて、
    ちょっとベルーシのは想像できないよなぁ。

    物語は、ニューヨークの大学でオカルトを研究している学者先生たちが、
    大学を追い出されて、
    金に困って幽霊退治を仕事にするという物語。

    実に楽しいです。

    コメディですからね。

    日本人でも笑える内容です。

    それに、物語もテンポが良くてわかりやすいし、
    とってもエンタテインメントしているのですよ。

    ホント、八十年代の映画はバラエティ豊かにおもしろい作品があったよなぁ。

    と、いうより九十年代がイマイチだったというべきかな。

    八十年代の後半から商業主義的な作品が多くなってしまって、
    じつに薄い映画が多くなってしまったんだよねぇ。

    哀しいねぇ。

    だからかもしれないけど「ゴーストバスターズ」を観ると凄く懐かしくなってしまうのよ。

    この頃は良かったなぁ、と。

    やっぱり、それはリアルタイムで観ていたせいもあると思うんだけどね。

    まだ見たことがない人がいれば是非観て欲しいです。

    愉快痛快です。

    続編もちょっとトーンダウンしていますが、
    おもしろいです。

    と、いうことで次回は「ゴーストバスターズ2」の話でも。

    アレ?

    「ゴーストバスターズ」については、
    ほとんど何も書いてないなぁ。

    まぁ、いつものことか。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ホラー オカルト 動画 ビル・マーレー ダン・エイクロイド ハロルド・ライミス シガニー・ウィーバー

    F1 2004 Round.3 バーレーンGP

    ぱちぱちぱちぱち。

    見ましたかみなさん。

    またBARホンダが表彰台ゲットですよ。



    日本語おかしいな。

    バトンがマレーシアに続き3位です。

    今回は、モントーヤのトラブルで表彰台にのれましたけど、
    それ以前の走りはフェラーリ以外の中では一、二を争うほど速かったです。

    佐藤琢磨もすばらしかった。

    オーバーステアでポカやって順位を落とすまでは、
    すばらしかったし。

    順位を落とした後の走りもすばらしかった。

    前回のマレーシアGPで課題だった、
    週末をしっかりと順当に進めることが今回はバッチシきまった。

    早さでは定評のあるルノーのアロンソが週末をしっかり過ごせていないのとは実に対照的でした。

    一流になるにはやっぱり確実に走れることが必要なのです。

    佐藤琢磨くんもそのあたりが確実に進歩しております。

    次回から第一次ヨーロッパラウンドに入り、
    その時に表彰台にのれないと実力で勝ち取るのは難しくなりそうです。

    やっぱりまだBARの開発力を信じ切れていないのよね。

    トップチームは、
    やっぱりシーズン中の開発スピードが凄いのよ。

    それにしても、初開催で砂漠地方のグランプリだったのに思っていた以上に完走率が高くてちょっと残念。

    もうちょっとトラブル続出だったらなぁ。

    昔のF1だったら当然のようにトラブっていたのが、
    近年のF1はなかなかトラブらないからつまらないよ。

    どのチームも完走するためにセーフティになってしまっているし。

    それにしてもBARホンダは出来過ぎだよねぇ。

    コンストラクターで、ウィリアムズと同ポイントだよ。

    上には、フェラーリとルノーだけ。

    ビックリだよなぁ。

    今までのことがあるから、いまだに信じられないです。

    早く昔のホンダを見てみたいと思うし、
    今の状況は凄くそれに近づきつつあるのに、
    なんとなく簡単に崩れてしまいそうな気がするんだよねぇ。

    やっぱり実力でフェラーリを抜いて表彰台の一番上にたたないと信じられないよなぁ。

    一番以外は、もう意味がないんだよ。

    と、言うことで、
    最近のF1はとってもハラハラ楽しい展開でうれしいです。


    2004 Bahrain Grand Prix

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari571:28:34.875110
    22Rubens BarrichelloFerrari57+1.3 secs28
    39Jenson ButtonBAR-Honda57+26.6 secs66
    47Jarno TrulliRenault57+32.2 secs75
    510Takuma SatoBAR-Honda57+52.4 secs54
    68Fernando AlonsoRenault57+53.1 secs163
    74Ralf SchumacherWilliams-BMW57+58.1 secs42
    814Mark WebberJaguar-Cosworth56+1 Lap141
    917Olivier PanisToyota56+1 Lap8
    1016Cristiano da MattaToyota56+1 Lap9
    1111Giancarlo FisichellaSauber-Petronas56+1 Lap11
    1212Felipe MassaSauber-Petronas56+1 Lap13
    133Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW56+1 Lap3
    1415Christian KlienJaguar-Cosworth56+1 Lap12
    1518Nick HeidfeldJordan-Ford56+1 Lap18
    1619Giorgio PantanoJordan-Ford55+2 Laps15
    1720Gianmaria BruniMinardi-Cosworth52+5 Laps17
    Ret5David CoulthardMcLaren-Mercedes50Pneumatics10
    Ret21Zsolt BaumgartnerMinardi-Cosworth44Engine20
    Ret6Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes7Engine19










    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー