ハリー・ポッターと秘密の部屋 【2002年製作:映画】

    ホグワーツに行ってはいけないのは何故?

    魔法少年物語の二作目です。

    ハリー・ポッターと秘密の部屋

    シリーズ全体に言えることだけど、
    サブタイトルが実にファンタジーで良いよね。

    「秘密の部屋」ですよ「秘密の部屋」。

    どんな「秘密」があるんでしょうねぇ。

    えへへへ。

    さて、オールキャストほぼ前作のまんまです。

    そして、少年少女は成長しています。

    なんと言ってもハーマイオニーは、
    だんだん女性になってきました。

    今度は、新キャラクター?のトビーが登場。

    コレは、狙っているのか?

    まぁ、えぇ。

    今度は、仲間たちが次々と石化していくという事件が勃発。

    前作は、やはり一作目という事で、
    キャラクターの紹介的な部分が多くて物語もそれほど凄いって感じではなかったのですが、
    今回は、キャラクターがすでに立っているので、
    物語の内容に重点が置かれ、
    実にサスペンスな感じで楽しいです。

    なんか、魔法でなくても良いような気もしますが、
    と、いうか魔法が単なるおまけ的な存在になっていないか?

    それはそれで良いんだけどね。

    楽しいから。

    少し成長したハリーたちの冒険。

    本当の冒険は、ここから始まるって感じですかね。

    ハリー・ポッターと秘密の部屋」は、
    期待通りのおもしろさでした。

    それほど期待していなかったからかもしれないけど、、、。

    ホント、ファンタジーに弱いんだなぁ、
    とつくづく思いました。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 魔法 アクション 学園 動画 ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン

    ハリー・ポッターと賢者の石 【2001年製作:映画】

    魔法少年の物語。

    まずは一作目!

    ハリー・ポッターと賢者の石」です。

    未だに原作である小説は読んだことないです。

    まぁ、
    いつの日か文庫になれば読むと思うのですが、
    文庫になるのかなぁ。

    ならないだろうなぁ。

    さて映画です。

    ハリー・ポッターと賢者の石」です。

    伝説の魔法使いハリー・ポッターの初体験の物語。

    ここからハリー・ポッターの伝説が始まるのです。

    ホグワーツ魔法学校へ入学する事になったハリー・ポッター。

    虐げられた生活から解放されるというだけで、
    喜んでいるハリー・ポッターだったが、、、、。

    当たり前だが、
    実にファンタジーです。

    この辺のセンスは、
    やはり日本人では難しいのかなぁ、
    なんて思ってしまうほど素晴らしいですね。

    基本的にファンタジーは大好きなので、
    小説も映画も好んでみるのですが、
    楽しいと思えるものは、
    そんなにないんですよね。

    ただ魔法が出ているだけ、
    みたいな作品も数多くて、
    やっぱり世界観がしっかりしていないとね。

    で、現代と異世界が共存する魔法モノは、
    今までいまいちのモノが多かったのですが、
    ハリー・ポッターと賢者の石」は、
    良くできていました。

    小説とどう違うのかは知りませんが、
    映画はしっかりとエンターテインメントしているし、
    これは家族で楽しめる映画ですね。

    何しろとりあえずDVD買って観てしまったくらいですから。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 魔法 アクション 学園 動画 ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン

    バタフライ・エフェクト 【2004年製作:映画】

    カオス理論のネタですよ。

    地球の裏側で蝶が羽ばたいた結果何が起こるのか。

    バタフライ・エフェクト」ですよ。

    おもろかったです。

    記憶をなくしてしまう少年が、
    大人になって気がつく。

    「あの時こうしていれば・・・」

    そして、
    彼はタイムトラベルを体験する。

    それも、
    愛する女性のために。

    いやー、
    こう書くととってもサスペンスな映画のようですが、
    そんなことはないです。

    もうどんどん深みにはまっていきます。

    一つ出来事を変更すると、
    その影響で未来が変わる。

    しかし、変わった未来は、
    彼が望んだ未来ではない。

    そして、
    手を加え続けた結果、
    彼が最後にとった手段は、、、、。

    凄く良かったよ。

    ラストも良かった。

    で、後で調べて分かったんだけど、
    この監督&脚本は、
    エリック・ブレス、J・マッキー・グラバーだったのですね。

    デッドコースター」の原案を書いた人です。

    この「デッドコースター」も良いんだ。

    デッドコースター」を観たかったら、
    ファイナル・デスティネーション」とセットで観てね。

    そして、エイミー・スマートがいいね。

    ブスだったり、かわいかったり、
    実に良かった。

    彼女のメイクを観るだけでも楽しめるかなぁ。

    ただ、とってもハッピーな映画じゃないから、
    観る人によってはちょっと気分を害するかも。

    バタフライ・エフェクト」は、ちょっとオススメですよ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 恋愛 動画

    F1 2006 Round.7 モナコGP 決勝

    アロンソ、モントーヤ、クルサード。

    表彰台は、いつもと違うメンバーでした。

    ポールポジションからセーフティーカーが入るまでのライコネンとのバトルは、
    実に面白かった。

    ライコネンの後ろには、
    ウェバーがいて、
    こいつも本当に速いんだなぁ、
    と改めて思ってしまう走りでした。

    セーフティーカーがどいて、
    2週目か3週目だったのか、
    ライコネンのリタイヤで、
    一気にレースが単調になってしまった。

    後半、バリチェロが3位を走っていて、
    おぉぉ、と思ったんだけど、
    ピットスピード違反で、
    ペナルティ。

    ショボイ、しょぼすぎるよバリチェロ。

    シューマッハも上がどんどんつぶれて、
    最後は5位フィニッシュだし。

    さすがは、モナコマイスターって走りをみせてくれました。

    佐藤琢磨は、
    残念ながらリタイヤ。

    バトンは、
    予選から決勝まで、
    本当に生彩がないっていうのかな、
    なんか全然ダメダメって感じでしたね。

    次のイギリスGPは、
    母国だから頑張ってくれると思うけど、、、、。


    FORMULA 1™ Grand Prix de Monaco 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps__Time/Retired_Grid_Pts
    11Fernando AlonsoRenault781:43:43.116110
    24Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes78+14.5 secs48
    314David CoulthardRBR-Ferrari78+52.2 secs76
    411Rubens BarrichelloHonda78+53.3 secs55
    55Michael SchumacherFerrari78+53.8 secs224
    62Giancarlo FisichellaRenault78+62.0 secs93
    716Nick HeidfeldSauber-BMW77+1 Lap152
    87Ralf SchumacherToyota77+1 Lap101
    96Felipe MassaFerrari77+1 Lap21
    1020Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth77+1 Lap12
    1112Jenson ButtonHonda77+1 Lap13
    1219Christijan AlbersMF1-Toyota77+1 Lap16
    1321Scott SpeedSTR-Cosworth77+1 Lap18
    1417Jacques VilleneuveSauber-BMW77+1 Lap14
    1518Tiago MonteiroMF1-Toyota76+2 Laps17
    1623Franck MontagnySuper Aguri-Honda75+3 Laps20
    178Jarno TrulliToyota72Hydraulics6
    Ret15Christian KlienRBR-Ferrari56Transmission11
    Ret10Nico RosbergWilliams-Cosworth51Accident8
    Ret3Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes50Heat shield fire3
    Ret9Mark WebberWilliams-Cosworth48Exhaust2
    Ret22Takuma SatoSuper Aguri-Honda46Electrical19

    Fastest Lap: Michael Schumacher 1:15.143










    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2006 Round.7 モナコGP フリー走行&予選

    フェラーリ・シューマッハがポールポジション。

    だが、剥奪。

    ラストのストップは、故意だったとしての裁定。

    アレが、シューマッハでなければこの裁定はなかっただろうなぁ。

    まぁ、観ていても、
    えっ! って感じの止まり方だったもんなぁ。

    どうせならクラッシュしていればこんな事にもならなかっただろうに。

    まぁ、裁定が出たので、
    そうなんでしょう。

    そして、ホンダ・バトン。

    いかん、いかんぞ。

    何が悪かったんだ。

    予選くらいは、良い走りが出来ると思っていたのに。

    データの差か?

    去年走れていないからなぁ。

    何しろ最終セッションまで行けなかったからね。

    バリチェロはいけたのに。

    何があったんだ?

    それにしても予選の第一セッションは、
    本当にぐちゃぐちゃで楽しかったねぇ。

    ハラハラしたのは、
    第二セッションだけど。

    何しろバトンがねぇ。

    そして、相変わらず頑張っている佐藤琢磨。

    まぁ、相変わらずつらそうですねぇ。

    フランス人なのでモンターニが良く映っていたけど、
    つらそうだもんなぁ。

    まぁ、今のスーパーアグリは、完走が第一目的だからね。

    決勝は頑張って完走してほしいですね。


    FORMULA 1™ Grand Prix de Monaco 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team______Time/Retired__Gap_Laps
    11Fernando AlonsoRenault1:13.82319
    25Michael SchumacherFerrari1:14.0310.20820
    32Giancarlo FisichellaRenault1:14.0560.23320
    414David CoulthardRBR-Ferrari1:14.5500.72719
    510Nico RosbergWilliams-Cosworth1:14.6230.80017
    64Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes1:14.7850.96221
    79Mark WebberWilliams-Cosworth1:14.8040.98116
    86Felipe MassaFerrari1:14.8421.01924
    912Jenson ButtonHonda1:15.0201.19721
    103Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes1:15.1241.30117
    1111Rubens BarrichelloHonda1:15.2831.46020
    1215Christian KlienRBR-Ferrari1:15.4761.65319
    1316Nick HeidfeldSauber-BMW1:15.5911.76820
    1418Tiago MonteiroMF1-Toyota1:15.8091.98626
    1519Christijan AlbersMF1-Toyota1:16.0662.24326
    1620Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth1:16.1472.32427
    1721Scott SpeedSTR-Cosworth1:16.2012.37821
    1817Jacques VilleneuveSauber-BMW1:16.2852.46227
    198Jarno TrulliToyota1:16.4562.63324
    2022Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:17.1483.32524
    217Ralf SchumacherToyota1:17.8604.03721
    2223Franck MontagnySuper Aguri-Honda1:17.9344.11121


    FORMULA 1™ Grand Prix de Monaco 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team_________Q1______Q2______Q3___Laps
    11Fernando AlonsoRenault1:14.2321:13.6221:13.96225
    29Mark WebberWilliams-Cosworth1:14.3051:13.7281:14.08231
    33Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes1:13.8871:13.5321:14.14026
    44Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes1:14.4831:14.2951:14.66432
    511Rubens BarrichelloHonda1:14.7661:14.3121:15.80431
    68Jarno TrulliToyota1:14.8831:14.2111:15.85724
    714David CoulthardRBR-Ferrari1:15.0901:13.6871:16.42630
    810Nico RosbergWilliams-Cosworth1:14.8881:13.9091:16.63633
    92Giancarlo FisichellaRenault1:14.6141:13.6471:17.26026
    107Ralf SchumacherToyota1:14.4121:14.39814
    1115Christian KlienRBR-Ferrari1:14.4891:14.74712
    1220Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth1:15.3141:14.96920
    1312Jenson ButtonHonda1:15.0851:14.98217
    1417Jacques VilleneuveSauber-BMW1:15.3161:15.05216
    1516Nick HeidfeldSauber-BMW1:15.3241:15.13720
    1619Christijan AlbersMF1-Toyota1:15.5988
    1718Tiago MonteiroMF1-Toyota1:15.9938
    1821Scott SpeedSTR-Cosworth1:16.2367
    1922Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:17.2766
    2023Franck MontagnySuper Aguri-Honda1:17.5027
    216Felipe MassaFerrariNo time2
    225Michael SchumacherFerrariDeletedDeletedDeleted23











    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    スクービー・ドゥー2 モンスターパニック 【2004年製作:映画】

    元祖ゴーストバスターズ?の続編

    今度は、ミステリー社が犯人!

    スクービー・ドゥー2 モンスターパニック」です。

    今までのミステリー社の活躍を記念して作られた博物館。

    そこで事件が。

    歴代のモンスターとミステリー社の戦いが、、、、。

    今回の見所は、
    やっぱりスクービーですかね。

    まったく愛すべき犬です。

    そして、物語としては、
    まぁ、特筆すべき点はないです。

    前作もそうだったけど、
    このシリーズは、
    間違いなくキャラクターがいいから面白いのです。

    はちゃめちゃぶりも健在だし、
    観ていてハッピーになれるよね。

    こうなると、
    好き嫌いだけの話だね。

    一作目を観ていなくても大丈夫。

    歴代の、といっても一作目に出てくるモンスターではないので、
    こり作品から観ても十分楽しめます。

    昔、アニメを観ていた人なら楽しめること間違いなし。

    スクービー・ドゥー2 モンスターパニック」の続きはあるのかなぁ。

    あれば、たぶん間違いなくアチキは観るな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ホラー アクション 動画 サラ・ミシェル・ゲラー

    スクービー・ドゥー 【2002年製作:映画】

    元祖ゴーストバスターズ?

    アニメは、大好きでしたよ。

    テレビ東京で夕方にやっていてね。

    暇さえあれば観ていたなぁ。

    スクービー・ドゥー」です。

    映画「スクービー・ドゥー」は、
    もうアニメのまんまですよ。

    素晴らしい。

    こういう作品が出来るようになったのもCGのおかげですね。

    初っぱなで、
    仲間割れしたミステリー社の仲間たち。

    それぞれの道を歩き始めるが、
    ある島の謎を解くために招待される。

    そこで、
    またまた謎を解くはちゃめちゃな騒動が起きるのです。

    うんうん。

    いつものパターンだね。

    そうなんだよ。

    いつものパターンなんだよ。

    それがとっても重要なんだね。

    やっぱりファンは大切にしないと。

    ファミリーで楽しく観られる映画ですよ。

    コメディだしね。

    物語の内容よりも登場人物の活躍が楽しい映画なんですよ。

    4人と1匹の大活躍。

    何も考えずにハッピーになれる映画です。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ホラー アクション 動画 サラ・ミシェル・ゲラー

    スターラスター 【ファミコン版】

    「スターラスター」は傑作です。

    ファミコンで持っていた数少ないゲームです。

    ナムコのシューティングゲームです。

    そうなんですよ。

    実は、アチキはファミコンのゲームは、
    ほとんど持っていませんでした。

    貧乏だったのもあるけど、
    (それが一番の理由かもしれないけど)
    その頃は、
    ゲーム、イコール、ゲームセンターのゲームだったから。

    当然、ゲームセンターのゲームが、
    ファミコンに移植されていたりしたけど、
    画面を見て、
    あまりのしょぼさに、
    辟易したものだ。

    と、言うことで、
    本当にファミコンのソフトは、
    持っていなかった。

    今では、考えられないって感じだけど。

    数少ないけど、
    その中でも一番と言ってもいいほど、
    お気に入りだったのが、
    ナムコの「スターラスター」だった。

    スーパーファミコンを買った後でも、
    スターラスター」は、よく遊んだ。

    3Dシューティングと、いっても疑似ですが、
    かっこよかった。

    スターウォーズまんまの世界観と言っても良い、
    シューティングゲームだった。

    クリアするのは、大変だった。

    多分に運に左右されるところもあったから。

    しかし、
    クリアしなくても楽しかった。

    何度も遊べるホント優れたゲームだった。

    今でもグラフィックさえ気にしなければ、
    十分遊べる。

    まぁ、今は「スターイクシオン」という名前で、
    プレイステーションで遊べる。

    しかし、このリメイクは、
    当時の楽しさはリメイクできなかったようだ。

    面白いけどね。

    今でもたまに引っ張り出して遊ぶし。

    スターラスター」もプレイステーションの「ナムコアンソロジー Vol.1」に収録されています。

    どっちで遊んでもらっても良い。

    ゲームが好きなら一度は手にとって欲しいです。

    傑作ですぜ「スターラスター」は。








    関連記事

    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 宇宙 SF バンダイナムコ スペースオペラ 動画

    壬生義士伝 【映画】

    おもさげながんす。

    新撰組隊士、壬生の狼こと吉村貫一郎。

    一国一城の主ですよ。

    義に生きた男。

    吉村貫一郎。

    しかし、義だけでは家族を養うことが出来ない。

    家族のために金を稼ぐ。

    まさに、一国一城の主ですよ。

    映画「壬生義士伝」です。

    中井貴一です。

    浅田次郎原作の映画化と言うことですが、
    アチキは小説を読んだことがありません。

    でも、この映画を観た後は、
    ちょっと読んでみようかなぁ、と思いました。

    「南部盛岡、それは美しいところでござんす、南に遠く早池峰山、西は南昌山に東根山、北の御山は岩手山、姫神山、ぐるりを高い山々に囲まれて、こんたな絵に描いたような土地はこの日の本に二つとなござんす」

    感動的なのだろう。

    残念ながらアチキには、
    ピンとこなかった。

    たぶん映画として、
    尺が長くできなかったから、
    ちょっと淡泊に感じてしまったのだ。

    でも、とっても面白かった。

    たぶん、観る人が観れば涙を流すことだろう。

    吉村貫一郎。

    実は、アチキは吉村貫一郎なる人物の情報をほとんど持っていない。

    しかし、劇中の吉村貫一郎が作られたキャラクターでなかったとしたら、
    すごく特異な武士だったはずだ。

    元々新撰組は好きなので、
    ちょっと調べてみようかなぁ、
    なんて思ってしまった。

    「知りたくなる」ほど、
    この「壬生義士伝」は面白いと思うよ。

    まだ未見の人は、
    是非観て欲しいね。





    関連記事

    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : 時代劇 伝記 佐藤浩市 中谷美紀 加瀬亮 伊藤英明

    ちょっと前に元アルバイトの女性が結婚した。

    新婚旅行は、ハワイにラスベガスだったそうだ。

    アチキは、ハワイもラスベガスも行ったことがない。

    考えてみれば、
    海外へはうん年行っていない。

    この前行ったのは、
    チェジュ島だったし。

    それも仕事で、、、、。

    アメリカ本土に至っては、
    十ウン年行っていない。

    というか、
    アチキはチェジュ島を除けば、
    アメリカ本土にしか行ったことがない。

    ハワイとか、
    グアムとか、
    サイパンとか、
    定番に行ったことがない。

    一度くらいは行ってみたいと思うのだが、
    何故か行く機会がない。

    金がないというわけじゃないんだけど。

    時間がないというわけでもない。

    単にきっかけがないだけなんだね。

    前に海外に行ったときも、
    初めて行って、
    それから毎年のように三年間アメリカに行っていた。

    三回ともニューヨークだった。

    楽しい街だったなぁ。

    ロサンゼルスと、
    ワシントンにもちょっとだけ行ったけど、
    行ったって感じで、
    楽しんだって感じじゃなかったなぁ。

    特にワシントンは。

    今年は、
    うまく行けば、
    ハワイか西海岸には行けそうな感じです。

    あくまでも、感じだけど。

    それも、
    仕事で、、、、。

    仕事かぁ。

    遊びで行きたいなぁ。

    ふぅ。





    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    tag : 日常

    72パーセントのおいしさ

    チョコレート効果と言ってたって、、、。

    おいしくなくちゃね。

    アチキは、
    チョコレートが好きです。

    そして、ミルクチョコレートよりもビターが好きです。

    なので、最近流行っているカカオの配合率が書かれたチョコレートは、
    色々と買って食ったのよ。

    それもパーセントの高い順に。

    いやー、
    凄いね。

    そこら辺に売っているのは、
    82パーセントが一番高かったかな。

    いやー、マジで凄かった。

    注意書きが書いてあるくらいだから、
    それなりに凄いと思ったんだけど、
    こんなにも凄いとはね。

    もうチョコレートじゃないね。

    72パーセントが、
    チョコレートとして食べられるぎりぎりだったね。

    63パーセントなら
    おいしいビターテイストが味わえるかな。

    まぁ、なんにしても
    82パーセント以上は、
    食べ物じゃないね。

    ポリフェノールのお薬って感じです。

    たまんないないよね。




    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    tag : 日常

    プライマー 【2004年製作:映画】

    タイムパラドックスなんてなんのその。

    偶然発見された時間旅行の方法。

    プライマー」って映画なんですけど。

    サラリーマン研究者のグループが、
    一攫千金を夢見て、
    アフター5に集まって色々な発明品を作っては売っていた。

    でも、
    そんなに簡単に世紀の発明なんて出来るはずもなく、
    家内制手工業的な制作と、
    実入りの少ないパテントだけでやっていた。

    そんなとき、
    とある発明品の実験結果が、
    信じられないような結果を出してきた。

    実験装置の中だけ、
    時間の流れが違うと言うこと。

    そして、
    その研究をしていた二人は、
    時間の流れの法則を探り出し、
    ついには、
    タイムトラベラーへとなっていく。

    しかし、
    ここで一つの問題が。

    タイムパラドックス。

    もうここから先は、
    じっくり腰を据えてみていないと、
    全くちんぷんかんぷんになっていきます。

    アチキも危うく取り残されそうになりました。

    いやー、
    マジでこりゃなかなか骨のある映画でしたね。

    アチキも理解できたのか、
    半信半疑です。

    でも、
    おもろかったですよ。

    インディーズ映画なんでしょうね。

    すご~く、
    チープな画です。

    まぁ、
    ドキュメントとして狙って作っている部分もあるのでしょうが、
    意外に中途半端で、
    物語が複雑な分、
    ドキュメントらしさを出すための日常的なシーンがすごく少ない。

    特に後半は、
    物語の複雑さを手伝って、
    演出のまずさが見えていたりするもんなぁ。

    これは、
    観ている人にどこまで親切に作っていいのかわからん、
    って感じのものになっています。

    間違いなく、
    インディーズできゃ生まれない作品ですね。

    いやー、
    実に良いですよ。

    アチキは、
    DVD買って、
    あと二、三回観てみたいです。

    ちょっと、
    観るのにパワーいりますが、
    はまると抜けられなくなると思いますよ。

    ちょっと気軽に、
    って感じてはないので、
    万人にお勧めとは言いませんが、
    一見の価値はあると思います。

    是非、
    週末時間のあるときにゆっくりご覧ください。

    プライマー」ですよ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF タイムトラベル 動画

    おおきく振りかぶって 【マンガ】

    大きく振りかぶってぇぇ、、。

    投げましたっ!

    ボぉぉぉール。

    って言うことで「おおきく振りかぶって」の6巻です。

    相変わらず、
    タクティクスな野球マンガです。

    ここまで、
    配球や作戦を細かく描いた野球マンガって、
    あまりないような気がするなぁ。

    まぁ、すべての野球マンガを読んだことがある訳じゃないからね。
    なんともいえないんだけど。

    それにしても、
    今回は、試合中心の話なので、
    如実にタクティクスな部分が出ています。

    ピッチャーが抜群のコントロールの持ち主で、
    それこそ球一個分のコントロールが出来る設定だから、
    ここまで頭を使った野球の話が出来るんだろうなぁ。

    プロ野球とか見ていても、
    やっぱり配球とかの話がわかるようになると、
    より見ていて楽しめるようになるしね。

    野球って、
    ただ投げて、打ってだけのスポーツじゃないということが、
    わかると思うんだ。

    ちょっとでも野球に興味があったり、
    野球なんて、
    投げて、打っているだけのスポーツだと思っている人は、
    ちょっと手にとって読んでみてくださいよ。

    マンガなんで、
    キャラクターとかちょっと奇抜だったりするけど、
    それはそれでいいじゃありませんか。

    個性がないと、
    逆につまらないからね。

    テレビと一緒で、
    すこし大げさなくらいでちょうどいいんですよ。

    意外とはまるかもよ。


    ■eBookJapanでも「おおきく振りかぶって」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 野球 スポーツ 青春 高校生 友情

    ドミノ 【2005年製作:映画】

    賞金稼ぎはつらいお仕事です。

    女性がトラバーユするには、
    勇気いる職業だよなぁ。

    ドミノ」ですよ。

    ドミノがゲームだというのを知っている人は、
    どのくらいいるのだろう。

    もとい。

    ドミノのゲームのルールを知っているのはどのくらいいるのだろう。

    ちなみにアチキは、
    遊んだことないです。

    で、「ドミノ」です。

    実在した女性賞金稼ぎドミノ・ハーヴェイの物語。

    映画公開前に急死してしまったそうです。

    エンディングテロップのところでちょっと出ているのが、
    ドミノ・ハーヴェイだと思うのですが、
    とてもキレイで知的な感じの女性でした。

    なので、
    キーラ・ナイトレイとは、
    ちょっとイメージが違う感じだなぁ。

    で、中身の話ですが、
    う~ん、トニー・スコット監督は、
    どうしちゃったんでしょうね。

    ちょっと演出懲りすぎじゃないのかなぁ。

    もつと普通で良かったような気がするんだけど。

    物語は、結構スリリングでとっても良かったのに。

    過剰とも思える演出で、
    ちょっと落ち着かなかったよ。

    ミッキー・ロークは、
    思ったよりも良かった。

    物語自体が、
    実話を元にしているのかどうかは分かりませんが、
    ホント楽しかったです。

    しかし、なんであんな演出にしたんだろうなぁ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 賞金稼ぎ 犯罪 アクション 動画 キーラ・ナイトレイ トニー・スコット ルーシー・リュー

    ルパン 【2004年制作:映画】

    三代目ではないです。

    おじいちゃんのお話です。

    ルパン」ですよ。

    ルパン生誕100周年で作られた、フランス映画です。

    アルセーヌ・ルパン。

    本場のフランス作品。

    いやー、期待しちゃいましたよ。

    原作のエッセンスを取り入れたオリジナル作品です。

    まぁ、ルパンですからね。

    ルパンが出ていれば何でもOKなわけですよ。

    キーワード的には、日本でも十分興味を引かれると思うんだよね。

    カリオストロ伯爵夫人」「クラリス」と。

    間違いなく私もですが、日本人はアルセーヌ・ルパンよりもルパン三世でからね。

    で、「ルパン」ですが、
    大怪盗になったルパンの物語ではありません。

    若き日のアルセーヌ・ルパンの物語です。

    カリオストロ伯爵夫人の妖艶さがいいですなぁ。

    謎の伯爵夫人。

    そして、アルセーヌ・ルパンの父親の存在。

    ルパン帝国の基礎が形作られる物語。

    いやー、良いですわ。

    豪華絢爛。

    映画を観た後、
    また小説を読み直そうかなぁ、
    なんて思ってしまいましたわ。

    ルパン」ちょっとDVD欲しくなってしまいました。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 泥棒 犯罪 アクション 動画 エヴァ・グリーン

    イントゥ・ザ・ブルー 【2005年製作:映画】

    ジェシカ・アルバ見たさに観ちゃいました。

    イントゥ・ザ・ブルー」ですよ。

    ジェシカ・アルパは、
    実にキュートですなぁ。

    いやー、
    まじめに物語は期待していなかったんだよね。

    海の財宝を求めて、
    そこで事件が起きて、
    ちゃんちゃん。

    いやー、
    よくこの手のB級映画を観るんですけど、
    間違いなく愛がないと観られないのが、
    多いんだよねぇ。

    で、
    イントゥ・ザ・ブルー」ですが、
    物語は、
    本当に今までどこかで観たことがあるような感じですが、
    何が良かったんだがよくわからんのですが、
    おもしろかった。

    ホント、
    ジェシカ・アルパもこんなB級の作品に出るようになってしまったのかぁ、
    なんて思っていたのに。

    展開が良かったのかなぁ。

    とっても面白いとは、
    言えないけどジェシカ・アルパが好きでなくても観て大丈夫な作品ですね。

    最後のハッピーエンドは、
    お約束ですが、
    そのお約束がとっても良い感じですよ。

    ジェシカ・アルパのファンなら間違いなく楽しめるでしょうね。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 海洋 アクション 犯罪 ちょいエロ 動画 ジェシカ・アルバ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー