G.I.ウォー 【2009年製作:映画】

    これまた見るからに便乗タイトルな訳で、
    間違って借りて見てしまう人も少なからずいるのではないか。

    そういう人にとっては、
    実にかわいそうな作品です。

    間違ってみてしまってもそれなりにおもしろければ良いのですが、
    B級映画のしょぼしょぼ映画も楽しんでみているアチキが見ても、
    ちょっとつらい映画です。

    ひどい言い方をすれば、
    金のない学生の作品でもこれより良いモノは作れるよね。

    といった感じです。

    まぁ、一応、
    プロの作品ですから、
    本当の学生の、それもレベルがまちまちのところと比べるのは、
    ナンセンスなわけですが、
    そう思われても仕方がないという感じかな。

    内容をあえて書くこともないかな、と。

    かっこいいパッケージのビジュアルは、
    全く参考にならないです。

    なんか久しぶりにネガティヴな事ばかり書いているような気もしますが、
    見所があるとすれば、
    そのチープな感じかな。

    絵の作りだけでなく、
    物語的なところも含めて。

    結構、アチキなんかは笑ってしまいました。

    ちなみにコメディではないので、
    誰もが笑える楽しい映画というわけではございません。

    まっ、いつものように、
    一般の方は見ない方がよいです。

    B級映画好きの方は、
    興味があれば見ても良いかも。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション ミリタリー 動画

    銀の匙 Silver Spoon 第1期 【アニメ】

    アニメ「銀の匙 Silver Spoon」です。

    漫画も読んでいるのでいますが、
    アニメもしっかりと見ました。

    おもしろかったですよ。

    漫画と同じだったし。

    第1期と言うことで、
    物語としては、
    入学してから、
    「豚丼」(子豚の名前)が、
    豚肉として学校を出て行くところまでになります。

    漫画の細かいところまで覚えていないのですが、
    ほぼ漫画のまんまの展開になっています。

    キャスティングも悪くなかったし、
    ある意味、
    安心して見ていられました。

    全11話で、
    漫画もまだ連載中ですし、
    アニメも第2期があって、
    いつまでアニメが作られるのか分かりませんが、
    少しずつアニメになっていけば良いんではないかなぁ、と。

    まぁ、
    アチキは、TV放映を毎週楽しみに見ていたりする人間ではないので、
    レンタルとかで、
    まとめて一気見というのが一番時間的にも記憶力的にもちょうど良いかな。

    あっ、一気見と言っても、
    ぶっ続けで見るというわけではなく、
    見れるときに出来るだけ間をおかずに見ていたいなぁ、と。

    まぁ、毎週でも良いんですけど、
    録画とか出来る機器がないので、
    その時間にいるとは限らないし、
    機器買う金もないし、
    ということで、
    そんな感じになっているんですよねぇ。

    そんなわけで、
    あんまり……いつものことではありますが、
    「銀の匙 Silver Spoon」のアニメの話はほとんど書きませんでしたが、
    漫画を読んでいなくても楽しめるので、
    機会があったらご覧になってくださいな。

    あー、漫画もおもしろいので、
    どちらを手にとってもらっても良いかな。





    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 高校生 日常 恋愛 湯屋敦子 三ツ矢雄二 今井由香 松井菜桜子

    ナイト・ウルフ/人狼憑異 【2010年製作:映画】

    狼男の映画かと思ったんですけど、
    狼男らしい映画ではなかったですな。

    内容は、
    久しぶりに里帰りした主人公の女性がいて、
    久しぶりに弟たちや友人と再会し、
    納屋で飲み交わすことに。

    その夜、
    何か得体の知れないモノが家に襲ってきて、
    逃げ惑うというのが大筋。

    田舎の一軒家で、
    日本人の感覚からすると屋敷と言っても良いくらいの家で、
    得体の知れないモノから逃げるために、
    家の中を逃げるのですが、
    日本の家ならあっという間に逃げ隠れできる場所がなくて終わってしまうなぁ、
    というくらいの家です。

    相手の正体が不確かで、
    家の周りには、
    他にすむ人もいない森の中。

    何とか警察に助けを呼ぶも、、、。

    といった感じで、
    中々、緊張感のある展開で、
    おもしろかったです。

    得体の知れないモノの正体とか、
    なんで襲ってきたのとか、
    そういう謎解き的な部分は関係なくて、
    やはり、
    化け物に襲われて怖い思いをして逃げて、
    いかに助かるか、
    というところにおもしろさを感じなければつまらない映画になってしまうし、
    そこがおもしろいと思えば、
    レンタル代分くらいは、
    十分に楽しませてくれます。

    あまり期待していなかったから、
    (それはいつものことかな)
    余計おもしろく感じましたね。

    興味があって、
    他に見るモノがないときとか、
    暇な週末にでもご覧になってみてください。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 狼男 動画

    生徒会役員共 10巻 【マンガ】

    他の漫画を探しに本屋に行ったら、
    お目当ての本は見つからず、
    代わりに「生徒会役員共」10巻が発売されているのを見て、
    買ってきました。

    いつもの「生徒会役員共」です。

    新キャラも出てこず、
    いや、
    一人登場したな。

    今度は、
    珍しい男性キャラクターです。

    どんな新キャラかは、
    読んで確かめてください。

    さて、
    いつもの生徒会役員共とそのほかの人たちの学園生活が、
    下ネタで綴られる「生徒会役員共」です。

    最近、
    ラブコメ的なオチやシチュエーションがあったりして、
    それなりに変化しています。

    すでに年を取らなくなった生徒会役員共ですが、
    良いんではないかな。

    ずぅぅぅと、
    連載が続く限りこのままの学年で。

    作者曰く、
    最長巻数タイらしいです。

    後、何巻出るのか分かりませんが、
    しばらくは続きそうですな。

    アニメもありますし。

    あー、アニメネタをまだ書いていなかったな。

    まっ、順番で書いているので、
    いずれ「生徒会役員共」のアニメネタも出てくるでしょう。

    何しろ忙しくてねぇ。

    この記事だって、
    ブログの管理画面で書いているわけではなくて、
    他のところでテキスト打っていて、
    まとめて管理画面からアップしているんですよ。

    と、アチキの裏話はいつもの感想記事以上におもしろくもないと思うので、
    あまり深くは書きません。

    そんな訳で、
    「生徒会役員共」の10巻十分楽しませていただきました。


    ■eBookJapanでも「生徒会役員共」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 高校生 学園 日常 ちょいエロ 氏家ト全

    感染創世記 【2010年製作:映画】

    ゾンビ映画です。

    それも昨今流行の動きの速いゾンビではないです。

    ちんたら動くゾンビが登場します。

    B級映画です。

    実験的な部分もあるんでしょうか。

    それほど突飛なことをしているわけではないのですが、
    どうしても全体的に見て、
    エンタテインメントを狙っているとはちょっと思えなかったので、
    そんな感想を持ってしまいました。

    さて、
    内容ですが、
    ゾンビが普通に存在する世界のお話です。

    まっ、この程度の設定は、
    目新しくないです。

    その世界に自警団的的なゾンビを殺す集団があって、
    その組織を取材するというのが大きな流れ。

    なので、
    臨場感を出すためなのか、
    フェイクドキュメンタリー的な演出を狙ったのか、
    まぁ、狙いがその辺であれば、
    失敗しちゃたなぁ、
    って感じなんですけどね。

    全体的にちょっと単調で、
    正直、飽きてしまう部分もチラホラ。

    もう少し、観客を喜ばせるために、
    エンタテインメントとして成立させるために、
    もう一工夫ほしかったなぁ、と。

    それか、
    本当に実験的な色を濃くしてカルト的にしてしまうくらいの勇気がほしかった。

    そういうことって、
    意外と外から見た方がよく見えたりして、
    作っている間では見えなかったりするんだよねぇ。

    そんなわけで、
    ちょっと一般の方にはお勧めしにくい部類の映画になっています。

    B級ホラー映画ファンの方で、
    この手の映画を見慣れている人だけご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ 動画

    エルフを狩るモノたち 【アニメ】

    以前、
    ゲームはネタにしたことがあるんですよねぇ。

    セガサターンの花札ゲーム。

    漫画も何巻かは読んだことあるんですよねぇ。

    というわけで、
    今回は、アニメです。

    まともに見たのは今回が初めて。

    物語は、
    異世界に召喚された日本人三人、格闘家の龍造寺淳平、オスカー女優の小宮山愛理、ミリタリーマニアの女子高校生井上律子が、
    日本に帰るために必要な呪文のかけらを探す旅の話。

    この呪文のかけらが、
    エルフの体に張り付いているので、
    それもどこに張り付いているのか分からないので、
    見えるところになければ、
    洋服を脱がせて確かめるという方法をとるため、
    各地で騒動を起こし、
    色々と事件にも巻き込まれ、
    という感じ。

    基本、コメディなので、
    エルフの服を剥ぎ取るといってもエロい感じはないです。

    ファンタジーだというのを利用して、
    なんでも有りのような設定になったりもします。

    またそのことをネタにもしていたりします。

    なので、
    戦車があるのですが、
    動かす燃料も果物のような実を搾って採取したり、
    後に猫が憑依して燃料いらずになったり、
    トイレットペーパーが必要となると、
    とある動物からとれるようになったりと、
    何でもありです。

    そんな感じで、
    全編にわたって楽しく気軽に見られる内容です。

    全12話で、
    続編もあります。

    ということは、
    日本には帰れていないと言うことですな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ ファンタジー 魔法 戦車 関智一 富沢美智恵 宮村優子 三石琴乃 川上とも子

    F1 2014 Round.6 モナコGP

    伝統のモナコGPです。

    圧倒的な速さを持つメルセデスの二台がどのように戦うのか、
    非常に興味があったのですが、
    予選での戦いで、
    思わぬ展開が。

    結果は、
    ニコ・ロズベルグがポール。

    2番手にルイス・ハミルトン。

    ルイス・ハミルトンの最後のアタックで、
    ニコ・ロズベルグがコースオフして、
    黄旗でその後ろを走っていたルイス・ハミルトンがあおりを食らってポールを取れず、
    予選後の会見でも憮然としていて、
    コメントもあららって感じでした。

    そして、
    決勝レース。

    スタートでニコ・ロズベルグを抜けずにそのままフィニッシュ。

    優勝は、
    ニコ・ロズベルグ。

    2位にはルイス・ハミルトン。

    もう表彰台での二人の間の距離感が二人の関係を表していましたねぇ。

    3位に入ったレッドブルのリカルドとは肩を抱いて撮影用のポーズを取るニコなのに、
    ルスイは、微妙に間を開けて目も合わせず、
    挨拶もなし。

    いやー、
    こけからのレース、
    この二人の争いが実に楽しみです。

    それこそ、
    セナ、プロの頃の様になると言うことですかね。

    まぁ、ルイスは、
    マクラーレンの時に、
    フェルナンド・アロンソとそういう関係になっていたけどね。

    レースの内容よりも人間関係に興味が出てしまうほど、
    メルセデスは速すぎです。

    とはいえ、
    レース自体は、実に面白かったです。

    久々のサバイバルレースになりましたね。

    ルイスとニコとの戦いも終盤にルイスの左目にゴミが入ったらしく、
    ペースが落ちて3位に入ったリカルドに追い詰められはしましたが、
    それがなければ、
    ホント、トップ2台とその他のレースっ事になりますね。

    さて、次はヨーロッパから離れてカナダです。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    オズ はじまりの戦い 【2013年製作:映画】

    サム・ライミ監督作品「オズ はじまりの戦い」です。

    いわゆる昨今はやりのビギニング映画です。

    「オズの魔法使い」の主人公であるドロシーが魔法の国に行く前の話。

    そして、
    マジシャンであるオズが、
    どのようにして魔法の国のトップになったのかが語られる物語です。

    「オズの魔法使い」に出てくる大魔法使いオズは、
    アチキの印象として、
    ただのペテン師、詐欺師、マジシャンといういかがわしい感じで、
    魔法の国の住人をだましていると言ったある意味悪者的な印象でしたが、
    この映画を見て、
    あー、やっぱりペテン師で、詐欺師で、マジシャンというのは、
    そのままのイメージだったな、と。

    しかし、
    魔法の国の住人にとって、
    オズがどのような存在なのかというのは、
    ちょっと違いましたね。

    まっ、その辺のことは、
    映画を見てもらって確かめてください。

    ウォルト・ディズニー映画なので、
    やはり、というか、
    毒が薄い映画だなぁ、と。

    それは、
    サム・ライミが監督をしていても変わらないなぁ、と。

    決して悪い映画ではないし、
    子供が安心してみていられる映画であることは間違いないかな。

    オープニングでもあるカンザスのサーカスの話さえ飽きずに見ることが出来たならですが。

    アチキ的には、
    昔見た「リターン・トゥ・オズ」が好きでねぇ。

    新宿の映画館に見に行ったのですが、
    普段なら渋谷か有楽町なのに、
    わざわざ新宿まで行ったのには訳があり、
    なんと新宿の映画館しかアチキの近場では吹き替えではない上映館がそこにしかなかったのです。

    他は、すべて日本語吹き替えということで、
    まぁ、「オズの魔法使い」シリーズと言えば子供向けと言うことで、
    当然の流れなのですが、
    「リターン・トゥ・オズ」は、
    間違いなく、
    純粋な子供向けではなかったです。

    っていうか、
    ホントに小さいお子様が見たら泣いちゃうんじゃないかと思える感じだったけどね。

    というわけで、
    今回の「オズ はじまりの戦い」もちょっとは大人向けな部分もあればなぁ、
    と思っていたのですよ。

    そんなわけで、
    基本的にはおもしろかったのですが、
    個人的には、
    少々残念な思いもした映画でしたね。

    ということで、
    個人的な好みを外して言えば、
    週末にでも子供と一緒にご覧になれる映画かな、と。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 魔法 魔女 動画 サム・ライミ

    ワイルド7 another -謀略運河- 【TVアニメ】

    望月三起也の漫画が原作のアニメ「ワイルド7 another -謀略運河-」です。

    子供の頃、
    TVで実写ドラマが放送されていて、
    きっと再放送だったと思うのですが、
    ちょこちょこ、所々見ていた作品で、
    全体の物語とかも含めて中身はほとんど知らないんですよねぇ。

    高校生くらいになったときに、
    漫画を読んでみようと思ったことはあったのですが、
    未だに読んだことありません。

    というわけで、
    タイトルとか、ある程度の設定とかは知っているのですが、
    どちらかというと、
    ほとんど知らないと言っても良い程度の知識しかありません。

    というわけで、
    TVアニメ「ワイルド7 another -謀略運河-」です。

    この作品の他にOVAの「ワイルド7」があるようなのですが、
    そちらはまだ見ていません。

    さて、
    内容ですが、
    すでに特殊警察ワイルド7が解散し、
    主人公の飛葉大陸が記憶喪失になっていて、
    そんな時に、
    第2パナマ運河の開通式が行われ、
    その式典用の船にテロリストがシージャックする事件が発生。

    何とかしようと色々と動くのですが、
    ことごとく失敗。

    そこで白羽の矢が立ったのが、
    元ワイルド7の飛葉大陸。

    新たに仲間を集めて船に監禁された人質たちを救出し、
    テロリスト共をやっつけるお話です。

    物語的には、
    悪くなかったのですが、
    いかんせんアニメのビジュアルのクオリティが今時の作品としては、
    ちょっと低かったのがすごく残念です。

    まぁ、2002年製作ですから、
    今時というほどのものではないのですが、
    もう少し何とかならなかったかなぁ、と。

    売りの一つであるアクションとかが、
    実にチープに感じてしまうところもあって、
    ちょっと残念な感じでした。

    こうなると、
    きっとビジュアル的には良いであろうOVAを見てみたくなるのですけど、
    まだ見る機会がなくてですね、
    どこかで見つけたら見ようと思っています。

    TVアニメ「ゴルゴ13」の出来が良かっただけに、
    あの位のクオリティを期待していたんですけどね。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション バイク 犯罪 動画 緑川光 子安武人 松井菜桜子 斉藤梨絵 茶風林 郷田ほづみ

    おっぱいゾンビ 【2009年製作:映画】

    何で借りたのか、
    もちろんタイトルを見て、
    これはくだらないだろうと思ったから。

    案の定、
    くだらなかったです。

    いやー、
    ホントB級映画好きって、
    こう言うのに惹かれちゃうんですよねぇ。

    そして、
    見て後悔しないからたちが悪い。

    またこんなようなのを、
    借りて見てしまうんだなぁ。

    というわけで、
    結論から言うと、
    もう言ってしまっていますか。

    一般の方は、
    ご覧にならない方がよいです。

    きっと、、、いや、絶対に最後まで見られたとしても金返せと言いたくなるだろうなぁ。

    でも、
    アチキは、
    そこまで思わないんだよねぇ。

    確かに、
    もう一回借りて見るかというと、
    そうでもないんだけど。

    さて、
    一応、簡単に内容を説明すると、
    ゾンビの研究というか、
    死体を生き返らせる研究している博士がいて、
    その研究のために素材が必要で、
    たまたま訪れた女性たちを捕まえて実験台に、
    というのが大まかな流れ。

    まぁ、
    その後、そこから逃げ出そうとする女性たちと、
    博士たちとの戦いというか、
    ゾンビからも逃げて、
    もうそのシチュエーションだけで、
    なんでそうなるのかなぁ、と。

    出てくる人物たちも、
    ちょっとイカれた感じが多くて、
    ある意味、ツボにはまると笑えます。

    タイトル通り、
    おっぱいはいっぱい出てきますが、
    それを見て欲情する訳でもなく、
    というか、
    出来ないでしょう。

    おっぱい目当てなら他の作品を見た方がよいです。

    そんなわけで、
    当然のように見る人をとっても選ぶ映画です。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ ちょいエロ 動画

    高杉さん家のおべんとう 8巻 【マンガ】

    気がついたら出てていました。

    「高杉さん家のおべんとう」8巻です。

    なんだかすごく久しぶりな感じです。

    というわけで、
    以前の記事がいつだったかを見ると、
    去年の7月なんですよね。

    ほぼ1年前ですか。

    そりゃ、久しぶりって感じですよ。

    さて、
    いつものように高杉家の日常のお話です。

    前巻が、
    結構、色々と人間関係に進展と変化があったので、
    今回は、
    それほどでもない感じ。

    と言うか、
    それまでの高杉家に戻ったという感じですな。

    改めて、
    高杉家の弁当というか、
    料理というか、
    その役割というのが再認識されたという感じの話になります。

    一部、
    久留里の父親探し的な展開もありますが、
    それは、きっと、次巻以降になっていくのでしょう。

    出来れば、
    あまりヘビーな展開になってほしくないなぁ、
    と個人的には思っています。

    ほのぼの系が良いなぁ、と。

    どうも年のせいか、
    ヘビーな話よりもゆる~い話が気持ちよくなっている今日この頃なんですよ。

    そんなわけで、
    次のコミックが出るのは、
    また一年近くたってからなんでしょうな。

    楽しみです。


    ■eBookJapanでも「高杉さん家のおべんとう」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 グルメ ハートフル 高校生 恋愛 料理

    ゾンビ・バスターズ 【2010年製作:映画】

    いわゆる一つのゾンビ映画です。

    ゾンビ映画は、
    すごく大きく分けると、
    ジョージ・A・ロメロ監督が描いたゾンビと、
    バイオ・ハザード的なゾンビの二種類があるわけです。

    最近は、
    宗教や呪い的な産物のゾンビは、
    愚鈍で足が遅く、あまり怖い演出が出来にくいせいか作品として少なくなっており、
    どちらかというとコメディ的な使われ方の方が多くなっているように感じます。

    対するバイオ・ハザード的なゾンビは、
    ウィルスによって作られるので、
    ある意味映画的に都合の良いゾンビが作り出され、
    もっぱらこの手のゾンビ映画が多くなっています。

    ウィルス型ゾンビをゾンビといって良いのか、
    少々疑問ではありますが、
    まぁ、ウィルスによって死者が蘇る場合は、
    ゾンビと言っても良いのかもしれませんな。

    と、
    前置きが長くなりましたが、
    今回の「ゾンビ・バスターズ」は、
    ウィルス型のゾンビ映画になります。

    ある博士が妻が死んでしまい復活させようと研究し、
    成功させますが、
    自分がイメージしたのとはちょっと違い、
    博士自身もゾンビになった妻に襲われてゾンビになってしまうというところから映画が始まります。

    で、
    ゾンビ映画の定番として、
    片田舎で生き残った人たちが、
    ゾンビと戦い、
    逃げようとするというお話。

    まぁ、
    定番的な展開の応酬ですが、
    それはそれで楽しめるわけです。

    ある意味、
    王道だからこその楽しみというやつですか。

    新しい何かがあるわけではないですが、
    シチュエーションなどの楽しさしかゾンビ映画は残されていないのかねぇ。

    とはいえ、
    B級映画としては、
    十分に良くできていて、
    B級ホラー映画ファンなら楽しめるでしょう。

    それ以外の人が楽しめるのかは、
    ちょっと判断できないです。

    ただ、
    しょぼい感じの作品ではないので、
    B級映画ファンでなくても楽しめるような気もしますが、
    一般の人はそう受け取らないかもしれないしなぁ。

    そこんとこの感覚がアチキは、
    どうも麻痺しているようなので、
    ファン以外の方が見る場合は、
    自己責任でご覧になってみてくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ アクション 動画

    ハンツー×トラッシュ 5巻 【マンガ】

    こばやしひよこ著「ハンツー×トラッシュ」の5巻です。

    水球を題材にしたエロコメディです。

    いつものようにエロが前面に出ているわけではございません。

    高校生男子の熱きリビドーが全開の漫画です。

    さて、
    物語の方は、
    主人公浜路洋平とヒロインである萩原千聖の話から、
    ちょっとだけ脇にそれて、
    同じ水球男子部員の塩田と女子部の雨宮の仲を取り持つという話がメインになります。

    合宿中の女子風呂ののぞきがばれて雨宮から変態扱いの塩田。

    そのことで気落ちしてやる気ゼロになってしまい、
    大会で一勝もできなければ、
    部室を没収されてしまうことになり、
    定員ぎりぎりの男子部員たちは、
    なんとか塩田にやる気を取り戻してもらおうとがんばるという話。

    その結果どうなるかは、
    漫画を読んでもらうとして。

    それが、
    一応決着がつき、
    次に待っていたのは、
    部員がそろっても勝てない男子水球部という展開になっています。

    何となく、
    スポ根的な流れになりそうでならないのですが、
    体力勝負のスポーツで、
    交代選手がいないのはきついということで、
    男子新入部員の募集を開始する水球部。

    はたして結果はどうなることやら。

    もちろん、
    その結果は、
    次巻以降と言うことですな。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 スポーツ 恋愛 ちょいエロ コメディ 高校生

    スラムドック$ミリオネア 【2008年製作:映画】

    映画公開時から話題になっていて、
    アチキもいつか見ようと思っていた作品。

    というわけで、
    もう見たことがある人も多いと思うのですが、
    アチキは、数ヶ月前に初めて見ました。

    いつも書いているネタは、
    大概、数ヶ月前に見ている作品ばかりです。

    昨日今日見たりした作品を記事にすることは、
    ほとんどありません。

    何故かって、
    それは、
    秘密。

    まっ、本当は秘密にするほどのことではないんだけど、
    秘密にしていた方がおもしろかったりするでしょ。

    というわけで、
    「スラムドック$ミリオネア」ですが、
    インドのスラム街で育った少年が、
    一攫千金のクイズ番組に出場し、
    後一問正解すれば、
    億万長者になれるという物語です。

    冒頭で、
    主人公の少年が捕まって拷問を受けるところから始まります。

    おまえみたいなスラム育ちの無教養の人間が、
    クイズに答えて正解などいえるはずがない、
    絶対に不正を行っているだろう、と。

    そして、
    少年は、
    何故クイズの答えを言えたのか、
    回想という形で見せていきます。

    もう自分の知っている数少ない知識が、
    問題となって登場し、
    奇跡的にここまで来たんだという流れになります。

    最後には、
    とってもハッピーな展開になるということは、
    アチキも事前に知っていたのですが、
    もちろん細かい流れは知りませんでしたけど、
    それでも最後の方は、
    答えられるのか、られないのか、
    ハラハラしましたよ。

    実に人間くさいドラマで、
    見る前は、
    もっとサクセスストーリー的なハッピーな映画かと思っていたから、
    結構、意外な展開で実におもしろかった。

    まだご覧になったことがない方は、
    是非、暇な週末にでもご覧になってみてくださいな。

    おもしろいでっせ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ クイズ 恋愛 動画

    ガンスミスキャッツ 【OVA】

    以前「ライディングビーン」というアニメを見たときに、
    「ガンスミスキャッツ」という作品の存在を知り、
    気になっていて、
    漫画の1巻は手に入れて読んだのですが、
    まだ続きが手に入らなくて読んでいません。

    そんな折、
    オリジナルビデオアニメの「ガンスミスキャッツ」を見る機会があったので、
    今回ネタにしたというわけです。

    漫画原作は、
    園田健一が描いており、
    アチキの園田健一の印象というか、
    知っているのは、
    麻雀ゲーム「スーチーパイ」シリーズのキャラクターデザイン位なので、
    初めて漫画を読んだという感じでしたね。

    というわけで、
    アニメ「ガンスミスキャッツ」です。

    ちなみに「ガンスミス」とは、
    銃の製造や改造、メンテナンスを行う職人さんのことで、
    この作品の主人公は、
    「ガンスミス」ということなんでしょうけど、
    銃のメカニカルな部分の話はほとんどなくて、
    もっぱらガンアクションの作品になっています。

    まぁ、銃砲店を営んでいるのですが、
    物語開始早々営業停止処分になって、
    店の話はほとんどありません。

    そして、
    相棒には、
    これまた銃には関係のない爆発物のプロフェッショナルがいるといった感じで、
    実に王道のバディ作品になっています。

    全3話のOVAですので、
    テンポもよく、
    一応、どんでん返しというか、
    それなりの展開を見せてくれるので、
    まぁ、予想はつくんだけど、
    思っていた以上に良かったです。

    そんなわけで、
    いずれ漫画の方も読んでみようと思っている今日この頃。





    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : OVA アクション 犯罪 警察 根谷美智子 荒木香恵 久川綾 沢海陽子

    ぼくのエリ、200歳の少女 【2008年製作:映画】

    以前ネタにした「モールス」という映画の元の映画です。

    スウェーデンの映画です。

    この映画をの存在を知ったのは、
    「モールス」を見た後です。

    オリジナルという言い方が適切なのか分かりませんが、
    こちらの方が、
    評価は高かったですね。

    最初にこちらを見て、
    次に「モールス」を見ていれば、
    そういう声が大きくなるのも分かる気がします。

    で、
    アチキの場合は、
    逆だったわけで、
    確かにあの寒々しいというか、
    雪景色の寂しさというか、
    雰囲気は、
    確かにこちらの方がよく出ていました。

    まぁ、
    これは、
    ロケーションによるところも大きいわけですけど。

    さて映画の中身についてですが、
    「モールス」がいかにオリジナルを尊重して作られていたかがよく分かるほど、
    どこかで見たことがある映画になってしまっていました。

    う~ん、
    やはりこの部分の感覚は、
    早希にオリジナルを見ていなかった弊害かなぁ。

    とはいえ、
    良くできていることには変わりなく、
    ドラマの演出面においても良くできています。

    さて、
    「モールス」との比較になってしまいましたが、
    物語は、
    吸血鬼の少女と人間の少年とのお話になります。

    それに、
    少女を育てる大人と、
    少年をいじめる学校の友達など、
    いろいろな人たちが絡み合って物語りを紡いでいきます。

    実際、
    実にゆっくりと空から舞い落ちるぼた雪のようにゆっくりと物語が進行していき、
    地面に落ちた雪があっけなく溶けてなくなってしまうように、
    終盤にかけて怒濤のように状況に変化が訪れます。

    そんな感じのちょっと雰囲気のあるヴァンパイア映画が見たかったら是非ご覧になってみてくださいな。

    これはお勧めですよ。

    どちらを先に見るかは、
    お任せしますが、
    こういう風に書くと、
    きっとオリジナルであるこちらの映画から見るんだろうなぁ。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ヴァンパイア 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー