The 7th 【2007年製作:映画】

    これまた連続殺人事件の映画です。

    タイトルは、
    なにか有名な映画のタイトルを連想させるような感じですが、
    それは、
    映画の中身が、
    そんな感じだからでしょうね。

    いわゆる見立て殺人の部類のになるのかな。

    聖書の予言になぞって、
    殺人事件が起きます。

    それを、
    刑事が解決に動くという、
    よくある内容。

    刑事さんなので、
    推理すると言うよりも、
    足と拳と拳銃で解決するような感じですけど。

    ちょっと、
    それは酷い説明ですな。

    まぁ、
    何にせよ、
    B級映画ですよ。

    色んな意味で。

    アチキは、
    楽しめましたが、
    一般の方が楽しめるのかは、
    ちょっと分かりませんな。

    そんなわけで、
    B級映画が好きな人は、
    興味があったらご覧になってくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 刑事 ちょいエロ 動画

    オックスフォード連続殺人 【2008年製作:映画】

    タイトルに「連続殺人」がつくと、
    アチキのイメージでは、
    ろくな物がないなぁ、
    と思うのですが。

    さて、
    この映画はどうでしょうか。

    結論から言うと、
    悪くないです。

    原作は、
    有名かどうかは、
    アチキは知りませんが、
    小説で、
    それのおかげかどうかは分かりませんが、
    ちゃんとミステリーしていましたね。

    探偵役は、
    一応、
    主人公の学生なんでしょうね。

    登場するキャラクターや、
    ミスリードなど、
    いかにもミステリーって感じで、
    連続殺人事件もいい感じで起こっていくので、
    見ているこちらも推理しながら見られて楽しかったです。

    原作と比べてと言うところでは、
    当然、
    原作を読んだことがないので、
    分かりませんが、
    映画でこれだけしっかりとミステリーを感じさせてくれているので、
    小説は、
    きっと良くでき手稲のでしょうね。

    まぁ、
    今のところ、
    原作の小説を読もうとは思っていませんけど。

    興味があったらレンタルして、
    ご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 ミステリー 推理 動画

    ダブルフェイス 秘めた女 【2009年製作:映画】

    ソフィー・マルソーモニカ・ベルッチが主演の映画です。

    タイトルのダブルフェイス、
    まんまの内容です。

    あまり書くとネタバレになるので、
    書きませんけど、
    ソフィー・マルソーモニカ・ベルッチが、
    生活していて、
    おかしな事に気づき始めます。

    それから、
    その原因の真相究明をしていくという話。

    中々良くできているのですが、
    もう少しうまくまとめられなかったなぁ、
    と思ってしまうのです。

    たぶん、
    見ている人を混乱させようというか、
    惑わさせようとしているので、
    それが、
    良くも悪くも見ている人に肝心の部分が伝わりにくくなっている気がします。

    とは言え、
    二人の女優さんが、
    実にいい感じで、
    それを見るだけでも楽しめますけどね。

    興味があったらレンタルして見ても良いかも知れませんな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミステリー ちょいエロ サスペンス 動画 ソフィー・マルソー モニカ・ベルッチ

    ハプニング 【2008年製作:映画】

    まぁ、
    やはり、
    この映画を語ろうとすると、
    どうしても監督の名前が気になる感じですね。

    M.ナイト・シャマラン監督です。

    アチキ的には、
    それほど評価していないんですけど、
    まぁ、
    やはり一般的には「シックスセンス」の監督と言う事で、
    評価は高いんでしょうね。

    まぁ、
    そんなことは、
    実は、
    アチキは、
    後で知った感じなんですけどね。

    そんなこともチェックせず映画を見ております。

    さて、
    内容ですが、
    突然、
    人間がバタバタと死んでいきます。

    それも、
    自殺的な死に方です。

    それも、
    自余所にその範囲が広がっていき、
    何が原因かも分かりません。

    主人公達は、
    確実に死が迫ってきている状況で逃避行をします。

    さてさて、
    世界はどうなってしまうか。

    まぁ、
    あまり書くとネタバレになるので書きませんが、
    最後まで楽しくみられましたよ。

    一般の方も余り期待しないで、
    見れば、
    楽しめるのではないでしょうか。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック 動画

    252 生存者あり 【2008年製作:映画】

    アチキ的には、
    久々の邦画ネタですな。

    最初、
    タイトルの数字は、
    人の数かと思っていました。

    そしたら、、、
    あれ、
    これってネタバレになるのかな。

    まぁ、
    いいや、
    意味は、
    映画を見てもらうことにしましょう。

    さて、
    突っ込みどころ満載のディザスターパニック映画です。

    この規模になると、
    日本映画の限界を感じますね。

    そこそこ、
    お金はかけているのでしょうけど、
    災害の規模にたいして、
    どうも小さくまとめようとしていて、
    残念です。

    その辺が、
    突っ込みどころでもあるんですけど。

    まぁ、
    これよりも突っ込みどころ満載のB級映画を数多く見ているので、
    アチキ的には、
    許容範囲でしたね。

    まぁ、
    海外のB級映画並といった感じですよ。

    最後まで楽しませてはくれたので、
    興味がありましたらレンタルして見てくださいな。





    関連記事

    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック

    1984 【1956年製作:映画】

    SF映画ですね。

    原作小説は、
    同じく「1984」です。

    ジョージ・オーウェル著作の小説の存在は、
    知っていました。

    それを元にした映画があるというのも知っていました。

    小説は、
    実際の1984年の前年くらいから、
    脚光を浴びて、
    小説の中で語られている部分で、
    現実になっている物は何だ、
    みたいなところとかを特集している雑誌とかを見た覚えがあります。

    まぁ、
    年号がはっきりしているSF小説とかでは、
    良くある話ですな。

    まぁ、
    アチキ的には、
    それらを見て、
    小説を読みたいとは思わなかったんですけどね。

    で、
    まぁ、
    映画くらいならと、
    見たわけですよ。

    50年代の映画ですから、
    特撮というレベルの物ではないですが、
    近未来の世界を描いておりまして、
    当然のことですが、
    現代とは全く違う世界てす。

    「2001年宇宙の旅」ですら、
    そういう世界にはなっていないので、
    大体、
    SFでの何十年後とかは、
    未来予想と言うよりも、
    その位時間がたっていれば、
    このくらいは、
    科学が進歩していてもおかしくないかな、
    見たいな感じで年号が設定されている気がアチキはするんですよね。

    で、
    映画の内容ですが、
    簡単にいってしまえば、
    管理社会を描いた作品です。

    思っていたよりは、
    おもしろかったですね。

    最後まで見られましたし。

    一般の人が見て楽しめるのかというと、
    ちょっと疑問もありますけど。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF

    ミッドナイト・クロニクル 【2009年製作:映画】

    B級映画ですね。

    ファンタジー作品です。

    簡単にいってしまうと、
    光と闇の勢力の戦い。

    色々な意味でスケールは違いますが、
    「ロード・オブ・ザ・リング」をイメージして頂ければと。

    そのまんまをイメージしてはダメですよ。

    あくまでもこの映画は、
    B級映画ですから。

    まぁ、
    B級映画といっても、
    それなりに頑張っているけどね。

    ただ、
    画作りもそうだけど、
    内容がね、
    もう少し何とかならなかったのかなぁ、と。

    雰囲気は良いんだけど、
    最後まで引っ張るおもしろさに欠けていましたね。

    残念です。

    それがあれば、
    一般の方にも、
    もしかしたらお勧めできたかも知れないのに。

    と言う事で、
    やはりB級映画好きにしか、
    お勧めというか、
    興味があったらレンタルしてください、
    という感じになってしまいますね。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー アクション 動画

    THE FLASH/フラッシュ サード・シーズン 【TVドラマ】

    サード・シーズンですね。

    「スーパーガール」のネタの時に、
    書いたような気がしますが、
    「THE FLASH/フラッシュ」と「スーパーガール」と「ARROW/アロー」の3作品を、
    またぐようなエピソードがあります。

    「スーパーガール」の時は、
    いわゆるプロローグ的な部分で終わっていて、
    「THE FLASH/フラッシュ」では、
    中盤の話になっていて、
    最後は、
    「ARROW/アロー」で完結という形のようです。

    残念ながら「ARROW/アロー」は、
    まだ見ていないので、
    この作品をまたぐエピソードを見ようとすると、
    かなりのシーズンを見なくてはならないと言う事で、
    どうしようかなぁ、
    と思っていたら、
    このエピソードだけの話をまとめた作品がレンタルできるようなので、
    いずれ、
    それをレンタルして見ようと思っています。

    で、
    それ以外の話ですが、
    もうタイムトラベルネタで、
    時間をいじってしまっているので、
    もう色々とやりたい放題です。

    で、
    このシーズンでは、
    主人公の恋人が死ぬのを偶然、
    未来に行って見てしまい、
    それを阻止すべく行動しようというのが、
    メインの話になります。

    結果は、
    見てのお楽しみと言う事で、
    まだまだ、
    物語は続いていますので、
    フォース・シーズンが、
    またTSUTAYA DISCUSの動画配信で見られて、
    尚且つ、ポイントサービスをしてくれているのなら、
    比較的早めにネタすることが出来ますけど、
    そうでなければ、
    また見るまでに、
    時間がかかりそうです。










    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF アクション アメコミ 動画

    スター・ウォーズ 最後のジェダイ 【2017年製作:映画】

    昨年の年末に見てまいりました。

    相変わらず、
    スター・ウォーズしていました。

    やっぱりいいですね、
    スター・ウォーズは。

    いつもの事ながら、
    新作を見られるだけで、
    幸せですよ。

    劇場に見に行く前に、
    しっかりと、
    前作を復習して、
    見に行きました。

    いつものパターンなら、
    最初の状況説明的なテロップで、
    前作からどんな進展があって、
    今に到るという展開ですが、
    今回は、
    前作のラストからの続きで、
    時間的な流れは、
    ストレートに繋がっていましたね。

    こうなると、
    次作では、
    レイア姫の扱いについて、
    様々な事が考えられるのですが、
    大きく分けて、
    二つくらいかな、
    とアチキは、
    思っております。

    一つは、
    冒頭のテロップで、
    殺してしまう。

    それがなければ、
    無理くりCGで死ぬシーンを作る。

    CGで無理くり作るなら、
    死なない可能性もあるけど。

    まぁ、
    何にしてもキャリー・フィッシャーのご冥福をお祈りします。

    エピソード6の素敵なコスチューム姿は、
    この映画がスペオペだというのを実感させてくれました。

    アチキの中では、
    このシリーズ、
    金をかけたB級テイストのスペオペだと思っていますから。

    と言うわけで、
    次は、
    ハン・ソロの映画ですか。

    こちらも、
    また楽しみですよ。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF スペースオペラ 宇宙 戦争 マーク・ハミル キャリー・フィッシャー 動画

    ファイナルワールド 【2007年製作:映画】

    SF映画ですね。

    世紀末映画です。

    石油がなくなって、
    人類が3分の1になって、
    生き延びるのが精一杯という状況らしいです。

    そんな中で、
    ある一カ所で起きた事件というか、
    エピソードというか、
    そういう状況を説明するためのジンルが減っちゃった説明なのか、
    まぁ、
    予算内で、
    映画をトルコにする場合の常套手段ですね。

    廃病院で生活?しているグループの所に、
    外来者が登場。

    それを切っ掛けに、
    そこが襲撃を受けるという流れ。

    何とか生き延びて、
    その場所から逃げ出さなくては、
    というお話しです。

    襲ってくるのが、
    ゾンビなら、
    ゾンビ映画になるし、
    モンスターならモンスター映画になるし、
    まぁ、
    良くある設定とお話しですよ。

    特に、
    これと言ったポイントもなく、
    普通に最後まで見てしまいました。

    やはり一般の方には、
    ちょっとおすすめしにくい内容ですね。

    B級映画好きの方は、
    興味があったらご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    原潜 vs. UFO/海底大作戦 【1959年製作:映画】

    昔のSF映画って、
    味があるよね。

    古くさいと言うだけで、
    味になったりするけど。

    さて、
    当時としては、
    これがB級作品並の製作費なのか、
    メジャー作品並の予算なのか、
    よく分かりません。

    タイトルを効いたことがないと言うだけで、
    B級映画ということには、
    ならないと思うので。

    さて、
    内容ですが、
    もうタイトルまんまの内容ですよ。

    アメリカの原子力潜水艦が、
    UFOと戦うという話。

    UFOを見つけるというか、
    謎の事件が、
    UFOの仕業と分かるまでの展開は、
    いい感じなのですよ。

    やっぱり、
    特撮技術が進んでいないので、
    そういうドラマの部分では、
    しっかりと見せようとする姿勢が良いね。

    どちらにしろ、
    古い作品ですので、
    すごいのを期待するとダメです。

    当時としては、
    これでもすごいと感じだと思うのですけど。

    さすがに今はね。

    一般の人は見ようとも思わないでしょうし、
    見てもやっぱり昔の映画ね、
    と寛大な感想になるだけでしょう。

    B級SF映画ファンの方で、
    興味があればレンタルしてご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ミリタリー 潜水艦 動画

    星を継ぐもの 【小説】

    ジェイムズ・P・ホーガン著作のSf小説です。

    いやー、
    かなりの時間、
    積ん読状態だった本ですね。

    名作と言われ、
    買ってはいたのですが、
    今まで手をつていなかったという。

    まぁ、
    読みたいなぁ、
    と思っている名作SF小説は、
    いっぱいあるのですが、
    未だによん゛ていないのは、
    単にタイミングが合わないんでしょうね。

    さて、
    「星を継ぐもの」ですが、
    である物が発見されます。

    そのある物とは、
    五万年前に死んだ人間だったのです。

    その人間、
    調べてみると、
    人類と瓜二つ。

    五万年前に人類は存在したのか、
    それとも、、、。

    と言った所から物語が始まります。

    あくまでもそれは、
    謎の始まりでしかなく、
    次から次へと、
    色々な謎が登場していきます。

    小説が書かれている当時の科学的に解明されていない謎なんかを取り入れていて、
    それに対する回答みたいな仕立てにしているので、
    リアリティがあって良かったですね。

    まっ、
    あくまでもその回答は、
    で見つかった物を起点にしての回答です。

    実際の謎に対する解釈として、
    こういうこともあり得るのではないかという、
    良くある手法ですが、
    かっちりと論理立てて展開しているので、
    良いのですよ。

    物語は、
    それらを解明していく過程が描かれているといった感じです。

    派手なアクションも、
    宇宙空間を舞台にした戦いも、
    一切ありませんが、
    とてもおもしろいですよ。

    アチキ的には、
    エピローグが一番良かったなぁ。

    これは、
    シリーズ1作目なので、
    続きは、
    すぐに買って読み始めましたよ。

    まだ、
    全然読み終わっていないけど、
    読み終わったら、
    またネタにします。





    関連記事

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF ミステリー

    ジュラシック・プレデター 【2009年製作:映画】

    B級映画ですね。

    現代に伝説のドラゴンが蘇った、
    みたいな感じ。

    まぁ、
    低予算なので、
    ドラゴンのCGよりも、
    出演者の数が如実に表れていますね。

    それは、
    設定でカバーしようとしている感じですが、
    おかげで、
    広がりは小さくなっています。

    田舎の町というか、
    町とも呼べない感じですが、
    村と言えばよいのか、
    住人も少ない所で、
    氷漬けになっていたドラゴンが蘇って、
    腹が減っているのでしょうね、
    人を襲います。

    そこで、
    村の人たちが団結してドラゴンをやっつけるという話。

    ドラゴンと言ってもワイバーンという設定らしいですけど。

    原題は、
    ワイバーンとなっていますからね。

    あまり、
    ファンタジーの設定を知らない人からすれば、
    ドラゴンだ、
    ワイバーンだ、
    というのは、
    分からないからね。

    と言うわけで、
    全体的なスケール感は、
    小さいですが、
    その中で、
    頑張っているので、
    結構楽しめました。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラゴン 動画

    PUSH 光と闇の能力者 【2009年製作:映画】

    いわゆる超能力者が出てくる映画です。

    CGの出来が良くなって、
    見栄えの良い、
    超能力が作れるようになって、
    超能力をネタにした映画が増えましたよね。

    この映画に出てくる超能力は、
    それほど見栄えの良い物ではないですが、
    どちらかというと定番的な地味な感じですが、
    良かったですよ。

    内容にマッチしているというか、
    内容からそういう地味な超能力になったというか、
    そんな感じです。

    さて、
    その内容ですが、
    昔、超能力者を開発する機関があって、
    そこから逃げ出した者もいて、
    今でもその機関はあって、
    最近逃げ出した者が、
    昔逃げ出した男に助けを求めるという展開。

    男は、
    いわゆるPK、
    者を動かす力があって、
    助けを求めてきたのは、
    未来予知が出来る少女。

    その子が、
    お前が助けてくれる未来を予知したと言う事で、
    だから助けろと言われるのですが、
    当然、
    そんなことは知ったこっちゃない、
    と言う主人公。

    結局は、
    手伝うことになるんですけどね。

    結構おもしろかったですよ。

    展開もよかったし。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 超能力 犯罪 動画

    センソリア/死霊の館 【2015年製作:映画】

    ホラー映画ですね。

    これを書き始めて、
    改めて知ったのですが、
    この映画、
    スウェーデン製なんですね。

    だから、
    なに、
    って感じですが、
    いつも珍しい国が製作国だと、
    やっぱり、
    へぇー、
    と思いますね。

    もちろん、良い意味で。

    世界中のおもしろい映画が、
    日本に入って来るというのは、
    実に良いことです。

    並行輸入なら、
    色んな国の映画をみられるでしょうけど、
    そうなると、
    言語の部分が、
    どうしてもハードルが高くなってしまいますからね。

    さて、
    映画の内容ですが、
    旦那と別れて一人暮らしを始めた主人公。

    ひとり静かに始まった生活ですが、
    どうやら、
    その部屋には、
    他にも存在しているモノがいる、
    という定番ホラー

    映画の雰囲気も良かったし、
    アチキは、
    結構楽しめました。

    相変わらず、
    映画での恐怖には鈍感になっているので、
    この映画がこわいのかどうかはちょっと判断つきませんけど。

    内容は、
    良かったですよ。

    もちろん、
    アチキの判断基準での話です。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    もちろんね
    B級映画ファンの方にね。

    一般の方には、
    責任持てません。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    クランプス 魔物の儀式 【2015年製作:映画】

    クリスマスを題材にしたホラー映画です。

    アチキは知りませんでしたが、
    どうやら、
    クリスマスには、
    よい子にはサンタクロースが来てプレゼントをして、
    悪い子にはクランプスが来て連れ去ってしまうと言う伝説があるらしいです。

    ローカルネタかも知れませんけど。

    詳しくは、
    調べていないので、
    興味があったら調べてください。

    で、
    この映画は、
    そのクランプスが出てくる話です。

    クリスマスの夜、
    家族や親戚と共にパーティーをする一家。

    表面的には、
    ハッピーな家族達ですが、
    中身は、
    色々とある感じです。

    そんな時、
    みんなで楽しく過ごしていると、
    町中が停電に。

    家の外は、
    吹雪で、
    白い闇状態。

    そんな家族たちの元に、
    得体の知れない物が襲いかかります。

    いやー、
    結構おもしろかったです。

    B級ホラー映画好きなら楽しめると思いますよ。

    一般の方は、
    ちょっと分かりませんけど。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー