ヘルレイザー 3 【1992年製作:映画】

    シリーズ3作目「ヘルレイザー3」です。

    前2作までの物語の繋がりは基本的には無くなります。
    (主人公が変わると言うことでね)

    魔道士ピンヘッドやパズルボックスは、
    「ヘルレイザー」シリーズのキモなので、
    それが無くなることはないです。

    と言うか、
    それさえあれば「ヘルレイザー」なんですけどね。

    さて、
    今回の主役は美人レポーターです。

    病院での張り付きで、
    急患が運ばれてきて、
    死亡する現場に遭遇。

    一見、
    普通の病院風景ですが、
    運ばれてきた患者の身体が、
    とても普通ではない傷だらけの状態。

    これは何かしら狂気の事件の予感。

    レポーターとしてのキャリアはまだまだなので、
    この事件を追うことに。

    まずは、
    患者に付き添ってきた女性を捜し出して情報を聞き出そうとします。

    といった感じで物語が展開。

    グロさは相変わらずです。

    ちょっとミステリー的な事件の謎を追い求めていくというエッセンスが良い感じで、
    これに味を占めたのか、
    以後の作品でそのエッセンスを前面に出した作品が出てきます。

    そして、
    苦痛の快楽、
    思考の快楽とでも言うべき快楽への追求に対する人間の果てのない欲望という部分は影を潜めます。

    無いわけではないですが、
    それほどでもありません。

    まぁ、
    魔道士の復活という部分に焦点をあわせて人が殺されていくからね。

    一作目の展開に似ていなくもないですが、
    結構違うんですな。

    その辺の違いは見ていただければ分かるかな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    海傑エルマロ 【マンガ】

    井上紀良のマンガですな。

    随分久しぶりに読みました。

    「デュエット」が好きでねぇ。

    その後「マッド★ブル34」も最初の頃は読んでいたのですが、
    結局、最後まで読まず、
    それ以来、井上紀良のマンガは読んでいないなぁ。

    「夜王」とか面白そうだなぁ、
    なんて思っているだけで手を出していないのですな。

    そんなアチキが、
    たまたま目にしたのが、
    「海傑エルマロ」です。

    本屋で平積みになっているのを観て、
    画が井上紀良だったので、
    ちょっと手にとってタイトルを見たら「エロマロ」と書いてあって、
    もちろん、アチキの勘違いなのですが、
    タイトルロゴがどう見ても「エルマロ」ではななく「エロマロ」と見えてしまうんですよねぇ。

    やはり脳内がピンクの人間だからかなぁ。

    で、中身が海賊の話と言うことで、
    とりあえず1巻を買って読んだのですよ。

    いやー、面白かったです。

    現在、4巻まで発売されています。

    もちろん、発売されているのは全部買って読みました。

    戦国時代の日本人青年が、
    聖杯を求めて世界を冒険すると言うのが基本的な話。

    スペインやイギリスの艦船と戦ったりもします。

    もちろん聖杯をめぐっての戦いです。

    結構テンポが速くて、
    聖杯へ辿り着くための金貨を集めている段階なのですが、
    なんか4巻でその辺のゴールは見えてきました。

    思っていた以上におもしろかったなぁ。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 時代劇 冒険 海賊 ちょいエロ

    ヘルレイザー 2 【1988年製作:映画】

    「ヘルレイザー」シリーズの二作目「ヘルレイザー2」です。

    イギリスのホラー映画の代表作と言える「ヘルレイザー」シリーズですが、
    イギリス映画だと知ったのは、
    ブログのネタにした時です。

    相変わらず作品の周辺情報に疎いアチキですが、
    知らなくても楽しめるしね。

    知っていたらもっと楽しめると思うんですけど、
    何しろ時間がなくてねぇ。

    と言った言い訳はおいといて、
    「ヘルレイザー2」です。

    前作のラストからの続きになります。

    冒頭、
    前作のあらすじというか、
    そこに至る経緯を簡単に説明しています。

    前作を観ていない人でも楽しめるようにフォローしているつもりなのでしょうが、
    どうなんでしょうかねぇ。

    前作を見ているアチキには、
    あれで理解できているかちょっと分かりません。

    と言うわけで、
    前作のネタバレをしないと物語についてかけないので、
    観る気満々の人は、
    ここから先読まないように。

    さて、
    前作で何とか助かった夫婦の娘とその彼氏。

    二人の真実の供述は、
    しっかりと精神病院行きの憂き目に遭うわけですな。

    そこの病院で出会った院長が、
    ルマルシャンの箱に魅入られ、
    禁断の快楽の虜になっている人で、
    遂に魔界への扉を開いてしまうのです。

    まぁ、開かないと物語にならないからね。

    と言うわけで、
    今回は、
    魔界の世界がメインと言っても良いくらい出てきます。

    そして、
    魔道士ピンヘッドの誕生秘話とか。

    色々と見所満載。

    間違いなく、
    前作から観て欲しい作品です。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    Fallout 3 (フォールアウト3) 【Xbox360版】

    やっとこさ終わった「Fallout 3 (フォールアウト3)」です。

    オープンワールドのRPGです。

    プレイステーション3とXbox360版があります。

    PCもあるけど、日本では日本語版は発売されていません。

    結論から言うと、
    とても面白かったです。

    とは言え、
    他にも色々と同時期にゲームをプレイしていたので、
    のめり込むほどプレイしたというわけではありません。

    「DEAD OR ALIVE 5 Ultimate (デッド オア アライブ 5 アルティメット)」に、
    「マクロスエースフロンティア」、
    そして、まだまだ終わりの見えない「PHANTASY STAR ONLINE 2 (ファンタシースター オンライン2)」と、
    「Fallout 3 (フォールアウト3)」を終わるまでに二本もゲームを終わらせていますからねぇ。

    さて、
    「Fallout 3 (フォールアウト3)」ですが、
    核戦争後のワシントンを舞台にしたゲームです。

    放射線によって突然変異した生物が跋扈する世界を主人公は父親を捜す旅に出ます。

    もうスタート直後から、
    巨大ゴキブリに悲鳴を上げ続けてゲームをプレイ。

    最後まで巨大ゴキブリのリアルさに慣れることはなかったなぁ。

    特に突然現れると、全身鳥肌モノですよ。

    まぁ、その巨大ゴキブリは簡単に殺せるので、
    見つける度に殺傷。

    そして、死体から肉を取って体力回復。

    うへぇー、って感じですが、
    背に腹は代えられませんから。

    まぁ、喰わなくても体力回復する方法はいっぱいあるのでいいんですけどね。

    そんな体験をしながら父親を探して街をうろうろ。

    うろうろと言うには広すぎる世界で、
    出会う人たちの悩みや依頼をこなしていきます。

    まぁ、この辺は、任意なのでやるやらないは自由。

    街を歩き回り、新しい場所や人を発見していくだけでも結構楽しい。

    メインのお話しは、意外とあっけなく終わる感じ。

    バーチャル世界での対応に苦慮したけど、
    攻略サイトを見ることもなくクリアできました。

    ポイントは、やはりこまめにセーブすることですか。

    特にメインストーリーに入るところでは、
    前のセーブデータを残していないと、
    クエストをクリアせずにエンディングを迎えてしまいますし、
    ラストの選択でいくつかエンディングが変わるので、
    それを見るためにもセーブしておきましょう。

    アチキは、
    その後、エンディングに向かうミッションの前からリスタートして、
    まだ行っていない場所やクリアしていないクエストを楽しみましたから。

    ホント、面白かったですよ。

    これは、是非興味があったらプレイしてみてください。

    お薦めです。










    関連記事

    テーマ : Xbox360
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG SF 動画

    ヘル・レイザー 【1987年製作:映画】

    クライヴ・バーカー原作のホラー映画「ヘル・レイザー」です。

    いつもブログでネタにする映画って、
    大体、3~6ヶ月くらい前に観た作品なんですよ。

    観た順番に消化していくので、
    そんな感じになってしまうのですが、
    今回は、
    まだ観て1ヶ月もたっていません。

    なぜ他の作品を飛ばして先にネタにしたかというと、
    いやー、なんか忘れそうと言うか、
    ごっちゃになりそうだったので、
    早めに書いておくか、と。

    何しろ「ヘルレイザー」シリーズ、
    なんかめちゃくちゃ出ているんですよ。

    知らなかったなぁ。

    ちなみに、
    この第1作目は、
    公開当時観に行きました。

    もうあれからウン十年ですか。

    でも観る前はそんなに憶えているとは思わなかったけど、
    見始めると、やはりというか思い出してきますなぁ。

    いやー、おもしろかった。

    そして、今見ても実にグロい。

    そんなグロい映画を夕飯喰いながら観ていたんですよねぇ。

    いやー、慣れって怖いなぁ。

    さて、「ヘル・レイザー」と言えば、
    やはり顔面グリッドの釘差し男のイメージ(魔道士ピンヘッド)な訳ですが、
    実は、こいつは、ジェイソンやフレディなどのような存在とはちょっと違います。

    魔界の住人ではありますが、
    こいつらが何か人間に悪さをして回るという話ではないです。

    まぁ、あまりこいつらについて書いてしまうとネタバレになってしまうので書きませんが、
    基本的に、この映画で悪さをするのは、人間です。

    それも、愛する人のために悪さをします。

    この辺は、「13日の金曜日」の一作目のジェイソンのお母さんをイメージしてくれるとわかりやすいかな。

    物語は、
    ルマルシャンの箱を手に入れた男が、
    ある意味究極の快楽を手に入れ、
    その引き替えに魔界へ行き、魔界の住人?虜囚?になります。

    そして、その男の弟夫婦が兄がそんな状況なのも分からずに実家に戻ってくると、
    どうやら兄が住んでいた形跡を見つけるも姿が見えない。

    で、問題は、弟の嫁が実は過去、兄と良い仲であったことが分かります。

    もちろん旦那は知りません。

    そんなある日(引っ越しの日ですが)、
    偶然にも魔界に行ってしまった兄が、
    現実世界に戻って来ます。

    それも魔道士ピンヘッド達に内緒で。

    不完全な身体を元に戻すため血が必要と言うことになり、
    弟の嫁が血を求めて人を殺していくという展開。

    いやー、実に良い感じなんですなぁ。

    ある意味、究極のSM映画かもしれませんが、
    映画で語られているのは、
    その行為ではなく、
    人間の快楽に対する欲求というか、欲望というか、
    その虜になった人たちの行為、
    という感じです。

    名作だよなぁ。

    と言っても過去その続きは観ていないんだけどね。

    まっ、今回改めて一作目から見なおしているので、
    次は「ヘルレイザー2」のお話しでも。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    F1 2013 Round.19 ブラジルGP

    ついに2013年シーズンもラストグランプリとなりました。

    今シーズンの後半は、
    セバスチャン・ベッテルの独走状態になり、
    4年連続のワールドチャンピオンとなり、
    ブラジルGPもポール・トゥ・ウィンで優勝してシーズン中の連続優勝回数を9回という記録を作り、
    シーズン13勝という記録も作って、
    素晴らしいシーズンを終えました。

    そして、チームメイトのマーク・ウェバーは、
    今年でF1を引退。

    最後のこのレースでは、
    2位表彰台をゲット。

    シャンパンファイトでは、
    異常なハイテンションで、転んでしまうほどラストを楽しんでいました。

    3位には、
    ランキング2位のフェラーリのフェルナンド・アロンソが入り、
    ラストグランプリらしい感じでしたね。

    レースの方は、
    金曜、土曜の雨がらみの状態から引き続き、
    今にも雨が降りそうな空模様でスタート。

    予報でも雨は降ると言うことで、
    常に各チームともいつ降るのかと言うことを考えながらのレース展開となりました。

    意外だったのは、
    フェラーリのレースペースが良かったこと。

    フェルナンド・アロンソだけでなく、
    フェラーリで最後のレースとなるフェリペ・マッサも良いペースだったので、
    マシンのセットアップがうまくいったのか、
    天候が味方したのか分かりませんが、
    最近見せなかった走りを見せてくれました。

    同じようなことがマクラーレンにも言えましたね。

    シーズン最高位の4位でジェンソン・バトンがフィニッシュ。

    シーズンで一回も表彰台に乗らなかったのが、
    1980年以来という不名誉なシーズンとなってしまったマクラーレン。

    たらればになりますが、
    ルイス・ハミルトンがいたらきとそんなことは無かったでしょうね。

    今年のようなマシンでもなんとか表彰台には持って行ったのではないかと。

    そんなわけで、
    今年のレースも終わってしまったのですが、
    来年からマシンレギュレーションが変わり、
    いろんな意味でいつも以上に楽しみなシーズンになりそうです。

    でも本番は、
    再来年のホンダ復帰からでしょう。

    今からわくわくですよ。

    FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO PETROBRAS DO BRASIL 2013

    PosNo_______Driver______________Team________LapsTime/RetiredGridPts
    11Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault711:32:36.300125
    22Mark WebberRed Bull Racing-Renault71+10.4 secs418
    33Fernando AlonsoFerrari71+18.9 secs315
    45Jenson ButtonMcLaren-Mercedes71+37.3 secs1412
    59Nico RosbergMercedes71+39.0 secs210
    66Sergio PerezMcLaren-Mercedes71+44.0 secs198
    74Felipe MassaFerrari71+49.1 secs96
    811Nico HulkenbergSauber-Ferrari71+64.2 secs104
    910Lewis HamiltonMercedes71+72.9 secs52
    1019Daniel RicciardoSTR-Ferrari70+1 Lap71
    1114Paul di RestaForce India-Mercedes70+1 Lap12
    1212Esteban GutierrezSauber-Ferrari70+1 Lap17
    1315Adrian SutilForce India-Mercedes70+1 Lap15
    147Heikki KovalainenLotus-Renault70+1 Lap11
    1518Jean-Eric VergneSTR-Ferrari70+1 Lap8
    1616Pastor MaldonadoWilliams-Renault70+1 Lap16
    1722Jules BianchiMarussia-Cosworth69+2 Laps21
    1821Giedo van der GardeCaterham-Renault69+2 Laps20
    1923Max ChiltonMarussia-Cosworth69+2 Laps22
    Ret20Charles PicCaterham-Renault58Suspension18
    Ret17Valtteri BottasWilliams-Renault45Accident13
    Ret8Romain GrosjeanLotus-Renault2Engine6

    Note - Perez originally qualified 14th, but received a 5-place grid penalty for an unscheduled gearbox change





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    武装神姫 (ぶそうしんき) 【アニメ】

    コナミのアクションフィギュアシリーズが元になったアニメです。

    と言ってもアクションフィギュアの存在は、
    アニメを観た後に知りました。

    まぁ、アニメを観ている時からその手のモノがあるんだろうなぁ、
    という感じには思っていましたけど。

    さて、
    「武装神姫(ぶそうしんき)」ですが、
    乱暴に言ってしまえば、
    「プラレス三四郎」の美少女フィギュア版と言って感じです。

    なのですが、
    この「武装神姫(ぶそうしんき)」は、
    勝手に動くし、話すし、飛ぶし、ちっちゃいし、
    マスコット的な存在という感じになっています。

    でも本来は、
    「武装神姫(ぶそうしんき)」の大会があって、
    そこで戦ってというのが本来の目的のようです。

    で、物語は、
    主人公の少年が海外から日本に帰ってきて、
    そのタイミングで新しい「武装神姫(ぶそうしんき)」を父親からプレゼントされるという所から始まります。

    主人公の理比 理人(りひ りひと)には、
    すでに「アン」「アイネス」「レーネ」という三体の「武装神姫(ぶそうしんき)」がいて、
    新しい「武装神姫(ぶそうしんき)」が「ヒナ」が加わり、
    この「ヒナ」をめぐって当初は物語が進んでいきます。

    基本的に、人間視点での話ではなく、
    「武装神姫(ぶそうしんき)」の視点の物語になります。

    全体的にコメディタッチなので、
    気軽に見る事が出来ます。

    色んな意味でストレスがないので、
    ホント、気楽に最後まで見る事が出来たかな。

    突っ込むところもあるにはあるけど、
    まぁ、気にしないでいられると言うことですな。

    へんにヘビーな展開も無いし。

    アチキとしては、
    物語よりも「ミクロマン」のような関節デザインが、
    どうも最後まで馴染めなかったなぁ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション コメディ ロボット 動画 茅原実里 中島愛 加藤英美里 喜多村英梨 井上麻里奈

    ガス人間第1号 【1960年製作:映画】

    日本のSF映画です。

    「ガス人間第1号」です。

    2号、3号、、、28号と続く訳ではないです。

    くだらない事を書いていますが、
    映画は、凄く真面目でシリアスで、
    実に良く出来ています。

    物語は、
    謎の殺人事件が起こり、
    それが、密室などのちょっとあり得ない状況での事件が起こります。

    目撃者が現れたりするも、
    その証言が信憑性のかけらもない。

    そして、事件を追っていくうちにある人物と出会います。

    日本舞踊の家元の女性で、
    その周囲に事件と関わりがありそうな男の存在が浮かび上がります。

    そして、遂に、、、、。

    まぁ、ここから先は、
    実際に観て楽しんでください。

    物語の展開は、
    もう刑事モノのサスペンス映画のような感じです。

    その犯人がガス人間という、
    実に良い感じです。

    これで、
    もっと人間の愛欲が強く描かれていたら江戸川乱歩の作品と思ってしまうほどです。

    ラストも良い感じで、
    それまでのある意味こぢんまりとした展開から、
    一気にスケールアップ。

    と言っても怪獣映画なみのスケール感ではないですよ。

    中々どうして、
    良い感じでのクライマックスで、
    盛り上げてくれます。

    とは言え、
    昔の映画なので、
    過度な期待はしないでください。

    アチキは、ガス人間の最後は結構地味な感じで終わるのかと思っていたので、
    ちょっと意外な展開で驚いたと言う事です。

    興味があったら是非ご覧になって観てください。





    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 犯罪 刑事

    モーレツ宇宙海賊 (モーレツパイレーツ) 【アニメ】

    笹本祐一原作の小説「ミニスカ宇宙海賊(ミニスカパイレーツ)」のアニメ作品です。

    原作の小説は、
    笹本祐一の新作かぁ、
    といった感じで本屋で見かけて知っていました。

    ちょうど、
    笹本祐一の「ARIEL」を読もうかなぁ、
    と買っていたので。

    当然、「ARIEL」も「ミニスカ宇宙海賊(ミニスカパイレーツ)」も、
    まだ読んでいません。

    なので、
    原作との違いとかはわかりません。

    さて、
    アニメに関しては、
    会社の先輩が放映時に面白いよ、
    と言っていたので、
    ジャ、レンタルになったら見ます、
    と話していました。

    まぁ、その時に、
    「ミニスカ」と「モーレツ」で、
    あれれな話になったんですけどね。

    どんな話かというと、
    実にしょうもないのですが、
    アチキがタイトルを憶えていなかった先輩の話で、
    女子高校生が宇宙海賊らなる話だよ、
    と言う説明から、
    笹本祐一がそんなような小説を書いていたよ、
    確か「ミニスカなんとか……」と話、
    いやいや、ミニスカじゃなくて「モーレツなんとかだったよ……」と切り替えされ、
    二人が思っている作品が同じ作品なのか違うのかと、
    お互いにうろ覚えで話しているので、
    その場では結論が出ませんでした。

    とまぁ、そんな事があったので、
    レンタルする前にバンダイチャンネルで月額見放題作品になったので、
    観たわけですが、
    いやー、面白かったです。

    女子高校生が、
    父親の遺産として海賊船を引き受けることになり、
    学校と海賊稼業の両立で大変なことになるというのが大筋。

    とは言え、
    宇宙の海は俺の海、
    と言うようなハードでシリアスな宇宙海賊ではなく、
    まぁ、そういう略奪的な海賊行為もアルにはありますが、
    基本は、
    海賊行為をショーとして見せて営業している感じの海賊です。

    そんなぬるま湯につかった海賊ですが、
    やる時はやると言うことで、
    色んな事件に巻き込まれます。

    とは言え、
    基本はとってもポジティヴで明るい話なので、
    最後まで楽しく見る事が出来ます。

    結構お薦めなので、
    興味があったら是非ご覧ください。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 海賊 宇宙 小松未可子 甲斐田裕子 花澤香菜 佐藤利奈 戸松遥 金元寿子 伊藤静

    スネーク・フライト 【2006年製作:映画】

    サミュエル・L・ジャクソン主演の映画です。

    なんか、B級映画のようなタイトルと内容で、
    出演者なんか気にもかけていなかったのですが、
    見始めたら、
    あら、サミュエル・L・ジャクソンが出ているのか、
    と、
    ちょっと驚いちゃいました。

    出演者で英学内容や格を決めつけるつもりはないのですが、
    サミュエル・L・ジャクソンが出ているのを知って、
    あれれれ、
    もしかしてちょっとまともな映画なのか、
    と思ってしまったのは事実です。

    さて、
    映画の内容ですが、
    殺人現場を目撃した青年を護送する事になったサミュエル・L・ジャクソン(刑事です)。

    目撃者が法廷に立たれると困る犯罪者のボスは、
    移動中の飛行機の中で目撃者を始末することにします。

    それも、
    目撃者だけではなく、
    飛行機ごと落として証拠隠滅を計ることに。

    その手段として選ばれたのが、
    大量の毒蛇。

    それも普通に毒編日を機内に放っても簡単には人を襲ってくれないので、
    その辺もぬかりなく手配します。

    おかげで着ないはパニックに。

    でも、何だかんだと、
    蛇は蛇ですから、
    とっても巨大な大蛇とかならいざ知らず、
    普通の毒蛇ですから、
    何であそこまで大変なことになるのか、
    よー分かりませんが、
    そうならないと映画にならないので、
    大変なことになるのですよ。

    アチキとしては、
    もっとくだらないかと思っていたのですが、
    結構、楽しました。

    別にサミュエル・L・ジャクソンが出ているからそう思ったわけではないですよ。

    普通の毒蛇にちょっと大袈裟な感じはしますが、
    良く出来た内容でした。

    レンタルして見る分には、
    悪くないと思います。

    暇な週末にでもご覧になって観てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 パニック 飛行機 サミュエル・L・ジャクソン

    クイーンズブレイド リベリオン 【アニメ】

    「クイーンズブレイド」シリーズの最新作「クイーンズブレイド リベリオン」です。

    まぁ、最新作と言っても、
    放映されたのは、昨年のことですけどね。

    さてシリーズと言うことで、
    物語は、しっかりと続編となっています。

    なので、
    今まで「クイーンズブレイド」を観ていない人にとっては、
    ちょっと首を傾げる部分もあるのではないでしょうか。

    一応、この作品から見られるようになってはいますが、
    やはり、シリーズを通してみている人向けです。

    主人公は、
    今までの流浪の戦士レイナから叛乱の騎士姫アンネロッテに変わりました。

    この騎士姫アンネロッテを中心に物語は進んでいきます。

    物語の設定の根幹をになっていた大陸の女王を決める闘技大会「クイーンズブレイド」は無くなり、
    その大会を中止にした女王である雷雲の女王クローデットが敵としての立場で登場します。

    その配下に妹の牙を統べる者エリナや鋼鉄参謀ユーミルなどがいます。

    鋼鉄参謀ユーミルは、
    とっても悪い役になっていて、
    まぁ、途中で悪者の秘密もすぐに分かったりしますが、
    その正体は、最後まで分からない感じになります。

    前作の登場人物達も名前だけの登場や、
    出てきてもサブ扱いで、
    まぁ、その辺は前作を観ている人へのサービス的な色合いが強いかなぁ、と。

    物語の導入としては、
    悪くないのですが、
    やはり、この一作で終わらない、
    終わっていないので、
    続編が出るのかでないのかも気になるところです。

    それにしても、
    何という歯切れの悪いというか、
    唐突な展開での終わり方で、
    続編が出たらその辺の説明もあるのかなぁ、と。

    と言うか、
    あのラストはなくして普通に終わらせた方がよかったんじゃね、
    と思ってしまいました。

    まぁ、そんな感じで、
    シリーズを見てきた人には楽しめる作品なのかな。

    まだ観たことがない人は、
    この作品を観る前に前作の流浪の戦士レイナが主人公のシリーズを見て、
    それを面白いと思った人だけ観た方がよいですね。

    この作品から入るのは、
    ちょっとお薦めしないかな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー ちょいエロ 遠藤綾 小林ゆう 茅原実里 戸松遥 井上喜久子 川澄綾子 田中敦子

    ファイナル・デッド ダーク・ウォッチャー 【2007年製作:映画】

    この映画以前観た事があったのをしっかり忘れていました。

    「ファイナル・デッド ダーク・ウォッチャー」というタイトルに覚えがなくてねぇ。

    っていうか、
    似たようなタイトル多いし。

    困ったことに、
    ブログのネタにもしていなかったし。

    いつものようにTSUTAYA DISCUSでかりて観たんですけど、
    DISCUSで借りたことがあればすぐに分かるのですが、
    これは店舗の方で借りた作品のようで、
    分からなかったんですよねえ。

    タイトルを憶えないほどつまらなかった作品かというと、
    そうでもないんですねぇ。

    結構、
    面白いです。

    今回ポチポチ適当に予約したのも出演者にジョリーン・ブラロッカがいたから何でしょうね。

    ジョリーン・ブラロックの出ているタイトルをポチポチ押していったと思うんですよ。

    いいよねぇ、
    ジョリーン・ブラロック

    さて、
    映画の内容ですが、
    DISCUSの解説にはサバイバルパニックスリラーとありますが、
    まぁ、要はホラー映画です。

    登場人物達は、
    目が覚めると記憶が無く、
    白い部屋に一人でいます。

    それが、
    停電になって、
    扉のロックが外れて外に出られるようになるのですが、
    そこはどこか得体の知れない施設。

    出会う人間はみんな自分と同じ状況の人ばかり。

    とりあえず、
    その施設から出ようと協力することに。

    そして、
    施設を調べていくと、
    徐々に色々な事が分かってきます。

    いやー、
    良い感じですよ。

    ラストがもうちょっと良ければ言うこと無しだったんですが、
    まぁ、悪くないです。

    血みどろ映画ではないので、
    (血がでないわけではありませんが)
    そう言うのが駄目な人も比較的大丈夫でしょう。

    お目当てのモノが借りられていて観られないとか、
    ホラー風の作品が観てみたいとか、
    他に観るモノが特にないという人は、
    ちょっと手に取ってみてくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画 ジョリーン・ブラロック

    F1 2013 Round.18 アメリカGP

    シーズン8連勝の記録に挑むレッドブルのセバスチャン・ベッテル。

    過去、ミハエル・シューマッハが7連勝記録を持っており、
    それを超えるか、
    と言うところに注目されたGP

    もちろん、
    見所はそれだけではありません。

    まだコンストラクターズ選手権の2位以下が決まっていないので、
    各チーム消化レースにはなっていません。

    それで言うと、
    来年からフェラーリに移籍するキミ・ライコネンが、
    手術を理由に今回と次回のレースを欠場。

    かわって、ヘイキ・コバライネンが残りのレースを乗ることに。

    まぁ、そんな感じで、
    今回を入れて後2レース

    まだまだ熱い戦いが繰り広げられています。

    さて予選ですが、
    これがまたポール争いが熱かった。

    レッドブルの二人が、
    素晴らしい走りを見せ、
    ポールには、なんとセバスチャン・ベッテル。

    ほんと、途中まではマーク・ウェバーのポールかと思ったほどでしたが、
    最後に見せてくれましたね。

    まぁ、予選後マーク・ウェバーはセクター3でミスしたと言っていたので、
    それが無ければポールだったかもしれません。

    そして、決勝では、
    奇数グリッドが非常に有利で、
    案の定なのかな、
    2番手のマーク・ウェバーは3番手のロメ・グロジャンに交わされてしまい、
    これが、最後まで響きました。

    結局、いつものようにセバスチャン・ベッテルの独走で、
    終わってしまったアメリカGPです。

    スタートして1周もしないうちにセーフティーカーが入りましたが、
    大勢に影響なし。

    さて、次はブラジルGPです。

    今年最後のグランプリです。

    次はどんなドラマを見せてくれるんでしょうか。


    2013 FORMULA 1 UNITED STATES GRAND PRIX

    PosNo______Driver______________Team________LapsTime/RetiredGridPts
    11Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault561:39:17.148125
    28Romain GrosjeanLotus-Renault56+6.2 secs318
    32Mark WebberRed Bull Racing-Renault56+8.3 secs215
    410Lewis HamiltonMercedes56+27.3 secs512
    53Fernando AlonsoFerrari56+29.5 secs610
    611Nico HulkenbergSauber-Ferrari56+30.4 secs48
    76Sergio PerezMcLaren-Mercedes56+46.6 secs76
    817Valtteri BottasWilliams-Renault56+54.5 secs94
    99Nico RosbergMercedes56+59.1 secs122
    105Jenson ButtonMcLaren-Mercedes56+77.2 secs151
    1119Daniel RicciardoSTR-Ferrari56+81.0 secs10
    124Felipe MassaFerrari56+86.9 secs13
    1312Esteban GutierrezSauber-Ferrari56+91.7 secs20
    147Heikki KovalainenLotus-Renault56+95.0 secs8
    1514Paul di RestaForce India-Mercedes56+96.8 secs11
    1618Jean-Eric VergneSTR-Ferrari56+104.5 secs14
    1716Pastor MaldonadoWilliams-Renault55+1 Lap17
    1822Jules BianchiMarussia-Cosworth55+1 Lap19
    1921Giedo van der GardeCaterham-Renault55+1 Lap18
    2020Charles PicCaterham-Renault55+1 Lap22
    2123Max ChiltonMarussia-Cosworth54+2 Laps21
    Ret15Adrian SutilForce India-Mercedes0Accident16

    Note - Button penalised 3 grid places for passing under red flags in FP1. Pic penalised 5 grid places for unscheduled gearbox change. Gutierrez penalised 10 grid places for impeding in Q1. Vergne finished 12th, 20s added to race time for causing collision.





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    マクロスエースフロンティア 【プレイステーション ポータブル版】

    マクロスシリーズのシューティングゲーム「マクロスエースフロンティア」です。

    評判が良くて続編まで作られたゲームです。

    「超時空要塞マクロス」
    「マクロスプラス」
    「マクロス7」
    「マクロスF」
    と、
    「マクロス ゼロ」の作品世界が遊べるようになっています。

    まぁ、「マクロス ゼロ」に関しては、
    他の作品のように、
    物語のエピソードを遊べるという感じではないです。

    おまけというか、
    登場戦闘機を使えるといった感じですね。

    それぞれの作品毎にミッションがあります。

    いわゆる一つのキャンペーンモードって言うやつですかね。

    ミッションをクリアしていく毎に使用機体や伽セクターが増えていくと言ったモノになっています。

    肝心のゲームですが、
    最初にチュートリアルで操作などを簡単におぼえて、
    (チュートリアルのミッションは任意選択なのでやらなくても大丈夫です)
    最初の「超時空要塞マクロス」のミッションをプレイしたんですが、
    これがまた、なんと、
    動きはとろくて扱いにくいし、
    武器の選択も変形もなんかやりにくいし、
    こんなのが評判いいってなんで?
    って感じでした。

    まぁ、武器の選択とか変形とかは自分のスキルの問題で操作に慣れればそんなことはないだろうなぁ、
    と言う事で、それほど気にしなかったのですが、
    (実際、途中からは操作に慣れて気にならなかったし)
    いかんせん動きのとろいのだけはどうしたモノかと思いましたね。

    しかし、
    ミッションをクリアして機体をカスタマイズできるようになり、
    このとろさがカスタマイズすることによって解消。

    カスタマイズする箇所もいっぱいあって、
    自分の好みにカスタマイズできるのがよいのですよ。

    機体毎の基本的な性能さもあるし、
    カスタマイズの上限も機体毎にあるし、
    武器も色々とあって、
    カスタマイズするのも実に楽しい。

    ゲームの難易度は、
    比較的低いかな。

    特にカスタマイズによって機体の性能や武器の性能が上がると、
    どんどんミッションのクリアが楽になります。

    逆にカスタマイズしないと、
    結構大変で、
    操作に慣れてぬるいと感じたらカスタマイズせずに初期値にしてみたりと、
    自分なりに楽しめる作りなっています。

    まぁ、アチキの場合は、
    ヘボゲーマーなのでカスタマイズをフルにして、
    大量のミサイルで蹂躙していくのが気持ちよいので、
    一通りミッションをクリアしたらそういう遊びをしていましたね。

    各作品の主人公側のミッションをクリアすると、
    今度は敵側の機体でミッション出来るようになるのですが、
    これが、結構大変でしたね。

    まぁ、ミッションというか、
    敵の機体がどうもねぇ。

    まぁ、これもカスタマイズしていけばなんとかなると言った感じてはあるんですけどね。

    後、ミッションランクも普通にプレイしているとクリアするだけでは中々上のランクにはなれなくて、
    バトロイドで格闘とかしないとダメだったり、
    この辺は、ちょっとなぁ、と思いましたね。

    それと、マクロスと言えば切っても切れない、
    三角関係と音楽。

    三角関係に関しては、
    まぁ、まぁ、シューティングゲームだし、
    という感じでしたが、
    音楽はそれなりに頑張っていますが、
    出来れば、
    もっと充実してくれれば尚良かったかな。

    とは言え、全体的にはとても満足できる内容でしたので、
    続編もいずれ買ってプレイしようと思っています。










    関連記事

    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 戦闘機 ロボット 動画 バンダイナムコ 土井美加 竹田えり 櫻井智 豊口めぐみ

    若妻物語 【1951年製作:映画】

    これまたタイトルが「オードリー・ヘプバーンの若妻物語」となっているのですが、
    オードリー・ヘプバーンの」は、
    いらないだろうと、
    ブログのタイトルからは外しました。

    しかし、
    オードリー・ヘプバーンの若妻物語」は、
    キチンと、
    ちょい役以上にキチンとオードリー・ヘプバーンが出ています。

    TSUTAYA DISCUSの解説を読むと、
    「ローマの休日」より前に作られた映画のようです。

    イギリス映画です。

    ちなみに「ローマの休日」は、
    アメリカ、ハリウッド作品です。

    さて「若妻物語」ですが、
    これまたコメディ映画です。

    イギリスのコメディと言えば、
    ブラックな感じがよいのですが、
    さすがに、この当時の映画では、
    近年のイギリス映画ほどのブラックはありません。

    ですが、
    登場人物達の設定というかキャラクターには、
    その片鱗がいっぱいです。

    さて、
    内容ですが、
    戦後で住む家がなく、
    主人公夫婦が姉の家に転がり込んでいて、
    そこでの日常的なドラマになります。

    小さいお子さんがそれぞれの家族にいて、
    みんなそれなりに忙しいので、
    乳母を雇っていたわけですが、
    ちょっとしたことで口論となり乳母が出て行ってしまいます。

    そこで、新しい乳母を捜していたら公園でドロップアウトした乳母と出会います。

    乳母こそが人生の生き甲斐と思っているような乳母で、
    さっそく雇われるのですが、、、。

    まぁ、基本コメディですから深刻にはなりません。

    夫婦のあり方、家族のあり方、
    みたいな部分も透けて見えるのですが、
    まぁ、コメディですから。

    タイトルが示すとおり、
    主婦の視点がメインになります。

    子育てに旦那の面倒、
    なんでこんなに大変なの、
    と言った感じの展開。

    男のアチキが観ても、
    終始楽しませてくれます。

    ちなみにオードリー・ヘプバーンは、
    この二組の夫婦が住む家の居候です。

    出番はそれなりにあります。

    オードリー・ヘプバーンのファンでも満足できるくらいの出番と役所です。

    興味があったらご覧になっても良い作品です。





    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ドラマ オードリー・ヘプバーン

    DEAD OR ALIVE 5 Ultimate (デッド オア アライブ 5 アルティメット) 【プレイステーション3版】

    買うかどうか凄く迷っていたんですが、
    結局、買ってしまった。

    「DEAD OR ALIVE 5 Ultimate (デッド オア アライブ 5 アルティメット)」です。

    何が変わったのか、
    ゲームバランスの調整と、
    新規キャラクターの追加。

    他にも何かあったけかな。

    ステージの追加とか、
    まぁ、そんな感じで、
    追加要素はあるモノの基本的には、
    「DEAD OR ALIVE 5 (デッド オア アライブ 5)」と一緒です。

    まぁ、タイトルが同じだからね。

    これから買う人は、
    間違いなく「DEAD OR ALIVE 5 Ultimate (デッド オア アライブ 5 アルティメット)」を買った方がよいでしょうね。

    格闘ゲームは基本的にへたくそなので、
    (ゲーム全般へたくそですが)
    もしかしたら慣れのせいもあるのかもしれませんが、
    なんか「DEAD OR ALIVE 5 Ultimate (デッド オア アライブ 5 アルティメット)」の方が遊びやすくなっている感じです。

    前回のゲームのセーブデータなどが持ち越せるので、
    また一からという感じでないのは、
    良かったですね。

    逆に、ストーリーモードなどは、
    そのまんまなので、
    ちょっと残念でした。

    データを引き継いだからクリア済みになっていたし。

    そして、今回は追加コスチュームが、
    有料ですがいっぱいあります。

    さすがに全部は買っていませんが、
    ちょっと買いました。

    前回、何故だかクレジット決算がうまく出来なくて、
    購入出来なかったのですが、
    ストアのアプリが変更になって、
    普通に使えるようになりました。

    まぁ、そんな感じで、
    一通りプレイ。

    こうなると、
    やはり次はビーチバレーをやりたくなりますな。

    もう次のハードが出るので、
    6作って、それからビーチバレーになるのかな。

    で、きっと有料の追加コスチュームをいっぱい作る事になるんだろうな。

    そう言うのが少ない状況にして欲しいなぁ。










    関連記事

    テーマ : 格闘ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : 格闘 ACG コーエーテクモ 動画 桑島法子 堀江由衣 三石琴乃 永島由子 山崎和佳奈 冬馬由美

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー