OTSUYA ~怪談 牡丹燈篭~ 【1997年製作:映画】

    これまた「牡丹燈篭」を題材にした映画です。

    たぶん、
    これで、
    今ところ、
    打ち止めかな。

    いやいや、
    まだ何かあったような気がするなあ。

    まっ、
    見つけたらまた観たいと思います。

    それがいつなのかは、
    分かりませんけど。

    さて、
    もう「牡丹燈篭」で、
    怖いという感覚の映画は、
    ないなぁ、
    という感じになっています。

    アチキの感覚が、
    麻痺しているというか、
    バカになっているというか。

    さて、
    今回の「OTSUYA ~怪談 牡丹燈篭~」ですが、
    やはり怖くないです。

    物語は、
    多少凝っていて、
    現代と江戸時代と戦国時代が舞台になっています。

    時代を股にかけているわりには、
    まあ、なんというか、
    という感じですな。

    結局、末代まで祟ってやると言うことなんでしょうね。

    物語の構成は凝っていても、
    それが散漫な感じになってしまっては、
    残念な結果になってしまいます。

    この作品もそんな感じでして、
    最後まで見ていられる展開ではありますが、
    そこまでやる必要あったのかなぁ、
    と感じさせずにはいられませんでした。

    もう「牡丹燈篭」の映像作品では、
    怖いと感じさせるのは難しいんでしょうね。

    びっくりさせるとか、
    メイクが怖いとか、
    そう言うのは、
    いくらでも出来そうだけど。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルでもしてくださいな。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 時代劇

    ラブひな 【アニメ】

    随分前にマンガの方は、
    ネタにしたことがありました。

    それから何度かアニメを観ようと思ったのですが、
    まともに見ることはなかったですな。

    で、
    今回、いつものようにバンダイチャンネルの月額見放題で見られることになったので、
    改めて見たわけですな。

    全27話でした。

    TV放映以外の話も入っているので、
    全27話と言うことですな。

    さて、
    内容は、
    東大を目指して浪人中の主人公が、
    ひなた荘にご厄介になるところから物語は始まります。

    ご厄介と言っても管理人として住むことになるわけですな。

    で、
    物語としては、
    なぜ東大を目指すのか、
    と言うところが、
    一つのポイントになっています。

    ヒロインの女性も東大を目指していて、
    同じひなた荘の住人というわけで、
    色々とあります。

    他にも住人はいますが、
    主人公以外は、
    みんな女性。

    まぁ、良くある設定です。

    今見ると、
    さすがに色んなところで古くさい感じを受けますが、
    まぁ、普通に最後まで見られたかな。

    ラブコメだしね。

    気軽に見られるのは確かかな。

    マンガとの違いについては、
    もうマンガを読んだのが昔すぎて、
    覚えていません。

    なのでラストがどうだったのかも覚えていません。

    興味があったらご覧くださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 青春 コメディ 恋愛 堀江由衣 浅川悠 野田順子 林原めぐみ 雪野五月

    怪談 牡丹燈籠 もっともっと愛されたかった。 【2007年製作:映画】

    さて、
    以前、「牡丹燈籠」が題材の作品を見て、
    まだ他にもあると言うことで、
    TSUTAYA DISCUSでかりてみました。

    大沢樹生が主演の作品になります。

    まぁ、
    基本的な内容は、
    以前見た作品で知っているので、
    今回は、
    どんな「牡丹燈籠」になっているのかなぁ、と。

    そんな感じで見ましたよ。

    怪談ですから、
    怖くないといけないわけです。

    実際、落語で語られる怪談って、
    ホント、怖いのがいっぱいあるんですよ。

    話の内容もそうですけど、
    語りがやはりうまい。

    映画で言うところの演出がうまい、
    ということになるんでしょうね。

    そういう意味では、
    怪談なんですけど、
    この映画は、
    そんなに怖くないです。

    人情的な部分にスポットが当たっているのかな、
    と思わせる内容でした。

    それは、それで良いのですが、
    やはり呪い殺されるというところは、
    怖がらせて欲しかったですな。

    まぁ、
    物語の今巻になる部分ですけど、
    さすがに今時のホラー映画みたいな演出は出来ないので、
    ある意味、これが限界かもと感じてはいますが、
    なんかうまく見せる方法はないのかなぁ、
    と余計なことを考えながら見てしまったの事実で、
    そうなると、
    よけい怖く感じないものです。

    と言うわけで、
    怖い怪談映画と言うよりは、
    時代劇のちょっともの悲しい映画という捉え方の方が、
    この作品にはあっているかな。

    もしかしたらそれを狙ったのかもしれないですけど。

    それなら成功していると言うことか。

    まぁ、「牡丹燈籠」がどんな感じの物語なのかを知りたかったら、
    見ても良いかな。





    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 時代劇

    魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) 【アニメ】

    まずは、
    タイトルのことから書かないとね。

    「戦姫」と書いて「ヴァナディース」と読むようです。

    「いくさひめ」でも「せんき」でもないです。

    いやー、
    知りませんでした。

    アニメを見ている時は、
    「いくさひめ」か「せんき」だろうなぁ、
    と思っていましたので。

    これを書くにあたって、
    ググったらそういう読み方をすると言うことを知ったわけです。

    まぁ、
    こういうことは、
    良くあることなので、
    だから何、
    って感じですけど。

    さて、
    原作は、ライトノベルのようです。

    これもググって知りました。

    まだ原作小説の物語は、
    終わっていないようです。

    アニメは、
    全13話で一応終わっていますが、
    まだまだつづきそうだなぁ、
    と言う終わり方だったので、
    そのことを知ってもやっぱりね、
    という感じでした。

    と言うことは、
    アニメの方も商売的にうまくいったのなら続編というか、
    セカンドシーズンというか、
    続きが作られるのでしょうね。

    まぁ、その時は、
    また観たいと思います。

    さて、
    物語は、
    架空の世界で、
    小国というか、自分の家に割り当てられた領土を納める領主の少年が主人公。

    自らが仕える国によって自分の領土が大変になってしまい、
    それを取り戻したことにより、
    色々と大変な事になって戦争をすることになったお話しです。

    いやー、
    すげぇ、端折った説明ですな。

    タイトルの「戦姫(ヴァナディース)」の部分の説明を省いたので、
    あんな説明になってしまいました。

    この世界には、
    武器に選ばれた7人の戦姫(ヴァナディース)がいて、
    そのうちの一人に主人公がとらえられてしまい、
    そのことから自分の領土を守る戦いに、
    力を借りて、、、、。

    ってな感じで物語に絡んできます。

    まぁ、最後まで楽しく見ましたよ。

    興味があればご覧になってみてくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー 戦争 戸松遥 井口裕香 伊瀬茉莉也 茅野愛衣 小松未可子 小林ゆう

    銀の匙 Silver Spoon 【2013年製作:実写:映画】

    マンガも読んでいるし、
    アニメも見ました。

    と言うことで、
    実写映画も見ることに。

    まぁ、それほど期待しないで見たんですけどね。

    主人公の八軒勇吾を中島健人が演じています。

    この映画の宣伝番組をちょろっと見て、
    中島健人が意外とイメージが良かったので、
    ほんの少し期待している部分もありました。

    まぁ、
    当然ですが、
    マンガやアニメを気に入っているので、
    どうしても比べてしまったりするのですが、
    それは仕方ないと。

    その上で、
    感想を求められると、
    やはりちょっと残念な作品でした。

    取り上げたエピソードやその扱いというところで、
    もう少し、
    丁寧に描いてくれたらなぁ、
    と言うところが多々ありましたね。

    なんか、
    テンポを大事にして、
    それが原因で薄っぺらい青春ドラマになってしまった感じを受けてしまいました。

    後、ヒロインがイメージは良かったのですが、
    演技というかキャラクターの作り方が、
    ちょっと違っていたかな、と。

    これは、役者の問題ではないような気もするなぁ。

    そこが、
    主人公並みにマッチしていたらもう少し印象も変わったかもしれないです。

    とは言え、
    これは原作ファンであるアチキの声なので、
    原作を知らない人とかが見れば、
    また違った印象を受けるでしょうね。

    何はともあれ、
    原作のマンガはまだつづいていますし、
    映画で語られたエピソードは、
    途中までですから、
    また続編が制作されたら、
    きっとアチキは観ると思います。

    当然、劇場ではなく、
    レンタルで、
    ですけどね。

    興味があったらご覧になってみてくださいな。

    レンタル代分は、
    楽しめると思います。





    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 青春 ドラマ 高校生 学園

    F1 2015 Round.10 ハンガリーGP

    いやー、
    今回のグランプリは、
    実に楽しかったです。

    予選までは、
    またいつものようにメルセデスの独壇場で、
    ニコ・ロズベルグが頑張ってくれないと、
    盛り上がらないなぁ、
    と思っていました。

    なのにニコ・ロズベルグの走りがイマイチで、
    これは、
    ルイス・ハミルトンの独走か、
    と思っていたんですよね。

    そしたらなんと、
    スタートで、
    フェラーリの2台がトップと2番手になったじゃありませんか。

    そして、
    3番手には、
    メルセデスのニコ・ロズベルグ。

    これは、
    いいところまで行けるのではないかと。

    トップのセバスチャン・ベッテルもい走りをしていて、
    どんどん差を広げていくし、
    2番手走行のキミ・ライコネンもこれまたいい感じでラップを重ねて行っている。

    これは、
    もしかしてもしかするぞ、
    と思っていたら、
    終盤、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグが、
    走行中フロントウイングを脱落させて、
    コースアウト。

    これの処理のためにセーフティーカーが入って、
    せっかく気づきあげたメルセデスとのギャップが一気に縮まり、
    これは、
    ルイス・ハミルトンにしてやられるかと思いましたよ。

    残念ながらニコ・ロズベルグの優勝はないだろうと思っていましたから。

    そしたら、
    ここからが、
    もうある意味めちゃくちゃなレース展開。

    あっちこっちでぶつけ合い、
    ペナルティと併せて、
    順位が変動しまくり。

    セーフティーカーでタイム差が少なくなっていたからなおさらですね。

    結局、優勝はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    今期2度目です。

    2番手を走っていたキミ・ライコネンは、
    マシントラブルでリタイア。

    残念でした。

    それさえなかったらフェラーリの1、2だったのに。

    2番手、3番手には、
    レッドブルのダニール・クビアトとダニエル・リカルドでした。

    これまた久々の表彰台ですな。

    ちなみに、
    この混乱したレースをしっかり走りきり、
    5位フィニッシュしたのは、
    マクラーレン・ホンダりフェルナンド・アロンソ。

    ジェンソン・バトンも9位に入り、
    ダブル入賞。

    予選でトラブったので、
    完走できるのか心配でしたが、
    走りきった上、
    ポイントゲットです。

    他がつぶれての順位ですが、
    完走したことと、
    それなりの戦闘力を見せてくれたのは、
    楽しかったですな。

    さて、
    F1は、
    これから夏休み。

    しばらくレースはありません。

    次はベルギーGP

    8/23ですな。

    ホンダとしては、
    そこで改良したパワーユニットを導入してくるかもしれないと言うことで、
    ちょっとだけ楽しみです。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    Wizardry(ウィザードリィ) ~戦乱の魔塔~ 【終了】 【iPhone版】

    ほとんど、
    同じゲームネタというのは、
    書かないのですが、
    今回は、
    サービス終了に伴い、
    せっかくだから書いておくか、
    と言うことで書きました。

    オンラインゲームで、
    終わりが見えないのを、
    ちょくちょく書いているのは、
    ゲーム自体の終わりが見えないからです。

    それでいうと、
    このゲーム「Wizardry(ウィザードリィ) ~戦乱の魔塔~」も、
    オンラインゲームに近いゲームと言えなくもないですな。

    何しろ運営側のサービス終了に伴いゲームも終了と言うことですから。

    そういうゲームには、
    中々、出会えません。

    しょっちゅう出会うほど、
    色んなゲームをプレイしていませんからね。

    アチキがプレイしていて、
    サービス終了と共に終わったゲームって、
    ドリームキャストの「ファンタシースターオンライン」とか、
    PCゲームの「UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE(ユニバーサルセンチュリードットネット・ガンダムオンライン ドーン・オブ・オーストラリア)」とか、
    かな。

    それこそ、
    サービス終了までプレイしていたのは、
    「UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE(ユニバーサルセンチュリードットネット・ガンダムオンライン ドーン・オブ・オーストラリア)」くらいか。

    そんなわけで、
    「Wizardry(ウィザードリィ) ~戦乱の魔塔~」も、
    サービス終了までプレイしました。

    もう最後の方は、
    惰性でプレイしていた感じですけど。

    物語もなんだか、
    というか、
    当然というか、
    無理栗終わらせた感じですな。

    終わるのも分かるくらい、
    人気なかったモンなぁ。

    運営方針が変わってからなおさらだし。

    途中も色々と迷走している感じだったし。

    キャラクターやイベントなんかも世界観を無視したというか、
    統一感がない感じで、
    残念なことが多かったし。

    迷宮もタップしているだけだったし。

    途中からマップダンジョンも出てきたけど、
    プレイ時間とか、
    制限多かったし。

    まぁ、ホント、
    色々と残念なゲームになってしまいました。

    でも、
    その残念な部分を本家の「Wizardry」をプレイして、
    楽しみたいなぁ、
    と何度も思わせたことは、
    良いことではないでしょうか。

    と言いつつ、
    まだプレイしていないけど。

    そんなわけで、
    ほぼサービススタート時からプレイして、
    サービス終了までプレイした初めてのゲームかもしれません。

    いつか本家に劣らないスマホゲームの「Wizardry」が登場してくれるのを楽しみに待っています。





    関連記事

    テーマ : スマートフォンゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG バンダイナムコ

    トカレフ 【2014年製作:映画】

    ニコラス・ケイジ主演の映画です。

    ニコラス・ケイジが娘を殺された父親役で、
    復讐に燃える男を演じます。

    燃えると言っても、
    イケイケどんどんな感じではないです。

    静かに内に秘めた怒りで行動しています。

    はじめのころは、
    どこにでもいる一般的な人物なのですが、
    実は、昔はやんちゃで悪だったという設定。

    昔からの仲間と共に、
    犯人を見つけ出し、
    復讐していくという展開。

    まぁ、昔悪だった、
    くらいの設定じゃないと、
    犯人と戦うというのは、
    ちょっと難しいかな。

    元警官とか、
    元軍人とか、
    この手の設定でないと、
    成り立たない感じの話です。

    そんなわけで、
    アクションバリバリではないですが、
    犯人を捜していく過程とか、
    仲間との友情とか、
    それなりにドラマが盛り込まれていて、
    楽しかったです。

    娘の死の真相に関しても、
    まぁ、想定内でしたけど、
    これはこれでいいんじゃないかと。

    あんまり書くとネタバレになってしまうので、
    これ以上は書きません。

    そんなわけで、
    過大な期待をしなければ、
    普通に楽しめると思います。

    興味があれば、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 アクション 動画 ニコラス・ケイジ

    げんしけん 二代目の九 18巻 【マンガ】

    「げんしけん 二代目」の9巻で、
    通巻で18巻になります。

    初代「げんしけん」と巻数で並びましたね。

    ですが、
    二代目は、
    まだまだつづきそうですよ。

    今回は、
    現視研の久々の合宿が行われる話です。

    それもクッチーこと、
    朽木学の卒業旅行をかねての合宿。

    というか、
    朽木学と卒業旅行など行きたくないサークルメンバーの一緒に旅行に行けるギリギリの提案での合宿。

    その合宿先も、
    金がないメンバーたちなので、
    サークルメンバーの実家で宿泊するというものに。

    当然のように、
    斑目晴信も参加。

    主役は、クッチーなのに、
    斑目晴信のハーレム状況。

    何しろ、
    何度目かの来日か忘れましたが、
    アンジェラ・バートンも参加することに。

    となると笹原の妹も参加。

    さてさて、
    どんな展開になることやら。

    という感じで、
    18巻では、
    まだ合宿も始まったばかり。

    結果に関しては、
    次巻に持ち越しですな。


    ■eBookJapanでも「げんしけん」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : オタク 大学生 日常 青春 恋愛 学園 木尾士目

    シンドバッド 新たなる航海 【2014年製作:映画】

    さてさて、
    以前、TVドラマシリーズのシンドバッドを見たわけですが、
    その流れで、
    今回の作品も借りてみたというわけです。

    こちらは、
    TVドラマのシリーズとは、
    関係ないシンドバッドでした。

    よかったのか、
    悪かったのか。

    どちらにしても、
    ちょっと残念な感じのシンドバッドでしたね。


    物語は、
    宝物を手に入れたシンドバッドが、
    婚約者の王女の元を訪れると、
    悪い魔法使いに王女がさらわれて、
    助けに行くというお話し。

    冒険活劇ものの定番の物語ですな。

    冒険活劇ですから、
    物語性よりもハラハラどきどきのアクションがあれば、
    それはそれで楽しめるのですが、
    ちょっと残念な感じです。

    これって劇場公開作品として制作されたのかなぁ。

    もしかしてTV用だったりして。

    という感じでしたね。

    とは言え、
    アチキはB級映画を見まくっているので、
    この程度でも十分楽しめてしまえる心の広さを持っています。

    一般の方がポロクソに言っても楽しめる幸せなおつむというわけですな。

    と言う事で、
    B級映画が好きな人は、
    興味があったらご覧ください。

    一般の方で、
    シンドバッドの映画が見たかったら、
    レイ・ハリーハウゼンが制作したシンドバッドの映画をご覧下さない。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション ファンタジー 冒険 動画

    ケロロ軍曹 6thシーズン 【アニメ】

    さて、
    久々に「ケロロ軍曹」のアニメを見ました。

    第6シーズンになります。

    バンダイチャンネルの月額見放題になったので、
    この機会に見たという感じです。

    次のシーズンである第7シーズンも、
    いずれ月額見放題で見られるようなので、
    そうなったらまた観ようと思っています。

    さて、
    第6シーズンも相変わらずの展開。

    シーズン毎に、
    アニメオリジナルなのかどうかよく分かりませんが、
    通常のエピソードとは違ったエピソードのシリーズが展開されています。

    過去にも武者ケロロのエピソードかあったりしましたが、
    今回のシーズンでは、
    ケロ0(ゼロ)というエピソードで、
    ケロロ小隊が、
    ケロン星からペコポンに来るまでの話があります。

    最近流行のビギニングネタという感じのエピソードですが、
    過去の幼少の頃の話や、
    武者ケロロに比べて、
    アチキとしては、
    楽しめました。

    確か、アチキの記憶が確かなら、
    次のシーズンで「ケロロ軍曹」のアニメは、
    終わりだったような気がします。

    最初の頃から段々パワーが落ちてきていましたが、
    今シーズンは、
    久々に少し以前よりもおもしろくなったと感じたのは、
    アチキが、久しぶりに見たせいなのかなぁ。

    全51話と全部見るのに、
    かなり時間がかかりますが、
    最後まで楽しく見させていただきました。

    と言うわけで、
    次のシーズンも楽しみにしたいと思います。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ミリタリー ロボット コメディ エイリアン 渡辺久美子 能登麻美子 池澤春菜 斎藤千和 桑島法子

    大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス 【1967年製作:映画】

    昭和ガメラの三作目ですな。

    バンダイチャンネルの月額見放題で見られるようになったので、
    見ましたよ。

    ガメラシリーズに限らず、
    ゴジラシリーズも一度、
    一作目からキチンと見直したいなぁ、
    といつも思っているんですよね。

    と言うわけで、
    ガメラシリーズ関しては、
    三作目まで見たということですな。

    さて、
    三作目には、
    平成ガメラシリーズでも登場したギャオスが登場。

    平成ガメラのイメージが強いせいか、
    元はこんな怪獣だったのね。

    怪獣のデザインが違うと言うことではなくて、
    生態系というか、
    行動パターンというか、
    いわゆる設定が、
    こんな感じだったのね、と。

    さて、
    前作以上に子供のポジションが高くなっています。

    もうこの辺から怪獣映画のメインターゲットである子供を意識した作品になっているんだなぁ、と。

    アチキ的には、
    子供が出しゃばりすぎているなぁ、
    と感じる以外は、
    十分楽しめましたね。

    ギャオスを退治する方法論については、
    突っ込みどころ満載でしたが、
    まぁ、ガメラの一作目のガメラの退治方法もすごかったから、
    これはガメラシリーズのお約束なんだろう、
    と言う割り切りで見るしかないですな。

    そんなこんなですが、
    アチキ的には、
    十分楽しめました。

    次は、
    「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」なのですが、
    いつ見られるのかなぁ。

    また月額見放題で見られるようにならないかなぁ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 怪獣 動画

    銀の匙 Silver Spoon 13巻 【マンガ】

    なんだか随分出ていなかったような気がする「銀の匙 Silver Spoon」です。

    「MIX」は、
    もう出たの、
    って感じだったのに。

    で、
    そんな感じでいたので、
    13巻を読み始めて、
    アレ、もしかして間抜かしてしまった?
    なんて錯覚を起こしてしまいました。

    と言うのも、
    いきなり三年生になっていて、
    乗馬の大会の話になっていたので、
    アレレ、
    って感じを受けたのですよ。

    で、
    調べてみると、
    間抜かしていないし。

    なんか、
    物語の時間の進み方が早いなぁ、
    と感じた13巻でしたね。

    こうなると、
    高校卒業で物語が終わるのか、
    大学生になってもつづくのか、
    気になり出しましたね。

    高校卒業までで物語が終わってしまったら、
    最近の少年誌としては、
    ちょっと関数的に少なくないか、
    と思うわけです。

    これが人気のないマンガだったら分かるけど、
    人気ありますからね。

    まぁ、
    アチキとしては、
    何十巻も出されると、
    それはそれで困ってしまうのですが。

    さてさて、
    これからどうなるのかな。

    楽しみですよ。

    アレ?
    マンガの中身については何も書いていないな。

    まっ、いいか。


    ■eBookJapanで「銀の匙 Silver Spoon」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 学園 ハートフル コメディ

    300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ 【2014年製作:映画】

    映画「300<スリーハンドレッド>」の続編になります。

    前作が、
    300人対沢山(どの位の数だかしらないので沢山です)の話でしたが、
    今回は、
    同じく300人対沢山なのですが、
    陸上の肉弾戦から、
    海の上での船上での戦いとなりまして、
    数の凄さという部分では、
    見た目、ちょっと物足りなかった感じですな。

    とは言え、
    相変わらずのバイオレンスアクションは健在。

    何よりも敵方の女戦士(エヴァ・グリーン)が、
    実に良くて、
    主役よりも目立っていましたね。

    船と船がぶつかり合って、
    戦うシーンは、
    実に迫力がありました。

    前作を見ていなくても十分に楽しめる作品ですな。

    こうなると、
    また続編が出来るのか、
    ネタはあるのか、
    よく知りませんが、
    出来たらまた見るでしょうね。

    それにしても、
    副題の「~帝国の進撃~」というのは、
    まぁ、
    確かに言い得ていますが、
    どうも某マンガ作品の人気につられてつけているようで、
    アチキ的には、
    何だかなぁ、と。

    これじゃ、
    まるでB級映画のタイトルみたいじゃないですか。

    出来れば、
    メジャー作品では、
    勘弁してほしいですな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション バイオレンス ちょいエロ 時代劇 動画 エヴァ・グリーン

    銀魂 (3年目) 【アニメ】

    「銀魂」の3年目です。

    いわゆるシーズン3ってヤツですかね。

    シーズン毎に休養期間があるわけではないので、
    ずっとつづいているから、
    期間的な区切りとしてなので、
    3年目という呼び方が妥当とは言えますな。

    さて、
    3年目の最初は、
    真選組の話になります。

    1話完結のエピソードと言うよりは、
    数話で完結する話ですな。

    そういう感じで、
    3年目は、
    話が進んでいきます。

    竜宮城の話とか、
    ドライバーなどの工具に体の一部が改造されてしまう話とか、
    文通相手の話とか、
    犬猫の話とか、
    幽霊が出る温泉の話とか、
    吉原の話とか。

    それらの話の間とかに、
    1話完結的ないつもの?「銀魂」話があったりします。

    シリアスは、
    少なめですな。

    吉原の話は、
    バトルものに近かったりするけど。

    なので、
    ちょっとシリアス多め、
    って感じで。

    と言うわけで、
    「銀魂」3年目、
    全51話を楽しませていただきました。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ アクション 杉田智和 釘宮理恵 中井和哉 雪野五月 小林ゆう 三木眞一郎 石田彰 速水奨

    300 <スリーハンドレッド> 【2007年製作:映画】

    いやいや、
    実は、
    これを書く前に、
    この映画の続編である「300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」を書いたんですよ。

    で、
    カテゴリに振り分けたときに、
    今回のタイトルがないことに気づきました。

    書いたと思ったんだけどなぁ。

    いくら検索しても出てこない。

    と言うことで、
    気分的には、
    改めて書くことにしましたって感じです。

    さて、
    物語は、
    スパルタの王が、
    戦士300人を率いて、
    ペルシア帝国と戦うという物語です。

    まさに一騎当千の強者ばかりの300人が、
    いかにして戦ったのか。

    子供の頃から強い戦士となるべく訓練された戦士たち。

    その過酷の訓練から、
    今では、そのような状況の訓練などにスパルタと名づけるくらいで、
    かわいい子供を谷に落とすといった修行が、
    かわいく見えるほど。

    なのですが、
    その辺の描写はそれほどないです。

    魔術的ないかがわしさなんかもあって、
    実におもしろいです。

    当然、戦闘シーンのバイオレンスも迫力があり、
    一見の価値あり。

    まだご覧になっていない方がいたら、
    是非、暇な週末にでもご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション バイオレンス ちょいエロ 時代劇 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー