F1 2018 Round.16 ロシアGP

    いやー、
    色々と物議を醸し出しそうな決勝レースでしたね。

    アチキは、
    どちらかというと、
    チームオーダーは、
    当然という思いなので、
    ボッタスの件は、
    仕方ないだろうという感じでしたね。

    同じように、
    フォースインディアのペレスへの対応が、
    実に良かった。

    結局、
    ペレスは口だけ番長みたいになってしまったからね。

    一番悔しい思いをしているのは、
    ペレスだろうけど。

    自分の方が早いアピールをして、
    順位を入れ替えてもらったのに、
    アタックすら出来なかったのは痛いね。

    もしかして、
    国際映像に映っていなかっただけで、
    アタックしていたのかも知れないけど。

    さて、
    今回のロシアGPは、
    リタイアしたのが、
    トロロッソ・ホンダの二台だけと、
    凄い完走率でしたね。

    トロロッソ・ホンダなんか、
    二台とも同じタイミングでピットには行ってそのままリタイヤ。

    どうもブレーキトラブルのようですが、
    次の日本GPまでに解決できるトラブルなのか、
    ちょっと心配です。

    さて、
    優勝は、
    ボッタスに譲ってもらったルイス・ハミルトンですが、
    譲られなくても、
    ルイスなら抜きにかかっていたと思うし、
    抜いていたと思うよ。

    その位の力の差はマシンにも腕にもあると思ったけどね。

    まぁ、
    その場合、
    二台揃ってクラッシュリタイアというリスクもあるけど、
    相手がボッタスならほとんど可能性としては、
    少ないと思うけど。

    まぁ、
    早めにチャンピオン決めてもらって、
    出来るだけ早く好きなようにレースを出来るようにすることが、
    ボッタスにとっては一番かも知れないけどね。

    さて、
    次は、
    いよいよ日本GPです。

    今週は、
    週末にかけて、
    楽しみが一杯ですな。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    フライト・クルー 【2016年製作:映画】

    ロシア映画です。

    旅客機のパニック映画になります。

    これが、
    思っていたよりも良かったです。

    ちょっとネタバレになるかも知れないので、
    気にする方は、
    ここから先は読まないように。

    主人公は旅客機のパイロット。

    当然、仕事でとある島に行くのですが、
    そこの島の火山が噴火して、
    滑走路が何とかなる家に、
    脱出しなければ、
    と言う展開。

    他にも旅客機があったりして、
    そちらも単なる他の飛行機という感じではなかったり。

    島に取り残された人々を助け出したり。

    ついでに、
    そんな状況で飛行機飛べないだろう、
    と言うような感じの状況で飛んでいったり。

    島から出て終わりではなく、
    その後もあったりして、
    中々良かったですよ。

    これが、
    島から脱出して終わりだったら、
    ここまで良かったとは思わないでしょうけど。

    そんなわけで、
    結構楽しめたので、
    これなら一般の方も楽しめるのではないかと。

    まぁ、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 飛行機 パニック 動画

    クリミナル2人の記憶を持つ男 【2016年製作:映画】

    なんか、
    タイトルだけ見ると、
    B級映画のノリを感じるのですが、
    出演者を見る限り、
    B級映画とは思えませんな。

    実際、
    物語も思っていたよりも良かったですよ。

    内容は、
    タイトルからも分かるとおり、
    ある意味、
    良くある設定ですが、
    とある人物にとある人物の記憶を移植させてというネタ。

    今回は、
    極悪非道の囚人に、
    知的な頭脳を持つ男の記憶を移植。

    記憶問いコルで知識も挿入されて、
    頭の良い犯罪者ができあがります。

    まぁ、
    何故そんな事態になったのかというと、
    そこがこの映画のある意味味噌で、
    その部分で、
    単なる記憶移植映画ではなく、
    緊迫したサスペンス的な展開が映画をおもしろくさせてくれています。

    まぁ、
    主人公を追いかける相手がちょっとアホに見えたりしますが、
    それは、
    裏を返せば、
    主人公が頭脳明晰で相手の裏をかいているからと、
    言えなくもないわけです。

    そんなわけで、
    思っていたよりもおもしろかったので、
    これなら一般の方でも楽しめるのではないかと。

    と言うわけで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス スパイ アクション 動画 ケビン・コスナー ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ ガル・ガドット

    ONE PIECE(ワンピース) 90巻 【マンガ】

    90巻ですね。

    もう100巻も目前ですね。

    ネットニュースで見たのか、
    ソース元を忘れてしまいましたが、
    作者が物語的には、
    もう八割くらい来ているとかいっていたようです。

    と言うことは、
    もうクライマックスに向けての話になっていくと言うことですね。

    だから、
    あと何巻出るのか、
    分かりませんが、
    一応、
    無理くり物語を伸ばすつもりは、
    今のところないんでしょうね。

    と言うことで、
    ビッグマムとの話も、
    この巻で、
    とりあえず終了。

    で、
    世界会議が開催される話になっており、
    懐かしい顔ぶれが登場。

    ある意味、
    ラストへ向けての物語的な整理ということでもあるのかな、と。

    まぁ、
    どちらにしろ、
    バトルは無し。

    次の戦いは、
    まださわりも見えていない感じです。

    次の舞台は、
    ちろっと出て来ましたけどね。

    まだルフィは、
    到着していません。

    到着寸前という感じかな。

    まぁ、
    ここまで来たら最後まで付き合いますよ。

    文字が多くて、
    読むのが大変ですけど。





    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 尾田栄一郎 海賊 アクション 冒険

    ゴッド・オブ・ウォー 導かれし勇者たち 【2010年製作:映画】

    これは、
    タイトルから想像するに、
    ファンタジーものなのかな、
    と思ったのですが、
    全然違いましたね。

    中世の物語で、
    ファンタジーにつきものの、
    魔法とか、
    ドラゴンとか、
    魔物とか、
    出てきません。

    物語は、
    ペストが流行っている時代で、
    そのペストを何とかしようというお話し。

    で、
    ペストに冒されていないムラがあるから、
    何か秘密でもあるんじゃないの、
    と言う事で、
    その村に行くことになります。

    で、
    そこの村には、、、、、。

    と言うお話しで、
    村には、
    大魔法使いがいて何でも直してしまうとか、
    結界が貼られていて、
    ペストを寄せ付けないとか、
    そんなこんなの話は一切ありません。

    まぁ、
    ある意味、
    タイトルに騙されて、
    憤慨する人も多いのではないかな。

    アチキは、
    まぁ、
    普通に楽しめましたけど。

    そんなわけで、
    興味があれば、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 時代劇 動画

    13日の金曜日 PART 9 ジェイソンの命日 【1993年製作:映画】

    シリーズ9作目ですが、
    前作から、
    少しばかり制作期間があきました。

    やっぱり、
    前作でもう良いだろうって感じになったのでしょうね。

    けど、
    制作費の割には、
    儲かるので、
    また作ってしまいましたという感じなんでしょうね。

    実際、
    前作もそうですが、
    今作も、
    今回が初めて見ましたよ。

    次の10作目は、
    既に見ていて、
    ネタにもしていると思うので、
    今回が、
    一連のシリーズの最後の紹介と言う事ですな。

    そう言えば、
    フレディと対決してから、
    続きが無いですけど、
    また作られるのかな。

    あれ、
    なんか新しいのがあったような気がするな。

    まぁ、
    良いでしょう。

    出来たら、
    また見て紹介するだけですから。

    さて、
    今回は、
    前作から全く切り離された作品です。

    ニューヨークで死で仕舞ったジェイソンは、
    どうやってそこから復活したのか全く描かれていません。

    突然、
    軍隊のような房宇集団に包囲されて殺されるところから始まります。

    殺された後、
    オカルトチックに復活して、
    何だかなぁ、
    という感じで、
    最後を迎えます。

    うーん、
    これは、
    アチキ的には、
    ジェイソンじゃないよな。

    まだ宇宙に行った次回作の方がジェイソンらしいよ。

    と言う事で、
    何となくイマイチな感じですが、
    まぁ、
    シリーズを全部見ると、
    それはそれで楽しめるので、
    あまり人の意見に左右されずに、
    シリーズを全部見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    13日の金曜日 PART 8 ジェイソンN.Yへ 【1989年製作:映画】

    この映画は、
    全く見ていないことが、
    見る前からハッキリと覚えていました。

    何しろ、
    劇場公開された時に、
    遂にジェイソンもニューヨークに行ってしまうのか、
    と思って、
    全く見る気になれなかったのを良く覚えていたからですね。

    その後もテレビで見ることもなく、
    今回、
    ある意味、
    やっとこ見ることになったわけです。

    アチキのイメージでは、
    ニューヨークでジェイソンが大暴れするのかと思っていたんですけど、
    前半というか、
    終わりの方になるまで、
    ニューヨークへ向かう船の中の殺人になっていて、
    タイトルも「ニューヨークへ」と言う事で、
    あぁ、
    これは、
    ニューヨークへ行くまでの話なのか、
    と言う事で、
    納得してしまったのですが、
    尺的にはそれほどでもないですが、
    ニューヨークでもジェイソンは活躍します。

    で、
    これは、
    ネタバレになってしまいますが、
    気になる人は読まないでね、
    ジェイソンは、
    ニューヨークで死んでしまうんですね。

    と言う事は、
    この後、
    ジェイソンは、
    ニューヨークで復活と言う事になるんですかね。

    もう次の作品のその部分が楽しみで仕方がない感じですよ。

    次の作品も今のところ見た覚えがないのでね。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    13日の金曜日 PART 7 新しい恐怖 【1988年製作:映画】

    シリーズ第7弾。

    新しい恐怖と言う事ですが、
    まぁ、
    今見ているからなのか、
    当時でもそうだったのかは、
    分かりませんが、
    新しい部分はないですな。

    実際、
    この7作目は、
    前作の終わり方からも絶対に出ると思っていましたから、
    そう言う意味でも、
    またか、
    と言う事もなく、
    やっぱりという感じでしたね。

    さて、
    この映画は、
    微妙に記憶に残っているんですよね。

    テレビで放送されたのをザッピングでもしたのかなぁ。

    主人公の女性、
    ティナが超能力者と言うところとか、
    他のシーンとか、
    色々と覚えているのですが、
    ラストだけは、
    思い出せませんでしたね。

    最後までキチンと見なかったからなのかなぁ。

    「エルム街の悪夢」シリーズもそうですけど、
    驚異的なモンスター級の殺人鬼には、
    やはり人間もスーパーでなければならないと言う事で、
    超能力者が出てくるんだなぁ、
    と思ったものです。

    そんなわけで、
    さて五のシーンを見て、
    さすがにネタ切れか、
    と思ってしまったのも事実ですな。

    さて、
    次はどんな感じで復活させるのでしょうかね。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    13日の金曜日 PART 6 ジェイソンは生きていた! 【1986年製作:映画】

    シリーズ6作目です。

    遂に、
    タイトルにもジェイソンは生きていた、
    と堂々と、
    珍獣やUMAのような感じで扱われています。

    で、
    このタイトルに魅せられたのか、
    どうかはよく分かりませんが、
    この作品も劇場で見てしまったりしているのですよ。

    いやー、
    これが、
    また中々良かったのですよ。

    今回は、
    冒頭で、
    ジェイソンが復活するエピソードから始まります。

    それも、
    前作で主人公になった過去ジェイソンに止めを刺した少年トミーが登場して、
    ジェイソンを復活させてしまいます。

    前作とは役者が変わっているのですが、
    まぁ、
    それはあまり気にならないかな。

    前作は、
    もしかしてトミーがジェイソンなのでは、
    と言う見せ方をしたくて、
    肉体的にマッチョな感じの役者が選ばれていましたが、
    今回は、
    普通の青年です。

    結局、
    ジェイソンが復活したことを信じてもらえず、
    右往左往するんですよね。

    何しろ自らの手で生き返らせてしまったわけですから。

    さて、
    この作品の時には、
    B級ホラー映画の一方のゆうである「エルム街の悪夢」が存在し、
    そのネタがこの映画で披露されているのですが、
    アチキは、
    そのシーンでちょっと吹き出してしまい、
    同じように吹き出している観客がいるのを知って、
    やっぱり、
    この映画を見に来るような人は、
    そういう映画が好きなんだなぁ、
    と改めて感じたのでした。

    さて、
    次は七作目ですか。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    新・13日の金曜日 PART 5 【1985年製作:映画】

    さて、
    シリーズ5作目ですね。

    完結編の後で、
    「新」を付けての復活です。

    ちなみに、
    アチキのブログは、
    カテゴリの区分をあいうえお順にしているので、
    この五作目だけが、
    他のシリーズ作品と並ばずに、
    他のカテゴリに入ってしまいます。

    まぁ、
    別に厳格なルールではないので、
    少しくらい破っても良いのですが、
    過去にも同じような感じで、
    シリーズ作品がカテゴリを別れての分類になっているので、
    読む人にとっては、
    どうでも良いことなのかな、
    と。

    さて、
    復活のジェイソンですが、
    今回は、
    ハッキリと復活したとは言えないです。

    そういう意味では、
    シリーズの中でも異色って感じですかね。

    で、
    前作のラストからも予想がついたように、
    前回の被害者である少年が、
    青年になって登場。

    ジェイソンのせいで、
    ちょっと頭がおかしくなった感じで、
    ジェイソンはいきていると、
    幻覚に悩まされます。

    そして、
    ジェイソンが犯したような殺人事件が発生。

    本当にジェイソンは生き返ったのか、
    と言った感じで展開します。

    中々面白いですよ。

    まぁ、
    ある意味、
    これがいい感じだった為に、
    この後もシリーズが続くことになったんでしょうね。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    13日の金曜日 PART 4 完結編 【1984年製作:映画】

    遂にシリーズ完結。

    と言う触れ込みでしたが、
    皆さんご存じの通り、
    シリーズは、
    未だに続いています。

    ホラー界の寅さんになってきましたね。

    前作では、
    アイスホッケーマスクという定番が登場してきました。

    今回は、
    アイスホッケーマスクと同等か、
    それ以上のポイントが誕生しています。

    まず、
    ジェイソンが不死身になりました。

    いくら殺しても死にません。

    実は生きています。

    等と言ったことが、
    お約束にまで消化していく第一歩です。

    そして、
    簡潔と言いながら続いていく、
    まさにシリーズ自体が不死身の作品。

    低予算でも文句言わないので、
    ある意味、
    コストパフォーマンスが高くて、
    商売になるのでしょうね。

    内容は、
    もうB級映画の定番として、
    王道路線を走っています。

    まぁ、
    前にも書いたかもしれませんが、
    この映画が王道なのかもしれませんけど。

    はじめジェイソンが復活するところで人が殺されますが、
    それ以降は、
    中々人は死にません。

    もう半分を過ぎた頃になってようやく死んでいきます。

    無駄にシャワーシーンや、
    女性の裸が拝めるシーンがあります。

    今までの中では、
    一番ではないでしょうか。

    そんな部分もお約束って感じです。

    さてさて、
    シリーズはまだまだ続きますよ。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ 動画

    13日の金曜日 PART 3 【1982年製作:映画】

    シリーズ三作目ですね。

    実は、
    この三作目は、
    映画館に見に行ったのですよ。

    なんと、
    当時、
    この映画は3Dだったんですね。

    めがねかけて飛び出てくる3Dです。

    今程のものではないですが、
    当時は、
    それなりに話題になるくらいのものでした。

    実際、
    同じタイミングで、
    ジョーズの3D映画も登場して、
    そちらも見に行きましたよ。

    どちらもそうですが、
    飛び出ている感を出すために、
    不自然なアングルとか、
    そう見えるシーンを所々入れていて、
    そういうことをしないと、
    3Dぽさが見え難かったんですよね。

    ある意味、
    そのギミックのおかげで、
    内容も演出もメイクも今市になってしまいましたが。

    お金を使うところを間違えたと言う事ですか。

    あと、
    3Dをホラー的演出にうまく活用できなかったという所でしょぅか。

    まぁ、
    実験的な映画と言えなくもないですけど。

    そんな感じの内容ですが、
    この映画には、
    一つの重要なポイントがあります。

    それは、
    この作品で初めてアイスホッケーマスクが登場すると言うことです。

    今見ると、
    アイスホッケーマスクをかぶって登場してきただけで、
    待ってましたという感じで、
    それだけでも楽しめてしまいましたね。

    さて次は、
    完結編の四作目ですね。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    13日の金曜日 PART 2 【1981年製作:映画】

    「13日の金曜日」の続編ですね。

    今となっては、
    当然のような感じですが、
    当時としては、
    やっぱり、
    続編が作られたのか、
    と驚きましたね。

    中身見ていないから余計ですけど。

    それこそ、
    今では考えられないほど、
    当時のアチキは、
    B級映画なんてどこがおもしろいの、
    なんて思っていましたからね。

    そのB級ホラー映画の代表作みたいなのが、
    続編が出来て、
    それこそ、
    メジャー映画並みに劇場公開と宣伝がばんばん。

    宣伝がバンバンかは、
    ちょっと憶えてないけど。

    まぁ、
    そんな感じでした。

    と言う事で、
    この二作目も、
    テレビで放映されているのを、
    見たことがあるなぁ、
    と言う程度。

    と言う事で、
    改めてみたのですが、
    まだアイスホッケーマスクは出てきませんね。

    次から出てくるのかな。

    いつ出てくるのか、
    楽しみになってきましたよ。

    でも、
    今回は、
    ちゃんとジェイソンが殺戮者です。

    とは言え、
    前作もそうでしたが、
    今見ると、
    スプラッターとは、
    今の基準から考えると、
    たいしたことないです。

    当時は、
    これで凄いって感じだったんですよね。

    そんなわけで、
    今の血しぶき映画を見慣れていると、
    凄く物足りない感じになりますが、
    スプラッターホラーのお約束は、
    しっかり出来ているので、
    さすが王道作品。

    というか、
    シリーズを通して、
    そういうお約束が出来ていったのでしょうね。

    もちろん、
    他にも色々とあると思いますけど。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    13日の金曜日 【1980年製作:映画】

    「13日の金曜日」ですね。

    実は、
    今まできちんとこの映画を見たことはなかったのですよ。

    中途半端に見ていたという感じで、
    今回、
    改めてきちんと見ようと言うことで、
    まずは第一作目ですね。

    この映画は、
    劇場公開時に話題になっていたのですが、
    当時は、
    怖い映画は苦手で、
    今では考えられませんが、
    見に行かなかったのですよ。

    それこそ、
    テレビで放映された時に、
    ちょこっと見て、
    という感じで、
    一作目から、
    街喪にきちんと見ていなかったのですな。

    まぁ、
    こんなにジェイソンが有名になるとは、
    当時は、
    全く思えなかったですな。

    とは言え、
    ここからネタバレになるので、
    まだ見たことがない人は、
    ここから先を読まないように。

    まぁ、
    見た方は当然ご存じであると思いますが、
    この映画では、
    アイスホッケーマスクのジェイソンは登場しません。

    だから、
    この時、
    ここまでジェイソンが有名になるとは、
    もしかしたら映画を作った人達も思わなかったのではないかな。

    と言う事で、
    スプラッター映画の代名詞にもなったこの映画の殺戮者は、
    一体誰なのでしょうね。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 ケビン・ベーコン

    F1 2018 Round.15 シンガポールGP

    第15戦ですね。

    昔、
    アチキがF1を見始めた頃は、
    年間16戦でしたから、
    もうこの檀家で、
    ワールドチャンピオンが決まっているのが普通でした。

    最後まで分からない時もありましたけど。

    なのに、
    近年は、
    20戦くらいあるので、
    この程度では、
    まだ決まりません。

    さて、
    今年は、
    フェラーリが調子よいので、
    メルセデスは、
    久々にチャンピオンになれないのではないかと、
    思われていたのですが、
    今回、
    ルイス・ハミルトンが優勝して、
    今年もメルセデスか、
    と言う雰囲気に一気になりましたね。

    残りのレースで、
    ルイスが、
    二回ほどノーポイントでもない限り、
    ちょっとベッテルがチャンピオンになるのは、
    厳しい感じです。

    ベッテルが、
    二回ほどノーポイントというのは、
    なんか、
    ありそうだけど。

    次は、
    ロシアですが、
    ここでもルイス・ハミルトンが優勝でもしてしまった日には、
    もう来シーズンに向けて気持ちを切り替えた方が良いのではないかな。

    トロロッソ・ホンダも、
    今回は、
    良いところがなかった。

    今シーズン最後のアップデートは、
    噂によるとアメリカで投入らしいので、
    今シーズンの楽しみは、
    その位しか残っていないですな。

    と言う事で、
    次回ロシアGPでは、
    誰が勝つのでしょうか。

    チャンピオンシップも大詰めです。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝 【小説】

    ゲド戦記の最後を飾るのは、
    外伝になります。

    短編集ですね。

    アースシーを舞台にした物語で、
    基本的には、
    ロークにまつわる話です。

    で、
    年代順に編集されているようです。

    そして、
    本編の三巻の後に書かれているようで、
    この短編集の後に、
    四、五巻と出ているようです。

    なので、
    五巻に登場した人物の話が、
    短編の中にあって、
    この物語があっての本編での説明の話なのね、
    と言うのを理解したりして。

    こうなると、
    執筆順に呼んだ方が、
    一番良いのかも知れないですな。

    まぁ、
    本編全部読んで、
    外伝を読んでも十分楽しめましたけど。

    ちなみにゲドは、
    ちょこっとしか出てきません。

    分かってはいたけどね。

    それでも十分楽しめましたよ。

    本編を読み終えたら、
    是非、
    外伝もお読みくださいな。





    関連記事

    テーマ : ファンタジー小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : ファンタジー 魔法 ドラゴン アーシュラ・K・ル=グウィン

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー