未確認で進行形 【アニメ】

    原作は、
    どうやらマンガらしいです。

    すみません、
    これを書くまで知りませんでした。

    それも、
    四コママンガらしいです。

    そう聞くと、
    ギャグとか、
    コメディとか、
    そんなライトな感じの作品なのかな、
    と思ってしまいますね。

    まぁ、
    間違いではないですが、
    主人公の女の子が、
    どうも、
    影があるというか、
    過去を引きずっているというか、
    そんな感じで、
    最初から最後まで、
    バカ丸出しって感じではないです。

    さて、
    物語は、
    離婚して女手一人で生活を支えている母親の代わりに、
    家事全般をやっているヒロインであり主人公。

    そこへ、
    突然許嫁が現れます。

    しかし、
    当の本人はそんなの初耳。

    しかし、
    この許嫁、
    どこか、
    なんか、
    少し変。

    何がどう違うのか、
    まぁ、
    その辺は、
    作品を見て確かめてください。

    アチキ的には、
    まぁ、
    こんなもんだろうという感じでしたけどね。

    なので、
    原作まで、
    手に取ることは、
    今のところないかな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 学園 高校生 恋愛 青春

    プレイバック 【小説】

    レイモンド・チャンドラーの最後の長編ですね。

    完成形としての最後の作品です。

    途中まで書いてあったのを他の作家が仕上げた長編小説もありますが、
    それは、それということで。

    さて、
    今回も村上春樹氏の訳と言う事で、
    読みました。

    読んでいて感じたのは、
    こんなにおもしろかったけかな、
    と言う事ですな。

    翻訳者は違いますが、
    今回で、
    「プレイバック」を読むのは、
    二度目です。

    細かいところは忘れていますが、
    まぁ、
    大体、
    内容は覚えていました。

    そして、
    やはり前回読んだ時の印象では、
    それほど、
    他のレイモンド・チャンドラーの長編小説に比べて、
    おもしろくはなかったな、と。

    つまらないというわけではないですよ。

    長編小説でのランクをつけるなら、
    一番下だな、
    と言うだけの話です。

    まぁ、
    「長いお別れ」のある意味、
    続編という期待値があったせいかもしれませんけど。

    実際、
    最初から最後まで、
    マーロウは、
    リンダの影ばかり追っている女々しい男になっていますからね。

    出会う女性で合う女性、
    全てリンダと比べてしまうような感じで、
    まぁ、
    それはそれでよいですけど。

    で、
    全体の印象としては、
    なぜだか、
    おもしろくなったというか、
    おもしろく受け止められたというか、
    そんな感じになっていました。

    これも、
    アチキが年をとったせいなんですかね。

    おもしろく感じたのですから良いことですよ。

    と言うわけで、
    「プレイバック」を読む場合は、
    間違いなく、
    前作の「長いお別れ(ロング・グッドバイ)」を、
    読んでからにした方がよいです。





    関連記事

    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : ミステリー 探偵 犯罪

    Megapolis 【iPhone版】

    スマートフォンのゲームアプリですな。

    かなり長いことプレイしていました。

    三年くらいかな。

    良く覚えていないけど。

    いや、
    調べれば分かるけど、
    面倒だから調べていません。

    どんなゲームアプリかというと、
    いわゆる「シムシティ」みたいな感じの都市を造るゲームです。

    とは言え、
    「シムシティ」のように、
    色々と出来るわけではないです。

    町は作れますが、
    ゴジラが登場して破壊することもないですし、
    ハリケーンが発生して町を壊すこともないですし、
    原子力発電所がメルトダウンすることもないです。

    ただ、
    お金と資材を集めて町を作っていく感じです。

    まぁ、
    他にも色々とやることはあるわけで、
    生産とか、
    イベント的な町作りとか。

    基本的には、
    隣人を増やすと、
    攻略は楽です。

    アチキは、
    隣人が300人を越えていました。

    隣人を増やせるアイテムがあるのですが、
    それがたまると隣人を増やしていました。

    とは言え、
    そのアイテムも常時200近く持っていたので、
    隣人が増やせる分増えたら使うといった感じでしたね。

    そんなこんなで、
    意外と暇つぶしになったゲームで、
    長く遊んでいました。





    関連記事

    テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
    ジャンル : ゲーム

    tag : SLG

    スモーキン・エース 2 【2009年製作:映画】

    「スモーキン・エース」の続編ですね。

    前作からの続きという感じです。

    前作のお馬鹿なバイオレンスぶりは、
    健在と行ったところですな。

    まぁ、
    さすがに続編と言う事で、
    同じくらいの感じだと、
    パワーダウンしたように見えてしまうので、
    パワーアップして同じくらいに見えるという感じなのかも。

    どちらにしろ、
    また殺し屋共が暴れまくる内容です。

    今度のターゲットは、
    FBI捜査官。

    前作からの流れで言うと、
    なんとなく、
    アチキ的には、
    やっぱりね、
    という感じですか。

    今回も中々楽しませてくれました。

    若干、
    前作よりも物語の部分というか、
    ドラマの部分に力を入れようとしたみたいですが、
    アチキに言わせれば、
    余計なこと、
    余計な手間、
    といった感じでしたな。

    何はともあれ、
    ぶっ飛んだ殺し屋共が、
    大暴れしてくれれば、
    この映画は、
    成功なのではないかと思えるのですが。

    興味かあれば、
    一作目からレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 バイオレンス 刑事 FBI 動画

    スモーキン・エース 【2007年製作:映画】

    中々楽しい映画でした。

    はじめから終わりまで、
    バンバン撃ち合う映画です。

    一応、
    物語はありますよ。

    ですが、
    その物語も、
    撃ち合うために考えた設定という感じで、
    ある意味、
    潔くて、
    楽しめましたね。

    ある人物を殺すために、
    賞金に目がくらんだ殺し屋共が、
    我先にと殺しにやって来るというお話し。

    一体誰が、
    ターゲットを殺せるのか。

    それとも、
    ターゲットは殺されることなく、
    逃げ延びられるのか。

    場所は、
    ホテルの一室。

    良いですね。

    ある意味、
    お馬鹿な映画ですよ。

    ラストもアチキ的には、
    良かったですよ。

    まぁ、
    それなりに興行成績が良かったんでしょうね。

    続編もありますから。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    アチキは、
    結構楽しめましたよ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション バイオレンス 犯罪 刑事 FBI 動画 ベン・アフレック

    F1 2018 Round.21 アブダビGP

    2018年シーズンの最終戦です。

    今までのグランプリのように、
    チームもドライバーも、
    張り詰めたような雰囲気は、
    ほとんど感じられませんでしたね。

    まぁ、
    いつものことですけど。

    一部、
    このグランプリの結果で、
    順位が変動するチームとドライバーは、
    若干、ぴりぴりしている感じでしたけど。

    まぁ、
    今シーズンも終わりって雰囲気の方が強いですよね。

    特に、
    トップチームのドライバーとかは、
    リラックスした感じで、
    決勝前から、
    今シーズンを労うような行動とか、
    発言が多かったですね。

    昔、
    オーストラリアGPが最終戦の時は、
    フィナーレっていう感じの陽気さがグランプリ全体にあった感じですが、
    アブダビは、
    イマイチ、
    お国柄なのか、
    気候のせいなのか、
    テレビで見ている限りでは、
    そんなに感じられないかな。

    さて、
    決勝は、
    今シーズンの締めくくりと言わんばかりに、
    ルイスが完勝。

    続いてベッテル、フェルスタッペンと続きました。

    ここに、
    ライコネンが入っていないのが、
    実に残念でしたけど。

    序盤にヒュルケンベルグの大クラッシュがあった以外は、
    ある意味、
    大きな波乱もなく、
    淡々とレースが進みましたね。

    チェッカー後は、
    アロンソの引退セレモニーのような感じになりましたけど。

    これは、
    やっぱりF1の運営がアメリカの企業になったというのが大きいのかな。

    バーニーが率いていたら、
    こんな事はしなかっただろうね。

    と言う事で、
    もう来シーズンが楽しみで、
    ワクワクです。

    何がって、
    もちろん、
    ホンダさんの活動がですよ。

    毎年のことですが、
    来年も期待していますよ。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    海女の戦慄 【1957年製作:映画】

    これまた懐かしの日本映画です。

    全然知らない映画です。

    有名なんですかね。

    どうも、
    アチキは、
    その辺の事が疎くて。

    これまたモノクロ映画です。

    こういう映画が、
    キチンと残って、
    アチキのように、
    突然、
    見たくなった人が見られるような環境が整えられているのは、
    実に良いことだと思います。

    と言う事で、
    映画の内容ですが、
    田舎の村というか、
    町というか、
    その規模はよく分かりませんが、
    まぁ、
    そこに住んでいる姉妹の妹が、
    ミス海女に選ばれて、
    上京することに。

    上京したはいいが、
    帰ってこず、
    一緒に行った友人も帰ってこない。

    何があったのかと思っていたら、
    妹が溺死死体として発見されます。

    一体、妹に何があったのか、
    と言う所で話がスタート。

    都会から出てきた怪しい一団。

    謎の風来坊の出現。

    といった感じで、
    中々楽しませてくれました。

    水中のシーンとかは、
    あー時代だなぁ、
    なんて感じの絵の作りですが、
    それがまた、
    良い味を出しています。

    きっとモノクロだからでしょうね。

    これがカラーだと、
    また違った印象になったかも。

    と言う事で、
    たまに見るには、
    なんか新鮮でとても良かったです。

    また機会があったら、
    昔の日本映画を見るとしますか。





    関連記事

    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス

    女真珠王の復讐 【1956年製作:映画】

    日本映画の昔の作品ですね。

    女番長シリーズの流れで、
    昔の日本映画を見てみるか、
    と言う事で見た一本。

    サスペンス映画と言う事で、
    見たのですが、
    凄い展開の映画でしたよ。

    ちなみに、
    この映画、
    モノクロです。

    さて、
    映画の内容ですが、

    ある男が、
    会社の上司の企みにはめられて、
    殺人犯として捕まってしまいます。

    その上司は、
    捕まった男の婚約者のことが気に入っていて、
    自分の女になれば、
    彼を何とかしてやろうと言う事になります。

    しかし、
    その話が船の中でされていて、
    上司に襲われた女は、
    船から落ちてしまいます。

    で、
    運良く島に漂着するのですが、
    その島には、
    既に先客の漂着者達がいて、
    そこに綺麗な女性が現れたことで、
    諍いが起きます。

    で、
    島での諍いは、
    まぁ、
    正義と理性の男が勝つという形になり、
    その諍いの最中に、
    海底で凄い数の真珠を発見し、
    二年後には、
    その島から脱出して真珠で財産を築いた女性として、
    日本に戻ってくるという展開。

    もちろん、
    日本に戻ってきた理由は、
    悪人上司を懲らしめるためです。

    いやー、
    この展開の凄さにビックリしながらも実に楽しめました。

    興味があったら是非ご覧になってくださいな。





    関連記事

    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス

    4人の女 【2008年製作:映画】

    スペインとメキシコの共作ですね。

    どちらも、
    日本では、
    お馴染みといった感じの国の映画です。

    前回のスイスと比べればね。

    アチキのイメージでは、
    スペインもメキシコも、
    犯罪まがいの映画がお好きなような気がします。

    と言うか、
    日本には、
    そう言う映画が入ってきていると行った感じですか。

    この映画もタイトルは、
    そんな感じには見えませんが、
    犯罪映画です。

    四人の女性が、
    主人公と言えば主人公です。

    この四人も犯罪者で、
    過去にある仕事を失敗して解散。

    それが、
    仲間の一人から連絡があって、
    再び相まみえることに。

    しかし、
    ただ懐かしんで合うわけではなく、
    麻薬犯罪組織との絡みが合っての会合になります。

    中々、
    雰囲気も良かったし、
    マフィア的な犯罪組織と、
    それに関わる女性達も良かったですよ。

    アチキ的には、
    楽しめましたね。

    なんか、
    一般の評価は、
    そうではない感じですが。

    と言う事で、
    まぁ、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 バイオレンス 動画

    DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND (デッドオアアライブ5 ラストラウンド) 【プレイステーション4版】

    遂に「DEAD OR ALIVE 6」の発売が発表されましたね。

    もう出ないかと思っていましたよ。

    どうも今の「DEAD OR ALIVE 5」のプロデューサーはユーザーからの評判は、
    決して良くないですよね。

    と言う事で、
    「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」を買うかどうかは、
    結構、
    迷っていたんですよ。

    でも、
    せっかくPS4も買ったし、
    キャラが増えただけの「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」に、
    なけなしのお金を使うのも、
    どうかなー、と。

    で、
    結局、
    中古で買いました。

    もう一度、
    ストーリーモードからプレイしましたよ。

    練習もかねて。

    で、
    いわゆるアーケードモード的なモードを、
    ちょこちょこプレイしていたりするわけですな。

    いやー、
    この「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」の段階では、
    ストーリーに絡んでこないキャラや、
    ゲストキャラが一杯ですね。

    あんまり使ってないけど。

    あー、
    二キャラは、
    追加でお金払わないと使えないようなので、
    使えていないです。

    それでも、
    十分すぎるくらい色々なキャラがいるからね。

    さすがに、
    昔ほど熱中出来なかったのは、
    やはり、
    色々と中途半端な感じだからかな。

    はじめて、
    プレイするのが、
    「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」だったら、
    また
    違った漢字なんでしょうけど。

    「DEAD OR ALIVE 5」で、
    3本目ですからね。

    さすがに、
    って感じですよ。

    中古とは言え、
    良く付き合ったと自分でも思います。

    ちなみに、
    「デッド オア アライブ エクストリーム3」は、
    意味不明のキャラクターが選別されていて、
    もう「デッド オア アライブ」ではないよね、
    って感じになっているので、
    今のところ、
    中古でも買っていません。

    中古で、
    かなり安くなったら買うかもしれないけど。

    今の価格だと、
    割に合わない感じかな。

    と言う事で、
    ちょこっとプレイばかりしている「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」です。










    関連記事

    テーマ : PLAYSTATION®4
    ジャンル : ゲーム

    tag : 格闘 ACG コーエーテクモ 動画 桑島法子 堀江由衣 三石琴乃 永島由子 山崎和佳奈 冬馬由美

    アサルト・エース 【2009年製作:映画】

    これまた珍しいです。

    なにが珍しいのかというと、
    スイスの映画だから、
    と言う所ですな。

    あまりね
    アチキは、
    スイスの映画を目にしないです。

    さて、
    ヨーロッパのお国の映画というと、
    フランス映画のイメージで、
    文化的な、
    芸術ぽい作品をイメージしたのは、
    昔の話。

    今では、
    普通にアクション映画がどーんと一杯日本に入ってきます。

    この映画も、
    スイスとは言え、
    タイトルからもイメージ出来るように、
    アクション映画です。

    スイス警察の特殊部隊に所属する男が主人公です。

    で、
    主人公の親友というか、
    仲間というか、
    友達というか、
    まぁ、
    それなり気心の知れた友人が、
    悪いコトして捕まって、
    そして、
    服役から出所して、
    またなにやら悪事をと言う事で、
    アジトに向かうのですが、、、。

    といった感じ。

    ドラマ部分が、
    もう少し何とかなったらと言うか、
    もう少し、
    シンプルに見せた方がよかったんじゃね、
    と思うような感じでしたね。

    どうも、
    凝った感じが、
    やり過ぎに見えてしまうのですよ。

    と言う事で、
    まぁ、
    こんなもんかな、
    という感じの映画でした。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 警察 動画

    シャーロック・ホームズ VS モンスター 【2010年製作:映画】

    いやー、
    もうタイトルからしてB級映画の臭いプンプンだよね。

    そして、
    流行のVSものですよ。

    なんだろう、
    きっと、
    このタイトルだけで、
    一般の方は、
    まずレンタルとかしないよな、
    と言う気がするのは、
    きっと、
    アチキだけではないはず。

    そして、
    タイトルを見て、
    レンタルして見てみようと思うのは、
    B級映画が好きな人、
    と言う事でしょう。

    さて、
    そう言いながらも、
    この映画、
    結構楽しめました。

    まぁ、
    シャーロック・ホームズである必要は、
    最初の事件のとっかかりの所くらいで、
    それさえも、
    他の人でもといわれたら、
    それはそれで良いのかと、
    と思ってしまう設定ですが、
    楽しめました。

    モンスターと昌に戦うホームズの映画です。

    まっ、
    モンスターといっても、
    恐竜ですけど。

    でも、
    VSモノとしては、
    恐竜と言われるよりも、
    モンスターと言われた方が、
    触手は伸びるかな。

    そして、
    驚いたことに、
    この映画の原題ですが、
    まさか、
    って感じでしたね。

    と言うわけで、
    これなら一般の方でも、
    興味があったらレンタルして見てもらっても、
    まぁ、
    そこそこ楽しめるのではないかと思います。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 探偵 モンスター 動画

    星界の戦旗VI 帝国の雷鳴 【小説】

    何年ぶりですか。

    ブログのネタになっているのが、
    2013年ですか。

    もう五年も前なんですな。

    久々なので、
    以前の話をどこまで覚えているのか、
    少々不安でしたが、
    まぁ、
    あまり混乱することなく、
    読み終えることが出来ましたね。

    前巻で、
    帝都ラクファカールが敵の手によって落ちて、
    みんなちりぢりになったところで終わったのは、
    思い出しました。

    それから、
    十年後の話になります。

    ここからアーヴによる人類帝国の反撃が始まると言う事ですな。

    でも、
    改選した時も、
    かなり進行されて反撃開始、
    という感じでしたが、
    また大きな痛手を受けて、
    反撃開始、
    と言う事で、
    これは、
    主人公が生きているうちに終わるのでしょうかね。

    それこそ、
    ジントは、
    死んでしまっても追わないくらいの方が、
    良いような気もしてくるな。

    別に戦士と言う事で華なくて、
    漏水での死亡で、
    それくらいの年月がたっても終わっていません、
    みたいな、ね。

    当初百年のイメージがあったようですが、
    そこまでは、
    という感じらしいと言う事なので、
    アチキとしては、
    いやいや、
    もっと長くても良いのではと言う事での感想です。

    さて、
    次は、
    いつ出るのでしょう。

    アチキが生きているうちには、
    完結して欲しいですね。





    関連記事

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 戦争

    バイオレンス・ブルー 真夏の完全犯罪 【2009年製作:映画】

    いかにもなタイトルとパッケージのビジュアルです。

    得てして、
    一般の方が見ると、
    とんでもない評価になりそう映画の予感です。

    と言う事は、
    アチキにとっては、
    それほどでもないのだろう、
    と言う事で見たわけですな。

    まっ、
    いつものようにね
    TSUTAYA DISCUSで予約ボタンをポチポチ見境なく押しているので、
    本当に、
    どうしてこの映画を見ようと思ってボタンをクリックしたなんて理由は、
    全く覚えていません。

    なので、
    家について、
    タイトル見て、
    映画見て、
    首をかしげることもしばしばです。

    さて、映画の内容ですが、

    離ればなれの父親の元に、
    婚約者を紹介するために旅に出た息子。

    で、
    父親のいるところは、
    どうもリゾート地のようです。

    青い海、
    青い空、
    南国って感じです。

    どうやら地中海のどこかみたいですが、
    どこだかは覚えていません。

    そこで、
    彼女と夜、
    クラブに行ったら彼女が誘拐されて、
    さぁ大変。

    という感じの映画です。

    設定的には良くあるし、
    展開も良くある感じで、
    ある意味、
    普通です。

    普通すぎて、
    きっと一般の人には、
    つまらないと思われてしまいそうです。

    そんな感じなので、
    一般の方は、
    それなりに注意してからご覧になってください。

    どんな注意なんだ、
    と突っ込まないように。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 ちょいエロ 動画

    ニンジャ・アサシン 【2009年製作:映画】

    いかにもアメリカ人が好きそうな、
    忍者アクション映画って感じなのかな、
    と思ったら、
    そうでもなかった。

    さすがに、
    この情報社会。

    日本の文化も忍者文化も、
    かなり情報が手に入るのでしょう。

    まぁ、
    制作陣に日本好きがいますしね。

    と言うわけで、
    思ったよりもまともな忍者アクション映画でした。

    シリアスで、
    それはないだろう、
    と言うような忍者アクションもなく、
    実にエンタテインメントしている映画でした。

    内容は、
    ある意味、
    内輪の話を描いています。

    社会での忍者ではなく、
    忍者組織の忍者とは、
    という感じですかね。

    まぁ、
    掟と言えば、
    かっこいいかも知れませんな。

    その起きて社会での葛藤を描いた作品です。

    いや、
    本当に、
    忍者映画なのか、
    と思ってしまうところもあるくらいですが、
    思っていた以上の出来の作品で、
    レンタル代分は十分に楽しめましたよ。

    興味がありましたらご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 忍者 動画

    それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ 【アニメ】

    TVシリーズの「それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」です。

    原作は、
    小説だというのは、
    知っていましたね。

    作品の存在も知っていました。

    OVAの方が、
    先だったような気がするのですが、
    そちらは、
    見ていないですね。

    まずは、
    TVアニメから、
    と言うわけではないです。

    単に、
    バンダイチャンネルの月額見放題で見られたから見たという感じです。

    で、
    これを書くにあたって知ったのですが、
    OVAとも、
    原作の小説とも、
    なんか違うようですな。

    内容なのか、
    設定なのか、
    詳しくは、
    調べていないので、
    よーわかりません。

    さて、
    物語は、
    未来の世界から、
    現代の地球にタイムワープみたいなのがあって、
    現代の優秀な少女、
    ヤマモトヨーコをスカウトして、
    未来に出起きている戦争に参加させて、
    勝利していくというお話し。

    ヤマモトヨーコ以外にもお友達とか、
    戦争に参加します。

    戦争と言っても、
    バトルゲームの様な感じで、
    一人乗りの戦艦で戦って、
    勝った方が、
    その時の戦利品をもらうという形。

    なので、
    人は死にません。

    で、
    それだけではなく、
    なんか、
    裏で怪しげな陰謀がうごめいていてといった感じで、
    物語はクライマックスへと向かいます。

    まぁ、
    アチキとしては、
    どうも演出がアチキにあっていないようで、
    飽きるというか、
    つまらんと言うか、
    もう何とも言えない感じで、
    なんか作家性を前面に押し出されて、
    これってそう言う作品じゃないよね、
    みたいなところでの演出だから、
    余計違和感をあって、
    あまり物語を楽しめなかったという印象です。

    もっとドンパチが楽しい感じの者だったら、
    また違った感想を持ったかも知れません。

    まぁ、
    いつか機会があったらOVAの方も見てみたいなとは思っています。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 戦争 宇宙 高山みなみ 林原めぐみ 宮村優子 雪野五月 勝生真沙子 玉川紗己子 かないみか

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー