フィアー・エックス 【2003年製作:映画】

    これは、
    また微妙だったなぁ。

    つまらないわけではないけど、
    かといって、
    おもしろかったという感じでもない。

    最後まで見られるおもしろさはあったけど。

    内容は、
    妻を殺害された主人公が、
    犯人を捜すために、
    警備員の仕事をしています。

    デパートの警備をする傍ら、
    数少ない証拠の監視映像の画像から、
    それもとても不鮮明な画像から、
    似た人を探すという行為。

    それ以外にも自分なりに捜査をしていて、
    遂に容疑者を見つけます。

    その容疑者が本当に犯人なのか、
    そこからこのドラマが佳境に入っていくと行った感じ。

    サスペンス的なノリで、
    そういう部分でも最後まで楽しめるのですが、
    まぁ、
    何というか、
    普通なんですよね。

    そういう意味では、
    レンタルで十分といった感じの内容。

    それで言うと、
    癖がないので、
    B級映画ファン限定という感じでもないので、
    一般の方も、
    興味があったらご覧になっても良いかと思うレベルでしたね。

    ただ、
    おもしろいと思うかは、
    また別の問題だと思いますけど。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 動画

    シグナル 【2014年製作:映画】

    これまた思っていたよりも楽しませてくれましたね。

    まぁ、B級映画だろうと、
    思っていたので、
    出発点が低いのも良かったのかもしれませんな。

    さて、
    内容は、
    三人の若者が車で旅をしているのですが、
    一人が、
    両足が不自由になってしまう病の持ち主。

    一緒にいる彼女とは、
    今のところ良い関係だが、
    それでも今後のことを考えると別れるのがベストだと思っており、
    この旅で別れを告げるつもりでいたのですが、
    とあるハッカーを追跡していて、
    そのハッカーの居場所を見つけてしまいます。

    ハッカーがいると思われる場所には、
    廃屋があるだけ。

    そして、
    その廃屋を調べると。

    いやー、
    ここからがちょっとぶっ飛んだ感じの展開なんですよ。

    それが良いんですけどね。

    それについていけないと、
    がっかりな映画になってしまうのかもしれませんな。

    さすがに、
    そこはネタバレになると思うので書きませんが、
    アチキ的には、
    楽しませてもらいました。

    B級SF映画です。

    そんなわけで、
    諸手を挙げて一般の方にもお勧めというわけではないですが、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション サイボーグ エイリアン 動画

    カイト/KITE 【2014年製作:映画】

    アチキの好きな梅津泰臣監督作品「A KITE」が、
    アメリカで実写映画化されました。

    制作発表された時から知っていたのですが、
    期待半分、
    不安半分でした。

    で、実際、
    見てみると。

    不安的中って感じでしたね。

    なんだろうな、
    設定も活かされているのかどうか、
    って感じだったし。

    アクションもそれなりだったし。

    原作アニメを知っているからなのか、
    どうも落差を感じるんですよねぇ。

    知らない人が見れば、
    少しは違うのかもしれないけど。

    でも、
    アチキ的には、
    残念って感じです。

    B級アクション映画、
    というテイストなんですよ。

    だから、
    原作を知らなければ、
    嘘でもそれなりの評価を与えて、
    見る前から期待もしないので、
    それなりの評価にはなったと思うのかな。

    でもなぁ、
    知っているからなぁ。

    今更知らない振りも出来ないしなぁ。

    そんなわけで、
    内容の説明は、
    もうどうでも良くて、
    ホント、残念という気持ちだけが先走ってしまった映画でしたね。

    梅津泰臣監督作品の新作見たいなぁ。

    出来れば、
    R18指定で。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 動画 サミュエル・L・ジャクソン

    F1 2016 Round.21 アブダビGP

    遂に2016年シーズンも最終戦を迎えました。

    最後までドライバーズチャンピオンが決まらなかったと言う事で、
    消化レースは一つもないと言う事になりました。

    今年は、
    シーズン最多の21戦が開催され、
    来年は、
    今の情報だと20戦になりそうなので、
    21回もレースを見られたのは、
    ファンとして良かったのか、
    悪かったのか。

    まぁ、トップ争いをしているチームとドライバーのファンなら楽しめたんでしょうね。

    アチキは、
    そのどちらのファンでもないですが、
    楽しめましたよ。

    さて、
    まずはドライバーズチャンピオンにニコ・ロズベルグが決定しました。

    最後の最後で、
    ルイス・ハミルトンが仕掛けた戦術にハラハラドキドキでしたが、
    2位でチェッカーを受けてチャンピオンになりました。

    親子二代でのワールドチャンピオン達成です。

    これで父親のケケ・ロズベルグにでかい顔をされずに済みそうですな。

    アチキ的には、
    今年も無理なんではないかと思っていたほどです。

    それにしてもルイス・ハミルトンの自分が負けている時のふてくされ感は、
    アンチを作りやすいですよね。

    話は変わりますが、
    スローペースで走っている時に、
    フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、
    ニコ・ロズベルグに対して一回しか仕掛けなかったのは、
    やはりニコ・ロズベルグをチャンピオンにしたかったんでしょうね。

    まぁ、自分のタイヤの状況と、
    ポイントランキングを見ての走行だとは思いますけど。

    アレで、
    2位にならないとランキングが上がらないとなれば、
    間違いなく攻めていたでしょうけど。

    その辺は大人なんでしょうね。

    まぁ、他にも色々と書きたいこともありますが、
    この辺にしときますか。

    来年は、
    マクラーレン・ホンダがどの位置を走ることになるのか、
    そこが一番の楽しみです。

    少なくとも表彰台争いが出来る程度には競争力があると、
    ファンとしてはうれしい限りです。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    ストーカー 【1979年製作:映画】

    SF映画です。

    それもソ連製。

    アチキ的には、
    「惑星ソラリス」以来のソ連製SF映画なのかな。

    もしかしたら知らないで見ている可能性はありますけど。

    1979年の公開と言う事と、
    ソ連製と言う事を加味すると、
    実に良くできている映画ではないでしょうか。

    今見てもおもしろいです。

    内容は、
    ある地域に存在する「ゾーン」と言う場所があって、
    そこは、
    厳重な監視下にあって、
    軍が出入り口を警備しているという物々しさ。

    そのゾーンへ入ろうとする人たちがいて、
    何故にそこへ行きたがるのか。

    それは、
    ゾーンのある場所に行くと、
    願いを叶えてくれるらしいと言う噂が。

    主人公達は、
    厳重な検問を突破してゾーンの内部に進入。

    願いを叶えてくれる場所への冒険が始まるのですが、
    その道程も一筋縄ではいきません。

    はたして、
    本当に願いを叶えてくれるのか、
    そんな場所はあるのか、
    ラストもいい感じで、
    おもしろかったですよ。

    派手なアクションも特撮もありません。

    人間ドラマが中心です。

    設定がSFという感じで、
    映画としては、
    人間ドラマとして中身の濃い内容になっているかな。

    興味があったら是非レンタルしてご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    プリデスティネーション 【2014年製作:映画】

    ロバート・A・ハインラインの短編小説が原作らしいです。

    原作は、
    読んだこと無いと思うんですよねぇ。

    と言うか、
    ロバート・A・ハインラインの小説って、
    「夏への扉」と「宇宙の戦士」以外に何を読んだか、
    パッと出てこないんですよ。

    色々と読んで見たいのはあるんですよ。

    でも中々機会がなくてねぇ。

    と言うわけで、
    原作のことはよく知りませんが、
    映画の話を。

    タイムトラベル物です。

    と言う事は、
    タイムパラドックスが、
    どどーんと、
    メインテーマになるような感じです。

    とある犯罪者を捕まえるために、
    時空警察が犯人を追っかけるという内容です。

    時空を追っかけての話ですから、
    単純ではないんですよね。

    物語の進行上先に見たことが、
    未来のこととして出てきたり、
    視点が変わって出てきたり、
    といった感じで、
    キチンと見ていないと、
    アレレ、
    と言う事になりかねない映画です。

    時間軸を同一線上においての物語展開ですから、
    ある意味、
    正面からタイムパラドックスをとらえた映画と言えるでしょうね。

    見ていておもしろかったですよ。

    そんなわけで、
    興味があったら是非レンタルして観てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 犯罪 タイムトラベル 動画 ロバート・A・ハインライン

    タイム・チェイサー 【2013年製作:映画】

    タイトルから想像できるように、
    タイムトラベルも物になります。

    主演は、
    「シックスセンス」のハーレイ・ジョエル・オスメントです。

    言われてみれば、
    面影があるなぁ、
    と言った感じでしたけどね。

    さて、
    アチキは、
    てっきりB級SF映画化と思っていたので、
    良くできた内容に、
    ちょっとビックリしました。

    主人公が子供の頃に父親が海外の学会の発表会に行ったきり、
    戻ってこない。

    普通なら事故に遭ったとか、
    誘拐されたとか、
    って感じなんでしょうけど、
    アチキは、
    愛人と逃げたか、
    と言った下世話な展開を想像したんですけどね。

    半分冗談です。

    で、
    月日は流れ主人公は青年になって、
    それも父親譲りというか、
    それ以上の天才になっていて、
    父親が残した研究内容を知って、
    それがタイムトラベルの理論で、
    どうやら父親は、
    タイムマシンを作っていたようだぞ、
    と言う事で、
    父親の研究を引き継いでいきます。

    ここから先は、
    ネタバレになるので、
    余り詳しく書きませんが、
    当然、
    天才君ですから、
    タイムパラドックスについても考証します。

    アチキ的には、
    なるほどね、
    こういう結末に持っていったのか、
    という感じでした。

    この映画なら一般の方も楽しめると思うので、
    興味があったら是非レンタルしてご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF タイムトラベル 動画 ジリアン・アンダーソン

    バトル・オブ・スカイアーク 【2015年製作:映画】

    これまたB級映画の臭いがプンプンしているのですが、
    見た感じ、
    思いっきりB級映画って感じではないんですよね。

    まぁ、
    最近は、
    CGの制作費用が、
    昔ほど高額ではなくなってきたので、
    それほどそこそこの予算で、
    見た目が良いのが作れますからねぇ。

    と言う事で、
    映画ですが、
    荒廃した地球がメインの舞台になります。

    エリートは、
    地球の軌道上にある宇宙ステーションで生活しています。

    主人公は、
    その宇宙ステーションから地球に落とされ、
    そこで生活している少年少女と共に生きるために戦います。

    何と戦うのか、
    まぁ、
    それは、
    みてのお楽しみに。

    楽しみにするほどの物でもないけど。

    内容的にそれほど良い出来という感じではないです。

    最後まで見られる内容ではありましたけど。

    それは、
    あくまでB級映画を見慣れているアチキだからかもしれませんな。

    アチキ的にも普通な感じの映画でしたので、
    一般の方は、
    どうでしょう。

    やはり、
    この映画を見たら、
    なんじゃこりゃ、
    となるんでしょうかね。

    まぁ、
    そんな感じの物なので、
    一般の方は、
    興味があったら自己責任でご覧ください。

    B級映画好きなら、
    たぶん普通に楽しめるのかな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 動画

    真夜中の狂気 【1980年製作:映画】

    これまた微妙な感じでしたね。

    カルト的な作品だと言う事らしいですが、
    確かに、
    一般の人には、
    ちょっとなぁ、
    という感じです。

    TSUTAYA DISCUSの解説にもあるように、
    エロティック・バイオレンスです。

    バイオレンスの部分は、
    最近のバイオレンスとは違います。

    いまのバイオレンス作品になれてしまっていると、
    それほどでもないと思ってしまうのは、
    本当は、
    ダメなんだろうなぁ。

    それは、
    エロティックの部分にも言えると思います。

    昔は、
    女性の裸が出てきただけで、
    ドキドキだったのに、
    今では、
    それだけ、
    と思ってしまったり。

    まぁ、その部分は、
    大人になってしまったという所もあるとは思うけど、
    そうではない表現に関しても、
    刺激になれてしまって、
    より過激にという方向になっていますからね。

    と言うわけで、
    ちょっと期待しすぎたせいか、
    残念な感じを受けてしまったところもありますが、
    カルト的な評価を受けている部分に関しては、
    なんとなく、
    なるほどね、
    という感じでした。

    それを一般の方がどう受け取るのか、
    ちょっと分かりませんけど。

    そんなわけで、
    興味があったらご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 バイオレンス エロス 動画

    THE FLASH/フラッシュ <ファースト・シーズン> 【TVドラマ】

    TVドラマシリーズ「スーパーガール」にゲスト出演をしているのを見て、
    見たくなったので、
    早速、動画ポイントサービスを使って見ましたよ。

    おもしろかったですね。

    スーパーパワーの超人達と戦うだけの物語ではなくて、
    少年の時に母親が殺されて、
    その犯人を捜すというメインの話があって、
    良かったですよ。

    主人公も含めて、
    超人が誕生した部分の設定も良くて、
    今後も数々の超人が出てきてもおかしくない設定なので、
    そういう部分では、
    無理がないです。

    超人になること自体が無理な設定というのは、
    突っ込まないように。

    そして、
    これってネタバレになるのかな、
    気になる方は、
    この先を読まないように。

    アチキは、
    「スーパーガール」でのフラッシュの登場を見ているので、
    あまりそんな感じはしなかったですけど、
    タイムトラベル的な要素もあって、
    おもしろかったです。

    別のヒーローもいきなり登場するのですが、
    それはまた「ARROW/アロー」というTVドラマで、
    そちらの方が先のようで、
    そちらも機会があったら観てみようと思ったら、
    TSUTAYA DISCUSで予約している作品でしたね。

    すっかり忘れていましたけど。

    さてさて、
    シーズン1では、
    相変わらず、
    中途半端な終わり方で、
    シーズン2に引っ張る終わり方に、
    なんだよー、
    という思いでいますが、
    当然、
    気になるので、
    続き見ますよ。

    いつになるのか分かりませんけど。

    そんなわけで、
    期待したとおりおもしろかったですな。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF アクション 犯罪 動画

    クラッシュ 【2004年製作:映画】

    似たようなタイトルの映画もあるので、
    間違えて見てしまうこともある映画ですかね。

    そんな、
    勘違いでかりて見てしまった人でも、
    満足する映画ではないかな、
    と思いましたよ。

    あー、
    アチキがそのようなことを書くと、
    B級映画と思ってしまう人もいるかもしれませんな。

    そんなことはないです。

    もうキャストだけで、
    立派なA級映画です。

    アメリカの様々な階級の人たちが、
    登場してきます。

    金持ち、貧乏、
    白人、黒人、
    エトセトラ。

    そり人たちが、
    月次に絡み合って衝突して、
    物語は紡ぎ出されていきます。

    これは、
    思った以上に良かった。

    人種差別という形で簡単に割り切れない物を見せてくれていますよ。

    たった2日間の物語ですが、
    濃密で良くまとまっている物語です。

    これは、
    一般の方にもおすすめできる映画ですな。

    アチキがネタにしている映画でね
    一般の人にもお勧めできる物って少ないですからね。

    そんなわけで、
    興味があったら是非レンタルして観てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 日常 ドラマ 動画

    エンジェルターゲット 殺戮天使 【1991年製作:映画】

    この記事を書くにあたって、
    てっきり洋画だと思っていたんですけど、
    邦画でしたね。

    それもVシネ系ですか。

    もうすっかり忘れていましたね。

    実際、
    中身についてもはっきりと憶えているかというと、
    ちょっと不安です。

    何でこの映画をレンタルして見たのかも、
    最初は、
    想像できませんでしたが、
    出演者を見て、
    あぁ、岡田奈々目当てに見たのか、
    と、
    アチキとしては、
    分かり易い理由なのが判明。

    単純な思考回路なので、
    こういうときは、
    簡単に理由が分かって良いですな。

    さて内容ですが、
    先ほども書いたように、
    あまり自身がないんだよね。

    確か、
    特殊警察みたいなのを作って、
    悪者をやっつける話だったような。

    で、
    解説を読むと、
    やはりそんな感じのことが書いてある。

    なら大筋は、
    憶えていることであっているのだな、と。

    ただ、
    あまりおもしろかった記憶もないので、
    内容がおもしろいということでのお勧めは難しいだろうな。

    ただ、
    お目当ての岡田奈々は、
    メインではなかったので、
    そこはちょっと個人的には残念でしたけど、
    水野真紀が目当てなら、
    楽しめるのではないかな。

    あくまでも出演者を見て楽しめるのなら、
    と言う事ですよ。

    まぁ、
    なにはともあれ、
    何かしらに興味を持たれた方以外は、
    積極的に見る物ではないかな、
    と言う事です。





    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 アクション ちょいエロ

    誘惑の囁き 【2005年製作:映画】

    いかにもエロチックな感じのタイトルですなぁ。

    でも全然エロくないです。

    強いて言えば、
    女優さんとか、
    演出でセクシーな感じは受けるけどね。

    サスペンス映画になります。

    金がかかっているようには見えないので、
    きっとB級映画の部類に入る予算感でしょう。

    さて、
    内容はと言うと、
    流れ者の若者が、
    流れ着いた町、
    と言うよりも場所かな、
    モーテルのような所を経営している男と知り合って、
    そこで働くようになります。

    しかし、
    このオーナー、
    善良な市民ではありません。

    かといってすごい悪という感じを受けないのですが、
    何か裏がある感じと行動があります。

    そこへ、
    その男の妻が現れて、
    三角関係になるのか、
    という感じですが、
    まぁ、
    ある意味、
    そこは付け足しみたいな感じかな。

    どちらかというと、
    主人公の流れ者が、
    こちらも善良な市民という感覚ではなく、
    ダークな部分を持っていて、
    そこでオーナーと一悶着が展開されていくといった感じ。

    思っていたよりもおもしろかったですよ。

    当然、最初の期待値が低いので、
    思っていたよりも、
    という感覚ですけど。

    あまり期待しないで、
    暇つぶしに見る分には、
    一般の方も楽しめるのではないでしょうか。

    興味があったらレンタルしてくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 ちょいエロ 動画

    事件記者コルチャック 【小説】

    以前、TVドラマシリーズは、
    ネタにしましたね。

    確か、DVDを購入してから書いたような気がします。

    子供の頃、
    「事件記者コルチャック」が好きでねぇ。

    ホント、DVDが発売された時は、
    うれしくて、
    ほぼ衝動的に買ってしまったんですよねぇ。

    と言うわけで、
    今度は小説です。

    この小説は、
    たまたまAmazonで知って、
    これまたほぼ衝動的に買ってしまったんですよね。

    物語は、
    TVドラマシリーズとは、
    ちょっと違った感じになっています。

    違うところと言うと、
    まず舞台がシカゴではない。

    ラスベガスになっています。

    一冊で2話入っているのですが、
    もう一つは、
    シアトルです。

    何故舞台が違うのか、
    まっ、TVドラマと違うのはよいとして、
    2話とも舞台が違う理由は、
    本を読んで確認してくださいな。

    扱う事件は、
    吸血鬼と不死者になります。

    基本的には、
    コルチャックが取材した形で日の目を見なかった記事を、
    第三者が出版した形の校正になっています。

    ちょっとめんどくさい感じではありましたが、
    悪くはなかったです。

    で、本を読み始めて、
    舞台は違えど、
    こんなエピソードあったかなぁ、
    と思い、
    改めてTVドラマシリーズを見直してしまいましたよ。

    やっぱおもしろかったねぇ。

    おっと、
    小説の話ですな。

    小説と同じようなエピソードは、
    TVドラマにはありませんでした。

    そんなわけで、
    小説は、
    久しぶりにコルチャックが活躍する話を読めて、
    良かったなぁ、
    といった感じです。

    「事件記者コルチャック」のファンの方は、
    是非、ご一読を。

    そうでないにも「事件記者コルチャック」を知る良い機会かと思うので、
    本屋で見かけたら手に取ってみてくださいな。





    関連記事

    テーマ : ホラー小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : ホラー

    恋の選択 【1995年製作:映画】

    さてさて、
    前回のネタを書いている時から気づいていたのですが、
    今回の映画もキャロル・ブーケを見たくて借りたんですよ。

    きっと。

    たぶん。

    他に借りる動機が見当たらないから。

    そんなわけで、
    今回の映画ですが、
    なんだろ、
    恋愛映画というわけでもないし、
    コメディでもないし、
    かといってブラックコメディでもないし。

    タイトルだけ見ると恋愛映画のようだけどね。

    まっ、
    男がキレイな女性に惚れて、
    自分の物にしようという行為としては、
    恋愛物に近いのかな。

    物にしようという感情がね
    ちょっと恋愛映画としての物語のスタンスからは離れていると言う事ですな。

    さて、内容は、
    先にも書いたように、
    キレイな女性に一目惚れした男が、
    その女性が小説を書いていることを利用して、
    君は才能があるぞ、
    君の才能を開花させることが出来るのは私だけだ、
    みたいな感じで、
    搦め手で物にしようとします。

    しかし、
    その女性は人妻で、
    不倫という形になりそうな感じで、
    三角関係勃発と言う事ですな。

    自分の才能を信じてくれない夫と、
    自分の才能を信じてくれていると思っている出版社の社長。

    あなたならどちらを取りますか。

    と言う事で、
    タイトルが生まれたんだろうな。

    と言うわけで、
    内容的には、
    思ったよりもおもしろかったですよ。

    まぁ、キャロル・ブーケが見られるだけで、
    満足という感じで見たからなぁ。

    そんなわけで、
    興味がありましたらご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 恋愛 動画 キャロル・ブーケ

    欲望のあいまいな対象 【1977年製作:映画】

    こういうタイトルを見ると、
    なんかフランス映画の小難しい映画なのかなぁ、
    と思ってしまうのは、
    アチキだけでしょうか。

    まっ、
    実際は、
    そんなことはないと思うんですけどね。

    あくまでも印象ですよ。

    さて、
    映画の話ですが、
    フランス映画になります。

    内容は、
    簡単に言ってしまうと、
    金持ちが自分が雇っているメイドに好意を持って口説こうとするのですが、
    このメイドが二面性を持った小悪魔的な存在で、
    簡単には落ちないといった話。

    で、
    この二面性をきっと視覚的に分かり易くするために、
    二人で一役をしています。

    なので、
    最初、
    アレ?人が変わっている?
    といった感じで、
    戸惑ってしまったのも事実。

    途中でやっとその使い分けを理解してからは、
    結構楽しめましたね。

    その部分を理解しても楽しめるのかどうかは、
    また別の話。

    退屈だと思う人もいれば、
    楽しいと思う人もいるだろうなぁ、
    という感じの映画です。

    アチキは、
    結構楽しめましたよ。

    なので、
    興味があったらレンタルしてご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 動画 キャロル・ブーケ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー