ちぇんじ123(ひふみ) 5巻 【マンガ】

    「ちぇんじ123(ひふみ)」の第5巻です。

    いやー、相変わらず面白いですねぇ。

    今回は、南の島から来た戦士のお話がメインになります。

    月島牡丹、ギンガ、日野いずる、
    この中に南の島から来たとっても強い戦士ガダムがいるのです。

    ああ、ギンガは違ったね。

    ギンガはガダムを探しに来たんでした。

    と言う事は、
    月島牡丹か日野いずるのどちらかと言うことになるのですが、
    まぁ、普通に考えれば、
    日野いずるでしょうね。

    と言う事で、
    ネタバレになります。

    学園祭で、ついにガダムを見つけたギンガ。

    学園祭当日にギンガとガダム、日野いずるとが戦うことに。

    ある意味、圧倒的な感じで日野いずるが勝つ?のですが、
    その強さを見込んだ、
    ふじこが、
    日野いずるにもっと強くなれと助言。

    それは、小介川英生を守るために必要なことだと。

    そして、最後のエピソードでは、
    いやはや、小介川英生が告白。

    まぁ、あまりかっこいい感じではありませんでしたが、
    結果的にはOKって感じで、
    遂に月斗素子からよりよい返事をもらうことに。

    いやー、この後どうなってしまうでしょうかねぇ。

    そして、なんだか新しい展開は、
    ちょっと今までと違った感じでシリアスになりそうですよ。

    はやく続きでないかなぁ。


    ■eBookJapanでも「ちぇんじ123(ひふみ)」のダウンロード販売しています。

    ◆「ちぇんじ123(ひふみ)」のダウンロード購入はこちらから


    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 坂口いく 岩澤紫麗 ちょいエロ 格闘 学園 青春 恋愛

    おねがい☆ツインズ 【アニメ】

    以前ネタにした「おねがい☆ティーチャー」と同じ世界観、
    同じ舞台で繰り広げられる青春ドラマアニメです。

    「おねがい☆ティーチャー」の時は、
    ヒロインの先生が宇宙人ということもあり、
    SF的な部分が数多くありましたが、
    今回は、それこそ、限りなく普通の学園青春ドラマに近いです。

    主人公は、高校生ですが、
    プログラミング技術が高く、
    プログラマーとして仕事をしているある意味いけ好かない男。

    そんな彼の所に、
    実は私アナタと双子の妹です。

    と名乗る女性が二人登場。

    どちらかが本物で、
    どちらかが偽物という感じで、
    一人暮らしをしている主人公の元で同棲生活。

    なんか、ギャルゲーそのまんまの展開とシチュエーションが繰り広げられます。

    「おねがい☆ティーチャー」に登場してきた人物もちょこっと出てきたりして、
    「おねがい☆ティーチャー」から観ている人には、
    そういう楽しみもあったりします。

    が、
    「おねがい☆ツインズ」から観てもそれほど困らない感じです。

    「おねがい☆ティーチャー」を観ていれば、
    より楽しめるといった感じです。

    まぁ、アチキとしては、
    「おねがい☆ティーチャー」ほど、
    面白いと感じませんでしたけど。

    まぁ、最後まで観られるおもしろさはあります。

    なので、
    「おねがい☆ティーチャー」を観て、
    面白いと思ったら「おねがい☆ツインズ」を観るというのが、
    やはり一番良いのかな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 恋愛 青春 高校生 ちょいエロ 中原麻衣 根谷美智子 井上喜久子 金田朋子

    ウエストワールド 【1973年製作:映画】

    マイケル・クライトンが監督脚本を手がけた映画「ウエストワールド」です。

    はじめてこの映画を見たのは、
    TVで放送されているやつでしたね。

    その頃から好きで、
    DVDを買ってしまうほどです。

    まぁ、当時は、
    マイケル・クライトンの名前なんて、
    アチキにとっては意味のない名前でしたけど、
    今となっては、
    なるほどと思わせる感じですよ。

    物語は、
    ロボットを使ったアミューズメントパークが舞台で、
    そこでロボットが氾濫して人間を殺していくという内容。

    実に単純で、
    今となっては大した事のない物語ですが、
    中々スリリングに良く出来たSF映画なのです。

    なんと言ってもユル・ブリンナーが演じるロボットガンマン406号が良いんですな。

    それこそ、
    映画「ターミネーター」でのアーノルド・シュワルツェネッガーが演じたT-800並の出来の良さでしたよ。

    主人公達が執拗にユル・ブリンナーに追いかけ回されるのですが、
    表情がないのに、
    怖いんですよ。

    逆に言えば、
    表情がないから怖いとも言えるのですが、
    憎しみというか、
    恨みというか、
    そう言うのを感じるんですよねぇ。

    いやー、ホント面白かったなぁ。

    さすがに昔の映画なので、
    特撮なんかは、実にショボクて、
    ある意味味があるって感じなんですけど。

    そういう部分だけではなく、
    物語としてのSF映画の出来の良さって言うのを感じて欲しいですね。

    興味があったら是非ご覧になって見てください。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション ちょいエロ ロボット マイケル・クライトン 動画

    ガラスの艦隊 【アニメ】

    「ガラスの仮面」ではありません。

    「ガラスの艦隊」です。

    分かっているとは思いますが、
    12時前に脱ぎ忘れた「ガラスの靴」でもありません。

    と言ったつまらない冗談はさておき、
    「ガラスの艦隊」についてですね。

    どこかの宇宙のとってもファンタジーな感じの世界でのお話し。

    中世の時代を彷彿とさせる世界で、
    貴族が幅をきかせ、
    まるで「ベルサイユのばら」のような感じの世界です。

    主人公でもあるヒロインのミシェル・ヴォルバンは、
    男装の麗人って感じで、
    本当は女性なのですが、
    兄のかわりに、
    兄として化けているという設定です。

    そして、宇宙海賊のような無法者がいて、
    貴族社会との対立、
    というか平民の自由を勝ち取るといったまさにフランス革命的な物語になっています。

    思っていたよりも面白かったです。

    はじめは、ちょっとこのベルばら的な世界観について行けないかなぁ、
    なんて思っていたのですが、
    そうでもなかったですね。

    色々な謎があって、
    それが徐々に解けていく頃には、
    何の違和感もなく楽しんでみていましたよ。

    もっと宇宙戦艦との戦いがあったり、
    「ガラスの戦艦」といわれる宇宙船が活躍してくれると、
    もっと男の子的には楽しめたかな。

    まぁ、キャラクターなどが好みだったら結構楽しめると思うので、
    興味があったら観てもよいと思いますよ。










    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ファンタジー スペースオペラ GONZO 動画 甲斐田裕子 石田彰 釘宮理恵 園崎未恵 沢城みゆき

    遊星からの物体X 【1982年製作:映画】

    ジョン・カーペンターの傑作SFホラーB級映画です。

    はじめて見たのは、
    劇場だったんですが、
    いやー、
    面白かったなぁ。

    映画を観た後に知ったんですが、
    この映画、
    リメイクだったんですね。

    「遊星よりの物体X」という映画が元になっている、
    と。

    と、
    思っていたら、
    原作は小説だったというのが、
    これを書く時に知った新たな事実です。

    それも短編小説らしいですね。

    当然、
    読んだことありません。

    さて、
    リメイクされた「遊星からの物体X」ですが、
    いきなり犬が走っているところから始まって、
    その犬が、実は何かに感染していて、
    といった感じで始まるのですが、
    唐突だなぁ、
    なんて思っていたら「遊星よりの物体X」では、
    その前のエピソードがあるらしいじゃないですか。

    へぇ~、
    いつか観ないと、
    と思っていてまだ観ていません。

    さて、
    この映画、
    閉じ込められた基地で、
    誰があいつに感染しているのか、
    と言った疑心暗鬼の状況が実に良く出来ていて、
    クリーチャーなんかも斬新で、
    ものによっては笑ってしまうような感じですが、
    間違ってもモンスターとかエイリアンなどの映画ではないです。

    それを象徴するのが、
    ラストのシーンですね。

    ネタバレになってしまいますが、
    最後に残った人間が、
    感染しているのかしていないのか、
    それが分からないまま終わっていきます。

    派手なエンタテインメントではないので、
    そういう感じで期待していると肩すかしを食らいますが、
    そうでなければ、
    実に良く出来た面白い映画です。

    やはりジョン・カーペンターのはB級映画がよく似合うなぁ。

    ついでにジョン・カーペンターカート・ラッセルのコンビは、
    最高だなぁ。

    まだ観たことがない人は、
    是非、
    ご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ホラー 動画 ジョン・カーペンター カート・ラッセル

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー