エルム街の悪夢3 惨劇の館 【1987年製作:映画】

    「エルム街の悪夢」シリーズ三作目「エルム街の悪夢3 惨劇の館」です。

    なんと、
    この三作目では、
    一作目の主人公でありヒロインのナンシーが復活します。

    と言っても、
    実はメインではなく、
    サブ扱い。

    でもフレディのエキスパートという存在でもあります。

    精神病の間者で有る少年少女が、
    フレディの標的に。

    エルム街の最後の子供達と言うことです。

    その病院にナンシーが赴任。

    フレディの標的になった子供達の面倒を見ている博士と共になんとか子供達を助けようとするというのがナンシーの役目。

    実際にフレディと戦うのは、
    その病院に入院している患者の少女クリスティン。

    なんと、
    彼女には特殊な能力があり、
    夢の中に他人を引き込むことが出来るのです。

    そして、
    対決は夢の中だけではありません。

    現実世界でもフレディを何とかしようとします。

    今回、フレディに関して、
    一人とても重要な人物が登場します。

    それは、、、フレディの母親です。

    出生の秘密というのか、
    まぁ、シリーズが進むにつれて、
    色々とフレディにあたらしいネタがついて行くんですけど、
    今回がそのはじめと言うことですな。

    と言うわけで、
    前作が不評だったのか、
    この三作目から軌道修正して、
    元の「エルム街の悪夢」らしい物になっています。

    とはいえ、
    クリスティンの力のおかげで、
    若干方向性が代わってしまったような三作目でしたね。

    ちょっとあの能力はやり過ぎだったんじゃないかな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 日常 動画

    ハンツー×トラッシュ 6巻 【マンガ】

    「ハンツー×トラッシュ」の6巻です。

    早速ですが、
    内容の方を。

    水球部、
    特に男子水球部の存続が危うい。

    女性のエロを追いかけるのに熱心で、
    肝心の水球は、
    ほとんどまともな練習をしてこなかった男子水球部。

    改めて、
    新入部員が入らないと存続できないことに。

    水球が出来なくなることや部がなくなることよりも、
    部室が使えなくなることが最大の悩みとなったわけですが、
    新入部員勧誘などはなから無理だと思っている男子部員達。

    しかし、
    主人公である浜路洋平だけは、
    何とかしようとがんばります。

    学園祭で水球の楽しさを伝えられ場と言うことで、
    萩原千聖の協力も得て、
    男女混合のシンクロナイズドスイミングをすることに。

    はたして、結果は。

    といった感じで、
    新しい男子部員が入るのか、
    と言うことになるのですが、
    まぁ、
    やっぱりね、
    と言う展開です。

    そして、
    遂に萩原千聖との関係が一歩進んだというか、
    猪突猛進してしまって悶々とする浜路洋平。

    こちらの恋の行方も気になるところ。

    そんなわけで、
    次号では、
    どうなるんでしょうかね。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 スポーツ 恋愛 ちょいエロ コメディ 高校生

    エルム街の悪夢2 フレディの復讐 【1985年製作:映画】

    「エルム街の悪夢」をネタにしてから、
    随分と年月がたちました。

    また改めて、
    一作目からネタにしてもよかったのですが、
    書くネタがたまっているので、
    やめました。

    と言うことで、
    「エルム街の悪夢2 フレディの復讐」です。

    一作目が非常に素晴らしく、
    アチキ大好きなんですよ。

    なので、
    二作目は、
    とっても期待していませんでした。

    まぁ、当時の映画は、
    本当に二作目は駄作というのが定番でしたからね。

    中には、
    そうでないシリーズ作品もありましたが、
    総じてそんな評価になってしまう作品が多かったです。

    と言うわけで、
    期待せずに見た「エルム街の悪夢2 フレディの復讐」ですが、
    期待に違わず、
    なんてこったな映画になっていました。

    まっ、当時の感想です。

    この後、シリーズは、
    次々と続いていくんですけどね。

    その中でも、
    この二作目で有る「エルム街の悪夢2 フレディの復讐」は、
    ちょっと立位置が違う物になっています。

    一作目で主人公が住んでいた家にあたらしく引っ越してきた家族。

    その子供が悪夢に悩まされるところから始まります。

    主人公は、男性です。

    仕切り直しというわけではないですが、
    フレディという悪役がいれば物語が成立するとふんでいたんでしょうね。

    確かに間違いではございません。

    そして、
    フレディは、がんばって復活しようとします。

    夢と現実の境を上手く表現しているのは、
    さすがですが、
    現実世界への介入が多すぎて、
    何だかなぁ、
    と感じたわけですよ。

    実際、今回これを書くに当たって、
    改めて見直したりもしたんですけどね。

    シリーズ全部DVD持っていたりするわけで、
    ちょくちょく一作目は見ていたりするんですけど、
    その中でも二作目は、
    アチキの中では、一番評価が低いかな。

    それでも改めてみると、
    結構、面白かったりもするので、
    侮れんな「エルム街の悪夢」シリーズは、
    なんて思ったりもしました。

    そんなわけで、
    シリーズの後半になっていくと、
    一作目の良さは微塵もなくなってくるのですが、
    それはそれで楽しかったりもするシリーズなので、
    一作目を見て恐怖を感じてもらい、
    二作目を見てちょっとがっかりしてしてもがんばって次の三作目も見て欲しいという感じのシリーズです。









    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 日常 学園 動画

    ONE PIECE(ワンピース) 75巻 【マンガ】

    「ONE PIECE(ワンピース)」の75巻です。

    さて、
    おもちゃから人間に戻すことに成功したウソップたち。

    この成功で、
    いつものように死にそうな状態になったウソップですが、
    なんと、
    神として崇められることに。

    そして、
    おもちゃから人間に戻ったことで、
    町の人の記憶も戻り、
    ドフラミンゴの本性が分かってしまい、
    国民は反旗を翻そうとするのですが、
    そこでドフラミンゴが企てた作戦は。

    なんと、
    島を鳥かごで閉じ込め、
    生きて出たかったらルフィ達を殺せと通達。

    それも賞金付き。

    懸賞金ナンバーワンは、
    ルフィではなく、
    ウソップというところが、
    実に「ONE PIECE(ワンピース)」らしいじゃないですか。

    今の説明で、
    大体、コミックの半分くらいなのかな。

    ここから先は、
    当然、ルフィ達の戦いになっていくわけですな。

    もはや「ONE PIECE(ワンピース)」の定番的な戦闘スタイルになった、
    階層攻略型戦闘になります。

    こっちのグループはここにいて、
    あっちのグループはここにいて、
    そっちのグループはここにいる、
    って感じのヤツです。

    まぁ、状況を整理するのには、
    役に立っているし、
    いろいろな所で戦闘が行われていて楽しいのですが、
    まぁ、いつものようにごちゃごちゃしていますよ。

    でも盛り上がって来ましたよ。

    ルフィに同調する仲間も増えて。

    そして、
    メラメラの実を食べたのは、
    あー、やっぱりここで登場なのね、
    という彼でしたね。

    それが、
    あの組織のナンバー2とは、
    ちょっと意外でしたね。

    そんなわけで、
    次は、
    76巻ですか。

    楽しみですよ。


    ■eBookJapanで「ONE PIECE(ワンピース)」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 尾田栄一郎 海賊 アクション 冒険

    エンダーのゲーム 【2013年製作:映画】

    原作の小説を読みながら映画では、
    ここはカットされるだろうなぁ、
    とか、
    ここはどんな感じで演出されるのかなぁ、
    とか、
    色々と思いながら読んでいたわけですが、
    カットされた部分に関しては、
    やっぱりと言う感じでしたね。

    兄姉が地球で行っていた活動の部分なんですけどね。

    さて、
    それ以外は、
    大筋、小説の通りです。

    あくまで大筋です。

    肝心の部分、
    エンダーが苦悩して才能を開花させていくバトルスクールでの部分や、
    スクールを卒業してから理不尽とも思える司令官としての訓練の過程が、
    スパッと簡略されていました。

    いやー、
    参ったね。

    これがないと最後の決戦が終わった後のエンダーの気持ちが実に唐突で中途半端に感じられてしまうではないですか。

    尺の問題というのは、
    商業ベースで非常に理解できるのですが、
    肝心の部分をそぎ落としてしまっては、
    せっかくの作品が台無しになってしまうかな、と。

    実際、レンタルして尺を見たとき、
    こんなに短いのか、
    と勝手に思ってしまったほど。

    アチキのイメージとしては、
    3時間前後はあると思っていたんですよね。

    小中学生くらいがメインターゲットになると、
    長時間は辛いのかなぁ、
    と思ったりもしますが、
    どうなんでしょうかね。

    少なくともドラマの部分がそぎ落とされていて、
    ゲームの部分がすごく良くできていればこれはこれでよいかと思ったのですが、
    何でしょう、
    実際には、ゲームの部分をしっかり描いているのは、
    バトルスクールで2回、
    その後、場所を移して1回。

    う~ん、
    何なんでしょうね。

    実は、映画の中で、
    艦隊が到着するまで28日という表記が出てきたとき、
    あちゃー、
    と思ったりもしたんですよ。

    こりゃ、相当省くな、と。

    それでも一応、
    ほぼ原作の中身を入れてはきているので、
    小説のダイジェスト版といった感じでは、
    成り立っているのかな。

    まぁ、ある意味、
    小説を先に読んでいて良かった、
    と思ってしまいましたね。

    読んでいない人は、
    きっとすごく中途半端な作品だと思ってしまうことでしょう。

    事実そんな感じなんですけど。

    まぁ、公開当時、
    話題にもなっていないし、
    ヒットしたというのも聞かなかったので、
    SF映画にありがちな内容が理解できなかったのか、
    つまらなかったのか、
    どちらかなんだろうな、と。

    と言うわけで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    そして、
    少しでも気に入ったところがあったら是非原作の小説を一読してください。

    小説は、おもしろいですから。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 戦争 ミリタリー 動画 ハリソン・フォード

    スターハンター 【TVドラマ】

    こいつは、
    TSUTAYA DISCUSにだまされました。

    いや、
    TSUTAYA DISCUSも販売メーカーにだまされたのかな。

    何がだまされたって、
    TSUTAYA DISCUSでは、
    洋画SFジャンルになっていて、
    TVドラマとは、
    どこにも書いていないんだよねぇ。

    で、
    3作出ているのですよ。

    マイケル・パレ主演と言うことで、
    B級SF映画だと思って、
    嬉々として借りて見たんですよねぇ。

    それが、
    なんと、まぁ、
    TVドラマシリーズで、
    がっくししました。

    はじめからTVドラマだと言ってくれたらこんな風に感じないんですよ。

    と言うことで、
    実は、レンタル作品では、
    こういうこと多いんですけどね。

    過去にもそういう感じの作品をネタにもしているし。

    さて、
    全6話なのかどうか分かりませんが、
    レンタルでは3まで出ているので、
    一本に2話入っていて、
    全6話となっています。

    ただ物語としては、
    ラストといった感じではないので、
    もしかしたらこの後があるのかもしれません。

    日本に入ってきていないだけとか。

    と、随分前置きが長くなりましたが、
    中身についてです。

    TVドラマなので、
    CGとかは、
    まぁ、それなりです。

    主人公は、
    ハンターで、
    仲介屋から仕事の依頼を受けて、
    それぞれ危険な仕事をしています。

    主人公のハンターがマイケル・パレで、
    実は、行方不明になって生死も分からない息子を捜していたりします。

    全体的に、
    TVドラマとしては、
    悪くはなかったのですが、
    これと言ったお勧めもないといった感じですな。

    とりあえず、
    アチキは最後まで観たけどね。

    続きが出たら、
    たぶん観るとは思うけど、
    それも積極的にと言うよりは、
    タイミングあったらね、
    といった感じの作品です。










    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米・イギリスetc)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF 宇宙 動画

    長い裏切りの短い物語 【2012年製作:映画】

    サスペンス映画です。

    当然ノーチェックの映画だったのですが、
    中々良かったですよ。

    冒頭で、
    なんか昔の時台のシーンから始まって、
    それが何を意味するのか分からずに、
    内容を知らなかったアチキは、
    原題の映画かと思っていたので、
    昔の時台の映画だったんだと、
    普通に受け止めてしまいました。

    それが、違うというのはすぐに分かるんですけどね。

    その後、
    舞台は現代に移って、
    物語はスタートします。

    冒頭のシーンが何を意味するのかは、
    後で出てくるというわけですな。

    さて、
    本筋に入ると、
    主人公の弁護士が依頼を受けた社長が自殺してしまい、
    何が何だか分からない状況で、
    そのことに絡んでいた女性が現れて、、、。

    という感じでスタート。

    社長の自殺の真相を突き止める話ではなくて、
    その裏で何が起きて、
    何が起ころうとしていてるのかという内容です。

    陰謀に巻き込まれていく主人公が、
    どうなっていくのか。

    自殺した社長の代わりに登場した女性が実に良い感じでねぇ。

    アチキとしては、
    もっと悪女ぷりを見せてくれても良かったかなぁ、
    と思ったりもしましたが、
    実に良い感じでした。

    特別何かすごいものがあるわけではないですが、
    レンタルして観る分には十分楽しめるサスペンス映画でしたね。

    期待して観ると、
    ちょっとどうかと思いますが、
    他に観るものがないときにでもレンタルして観てくれるとちょうど良いかも。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 動画

    愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN XII めぐりあい宇宙編 【マンガ】

    遂に「愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN」も完結です。

    長かったですねぇ。

    発売されるまで。

    もう出ないのかと思っていましたよ。

    なんでこんなに時間がかかったのか、
    中身を読んで、
    なんとなく理解できました。

    正史の物語だけでは、
    ページ不足だったんですね。

    半分くらいから後半は、
    シャアの生まれるときの話と、
    セイラさんの一年戦争後の話と、
    アムロの一年戦争後の短編が入っていました。

    雑誌に掲載されてていたのかは、
    知りません。

    何しろ正史の連載が終わってから雑誌買わなかったので。

    さて、
    一年戦争の話で言うと、
    THE ORIGINでは、
    セイラさんが大活躍します。

    正統ジオンとなり、
    キシリアを反乱分子として内部分裂をさせます。

    それ以外は、
    大筋アニメと同じです。

    で、
    連載の時も感じたんですけど、
    やはりアムロがみんなのところに帰ってくるシーンは、
    あの曲しかないと言うことですな。

    そのシーンを読んで、
    また映画を見たくなってしまいましたよ。

    確か、来年からTHE ORIGINのアニメが発売されるので、
    それまで待ちきれないですよ。

    さて、
    おまけの夜に追加されているその後の話などは、
    やっぱりおまけ程度の内容です。

    とはいえ、
    Zガンダムの間のホワイトベースクルーの話は、
    ほとんどないので、
    これはこれで良いなぁ、と。

    そんなわけで、
    もう愛蔵版は出ないと思いますが、
    もしかしたら短編がいくつかこの後も書かれて、
    外伝としてでるかもしれないことを期待して、
    来年のアニメを楽しみにしたいと思います。

    それまでに、
    もう一度1巻から読み直さないと。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 戦争 ミリタリー 安彦良和

    ロスト・ボディ 【2012年製作:映画】

    サスペンス映画です。

    スペイン映画です。

    ノーチェックだった映画ですが、
    それはいつものことでしょ、
    というのは置いといて、
    いやー、中々良かったですよ。

    冒頭で死体安置所の警備員がトラックにひかれて死んでしまいます。

    警備員は、
    何かから逃げるように走っていて、
    見ているこちらとしては、
    何から逃げていたのか、
    と言う謎に興味津々。

    警察も死んだ警備員の働いていた場所に行くと、
    あるはずの女性の遺体がない。

    これは、
    警備員の死と何か関係があるのか、
    と言うことで、
    女性の旦那を呼ぶことに。

    ここからが、
    この映画の本番。

    刑事と旦那のやりとりが中心になり、
    少しずつ全体像が見えてきます。

    そして、
    遂にラストでは、、、、。

    いやー、
    ラストの展開に関しては、
    ちょっとやり過ぎかなぁ、
    と思いましたが、
    全体として良くできていました。

    ミスリードの演出と展開も結構うまいし、
    ホラー的な演出も良いアクセントとなって良かったです。

    サスペンス映画が好きな方ならちょっと見てほしい映画ですかね。

    一般の方も十分に楽しめる映画なので、
    暇な週末にでも是非ご覧になって見くださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 刑事 不倫 動画

    F1 2014 Round.14 シンガポールGP

    F1のナイトレースが楽しめるシンガポールGPです。

    そろそろワールドチャンピオンの行方も気になるところ。

    今まで以上に一戦一戦のポイントが貴重になってきます。

    現在ポイントランキングトップのニコ・ロズベルグですが、
    予選では僅差でポールが取れず。

    そして、
    ホールポジションは、ルイス・ハミルトン。

    さすがに勢いがあります。

    この二人の決勝が楽しみだったのですが、
    なんと、
    ニコ・ロズベルグが決勝レースでピットスタート。

    これは、痛い。

    見る方もちょっと残念。

    結局、ニコ・ロズベルグは、
    ピットスタートの原因だった者が直らず、
    リタイア。

    ルイス・ハミルトンは、
    最後まで盤石のレース運びで優勝。

    これで、
    ポイントランキングでもトップになりました。

    まぁ、
    いつものように優勝争いは、
    なんか今一盛り上がらない展開になりましたが、
    2位以下は、
    相変わらず面白いです。

    ここに来て、
    レッドブルのセバスチャン・ベッテルが、
    久々に2位表彰台をゲット。

    チームメイトにも勝って、
    ホント、
    久々ですな。

    フェラーリのフェルナンド・アロンソは、
    4位と健闘。

    最終的には、
    2時間レースとなり、
    規定周回数を走ることはありませんでしたが、
    最後の最後で盛り上がったレースでした。

    さて、
    次戦は、
    いよいよ日本GPです。

    鈴鹿です。

    楽しみです。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    幻魔大戦deep 2 【小説】

    「幻魔大戦deep」の2巻です。

    相変わらずちょこちょことしか読んでいないので、
    1巻を読み終わってから随分たってしまっています。

    で、
    これから先は、
    ネタバレがありますので、
    もしもこれから読もうと思っている方で、
    ネタバレを気にする方は、
    読まないようにお願いします。

    さて、
    1巻で猿坊に合うため京都に向かった東丈と東美叡。

    猿坊に会い、
    東丈が実はすごい力の持ち主だと言われるも自覚のない本人。

    そして、
    東美叡が実は東丈の弟、東卓の子種から生まれたわけではないことも判明し、
    東美叡の丈に対する積年の想いが爆発。

    なんと、
    二人は結婚することに。

    いやー、
    これにはアチキもびっくり。

    こんなにも簡単に結婚というか、
    肉体関係が成立することになろうとは。

    こうなると、
    東丈の子供が重要なポジションをおさめる事になるのかな。

    大体、「幻魔大戦」のセオリーとして、
    東丈は失踪することになっていますからね。

    2巻にもそれを予感させる部分があったし。

    まだ2巻では、
    失踪はしていませんけどね。

    そして、
    姉の東三千子が、
    ある意味覚醒して若返りを果たします。

    どうやって若返りを果たしたのかは、
    読んで確かめてもらうことにして、
    この2巻でも新しい登場人物が数人出てきます。

    それはそれでよいのですが、
    アチキとしては、
    旧GENKENメンバーが再登場するのかどうか、
    気になるところです。

    「真 幻魔大戦」では、
    一応、登場しているしね。

    ついでに言うと、
    ルナ王女やベガなんかもどうなっているのかなぁ、と。

    それとも全くその辺の人たちには触れずに、
    全く関係のない展開として物語が進んでいくのでしょうか。

    大体、キチッと終わるのでしょうか。

    と言うか、
    幻魔は出てくるのでしょうか。

    まだまだ物語は始まってもいないような感じの2巻でしたね。





    関連記事

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF パラレルワールド 超能力 平井和正

    ディープ・ウォーター 【2012年製作:映画】

    タイトルを見て、
    てっきり海が舞台の作品かと思っていました。

    全然違いましたね。

    サスペンス映画です。

    不倫関係にある男女が、
    別荘で過ごすのですが、
    その別荘の修繕をしている男にストーキング的な嫌がらせを受け、
    それがエスカレートしていくという内容。

    女性は結婚していて、
    不倫相手の男は、
    旦那の部下で、
    別荘は仕事で売りに出す物件で、
    中々巧妙でスリリングな人間関係になっています。

    別荘なので、
    避暑地ではあるのですが、
    オフシーズンなのか、
    場所が広大で人気がないのか、
    寂しい感じの場所なんですよ。

    それがまた良い雰囲気を作っているわけですな。

    ストーキング男も実は、
    頭が良くて、
    インテリジェンスな事を話していたりして、
    ただのサイコ的な男でなかったりと、
    サスペンスとして、
    ある意味王道な感じです。

    とはいえ、
    特別何かすごいのがあるわけでもなく、
    普通な感じで、
    そこがちょっとだけポイントが低くなっているかな。

    そんなわけで、
    暇な週末にちょっとしたサスペンス映画が見たくなって、
    お目当てのがレンタルされていて見られないなぁ、
    と言うときの候補の一つにでも、
    と言った感じの作品ですな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス ちょいエロ 動画

    エンダーのゲーム 【小説】

    映画を観る前に、
    読んでおかねば、
    と思って読んだ小説「エンダーのゲーム」です。

    アチキが学生の頃、
    日本で発売されて話題になっていたんですよ。

    SFファンの間ではね。

    その頃から読んでみようと思って、
    全然手をつけていなくて、
    アチキの姉が当時買って読んでおもしろかったという感想も聞いていたし、
    本当にタイミングが合わなくて読んでいなかったのですよ。

    まぁ、当初は、
    「エンダーのゲーム」というタイトルが、
    なんかアチキ的にイマイチでねぇ。

    少年が主人公というのも何か引っかかっていてねぇ。

    で、数年前に一度買おうとしたら、
    もうまともに売っていなくて、
    Amazonの古本も高くなっていて、
    ちょっと二の足を踏んでいたら、
    映画化になるというニュースを見て、
    きっと小説もまた重版されるだろうと思っていたのですよ。

    案の定、新刊として発売されたのですが、
    なんと二冊に分冊しての発売。

    うーん、ハヤカワさん、
    実に商売根性丸出しですな。

    良いんだけどね。

    良いんだけど、
    そういう商売をするならもう少し、
    ファンというか、
    読者目線を大切にしてほしいです。

    それについては、
    後で書くとして、
    まずは小説の中身。

    評判に違わず、
    おもしろかったです。

    エンダーという少年が主人公で、
    バガーという異星人をやっつけるための英才教育を受ける話です。

    エンダーと同じような少年少女が一杯いて、
    その中でもエンダーは飛び抜けて才能があり、
    エンダーでバガーを倒せなかったらもう地球人類は終わりだというタイミングの話です。

    エンダーとバガーの戦いについては、
    きっとそういう感じなんだろうなぁ、
    と思っていたら、
    その通りでしたね。

    エンダーの天才ぶりもそうですが、
    兄姉との関わりとか、
    成長過程とか、
    イメージしていたよりもドラマがしっかりしていたので、
    おもしろかったです。

    これを書いている時点では、
    まだ映画を観ていないのですが、
    映画はどの部分にスポットを当てているんでしょうかね。

    映画を観るのが実に楽しみです。

    そして、
    せっかくおもしろかったので、
    「エンダーのゲーム」はシリーズになっていると言うことで、
    続編?の位置づけである「死者の代弁者」を買って読もうとしたらなかったんですよねぇ。

    上下巻なんですけど、
    上巻しか見つからなくて、
    それも古本なのに、
    いい値段でしか売っていなくて。

    なんで重版しないんだ、と。

    こういうところがハヤカワなんですよねぇ。

    せっかくおもしろいと思って、
    続きを読もうとしてもこういう状況じゃね。

    新訳にしなくてもいいから出せば、
    アチキのように続きを読みたいという人がいて、
    本が売れるのに。

    本当に残念です。

    と言うわけで、
    今は、
    サイドストーリー的な「エンダーズ・シャドウ」を読み始めています。

    ビーンが主人公の話ですね。

    と言うわけで、
    小説に興味がございましたら是非ご一読を。

    おもしろいでっせ。





    関連記事

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF

    地底探検 【1959年製作:映画】

    ジュール・ヴェルヌの小説が原作と言うことらしいです。

    いやー、
    知りませんでした。

    昨今、
    同じ原作の小説が映画になりましたけどね。

    「センター・オブ・ジ・アース」って映画ですな。

    以前、
    ブログネタにしていたりします。

    さて、
    作品のことを何も知らずにいつものように観たわけで、
    それも、
    TSUTAYA DISCUSでかりて観たわけではなくて、
    何故か家にDVDがあって、
    観ていなかったので、
    観たという流れです。

    いつ買ったのか、
    全く記憶にないんですよねぇ。

    もらったというわけではないので、
    きっと「恐竜100万年」とかのDVDを買ったときに、
    あわせて買ったりしたのではないかと、
    推測しています。

    自分のことなのに、
    推測するなんて、
    いやー、もう年は取りたくないね。

    と言っても、
    この映画が作られたのは、
    アチキの生まれる以前です。

    この映画作品ほど、
    歳は取っていません。

    さて、
    映画の内容ですが、
    学生が持ってきた岩石を調べたらとても珍しい物だとわかり、
    詳しく調べたら、
    岩石の中からある物が出てきて、
    こいつは大変な発見だと。

    そこで、
    その物に記された場所へ行き、
    そこから地底へと降りていくというのが、
    大まかな流れ。

    地底の中で見つけた物とは、
    何なのか。

    いやー、
    中々おもしろかったですよ。

    昔の映画なので、
    テンポは、
    ゆっくりしていますが、
    次に何があるだろう、
    とわくわくする展開です。

    アクションや特撮がメインではないので、
    人間ドラマもしっかりしているし、
    ロマンスなんかも盛り込まれていて、
    実に良い感じです。

    興味があったら是非、
    レンタルしてご覧になってください。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 冒険 動画

    銀の匙 Silver Spoon 12巻 【マンガ】

    「銀の匙 Silver Spoon」の最新刊12巻です。

    この巻から「四季編」と言うことらしいです。

    二年生になった八軒勇吾たち。

    起業を目指す傍ら、
    各生徒たちは、
    みずから掲げた研究テーマに沿って活動してい行くことになります。

    まぁ、これが、
    後々どういった展開になるのかは、
    まだ今のところ分かりません。

    そんな中、
    フランスへの短期留学の話が八軒勇吾の元に。

    これは、
    なにか新たな展開になるのか、
    と思ったら他の生徒に譲り、
    その生徒も二週間なので、
    すぐに戻ってきてと、
    ネタとしての広がりは、
    ほとんどありませんでした。

    そして、
    馬術部にも新しい部員が入り、
    こちらも何かありそうなのですが、
    今のところ何もないって感じです。

    要するに、
    プロローグというか、
    伏線はりまくりというか、
    そんな感じの12巻でしたね。

    物語というか、
    時間の流れも早くて、
    一年生の時のようなじっくりと描いていく感じではなくなっています。

    まぁ、
    一度やったネタだからね。

    このペースで行くと、
    大学生になってからも話が続きそうな感じですよ。

    それは、それで楽しそうだけど。

    高校生活だけというのもありだとは思うしね。

    さてさて、
    これからどうなっていくのか。

    実に楽しみです。


    ■eBookJapanで「銀の匙 Silver Spoon」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 学園 ハートフル コメディ

    エリジウム 【2013年製作:映画】

    マット・デイモン主演のSFアクション映画です。

    金持ちと貧乏人の話で、
    貧乏人が反旗を翻すストーリー。

    大雑把に説明するとそんな内容の映画です。

    抑圧された大衆の解放と言うほどヒーロー的な話ではありませんが、
    体制に対する反旗の代弁者的な話ではありますね。

    まぁ、
    小難しいことはないので、
    安心してください。

    あくまでもエンタテインメントな作品です。

    マット・デイモンが装着する貧乏人のパワードスーツみたいなのが、
    実に痛々しくてねぇ。

    かっこいいのか、
    かっこわるいのか分かりませんな。

    「マッドマックス2」のような排他的な世界観によるかっこよさはあまり感じられなかったなぁ。

    ジョディ・フォスターの悪者振りも実に良かった。

    あの澄ました冷たい視線が、
    実に良い味を出しているわけですよ。

    金をかけただけあって、
    ビジュアルクオリティは高いですよ。

    と言うか、
    このレベルのビジュアルは、
    今更ですが、
    もう普通になってしまいましたね。

    そんなわけで、
    一般の方が観てもそれなりには楽しめる、
    安心して見ていられる、
    外れが少ない、
    というエンタテインメント作品かな。

    何かしら気になる部分があったらご覧になっても損はないと思いますよ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 動画 マット・デイモン ジョディ・フォスター

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー