LAST EXILE(ラスト エグザイル) 【アニメ】

    会社の後輩がとってもオススメしていたので、
    見ることにしました。

    深夜、TVでやっているのを少しだけ見たことがありました。

    と、いってもそれが「LAST EXILE(ラスト エグザイル)」という作品だったと知ったのは、
    随分後になってからですけど。

    まぁ、その時見たシーンも(そう一話まるまる見たわけじゃないのよね)後ろから悪者と言うより卑怯者が主役らしい船を攻撃しようとして、
    逆にやられてしまうシーン。

    それも、私の記憶では、青空の下の物語だと思っていたのに、
    今回、そのシーンをビデオで見たら夜空でした。

    なんとも、まぁ、人の記憶なんて曖昧だこと。

    で、しっかり最後まで見たわけですが、
    なるほど、
    後輩が言っていたとおりおもしろかったです。

    ただCGがすごいと言われたのですが、
    まぁ、そこはそれほどすごいとは思わなかった。

    ただ物語は、とっても良くできていましたね。

    一番良かったのは、饒舌でないところ。

    多くを語らず、でもしっかりと意味を想像できる範囲の情報は提供されているという部分が良かった。

    小説で言う行間を読むみたいな部分が作品にあったところがいいね。

    それが意図して作られたのか、
    物理的な問題でそうなってしまったのかは分からないけど、
    みている私としては、すごく良くできていると感じましたよ。

    何しろ、物語はしっかりハッピーエンドだし。

    善と悪がしっかりしているし。

    ラストの余韻もいい感じだし。

    クオリティも高いし。

    出来れば、もう少し主人公が乗っていたシルバーナという名の船の活躍が見たかったことくらいかな。

    話数がもう少し多ければ、
    その辺ももっと描けたんだろうなぁ。

    船の乗組員のエピソードももっと色々と。

    そういう意味では、
    続編ではないけど、
    間を補完する形で、
    物語が作れそうだね。

    後日談より絶対にそっちの方が楽しいと思う。

    そうそう。

    キャラクターデザインは、私の好きな村田蓮爾氏なんだよね。

    村田蓮爾氏の雰囲気もしっかり出ているし、
    そういうところのクオリティもしっかりしていてとっても良かったです。

    機会があったら是非観て欲しいね。

    とっても良くできたエンタテインメントですよ、これは。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。











    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 戦争 動画 浅野まゆみ 斎藤千和 山崎和佳奈 花澤香菜 根谷美智子 喜多村英梨 野田順子

    奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻 【小説】

    泡坂妻夫の「奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻」です。

    この後に「戯の巻」というのがありますが、
    まだ読んでいません。

    まぁ、基本的に短編集なので、
    それこそ「戯の巻」から読んでも、
    たぶん問題ないのではないかなぁ。

    まぁ、いわゆる探偵小説で、
    推理小説とは、
    ちと言い難いかなぁ。

    まぁ、一つの話のボリュームも少ないので、
    謎解きを楽しむゆとりというのかなぁ、
    それがありません。

    泡坂妻夫氏の作品もはじめて読んだわけで、
    他にどんな作品があるのか全然知りません。

    主役である元奇術師曾我佳城は、
    主役と言うほど前面に出てこないです。

    事件の解決の糸口が分からない、
    ので曾我佳城に相談に行って、
    はい解決。

    と、いうパターンになります。

    まぁ、いわゆるアームチェアディティクティブですね。
    (あってるよな、たぶん・・・)

    別にずっと座っているわけではないけど、
    現場を見ずに話だけでピタリと当てるというやつですね。

    本当は、もつと色々と活躍してくれるものだと思ってきたいしていたんだけど、
    ちょっと出てきてずばっと解決して終わり、
    みたいなのが基本パターンで、
    ちょっと寂しかったです。

    もっと、大人ぽく魅力的なキャラクターになるのに、
    今のところイマイチですね。

    まぁ、短編小説で、次第にキャラクター像が確立していい感じになるのはいくらでもあるので、
    「戯の巻」を読んだ後も同じ感想を持っているかどうかは分かりませんが。

    作者が元マジシャンだったかで、
    奇術ネタの所は、
    さすがに大変おもしろく読まさせていただきました。

    それこそ、推理的な部分の話よりもおもしろかったくらいです。

    事件自体も奇術ネタが元になっているモノもあったりして、
    いい感じだったりするんですよ。

    何しろ難しく考える必要もないから、
    電車の中で気軽にさくっと読めてしまうのがいいね。

    はじめに思ったイメージと違いはしましたが、
    これはこれでアリかな。

    ただ、やっぱりこれを読んだ後、
    じっくり考えられる推理小説を読んでみたくなりましたね。

    まぁ、脂っこいのを食べた後、
    さっぱりしたのが食べたくなり、
    さっぱりしたのを食べた後は、
    脂っこいのを食べたくなるのと一緒ですね。

    どっちがいいかとは言えないのです。

    小粒ながら、なかなか味のある作品が詰まっているので、
    これは息抜きにはちょうど良い感じですね。

    ホント、できればもう少し曾我佳城の活躍というか、
    登場時間というか、
    なんというか出番を多くして色々と見せて欲しかったなぁ、
    と言う感じです。





    関連記事

    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 探偵 推理 犯罪 刑事

    ペイチェック 消された記憶 【2003年製作:映画】

    まだネタにしていなかったんだね。

    と、いうとネタにすべきものは、
    全てしたみたいな感じだなぁ。

    全然そんなことはないけど。

    と、言うことで「ペイチェック 消された記憶」です。

    フィリップ・K・ディック原作の映画です。

    と、言うだけで絶対に見なきゃダメでしょう。

    と、言うことで見たわけですね。

    しかし、
    監督がアクション映画の大御所ジョン・ウーですからね。

    まともなSF映画になるとは、
    最初から思っていません。

    それでも、
    何か期待させてくれるんですよねぇ。

    で、
    やっぱりというか、
    何というか、
    しっかりアクション映画になっていました。

    舞台が近未来というだけで、
    SF的ガジェットはいっぱい出てくるけど、
    「らしい」部分が少ない。

    それでも、
    おもしろかったです。

    その当たりはさすがエンタテインメントを分かっている監督ですね。

    原作のおいしいとろをチョイスして、
    誰もが楽しめる映画になっています。

    まるで、
    スティーブン・スピルバーグみたいなそつのないSF映画って感じです。

    クライマックスのアクションシーンなんかは、
    もうバリバリ、
    ジョン・ウーだし。

    メリハリが利いていてとっても良かった。

    もっとユマ・サーマンのポジションが曖昧でミステリアスだとSFらしくなったのに、
    とっても残念。

    まぁ、
    話は単純な方が誰でも楽しめるから、
    これはこれで全然良いと思うけど。

    SFファンで、
    フィリップ・K・ディックのファンだとちょっとがっかりしてしまう人も多いのではないかな。

    まぁ、
    癖がないから是非お時間があるときにでも楽しくご覧下さい。

    ちょっとオススメですよ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 動画 フィリップ・K・ディック ベン・アフレック ユマ・サーマン ジョン・ウー

    パーンの竜騎士4 竜の歌 【小説】

    パーンの竜騎士シーリズ4巻。

    と、言うよりバーンの竜騎士のジュブナイル版で、
    「竪琴師ノ工舎」シリーズの一作目と、
    言った方がよいかも。

    アン・マキャフリイ著です。

    私は、どっちかというとこっちのシリーズの方が好きです。

    が、やっぱりシリーズを通して読んでいないと、
    このおもしろさは分からないと思う。

    だってバーンという星のことにつては、
    あまり詳しく書かれていないのよ。

    けど、今までのシリーズではあまり描かれていなかった竜騎士たち以外の人々の生活が描かれているので、
    単純に詳しく書かれているいないとは言い切れない。

    で、今回の主人公は音楽に稀な才能を持った少女メノリが主人公。

    で、竪琴師になるのが夢。

    しかし、竪琴師は男しかなれない、、、。

    と、いった境遇に追い打ちをかける父親の存在。

    もう、こんな所はいやーーーーと言って家を飛び出し人里離れた場所で運命的な出会いをする。

    それは、、、、。

    もう、ここから先は読んで欲しい。

    読んで感動して欲しい。

    実際、今までのバーンの竜騎士シリーズより、
    すごく読みやすいし、薄いし。

    まぁ、本当ならシリーズを順番に読んで欲しいが、
    あえてあの厚さに挫折しそうだという人のために、
    しょうがない、
    この本から読んでもらってOKです。

    そして、一緒に感動しましょう。

    もう私なんてこの本を読み終わったら主人公のメノリに恋してしまったんではないかと思うほど。

    今までのシリーズの登場人物も所々出てきて、
    それもまたいい感じなのよ。

    物語の時間軸は、シリーズの二巻以降くらいなんだけどね。

    三巻は、この竪琴師ノ工舎シリーズが終わった後に読んだ方が、
    いい感じになるかも、
    っていう時間の流れかな。

    何はなくとも主人公のメノリが、そして、、、、。

    いやー、ホント説明したいなぁ。

    わたしもあんな相棒が欲しいよ。

    ということで、これは是非読んで欲しい。

    この前のバーンシリーズは、
    私のひとりよがりで紹介しているので、
    それを読んで読んだ気になってもらうのでもOK。

    まぁ、あらすじ書いてないから、
    読んだ気にはなれないと思うけど。

    とっても素敵なサクセスストーリーなので、
    読後さわやか。

    いい感じの本ですよ、ホント。

    超お薦め。





    関連記事

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF ファンタジー ドラゴン アン・マキャフリイ

    ブロンドジャンクション 【2003年製作:映画】

    アクション映画です。

    ジャケットの赤い服を着た女性が主役かと思っていました。

    凄腕の女殺し屋。

    組織の依頼で殺しをしている女。

    「女」を武器に相手を油断させて、
    殺す。

    う~ん、
    実にいい感じでした。

    が、
    主役は別にいたのね。

    お金がないために悪者の手伝いをして、
    見事失敗した息子とその母親。

    息子の命が危ないことを知った母親は、
    息子を連れておばあちゃんのいる土地へ逃げるのです。

    が、
    あてにしていた列車に乗れず、
    どうしようと思ったときに殺し屋の女が登場。

    この殺し屋の女は、
    ある仕事で殺しをして、
    組織の金を横取り。

    何とか、
    仲間の所へ、、、と思っていたけど、
    街は組織のモノ。

    なかなかうまく逃げられない、、、。

    そして、
    やっぱり逃げよとしている親子に会い、
    一緒に車でメキシコまで行こうと持ちかける。

    で、
    ロードムービーかな、
    と思いきや、
    これまた違って、
    結局もといた街に戻ることになるんだけどね。

    この女殺し屋が、
    親子と出会ってからが実にいい味出しているのです。

    それまでは、
    まぁ、
    よくある感じの女殺し屋だったんだけど、
    親子と出会ってからの彼女は、
    いいキャラになってましたなぁ。

    悪者らしくなってるのですよ。

    ひどい女だなぁ、
    って感じで。

    はじめの物足りなさが嘘のような女になっているのよ。

    やっぱ、
    こうでなくちゃ、
    ってかんじ。

    普通だったら、
    ビジュアル的にも女殺し屋が主役で、
    結局、
    善良な親子を守ってしまうような展開になるところなのに、
    まったくそんなことにはならないところが実に良かった。

    たいした物語でもないんだけど、
    ある意味期待をうらぎってくれたので、
    実に楽しく最後まで観ることが出来ました。

    ジャケットのおねえちゃんが好みだなぁ、
    と思ったら観てちょうだい。

    そう思わなかった人は、
    無理に観る必要はないかも。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 FBI 動画

    ホーンテッドマンション 【2003年製作:映画】

    エディ・マーフィの「ホーンテッドマンション」と言うよりは、
    ディズニーの「ホーンテッドマンション」と言った方がわかりやすいと言えばわかりやすい。

    あのディズニーランドのアトラクションが映画になったということで、
    私はすごく期待しておりました。

    ディズニーランドは、
    基本的に映像の作品世界がリアルな世界に登場するという形をとっているわけで、
    今回のようにリアルから映像世界というのは、
    私の記憶の中にはちと他に思いつかない。

    なので、
    よけい期待しちゃたりしているのです。

    で、
    結論から言うと良くも悪くもディズニー的アクのない作品に仕上がっております。

    小さなお子さまが観ても大丈夫な作品に。

    まったく毒のない作品。

    だから、
    童話が持つ教訓も何もない作品になっているのは、
    いいことなんでしょうかねぇ。

    悪役は、
    悪役として、
    しっかり悪いことしているんだけど、
    とってもひどい極悪人になっていないからなのかなぁ。

    なんだろ。

    なにか物足りないんだよ。

    別にスプラッターを期待しているわけでもないし。

    ハッピーエンドがイヤだとか言っているわけでもない。

    コメディだからうすっぺらく感じているわけでもないし。

    感動がないんだよね。

    私が冷たいからかなぁ。

    蜘蛛が苦手な息子が、
    蜘蛛に打ち勝つシーンも何の感動もないのよ。

    そうなんだよ。

    感動がないんだよ。

    おもしろ楽しくみられたんだけど、
    感動がなかったんだよね。

    感動的な話のはずなのに。

    やっぱりディズニーに限らず、
    素晴らしい映画は感動するモノなんだよ。

    どんな感動かは、
    作品によって違ったとしても、
    何らかの感動を観る者に与えてくれるんだよね。

    それが「ホーンテッドマンション」には、
    なかったんだ。

    期待しすぎたせいかもしれないけど、
    やっぱりちとつらいねぇ。

    楽しいシーンが満載なんだけど、ね。

    それだけなの、ね。

    とっても残念だよ。

    ホント。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー コメディ 動画 エディ・マーフィ ウォルト・ディズニー

    新 破裏拳ポリマー 【OVA】

    昨日に続いて「破裏拳ポリマー」ネタです。

    今回は、
    タツノコヒーローシリーズ ORIGINAL VIDEO ANIMATIONとして制作されたものです。

    確か、タツノコの設立何周年だったかの企画で作られた一本です。

    他にも「科学忍者隊ガッチャマン」「新造人間キャシャーン」が作られました。

    これが、また、素晴らしいんだ。

    「新 破裏拳ポリマー」に限らず、
    この一連の企画でリメイクされた作品は、
    どれも素晴らしい出来です。

    「新 破裏拳ポリマー」は、二話分つくられました。

    たった二話ですが、これが、実に良くできています。

    キャラクターデザインは、梅津泰臣氏。

    「メガゾーン パート2」のキャラクターデザインをやっていて、
    その時からのファンなのですが、
    このタツノコヒーローシリーズ全てのキャラクターデザインも手がけているのです。

    いやー、実にいいね。

    ホント「新 破裏拳ポリマー」に限らず、
    他の作品も二話とか三話とか四話とかじゃなくて、
    もっといっぱい作って欲しかったなぁ。

    いやいや、これからでも十分作れるでしょ。

    是非やって欲しい。

    この「新 破裏拳ポリマー」も、
    三十分の二話とはとても思えない充実た中身の濃い作品になっています。

    破裏拳ポリマーの誕生で一話。

    悪の組織のボスと戦う一話。

    たったこれだけなんだけど、実におもしろい。

    画のクオリティも高いし。

    「破裏拳ポリマー」が本来持っていた要素がぎっしり詰まっているから、
    リメイクされキャラクターデザインが変わっても、
    しっかり「破裏拳ポリマー」なのです。

    DVDもしっかり買いましたよ。

    いっぱい売れて続編が出来るのを期待して。

    しかし、この作品が存在すること自体しっている人が少ないという現状で無理だろうなぁ。

    もうDVDだって、
    新品ではなかなか手に入らないだろうし。

    実に残念。

    レンタル屋においてあるのも、ほとんどみたことないし。

    見つけたら、ぜひ購入、またはかりて観て欲しい。

    ちょー、オススメ。

    と、いってもオリジナルを知らないとつまらないのでは、
    と思っている方、ご安心を。

    これだけでも十分に「破裏拳ポリマー」を堪能することが出来ます。










    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション 探偵 動画 梅津泰臣 青野武 根谷美智子 折笠愛 子安武人 玄田哲章

    破裏拳ポリマー 【TVアニメ】

    いやー、前々から書きたかったんだよねぇ。

    っていうか、そんなネタいっぱいあるんだけど、
    なんで素直に書かないんだろうねぇ。

    と、言うことで「破裏拳ポリマー(はりけんぽりまー)」です。

    タツノコアニメの中でも、
    一、二を争うほど、
    私が好きな作品です。

    「破裏拳ポリマー」かっこいいねぇ。

    この時代の、というか、
    絶好調だった時代のタツノコアニメって、
    あの無国籍な感じがたまらなく良かったんだよねぇ。

    「破裏拳ポリマー」「新造人間キャシャーン」「宇宙の騎士テッカマン」「科学忍者隊ガッチャマン」他にもいろいろあったと思うけど、
    代表的なモノだけでもこんなにある。

    そんな中でも、
    一、二を争うほどマイナーな「破裏拳ポリマー」が私は大好きでした。

    いやいや、今でも大好きです。

    なにしろDVDボックスを購入してしまうほど、
    大好き。

    何が、そんなにいいんだろう?

    って改めて観てみると、
    やっぱり典型的なアメコミヒーローモノなんだね。

    出来損ないの主人公が、
    ポリマーに変身して悪の組織をやっつける。

    こんなさえない男が、
    まさかポリマーだなんて、
    誰も信じられない。

    「スーパーマン」にそっくり。

    でも、そこはアニメ。

    そこは、日本製。

    そこは、タツノコアニメ。

    単なる「スーパーマン」の亜流じゃない。

    ポリマーは、飛行機や潜水艦にまでなれてしまう。

    それだけじゃない。

    基本的に、敵と戦うのが肉弾戦。

    銃で撃たれると、弾が体の中にめり込んで、
    力を入れるとポロポロ肉体から出て落ちる。

    これがたまらん。

    無敵じゃないのよ、ポリマーは。

    銃で撃たれてキンコンカン弾を身体ではじいていたら全然ダメで、
    それはポリマーじゃない、ということになる。

    考えれば考えるほど、
    これほどアメリカンテイストにあふれたアニメってなかったんじゃないかな。

    主人公がつとめているのが、
    ハードボイルドを気取った探偵事務所だし。

    主人公が活躍する街は、
    ニューヨークと言うよりは、
    ゴッサムシティだし。

    出てくる登場人物たちの名前は、
    日本人名だけど、
    それ以外はとってもアメリカン。

    だけど、物語は人情劇。

    素晴らしい作品だと思うよ。

    ホントに。

    なのに何でこんなに知名度も人気も低いんだろう?

    残念だよなぁ。

    ホントにおもしろいのに。

    フィルムもまともに残っていないんだろうね。

    DVDを観ていても、
    二、三話くらいブルーの色彩になっていたもん。

    なんてことだぁぁぁぁぁ。

    って感じ。

    デジタルで色修正をするお金もかけられないほどの人気なんだね。

    とほほ。

    観ていて、ホント哀しくなったよ。

    是非、タツノコさんにはがんばって当時の色を再現した形で出していただきたい。

    そしたら、アチキはまた買うよ。

    だって素晴らしい作品じゃない。

    勧善懲悪。

    こんなに楽しいエンタテインメントなモノは、
    そんなにないと思うぞ。

    それも、あんな昔に作られたなんて、
    もっと自慢して欲しい。

    がんばれタツノコ。

    がんばれ「破裏拳ポリマー」ってか。










    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション 犯罪 探偵 動画 曽我部和行 青野武 富山敬

    ブロンドと柩の謎 【2001年製作:映画】

    ハリウッドで起きた実際の事件を元に作られているらしい。

    らしい、
    というのは、
    元の事件を私が知らないから。

    でも、
    すごいよね、
    こんなことが本当にあったとしたら。

    人が一人死んでいるのに、
    すごく不自然な処理がなされているの。

    もう、
    これは何かあったに決まっていると思われても仕方がないよ。

    事件は、
    新聞王ハーストの船上パーティーで起きた。

    誰でも知っているチャップリンや、
    昔の映画が好きなら知っているマリオンなど、
    ハリウッドで活躍する面々があつまり、
    そこで人が死んでいるのです。

    誰もが事件の真相を語ることなく、
    みんなあの世にいってしまった。

    だから、
    永久にこの謎は解かれない。

    この「謎」の部分にすごく興味をそそられるのですが、
    映画はその「謎」の部分が実に淡泊。

    と、
    いうか、
    謎解きの映画にはなっていない。

    この「謎解き」の部分を楽しめる人は、
    この映画を観る前から、
    このモデルになった事件を知っていると言うことが前提になってしまっている。

    これは、
    ちとつらい。

    せっかく、
    素晴らしいネタだと思うのに、
    物語は淡々と進み、
    人が死に、
    事件の真相は語られることなく終わったと言って、
    終わっている。

    困った。

    ホントに困った。

    何であの男が死んだのか、
    その理由はこうだったんだといって楽しめるのは、
    やっぱり前もって知識を持っていないと誰が死んでどんな事件だったんだ、
    と思ってみていた私には、
    単なる愛憎劇を観ている感じだったよ。

    だからこれは、
    ミステリーというジャンルにしちゃだめだよ。

    普通に観たら全然ミステリーのつくりをしていないんだから。

    作っている側も本当にミステリーにしたかったのかなぁ。

    終わり方を観ているととてもそんな風には思えない。

    ハリウッドには、
    こんな時代もあったんだよって感じでおわってるし。

    懐古趣味的な部分も多かれ少なかれ入っている気がするし。

    だから、
    ミステリーだと思ってみなければ、
    実に楽しい映画だと思う。

    チャップリンなんか、
    ほんとこんな感じだったんだろうなぁ、
    とか。

    その時代のパワーバランスなんかは、
    垣間見えたりするんじゃないかな。

    ハリウッド・マニアには、
    とってもおもしろくできていると思うよ。

    まぁ、
    気が向いたらかりてみてください。

    普通に観る分には、
    十分楽しめますから。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 犯罪 動画 キルスティン・ダンスト

    クラッシャージョウ 【アニメ:映画】

    高千穂遙著のクラッシャージョウ・シリーズの映画です。

    原作ファンからは、待望の劇場アニメでした。

    キャラクターデザインは、
    原作のイラストを担当していた安彦良和氏。

    ついでに監督も安彦良和氏。

    と、いってもピンとこない人の方が多いので「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインの人です、
    と言った方がわかりやすいかな。

    で、この劇場版は、劇場版用に物語が作られているので、
    原作ではあり得ないキャスティングになっていたりします。

    そして、もっとすごいのはここに関わったスタッフたち。

    一流の人、後に一流になった人、もうてんこ盛り。

    こんな構成のスタッフって、
    今ではちょっと無理かもって感じです。

    物語も劇場用に書かれただけあって、
    実にうまくまとまっています。

    実際、高千穂遙氏によってノベライゼーションもされていますし。

    私的には、小説の方がやっぱりおもしろかったかなぁ、
    と、思うのですが、
    まぁ、それはノリの問題とか、
    慣れの問題かなぁ、
    って気もするし。

    どっちも良い作品であることには代わりありません。

    まぁ、本来なら高千穂遥氏の小説からネタにすべきなのかもしれませんが、
    手軽さはアニメかなぁ、
    と思ったわけで。

    この作品を見て気に入った方は、
    絶対に小説を読むべきだと思います。

    小説は、べらぼうにおもしろかったりします。

    さすがに一巻の「連帯惑星ビザンの危機」は、
    ちっょとだけつらいところもありますが、
    シリーズ一気読みのおもしろさであることは保証します。

    おっと、劇場版アニメ「クラッシャージョウ」の話でしたね。

    スペースオペラのお手本のような物語展開で、
    実にテンポ良く?ない部分がちょっと気になりますが、
    それは些細なこと。

    原作のファンと原作のイラストファンに言わせると、
    キャラクターがデブちんだぁ、
    と言ってぷんぷん怒っている人がいたのも事実。

    でも、私は全然気にしなかったけどね。

    一歩間違えば、宇宙が裂けるっっ、
    って緊迫感がちょっとなかったのが残念と言えば残念かな。

    ピンとこないっていう、そんな感じではなかったのよね。

    やっぱり、演出の部分なのかなぁ。

    それとも物語の展開なのかなぁ。

    よく分からないけど。

    宇宙が裂けることよりも、
    やっぱり目の前の女性が死んでしまう、
    って所にピントがあっていたからかなぁ。

    宇宙が裂けるのを止めようとしたときのアクシデントの一つとして、
    この物語のヒロインの生死が問題になっていたのだけど、
    安彦良和監督は割り切ることが出来なかったんだね、きっと。

    決して、悪いことではないけど。

    すごく人間くさくていいと思うけど、
    全体的にみるとここだけは、
    割り切っても良かったような気がする。

    まぁ、とりあえず一流のスタッフによって誕生した、
    たぶん二度とこんなスタッフで作られることがない「クラッシャージョウ」を堪能してください。

    とっても素敵なスペースオペラです。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF スペースオペラ 動画 高千穂遙 安彦良和 河森正治 小林清志 小原乃梨子 納谷悟朗 武藤礼子

    パンツァードラグーン ツヴァイ Panzer Dragoon Zwei 【セガサターン版】

    と、いうわけでお約束の「パンツァードラグーン ツヴァイ」です。

    「パンツァードラグーン」の続編として制作されたセガサターン専用シューティングゲームです。

    結論から言うと、前作よりも素晴らしい出来です。

    グラフィックもシステムも実に良くできています。

    まず一番評価できるのは、
    より初心者に優しくなったこと。

    これは、とっても重要。

    やられればやられるほど難易度が低くなっていく。

    普通は、続編というと前作よりも難易度が高くなっていたり、
    システムがより複雑になっていたりと、
    初心者お断りの感があったりとかするんですけどね。

    それを、あえてより間口を広くするために難易度を調整してくるところが素晴らしい。

    特に、ジャンルがシューティングですからね。

    マニアだけのモノにはしたくないと、
    言ったところと時代的にライトユーザーという言葉がはやっていたことも影響しているでしょう。

    でも、これは、特別なことじゃなくて、
    続編だろうと何だろうと、
    常に初心者がいると言うことを、
    忘れてはいけないと思うんだよね。

    おっと、また話がそれてしまった。

    「パンツァードラグーン ツヴァイ」の話。

    前作同様、ステージの合間にムービーが流れ、
    物語をおっていく楽しみがあります。

    ムービーの画質もキレイになったし。

    ゲーム部分のグラフィックもキレイになったし。

    ハードの性能をしっかりと出せるようになってきた進歩がみられるのもいいよね。

    本来なら、最初からハードの性能を引き出せていないとダメなのかもしれないけど、
    ことプログラミングの世界はそう簡単ではないのです。

    と、まるで私がプログラミングできるみたいなことを書いてしまっていいものか、、、。

    またまた話がそれてしまった。

    物語も竜が成長していく過程もふまえて進行しているのよ。

    だからゲーム部分も、
    はじめは地面の上を走っていて、
    それから飛べるようになって、
    と言った感じで遊びにも変化を自然なカタチでつけているんだよね。

    これは、ホント良くできています。

    前作の「パンツァードラグーン」をプレイしていなくても全然OKです。

    前回の「パンツァードラグーン」の時は消極的でしたが、
    今回の「パンツァードラグーン ツヴァイ」については、
    セガサターンを中古で買ってでもプレイしなさいといってもいいかも。

    買った値段分は十分楽しませてくります。

    古いゲームだからとバカにしてはいけないし、
    シューティングゲームだから難しそうと、
    思ってもいけない。

    これは、本当にシューティングゲームが苦手な人ややったことがない人でも楽しめる数少ない3Dシューティングゲームです。

    ちょっとオススメだぞ。










    関連記事

    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG ファンタジー ドラゴン セガ 動画

    パンツァードラグーン 【セガサターン版】

    セガサターンのゲームです。

    シューティングゲームです。

    セガサターンには実に様々なシューティングゲームがありますが、
    その中でもこのゲームはセガが作ったセガサターン用のシューティングゲームです。

    竜に乗って敵をやっつけるゲームです。

    そーかくと、
    昔、ナムコにも同じようなシューティングゲームがあったなぁ。

    アレも大好きだったなぁ。

    と、相変わらず横道にそれるのですが、
    今回は「パンツァードラグーン」です。

    3Dで表現されています。

    キャラクターデザインとかをメビウスが担当しています。

    私としては、それだけで十分買う価値のあるゲームでした。

    いったいどんなゲームになっているのだろうと。

    実際プレイしてみると、実に良くできています。

    さすがに、ちょっと素人さんにはきついなぁ、
    と思うところもありますが、
    へぼプレイヤーの私でもクリアできるレベルです。

    なので、普通の人は十分プレイできるでしょう。

    何しろ、このシューティングゲームは、
    ステージの合間にムービーで物語を語っているわけで、
    その物語の続きを観たくて一生懸命プレイしたものです。

    実にいい雰囲気です。

    メビウスらしい、
    というとちっょとなぁ、
    と思いますが、
    メビウスを起用したことで独特の世界観や雰囲気を醸し出していることは間違いない。

    実に素晴らしい。

    ゲームシステムも3Dらしいつくりで、
    実に好感が持てます。

    まぁ、基本強制的にプレイヤーと竜が進んでいくので、
    じっくりお散歩や敵を追いかけ回す、
    ってことは出来ませんが、
    それでも空を飛んで戦っている感じは十分に味わえます。

    すでにこのゲームをプレイするには、
    様々な条件が必要になってきて、
    意外と敷居が高くなってしまったのがとっても残念ですね。

    ゲーム機本体を持っていない人は、それこそ大変。

    ソフトだけだったら比較的簡単に手にはいるし、
    とってもリーズナブルですから、
    セガサターン本体もリーズナブルだし、
    金銭的に余裕があれば是非やってもらいたい。

    ホント、良くできていますよ。

    何しろ、続編が作られているくらいですからね。

    まぁ、続編が出ているイコール良いものとは一概には言えませんが、
    これは良いものです。










    関連記事

    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG ファンタジー ドラゴン セガ

    オデッセイ:セカンドレボリューション 【2003年製作:映画】

    これは以前書いた「オデッセイ2001」の続編です。

    まっとうな続編です。

    しっかりと物語の続きと言うことです。

    前回は、
    やっぱりビジュアル・インパクトのパッケージにひかれて、
    ついついB級映画ファンの私としては観てしまったわけですが、
    今回は、
    さらに続編と言うことで、
    ついつい観てしまったわけです。

    続編だからね。

    それも、
    しっかりと物語の続きになっている。

    前回の謎だった部分が解決されていると思ってね。

    イヤー、まいった。

    主人公は変わらず、
    その子供が登場してきて、
    おっ、
    この子供を中心に物語が進むのか?
    と、思わせといての展開。

    すっかり、だまされました。

    確かに重要ではあったけど、
    極端な話、いなくても良かったジャン。

    まぁ、今回は巨大な石が二つ登場して、
    陰と陽、正と負のような感じになり、
    おっ、
    と思わせといて、
    やっぱりそれだけだったという感じですが、
    う~ん。

    う~ん。

    ネタが整理されていないんだな。

    この「ひとりよがり」と一緒で。

    もったいないよ。

    なんか、みんな中途半端でさ。

    ひとつに絞れば、よかったのに。

    そしたらもっとドラマチックな展開が出来たんじゃないかなぁ。

    すごーく残念。

    それでも、いい感じで謎?が提供されるから最後まで観てしまうんだけどね。

    その解決がみんな中途半端で、
    消化不良を引き起こしているわけよ。

    ドラマも盛り上がりにかけるし。

    なんか、いいことないみたいだなぁ、、、。

    まぁ、しっかり最後まで観られることは間違いないよ。

    問題があるとすれば、
    前作を観ていないとダメだということくらいかな。

    と、いうことは、前作を観てダメだと思った人はこれを観ないわけだ。

    と、いうことは前作を観てちょーおもしろいと思ったら絶対にこれも観るわけだ。

    と、いうことは、
    今回のネタが意味するのは、
    前作を観たけど、
    普通だったし、
    続編が出たけどどうなのかなぁ、
    と思った人だけなわけだ。

    う~ん、そういう人には、一言。

    やっぱり、自分で観て確かめてちょ。

    ぐわっ。

    それを言ったらおしまいだぁ、
    ってことか。

    「ひとりよがり」意味ないね。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ミリタリー アクション 動画

    アベレーション 2 【1997年製作:映画】

    やっぱり続編というのは、
    ネタ的にも押さえとこうと思うわけです。

    だからネタを考える必要がなくて、いいねぇ。

    と、言うわけで「アベレーション」の続編。

    と、思って観たわけですが、
    案の定、
    正当な続編ではありませんでした。

    案の定、と思ったわけだから、
    続編と思ってみたというのが嘘ぽいよなぁ。

    まぁ、期待していたわけだよ、
    あのトカゲくんたちとの再会に。

    で、この「アベレーション2」には、まいった。

    基本的なコンセプトは踏襲しているので、
    未知の生物が進化していると。

    しかし、進化がトカゲくんほどではないのが残念。

    それに、どっちかというと「寄生虫」的な繁殖の仕方だし。

    でてきた生物は、ハエ男みたいだし。

    「ミミック」の方が、出来はいいと思ったし。

    まぁ、B級だからと言ってしまったらそれまでだけど。

    良かったのは、前半の未知の生物の登場するまで。

    笑えたのは、博士の存在。

    なんだかんだとおもしろく観たのだから十分満足。

    害虫退治のおっさんにも笑わしてもらったし。

    いい意味でのおバカ映画になっております。

    もっと全体的にシリアスに出来たのに、
    なぜしなかったのかなぁ。

    まぁ、博士以外は、みんないい味出していたし。

    博士もアレはアレでOKなんだけど、絡み方がなぁ。

    もっと前面に出てきてくれていたら、
    もっと良かったのに。

    そうか、これを書いていて思ったけど、
    この映画どっちかというと「アベレーション」というより「ミミック」の方が近いな。

    話のネタ的にね。

    まぁ、2と言いつつ全然別の作品だから、
    どっちを先に見ようと、
    もちろん両方観ないというのもアリだけど、
    かまわないかな。

    いわゆる邦題のみの続編ってやつだね。

    私的には、どっちか一本と言われたら「アベレーション」をオススメするかな。

    まぁ、これはこれでOKなんだけどね。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : モンスター パニック 動画 キャサリン・ハイグル

    エイリアンX 【2004年製作:映画】

    楽しい映画でした。

    おもしろい、
    という感じてはなく楽しい映画でした。

    アメリカの合衆国が所有する研究所で育てられたエイリアン(モンスター兵器として作られた生命体)が、
    育ての親である博士によって解き放たれて、
    研究所で暴れ回ってしまうのを特殊部隊がやっつけるという話。

    一気に物語を説明したけど、物語はとっても単純。

    冒頭の神秘の力を持った石の存在も、
    特殊部隊を率いている女性隊員の謎も、
    な~んも解決しないまま物語はエイリアンを退治して終わってしまいます。

    助手の正体を明かすよりも、
    証さなければならない部分はいっぱいあるだろうと思うのですが、
    まぁ、それはそれって感じで実に潔い。

    おかげで消化不良で、実に印象深くなっております。

    大体エイリアンの造形も、
    エイリアン」に出てくるエイリアンと「プレデター」に出てくるプレデターをたして二で割った感じで、
    実に楽しい。

    実は、エイリアンは一体ではなく、繁殖されていて、
    うじゃうじゃ子供エイリアンが出てくるし、
    ホント楽しい映画です。

    これだけ割り切って作れるのなら、
    下手な謎なんかいらないって感じ。

    特殊部隊とエイリアンの戦いに終始していた方が、
    もっと楽しくおもしろくなったのではないかな。

    まぁ、その手の映画はいっぱいあるから一ひねり欲しくて色々と謎を作ったと思うんだけど、
    それが全て空回りって感じ。

    主役の女性隊員もはじめ登場してきたときは、
    なんて不細工なんだと思ったけど、
    物語が進んでいくうちに実に魅力的になってきて、
    大変好感を持てたのに、物語がねぇ、、、。

    見ている人に想像させたい部分があるんだろうけど、
    やっぱりそれだけじゃダメだと思うんだよ。

    まぁ、傑作ではないけど、
    B級映画としては、
    楽しめたので、
    心の広い方は十分楽しめると思います。

    私も楽しめたしね。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン アクション 動画

    バーバレラ 【1967年製作:映画】

    スペースオペラとはなんぞや?

    と、思ってオススメする映画として、
    やっぱり「スター・ウォーズ」であったり「フラッシュ・ゴードン」であったりするわけですが、
    それは、
    やっぱり一般的な話で、
    この「ひとりよがり」のファンの方には、
    やっぱり普通ではないモノをしっかりチェックしていただきたい。

    と、いっても有名だから安心なタイトル。

    だけど、
    パッケージを見たらちょっとな、
    と思ってしまう作品。

    それが「バーバレラ」です。

    まぁ、中身もすごいんだけどね。

    でも主役のバーバレラには、
    ジェーン・フォンダ。

    すごく色っぽいです。

    大体、
    毛皮がひかれた宇宙船に裸体で乗っていると言うだけで、
    スペースオペラです。

    ????

    いや、
    こんなことを書くと冗談だと受け取ってくれない人がいるからな、
    前言撤回。

    悪者のデュラン・デュランを倒すべく大活躍するバーバレラ。

    これぞ、
    宇宙冒険活劇。

    スペースオペラなのです。

    と、いってしまうとすごい映画だと思われてしまうけど、
    ある意味すごい映画なので、
    このまま誤解させとくのは、
    いいことかもしれない。

    まさにカルト的人気作品。

    ちなみに私はDVDを持っている。

    それほど、
    素晴らしい。

    この映画をまじめに最後まで観て、
    素晴らしいと思ってしまった人は、
    きっと「ひとりよがり」に毒されています。

    まず、
    今となっては一般の人にうけるとは思えません。

    なので、
    この映画を最後まで観ることが出来なかった人や、
    最後まで観てしまってことを後悔した人は、
    安心してください。

    あなたは正常な感覚を持った一般人です。

    しかし、
    これはおもしろいぞ。

    こんな作品、
    最近作られていないし。

    と、いうより日本に入ってきていないだけだろうけど。

    まぁ、
    若き日のお色気むんむんのジェーン・フォンダを観るだけでも十分得した気分になると思うので、
    是非、
    暇な週末には観て欲しいですね。

    傑作ですよ、
    このスペースオペラ「バーバレラ」は。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF スペースオペラ アクション ちょいエロ 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー