おねがい☆ティーチャー 【アニメ】

    「最優先事項よ!」が有名になった「おねがい☆ティーチャー」です。

    きっと、そうなんだろうなぁ。

    どの位有名になったのかは知らないけど、
    「最優先事項よ!」と言えば「おねがい☆ティーチャー」って位は、
    アニメファンには伝わるくらいには有名かと思っています。

    と言う事で、
    「おねがい☆ティーチャー」です。

    宇宙人の美人女教師と病気で三年間仮死状態だった生徒の恋愛物語です。

    気分がダウンすると仮死状態になるという病気で、
    三年間仮死状態だった草薙桂は、
    ある夜、UFOを目撃。

    そして、一人の宇宙人が現れるのを観てしまいます。

    それは夢だろうと思っていたら、
    学校の新任の先生が、その宇宙人だということになって、
    さぁ、大変。

    その宇宙人「風見みずほ」は、
    銀河連盟から派遣された辺境惑星の駐在監視員で、
    地球人にばれたら罰則がある身分。

    でもついてそうそうばれてしまい、
    一つの解決方法として、
    二人が結婚してしまえば万事OKと言う事に。

    そんな関係から始まる高校生の一夏の濃い物語というのが、
    メインストーリーです。

    まぁ、ありがちな設定とお話しですが、
    特別目新しいものもありませんが、
    結構、面白かったですよ。

    全13話という短さもあって、
    テンポ良く物語が進むし。

    アチキ的には、
    ちょっと背中がむずがゆくなったりするシチュエーションや台詞がありますが、
    総じて楽しかったかな。

    なので、
    この手のものに抵抗がない人ならな十分楽しめるので華でしょうか。

    興味があったら是非ご覧になって見てください。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 恋愛 学園 高校生 ちょいエロ 井上喜久子 川澄綾子 大原さやか こおろぎさとみ

    エマニエルX レッスン1 【1994年製作:映画】

    あの一世を風靡した「エマニエル夫人」のシリーズ作品です。

    シリーズと言ってもシルビア・クリステルが出ているわけではないてす。

    エマニエルという女性が出ているシリーズという感じですね。

    他にも色々と関連するエマニエルが出ている作品がいっぱいあります。

    と言う事で、
    この「エマニエルX レッスン1」が、映画かどうかはよく知りません。

    以前、
    たぶんスターチャンネルだと思ったのですが、
    深夜にこの宇宙人が出てくるエマニエルシリーズを見た事があったんですよねぇ。

    その時に印象が残ったのは、
    宇宙人が登場するのもそうですが、
    3D眼鏡を使用して立体で観ることが出来るエッチシーンがあったこと。

    字幕スーパーで3Dメガネをかけて見てください、
    みたいな事が表示されて驚いたんだよねぇ。

    と言う事で、
    物語は、宇宙からきた異星人が地球の文化を調べるために地球人に化けて地球に降りてきて、
    そこで、はじめて親切にしてくれた人物がエマニエルで、
    お礼というか協力を求めて宇宙船にご招待。

    そして、エマニエルの指導のもと男女の恋愛、特に肉体的な関係について実地勉強していくという流れ。

    今回の主役であるエマニエルは、
    中々、キレイな女性(クリスタ・アレン)で、良い感じなのですが、
    ほとんどエッチなシーンはないんですよねぇ。

    残念。

    そして、タイトルにあるように「レッスン1」と言うことで、
    他にも作品があると思うのですが、
    販売、及びレンタルにもこの作品以外ないんですよねぇ。

    実に残念です。

    エッチな部分を期待しすぎると、
    AVではないので、がっかりすると思います。

    でも内容は、
    宇宙人が出てくること空も分かるように、
    男鹿加減が最高です。

    このくだらない感じは、
    実にアチキ好みでしたね。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン エロス 恋愛 動画

    隣のヒットマン 【2000年製作:映画】

    アナタの家の隣に犯罪者、
    それも殺し屋が引っ越ししてきたらどうしますか。

    とまぁ、
    そんな感じのことをネタにした映画です。

    殺し屋の役には、
    ブルース・ウィリスが扮します。

    ちょっとコミカルな感じで、
    シリアスな部分なもあるのですが、
    その微妙な感じを実に上手くブルース・ウィリスが演じています。

    物語は、
    謝金を抱えている夫婦の家の隣に、
    殺し屋が引っ越して来て、
    三者三様の思いで行動していき、
    行き違いなどがあって、
    コミカルなイメージとシリアスな展開が絶妙に融合した内容になっています。

    思っていた以上におもしろかったですね。

    もっと単純な話かと思っていたのですが、
    三者三様と書きましたが、
    それ以外にも絡んでくる人物達がいて、
    その辺の先が見えにくい展開が良かったです。

    まぁ、
    お約束の部分もありますが、
    それはそれで楽しかったし。

    最後はドタバタ感いっぱいで、
    こんな終わり方で続編はどうなってしまうのだろうっていった感じでした。

    まだ続編は見ていないのですが、
    いずれ観ようかな、
    と思っております。

    暇な週末に観るにはちょうど良い感じの映画ですね。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 コメディ ちょいエロ 動画 ブルース・ウィリス ロザンナ・アークェット ナターシャ・ヘンストリッジ アマンダ・ピート

    ナイト・オブ・ザ・スカイ 【2005年製作:映画】

    フランス版「トップガン」と言ってしまっていいのかな?

    フランス空軍の協力によって撮られた映像は素晴らしいです。

    その部分だけを見ると「トップガン」と似ているね。

    極力CGを使わずに実機での撮影が行われており、
    本物はやっぱりかっこいいですよ。

    フランス軍の戦闘機といえばミラージュ2000。

    個人的には、
    デルタ翼の戦闘機は好きくないのですが、
    映画ではかっこよく撮れていますよ。

    トップガン」が、かっこいいという表現で、
    ナイト・オブ・ザ・スカイ」は、きれいって表現が似合う感じです。

    物語は、
    兵器商人がミラージュ2000を盗み出す話。

    なんですが、なんで盗むかがクライマックスに用意されています。

    米軍とのキャノンボール的な戦闘機の競争は良かったですが、
    話のきっかけでしか無くて、
    もう少しあそこでも空中戦とかを見せて欲しかったなぁ、
    と思いましたね。

    それと、
    主人公とそのパートナーなんですが、
    あまりかっこよくなかったです。

    女性は綺麗どころを用意しているのに、
    男性陣はなんか普通でした。

    それとも女性から見たらかっこいいのかな。

    まぁ、よくわからんです。

    とりあえず、
    物語の展開は決してテンポは良くないけど、
    楽しく最後まで観られます。

    思っていたより全然楽しかったですよ。

    ちょっとお勧めかな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 戦闘機 ミリタリー 動画

    F1 2007 Round.5 モナコGP 決勝

    アロンソ優勝、ハミルトン2位でマクラーレン、ワンツー。

    圧倒的だったねぇ。

    3位に入ったフェラーリのマッサ以外はみんな周回遅れですよ。

    そのマッサだって1分近く離されていますからねぇ。

    第三スティントはマクラーレンもペースを落としての走行だったし。

    まぁ、ハミルトンの給油タイミングで、
    ちっょともめそうだけど、
    久しぶりに強いマクラーレンを見た気がしますよ。

    そして、今回はBMWザウバーのハイドフェルドにやられたって感じでしたね。

    まぁ、最近のモナコは4年連続でセーフティーカーが入っていたから、
    今年も可能性があったわけで、
    結果的には完走率も非常に高いレースだったけど、
    セーフティーカーが入るのを予想してのハイドフェルドの戦略で、
    とっても遅いペースで後続が捕まり、
    2ストップのチームは総崩れだったね。

    コースは違うけど、
    マーク・ウェバーも昔、同じように遅いペースで走って、
    後続を足止めしたことがあったなぁ。

    それでも今年のモナコはおもしろかったですけどね。

    佐藤琢磨は、
    はじめてモナコを完走したし。

    ホンダの二人もそこそこ良いポジションで走っていたので、
    見ていて楽しかったです。

    もうちょっとポイントとれるかなぁ、
    と思ったんだけど、
    やっぱりって感じでとれませんでした。

    レーススピードで後1秒速く走れないと、
    駄目ですね。

    まぁ、ここはモナコだし。

    次戦のカナダでどんな走りをみせてくれるのか楽しみにしております。

    FORMULA 1™ Grand Prix de Monaco 2007

    Pos_No_______Driver____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Fernando AlonsoMcLaren-Mercedes781:40:29.329110
    22Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes78+4.0 secs28
    35Felipe MassaFerrari78+69.1 secs36
    43Giancarlo FisichellaRenault77+1 Lap45
    510Robert KubicaBMW77+1 Lap84
    69Nick HeidfeldBMW77+1 Lap73
    717Alexander WurzWilliams-Toyota77+1 Lap112
    86Kimi RäikkönenFerrari77+1 Lap161
    919Scott SpeedSTR-Ferrari77+1 Lap18
    108Rubens BarrichelloHonda77+1 Lap9
    117Jenson ButtonHonda77+1 Lap10
    1216Nico RosbergWilliams-Toyota77+1 Lap5
    134Heikki KovalainenRenault76+2 Lap15
    1414David CoulthardRed Bull-Renault76+2 Lap13
    1512Jarno TrulliToyota76+2 Lap14
    1611Ralf SchumacherToyota76+2 Lap20
    1722Takuma SatoSuper Aguri-Honda76+2 Lap21
    1823Anthony DavidsonSuper Aguri-Honda76+2 Lap17
    1921Christijan AlbersSpyker-Ferrari70Driveshaft22
    Ret20Adrian SutilSpyker-Ferrari53Accident19
    Ret15Mark WebberRed Bull-Renault17Gearbox6
    Ret18Vitantonio LiuzziSTR-Ferrari1Accident12









    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN III ランバ・ラル編

    愛蔵版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の第三巻「ランバ・ラル編」です。

    愛蔵版には、連載時のカラーページがそのまま載っているのがいいですよねぇ。

    安彦良和氏のカラーは、実に素晴らしい。

    是非、全てのページをカラーにして、
    「完全版」の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を出して欲しいほど。

    と言う事で、
    「ランバ・ラル編」では、
    当然のように、ランバ・ラル関係のお話しです。

    ガルマ・ザビが死んで、
    ザビ家の仇討ち部隊として地球に降下してきたランバ・ラル隊。

    基本的には、TVアニメシリーズと流れは一緒です。

    「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」らしい部分と言えば、
    キシリア・ザビの行動が詳しく画かれていたり、
    オデッサ作戦までの流れが垣間見えたりと、
    ファンには、なるほどねぇ、と思わせてくれる感じのお話です。

    もちろん、シャア・アズナブルの「坊やだからさ」も、
    この「ランバ・ラル編」にしっかりと載っています。

    アムロ・レイの脱走に、
    クラウレ・ハモンとの出会いもアニメのシーンが蘇ってくるカットで見せてくれます。

    マ・クベの壷もしっかり登場しますよ。

    相変わらずよい音色のようです。

    さてさて、
    ランバ・ラルとの死闘でまた一つ大人になったアムロ・レイ。

    これから、ニュータイプとしての覚醒が徐々に始まっていきます。

    さて、次は、いよいよジャブローのお話しですよ。

    この展開は、
    「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」独自ですね。

    と言う事で、
    まだ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を読んだことない人は、
    是非、この機会に読んでくださいな。

    面白いですよ。





    関連記事

    テーマ : 機動戦士ガンダム
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 戦争 ミリタリー 安彦良和

    F1 2007 Round.5 モナコGP フリー走行&予選

    マクラーレン強し!

    フリー走行から絶好調なマクラーレン。

    こりゃぁ、
    下手するとハミルトンの優勝もあるかも!?

    なんて展開ですよ。

    決勝の1コーナーで前に立ったら、
    限りなく優勝しちゃいそうな勢いです。

    すごいねぇ。

    それに引き替え、ライコネンたら・・・

    またやっちゃいましたね。

    マクラーレンの時もマシントラブルがないときに、
    自らミスを犯して駄目にしてしまったことって結構あったんだよね。

    まさか予選でミスするとはね。

    それも、このモナコで。

    予選の重要性は、
    全グランプリナンバー1なのに。

    やっちゃったぁ、って感じでした。

    それも、昨年のシューマッハが止まったところで止まってしまって、
    あわやマッサまで巻き添えになるところでしたもんね。

    そして、佐藤琢磨。

    くぅぅぅ。

    フリー走行では期待できる感じだったのに。

    全然良いところ無く終わってしまいました。

    決勝はどこまでポジションをあげられるのかなぁ。

    さて、問題山積みのホンダですが、
    ボディーワークを変更してきましたね。

    ここモナコでは、空力的にはそれほどシビアではないので、
    この変更が吉と出るかは次戦までわかりませんが、
    テストのタイムを見る限りでは、
    少しですが速くなっています。

    そして、運も味方につけて今期はじめてQ3まで進めましたよ。

    いやー、もしかしてやっとポイントをゲット出来るかもしれませんな。

    明日の決勝がとっても楽しみです。

    FORMULA 1™ Grand Prix de Monaco 2007

    Pos_No_______Driver____________Team______Time/Retired__Gap_Laps
    120Adrian SutilSpyker-Ferrari1:36.61212
    26Kimi RäikkönenFerrari1:36.7390.12713
    32Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes1:36.7670.15515
    43Giancarlo FisichellaRenault1:36.7840.17216
    519Scott SpeedSTR-Ferrari1:36.9540.34215
    61Fernando AlonsoMcLaren-Mercedes1:37.0200.40816
    74Heikki KovalainenRenault1:37.2140.60215
    816Nico RosbergWilliams-Toyota1:37.3880.77615
    97Jenson ButtonHonda1:37.4420.83012
    108Rubens BarrichelloHonda1:37.4630.85114
    1115Mark WebberRed Bull-Renault1:37.7321.12013
    125Felipe MassaFerrari1:37.9971.38512
    1322Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:38.1211.50914
    1423Anthony DavidsonSuper Aguri-Honda1:38.1801.56817
    1514David CoulthardRed Bull-Renault1:38.3021.6906
    1610Robert KubicaBMW1:38.4631.85113
    1717Alexander WurzWilliams-Toyota1:38.8762.26414
    189Nick HeidfeldBMW1:38.8992.28718
    1921Christijan AlbersSpyker-Ferrari1:38.9352.32314
    2011Ralf SchumacherToyota1:40.6774.06517
    2118Vitantonio LiuzziSTR-Ferrari1:41.1084.4968
    2212Jarno TrulliToyota1:43.4176.80522

    FORMULA 1™ Grand Prix de Monaco 2007

    Pos_No_______Driver____________Team_________Q1______Q2______Q3___Laps
    11Fernando AlonsoMcLaren-Mercedes1:16.0591:15.4311:15.72622
    22Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes1:15.6851:15.4791:15.90522
    35Felipe MassaFerrari1:16.7861:16.0341:15.96727
    43Giancarlo FisichellaRenault1:17.5961:16.0541:16.28524
    516Nico RosbergWilliams-Toyota1:16.8701:16.1001:16.43924
    615Mark WebberRed Bull-Renault1:17.8161:16.4201:16.78425
    79Nick HeidfeldBMW1:17.3851:15.7331:16.83224
    810Robert KubicaBMW1:17.5841:15.5761:16.95524
    98Rubens BarrichelloHonda1:17.2441:16.4541:17.49827
    107Jenson ButtonHonda1:17.2971:16.4571:17.93928
    1114David CoulthardRed Bull-Renault1:17.2041:16.31916
    1217Alexander WurzWilliams-Toyota1:17.8741:16.66217
    1318Vitantonio LiuzziSTR-Ferrari1:16.7201:16.70314
    1412Jarno TrulliToyota1:17.6861:16.98816
    154Heikki KovalainenRenault1:17.8361:17.12511
    166Kimi RäikkönenFerrari1:16.251No time16
    1723Anthony DavidsonSuper Aguri-Honda1:18.2507
    1819Scott SpeedSTR-Ferrari1:18.3907
    1920Adrian SutilSpyker-Ferrari1:18.4188
    2011Ralf SchumacherToyota1:18.5398
    2122Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:18.55410
    2221Christijan AlbersSpyker-FerrariNo time3

    Coulthard was not allowed to participate in Q3 after impeding Kovalainen during Q2.










    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    リーンの翼 【アニメ】

    小説の続編なんですね。

    それとも設定だけなのかなぁ。

    ジャケットの雰囲気から全然別物だと思っていました。

    小説は、もうずいぶん昔に読んだので、
    細部はほとんど憶えいませんねぇ。

    第二次世界大戦で特攻しようとした主人公が、
    そのままバイストンウェルに行って、
    最後は三つ目の原爆投下を阻止するという大まかな話は憶えています。

    靴に翼が生えて飛べるようになったりして、
    アニメの「聖戦士ダンバイン」のイメージ読んだからオーラバトラーが出てこなくて、
    がっかりしたのを憶えているよ。

    それでも最後まで読んでしまったなぁ。

    結構おもしろかったんだよ。

    その後に出た「オーラバトラー戦記」の方が、
    アニメの世界に近くてとってもおもしろかったです。

    機会があったらどちらの作品も読んでみてください。

    で、アニメの話。

    小説で主人公だった迫水が王様になって、
    地上世界に出て王なろうとしているのを、
    新しい聖戦士が阻止する話。

    迫水の娘とのラブロマンスがいい感じであって、
    ラストがちょっと物悲しいんですよ。

    ただ話数が少ないので、
    バイストンウェルの知識とかがないと、
    ちょっと理解できないところもあるかなぁ。

    まぁ、ファンのための作品だと思えば、
    ちょうど良いのかもしれない。

    どっちが主人公なのかわからないのもそのせいかもしれないし。

    クオリティは高いのでバイストンウェルという単語にピンときたら観ても良いかな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット ミリタリー アクション 恋愛 小山力也 堀江由衣 甲斐田裕子 福山潤 三木眞一郎

    エイリアンVSプレデター 【2004年製作:映画】

    いやー、思っていた以上に良く出来ていてビックリ。

    監督は、ポール・W・S・アンダーソンでカート・ラッセル主演の「ソルジャー」とかを監督した人。

    最近では映画「バイオハザード」の監督言った方がわかりやすいか。

    と言う事で、
    エイリアンVSプレデター」ですが、
    アチキの興味は、
    どういうシチュエーションになるのかだったのですよ。

    「プレデター」は現代だったし、
    エイリアン」は未来だったわけですから。

    と言う事で、
    時代的には「プレデター」シリーズの後という感じで、
    現代が舞台。

    未来の話ではなかったのですね。

    未来で宇宙のどっかの惑星で、
    プレデターとエイリアンが戦うなんて言うのも考えていたりしたんですけど。

    逆に現代になったことで、
    リアリティは増したけど、、、、。

    物語の中心は、当然人間様になるわけですが、
    主導権を握っているのは、プレデターって感じかな。

    南極の地下深くにプレデターが儀式のために用意した場所があって、
    そこにはエイリアンクイーンがいて、
    史上最強の獲物であるエイリアンを倒すことが立派な大人とでもいう感じで、
    プレデターがその遺跡内でエイリアンを狩るというネタがあって、
    その場所を人類がたまたま見つけてしまったというお話し。

    まぁ、遺跡調査隊がエイリアンとプレデターに襲われると言うよりも、
    プレデターは人間様を基本的に無視している感じ。

    まぁ、弱いですから。

    と言う事で、巻き込まれてしまった遺跡調査隊と、
    戦うエイリアン共。

    遺跡調査隊は無事に遺跡から脱出できるのか。

    そして、プレデターとエイリアンはどちらが強いのか。

    まぁ、エイリアンクイーンを捕まえて、
    儀式の道具にしているくらいだからプレデターが強いんだけどね。

    二つの作品のつじつま合わせも悪くなかってし、
    なんと言っても、さぁ、まだ続きがありますよ、
    と言う「エイリアン」の定番のラストをキチンと踏襲していてるのも良い感じですよ。

    何も考えずに楽しみたい方にはよい感じの作品です。

    「プレデター」も「エイリアン」も観たことがない人でも大丈夫。

    お気軽に楽しんでくださいな。

    結構、お気に入りの作品です。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション エイリアン 動画

    MISSING PARTS the TANTEI STORIES 3 (ミッシングパーツ ザ 探偵ストーリーズ) 【ドリームキャスト版】

    遂にフィナーレ。

    「迷いの懐中時計」「追憶のペンダント」の二話で完結。

    あっという間に終わってしまった感じです。

    とってもおもしろかったです。

    これで終わりかと思うとちと寂しかったりします。

    第一話から続いていた色々な謎が、
    すべて解決されます。

    まずは、失踪した鳴海所長の行方。

    まぁ、これは思った通りでしたね。

    そして、主人公の両親の事故の謎。

    それに伴って意外な事実が。。。。

    この意外な事実は、
    アチキ的には、
    う~んって感じです。

    なんか無理矢理関連づけしてないか、
    と思ってしまったりするわけで。

    まぁ、それも含めて良くできておりました。

    出来れば、また続きを作って欲しいです。

    宿敵?の生死だって続きを想定している感じだしね。

    第5話「迷いの懐中時計」では、
    まさかと思っていた人物が犯人でした。

    公安の死体が見つかるまでは、
    某刑事が犯人かなぁ、
    なんて思っていたんですが、
    まさか、ねぇ。

    ちょっと気づくのが遅かったです。

    まぁ、この犯人がわかったおかげで、
    第6話「追憶のペンダント」では、
    もう主犯格の犯人は想像できましたけど。

    その主犯格も逮捕できて、
    ハッピーエンド。

    その後の話で、
    意外な事実が判明するわけで、
    いやー、いいねぇ。

    アチキの大好きなエイリアン鴨居奈々子の活躍も良かったし。

    もう無意味にネットカフェに行きたくなるもんなぁ。
    ※ゲーム中の話ね。

    ホント、続きが出ないならまた時間がたったらプレイしたいねぇ。

    マジでこのゲームはお勧めですよ。










    関連記事

    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : AVG 探偵 推理 犯罪 動画

    MISSING PARTS the TANTEI STORIES 2 (ミッシングパーツ ザ 探偵ストーリーズ) 【ドリームキャスト版】

    「MISSING PARTS the TANTEI STORIES(ミッシングパーツ ザ 探偵ストーリーズ)」の第二弾です。

    「託されたペーパーナイフ」と「傷ついたテディベア」です。

    今回は、レギュラーメンバーの二人が活躍するお話しです。

    第3話「託されたペーパーナイフ」では、<
    主人公真神恭介の相棒、白石哲平の友達がペーパーナイフを預けて失踪。

    それを主人公とともに探し出すのだが、
    いきなり死体に遭遇。

    そして、またまた事件は連続殺人事件へ。

    それも白石哲平の友人ばかりが次々と殺されていくのです。

    失踪した友人が死んで、
    三人組のうち二人も死んでしまうし。

    殺害犯は、すぐにわかった。

    一人目の組の幹部を殺したときに、
    殺し方と殺した道具でわかってしまいました。

    しかし、こいつが犯人なんて終わり方はどうなってしまうんだろう、
    って感じで物語を進めていくわけです。

    そして、殺害犯は、、、、。

    いやー、実に悲しい物語です。

    その事件を引きずるように第4話「傷ついたテディベア」に行くわけです。

    こいつは、アチキのお気に入りキャラでもある鴨居奈々子が大活躍?

    ネットカフェでアルバイトしている高校生で、
    とってもクリエイティブな料理を考案する天然少女。

    くら~い感じで終わった後だけに、
    この明るさはとっても救われますね。

    そして、鴨居奈々子の学校の先生が突然死んでしまって、
    これは事件だから探偵見習いのところに犯人を見つけるように頼みに来るのです。

    天然だけど、曲がったことが大嫌いで、
    正義感のある女子高校生で、
    第2話でも実に頼もしい所をみせてくれています。

    で、今回からゲームシステムが若干シビアになりましたね。

    聞き込みに回って、
    キチンと情報収集をしないと犯人がわかっていても物語がバッドエンドになってしまうのです。

    第4話の「傷ついたテディベア」では、
    入院患者の一人が死んでしまって、
    そのまま医療ミスによる事件としてバッドエンドです。

    マジですか?!って感じで、
    もう一回プレイし直しました。

    既読スキップがないから結構面倒だったなぁ。

    それでも二回目にはキチンと解決。

    探偵ランクAをいただきました。

    いやー、マジでおもしろくて、
    1巻、2巻と続けてプレイ。

    そして、一気に3巻目に突入ですよ。










    関連記事

    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : AVG 探偵 推理 犯罪 動画

    MISSING PARTS the TANTEI STORIES (ミッシングパーツ ザ 探偵ストーリーズ) 【ドリームキャスト版】

    こいつはおもしろいです。

    「MISSING PARTS the TANTEI STORIES (ミッシングパーツ ザ 探偵ストーリーズ)」です。

    ドリームキャストのゲームです。

    ドリームキャストで3本出ています。

    その後、プレイステーション2で出ています。

    で、今回はドリームキャストの1作目の話。

    内容は「鳴らないオルゴール」と「赤いカメオ」の2話です。

    主人公は真神恭介。

    鳴海探偵事務所に依頼に行ったら所長が行方不明になっていて、
    元々弟子にしてもらおうと思っていたからそのまま事務所で見習いとして探偵行をはじめていて、
    色々な事件に関わっていくわけです。

    第一話の「鳴らないオルゴール」では、
    ひょんなきっかけでアンティークショップの店長の僕にされてしまったことから、
    名門・木原家の事件に巻き込まれてしまうのです。

    壊れたオルゴールと木原家連続殺人事件。

    これらを見事解決できるかは、
    プレイヤーであるあなた次第と言うことです。

    いやー、最初の殺人の犯人はすぐにわかった。

    二人目の死にはしなかったけど襲った犯人は三人目の犠牲者が出てからわかった。

    事件の発端となる嘉納兄妹を襲った犯人はすぐにわかった。

    そうなのです。

    謎解き?はそんなに難しくない。

    それよりも登場人物たちが実に魅力的で、
    おもしろいのです。

    そして、事件を解決して物語が終わると探偵ランクが出てくるのです。

    一発目でAが出てしまうくらいこの1話と2話は簡単です。

    第1話の「赤いカメオ」では、
    芸能事務所でのアイドル候補が自殺して、
    それは自殺じゃない、
    みたいなところから物語は始まるのです。

    ここでは「呪いのカメオ」が出てきて、
    アイドルが自殺したのもそれが原因か、
    みたいな感じになっていて、
    事務所には幽霊が出てきて、
    といった感じでちょっとオカルトテイストな感じですが、
    キチンとテキストを読んでいれば、
    すぐに色々な謎はわかります。

    このゲームは、
    マジでおもしろいから是非プレイして欲しいですね。










    関連記事

    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : AVG 探偵 推理 犯罪 動画

    【UCGO】遂にMS&武器生産スキル100達成!

    いやー、長かったなぁ。

    巻き戻しにもめげずにコツコツと。

    プレイする時間もあまりなく、
    プレイしていればジオンの襲撃で中断したり、
    リアルで用事が出来て中断したり、
    スキル上げに飽きて戦闘キャラで遊び回ったり、
    等々地道な努力もしなかったから結構時間かかったよ。

    真面目に生産スキル上げだけしていれば、
    もっとはやく達成できたと思うんだけどね。

    実際、飽きっぽいからなぁ。

    生産スキルあげているときは、
    リアルでは他のことやっていないと間が持たないので、
    映画観たりゲームやったりしているのよねぇ。

    おかげで何度気がついたらジオンに攻撃されていたことか。

    まぁ、MS生産スキルはもうちっと上げるつもりです。

    とりあえず目標だったスキル100が達成したので、
    UCGOプレイヤーの方にも仕合わせのお裾分けを。

    本日より1年間(プレイしているのかなぁ。というよりゲーム存在しているのか?)連邦軍所属で階級軍曹までの方に無料でRGM-79GジムコマンドL3A無改造をお一人様1日1機プレゼント!
    軍曹までのキャラならセカンド、サードキャラ関係なく何度でもご利用いただけます。
    但し、このブログ読者限定です。

    プレゼント機体の受け取り方は、
    このブログの最新記事をチェックして、
    タイトルを確認したらアチキを見つけて「TELL(P対Pチャット)」で話しかけてください。
    「ブログみたよ」でも「プレゼントくれ」でも何でも良いです。
    ALL、軍チャットで声をかけた場合は、プレゼント権利がなくなります。
    ※初心者の方で「TELL」(コマンド:/tell)のやり方がよくわからない方は、ゲーム内HELPを参照してください。

    プレゼント機体でN狩りやってどんどん壊しちゃってください。



    20070514_0.jpg20070514_1.jpg









    関連記事

    テーマ : UCGO
    ジャンル : オンラインゲーム

    tag : ACG RPG ロボット 戦争 動画

    F1 2007 Round.4 スペインGP 決勝

    遂にハミルトンがポイントリーダー。

    一回も優勝していないけどね。

    新人でポイントリーダーですよ、
    すごいねぇ。

    バツグンの安定感だし。

    今後が実に楽しみです。

    で、結局フェラーリのマッサがポール・トゥ・フィニッシュ。

    第一コーナーで、
    アチキとしては、幅寄せじゃねぇか、
    と思った競り合いでアロンソをコーナーの外に追い出してそのままフィニッシュ。

    バトルは、
    へたくそだなぁ、
    という認識を改めて思いましたね。

    その点、アロンソはうまい。

    後続との接触がなかったのは運が良かった感じたけど、
    それまでの処理はさすがという感じです。

    マッサなら間違いなく終わっていたね。

    で、レースはこのスタート1コーナーのバトルで決着がついた感じでした。

    後は、後方集団が実におもしろい。

    タイム差の少ないところでの戦いで、
    ポイント争いが白熱しておりました。

    そして、久しぶりのサバイバルレース

    上位の車がリタイヤ続出。

    おかけで、
    参戦2年目のスーパーアグリ、
    佐藤琢磨がポイントゲット。

    素晴らしいです。

    もうフィジケラがピットに入るであろう数周前からドキドキもんでしたよ。

    レース展開に恵まれたとはいえ、
    そのポジションにいたからゲットできたんだから、
    褒め称えるべきですよ。

    開発スピードに難点があるスーパーアグリですから、
    シーズンが進むにつれてどんどん不利になっていくからね。

    そして、ホンダですが、
    相変わらずバトンは我が儘ですね。

    もうちっと自己分析できないと、駄目ねぇ。

    バリチェロとの接触は、
    間違いなくバトンのミスだよ。

    タイム的にも無理して前に出る意味ないし。

    現在のポジションをキープすることを優先するべきだよねぇ。

    実際、バリチェロのマシンの方がポジションも有利だったんだから、
    ナンバー1ドライバーだから譲ってくれて前に出るのは当たり前だと思っているんじゃない。

    琢磨の時ならいざ知らず、バリチェロだからね。

    そりゃぁ、無理だよ。

    でも、きっちりと2台完走できたし。

    完走だけじゃ駄目だけど、
    速いだけでも駄目だから、
    F1で勝つということはホント大変だよなぁ。

    さて、次回は伝統のモナコです。

    楽しみですねぇ。

    FORMULA 1™ Gran Premio de España Telefónica 2007

    Pos_No_______Driver____________Team______Laps___Time/Retired__Grid_Pts
    15Felipe MassaFerrari651:31:36.230110
    22Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes65+6.7 secs48
    31Fernando AlonsoMcLaren-Mercedes65+17.4 secs26
    410Robert KubicaBMW65+31.6 secs55
    514David CoulthardRed Bull-Renault65+58.3 secs94
    616Nico RosbergWilliams-Toyota65+59.5 secs113
    74Heikki KovalainenRenault65+62.1 secs82
    822Takuma SatoSuper Aguri-Honda64+1 Lap131
    93Giancarlo FisichellaRenault64+1 Lap10
    108Rubens BarrichelloHonda64+1 Lap12
    1123Anthony DavidsonSuper Aguri-Honda64+1 Lap15
    127Jenson ButtonHonda64+1 Lap14
    1320Adrian SutilSpyker-Ferrari63+2 Laps20
    1421Christijan AlbersSpyker-Ferrari63+2 Laps21
    Ret9Nick HeidfeldBMW46Gearbox7
    Ret11Ralf SchumacherToyota44Accident damage17
    Ret18Vitantonio LiuzziSTR-Ferrari19Hydraulics16
    Ret19Scott SpeedSTR-Ferrari9Tyre22
    Ret6Kimi RäikkönenFerrari9Electrical3
    Ret12Jarno TrulliToyota8Fuel line6
    Ret15Mark WebberRed Bull-Renault7Transmission19
    Ret17Alexander WurzWilliams-Toyota1Accident18








    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2007 Round.4 スペインGP フリー走行&予選

    見応えのある予選でしたねぇ。

    フリー走行ではマクラーレンが調子よくてねぇ。

    Q3のラストアタックは盛り上がったなぁ。

    何しろポールポジションを取ったマッサと、
    2位のアロンソのタイム差が.03秒ですよ。

    くぅぅ。

    相変わらずF1ってすげぇ、
    と思ってしまいました。

    BMWは、クビサが5位に入って、
    確実にフェラーリ、マクラーレンに次ぐポジションを固めてきましたね。

    今シーズンに入ってからクビサがイマイチパッとしなかったけど、
    やっと本来の調子を取り戻してきた感じですね。

    そして、スーパーアグリの2台は、
    実に、実に、残念です。

    あと一歩というところでトラブルで、
    Q3へのチャンスを逃がしてしまいました。

    この不運が、
    明日の決勝にまで及ばなければいいんだけどなぁ。

    そして、相変わらずくら~いトンネルの中をばく進中のホンダ。

    それでも、前戦までより安定してきたかなぁ、
    という感じでしたね。

    あと1秒タイムを縮められれば、
    とりあえず次のステップに行きそうだけど、
    この1秒がねぇ。

    果てしなくでかい数字なんだよねぇ。

    ホント、F1ってすげぇと思ってしまうよ。

    まぁ、明日の決勝は、
    ホンダにはちょーーーとだけ期待して、
    スーパーアグリには少し期待してみてみようと思っています。

    FORMULA 1™ Gran Premio de España Telefónica 2007

    Pos_No_______Driver____________Team______Time/Retired__Gap_Laps
    12Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes1:21.23313
    21Fernando AlonsoMcLaren-Mercedes1:21.3120.07913
    310Robert KubicaBMW1:21.3640.13117
    49Nick HeidfeldBMW1:21.4640.23117
    514David CoulthardRed Bull-Renault1:21.5560.32312
    65Felipe MassaFerrari1:21.6590.42614
    76Kimi RäikkönenFerrari1:21.8290.59615
    823Anthony DavidsonSuper Aguri-Honda1:21.8450.61215
    916Nico RosbergWilliams-Toyota1:21.9530.72016
    104Heikki KovalainenRenault1:22.0670.83418
    113Giancarlo FisichellaRenault1:22.1400.90712
    1212Jarno TrulliToyota1:22.1740.94125
    138Rubens BarrichelloHonda1:22.2741.04115
    1422Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:22.2951.06221
    1519Scott SpeedSTR-Ferrari1:22.3141.08116
    1611Ralf SchumacherToyota1:22.5701.33721
    177Jenson ButtonHonda1:22.7441.51117
    1815Mark WebberRed Bull-Renault1:22.7591.52613
    1917Alexander WurzWilliams-Toyota1:23.0201.78716
    2018Vitantonio LiuzziSTR-Ferrari1:23.3672.1348
    2120Adrian SutilSpyker-Ferrari1:23.5842.35122
    2221Christijan AlbersSpyker-Ferrari1:23.8172.58422


    FORMULA 1™ Gran Premio de España Telefónica 2007

    Pos_No_______Driver____________Team_________Q1______Q2______Q3___Laps
    15Felipe MassaFerrari1:21.3751:20.5971:21.42117
    21Fernando AlonsoMcLaren-Mercedes1:21.6091:20.7971:21.45117
    36Kimi RäikkönenFerrari1:21.8021:20.7411:21.72317
    42Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes1:21.1201:20.7131:21.78517
    510Robert KubicaBMW1:21.9411:21.3811:22.25321
    612Jarno TrulliToyota1:22.5011:21.5541:22.32425
    79Nick HeidfeldBMW1:21.6251:21.1131:22.38918
    84Heikki KovalainenRenault1:21.7901:21.6231:22.56823
    914David CoulthardRed Bull-Renault1:22.4911:21.4881:22.74922
    103Giancarlo FisichellaRenault1:22.0641:21.6771:22.88123
    1116Nico RosbergWilliams-Toyota1:21.9431:21.96813
    128Rubens BarrichelloHonda1:22.5021:22.09712
    1322Takuma SatoSuper Aguri-Honda1:22.0901:22.1159
    147Jenson ButtonHonda1:22.5031:22.12012
    1523Anthony DavidsonSuper Aguri-Honda1:22.29510
    1618Vitantonio LiuzziSTR-Ferrari1:22.5087
    1711Ralf SchumacherToyota1:22.6667
    1817Alexander WurzWilliams-Toyota1:22.7697
    1915Mark WebberRed Bull-Renault1:23.3983
    2020Adrian SutilSpyker-Ferrari1:23.8118
    2121Christijan AlbersSpyker-Ferrari1:23.9908
    2219Scott SpeedSTR-FerrariNo time2









    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー