F1 2016 Round.12 ドイツGP

    夏休み前のグランプリになります。

    このレースが終わってから次のレースまで約1ヶ月あります。

    しばらく週末の楽しみがなくなるのは、
    寂しいですね。

    夏休み期間中は、
    強制的にチームは休まなければならず、
    チームのファクトリーは完全閉鎖。

    しかし、
    エンジンメーカーは関係ないので、
    ホンダをはじめエンジン部門のスタッフは、
    休み無しで働くのでしょうね。

    ご苦労様です。

    アチキも夏休みがいつ取れるのか、
    少々不安ですよ。

    広島遠征が不定期にあるからねぇ。

    さて、
    ドイツGPですが、
    やはりチームもドライバーも楽しい夏休みを迎えるために、
    少しでも良い成績でこのグランプリを終わらせたいと思っています。

    結果から言うと、
    ルイス・ハミルトンは、
    良い夏休みを過ごせそうで、
    ニコ・ロズベルグは、
    かなり悶々とした夏休みになりそうです。


    ドイツ人ドライバーは、
    かなりいるので、
    レースは盛り上がっていましたね。

    しかし、
    地元ドライバーは、
    あまり活躍できなくて、
    観客も多少不満に感じたのではないかな。

    ニコ・ロズベルグは、
    ポールポジションを取ったにもかかわらず、
    スタートで出遅れて、
    それが後々まで響いて結果は、
    表彰台にも上れず4位。

    優勝は、
    ルイス・ハミルトン。

    非の打ち所のないレースでした。

    そして、
    2位、3位には、
    レッドブルが独占。

    フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、
    レッドブルにも勝てず、
    5位。

    チームメイトのキミ・ライコネンも6位と、
    フェラーリは、
    レッドブルの次のチームになってしまいましたね。

    さて、
    マクラーレン・ホンダですが、
    予選は、
    パワー負けしていて、
    Q3にも進めませんでしたが、
    レースは、
    スタートで良いポジションを勝ち取り、
    良いペースでレースをすることが出来ましたね。

    決勝が週末を通して一番良かったのではないかな。

    ジェンソン・バトンは、
    最後にウィリアムズのボッタスを抜いて、
    8位フィニッシュ。

    フェルナンド・アロンソは、
    最後の方まで頑張ってポイント圏内の10位を走っていたのですが、
    フォースインディアのペレスに抜かれて、
    そのままずるずると12位で終えました。

    タイヤが持たなかったのかなぁ、
    という感じですけどね。

    気持ち的にはいまいちな終わり方ですが、
    夏休み明けには、
    ホンダもアップグレードしたエンジンを持ち込むような話もあるので、
    希望を胸に秘めて夏休みを過ごすのでしょう。

    アチキもホンダのパワーユニットがどの程度の力をはっきりするのか、
    今から楽しみにしています。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ 【アニメ】

    アニメ「荒川アンダー ザ ブリッジ」の第2期になりますね。

    タイトルにブリッジが追加されて、
    区別されています。

    新しいキャラクターも登場して、
    あいかわらず賑やかな荒川河川敷のお話しです。

    アレ、他に書くこと思いつかないぞ。

    ……さて、
    マンガは、
    どうやら完結しているらしいですな。

    アニメのこの第2期までで、
    マンガと同じように完結しているのかどうかは知りません。

    アニメの終わり方でマンガも終わっていたら、
    ちょっと色々な部分が中途半端な感じになってしまうなぁ。

    まぁ、
    ニノさんが、
    本当に宇宙人なのかどうかも分からないままだし。

    それはそれで良いけど。

    そいうはっきりしないで終わるのも世の中一杯あるし。

    そんなわけで、
    思っていたよりもおもしろかったので、
    マンガ原作のエピソードがまだあるのならアニメもそれにあわせて作って欲しいなぁ。

    と思っていたりするのですが、
    その考えも、
    マンガを読んでいないアチキが、
    勝手に思っているだけです。

    だって、このアニメの終わり方が、
    マンガと一緒ですよ、
    となったら今まで何を書いていたんだと言うことですよ。

    と言うわけで、
    アチキとしては、
    マンガがどうなっているのかを、
    自分の目で確かめるまでは、
    第3期がいつか作られるのではないかと期待していたいと思います。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 恋愛 坂本真綾 関智一 杉田智和 子安武人 沢城みゆき 斎藤千和 小見川千明

    火を噴く惑星 【1962年製作:映画】

    いやー、いい感じの映画でしたね。

    60年代のSF映画です。

    それもソ連製。

    もう、
    ソ連という言葉を歴史の教科書でしか知らない人がいる時代になったのですが、
    アチキは、
    ソ連製だと言うことを知らずに見ていました。

    昔のSF映画を見てみたいなぁ、
    と適当にTSUTAYA DISCUSで予約ボタンをポチッとしただけですから。

    さて、
    タイトルからアチキはてっきり原始時代とか、
    ロストワールド的なSF映画だと思ったんですけど、
    金星に行く実に未来的なSF映画でした。

    パッケージの写真を見れば、
    宇宙服を着ているので、
    間違いなく、
    原始時代的な舞台の映画ではないことは想像できると思うんですけど、
    予約ボタンをポチッとした時には、
    その辺の事を見ていたかもしれませんが、
    ディスクが家に届く頃には、
    すっかり忘れています。

    金星に探査に向かった三機のロケットが、
    1機は隕石にやられてすぐにいなくなり、
    のこり2機になって、
    1機は金星着陸、
    その1機もなんか大変な事になったので、
    軌道上にいた仲間が助けに行くことに。

    しかし、
    全員で行くとこれまた色々とあるので、
    一人残して救出に。

    で、
    金星に降りた2組の冒険と、
    それを軌道上で見守るというか、
    留守をしている者の話になります。

    まぁ、
    今の金星の情報からはとてもこんな設定の金星は描けないだろうなぁ、
    と言うところが、
    実に良いですね。

    火星にタコ型の火星人がイタというのを、
    本気で信じていたのと同じくらい夢があります。

    当然、
    特撮のレベルは時代に即したものですが、
    物語とか展開は、
    良くできていると思います。

    アチキは十分楽しめましたし。

    一般の方がどの位この映画を見て楽しめるのか、
    ちょっと分かりませんね。

    なので、
    興味があったらご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 冒険 ロケット ロボット 動画

    荒川アンダー ザ ブリッジ 【アニメ】

    マンガの存在も知っていたし、
    実写映画やTVドラマになったのも知っていましたが、
    どんな内容の作品なのか、
    全然知りませんでした。

    カッパ姿のキャラクターがいるなぁ、
    とか、
    星のかぶり物をしているキャラクターがいるなぁ、
    という事くらいは、
    知っていたので、
    きっとギャグマンガなんだろう、と。

    で、
    バンダイチャンネルの月額見放題で見られる機会があったので、
    これ幸いにと見たわけですな。

    確かにギャグ作品でした。

    さて、
    内容ですが、
    エリートサラリーマンで、
    社長でもある主人公リクが、
    荒川の橋で出会った美少女に恋をして、
    なんだかんだとあって、
    荒川の河川敷に棲むことになるお話し。

    そこにには、
    様々な住人がいて、
    毎日を楽しく、
    気ままに、
    社会から外れて生活しています。

    それぞれ住人には、
    それぞれに色んな事情があり、
    実に個性的な住人達に振り回されて、
    いつしか主人公も荒川河川敷の住人としてなじんでいくという展開。

    ベースには、
    主人公リクとヒロインのニノとのラブコメ?があって、
    不思議少女ニノの秘密なのかどうか分かりませんが、
    生い立ちとかも謎に包まれていて、
    それが少しずつ垣間見えていく過程も楽しいです。

    と言うわけで、
    思っていたよりもおもしろかったので、
    第2期も続けて見てしまいました。

    マンガは、
    読むかどうか分かりませんけど、
    実写版は、
    ちょっと見てみたいなぁ、
    と思っている今日この頃です。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。





    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 恋愛 坂本真綾 後藤邑子 杉田智和 子安武人 沢城みゆき 斎藤千和 小見川千明

    ジョー・ブラックをよろしく 【1998年製作:映画】

    ブラッド・ピット主演の映画です。

    年取ってからもかっこいいですが、
    若い頃は、
    本当にかっこよかったんだなぁ、
    とつくづく思いましたね。

    さて、
    映画の内容ですが、
    まぁ、
    有名な映画なので、
    見ている人も多いと思いますが、
    アチキが書く内容なんて、
    あらすじとも呼べない物が多いですから、
    とりあえずなんか書かしててくださいな、
    って感じです。

    スタートは、
    いわゆるボーイ・ミーツ・ガールってヤツで、
    ここから恋が始まるんだな、
    となるんですが、
    いきなりボーイが交通事故に遭ってしまいます。

    そう、このボーイが、
    ブラッド・ピットな分けですな。

    そして、
    なんの運命か、
    女性の方の父親の所に死神が登場して、
    死期を告げに来るのですが、
    この死神が、
    人間の肉体を借りて登場するわけです。

    その肉体が、
    ブラピと言うわけで、
    これにより、
    思わぬ再会をしたボーイとガールなわけです。

    出会ってから好きなるのは、
    まずは容姿なわけで、
    美男美女なら当然と言うことですが、
    そこから中身を知っていって、
    最終的にはどうなるのか、
    と言う事なんですけど、
    この映画では中身は死神で、
    その死に神は愛する父親を連れ去る者で、
    そんな男とは知らずに恋をして、
    死に神も女性の美しさに恋をして、
    でも死に神だしといった感じで物語は進行していきます。

    いやー、
    こんなにもストレートな恋愛映画だとは見るまで思いませんでしたね。

    おもしろかったですけどね。

    ラストも、
    アチキの好みではなかったけど、
    まっ、良いんじゃないの、
    って感じで。

    まだご覧になっていない方で、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    おもしろいでっせ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 恋愛 悪魔 動画 ブラッド・ピット アンソニー・ホプキンス

    ふらいんぐうぃっち 【マンガ】

    アニメ「ふらいんぐうぃっち」の原作マンガの話です。

    アニメを見た後でマンガを読んだので、
    アチキの中には、
    アニメ主体と言った感覚がありますね。

    基本的には、
    アニメはね
    マンガの内容を忠実に再現しています。

    但し、アニメオリジナルのエピソードも多いことが分かりました。

    アニメオリジナルのエピソードも実に良くできていると言うこともよく分かったかな。

    なので、
    マンガを読んでいて、
    あれ、あの部分の話がないなぁ、
    とついつい思ってしまったものです。

    そして、
    そんなアニメオリジナル部分が多かった理由もよく分かりましたよ。

    まだ原作マンガが、
    4巻しか出ていなかったんですね。

    そして、
    アニメでは、
    4巻の途中までが描かれています。

    4巻で12話ですか。

    多いのか、
    少ないのか、
    よく分かりませんけどね。

    でも、
    もしアニメの第2期があるとしたら、
    コミックで6巻くらいは発売されているタイミングでないと、
    ちょっと厳しいのだろうなぁ、と。

    アニメ以降のエピソードも実におもしろく、
    アチキ的には、
    主人公の木幡真琴が、
    協会に報告するというエピソードが気になってマンガを読んだんですけど、
    その話も内容的にもボリューム的にもたいしたことはなかったのですが、
    アチキ的には、
    満足のいく物でした。

    これが、
    アニメになってボリュームがふくれるとどうなるのかなぁ、
    なんて思いながら読んでいましたね。

    次の5巻の予告も巻末にちょっとありましたが、
    読むと期待が膨らむ物でしたね。

    と言う事で、
    また一つ定期購読のマンガが増えてしまったなぁ。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 ハートフル 魔法 ファンタジー

    リプリー 暴かれた贋作 【2005年製作:映画】

    どうやら原作は小説らしいですな。

    それもシリーズ作品。

    その原作小説の映画化も今回が初めてではないようで、
    見た後に知るというのは、
    アチキの場合、
    良くあることなので。

    で、
    機会があったら他の映画作品も見てみようかなぁ、
    と思っているわけです。

    ちなみに「太陽がいっぱい」は、
    昔、テレビで見たんですけど、
    ラストシーンしか憶えていないんですよねぇ。

    それまでの過程がよく分からんという状況なので、
    やはり見直さないとな、と。

    さてさて、
    他の作品も見てみようと思ったと言うことは、
    この映画が、
    思っていた以上におもしろかったからです。

    内容は、
    主人公のリプリーが、
    ひょんな事から知り合った女性が、
    金持ちの娘で、
    その金持ちが、
    とある作家の作品に入れあげ、
    パトロンとなります。

    で、
    その作家は、
    リプリーの知人で、
    売れ出したとたん、
    あることで死亡してしまいます。

    これでは、
    金を稼げないと、
    これまたリプリーの知人に作家に似せた作品を書いて売りつけることを画策。

    これが成功して、、、。

    と言う流れですが、
    当然、サクセスストーリーではないので、
    いつばれるのか、
    これからどうなるのか、
    と言ったところが、
    後半のメインであり、
    この映画のおもしろいところです。

    ちょっとコミカルな部分もありますが、
    おもしろい映画だったので、
    それも一般の方が見ても楽しめると思いますので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 恋愛 ちょいエロ 動画

    F1 2016 Round.11 ハンガリーGP

    夏のハンガリーGPですね。

    おもしろかったのは、
    予選ですか。

    スコールのような雨が降って、
    路面が乾いていく状況での予選。

    コースアウトによる度重なる赤旗中断。

    Q3でのダブルイエローによる審議。

    予選で色々あった割には、
    決勝は、
    特に波乱もなく、
    ある意味順当にレースが行われました。

    リタイヤしたのは、
    マシントラブルのマクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンだけ。

    たった1台ですよ。

    追い抜きが難しいサーキットで、
    ランオフエリアもしっかりあるので、
    無理な追い越しで接触でも起きない限りは、
    トラブルになるケースも少ないですからね。

    その無理な追い越しすら難しいサーキットなので、
    ドライバーが冷静に対処している内は、
    こんな感じになるんでしょうね。

    結局、戦略で順位を上げるしかないと。

    ポールポジションを取ったニコ・ロズベルグですが、
    スタート直後にルイス・ハミルトンに抜かれ、
    そのままルイス・ハミルトンが優勝。

    ニコ・ロズベルグは2位。

    すでにフェラーリよりも速いのではないかと言われているレッドブルのダニエル・リカルドが3位。

    4位には、
    フェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    となりました。

    マクラーレン・ホンダに関しては、
    1台はリタイヤしましたが、
    フェルナンド・アロンソが、
    フリー走行から決勝まで、
    全て順位が7位という珍しい結果になりました。

    これが今後のラッキーを呼ぶ始まりなら良いんですけどね。

    と言うわけで、
    次戦が夏休み前の最後のレースになります。

    ドイツGPですね。

    楽しみです。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    ふらいんぐうぃっち 【アニメ】

    このタイミングで書くかどうか迷ったんですよねぇ。

    一応、色んなネタには、
    アチキ的な書く順番というのがあってですね、
    それを逸脱すると、
    すぐに同じ作品ネタを2回書いてしまったり、
    書くのを忘れたりと言ったことがあるので、
    出来るだけ、
    ルールに則って書くようにしているのです。

    で、
    本来ならかなり先になるまで「ふらいんぐうぃっち」の出番は来ないはずでしたが、
    まぁ、今回は、
    この後にマンガの方のネタも書きたいので、
    書くことにしたというわけです。

    さて、
    現在も含めて、
    かなりヘビーローテーションでこのアニメを見ています。

    もちろん、
    バンダイチャンネルの月額見放題で見られる作品なので、
    そこで見ているわけですな。

    今一番のお気に入り作品と言うこともあるのかもしれません。

    新米魔女の、
    と言ってもかなり幼い頃から魔女をしているので、
    新米ではない気もしますが、
    15才で一人前として認められ、
    独り立ちすることが出来る魔女界の掟によって、
    独り立ちした新米さんと言うことだと思うのですが、
    その魔女であり女子高校生の木幡真琴が、
    青森に住む親戚の家に居候しはじめるところから物語が始まります。

    物語はその地で生活する木幡真琴が描かれていきます。

    実際、日常系の作品と同じような感じで、
    魔女ではありますが、
    何も事件は起きません。

    日常的な事件は起きますけど、
    良くある日常の風景です。

    まっ、魔女なので、
    魔女としての非日常はありますが、
    それがすごい事件とか、
    すごいことと言うのはないです。

    なので、
    アチキ的には、
    実に安心して見ていられる作品と言うことで、
    ヘビーローテーションになっているのですが、
    もちろんそれだけだったら、
    そのような作品は一杯あるので、
    やはりこの世界観とか、
    物語がおもしろいと思っているから見ているわけです。

    全12話で終わってしまいましたが、
    原作のマンガは、
    まだ連載が続いています。

    なので、
    第2期も期待したいと思っているわけです。

    しかし、
    アニメを気に入って続きが気になったアチキは、
    マンガを買って読んだというわけで、
    その話は、
    また次回「ふらいんぐうぃっち」のマンガネタの時に。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 ハートフル 魔法 ファンタジー 井口裕香 茅野愛衣 井上喜久子 金元寿子 早水リサ 櫻井孝宏

    彼が二度愛したS 【2008年製作:映画】

    これは、中々おもしろかったですよ。

    タイトルからよく分からない感じの映画ですが、
    サスペンス映画です。

    それこそタイトルだけを見ると、
    どこぞのB級映画ぽい感じですが、
    出演している俳優は、
    一流どころです。

    ヒュー・ジャックマン
    ユアン・マクレガー
    シャーロット・ランプリング
    ナターシャ・ヘンストリッジ
    といった感じで、
    それ以外にもいるんですが、
    まぁ、これだけでもB級映画ではないと言うことが、
    分かってもらえるかな。

    と言う事は、
    逆に言えば、
    もしかして世間一般の映画好きには、
    メジャーなタイトルで、
    知らないのはアチキだけと言うことも考えられるな。

    うーーん、
    なんかそっちの方が可能性は高い気がする。

    そんなわけで、
    映画の話ですが、
    とある企業に出張っていた会計士が、
    その会社の社員と仲良くなり、
    秘密クラブへと誘われます。

    その秘密クラブにはまってしまった会計士が、、、。

    という感じで、
    エロっぽい感じの展開ですが、
    しっかりとしたサスペンスですよ。

    さすがに小さいお子様と一緒に見られるほどの映画ではないですが、
    大人が楽しむには十分な作品です。

    もちろん、
    B級映画好きのような特殊性癖の持ち主でない方々が、です。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス ちょいエロ 動画 ヒュー・ジャックマン ユアン・マクレガー シャーロット・ランプリング ナターシャ・ヘンストリッジ

    木根さんの1人でキネマ 第2巻 【マンガ】

    「木根さんの1人でキネマ」の2巻ですね。

    他のマンガを買いに行った時に、
    発売されているのを知って買ってきましたよ。

    今回は、
    どんな映画がネタになっているのかなぁ、と。

    初っぱなは、
    前巻の予告にもあったジブリ映画のネタでしたね。

    木根さんは、
    ジブリ映画を見たことがないという話です。

    みんなそれぞれ好きなジブリ映画があって、
    その話だけで盛り上がるのが一般的。

    アチキは、
    確か「ハウルの動く城」から見ていないのかなぁ。

    DVD持っているにもかかわらず、
    まだ見ていない。

    それを見ていないから次の作品も見ていない。

    何故か「ハウルの動く城」を見る切っ掛けがないんだよねぇ。

    確かにはじめは、
    キムタクかぁ、
    と言う事で何となく見る気になれなかったのですが、
    今は、あまりそれで見たくないというきでもないし。

    実際、見る気満々でDVD買っているわけだしね。

    と言う事で、
    何故木根さんがジブリ映画を見ていないのかは、
    マンガを読んで確認してください。

    後、印象に残ったのは、
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ですか。

    木根さんが映画館で見てはまってしまったというネタです。

    確かに「マッドマックス 怒りのデス・ロード」おもしろかったですが、
    そこまでかぁ、
    と言うのも正直な感想でしたね。

    もう、木根さんのはしゃぎっぷりがすごいエピソードです。

    ちなみに、
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」もDVDを持っていたので、
    このマンガを見た後、
    また見てしまいました。

    他にも色々とあるのですが、
    既に木根さんの一人で映画を見るというネタは、
    ほとんど影を潜めた感じですね。

    なんか友達や仲間が増えてきた感じです。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 【2009年製作:映画】

    遂に最終章ですね。

    三部作の最後、
    第三章ということです。

    さて、
    いよいよクライマックスとなって、
    友達が誰なのか、
    その答えがこの映画には、
    あるはず。

    そして、
    ともだちとの戦いの決着はどうなるのか、
    と言うのもこの映画で明らかになるはず。

    まぁ、含みを持たせた書き方ですが、
    見ればその答えが分かるということですな。

    アチキも最後まで楽しく見させていただきました。

    思っていた以上におもしろかったというのが、
    本音でしょうか。

    見る前は、
    まぁ、こんなモンだろうという感じなんだろうなぁ、
    と思っていたわけです。

    日本映画で、
    尚且つSFですからね。

    期待するというのは、
    結構、ハードル高いですよ。

    そんなわけで、
    何故だが分かりませんが、
    第二章、この最終章と、
    順を追ってなんとなく画の作りがチープになっていったように感じたのは、
    気のせいでしょうか。

    第一章は、
    頑張っているなぁ、
    良くできているなぁ、
    という感じだったんですけどね。

    もっと刺激を求めてしまうと言う、
    慣れからそういう感じに受け止めてしまったのかも。

    と言うわけで、
    キチンと大団円にはなっていると思います。

    後は、
    マンガを読むだけだな。

    それがいつになるのか、
    うーーーん、
    わからん。





    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 犯罪 サスペンス 浦沢直樹 豊川悦司 常盤貴子 山寺宏一

    げんしけん 二代目の十一 20巻 【マンガ】

    二代目の十一であり、通しで20巻になります。

    相変わらず、
    面倒な感じですな。

    と言う事は、
    三代目というのもあるのかな。

    まぁ、オタクネタがあれば、
    それにするんだろうけど。

    BL、腐女子ネタの二代目ですからね、
    あるとすれば、
    次はなんなんだろう。

    うーーん、よく分からん。

    さて、
    マンガの内容ですが、
    いよいよ斑目ハーレムも大詰めという感じですが、
    ネタバレになってしまうので、
    どうなったか書きません。

    というのは、嘘。

    実は、
    この巻では、
    結論出ません。

    いつまで引っ張るんだ、
    って感じですが、
    まぁ、ここでスパッと決まるのもなんだか斑目らしくないというか。

    ぐたぐだでちょうど良いって感じですよね。

    なので、
    次巻で結論が出るのか、
    そけとも出ないのか、
    楽しみですね。

    そして、
    このエピソードで二代目も終わってしまうのか、
    また別のネタで、
    今の登場人物達が卒業するまで描くのか、
    どうなるんでしょうか。

    それも含めて、
    次巻が楽しみです。


    ■eBookJapanでも「げんしけん」のダウンロード販売しています。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : オタク 大学生 日常 青春 恋愛 学園 木尾士目

    20世紀少年 第2章 最後の希望 【2008年製作:映画】

    「20世紀少年」の第2章です。

    当然と思うのですが、
    この第2章から見る人は、
    いないと思うんですよね。

    でもたまにいるんですよね、
    何となく見てしまったとか、
    間違え見てしまったとか、
    まぁ、そういう人は、
    えてして、
    あまり興味がない人が多いということなんですけど。

    さて、
    物語は、
    前作から15年後です。

    第1章のラストで、
    死んでしまったと思われていた主人公は、
    どうなってしまったのか。

    まっ、こういう書き方をすると言うことは、
    生きていると言うことなんですけどね。

    あれ、
    これってネタバレになるのかな。

    まぁいいか。

    たいしたことじゃないし。

    この作品の一番のネタバレは、
    友達が誰かと言うことだと思うので、
    さすがにそれはねぇ。

    と言うわけで、
    あくまでも第2章なので、
    これ単体でのおもしろさというのは、
    どうなのかと思ってしまいますね。

    ラストへ向けてのつなぎという感じが一番強いです。

    アチキも第1章から続けてみているので、
    そういうイメージが強いですな。

    そんなわけで、
    次がいよいよラストですよ。

    あー、そうそう、
    この第2章からラストにかけて、
    重要な人物が登場します。

    主人公ケンヂの姪のカンナです。





    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 犯罪 サスペンス 浦沢直樹 豊川悦司 常盤貴子 山寺宏一

    ONE PIECE(ワンピース) 82巻 【マンガ】

    82巻です。

    今回は、
    物語のバックグラウンドも含めて、
    色々と説明がなされている巻です。

    なので、
    思ったよりも物語は進行しません。

    またまたルフィ達は、
    別々の行動をすることになります。

    大きく三つのグループに分かれて。

    そして、
    さらわれたサンジの秘密?も少しずつ明らかになっていきます。

    姉弟も登場するし。

    婚約者も登場するし。

    それとは別に、
    世界会議が行われると言うことで、
    懐かしい人たちもちょい見せ程度ですが、
    登場します。

    それ以上に、
    最終目的地点の話がやっと出てきまた。

    これで終盤戦に突入なのか、
    まだまだ道半ばなのか、
    よく分からないです。

    まぁ、ジャンプですからね、
    簡単には終わらせてくれないでしょうから、
    道半ばと言うことなんでしょうね。

    それにしても、
    ついこないだ「こち亀」を読んだのですが、
    同じくらい「ONE PIECE(ワンピース)」も読むのに時間がかかりましたね。

    いやー、
    文字量相変わらず多いです。

    次の巻では、
    少しくらいバトルがアルのかなぁ。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 尾田栄一郎 海賊 アクション 冒険

    20世紀少年 第1章 終わりの始まり 【2008年製作:映画】

    本当は、
    マンガを全部読んでから観ようと思っていたんですけど、
    結局、マンガに手を付けずに映画を先に見ることになってしまいました。

    なので、
    原作との違いとか、
    ともだちが誰なのかも分からない状態で見ています。

    さて、
    全部は読んでいませんが、
    最初の方は読んでいるので、
    まったく予備知識がないわけでもなかったので、
    配役とかは、
    アチキ的にも申し分ない感じでしたね。

    映画も当初から全3章ということで作っているので、
    それはそれで良かったです。

    無理に一本にまとめようとしなかったから、
    ある意味、丁寧な作りになっていましたし。

    始まりとしては、
    良かったのではないかと。

    実際、第1章を見終わった後、
    すぐに第2章が見たくなりましたからね。

    あの後、
    どうなってしまうんだ、と。

    特撮的な部分もお金をかけているだけあって、
    悪くなかったです。

    あれでしょぼしょぼな感じになっていたら興ざめも良いところでしたからね。

    特にクライマックスの所は。

    とは言え、
    日本映画の限界も感じてはいましたけど。

    そんなわけで、
    まだ見ていない方は、
    是非レンタルして楽しんでくださいな。





    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 犯罪 サスペンス 浦沢直樹 豊川悦司 常盤貴子

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー