マックス・ペイン 【2008年製作:映画】

    ゲームが原作の映画です。

    ゲームの存在は知っています。

    プレイもしてみたいなぁ、
    という感じでしたので。

    で、
    アチキの場合、
    基本スタンスとして、
    原作のある物は、
    先に原作に触れてから映画という考えを持っています。

    が、
    当然、
    色々な状況でそれが出来ないのがほとんどです。

    中には、
    原作があって知っているけど、
    何となく、
    映画だけで良いかな、
    と言う感覚の物もあったりします。

    と言うわけで、
    映画の話ですが、
    結構、良かったですよ。

    アクション映画で、
    アクションシーンも楽しめましたし、
    物語の内容も、
    まぁ、
    可もなく、
    不可もなく、
    といった感じでしたけど。

    この映画を見て、
    ゲームはやらなくても良いかな、
    という感想にはなりませんでしたね。

    逆に、
    すぐにでもゲームをプレイしてみたいとも思いませんでしたけど。

    と言うわけで、
    興味があれば、
    レンタルして見てくださいな。

    アクション映画が好きな一般の方でも楽しめると思いますよ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 動画 オルガ・キュリレンコ

    JKめし! 【アニメ】

    ショートアニメですね。

    1話5分ほどです。

    なので、
    さくっと見られます。

    バンダイチャンネルで見られたので、
    さくっと見ました。

    タイトルの通り、
    JKが、
    B級飯を作って食べるという内容です。

    スナックなどのお菓子を利用したりして作る食べ物です。

    まぁ、
    いくつかは、
    見たり、
    聞いたりしたことがある物がありましたが、
    基本的に、
    自分で作ってみようと思ったのは、
    ひとつもありませんでした。

    やっぱり、
    JKと言うか、
    若い人が、
    半分おもしろがってやってみて、
    おいしぃー
    って感じたりするのを楽しむ物なのかな、と。

    アチキの若い頃も、
    似たような感じのことはしたりしましたけどね。

    まぁ、
    アチキの会社の人でも、
    JKめし的な感じで、
    色々と試して食べるのが好きな人もいますけど。

    そうなると、
    歳の問題ではなく、
    単なる嗜好って事になるのかな。

    まぁ、
    そんな感じで、
    このアニメを特に進める理由もないですが、
    どんな食い門をやっているのだろうと、
    興味があったらご覧くださいな。





    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 高校生 グルメ

    天使と悪魔 【2009年製作:映画】

    ダン・ブラウンの小説が原作の映画です。

    映画では、
    「ダ・ヴィンチ・コード」の続編となっていますが、
    小説では、
    「天使と悪魔」の方が、
    第一作となっています。

    主人公は、
    ロバート・ラングドン教授なので、
    ロバート・ラングドン教授シリーズと言う事になりますな。

    「ダ・ヴィンチ・コード」は、
    原作の小説も読んだのですが、
    こちらの映画の原作は、
    まだ読んでいません。

    まだ、
    と言う事は、
    いずれ機会があれば読もうかな、と。

    物語の内容は、
    ヴァチカンから秘密結社・イルミナティについてのとある依頼になります。

    ヴァチカンのとある書物に関して、
    教授が閲覧依頼をしていたことから、
    事件に絡むことになります。

    映画としての味付けなのでしょうけど、
    謎を解いている知的な部分よりも、
    走り回っている、
    ある意味、
    サスペンス的なアクションとでも言いましょうか、
    画で見ておもしろいと思える演出になっている映画です。

    原作を読んでいないので、
    何とも言えませんが、
    謎解きの一つや二つくらい、
    端折っているかも知れませんな。

    「ダ・ヴィンチ・コード」では、
    端折っていましたからね。

    それでもエンタテインメントなミステリーとして、
    十分楽しめます。

    シリーズ物ですが、
    「ダ・ヴィンチ・コード」を見ていなくても楽しめます。

    既に映画は、
    シリーズ3作品目が世に出ています。

    まだ見ていないけど。

    そちらも機会があれば、
    見るつもりでいます。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミステリー サスペンス 犯罪 動画 トム・ハンクス ユアン・マクレガー

    ラン・スルー・ザ・ナイト 【2016年製作:映画】

    ロシア映画ですね。

    まぁ、
    見た時は、
    ロシア映画だとか、
    思いながら見たわけではないですけど。

    これが、
    思ったよりも良かったですよ。

    恋人の彼氏が殺されて、
    自らも命を狙われて逃げる彼女が主人公。

    なぜ彼氏が殺されたのか、
    調べるうちに、
    彼氏の裏の仕事が見えてきて、
    といった感じで、
    ちょっとミステリーな部分もあって、
    良かったですよ。

    主演の女優さんも綺麗ですしね。

    アクションミステリーの部分のバランスが良かったから、
    最後まで楽しく見られました。

    これなら、
    一般の人も見られるかもしれないな、と。

    そんな印象の映画ですよ。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 ミステリー サスペンス ちょいエロ 動画

    ガール・オン・ザ・トレイン 【2016年製作:映画】

    原作は小説のようです。

    それもミステリー小説です。

    これを書くにあたって、
    解説を読んで知ったというレベルなので、
    当然、
    読んだことはありません。

    まぁ、
    映画の内容もよく分からずに見ていて、
    前半というか、
    前半をかなりすぎたところまで、
    ミステリーとは感じにくい物でしたね。

    導入は、
    実に良かった。

    毎朝通う電車の車窓から見える、
    とある家の風景。

    そこで起きた事象。

    それが意味する物は、
    と言う感じで始まります。

    そこから、
    延々と登場人物達の説明というか、
    キャラ作り的な内容の展開になって、
    後半に入り、
    ミステリーとしての物語が確定するといった感じでした。

    もちろん、
    はじめからミステリーだと思って見ていれば、
    そういう感じは受けないのでしょうけど。

    まぁ、
    前半がある意味、
    退屈といっていいほどのながれなので、
    エンタテインメントとしてのミステリーという部分だけで見ると、
    ちょっといただけないですな。

    小説なら登場人物の心情なども事細かに描かれていて、
    おもしろいのかも知れません。

    もしかしたら、
    その辺りを出来るだけ忠実に表現したくて、
    このような、
    一見、退屈とも思えるような展開と演出になったのかも。

    そんなわけで、
    前半さえ乗り切れば、
    楽しめると思いますので、
    興味があればレンタルしてご覧ください。

    一般の方も楽しめると思いますよ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミステリー サスペンス ちょいエロ 犯罪 不倫 動画

    F1 2018 Round.8 フランスGP

    フランスGPですね。

    10年ぶりと言う事です。

    ポール・リカールでは、
    28年ぶりですよ。

    もう、
    どんなサーキットだったかなんて、
    覚えていないです。

    と言うわけで、
    久々でしたが、
    チームとしては、
    ルノーワークスがあり、
    フランス人ドライバーが三人。

    お隣のモナコのドライバーが一人と、
    盛り上がりと、
    動員はすごいことになっていたと思います。

    でも、
    まぁ、
    裏でサッカーのワールドカップがありましたからね。

    さて、
    トロロッソ・ホンダにもフランス人ドライバーがいるのですが、
    同じくフランス人ドライバーのオコンとスタートしてすぐにクラッシュ。

    1周も走れませんでした。

    残念です。

    ガスリーには、
    期待していたんですけどね。

    さて、
    マクラーレン・ルノーですが、
    前戦から、
    目に見えて悪くなっていますね。

    順位は相対的な物なのですが、
    まさかの予選Q1落ちですよ。

    ちょっとビックリですね。

    決勝でもトラブルに泣き込まれたとは言え、
    最下位ですよ。

    ウィリアムズのストロールが、
    完走扱いにはなっているけど、
    リタイアですからね。

    ファイナルラップなんか、
    サスペンショントラブルで、
    チェッカーを受けることなく、
    ピットに戻りましたからね。

    もう、
    なんかめためたですね。

    この状況を見ると、
    ホント、
    ホンダはマクラーレンと別れて正解でしたね。

    やっぱり。
    過去、
    ホンダと組んでいる時に、
    ホンダのせいばかりにせずに、
    シャシー開発をキチンとしてこなかったツケが、
    ここに来て響いている感じですよ。

    ホンダは、
    来期からレッドブルと組みますが、
    この件のコメントで、
    アチキが一番器になったのが、
    ホンダのコメントとして、
    レッドブルとは、
    勝つための話しか出てこなかったと言う事。

    マクラーレンとは、
    一体、どんな話が多かったんでしょうかね。

    本当に残念なチームになってしまいました。

    こうなると、
    アロンソが契約延長するとは到底思えないですね。

    さて、
    このフランスGPから三週連続で開催されるので、
    どのチームも大変な事になりそうです。

    見るこちらも大変だけどね。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    バイオハザード:ザ・ファイナル 【2016年製作:映画】

    遂に「バイオハザード」シリーズ完結ですね。

    こんなに続くとは、
    思っていませんでした。

    まぁ、
    仕切り直しで、
    新しい「バイオハザード」が作られてもおかしくはないと思いますけどね。

    さて、
    最後の物語は、
    始まりの地、
    ラクーンシティが舞台になります。

    まぁ、
    そうだろうなぁ、
    という感じでしたけど。

    人類滅亡のカウントダウンが始まり、
    それを阻止するという流れです。

    映画としての物語は終わってしまいましたが、
    ゲームってどうなっているんでしょうね。

    アチキは、
    まだ3作目までしかプレイしていないからなぁ。

    まぁ、
    ゲームはゲームで、
    売れている限り、
    作り続けられるでしょうね。

    そんなわけで、
    当然シリーズ物ですから、
    この作品だけを見ても分からないところが一杯あると思うので、
    まだ見たことがない人は、
    是非、
    1作目からご覧になってくださいな。

    今なら、
    ラストまで、
    時間をおかずに一気見できますから。

    あちきも長いシリーズだと、
    前作の内容とか忘れていて、
    はじめから見直すこと良くありますからね。

    バイオハザードも見直しましたよ。

    一応、シリーズ全部DVD持っているので、
    改めてレンタルする必要はないから、
    気軽に見直せます。

    面倒なのは、
    当然ですが、
    DVDを持っていないシリーズの時ですね。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ホラー アクション ゾンビ 動画 ミラ・ジョヴォヴィッチ

    ハンティング・パーク 【2016年製作:映画】

    いわゆるB級映画ってやつですな。

    ジャンルとしては、
    アクションスリラーとなっています。

    冒頭、
    色々とあって、
    とある荒れ果てた山の中に舞台は移って、
    どうやら、
    そこは私有地のもよう。

    冒頭色々とあった女性が、
    その私有地に入って、
    そこで大変な目に遭うという展開。

    まぁ、
    良くある話と展開ではありますが、
    そんなに酷い感じの作品でもないです。

    で、
    とあるレビューコメントを読んだのですが、
    登場人物の服装が古くさくて、
    昔の映画かと思っていたという事が書いてありました。

    これは、
    アチキの見解ですが、
    服装や小物、背景などで、
    時代を感じさせたりする演出だと思うのですが、
    どうもコメントの書き方というか意味を見ると、
    最近の映画とは思えない出来という批判的な意味合いで使っている感じでした。

    評価も低かったですし。

    そのコメントを批判するつもりは全くなく、
    見る人に伝えきれなかった部分を色々と考える必要があるなぁ、と。

    冒頭であからさまに年代を入れるとか、
    会話の中に時代を感じさせる内容や単語をいれるとか、
    現代ではないという所を理解してもらえないと、
    困る場合は、
    そういう演出が必要便なぁ、と。

    まぁ、
    そこまで重要じゃないからと言うのであれば、
    それはそれで語彙かを受けても良しというスタンスでよいと思いますけど。

    かなり以前に、
    小説を読んだ感想の話をアチキから見れば若い人に聞いたことがあるのですが、
    まぁ、
    あまり本を読まない人でもあったのですが、
    文章になっていない部分を察するという、
    よく行間を読むという表現で表してい事ですが、
    そういうことを、
    一切感じない、考えない、
    読んだまましか受け取れないと言う事を知って、
    行間も書いたり、説明したり、表現しないと駄目な人が多いのだなぁ、
    と。

    脱線ついでに書きますと、
    ドラクエの最新作を今プレイしているのですが、
    ここまで親切にする必要があるんだと、
    思ってプレイしています。

    これは、
    やはり小さいお子さんや、
    ロールプレイングゲームをプレイしたことがない人にも、
    理解して楽しんでもらうには、
    ここまでやる必要があるんだろうなぁ、
    と思っていたので、
    今回のレビューコメントを読んだ時に、
    同じ感じを受けたので、
    ちょっとこのことについて、
    書いておこうかな、
    と思った次第ですね。

    長々と映画とは関係ない事ばかり書いてしまいましたが、
    興味があったらレンタルして映画をご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション スリラー 動画

    今日のあすかショー 【アニメ】

    ショートアニメですね。

    1話3分のアニメです。

    なので、
    全20話ですが、
    あっという間に見終わってしまいます。

    コミックが原作のようですが、
    表紙とかは見たことがある程度で、
    中身は読んだことがありません。

    それこそ、
    表紙を見たのだって、
    もしかしたら、
    アニメ化になって、
    平積みされていたら見たという感じかも知れません。

    内容は、
    コメディです。

    主人公のあすかが、
    天然キャラで、
    その行動で、
    笑いを取ると行った内容です。

    そんなわけで、
    気軽には見られます。

    笑えるかどうかは、
    見た人の壺に入るかどうかですね。

    アチキは、
    ツボには入りませんでしたが、
    お気楽な内容なので、
    最後まで見られましたよ。

    まぁ、
    コミックを買ってまで読むという感じではなかったですけど。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 中学生

    ダークレイン 【2015年製作:映画】

    これは、
    中々興味深くて、
    おもしろかったですよ。

    雨の降る夜の話です。

    とあるバスステーションに、
    色んな人が集まってきます。

    全部で八人。

    そして、
    バスステーションで足止め食ってしまったその人達に、
    奇妙なことが起きます。

    これ、
    メキシコ映画なのですが、
    トラテロルコという場所が、
    何か意味深で、
    何かあるのだろうと思わせるのですが、
    劇中では、
    それについて結論めいたことや、
    何かしら関連したことを見せる事はありません。

    メキシコで起きた、
    歴史的な事件との関連をにおわせるというか、
    その場所、
    その出来事を直接見せないことで、
    非常に興味をそそられる物になっています。

    この映画を見て、
    その部分に興味がわいたら、
    調べてみるのも良いかもしれませんね。

    ある意味、
    まんまと監督の思惑にはまってしまう感じですが、
    それはそれで良いような気がします。

    まぁ、
    そんなに深いところまで見なくても、
    表面に流れる映像としてのおもしろさは、
    しっかりあると思いますので、
    興味があったら、
    一般の方もご覧になって見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ ホラー 動画

    ジェーン 【2016年製作:映画】

    ナタリー・ポートマン主演の映画です。

    いわゆる西部劇というやつですな。

    なので「シェーン」ではないですよ。

    「ジェーン」ですよ。

    間違えないでくださいね。

    たまに見ると、
    西部劇も良いよね。

    さて、
    内容ですが、
    町? 村?から離れたところに住んでいる夫婦がいるのですが、
    その旦那が、
    その辺一帯を牛耳っている悪い奴らに撃たれてしまいます。

    で、
    女一人で悪者達と戦うのは、
    無謀なので、
    たまたま訪れた昔の男に助けを求めて、
    悪者と戦うという流れの映画です。

    クライマックスは、
    銃撃戦という感じで、
    西部劇らしい感じですが、
    そこに行くまでの過程というか、
    元彼との関係とか、
    そういう人間ドラマの部分が、
    思っていたよりもしっかりしていて、
    楽しめましたね。

    勧善懲悪の痛快西部劇ではないので、
    その辺を期待すると、
    ちょっと違うって感じになるでしょう。

    そんなわけで、
    これなら、
    一般の方も楽しめるのではないかと、
    思うのですが、
    どうですかね。

    まぁ、
    西部劇というジャンルにおもしろさを見いだせない方もいると思うので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 時代劇 西部劇 動画 ナタリー・ポートマン

    マザー! 【2017年製作:映画】

    なんか、
    日本で公開直前に公開中止になったとか。

    よく知らないんですけど。

    何が問題なのかもよく知らないんですけど。

    そんな話題とは関係なく、
    見ましたよ。

    公開中止のことは、
    見た後に知ったという感じ。

    物語的には、
    とある夫婦の所に、
    見知らぬ男がやってきて、
    一晩泊めることに。

    そして、
    その男のかみさんが来て、
    次に息子が来るといった流れ。

    で、
    夫婦の棲む家には、
    何かしらありそうと言う感じで、
    奥さんが、
    色々と行動します。

    そして、
    クライマックスへ向かうところで、
    現実と非現実が混同する形で物語が進み、
    最後は、、、。

    後半になって宗教的なイメージになったところで、
    あー、なるほど、
    と思ったわけですが、
    これは、
    生活の中に宗教がない日本人が見ても、
    何だろな、
    という感じになるでしょうね。

    オカルトと宗教は、
    紙一重の所もあったりするから、
    ここまで宗教チックにする必要があったのか無かったのか。

    まぁ、
    何が問題で公開中止になったのか、
    アチキには、
    よく分かりませんでしたが、
    宗教的な部分なのか、
    バイオレンス的な部分なのか、
    とりあえず、
    こうして見ることが出来るので、
    アチキ的には、
    問題ありません。

    それとも、
    問題のシーンをカットしていたりするのかな。

    興味があったらご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : オカルト サスペンス 動画 ミシェル・ファイファー

    96時間/レクイエム 【2014年製作:映画】

    「96時間」シリーズの三作目ですね。

    これでシリーズは、
    終わりなのかな。

    よく分からないけど。

    また作られるかもしれないし。

    でも、
    主要な人物死んでしまったしな。

    今回は、
    元かみさんが殺されてしまい、
    主人公が第一容疑者になってしまいます。

    こいつが黒幕だろうと思っていたら、
    アレ、
    違うの、
    と言う展開になったりして、
    中々良かったですよ。

    主人公を追いかける刑事を、
    フォレスト・ウィテカーが演じているのですが、
    これがまた良いんですよ。

    今回は、
    頭の切れる、
    良い意味で切れるですよ、
    刑事役なんですけどね。

    もしシリーズが続くようなら、
    再度登場して欲しい感じですな。

    そんなわけで、
    まだ見たことがない人は、
    一作目から見て、
    おもしろいと思ったら、
    きっと最後まで一気に見てしまうことでしょう。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 バイオレンス 動画 リーアム・ニーソン フォレスト・ウィテカー ファムケ・ヤンセン

    96時間/リベンジ 【2012年製作:映画】

    「96時間」の続編ですね。

    実は、
    最近まで、
    続編の存在を知らなかったんですよね。

    会社の人と話していて、
    そういう話になって、
    調べたら、
    あら、
    続編がある。

    それも、
    2作品も。

    と言う事で、
    すぐに見ましたよ。

    物語的には、
    まんま続編なんですね。

    アチキは、
    てっきり、
    違う展開というか、
    まぁ、
    こういう感じになるとは、
    想像していませんでした。

    前作で殺されたオヤジがでてきます。

    よくもうちの息子を殺してくれたな、
    と言う事で、
    復習しに来るわけですな。

    で、
    それを対峙するのですが、
    はじめはピンチ。

    そして、
    最後はやっつける。

    いいですね。

    エンタテインメントしていますよ。

    と言う事で、
    前作がおもしろいと思った方は、
    間違いなく楽しめると思いますので、
    前作を見てから、
    見てくださいね。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 バイオレンス 動画 リーアム・ニーソン ファムケ・ヤンセン

    惰性67パーセント 4巻 【マンガ】

    遂に、
    今発売されているコミックの最後になってしまいました。

    今回は、
    遂に新キャラ登場ですね。

    シリーズ物のカンフル剤ですよ。

    過去にも新キャラ登場しているのですが、
    単発でそれっきりだったりして、
    再登場が今のところなかったりするのですが、
    今回の新キャラは、
    ほぼ毎回登場です。

    それも、
    ある意味、
    常識人。

    主人公の後輩に当たるのですが、
    常識人とは、
    表面だけで、
    頭の中の思考回路は、
    ちょっとずれているというか、
    素直じゃなかったりするんですよね。

    やはり、
    普通のキャラではないな、と。

    マンガは、
    突飛なくらいがちょうど良いのですが、
    突飛すぎてその世界観にそぐわない場合もあったりするので、
    今回の新キャラは、
    流石って感じですね。

    そして、
    エピソード的には、
    時間が流れて、
    成長しているのが垣間見える話もあったり。

    何しろ、
    1巻の冒頭で、
    チンポが画けないというエピソードで始まったのに、
    今回では、
    エロマンガ家のヘルプアシスタントをすることになって、
    しっかりとチンポを画いて見せます。

    いやー、
    素晴らしいですな。

    と言うわけで、
    次が出るのをすごく楽しみにしているアチキです。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 学園 大学生 ちょいエロ 日常

    サロゲート 【2009年製作:映画】

    ブルース・ウィリス主演の映画です。

    SFアクション映画です。

    この映画CSで放送されていて、
    はじめて知りました。

    ブルース・ウィリスがふさふさの髪で登場して、
    思わず笑ってしまいましたね。

    アチキが、
    はじめてブルース・ウィリスを見たのは、
    TVドラマ「こちらブルームーン探偵社」で、
    その頃は、
    比較的髪の毛ありましたけど、
    ここまでふさふさではなかったな。

    ついでに、
    金髪で、
    それが、
    余計おもしろかったというわけです。

    で、
    そんな感じの役なのかと思っていたら、
    実は、
    禿のブルース・ウィリスが操っているロボットだったというオチ。

    CSの時は、
    まともに見られなかったので、
    改めて、
    レンタルして見たわけですな。

    結構おもしろかったですよ。

    やはり、
    ブルース・ウィリスは、
    禿がよく似合う。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 犯罪 ロボット 動画 ブルース・ウィリス

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー