スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター 【2010年製作:アニメ】

    「スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター」です。

    前回の「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」の続きになります。

    と言っても前作の物語は一応完結しておりますので、
    前作を見ていなくても、まぁ、分かる内容なのかな。

    とは言え、
    一番は前作から観てもらうのが良いのですけどね。

    さて、
    今回の「スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター」では、
    主役チームがSRXからATXチームに変わりました。

    そして、
    敵は異世界というか、パラレルワールドのもう一つの世界から来た連中になります。

    その世界では、
    ATXチームは、
    地球を滅ぼした極悪人のような存在といった感じになっています。

    メインの話は、そんな感じで、
    それ以外にも色々とあるわけです。

    何しろ主役級の登場人物が多いですからね、
    スーパーロボット大戦シリーズは。

    だから全26話なのですが、
    結構、あっという間に終わってしまう感じです。

    ここまで見て、
    やっとキャスティングが完了したというか、
    全体が見えたという感じで、
    このあと、
    再度、一番はじめに見た「スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION」を見たんですけど、
    いやー、やっぱりここのキャラクターのバックボーンとかを知っている方が、
    数段楽しめましたね。

    なのでこれから「スーパーロボット大戦OG」のアニメシリーズを見ようと思っている方は、
    「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」
    「スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター」
    「スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION」
    の順番で見た方がよいです。

    アチキのように製作年代順で見ても良いけど、
    ゲームすらプレイしたことがない人は、
    物語の年代順がお薦めですな。

    まぁ、ゲームをプレイしたことがない人がこのアニメを見るのかどうかは疑問だけど。

    それほど多くはないような気がするなぁ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 冬馬由美 折笠愛 田中敦子 かかずゆみ 夏樹リオ 佐久間レイ 水谷優子 高橋美佳子

    スクリーム・オブ・バンシー ~殺戮の妖精~ 【2011年製作:映画】

    「スクリーム・オブ・バンシー ~殺戮の妖精~」です。

    まさにタイトル通りの映画でしたね。

    ホント、パンシーの叫び声には参りました。

    さて、内容ですが、
    大学の考古学クラブ?(ゼミとか研究室だと思うんですが)に、
    謎の箱が送られてきます。

    普段から色んなモノが送り込まれるので、
    こう言うことにも慣れっこなのか、
    開けてみてみると、
    そこには、
    中世のガントレットと開けてはいけない箱にパンシーの首から上が入っていたのです。

    そこから色んな異変が起きて、
    遂には、パンシーが叫びます。

    まぁ、ここからがこの映画の本番です。

    叫ぶパンシーをなんとかしようと頑張るわけですな。

    この辺の展開は、
    ミステリー的な謎を追っている感じで、
    楽しかったです。

    そこにスパイス的にホラーがあるって言う感じかな。

    ただ、ミステリーなら原因と結果が分かれば、
    まぁ、良いでしょう、
    と言う事になるのですが、
    ホラーですからね、
    解決しないことにはダメという感じで、
    解決せずに終わるホラーもありますが、
    あそこまでパンシーの謎?に迫ったらキチンと解決しないとね、
    と言う事になるわけですよ。

    しかし、この解決が、
    まぁ、なんというか、
    ちょっと残念でしたね。

    途中までが良い展開だっただけに、
    まとめ方が強引な感じで、
    ちょっと残念に感じのですが、
    全体としては、よさげなホラー映画でした。

    B級ホラー映画が好きな人なら十分に楽しめると思います。

    そうでない方もレンタル代分は楽しめる作品だと思います。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ 【2006年製作:TVアニメ】

    TVアニメ「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」です。

    以前ネタにした「スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION」の物語よりも以前の話。

    SRXチーム創設の話という感じの内容です。

    なので、
    主役はSRXチームと言うことになります。

    「スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION」では、
    脇役というか、
    ほとんど目立たなかったチームですね。

    物語は、
    SRXにリュウセイ・ダテが入隊する所から始まります。

    ロボット対戦のビデオゲーム大会で負けてしまったリュウセイ・ダテにSRXのプロジェクトチームがスカウトするといった感じで入隊します。

    そして、本物のロボットを操縦する事になり、
    訓練に明け暮れる日々。

    チームメンバーとも色々とあったり、
    ある意味お約束のオンパレード。

    そんなとき、
    連邦政府に対してディバイン・クルセイダースが宣戦布告。

    地球は一気に戦火に飲み込まれてしまいます。

    ディバイン・クルセイダースとの戦いの後、
    エアロゲイターの出現があって、
    結構テンポ良く展開していきます。

    ちゃんとSRXチーム以外のATXチームとかも活躍するし、
    全26話のボリュームあるお話になっています。

    敵や味方に謎があって、
    戦い以外にも見所があったりします。

    これを観た後、
    スーパーロボット大戦OGシリーズのゲームをプレイしてみようと思ったほどです。

    さすがにOVAほどの画のクオリティはなかったですが、
    されでも良く出来ていました。

    時代的にもこちらの作品の方が前になるので、
    これからアニメを観ようと思っている方は、
    「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」から見るのをお薦めするかな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 動画 冬馬由美 折笠愛 田中敦子 かかずゆみ 夏樹リオ 佐久間レイ 水谷優子

    デス・ゲーム ~処刑監獄~ 【2011年製作:映画】

    「デス・ゲーム ~処刑監獄~」は、ホラー映画です。

    冒頭、色んな人物達が拉致されていくところから物語が始まります。

    そして、
    連れ去られた先は、
    元刑務所の廃墟前。

    そこで、
    今回の拉致した理由が語られます。

    それは、
    TV番組の企画。

    曰く付きの廃墟で一夜を過ごしてもらい、
    それをカメラで撮るという定番の企画。

    番組の企画として、
    怖がらせる企画が盛り込まれた廃墟なんですが、
    そこは、それ、ホラー映画ですから、
    当然本物も紛れ込んでの展開になるわけです。

    この展開にも一工夫あって、
    最後まで楽しませてくれる作りになっていて、
    とても楽しめましたね。

    どういう展開なのかは、
    この映画のキモにもなるので語れませんが、
    結構楽しめますよ。

    ただ、その展開が怖いかどうかは、
    ちょっと、疑問というか、
    アチキは、それほど怖いとは思わなかったので、
    そういう期待はしない方が良いかな。

    ありきたりの定番内容に、
    良いエッセンスが盛り込まれたという感じですか。

    見せ方とか、展開が良かったので、
    同じ様な展開のホラーもあったと思いますが、
    数段綺麗にまとまっているかな。

    出だしは、大丈夫か?みたいな感じの映画ですが、
    ラストに向けてキッチリ盛り上げてくれるお手本のような作品です。

    まぁ、興味があったらご覧になって観てください。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION (オリジナルジェネレーション ジ アニメーション) 【2005年製作:OVA】

    ゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズの流れをくむOVA(オリジナルビデオアニメ)作品「スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION (オリジナルジェネレーション ジ アニメーション)」です。

    「スーパーロボット大戦」シリーズと言えば、
    様々なロボットアニメのロボットやキャラクター達が一同に会して悪者と戦うシミュレーションロールプレイングゲームです。

    そのゲーム中に、
    既存のキャラクター以外にゲームオリジナルのキャラクターやロボットがいて、
    そいつらだけを集めたゲームがあって、
    このアニメは、
    そのゲームの設定を元にして作られた作品です。

    アニメの物語自体は、オリジナルなのかな。

    ちょっと詳しく調べてないので、
    その辺は、よく分かりません。

    まぁ、アチキは、
    「スーパーロボット大戦」シリーズは好きなのですが、
    実際にプレイしたことがあるのは、
    「第4次スーパーロボット大戦S」「新スーパーロボット大戦」「スーパーロボット大戦F」「スーパーロボット大戦F完結編」くらいで、
    これ以外にも買って持っているのはあるのですが、
    まだプレイしていないという状況。

    なので、
    このアニメに出てくる登場人物も知っているようで知らなかったりと、
    予備知識があるとは言えない状態で見ています。

    物語は、
    悪者をやっつけるお話し。

    説明が簡単すぎますな。

    でも勧善懲悪ということですよ。

    全3話ですから複雑な話は出来ないと言うこともあるんでしょうけどね。

    もちっと説明すると、
    地球連邦軍が、
    新型の量産型人型機動兵器を作り、
    その発表会場で、
    その新兵器が大暴れ。

    それを皮切りに世界各地で大暴れ。

    こいつは、大変なことだと、
    主人公達(たぶんみんながヒーローでヒロインなので一人だけがスポットを浴びるようなことはないです)が頑張るって言う展開。

    キャラクター達の相関関係がイマイチ分かっていないので、
    展開というか、キャラ同士のやり取りについていけない部分もありましたが、
    全体的には、
    十分楽しめました。

    ゲーム「スーパーロボット大戦」のそれも「OG」シリーズをプレイしたことがある人ならもっと楽しめるんでしょうね。

    そんなわけで、
    結構、面白かったので、
    他のアニメシリーズも見ることにしました。

    そのネタはまたこんど。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 冬馬由美 折笠愛 田中敦子 かかずゆみ 夏樹リオ 佐久間レイ 水谷優子 高橋美佳子

    ホーンテッド・グラウンド 【2011年製作:映画】

    ホラー映画です。

    こう言うと語弊があるかもしれませんが、
    純粋なホラー映画という感じの作品ではないです。

    サイコスリラー的な要素も入っている映画です。

    なんか最近アチキが見るホラー映画ってこう言うのが多いなぁ、
    と言う気がするんですよねえ。

    さて、
    「ホーンテッド・グラウンド」の内容です。

    流産した妻の精神的なリハビリも兼ねて、
    新居に引っ越して来た夫婦。

    その新居は、
    旦那の祖先が住んでいたという建物で、
    実に、
    なにかありそうな雰囲気。

    館ゴーストの展開が容易に想像できるで出しで、
    ゴーストのちょい見せも良い感じで、
    前半は凄く良い感じで期待が持てるんですよ。

    庭に植えた苗木が枯れたり、
    庭を掘り返したら骸骨が出てきたり、
    何かあるぞと、
    楽しませてくれます。

    そんな怪現象に妻は精神的にストレスを抱え、
    悩んだりしているのですが、
    旦那は怪現象に関しては懐疑的で、
    まともに取り合ってくれず。

    そして、
    後半になると、
    なんか旦那の様子もおかしくなって、、、。

    もう後半になると、
    ホラーなのか、
    という感じになるんですよねぇ。

    まぁ、
    悪くはないですが、
    前半の展開のままストレートなホラー映画にして欲しかったなぁ、
    なんていう思いもチラホラ。

    確かにそうなると普通のホラーだから中々インパクトを与えるのは難しかもしれないけど、
    こういう変化球の映画を最近見てばっかりだから余計にそう感じるのかもしれないけど、
    ちょっと不満が残る展開でしたね。

    まぁ、
    それも個人的な趣味嗜好ですし、
    こう言う展開がダメでつまらないと言っているわけではないです。

    これはこれで、
    中々良かったですよ。

    最後まで楽しく見られましたし。

    なので、
    ぎょえぇぇぇ、
    と言った驚きとかはあまりないですが、
    暇な週末にホラーな映画を観たいと思っている方には、
    選択肢の一つに加えても良いかもという作品です。

    レンタル代分は十分に楽しませてくれると思いますよ。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー サイコ スリラー 動画

    ULTRAMAN(ウルトラマン) 3巻 【マンガ】

    「ULTRAMAN(ウルトラマン)」第3巻です。

    ついこの間2巻の事を書いたのですが、
    その後、すぐに3巻が届きまして、
    これだったら2冊まとめて書いても良かったかなぁ、
    とちょっとだけ思いました。

    と言う事で、
    3巻です。

    ちょっとネタバレになってしまいますが、
    まぁ、当初からこの漫画を読んでいる人はそうだと思っていたので、
    ネタバレにもならないと思いますが、
    一応、気にする人がいると思うので、
    気にする人はこの先読まないように。

    そのネタバレになると思う部分ですが、
    遂にウルトラマンセブンが登場します。

    諸星という名前の登場人物ははじめの方から出ていましたので、
    きっとこいつはウルトラマンセブンなのだろうと読者のみんなは思っていたはず。

    だから登場した時は、
    ちょっと盛り上がりましたよ。

    でもねぇ、
    なんだかなぁ、
    と言う部分もあります。

    設定としては、
    ウルトラマンのバージョン7という事になっています。

    やはり、この部分が何だかなぁ、
    なのかな。

    Ver.7という設定自体は悪くないですし、
    今風でよいかもしれませんが、
    やはり、あのウルトラマンセブンもとい、
    ウルトラセブンじゃないからでしょう。

    やはりウルトラマンのVer.7で、
    ウルトラマンセブンってなんだよ、と。

    ウルトラセブンを登場させろよ。

    と言いたくなる人もいるでしょうね。

    さて、そんなファンの気持ちをちょっとだけ代弁しつつ、
    物語としては、
    良い感じになってきました。

    宇宙人街まで登場するし。

    この作品は「ケロロ軍曹」か、
    と言いたくなりましたね。

    別に宇宙人街があったっていいんですが、
    今までのように「M.I.B.」でいいじゃん、
    とも思うわけですよ。

    と言ったわけで、
    まだまだこれからという感じの「ULTRAMAN(ウルトラマン)」です。

    次巻の発売を楽しみにしたいと思います。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 怪獣 ミリタリー

    ダーク・シークレット 2 【2001年製作:映画】

    「ダーク・シークレット」の続編「ダーク・シークレット 2」です。

    と言いたいところですが、
    物語は全然別の話になっています。

    共通項は、
    女性の軍人が主人公で、
    フランス軍が舞台になっていることろだけ。

    まぁ、そんなこったろうとは観る前から分かっていましたけどね。

    と言うわけで、
    わざわざ「ダーク・シークレット」から見なおしたのは、
    そうは思ってもまかり間違ってキチンとしたシリーズ物だったら困ると思ったので前作も観たんですよ。

    そしたら、案の定、
    以前観たことがある映画だったと。

    さて、そういう意味では、
    「ダーク・シークレット 2」は、
    はじめて観る映画でした。

    なので、
    それなりに楽しめました。

    軍隊での女性の立場は、
    やはりそれなりで、
    その中で頑張っている主人公の女性。

    そして、認められ、
    新兵の教官として仕事をしていたら新兵がトラブル。

    それを解決するという物語。

    ちょっとしたラブロマンスもあったりして、
    それなりに最後まで楽しく見られます。

    フランス海軍が全面協力と言うこともあって、
    出てくる兵器は本物がいっぱい。

    それを見ているだけでもミリタリー好きの人は楽しめると思います。

    それ以外の人は、
    ちょっとどうかな。

    まぁ、レンタル代分くらいは楽しめるのかな。

    取り立ててお薦めする作品でもないですが、
    ダメダメというわけでもないので、
    何かしらピンと来るモノがあったら見ても良いかも。

    そんな感じの普通の映画です。





    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミリタリー アクション 恋愛

    F1 2013 Round.13 シンガポールGP

    F1で唯一のナイトレース、シンガポールGPです。

    夕方から始まって陽が落ちてからフィニッシュするレースもありますが、
    スタートから陽が落ちているのは、
    このシンガポールGPだけです。

    あれだけ煌々とコースに照明が当たっているのを見ると、
    実にバブリーなれーすだなぁ、と。

    さて、レースは、
    三戦連続でレッドブルのセバスチャン・ベッテルが、
    ポール・トゥ・フィニッシュです。

    独走状態ですが、
    画面にもほとんど映りませんでしたが、
    さすがという走りでしたね。

    そして、
    2位にはフェラーリのフェルナンド・アロンソです。

    こちらは、
    もうスタートで決めたという感じでしたね。

    それにしても、崖っぷちでチャンピオンシップに踏ん張っているという感じです。

    3位には、
    ロータスのキミ・ライコネン。

    来年はフェラーリに行くと言うことで、
    色々と話題を提供していますが、
    今回も腰だか背中を痛めていて(腰痛らしいです)、
    予選では精彩なく、
    大丈夫か、
    と言う感じてしたが、
    3位に持ってくると言うのは、
    さすがというしかかないです。

    レース自体は、
    3位以下がたのしかったですね。

    特にセーフティーカーが出た後は、
    タイヤ戦略の差が出て、
    いい感じでバトルが見られました。

    最後の最後でレッドブルのマーク・ウェバーのマシンが火を噴いて止まってしまいましたが、
    それまでは、どんどん車を抜いて楽しませてくれたんですが、
    残念でしたね。

    次戦は、韓国です。

    そのレースの結果次第では、
    日本GPでチャンピオンシップが決まるというレースになるかもしれません。

    楽しみですね。

    2013 FORMULA 1 SINGTEL SINGAPORE GRAND PRIX

    Provisional Results
    PosNo______Driver______________Team________Laps_Time/Retired_GridPts
    11Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault61Winner125
    23Fernando AlonsoFerrari61+32.6 secs718
    37Kimi RäikkönenLotus-Renault61+43.9 secs1315
    49Nico RosbergMercedes61+51.1 secs212
    510Lewis HamiltonMercedes61+53.1 secs510
    64Felipe MassaFerrari61+63.8 secs68
    75Jenson ButtonMcLaren-Mercedes61+83.3 secs86
    86Sergio PerezMcLaren-Mercedes61+83.8 secs144
    911Nico HulkenbergSauber-Ferrari61+84.2 secs112
    1015Adrian SutilForce India-Mercedes61+84.6 secs151
    1116Pastor MaldonadoWilliams-Renault61+88.4 secs18
    1212Esteban GutierrezSauber-Ferrari61+97.8 secs10
    1317Valtteri BottasWilliams-Renault61+ secs16
    1418Jean-Eric VergneSTR-Ferrari61+ secs12
    152Mark WebberRed Bull Racing-Renault60+1 Lap4
    1621Giedo van der GardeCaterham-Renault60+1 Lap20
    1723Max ChiltonMarussia-Cosworth60+1 Lap22
    1822Jules BianchiMarussia-Cosworth60+1 Lap21
    1920Charles PicCaterham-Renault60+1 Lap19
    2014Paul di RestaForce India-Mercedes54+7 Lap17
    Ret8Romain GrosjeanLotus-Renault37+24 Laps3
    Ret19Daniel RicciardoSTR-Ferrari23+38 Laps9




    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    ULTRAMAN(ウルトラマン) 2巻 【マンガ】

    マンガ「ULTRAMAN(ウルトラマン)」の第2巻です。

    さて、
    主人公早田進次郎の父親が昔ウルトラマンとして活躍してたことを知り、
    そして、
    自らもウルトラマンとしての力を持っていることを知った早田進次郎は、
    今後の身の振り方に悩みます。

    と言っても、
    苦悩するほどでもなくて、
    案外あっさりとウルトラマンとして行動することに。

    しかし、
    世間ではウルトラマンどころか、
    宇宙人、怪獣の存在さえ伝説的になりつつある現代。

    科学特捜隊も現代の遺物と思われていたのが、
    いきなり表立った活動に口を挟むようになります。

    さすがに単純な宇宙怪獣対ウルトラマンという物語ではなく、
    色々と設定が凝っていたりします。

    この展開は、
    最近のアメコミの映画に通じたりしているなぁ、と。

    まだまだ始まったばかりで、
    ウルトラマンも巨大化していないし、
    新たな登場人物も出てきて、
    何処まで話が大きくなるのか。

    実に次の展開が待ち遠しいです。

    と言うわけで、
    3巻が出ているので、
    それを読んでからまたネタにします。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 怪獣 ミリタリー

    ダーク・シークレット 【2000年製作:映画】

    フランス映画です。

    エンタテインメント映画です。

    いわゆるミリタリーモノで、
    フランス軍の女性パイロットのお話。

    アレ?

    これってどこかで観た事があるなぁ。

    と思って見ていくうちに、
    やっぱり観た事があるぞ、と。

    で、今回これを書くにあたって、
    過去のブログ記事をチェックしていたら、
    ありましたよ。

    でも邦題のタイトルは、
    「ダーク・ミッション」ってなっていました。

    なんだかなぁ。

    同一タイトルだったらきっと、たぶん、
    観た事があるかどうかチェックしていたと思うんだよねぇ。

    実は、今回も何となく気になっていたんだけど、
    シリーズ作品だから例え同じ作品でも復習をかねて見ればよいかと言うことで見たんだよねぇ。

    まぁ、有名タイトルでは、
    ヘタに変えると色々と問題になるのですが、
    B級作品などのマイナーな邦題タイトルは、
    タイトルが変わる事って良くあることなんですよ。

    ちなみに「ダーク・ミッション/怒りの銃弾」という映画もありますが、
    こちらは、香港映画でサブタイトルをつけて区別されているようです。

    ちなみにアチキの見た「ダーク・ミッション」は、
    探し方が悪いのか、
    ネットで検索しても出てこないんですよねぇ。

    こうなると、
    アチキの記憶違いと言うことも考えられるのですが、
    見たタイトルはちゃんとメモっていたから間違いないと思うんですよねぇ。

    と言うわけで、
    前回の「ダーク・ミッション」の時には、
    相変わらずろくなことしか書いていないので、
    今回は、少しくらいまともなことでも書くかな。

    と、気持ちだけはあります。

    さて、改めて、
    と思ったのですが、
    長くなったので、
    詳細?は、アチキの「ダーク・ミッション」のブログ記事を読んでください。

    大した事がないけど、
    ただ補足するなら、
    物語的には、
    それなりに楽しめる映画と言うことです。

    なんか、
    映画の内容についての感想が一言で終わってしまってすみません。





    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミリタリー アクション 戦闘機

    シャングリ・ラ 【アニメ】

    池上永一原作のSF小説をアニメ化した「シャングリ・ラ」です。

    当然、と言ってしまうとなんだかなぁ、
    と言う気もしないでもないが、
    原作が小説であったことを知ったのは、
    アニメを観終わってからブックオフでたまたま同タイトルと同じ小説を見つけた時です。

    それでも最初は、
    アニメのノベライズかと思ったほどでしたけどね。

    なので、
    小説を手には取りましたが、
    買っていません。

    なんというか、
    小説まで読みたいとは思わなかったというか。

    と言うと、
    アニメがそんなに面白くなかったのかと思われますが、
    面白かったですよ。

    物語は、
    地球温暖化の為に緑化計画と規制が厳しくなった世界が舞台。

    東京もコンクリートジャングルから密林地帯へと変貌。

    二酸化炭素を排出するような行為があると警察のような軍隊のような連中がやって来て取り締まるという凄い世界。

    そんな世界では、
    人はまともに住めないと言うことで、
    人類の安住の地としてアトラスという巨大な都市建造物の建設と移住が行われているという設定。

    物語の主人公北条國子は、
    反政府組織メタル・エイジの総裁となって戦う少女。

    物語当初は、総裁みたいな感じで本人は総裁になるのを拒否していたのが、
    途中で総裁になって政府に喧嘩を売ることになります。

    単純な政府と反政府の戦いという図式の物語ではなく、
    ちょつとオカルトチックな設定や人物なんかもあったり、
    その他にもアトラスにまつわる秘密など、
    色々と謎が多い物語になっています。

    一見、暗い感じの物語なのですが、
    思っていた以上に悲壮感はなかったですね。

    一応、最後はハッピーエンドになっていますし。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション ミリタリー 動画 高橋美佳子 中田譲治 堀内賢雄 金田朋子 渡辺久美子

    同窓会 Playmates 【2003年製作:映画】

    タイトルとパッケージを見ると某アルバトス配給系のエロエロな映画かと思われる「同窓会 Playmates」です。

    実際、そんなに大きく違わないんだけどね。

    物語は、
    建設途中なのか、
    取り壊し中なのか、
    途中までしかない高架線道路から女性が乗った車が転落して死亡します。

    この事件というか、
    自殺というか、
    これが切っ掛けで新たな事件がおこり、
    それが物語の中心になります。

    死んだ女性の同級生が、
    南国リゾートに集まって、
    次々と殺されていくというお話し。

    犯人は一体誰なんだ。

    といった感じのサスペンス的な物語。

    とは言え、
    そこは、それ、エロいパッケージ写真からも分かるように、
    ハラハラドキドキのサスペンスモノではありません。

    また、エロいパッケージほどエロはありません。

    アチキは、
    てっきりドラマ5~10分、エロ10分以上の繰り返しみたいな、
    良くあるソフトポルノ的な映画かと思っていましたからね。

    ある意味普通の映画で、
    普通の映画よりも女性の裸が多く出ていると言った感じです。

    そんなわけで、
    色んな意味でパッケージに欺されると思う作品です。

    取り立ててお薦めする部分もないのですが、
    それなりには、楽しめて最後で見ていられる作品でした。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 刑事 サスペンス エロス 動画

    ゆるゆり♪♪ 【アニメ】

    アニメ「ゆるゆり」の第2期、シーズン2、まぁ、何でもいいですけど、
    「ゆるゆり」の続き「ゆるゆり♪♪」です。

    といった感じで、
    第2期「ゆるゆり」の事を書こうと思ったわけですが、
    取り立てて書くことがない。

    なんていうのか、
    こう言う日常的なコメディで、
    大きな謎や陰謀があるようなストーリーならいざ知らず、
    なにもないからねぇ。

    ないと言えば、
    主人公の存在の無さは、
    輪をかけて大きくなってきましたなぁ。

    もう、そのこと自体がギャグになっているから、
    仕方ないのかもしれませんけど。

    一方、ユリネタ的な所は、
    相変わらずのゆるい感じです。

    まぁ、全てがゆるいわけではなく、
    各キャラクターは、
    存在感があるし、
    アクがあるし、
    パワフルなんですけどね。

    小ネタエピソードは、
    ホント、楽しくて、
    ついついクスクス笑ってしまいます。

    こう言う、見ているだけで、
    何も考えず、
    変なストレスも感じないアニメって、
    年を取ると凄く良い感じに思えるんですよねぇ。

    まぁ、その手の究極アニメは「サザエさん」だったりするわけですが。

    でも、何でもかんでも日常系脱力系ハートフル系が面白いわけではないですけどね。

    実に楽しいアニメです。

    また第3期とかやらないかなぁ。

    今度、原作マンガでも買ってみようかなぁ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 恋愛 学園 中学生 加藤英美里 三上枝織 大坪由佳 津田美波 大久保瑠美

    スリーパー 【1973年製作:映画】

    ウディ・アレン主演のSFコメディ映画「スリーパー」です。

    SFコメディ映画としては、
    結構有名で、
    いつか観ようと思っていて、
    やっと観れたといった感じの作品です。

    主役は当然?ウディ・アレンです。

    物語は、
    現代(と言っても映画製作当時の現代です)から冷凍睡眠、
    コールドスリープで200年後に言ってしまった男の物語です。

    この手の展開は、
    SFでは定番ですね。

    「スリーパー」は、
    コメディですので、
    タイムスリップの定番ネタを笑いにしています。

    もちろんそれだけではなく、
    お得意の社会風刺的な笑いもいっぱい。

    まぁ、アチキ的には、
    セックス関連のネタが一番笑えたけどね。

    で、物語は、
    未来についてドタバタするだけではなく、
    政府と反政府の戦いに巻き込まれて、
    最終的には、
    反政府側に付いて行動していくというお話しです。

    実にシュールで、
    映像的には、
    古くさいですが、
    そういうことを気にしない人なら楽しめると思います。

    ただ、やはり笑いのツボが異なると、
    一見、お馬鹿な映画に見えてしまうかな。

    スラップスティック的なお笑いもいっぱいあるので、
    見ているだけでも楽しめるところも結構あるし。

    とは言え、
    腹を抱えて笑えるかというと、
    アチキ的には、そこまでは、
    って感じでした。

    なので、誰にでもお勧めというわけにはいかないかな。

    ウディ・アレンが好きとか、
    この手の(と言ってもウディ・アレンの映画が好きというのと同じかな)映画が好きな人で、
    まだ観ていない人は、
    是非ご覧になって観てください。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF コメディ タイムトラベル 動画

    ゆるゆり 【アニメ】

    アニメ「ゆるゆり」です。

    マンガが原作と言うことですが、
    アニメを観て知りました。

    主人公?の赤座あかりが、
    中学生になったところから物語が始まります。

    幼なじみで仲良しで一年先輩になる歳納京子と船見結衣と共に学校へ登校するところから始まるのですが、
    どう見ても主人公のような感じなのに、
    実は、主人公は歳納京子だったらしい。

    作者の設定上はそうなっていた模様。

    本当の話なのか知らないけどね。

    といった感じで、
    コメディな女子中学生学園生活がメインのお話しです。

    赤座あかり、歳納京子、船見結衣の三人が、
    旧茶道部の部室を不法占拠して勝手に「ごらく部」を作り、
    日々ゆる~く楽しんでいる模様を見るアニメです。

    そうなんだよねぇ。

    タイトルの「ゆるゆり」って、
    ずぅぅと、
    どんな意味なのかなぁ、
    と思って観ていたんですけど、
    その意味が分かった(本当にそうなのかは知りません。アチキの勝手な想像です)のは、
    なんと、
    セカンドシーズンと言って良い「ゆるゆり♪♪」を観てからなのです。

    それも、確かエンドテロップだと思ったのですが、
    「ゆるゆり」の連載雑誌?の名前を見て、
    あ~、「ゆるい」「百合」なのね、と。

    そう思えば、
    登場するキャラクター全員女性だよなぁ、と。

    男一人もいないよなぁ。

    普通、男女の絡みとかあっても良さそうなのになぁ。

    女性同士のラヴなネタが多いなぁ。

    なんて、感じで「ゆるゆり」を見ていました。

    まさか元は「百合」マンガだったとは。

    まぁ、そう感じる程度の「ユリ」ねた位しかないんですけどね。

    それ以上に登場するキャラクター達の掛け合いが面白くて、
    尚かつ、コメディなので、
    力抜いてゆるく見られるのがいいです。

    そんなわけで、
    とても楽しかったので、
    続編も見たというわけですな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 恋愛 学園 中学生 加藤英美里 三上枝織 大坪由佳 津田美波 大久保瑠美

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー