ゾンビナイト 【2003年製作:映画】

    ホラー映画と言うより、
    ゾンビ映画です。

    まっ、タイトルから分かりますな。

    もうゾンビというタイトルだけで、
    中身のほとんどを創造できてしまうと言う素晴らしいジャンルです。

    ヴァンパイアも同じ部類に入るかな。

    さて、
    このゾンビ映画は、
    ある意味、
    正統派です。

    正統派というのは、
    ジョージ・A・ロメロが作り出した「ゾンビ」のコトをアチキとしては、
    定義しています。

    その辺は、
    あまり異論が出る定義とは思えないですけど。

    のろのろと歩く死体のゾンビですな。

    そして、わけの分からないウイルスが原因というわけでもない。

    その辺は微妙だけど。

    ジョージ・A・ロメロの映画ですら、
    ブードゥーの呪い的なニュアンスは、
    特に出てこないからな。

    まっ、はっきりと感染の経緯とか、
    原因が語られていなければ、
    呪い的な何かというコトにしましょうと言うことです。

    で、
    この映画ですが、
    とってもチープなジョージ・A・ロメロの映画のリメイク?になっています。

    新しい何かがあるわけではないし、
    サバイバル的な要素も薄いし。

    低予算なのに無理していたり、
    まぁ、頑張っている感はあるけど。

    実に残念だな。

    ストレートで勝負してきた気概だけは評価して良いかも。

    そんなわけで、
    一般の方は見ない方がよいですな。

    B級ホラー映画ファンの方は、
    みて色々と突っ込んで楽しんでください。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ 動画

    だかしかし 1巻 【マンガ】

    アニメが良かったので、
    他のマンガを買ったついでに買って読みました。

    アニメもよかったですが、
    マンガも良かったです。

    マンガを読んでいて気づいたのですが、
    ほとんどの駄菓子が実名の商品なのに、
    「ガリガリ君」だけは、
    「ゴリゴリ君」になっていましたね。

    うーん、
    実に残念。

    これは、
    パワーバランス的に、
    マンガ「だがしかし」よりも「ガリガリ君」が上と言うことですね。

    まっ、アニメ化になった今なら許諾が取れたかもしれないけど、
    連載当初の売れていないマンガに対しては、
    自分とこの商品力でマンガを売ろうとして、
    と言う流れになるのでしょうね。

    これは、仕方ないことですよ。

    後、そんなタイアップなんかしなくても売れているから問題なし。

    と言うのもあるけどね。

    懐が深ければ、
    そういう状況でも使って良いよ、
    と言う事になるんですけど。

    さて、
    とりあえず1巻を読みましたが、
    まだ続きを買っていないので、
    買って読んだらまたネタにしたいと思います。

    次は、もう少し中身についてかければな、と。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常

    きみがぼくを見つけた日 【2009年製作:映画】

    いやー、
    タイトルからはSF映画だとは思いませんでしたね。

    SFといってもハードなSFではないですけど。

    タイムトラベル的な時間に関する話なので、
    突き詰めていくとタイムパラドックスになってしまうので、
    中には、
    SFよりは、
    ファンタジーに近い感じにしてしまうケースもあったりします。

    この映画もファンタジーよりになりそうな恋愛物語がメインになっているので、
    結構、キチンとタイムトラベルを考えて作っているのに好感が持てましたね。

    主人公の男が、
    時間を移動してある少女と出会います。

    少女は、
    未来から来たという男の言葉を信じ、
    再びあえる時を待ち、
    再会した時に信じていたことが報われていくという展開。

    まぁ、恋愛パターンとしては、
    幼なじみと一緒になるといった感じでしょうか。

    あー、このたとえは、
    単に出会ってから結ばれるまでの時間の長さを表しているだけだな。

    一人の男との運命的な出会いから、
    好きになって信じて待つ。

    そして、
    この映画は結ばれてハッピーエンドという話ではありません。

    この先については、
    実際に見てもらった方がよいでしょう。

    アチキはとても楽しめました。

    暇な週末にでもレンタルして楽しんで欲しいですね。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 恋愛 タイムトラベル 動画

    だがしかし 【アニメ】

    マンガが原作の駄菓子屋を舞台にしたアニメです。

    タイトルは、
    どこで切るかによって意味が変わりますけど、
    切らないという選択もあります。

    だが、しかし、
    と言うのか、
    だがし、かし、
    と言うのか、
    まぁ、どうでもいいけど。

    ちなみに主人公の家の駄菓子屋は、
    「シカダ駄菓子」という名前です。

    さて、
    コメディアニメですが、
    登場する駄菓子は、
    実名です。

    タイアップという考えでしょうが、
    宣伝になるので、
    きっと無償で使用許可を与えているのでしょうね。

    コミックの方も実名なのかな。

    さて、
    物語ですが、
    ギャグアニメですけど一応、
    物語はあります。

    四コママンガにも物語性はあるからね。

    この作品は、
    四コママンガではないですけど。

    枝垂カンパニーという大お菓子メーカーの令嬢が、
    シカダ駄菓子の店主であり、
    主人公の父親でもある鹿田ヨウをスカウトに来たのが始まり。

    しかし、
    父親は息子が駄菓子屋を継いでくれないと枝垂カンパニーに行くことは出来ないと言うことに。

    これにより、
    令嬢である枝垂ほたるは、
    主人公の鹿田ココノツに駄菓子のすばらしさを伝え、
    駄菓子屋を継がせるために駄菓子屋へ通うことになるのです。

    と言う事で、
    毎回、駄菓子に関するうんちくなどが語られます。

    アニメは、
    良いとして、
    マンガはまだ連載中なのですかね。

    読んで見ようとは思っているのですが。

    と言うか、
    ネタである駄菓子を一通り出したら次はどうなるんでしょうね。

    また再度登場して違う切り口で語られるのかな。

    その辺も気になったりしますな。

    へんに人気が出なかったら駄菓子ネタが終わった時点で終了になっていたかもしれないけど、
    人気が出るとなると、、、、。

    と言うわけで、
    結構おもしろかったので興味があったらご覧になってくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 コメディ 竹達彩奈

    キャリー 【1976年製作:映画】

    スティーヴン・キングの小説が原作の映画「キャリー」です。

    間違っても「きゃりーぱみゅぱみゅ」の映画ではございません。

    すんません。

    おやじなもので、、、。

    と言うわけで、
    「キャリー」です。

    昔、テレビでは見ていたんですけど、
    改めてキチンとDVDをレンタルして観ました。

    リメイク作品を見る前の予習って感じですね。

    さて、
    内容ですが、
    いじめられっ子のキャリーが、
    我慢の限界に来て、
    超能力で破壊活動をすると言うのが大筋。

    この抑圧された感情が爆発するまでの過程が、
    この映画の肝になるわけです。

    実にスティーヴン・キングらしい作品と言えるでしょう。

    原作の小説は読んだことがありませんけど。

    と言うか、
    スティーヴン・キングの小説は「シャイニング」以外読んだことがないのよね。

    短編をちょっと読んだことは、あるか。

    いずれ読みたい作家なので、
    いつかネタになる日が来るかもですけど。

    と言うわけで、
    血まみれ姿のキャリーの印象が強い映画ですが、
    アチキ的には、
    母親との関係とか、
    学校での立ち位置とか、
    そういう所が実に良かったです。

    ホラー映画としてみると、
    恐怖の質が違うので、
    一般的なホラー映画を期待していると、
    肩すかしを食らうでしょう。

    と言う事で、
    ちょっと画的には古くさいですが、
    おもしろいので、
    興味があったらレンタルしてご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 超能力 学園 動画 スティーヴン・キング ジョン・トラボルタ

    ONE PIECE(ワンピース) 81巻 【マンガ】

    いつも気づいたら出ているといった感じの「ONE PIECE(ワンピース)」です。

    大概、コンビニで発売されているのを見て知るといった感じです。

    で、
    そこでは買わないのがアチキ。

    別にコンビニで買うのに抵抗があるわけではないですよ。

    理由については、
    またいずれ書く機会があったらと言うことで。

    さて、今回の内容ですが、
    生きている巨大なゾウの上にある国に来たルフィ達。

    そこは、とんでもないことになっていて、
    サンジだけがいない。

    何でこんな状況になったのか、
    サンジはどこに。

    と言う話から、
    サンジの語られていなかった過去の話が、
    ちょっとだけ出てきます。

    これからもっとしっかりと語られることにはなるのでしょうが、
    今回は、さわりだけといった感じ。

    そして、
    壊滅的な破壊を受けた国の理由と、
    侍達の関わりが何かあると言うことで。

    詳しくは、
    次の巻でという終わりかたですな。

    相変わらずの群雄劇で、
    今までは、
    一つの島で一つの物語という感じでしたが、
    それぞれの話が繋がっていて、
    引きとしてはよいですが、
    歯切れの悪さを感じてしまうのは、
    致し方ないのかな。

    戦闘自体も台詞が多くコマ割が小さくなってからは、
    爽快感が薄くなってしまって、
    初期の頃とは随分変わりましたが、
    まっ、それもこれも担当編集者の問題だからな。

    とりあえず、
    アチキ的には、
    まだまだ楽しめているので、
    感動は薄くなったけど、
    どこまで続くのか。

    できれば、かっこよく終わって欲しいですな。

    「スラムダンク」のように。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 尾田栄一郎 海賊 アクション 冒険

    ヘルダミアン 悪霊少女の棲む館 【1988年製作:映画】

    この映画、
    前回ネタにした「ダークビヨンド 死霊大戦」の前作にあたるというのを、
    「ダークビヨンド 死霊大戦」を見てから知って、
    急遽、レンタルして観たんですよね。

    いやー、
    なんというか、
    別に前作と言っても、
    あまり関係なかったかな。

    どちらを先に見てもあまり不都合な感じはないです。

    アチキがそうだったので、
    その辺は、
    自信を持って言えるかな。

    まっ、
    制作順に見る方がベストというのは、
    間違いないと思います。

    さて、
    今回も映画のネタは、
    H・P・ラヴクラフトになります。

    その部分は、
    まぁ、楽しめたかな。

    H・P・ラヴクラフトホラー映画という観点で言うと、
    相変わらずイマイチって感じですけど。

    ホラー映画の定番、
    館モノなので、
    その当たりは楽しめましたよ。

    いかにもB級ホラー映画の低予算な感じがして、
    アチキは好きだなぁ、
    こう言うの。

    たぶんこの映画を見たいと思うのは、
    H・P・ラヴクラフトのファンか、
    B級ホラー映画ファンがほとんどでしょうね。

    一般の方で興味を持つというのは、
    まずないかな。

    もし自分が一般と認識していて興味を持って、
    観てみようと思った方、
    まず自分が一般という認識が間違っていることを自覚しましょう。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 H・P・ラヴクラフト

    天体戦士サンレッド 第2期 【アニメ】

    第2期ですね。

    おもしろさは変わりませんでしたね。

    オープニングは、
    第1期の方がアチキは好きだな。

    第2期も悪くないけど。

    さて、
    今回もフロシャイムがメインではありますが、
    天体戦士サンレッドが、
    過去、三人組の気象戦隊ウェザースリーの一人だったことが判明してから、
    当時のブルー、イエローも登場してヒーロー側のネタも多くなった気がしますね。

    そして、
    ヒモ生活をしているサンレッドと彼女である内田かよ子の話も恋愛絡みで多くなった気がします。

    以前は、恋愛と言うより、
    笑いのネタ的な感じの絡みが多かったんですけどね。

    全体的に、
    ストーリー性が増した感じの第2期って感じでした。

    で、
    アニメがおもしろかったので、
    ちょっと原作のマンガでも、
    と思って本屋で、
    それもブックオフでパラパラと立ち読み。

    最近、ブックオフでも読めないところ多くなってるけど、
    読めるところがまだちょっとだけ近所に残っていたので読んでみたんですよね。

    で、
    結論から言うと、
    ちょっと買うのためらいました。

    実際、買ってないし。

    なんか絵柄が、
    アニメに見慣れたせいか、
    ちょっと受け付けなかったんですよねぇ。

    慣れの問題だとは思いますけど。

    と言うわけで、
    商売的にどうなっているのか知りませんが、
    是非、第3期もお願いしたいですな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション コメディ 日常 動画

    ダークビヨンド 死霊大戦 【1992年製作:映画】

    なんと、
    この映画は、
    H・P・ラヴクラフトの作品が原案になっているのか、
    はたまたオマージュなのか、
    といった感じで、
    作品のことをあまり知らない、
    もといまったく知らない状態で見て、
    そう思ったのですな。

    TSUTAYA DISCUSのスタッフリストの中には、
    H・P・ラヴクラフトが原作としてテロップされているけど、
    どうなのかなぁ。

    アチキが、
    H・P・ラヴクラフトか、
    と思ったのは、
    単に登場人物の名前が、
    H・P・ラヴクラフト作品ではお馴染みの名前がいくつか出ていたから。

    そして、
    当然のようにホラーだったから。

    いやー、
    B級ホラー映画らしい作品で、
    実に良かった。

    あくまでもB級ホラー映画としてはね。

    H・P・ラヴクラフト作品の映画としてみると、
    まぁ、結局、こんな感じになってしまうのね、
    と言う物ですな。

    実に残念です。

    とは言え、
    先ほども書きましたが、
    アチキ的には、
    B旧ホラー映画として十分堪能したので、
    良かったかと。

    一般の方がどう思うのかは、
    疑問がつくけれど。

    興味があったらレンタルでもしてくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 H・P・ラヴクラフト

    天体戦士サンレッド 【アニメ】

    マンガが原作のギャグアニメです。

    第二期も存在するアニメです。

    どうも原作のマンガは完結しているようです。

    さて、
    アニメですが、
    いやー、おもしろかったですよ。

    神奈川県川崎市が舞台です。

    アチキの住んでいるところから、
    それほど遠くない場所ですな。

    川向こうではありますけど。

    まさにご当地ヒーローというのりのヒーロー、
    サンレッドの活躍を描いている、
    と言うわけではないですな。

    どちらかというと、
    悪の組織フロシャイムが主人公のような感じですよ。

    それも、
    フロシャイム川崎支部がメイン。

    悪の組織なのに、
    実に良識人で、
    地球環境にも気を配り、
    町内会も大切にしているというまるで庶民の味方のような存在です。

    サンレッドによくお前等悪の組織だろっ、
    と怒られる始末。

    方や主人公であるはずのヒーロー、
    サンレッドは、
    街のチンピラといった素行。

    たばこは吸うわ、
    日がな一日パチンコをしているわ、
    働きもせず彼女の家に住み着いてヒモのような生活をしているわ。

    そんなちょっと正義と悪が逆転している部分もありつつ、
    日々の生活を送っているヒーローと悪の組織の日常が描かれています。

    と言うわけで、
    とても良かったで、
    第二期もしっかり見ましたよ。

    その話は次のネタと言うことで。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション コメディ 日常 動画

    トレマーズ4 【2004年製作:映画】

    シリーズ4作目です。

    どんな続きになるのかと思ったら、
    いわゆるビギンズものでしたね。

    時代は現代から西部時代になります。

    同じ街で、
    西部時代にモンスターがいたという設定ですな。

    このモンスターが、
    現代で復活したという流れになるのでしょう。

    何度も書いていますが、
    やはりモンスターが普通の武器で殺せると言うことで、
    西部時代でも十分対応可能です。

    で、
    現代以上におらが街を守るんだぁ、
    という感じが出ていて良かったですね。

    とは言え、
    アチキ的には、
    モンスターの進化という部分で、
    どこまでインフレーションを起こすのかというのも楽しみだったんですけどね。

    シリーズ通して、
    B級映画のノリがしっかりしていて、
    ホント、B級映画好きには、
    たまらないシリーズでした。

    これで、
    ナンバリングされたタイトルは、
    今のところ終了です。

    しかし、
    なんたらトレマーズとか、
    トレマーズうんちゃらといったタイトルがあったりもするので、
    機会があったら観てみようとは思っています。

    なんの情報も仕入れていないので、
    どんなのか分かりませんが。

    可能性としては、
    やはりタイトルだけで、
    物語的には繋がっていない作品なのかなぁ、と。

    まっ、それも見れば分かること。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 怪獣 西部劇 動画

    聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク) 【アニメ】

    ライトノベルが原作のアニメです。

    この作品は、
    バンダイチャンネルの月額見放題で見られるようになって、
    初めて知った作品ですね。

    本屋でも原作を見たことはないな。

    まっ、本屋でライトノベルのコーナーには、
    あまり行かないから、
    当然と言えば当然なのかな。

    と言うか、
    ここ数年、
    忙しくて本屋には、
    月一回行けばいい方だからなあ。

    以前は、
    少なくとも週一回はいっていたけど。

    さて、
    内容ですが、
    前世の記憶を持つ者で、
    その前世を思い出すと、
    前世の力が誓えるという設定。

    主人公は、
    二つの世界の前世を持っていて、
    両方の前世の力を使えるのですが、
    なぜかまともに前世を思い出せず、
    戦闘の度に「思い出した」と、
    都合良く力を思い出して敵をやっつけていきます。

    敵は、
    モンスターのような怪物で、
    前世のことを思い出した者たちでやっつけるという感じ。

    なのですが、
    後半は、
    同じ力を持つ他国の者たちとの戦いというのも入ってきます。

    アニメでは原作のどの部分まで作られているのか分かりません。

    と言うか、
    原作の小説が終わっているのかどうかもしれません。

    アニメは全12話です。

    興味があったらレンタルしてご覧になってくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション 恋愛 学園 竹達彩奈 悠木碧 小林ゆう 釘宮理恵 皆口裕子

    トレマーズ3 【2001年製作:映画】

    シリーズ3作目です。

    この作品もどうやらTV映画として作られたようですね。

    B級映画の基本というわけですな。

    まぁ、TV用の場合は、
    どうしても規制の部分がきつくなるので、
    同じB級映画作品でも劇場向けの方が、
    アチキは好きですな。

    さて、
    映画の内容ですが、
    シリーズものですから前作からキチンと続いていますよ。

    今回は、
    モンスターで人気になった街に観光客が来るようになり、
    手作りのちょっとしたテーマパークをこしらえて金儲けをする男が登場。

    このテーマパーク的な作りが、
    実にアメリカチックで良いんですよねぇ。

    そんなんで騙されるのか、
    という感じはあるけど。

    で、
    ここでお約束の、
    本物が現れるという展開。

    観光客と言っても「ジュラシック・パーク」のようなお金をかけた作品ではないので、
    数人しかいないけど、
    それでも一応、
    パニックを演出。

    そして、
    またまたトレマーズも新種が出てきます。

    今度は、
    なんと、
    空を飛ぶトレマーズの登場です。

    良いですねぇ。

    楽しいですねぇ。

    と言うわけで、
    「トレマーズ3」も十分楽しみました。

    この勢いで、
    次のシリーズ4作目へと流れましょう。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 怪獣 動画

    F1 2016 Round.3 中国GP

    第三戦中国GPです。

    全体的に波乱に富んだレース展開でしたね。

    やはり、
    王者ルイス・ハミルトンが後方にいるというのも良かったのかも知れないけど、
    それ以外の各チームのバトルが実に良かったな。

    予選は、
    ルイス・ハミルトンがマシントラブルでノータイム。

    余裕でニコ・ロズベルグがトップに立ちました。

    そんな中、
    実に、ある意味ふがいない予選をしたのが、
    フェラーリ勢。

    二番手はフェラーリのキミ・ライコネンか、
    セバスチャン・ベッテルだと思ったんだけどなぁ。

    まさか、レッドブルのダニエル・リカルドが二番手に来るとは。

    ある意味、マクラーレン・ホンダにも見習って欲しいね。

    パワーが無くてもここまで来られるという。

    やはりマシンの出来は、1、2を争いますな。

    三番手にキミ・ライコネンが来て四番手にセバスチャン・ベッテルです。

    これは、二番手争いが面白くなるな、と。

    しかし、
    決勝の1コーナーで多数の接触があって、
    そこから序盤は波乱の展開。

    後半から終盤にかけては、
    落ち着いたレースになりましたが、
    それでもトップを除いてバトルが繰り広げられ、
    楽しいレースでしたね。

    期待したマクラーレン・ホンダは、
    まだまだレースタイムがいまいちで、
    明らかに足りないのは、
    パワーだけではないのが見て取れましたね。

    まっ、パワーがあれば、
    もう少し楽な感じにはなりそうだったけど。

    何しろ二本のストレートがありますからね。

    ポイントを取れるどころか、
    12位にフェルナンド・アロンソ。

    13位にジェンソン・バトンですよ。

    ギリギリ周回遅れにされなかったという程度。

    優勝は、
    一人だけレースせずにただ走っていただけという印象のニコ・ロズベルグ。

    これで開幕三連勝ですか。

    さてさて、
    どのタイミングでルイス・ハミルトンが巻き返してくるのか。

    今年もルイス・ハミルトンだと、
    アチキとしては、
    ちょっと残念と思ってしまいます。

    でもなぁ、ニコ・ロズベルグには、
    今のところあまり期待できないからなぁ。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    うぽって!! 【OVA】

    「うぽって!!」のオリジナルビデオアニメです。

    たぶん、
    コミックについていた作品ではないかな、と。

    ちょっと詳しくないので、
    間違っていたらごめんなさい。

    と言う事で、
    いわゆる良くあるファンサービス的な作品かな、と。

    実際、夏休みの一日という感じでの作品です。

    ですが、
    全編サービスシーンのオンパレード、
    と言うわけではないです。

    いつもの四人が、
    川にキャンプに来て、
    そのキャンプで過ごす一日がメインです。

    水着シーンはあります。

    ついでに、
    野天湯があって、
    入浴シーンもあります。

    まぁ、サービス的なのはそんなもんかな。

    四人以外のキャラも出てきます。
    1シーンずつですが、
    その頃、このキャラクターは、
    といった感じで登場。

    TVアニメを見てきた人にとっては、
    十分楽しめる内容かと思います。

    とは言え、
    何かすんごいエピソードがあるわけではないので、
    よくもわるくもファンの人向け。

    ファンの方なら是非ご覧くださいな。





    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション ミリタリー 中学生 井口裕香 伊瀬茉莉也 大原さやか 浅川悠 遠藤綾 渡辺明乃

    トレマーズ2 【1995年製作:映画】

    「トレマーズ」の続編です。

    タイトルだけの続編ではありません。

    物語としてもキチンと続編になっています。

    TV映画として制作されたと言うことで、
    前作以上に製作費は少ないでしょう。

    前作の主人公であるケビン・ベーコンは出ていませんが、
    役としての名前は出てきます。

    他の俳優で、
    前作から引き続きという人物もいます。

    それが主人公となっていると言うことですけど。

    そして、
    今回は、
    トレマーズをハンティングするという展開になります。

    前作の時にも書きましたが、
    殺せるモンスターですから、
    ハンティングも可能なわけです。

    熊やサメをハンティングするのと一緒です。

    相手の行動パターンや修正を把握し、
    有効な手段でやっつける。

    コミカルな部分もあって、
    実に楽しいです。

    過大な期待をしなければ、
    十分楽しめるB級映画作品です。

    このシリーズは、
    最後まで、
    良作のB級映画として作られているので、
    B級映画ファンには、
    たまらないでしょうな。

    と言うわけで、
    前作を見た方で、
    おもしろと感じた方は、
    是非、こちらの続編もご覧ください。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 怪獣 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー