のだめカンタービレ 15巻 【マンガ】

    グミ・ノダメです。

    「のだめカンタービレ」15巻です。

    初ののだめリサイタル!

    今巻の「のだめカンタービレ」15巻は、
    モーツァルトがネタになっています。

    そーいえば、
    モーツァルトウン周年でしたなぁ。

    しっかり忘れています。

    しかし、ノダメにかかれば、
    仮装もただのコスプレ。

    まぁ、確かにそうなんだけどね。

    そして、のだめ殺人料理。

    いるんだよねぇ、実際。

    腹壊すまでは行かなくとも、
    間違っても人の食い物とは言えないモノを、
    普通に作って食べれる人が。

    マンガだけではありませんよ。

    そんなことも、
    読みながらついつい思い出して、
    笑ってしまう「のだめカンタービレ」です。

    それにしても、
    相変わらず音楽音痴なアチキは、
    モーツァルトの曲名が書かれていても、
    まったく曲のメロディーを思い出せません。

    間違いなく、
    聴いたことがある曲だと思うんだけどね。

    また、
    CDをチェックしちゃうんだろうなぁ。

    のだめカンタービレ」を読んでからクラシックを聴く機会が増えたよなぁ。

    そう考えるとやはり凄いマンガだよね。

    のだめカンタービレ」は。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : のだめカンタービレ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 二ノ宮知子 日常 音楽 コメディ

    鉄腕バーディー 12巻 【マンガ:ヤングサンデー版】

    今度は、バーディーの子供時代の話だよ。

    ありがちだけど、一度過去に戻るのね。

    流れとしては、
    とっても自然な感じで過去の話になっています。

    これまで、
    謎であったいくつかの部分が解き明かされていきます。

    アチキ的には、
    ちと余計だったかなぁ、
    って気がします。

    せっかく、
    本編?が面白くなってきたのに、
    ちょっと水を差す展開になってしまいました。

    だからといって、
    子供時代の話がつまらないかというと、
    そうでもなくて、
    結構面白かったりするのですよ。

    連載を読んでいないので、
    この後の展開が気になりますが、
    決して、いい話で終わりそうもないですなぁ。

    いわゆる、
    トラウマ的な過去なんだろうなぁ、
    と想像するわけです。

    そーでなければいいなぁ、
    と思っていますが。

    やっぱり、
    ハッピーに楽しい物語の方が読んでいて楽しいからなぁ。

    とりあえず「鉄腕バーディー」は、
    まだまだ続きそうですなぁ。


    ■eBookJapanでも「鉄腕バーディー」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF エイリアン 犯罪 アクション ゆうきまさみ

    愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II ガルマ編

    ガルマ死す!

    やはり愛蔵版ですなぁ。

    通常のコミックもいいんだけどね。

    愛蔵版は、やはりカラーページがしっかりしているからいい。

    ちと厚くて重くて読みにくいけどね。

    で、愛蔵版2巻は「ガルマ編」です。

    基本的にTVシリーズの良いところは、
    しっかりイカされています。

    エピソードとか、
    名台詞とか。

    そして「ガルマ編」は、
    当然、ガルマが死ぬところまでです。

    アムロの母親とのエピソードも、
    アチキの好きなセントアンジェへ向かう親子のエピソードとか、
    そして、マチルダさんとの出会い。

    いい話が多いんだよねぇ。

    その一つ一つを丁寧に描いているのですよ。

    マンガは、尺の問題がないからきっちりと語れるしね。

    愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II ガルマ編」実に良いです。

    まぁ、「THE ORIGIN」自体がすでに名作ですからねぇ。

    完結していないのに、
    まだ連載中なのに名作確定です。

    よっぽどのことがない限り物語が大きく変わることはないのだから、
    結末は見えているわけですよ。

    後は、いかに中身が今風になっていて、
    丁寧に描き込まれるかと言うことだけですからね。

    実によいです。

    愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II ガルマ編」の前に、
    当然「愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 始動編」を買って読んでね。





    関連記事

    テーマ : 機動戦士ガンダム
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 戦争 ミリタリー 安彦良和

    愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 始動編

    愛蔵版ですよ。

    ガンダムエース」という雑誌で連載されている漫画です。

    THE ORIGIN」です。

    アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインをしていた
    安彦良和氏がマンガを描いています。

    機動戦士ガンダム」のオリジナルストーリーとしてスタートした
    THE ORIGIN」です。

    素晴らしい。

    ガンダムエース」は、気がつけば月刊化。

    しかし、これとて「THE ORIGIN」あってのこと。

    いやー、実に面白いです。

    愛蔵版は、
    カラーページがそのまんま載っています。

    その代わり分厚いです。

    読むのにちと苦労します。

    始動編」は、
    ガンダムがサイド7から脱出後、
    大気圏に突入するまでが描かれています。

    TVアニメ、劇場アニメ、そして小説とも違ったマンガオリジナルの物語です。

    もうベスト・オブ・ガンダムって感じです。

    今、連載はルウム編です。

    それが終わるとオデッサ編になるそうです。

    一体いつ終わるのですかねぇ。

    安彦氏が生きている間に、
    THE ORIGIN」を是非アニメにして欲しいです。

    声優の方々もそろそろやぱいですし。

    セイラさんは、、、、合掌。

    機動戦士ガンダム」のファンならほとんどの方が読んでいると思うので、
    「ガンダム」は知っているけど、、、
    と言う人に是非読んで欲しいです。

    とっても良くできています。

    ちょーオススメです。





    関連記事

    テーマ : 機動戦士ガンダム
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 戦争 ミリタリー 安彦良和

    魔獣狩り 【マンガ:ヤングチャンピオン版】

    「魔獣狩り」の漫画です。

    こんなもんだっけ?

    なんか、小説はもっと面白かったような・・・

    と、言うことで「魔獣狩り」です。

    夢枕獏の出世作と言っても良いのではないでしょうか。

    幻獣少年キマイラ」というのもありますが、
    一般認知度で言うと、
    やはり「魔獣狩り」でしょうねぇ。

    サイコダイバーシリーズですよ。

    九門鳳介ですよ。

    いやー、小説は面白かったなぁ。

    だから、
    漫画も面白いんではないかと思ったわけですよ。

    物語もほとんど忘れていたし、
    気軽に読めると言うことで読んでみたわけですが、、、。

    こんなもんだったけかなぁ。

    おもしろくない、
    とは言わないけど、
    なんか、物足りないのですよ。

    画がうまくないからかなぁ。

    とか。

    もしかして、
    ものがたりがちょっち違うのかなぁ、

    とか。

    思ったりしたわけですが、う~ん。

    と、一つ思ったことが、
    あったわけです。

    空海」ですね。

    空海」のミイラにサイコダイブするのが面白かったわけではなく、
    空海」のネタが面白かったのですよ。

    それが、
    マンガだとほとんど説明されていない。

    仕方ないとはいえ、
    一番面白い部分だったのに。

    残念です。

    原作:夢枕獏
    画:青木雅彦

    魔獣狩り

    やっぱりオススメは、小説ですね。

    しかし、
    小説を読むのが面倒な方には、
    マンガでよろしいかと。

    突っ込んだおもしろさはありませんが、
    物語自体のおもしろさは健在です。

    画の好みは出そうですが。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション 伝奇 ちょいエロ 夢枕獏

    F1 2006 Round.9 カナダGP 決勝

    ポール・トゥ・ウィンで4連勝!

    これで決まってしまうのかなぁ。

    ルノー・アロンソが、4連勝ですよ。
    強いねぇ~。

    序盤からきっちりとレースペースを作っての優勝。

    序盤、終盤とセーフティーカーが入ったけど、
    ホンダ・バトンじゃないので、
    何の心配もない。

    アロンソのスピードについていけてたのは、
    ライコネンのみ。

    そのライコネンも終盤、
    手痛いミスで2位から3位へ。

    2位には、後半の追い上げが見事だったシューマッハ。
    さすがシューマッハという走りでした。

    レース展開は、
    比較的順当で、
    ウォールにぶつけるマシンもそれほど多くなく、
    思ったよりも波乱はなかったなぁ、という印象。

    完走扱いにはなったけど、
    佐藤琢磨もウォールにヒットしてリタイヤ。

    いつもと違ったのは、
    コースラインからはずれたダストで、
    結構、マシンを流されていたのが多かったことくらい。

    それにしても不甲斐ないのは、
    ホンダだよねぇ。

    チーム体制もここに来て変更してくるしさ。

    もう今年は、
    ある意味あきらめたんだろうなぁ。

    当然、毎回ベストは尽くしていくと思うけど、
    もう来年以降のことを考えているんだね。

    それも、現状がダメでの話だからなぁ。

    きついなぁ。

    まだチームが一つになっていないというのが、
    はっきりとわかる発表だったもんなぁ。

    なんか、
    ホンダに関しては、
    いい話が全く聞こえてこないよ。

    シーズンはじめの頃が、
    なんかすご~く昔のことのようだ。

    去年よりもひどい年は、
    そうないだろうと思っていたけど、
    今年も去年並にひどい。

    ホンダのことだから、
    このままで満足するはずもなく、
    色々と手はうってくると思うけど、
    どうもちぐはぐなんだよねぇ。

    次回は、
    アメリカだし、
    少しくらいいいところを見せてほしいですよ。


    FORMULA 1™ Grand Prix du Canada 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Fernando AlonsoRenault701:34:37.308110
    25Michael SchumacherFerrari70+2.1 secs58
    33Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes70+8.8 secs36
    42Giancarlo FisichellaRenault70+15.6 secs25
    56Felipe MassaFerrari70+25.1 secs104
    68Jarno TrulliToyota69+1 Lap43
    716Nick HeidfeldSauber-BMW69+1 Lap132
    814David CoulthardRBR-Ferrari69+1 Lap221
    912Jenson ButtonHonda69+1 Lap8
    1021Scott SpeedSTR-Cosworth69+1 Lap17
    1115Christian KlienRBR-Ferrari69+1 Lap12
    129Mark WebberWilliams-Cosworth69+1 Lap16
    1320Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth68+2 Laps15
    1418Tiago MonteiroMF1-Toyota66+4 Laps18
    1522Takuma SatoSuper Aguri-Honda64Accident20
    Ret17Jacques VilleneuveSauber-BMW58Accident11
    Ret7Ralf SchumacherToyota58Retired14
    Ret4Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes13Accident7
    Ret11Rubens BarrichelloHonda11Mechanical9
    Ret23Franck MontagnySuper Aguri-Honda2Engine21
    Ret10Nico RosbergWilliams-Cosworth1Accident6
    Ret19Christijan AlbersMF1-Toyota0Accident19

    Fastest Lap: Kimi Räikkönen 1:15.841










    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2006 Round.9 カナダGP フリー走行&予選

    ルノー強し。

    強いと言うよりも隙がないって感じです。

    カナダGPはアロンソにとって鬼門で、
    過去勝ったことがない。

    さて、今年はどうなる事やら。

    と思ってみていたのですが、
    予選は、やはり順当にポールを取ってしまいました。

    凄いねぇ。

    フィジケラも後に続いて、
    ルノーのマシンパッケージの優秀さが際だってしまった予選でしたね。

    それに引き替え、
    ホンダは、、、、。

    最終セッションまで良く残れたなぁ、
    って感じです。

    なんか、さ、
    遅いんだよ。

    何がダメって言うより、
    遅いなぁ、と思ってしまうのです。

    去年の方が良かったよね。

    そして、このカナダGPからリアウイングにセンターフラップが義務づけられました。

    これは、
    フェラーリの疑惑のリアウイングを規制するためです。

    スピードを上げて風圧によってウイングがたわみ、
    抵抗を減らしてトップスピードを稼ぐ方法を規制するためです。

    頑張りましたねぇ、フェラーリは。

    この規制のせいで遅くなってしまったら、
    ほらやっぱり、なんて言われてしまいますからね。

    頑張りましたよ。

    シューマッハは5位です。

    しかし、マッサは10位ですからね。

    こりゃぁ、まじめに来年マッサはフェラーリにいないかもなぁ。

    さて、我らがスーパーアグリの2台ですが、
    相変わらず我慢の走りです。

    ホント、みていてかわいそうになってくる。

    まぁ、カナダを含めて後2戦の辛抱です。

    フランスGPには、新車が間に合うことでしょう。

    それで、劇的にはやくなるとは思いませんが、
    とりあえず普通に走れるようにはなるでしょうね。

    がんばれー!

    FORMULA 1™ Grand Prix du Canada 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team______Time/Retired__Gap_Laps
    11Fernando AlonsoRenault1:15.45520
    22Giancarlo FisichellaRenault1:15.5210.06619
    317Jacques VilleneuveSauber-BMW1:15.5540.09913
    416Nick HeidfeldSauber-BMW1:15.6160.16112
    53Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes1:15.9020.44712
    65Michael SchumacherFerrari1:15.9590.50413
    74Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes1:15.9750.52012
    811Rubens BarrichelloHonda1:16.3340.87917
    96Felipe MassaFerrari1:16.3480.89318
    1021Scott SpeedSTR-Cosworth1:16.4931.03818
    1115Christian KlienRBR-Ferrari1:16.6601.20517
    1212Jenson ButtonHonda1:16.6731.21815
    139Mark WebberWilliams-Cosworth1:16.7101.25513
    1414David CoulthardRBR-Ferrari1:16.7651.31011
    1510Nico RosbergWilliams-Cosworth1:16.8291.37419
    1620Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth1:16.9281.47319
    178Jarno TrulliToyota1:17.5032.04824
    1818Tiago MonteiroMF1-Toyota1:17.7472.29218
    197Ralf SchumacherToyota1:18.2122.75718
    2022Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:18.9263.47118
    2123Franck MontagnySuper Aguri-Honda1:19.1603.70519
    2219Christijan AlbersMF1-Toyota1:19.5314.07616


    FORMULA 1™ Grand Prix du Canada 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team_________Q1______Q2______Q3___Laps
    11Fernando AlonsoRenault1:15.3501:14.7261:14.94223
    22Giancarlo FisichellaRenault1:15.9171:15.2951:15.17822
    33Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes1:15.3761:15.2731:15.38630
    48Jarno TrulliToyota1:16.4551:15.5061:15.96829
    55Michael SchumacherFerrari1:15.7161:15.1391:15.98624
    610Nico RosbergWilliams-Cosworth1:16.4041:15.2691:16.01228
    74Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes1:16.2511:15.2531:16.22826
    812Jenson ButtonHonda1:16.5941:15.8141:16.60830
    911Rubens BarrichelloHonda1:16.7351:15.6011:16.91231
    106Felipe MassaFerrari1:16.2591:15.5551:17.20924
    1117Jacques VilleneuveSauber-BMW1:16.4931:15.83210
    1215Christian KlienRBR-Ferrari1:16.5851:15.83312
    1316Nick HeidfeldSauber-BMW1:15.9061:15.88511
    147Ralf SchumacherToyota1:16.7021:15.88812
    1520Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth1:16.5811:16.11616
    1614David CoulthardRBR-Ferrari1:16.5141:16.30111
    179Mark WebberWilliams-Cosworth1:16.9857
    1821Scott SpeedSTR-Cosworth1:17.0167
    1918Tiago MonteiroMF1-Toyota1:17.1218
    2019Christijan AlbersMF1-Toyota1:17.1407
    2122Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:19.0886
    2223Franck MontagnySuper Aguri-Honda1:19.1527










    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    クロスゲーム 4巻 【マンガ】

    と、言うことで「クロスゲーム」4巻です。

    やっと、野球漫画らしくなってきました。

    やっぱりヒーローモノって好きなんだなぁ、
    とつくづく思いましたね。

    凄いピッチャー、
    凄いバッター、
    いいよねぇ。

    強くなって、
    強敵と戦い、
    そして、
    最後は勝つ。

    このパターンは何度読んでも面白い。

    光と青葉の関係も少しずつ進展してきたし。

    盛り上がってきましたねぇ。

    連載も読んでいるので、
    この先の展開も知ってはいるのですが、
    何しろあだち充氏は、
    とっても物語の進行が遅い。

    そのくせ、
    すぐに時間をすっ飛ばす。

    テンポがいいんだか、
    悪いんだか、、、。

    最近は、あだち充氏の漫画が映画になっていたりするので、
    注目率は高いから、
    まだ未読の人は、
    適当に作品を選んで読んでみてはいかがでしょう。

    とってもライトなラブコメですから、
    読むの疲れないしね。

    良いと思いますよ。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : あだち充 高校生 野球 学園 日常 青春 恋愛 ハートフル コメディ スポーツ

    ロッキー5 最後のドラマ

    引退したボクサーの運命は・・・

    なんか哀れに感じるのは、シルベスター・スタローンのせいかなぁ。

    ロッキー5 最後のドラマ」です。

    ロッキー」シリーズのファンのほとんどの人が思ったはず。

    もういいんじゃないの。

    ってね。

    今度のロッキーは、
    トレーナーです。

    自分のジムを持っていて、
    若いボクサーを育てています。

    そして、
    有望な白人ボクサー「ガン」を育てるのですが、
    悪徳プロモーターに欺されて?ロッキーを裏切って、
    移籍します。

    そして、
    遂に師弟対決。

    う~ん。

    もういいだろう。

    ってやっぱり思ってしまうなぁ。

    どうせだったら、
    まだ現役で戦っていてくれた方が良かったよ。

    そして、
    負けてスッキリの方が良かったんじゃないのかなぁ。

    きついねぇ。

    予想はしていたけど、
    観てしまうんだよねぇ。

    シリーズものだしねぇ。

    基本的に「ロッキー」好きなんだよなぁ。

    ロッキー5 最後のドラマ」は、、、、。

    まぁ、シリーズの一つですよ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スポーツ ボクシング 動画 シルベスター・スタローン

    ロッキー4 炎の友情

    ブリジット・ニールセンの方が強そうなんだけど。

    ソ連VSアメリカです。

    シリーズ最強と言われているドラゴ登場。

    でも、
    やっぱりブリジット・ニールセンの方が強そう。

    意外に人気あるんだよね、
    ロッキー4 炎の友情」は。

    アチキは、
    あまり好きじゃないんだ。

    すごい期待していたせいもあるけど、
    ドラマが無いんだよね。

    劇場まで観に行ったのに。

    ライバルであり、
    親友でもあるアポロがドラゴに殺され、
    復讐を誓うロッキーって物語なんだけどさ。

    今までのロッキーシリーズは、
    キチンと起承転結があったのさ。

    しかし、
    ロッキー4 炎の友情」は、
    起転結になっているんだよね。

    予告編では、
    ロッキーとかみさんが言い争っているシーンとか、
    記者たちに奥さんが詰め寄られているのとかがあったのに、
    (たぶんね。記憶違いじゃなかったら)
    本編では、
    ほとんど何事もなかったように、
    ロッキーソ連へ、
    って感じなんだもの。

    その辺は、
    しっかりドラマになると思ったのになぁ。

    残念だよ。

    だから、
    今までのシリーズよりも
    すごく淡泊に感じるんだよね。

    ひとりストイックにトレーニングしているシーンに
    感動を覚えている人もいたりするけど、、、、。

    まぁ、
    なんにしろ「ロッキー」シリーズは、
    三作までしかアチキは持っていないんだよね。

    お金に余裕があったら4以降をかっても良いかな、
    なんて思ってしまう程度の作品です。

    まだ「ロッキー4 炎の友情」は、
    観られるかな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スポーツ ボクシング 動画 シルベスター・スタローン

    ロッキー3

    お前は虎だ~!

    虎になるんだ~!

    タイガーマスク」ではないです。

    ロッキー3」です。

    最高です。

    一番好きです。

    ミッキーの死を乗り越えて、
    最高の敵との戦い。

    実に盛り上がる。

    前作までのライバルであるアポロが、
    ミッキーの代わりのトレーナーとなり、
    野生の血を呼び覚まさせる。

    実に感動的だ。

    主題歌も良かったしね。

    なんと言っても栄光と挫折からの復活ストーリーがいい。

    ボクシングの試合シーンも前作までよりも良くなったし。

    まさに「ロッキー」シリーズの集大成って感じてすよ。

    ロッキー」も三部作で完結していれば良かったのになぁ。

    ホント、もったいない。

    何度観ても楽しめるエンタテインメントだよね。

    元気がないときは、
    ロッキー3」を観て元気なって欲しいです。

    前二作を観ていなくても楽しめるけど、
    より感動を味わいたかったら1作目から観ることをオススメします。

    ロッキー3」サイコー!










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スポーツ ボクシング 動画 シルベスター・スタローン

    ロッキー2

    二度と戦わないと言ったのに。

    嘘つきぃぃぃぃぃぃ。

    ロッキー2」です。

    前作で、
    ボロボロにされて、
    もう二度とロッキーとは戦わないと言ったアポロですが、
    再戦することに。

    今度は、
    ロッキーも勝つつもりで体を鍛えます。

    やっぱり「ロッキー」って、
    マッスルな映画なんだなぁ。

    ストイックに鍛えて、
    音楽にのって、
    勝利をつかむ。

    ただそれだけなんだなぁ。

    しかし、それがまたいいんだなぁ。

    試合シーンは、
    少ないんだよね。

    やっぱり人間ドラマ中心な訳ですよ。

    そこが、実にいいんだ。

    こんなにいい脚本書いていたんだなぁ。

    ロッキー2」を気に入っている人って、
    結構多いんだよね。

    アチキは、二番目に好きかな。

    一番はね、
    ロッキー3」です。

    あれは、傑作だ。

    次回のネタだし、
    あまり詳しく書きたくないです。

    なので、
    ロッキー3」で感動の頂点に立つためにも、
    ロッキー」「ロッキー2」と観てほしいです。

    絶対途中から観ないでほしい。

    と、いってもアチキは、
    ロッキー2」を一番最初に観たんだよなぁ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スポーツ ボクシング 恋愛 動画 シルベスター・スタローン

    ロッキー 【映画】

    燃える男の元祖!

    エイドリア~~~~~~~~~ン!

    「イタリアの種馬」です。

    「ロッキー」です。

    第一作目です。

    結構、淡々としているんだよね。

    特に前半ね。

    アポロに対戦相手として選ばれてからが俄然楽しくなる。

    ストイックに自らの肉体を鍛えていくロッキー・バルボア。

    みんな、ロッキーのテーマを聞くと体がむずむずしてくるはず。

    そして、階段を駆け上って両手を高々と上げたはず。

    いいよねぇ~。

    燃えるよなぁ。

    あのスタミナドリンクを試した奴って世の中にどのくらいいるんだろ。

    ちなみにアチキは、
    試していません。

    精肉工場の肉をサンドバックにしても怒られないなんて、
    日本じゃ考えられないよねぇ。

    なんにしても一作目は、
    物語の良さもそうだけど、
    音楽だね。

    あのテーマ曲があってはじめて、
    「ロッキー」が傑作になったんだよ。

    だって、
    エイドリアンは、
    アチキの趣味じゃないしさ。

    やっぱりアメリカンドリームだけじゃ、
    ここまでヒットしないよ。

    一度聞いたら忘れられない、
    名曲だもんねぇ。

    いいよねぇ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スポーツ ボクシング 青春 恋愛 動画 シルベスター・スタローン

    バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3 【1990年製作:映画】

    ついに100年前の西部時代へ。

    西部劇が作りたかったんだろうなぁ。

    バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」です。

    前作で行方不明?になったドクから手紙が届き、
    西部開拓時代にいることが判明。

    そう。

    今度の主役はドクなんだよね。

    ドクのロマンスもありぃの、
    ウエスタンありぃの、
    って感じ。

    一番の見所は、
    科学文明のない時代で、
    いかに未来の現代に帰るのか。

    なかなか楽しめる話ですよ。

    今までとは全くと言っていいほど、
    トーンが変わっています。

    根幹は変わっていないんだけどね。

    特撮ばりばりの画面じゃないから、
    空飛ぶデロリアンを期待していると、
    ちょっとって感じですかね。

    ホント、
    基本西部劇映画ですし。

    コミカルウエスタンって感じですか。

    ちょっとドクのロマンスは、
    どうなの?
    って気もするけど、
    あのラストを観ると、
    これでいいかも、
    って思えます。

    アチキは、
    とっても好きなんですよ。

    特にラストのさわやかな感じが、
    とってもいい。

    こんなにハッピーに終わる映画もなかなかないよ。

    きっちり三作で完結しているしね。

    これは是非観てほしい映画ですよ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF タイムトラベル スティーヴン・スピルバーグ マイケル・J・フォックス ロバート・ゼメキス リー・トンプソン 動画

    バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 【1989年製作:映画】

    今度は30年後の未来へ。

    世の中、
    自分の思い通りにはいかないね。

    バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」です。

    相変わらずいいねぇ。

    今回は、
    三部作として、
    はじめから考えられているから、
    終わり方が中途半端な感じになっています。

    が、それはそれでいいと思うのですよ。

    30年後の未来の事件は、
    一応、
    解決しているわけだし。

    ただ、
    終わり間近になって、
    新たな問題が発生したと言うことで。

    そして、
    終わり方がまたいいんだよね。

    第一作目の30年前の過去から脱出した日に戻って来るという。

    実に、いい感じです。

    うまい具合にネタを使っているよなぁ。

    この辺の一見遊びのような感覚が実にすばらしい映画ですよ。

    最初に出てくる中途半端な未来世界もいい感じだし。

    なんていうの、
    コミック感覚とでも言うのかな。

    とっても楽しいよね。

    アチキの好きな「マックスヘッドルーム」のパロディーなんかもあったりしてさ。

    80年代がオールディーズになっている部分も楽しいしね。

    何度観ても楽しめる映画ですよ。

    こういうハッピーな映画は、
    いいよね。

    純粋に楽しめるじゃないですか。

    残念なのは一作目からキチッと観ていないとダメだと言うことだね。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF タイムトラベル 動画 スティーヴン・スピルバーグ マイケル・J・フォックス ロバート・ゼメキス リー・トンプソン

    バック・トゥ・ザ・フューチャー 【1985年製作:映画】

    30年前の過去へ。

    そこで見つけたのは、

    勇気を持って物事を成し遂げること。

    いい話だねぇ。

    バック・トゥ・ザ・フューチャー」ですよ。

    傑作だね。

    スティーヴン・スピルバーグ制作。

    ロバート・ゼメキス監督。

    そして、マイケル・J・フォックスを日本で一躍有名にした映画。

    バック・トゥ・ザ・フューチャー」ですよ。

    デロリアンを改造したタイムマシンに乗って、
    三十年前の過去へ行ってしまったマーティ。

    燃料が無くなって、
    自分のいた未来の世界に帰れなくなって、
    タイムマシンを発明したドクの元へ助けを求めに行く。

    そして、、、、。

    なんと言ってもこの映画の良いところは、
    三十年前」という設定。

    主人公の両親を含めた周りの人たちが、
    若かりし頃の世界。

    とっても近い過去の話を取り上げていること。

    それまでのタイムマシンもののネタは、
    とっても遠い未来とか過去の作品がほとんどだった。

    それは、
    タイムパラドックスのネタを消化するのが難しかったから。

    しかし、
    この映画は、
    そのタイムパラドックスそのものをネタにしているところが凄い。

    当然、
    映画が当たらなければ、
    続編はないわけで、
    とりあえずこの作品は、
    一作で終わる。

    しかし、
    元々のネタは、
    次回作以降の分まであったはず。

    で、なければこんなにキレイに三部作が作れないし、
    三十年という設定が生きてこない。

    実に素晴らしい。

    名作だね。

    ホント、80年代の映画は素晴らしいねぇ。

    アチキの青春だったからねぇ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF タイムトラベル スティーヴン・スピルバーグ マイケル・J・フォックス ロバート・ゼメキス リー・トンプソン 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー