今日はビーチで撮影

    の予定だったんですけど、、、、

    雨だよ、雨。

    とほほ。

    モデル撮影日で、
    青い空の下、
    水着のお姉ちゃんが、、、、。

    中止。

    よって、
    せっかく来たので、
    金払っているし、
    何もせずに帰すわけにはいかないので、
    衣装合わせ。

    あぁ、せっかく東京で組み立てたスケジュールが、
    全部変更。

    頭悩ますなぁ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    tag : 日常

    今日からまた沖縄です。

    沖縄の空って、こんなにもどんよりとしていたのかぁ。

    天気悪いです。

    明日から撮影本番だというのに。

    こんなんで、
    青い空、青い海の写真が撮れるのかなぁ。

    ちょー不安。

    高い金出して来ているんだからさぁ。

    誰だよ、
    雨男は。。。。

    あぁ、せっかくの沖縄なのに、、、。





    関連記事

    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    tag : 日常

    ダイナミックヒーローズ 【マンガ】

    「ダイナミックヒーローズ」こんな事が出来るのは、
    永井豪先生の作品だけですよ!

    ダイナミックヒーローズ」は、
    サイコーにハッピーな作品です。

    フルカラーの漫画です。

    永井豪作品といっても基本はアニメ作品が中心です。

    「マジンガーZ」
    「グレートマジンガー」
    「UFOロボグレンダイザー」
    「キューティーハニー」
    「ゲッターロボ」
    「デビルマン」
    が、
    同じ時代に存在して活躍する漫画。

    今でこそ、このようなお祭り作品は珍しくなくなってきましたが、
    このような他の作品同士のヒーローが一つの作品に登場するのは、
    永井豪先生の作品「マジンガーZ対デビルマン」が初めてでしょう。

    同じ作家の作品とはいえ、
    違うTV局で放映されていた作品が一つになることの難しさは、
    仕事柄よ~くわかる。

    そんな、人の苦労など関係なく、
    いやいやサイコーにハッピーな漫画ですたい。

    こんなハチャメチャな事が、
    すんなりと許容できるのは、
    やはり永井豪作品の懐の深さなのでしょう。

    「全員出撃だ!!」
    「迫りくる宇宙市場最悪の危機!」
    本のカバーに書かれているキャッチコピーです。

    このコピーを読んだら迷わず買ってしまうでしょう。

    ダイナミックヒーローズ

    「パイルダーオン!」
    「ファイヤーオン!」
    「デビーーーーール」
    「ハニーフラッシュ」
    「チェンジゲッター」

    なんでも好きなかけ声と共に読んじゃってください。


    ■eBookJapanでも「ダイナミックヒーローズ」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット アクション 永井豪

    【UCGO】とりあえずジム改まで作れるようになったよ。

    長かったなぁ。

    金使い果たしました。

    いったいいくら使ったんだろう。

    憶えてないな。

    UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE ~Zero G Attack~」の話ね。

    で、早速ジム改を作ったわけですよ。

    高価なエンジンを買って、
    失敗すること3回。

    4回目に出来たジム改。

    うひょ~、って感じでいざ戦場へ。

    で、行く途中でジオンのPCと思われる光点がレーダーに。

    単独で動いていて、
    有視界にある味方MSに近づいている。

    索敵するとやはり敵はPCで、ドムだった。

    こっちの装備はライフル。

    味方PCが襲われているようなので、
    援護に向かう。

    ターゲットをロックして、いざ射撃。

    遠くで爆発の閃光が、、、、。

    味方PCがやられた模様。

    すぐにドムはアチキに向かってきた。

    やべっ!

    と思いつつ後退しながら撃ちまくるが、
    射撃間隔が長い。

    つらいのー。

    他の武器持ってきてなかったのよねぇ。

    こりゃ、とりあえず逃げるか。

    と、思ったときドムが目の前まで迫ってきて止まった。

    止まったのは、アチキのパソコンの画面。

    最近、よくフリーズするのよ。

    原因は、ATOKとのマッチングだと思うんだけど、
    まさかこんなところで止まるとは。。。。

    サーバーとのデータの遣り取りは行われているので、
    画面が動き出すとそれまで送られてきていたデータが一気に処理されて、
    まるでビデオの早送りのように画面が動くんだよね。

    でも、こっちの操作はフリーズしていて全く何も出来ない。

    と、言うことは、画面が動き出したときには、
    アチキのできたての(それも三回も失敗して作った)ジム改が破壊されてい<のね。

    ビデオの早送りでジム改が壊されているのを見ることになるのかぁ、
    と思いながらフリーズが溶けるのを待つ。

    果たして、
    ジム改はまだ存在していた。

    ドムもいた。

    しかし、味方PCもいた。

    助かったよ、とうちゃん。

    シールドダメージ86%
    本体ダメージ75%<

    危なかったよ~。

    アチキが見ている前で、
    ドムは去っていき、
    味方PCはそのまま追撃していった。

    ふぅ。

    こりゃぁ、当分危なくて戦場にはでれんな。

    とりあえず、
    MSの生産スキルを上げる金はないので、
    武器生産のスキル上げをするか。

    と、言うことでここんとこログインする度に、
    MSキャノンを作っては、売り、作っては、売りの日々です。










    関連記事

    テーマ : UCGO
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : ACG RPG ロボット 戦争 動画

    シン・シティ 【2005年製作:映画】

    「シン・シティ」ですよ。

    思っていたよりは、
    おもしろかったよ。

    ジェシカ・アルパがもっと出てくるかと思っていた。

    それを言うならブルース・ウィリスもだけど。

    シン・シティに住む人たちの物語。

    それぞれのエピソードが、
    絡んでいそうで、
    全然絡んでいない。

    パルプフィクション」のノリはあるけど、
    あそこまで洗練されていないかな。

    でも、
    おもしろかったよ。

    ゴールディのエピソードは特に良かった。

    ミッキー・ロークが、良い味出していたよ。

    この手の役の方が似合っているんじゃないかなぁ。

    ドミノ」の時も良かったし。

    ブルース・ウィリスは、
    相変わらずだし。

    基本、アメコミ好きなアチキですからね。

    でも、
    原作のアメコミは読んだことないんだよなぁ。

    こいつはDVDを買っても良いかなぁ。

    監督のロバート・ロドリゲスも、
    デスペラード」シリーズよりも良かったと思うし。

    まぁ、基本、この手のバイオレンス映画が好きな監督だからね。

    長い物語よりも短編の方が味が出るんじゃないかなぁ。

    とりあえず、
    モノクロですが、
    一部着色がありますが、
    意外にグロく感じるので、
    バイオレンスモノがダメな人は観ない方が良いかな。

    ちょっと癖はありますが、
    一般の人が観ても楽しめると思いますよ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 犯罪 バイオレンス アメコミ 動画 ルトガー・ハウアー ブルース・ウィリス ジェシカ・アルバ

    F1 2006 Round.18 ブラジルGP 決勝

    ワールドチャンピオン フェルナンド・アロンソ

    二年連続でのタイトル獲得!

    ブラジルGP優勝は、
    アイルトン・セナ以来のブラジル人ドライバー、フェリッペ・マッサ。

    三位には、
    ホンダ、ジェンソン・バトン。

    そして、
    今シーズン最高のレースを見せてくれた佐藤琢磨は、
    10位完走。

    まさかここまで来るとは。ちょー驚きです。

    シーズンはじめは、誰も予想できなかったでしょう。

    たぶんアグリ代表も。

    最後のレース
    タイやトラブルで最後方から驚異の追い上げで、
    4位フィニッシュしたミハエル・シューマッハ。

    これほど勝ちにどん欲なドライバーは見たことがなかった。

    だからこそ、7回ものワールドチャンピオンになれたのであろう。

    今シーズンは、
    全くと言っていいほど良いところがなかったマクラーレン。

    マクラーレンでの最後のレースとなったキミ・ライコネン。

    間違いなく速くて勝てるドライバーである。

    来シーズンはフェラーリで本来の力を出してくれることを切に願う。

    6位フィジケラ。

    アロンソと常に比較されながら、
    自分の走りを最後まで見せてくれたテクニシャン。

    7位バリチェロ。

    期待していた走りは今シーズン全く見られなかった。

    だからいつも「琢磨の方が良かった」と思わせてくれた。

    来年は、そんなことを思わない走りを期待。

    8位デ・ラ・ロサ
    モントーヤの代役としては、少々力不足だったかなぁ。

    本人は、とってもラッキーだったシーズンでしょう。

    あぁ、やはりモントーヤにはF1に戻ってきて欲しいなぁ。

    なんだったらホンダに入って欲しいなぁ。

    9位 クビサ
    BMWの秘蔵っ子。

    驚異の新人です。将来が実に楽しみ。

    こちらは、ビルヌーブを首にして、
    BMWとしてはよかったって感じです。

    まだまだ書きたいけど、
    とりあえず2006年シーズンもこのブラジルGPで終了です。

    もう気持ちは2007年シーズンです。

    シューマッハも、
    たばこスポンサーも、
    ミシュランも、
    コスワースも、
    鈴鹿サーキットも、
    いません。

    今までF1の中にはあって当然と思っていたモノが
    来年から見ることはなくなります。

    新しいF1時代に幸あれ。

    FORMULA 1™ Grande Prêmio do Brasil 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    16Felipe MassaFerrari711:31:53.751110
    21Fernando AlonsoRenault71+18.6 secs48
    312Jenson ButtonHonda71+19.3 secs146
    45Michael SchumacherFerrari71+24.0 secs105
    53Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes71+28.5 secs24
    62Giancarlo FisichellaRenault71+30.2 secs63
    711Rubens BarrichelloHonda71+40.2 secs52
    84Pedro de la RosaMcLaren-Mercedes71+52.0 secs121
    917Robert KubicaSauber-BMW71+67.6 secs9
    1022Takuma SatoSuper Aguri-Honda70+1 Lap19
    1121Scott SpeedSTR-Cosworth70+1 Lap16
    1215Robert DoornbosRBR-Ferrari70+1 Lap22
    1320Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth70+1 Lap15
    1419Christijan AlbersMF1-Toyota70+1 Lap17
    1518Tiago MonteiroMF1-Toyota69+2 Laps21
    1623Sakon YamamotoSuper Aguri-Honda69+2 Laps20
    1716Nick HeidfeldSauber-BMW63Accident8
    Ret14David CoulthardRBR-Ferrari14Gearbox18
    Ret8Jarno TrulliToyota10Suspension3
    Ret7Ralf SchumacherToyota9Suspension7
    Ret9Mark WebberWilliams-Cosworth1Accident11
    Ret10Nico RosbergWilliams-Cosworth0Accident13










    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2006 Round.18 ブラジルGP フリー走行&予選

    まさかのシューマッハQ3でトラブル。

    フリー走行から速かったフェラーリ。

    マシン的には、
    圧倒的に有利なフェラーリですが、
    鈴鹿に続きいや~な感じで予選を終えてしまいました。

    Q3に入ってすぐに、
    シューマッハのマシンがスローダウン。

    ピットに入って、
    なんとか修理を試みますがタイムアップ。

    マッサは、
    いとも簡単にポールを獲得。

    シューマッハがいれば、
    確実にポールはシューマッハだったでしょう。

    ルノーは、
    イマイチでしたねぇ。

    まぁ、
    アロンソの場合は、
    優勝する必要はなく、
    ノーポイントで終わることを気をつけなければならないだけだから、
    気持ち的には楽ですよねぇ。

    それでも、4位を獲得。

    不調だったのが、ホンダ。

    なんとバトンは、Q2まで。

    ノートラブルでQ3までいけなかったのって、
    久々じゃないか。

    バリチェロは、
    頑張って5位です。

    地元ですからね。

    ここで頑張ってもらわないと、
    どこで頑張れば良いんだ。

    タイヤ圧の事を気にしていたから、
    バランスが悪かったのかなぁ。

    ここに来て、
    ブリヂストンが頑張っているから、
    ミシュランを穿いているホンダはちょっとキツイよねぇ。

    スーパーアグリの二台ですが、
    なんかきっちり走っていましたよ。

    第一戦の頃を思うと、
    凄い進歩です。

    驚きです。

    最後の最後まで、
    レースをして欲しいです。

    さぁ~て、
    明日は誰が勝つのか。

    そして、ワールドチャンピオンは誰の手に。

    ワクワクですよ。

    FORMULA 1™ Grande Prêmio do Brasil 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team______Time/RetiredGapLaps
    16Felipe MassaFerrari1:11.44317
    25Michael SchumacherFerrari1:11.6310.18815
    312Jenson ButtonHonda1:12.3060.86315
    417Robert KubicaSauber-BMW1:12.5351.09220
    52Giancarlo FisichellaRenault1:12.5671.12415
    611Rubens BarrichelloHonda1:12.6971.25418
    71Fernando AlonsoRenault1:12.7211.27814
    83Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes1:12.7231.28012
    94Pedro de la RosaMcLaren-Mercedes1:12.7801.33715
    1016Nick HeidfeldSauber-BMW1:13.0371.59415
    119Mark WebberWilliams-Cosworth1:13.2051.76216
    1210Nico RosbergWilliams-Cosworth1:13.3801.93713
    1321Scott SpeedSTR-Cosworth1:13.4552.01218
    1420Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth1:13.5302.08720
    1515Robert DoornbosRBR-Ferrari1:13.5642.12121
    167Ralf SchumacherToyota1:13.6422.19920
    1722Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:13.8142.37121
    1818Tiago MonteiroMF1-Toyota1:13.8322.38915
    1914David CoulthardRBR-Ferrari1:13.9442.50120
    208Jarno TrulliToyota1:14.0512.60819
    2119Christijan AlbersMF1-Toyota1:14.1082.66519
    2223Sakon YamamotoSuper Aguri-Honda1:14.8753.43221


    FORMULA 1™ Grande Prêmio do Brasil 2006

    Pos_No_______Driver_____________Team_________Q1______Q2______Q3___Laps
    16Felipe MassaFerrari1:10.6431:10.7751:10.68019
    23Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes1:12.0351:11.3861:11.29921
    38Jarno TrulliToyota1:11.8851:11.3431:11.32826
    41Fernando AlonsoRenault1:11.7911:11.1481:11.56719
    511Rubens BarrichelloHonda1:12.0171:11.5781:11.61926
    62Giancarlo FisichellaRenault1:12.0421:11.4611:11.62922
    77Ralf SchumacherToyota1:11.7131:11.5501:11.69527
    816Nick HeidfeldSauber-BMW1:12.3071:11.6481:11.88223
    917Robert KubicaSauber-BMW1:12.0401:11.5891:12.13122
    105Michael SchumacherFerrari1:11.5651:10.313no time7
    119Mark WebberWilliams-Cosworth1:11.9731:11.65011
    124Pedro de la RosaMcLaren-Mercedes1:11.8251:11.65812
    1310Nico RosbergWilliams-Cosworth1:11.9741:11.67912
    1412Jenson ButtonHonda1:12.0851:11.74210
    1515Robert DoornbosRBR-Ferrari1:12.5301:12.59110
    1620Vitantonio LiuzziSTR-Cosworth1:12.8551:12.86115
    1721Scott SpeedSTR-Cosworth1:12.8568
    1819Christijan AlbersMF1-Toyota1:13.1387
    1914David CoulthardRBR-Ferrari1:13.2497
    2022Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:13.2697
    2123Sakon YamamotoSuper Aguri-Honda1:13.35710
    2218Tiago MonteiroMF1-Toyotano time2










    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    エイリアンVSヴァネッサ・パラディ 【2004年製作:映画】

    こいつは、イケてる!

    が、普通の方にはオススメできません。

    エイリアンVSヴァネッサ・パラディ」ですよ。

    タイトルが、まずイケてます。

    このタイトルを見ただけで、
    ヴァネッサ・パラディが、
    リプリーみたくエイリアンと戦う映画だと思うじゃないですか。

    それが、あーた、全く違う。

    戦うどころか、
    エイリアンに連れ去られてしまうんですからね。

    いやー、実におもしろい。

    特に、ラストなんか、
    これで終わりかいっっっ、
    って感じですよ。

    ありゃぁ、
    普通の人だったら怒るかあきれるかのどっちかだね。

    アレを観たら真面目なタイトルはつけられないよなぁ。

    そーなると「エイリアンVSヴァネッサ・パラディ」しかないって感じですよ。

    アチキは、
    好きだなぁ、
    あのラスト。

    ただヴァネッサ・パラディが、
    ちいぃぃとばかり老けてしまったのがねぇ。

    残念。

    ノリ的には、
    ウルトラQって感じかな。

    そこまで、
    センス良くないか。

    もうB級映画が好きじゃないと観ていられないかもしれないです。

    アチキには、
    ストライクな作品でしたよ。

    すきだなぁ、こーいう映画。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション エイリアン 動画

    帰ってきたよ、東京に。

    やっぱり東京は、ちょっと寒いね。

    とりあえず自分のおみやげはないです。

    いつものことだけどね。

    それでも、
    食い物がうまいところなら何か食い物系を買ってくるんだけど、
    沖縄の空港では食指が動くモノはなかったなぁ。

    鈴鹿の帰りには、
    サービスエリアで青海苔買ったし、
    北海道の帰りには、
    ふりかけとか、ジャムとか買ったけど、
    今回は、
    全くなかったなぁ。

    お菓子も会社用には買ったけど、
    自分の分はなかったなぁ。

    某友人用にシーサーのストラップは買ったなぁ。

    そんなもんしか買ってねぇなぁ。

    ゴーヤとか買ってもしょうがないし。

    やっぱ、ソーキそばなのかなぁ。

    買っても面倒で作らないよなぁ。

    星の砂なんか買って帰ってもゴミにしかならんし。

    ちんすこうも好きじゃないし。

    当然、酒は飲まんからハブ酒は買わんし。

    Tシャツくらい買っても良かったかなぁ。

    そー言えば国際通りで売っていた餅は美味そうだったなぁ。

    奥武島に行って食った天ぷらは、
    揚げたてだったら美味かっただろうなぁ。

    あそこで買った揚げパンも、
    揚げたての買ったときに食っていれば、
    もっと美味かっただろうなぁ。

    今度行ったら何買ってこようかなぁ。





    関連記事

    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    tag : 日常

    とろとろに溶けてしまいそうな沖縄。

    暑いよ~。

    と、うめいていたら地元の人に「これでダメなら夏は過ごせませんよ」と言われました。

    そんなにすごいのかぁ、
    沖縄の夏って。

    どーりで、
    働かないわけだね。

    この暑さじゃ働きたくなくなるよ。

    大体、
    何人の女性に日本語うまいですね、
    って言いそうになったことか。

    どこのビーチに行っても青い海、
    白い砂浜は、
    意外と少なかったなぁ。

    JALのホテルには、
    泊まりたくなったぞ。

    なんか、
    リゾートって感じでさ。

    おねえちゃんつれて一緒に泊まりたいって感じでしたね。

    間違いなく、
    パパを連れたおねえちゃんがいっぱいいそうなホテルだったなぁ。

    ビーチも外から見て、
    いい感じだったし。

    周りに何もないから、
    ホテルにじゃんじゃんお金が落ちそうな感じだったなぁ。

    金がないアチキは、
    瀬底ビーチがお似合いって感じですかね。

    青い海、白い砂浜。

    あぁ、沖縄って感じでしたよ。

    それでも、
    やっぱりみんなは、
    離島の方が良いって言いますもんね。

    今度は、
    周りの島々にいってみたいなぁ。

    出来れば、
    プライベートで。

    あの炎天下の中で仕事をすることを想像すると、
    もう沖縄には行きたくないって感じです。

    フゥ。





    関連記事

    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    tag : 日常

    今日は「そばの日」です。

    なので、沖縄で蕎麦といえば「ソーキそば」です。

    なので、食べましたよ「ソーキそば」を。

    はじめて食ったんじゃないかなぁ。

    うまかったですよ。

    意外とさっぱりしていて、
    暑い日でも食える味でしたね。

    移動中のクルマの中で、
    ラジオを聞いていて、
    「そばの日」の話題がずぅぅぅぅと流れていて、
    それで蕎麦食わなきゃと言うことで、
    昼飯に食ったわけです。

    沖縄料理らしいモノは、
    この「ソーキそば」くらいしか食っていないなぁ。

    後、何食ったけかなぁ。

    忘れちまったよ。

    とりあえず、
    あまり地元らしいモノは食わなかったって感じですかね。

    ゴーヤも食ってないし。

    あぁ、ステーキは食ったなぁ。

    後、名前忘れたけど、
    赤い色をした魚を食ったぞ。

    明日から何食おうかなぁ。

    悩むなぁ。

    間違いなく、
    ゴーヤは食わないからなぁ。

    一緒にいる人間がゴーヤダメだからねぇ。

    アチキは、
    酒がダメだけど。

    沖縄でこれ食いてぇ、
    って言うのがないんだよねぇ。





    関連記事

    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    tag : 日常

    今日から沖縄です。

    はじめてですよ、沖縄。

    ちなみに「仕事ですから」です。

    なので、
    観光は一切ありません。

    それでも、
    沖縄といえばビーチですから、
    ビーチには何カ所か行きます。

    確かに、
    前々から仕事で沖縄に行って、
    遊び回りたいと思っていました。

    出来れば、
    仕事が終わって、
    そのまま現地で有給休暇とって満喫できればと思っていました。

    フゥ。。

    それが、
    まったくそんなことが出来ない状況での沖縄入りですよ。

    沖縄を満喫したいなぁ。

    無理だろうなぁ。

    それにしても今年は、
    いろんな所に仕事行ってるなぁ。

    アチキの会社では、
    珍しいよなぁ。

    出張が珍しいのではなくて、
    こんなに集中していくことなんかないんでないの、
    っていうくらいいろんな所に長期で行っております。

    アメリカ行って、アメリカ行って、北海道行って、北海道行って、
    個人的に鈴鹿行って、
    今度は沖縄ですよ。

    今回の出張が終わっても、
    また月末に沖縄に行くんですよね。

    フゥ。。。

    とりあえず、ゆっくりしたいなぁ。





    関連記事

    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    tag : 日常

    エンジェル・ハート 【マンガ】

    「エンジェル・ハート」ですよ。

    今のところ20巻まで出ています。

    とりあえず、コミック一気に買って読みました。

    連載から読んでいるので、
    今更なんですが、
    とりあえず時間があったので、
    大人買いして一気に読ました。

    いやー、やっぱり18巻の海坊主とミキちゃんの話がいいねぇ。

    大好きなんだよねぇ。

    涙がちょちょぎれるよ。

    海坊主のことをパパと呼ぶところで感動するわけではなく、
    お互いに大好きな人という部分で泣けてくる。

    信じているのですよ、お互いのことを。

    血はつながっていなくとも絆はあるのです。

    感動するなぁ。

    エンジェル・ハート」の中で、
    今のところ一番好きなエピソードですね。

    香関係のエピソードは、
    あまりにも香が美化されすぎていて、
    聖母マリアのようなエピソードばっかりで、
    ちょっと興ざめにになるときがあるのですが、
    それ以外の脇役のエピソードは、
    とっても素敵な話が多いですよ。

    前作「シティーハンター」よりも良いできになっているところも多く、
    あえて、つながりに関しては問いたくはないかなぁ。

    これは、これで一つの作品として読む方がベストだなぁ。

    今からでも遅くないので、
    まだ読んでいない人は読むべし。

    シティーハンター」を引きずっていて読めない人は、
    まぁ、心の整理が付いてから読んでくださいな。

    続きだと思って読んではダメですよ。

    新作だと思って、読んでください。

    そうすれば、とてもおもしろいマンガですから。


    ■eBookJapanでも「エンジェル・ハート」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション 犯罪 北条司

    のだめカンタービレ 16巻 【マンガ】

    16巻ですよ。

    相変わらず楽しいねぇ。

    今回は、千秋のオケのオーディションと、
    マルレ・オケにあける初公演(前回スポットでは指揮しているけど)の話がメイン。

    マルレ・オケを再生させる苦労が、
    ひしひしと感じられる話。

    そして、黒木君とターニャの気になる関係が、、、。

    相変わらず、
    クラシック・初心者のアチキでも興味を掻き立てる内容で、
    のだめカンタービレ」を読む度に、
    クラシックを聴きたくなるんでよすね。

    クラシックをよく聴く人は、
    タイトルを見ただけで、
    頭の中にその曲が流れると思うんですけど、

    アチキは、さっぱりですよ。

    ホント、曲をイメージできたらもっともっと楽しいんだろうなぁ。

    と思うわけです。

    特に今回は、
    曲のイメージとマルレ・オケの現状をオーバーラップさせていたりするから、
    つくづく曲を知らないというは、
    少々寂しく感じてしまいました。

    それでも、
    のだめの「奥様」ぶりに笑いが止まらず、
    読み終わる度に一巻から読み直したくなってしまいます。

    今度は、テレビドラマになるようだし、
    ビデオになったらちょっと観てみようかなぁ、
    と思う今日この頃です。





    関連記事

    テーマ : のだめカンタービレ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 二ノ宮知子 日常 音楽 コメディ

    スーパーマンIV 最強の敵 【1987年製作:映画】

    今度の敵はニュークリアマン。

    終わったな・・・・

    スーパーマンIV 最強の敵」ですよ。

    最強かぁ、
    確かに最強だった。

    コスチュームもスーパーマンに負けず劣らず最強だった。

    ネーミングも最強だし。

    アメコミぽくて、
    アチキは好きなんだけど、
    ニュークリアマンだもんなぁ。

    映画なんだから、
    もう少し何とかならなかったのかなぁ。

    と思ってしまうのはアチキだけでしょうか。

    まぁ、実際興行成績もパッとしなかったみたいだし。

    DVDは、未だに単品売りしていないと思うし。

    アチキもコレクターズアイテム的には買ってしまうかもしれないけど、
    高かったら間違いなく買わないなぁ。

    ネタ的には好きだったんだけどね。

    一回しか観ていないし。

    もしかしたら今見直したら評価変わるかもしれないし。

    実際、この作品でシリーズは終わってしまったし。

    最強の敵じゃなくて、最後の敵になってしまったわけだし。

    ホント、スーパーマンの敵は難しいよなぁ。

    宿敵中の宿敵・悪の救世主レックス・ルーサーだけじゃ、
    映画のシリーズとしては辛いんだろうし。

    バットマン」みたく、
    何作もシリーズというのは「スーパーマン」に関しては厳しいのかなぁ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アメコミ 犯罪 アクション 動画 ジーン・ハックマン クリストファー・リーブ

    スーパーマンIII 電子の要塞 【1983年製作:映画】

    スーパーマンVSスーパーコンピュータ

    スーパーマンIII 電子の要塞」ですよ。

    今度の敵は、スーパーコンピュータなんです。

    今観ると、
    すげぇ~時代遅れのコンピュータに見えてしまうから、
    時代の流れというか、
    コンピュータの進歩ってすげぇ~なぁ~と思ってしまうわけです。

    現実に、
    当時のスーパーコンピュータと今のパーソナルコンピュータだったら、
    パーソナルコンピュータの方が性能がいいからなぁ。

    で、制作側は苦労したんだと思うんだ。

    今度の敵はどんなのがいいって。

    怪獣や宇宙人ってわけにはいかないからね。

    そこで登場したのが、
    コンピュータというわけ。

    肉体派のスーパーマンと、
    頭脳派のコンピュータをどうやって対決させるのか、
    すごく興味津々で劇場まで行ったのを憶えています。

    で、観た感想は、
    こりゃいかんって感じでしたね。

    ちょっと、
    コメディー色が強くなってしまった感じもしたし、
    やっぱりコンピュータは無理があったよ。

    スーパーコンピュータを作るまでの話は好きなんだけどね。

    特に紙くずに設計図を書いている所なんか、
    アチキは好きだなぁ。

    これで、
    クリストファー・リーブのスーパーマンシリーズも終わりにしてくれていれば、
    良かったのに、
    と、思うわけです。

    なぜかって?

    次の4作目がねぇ。

    ・・・・










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アメコミ 犯罪 アクション 動画 クリストファー・リーブ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー