ソーラー・ストライク サード・インパクト 【2008年製作:映画】

    邦題だけのシリーズ作品の第三弾ですね。

    今回の「ソーラー・ストライク」は、
    なんと、
    ドイツの映画です。

    もう製作国も変わってしまいましたね。

    まぁ、
    たまにあるのですよ。

    最初に作った国では興行的に振るわなくて、
    他の国では凄くヒットして、
    作った国では続編作らないから、
    商売がうまく行った国が権利を買って続編を作るというのは、
    無くはないのです。

    ですが、
    この映画はそうではないです。

    前々から書いていますが、
    邦題だけのシリーズです。

    だから、
    どこから見ても何の問題もないくらい話は繋がっていません。

    唯一、
    太陽が問題なディザスターパニックっていう、
    テーマ的な所は、
    共通させているようですが、
    それも、
    かなり広義な意味になりますね。

    で、
    今回は、
    暑くて雨が降らず、
    水不足になってという展開。

    どんどん貯水量が減っていくのをカウンターで表示していたりして、
    人類滅亡まで後何リットル、
    みたいな感じにしたいのでしょうけど、
    そこまでは、
    さすがに緊迫感はないかな。

    それでも、
    それなりに楽しめる感じではありますけど。

    もう一押しが足りなかったね。

    B級映画が好きな人なら最後まで楽しめるかな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 災害 動画

    ソーラー・ストライク セカンド・メルトダウン 【2006年製作:映画】

    さて、
    「ソーラー・ストライク」シリーズの2作目、
    と言う事ですが、
    シリーズとは、
    名ばかり。

    邦題だけのシリーズです。

    なので、
    セカンドと付いていても、
    厳密には、
    2作目を意味しているわけではないです。

    まぁ、
    そんなことは、
    原題を確認すれば、
    シリーズではないことはすぐに分かるんですけどね。

    B級作品は、
    こうしていかないと、
    見てくれる人がいないから。

    と言うか、
    B級映画ファン以外の一般の方を騙して見させないといけないという感じですか。

    騙すというのは、
    悪い表現ですな。

    まっ、
    アチキ的には、
    そんなことはどうでも良くて、
    今回、
    このシリーズを積極的に見ようと思ったのは、
    TSUTAYA DISCUSの解説を見たからだと言うことが、
    判明。

    そんなことは、
    レンタルした理由なんか、
    すっかり忘れていましたけど。

    なんと、
    この作品は、
    ジョン・カーペンターが、
    原案らしいです。

    あくまでも原案ですからね。

    その原案をどの位活かして、
    どの位うまく表現できているのかは、
    原案を知らないので、
    何とも言えませんが、
    アチキ的には、
    邦題シリーズとは言え、
    前作の方が良かったです。

    まぁ、
    一応、
    シリーズとして意識しているのは、
    太陽が関係しているところですかね。

    その辺は、
    タイトルのソーラーの部分は、
    ちゃんと意味があると言う事ですな。

    分かっていてもこう言うのを見てしまうのが、
    B級映画ファンと言う事なのでしょう。

    一般の方からしたら、
    時間と金の無駄のように思えるし、
    一般の方が見たらきっとそう思うのでしょうけど。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : パニック 災害 動画

    ソーラー・ストライク 【2005年製作:映画】

    この映画、
    シリーズになっているようです。

    と言う事は、
    少なくとも商売として成功した作品と言う事ですね。

    もしかしたら、
    邦題のタイトルだけのシリーズという可能性もありますけど。

    まぁ、
    とりあえず、
    TSUTAYA DISCUSでレンタルできる分は、
    レンタルして見ましたよ。

    と言う事で、
    一作目ですね。

    これが、
    中々、良かったのですよ。

    一般の方にとっては、
    よくあるB級映画で、
    こんなのをおもしろいと言ってみているのか、
    と言われそうですが、
    B級映画としては、
    良くできていると思います。

    太陽活動の異常により、
    地球が大変な事になるのですが、
    その大変さを見せる部分が、
    よくあるこの手のB級映画とは違い、
    政治的な色合いを持たせつつ軍事的な側面で見せるのですよ。

    それもアメリカとロシアという二大軍事国家の軍での話ですから、
    中々楽しいですよ。

    こう言うのは、
    以下にスケール感を出すかというのも大切ですからね。

    地球規模の話なのに、
    どこかの田舎町だけで完結してしまうような事って、
    良くありますから。

    そんなわけで、
    この作品を見ると、
    続きが出来てもおかしくないな、
    と言うか、
    二匹目のドジョウを狙うのも分かるな、
    という感じです。

    と言う事で、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。





    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック ミリタリー 災害

    イブニクル 【PC GAME版】

    もしかして、
    この手のゲームをネタにするのは、
    はじめてではなかろうか。

    まぁ、
    タイトルを見て分かった人は、
    この手のゲーム、
    と言うのが理解できるでしょうが、
    タイトルを見ても、
    何のことか分からない人もいると思うので、
    一応、
    説明しておきますか。

    いわゆる18再未満購入禁止、
    それこそ、
    プレイも禁止のゲームのことです。

    18禁にも色々とありますが、
    そう、
    バイオレンスが凄いのも18禁になったりします。

    海外なんかは、
    特にバイオレンスは厳しい。

    と言うか、
    日本がゆるいのかもしれません。

    同じように、
    エロも18禁です。

    海外は厳しいですが、
    日本は、
    海外に比べると、
    やっぱりゆるいのかもしれません。

    と言う事で、
    今回のネタのゲームは、
    18禁のエロゲーです。

    それも、
    RPGです。

    エロゲーとしては、
    老舗のアリスソフトというメーカーが作ったゲームです。

    いやー、
    このゲーム、
    目的は、
    世界を救う王道RPGの物語であり、
    システムもコマンド欄卓識の王道であり、
    色んな所で王道を津虎抜いていて、
    凄く遊びやすいゲームです。

    それこそ、
    エロの表現を押さえて一般向けにしても結構評価されるのではないかと思えるのですが、
    やはり、
    エロが目的のゲームですから、
    それが無くなったゲームというのは、
    どうなんでしょうかね。

    家庭用のゲーム機で発売されているギャルゲーには、
    元々エロゲームのエロをスポイルさせたものもありますが、
    どうなんでしょうかね。

    そう言うのもいずれプレイしてみたいとは思いますが。

    まぁ、
    大人なアチキとしては、
    そう言うのも含めてデザインされたゲームだと言う事で、
    そこがスポイルされていては、
    駄目だと思うので、
    オリジナルをプレイしてみたいですな。

    さて、
    このゲーム、
    マウス一つで快適に遊べるようになっていて、
    物語もいい感じで盛り上がっていき、
    それこそ、
    後半は、
    エッチシーンは、
    ある意味、
    先書きになってほぼスキップ状態になったかんじです。

    別に格好つけているわけではないよ。

    エッチなところは、
    回想シーンで見ればすむじゃないですか。

    敵の強さもほどよく、
    レベルアップもさくさく進むので、
    無駄なレベルアップ作業が極力少なくなるようになっているのも好感度高いです。

    と言う事で、
    買ってプレイする条件を持っている方は、
    興味があったらプレイしてみてくださいな。

    結構、おもしろかったですよ。


    ◆「イブニクル」のダウンロード販売はこちら








    関連記事

    テーマ : エロゲー
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー エロス コメディ 魔法 ドラゴン 冒険 動画

    ダイバージェントFINAL 【2016年製作:映画】

    遂に「ダイバージェント」シリーズも最後ですね。

    当初から全三部作として制作されていたようですから、
    予定通りと言う事ですな。

    こう言うのって、
    前作がそれなりに商売がうまくいっていないと成立しないですからね。

    海外って、
    本当にドラスティックな所があって、
    三部作で考えていても、
    商売がうまくいかないと、
    簡単に切りますからね。

    そう言う意味では、
    キチンと完結できたので、
    これは、
    喜ばしいことでしょう。

    何故そんなことを書くかというと、
    アチキ的には、
    そこまで商売がうまくいくような作品だったのか、
    と言う所があるからですな。

    まぁ、
    海外での人気が凄いのでしょうね。

    原作も海外では、
    凄い人気らしいですから。

    そんなわけで、
    どんな感じで終わるのかな、
    と言う興味で見たわけですな。

    なんだかんだと、
    見始めたら、
    きっちりと最後まで見ないと気持ち悪いですからね。

    映像的には、
    アチキが好んで見るB級映画とは、
    比べるのも失礼なほどよくできていますから、
    見た目は、
    一般の方も満足できますよ。

    さすがに、
    最後がどうなったのかをここでネタバレするのは、
    ちょっと気が引けるので、
    見て確かめてくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 動画

    封印殺人映画 【2006年製作:ドキュメンタリー:映画】

    ドキュメンタリー映画です。

    たぶん、
    映画。

    劇場で公開しているのか、
    知りませんけど。

    もしかしたらテレビ用かもしれませんが。

    まぁ、
    とりあえず映画の中に入れてしまいました。

    さて、
    タイトルからも分かるとおり、
    封印された殺人映画を取り上げている、
    という感じですが、
    別にお蔵入りになったわけでも、
    あまりの過激さに封印されたわけでもないです。

    まぁ、
    タイトルで釣るために、
    大げさにしてみましたという感じですね。

    基本的には、
    80年代の殺人鬼映画について、
    色々と監督とか、
    関係者のインタビューなんかで見せている内容です。

    間違いなく、
    ネタバレになっている映画もあるので、
    そう言うのを気にする方は、
    見ない方がよいですな。

    でも、
    コレを見て、
    まだ見ていない作品を見るというのも有りかもしれませんし。

    アチキは、
    まぁ、
    それなりに見ていましたね。

    残念ながら、
    全て見ていますと言えない感じで、
    と言うか、
    見ていたけど、
    そんなシーンあったか、
    と覚えていないのもあったりしてね。

    そう言う楽しみ方もありましたよ。

    と言う事で、
    中身的には、
    以前ネタにした「アメリカン・ナイトメア」みたいな感じですが、
    取り上げている作品が違うという事で、
    あちらがおもしろい思ったらこちらもおもしろいと思えると思いますよ。

    また逆も然りですけど。










    関連記事

    テーマ : ドキュメンタリー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    パルスター 【PC GAME版】

    ゲームセンターで稼働していたのを、
    見たことはないですね。

    まぁ、
    ゲームセンターに入り浸っていたわけでもないし、
    色々なゲームセンターを見て回ったわけでもないので、
    そりゃ、
    稼働していたゲームを、
    全て知っているとか、
    見たことがあるという方が、
    珍しいでしょうね。

    さて、
    ゲームセンターからネオジオに移植された横スクロールシューティングゲームです。

    で、
    ネオジオのゲームが、
    PCでダウンロードして遊べるという、
    実に良い環境になったので、
    いくつも購入して遊びまくっていました。

    その中の一本が、
    この「パルスター」ですね。

    シューティングゲームですから、
    気軽に遊べるだろうと。

    まぁ、
    その考えが甘かった。

    昔の、
    それも縦シューティングではないので、
    鬼の弾幕ゲームではないから、
    コンティニューさえ出来れば、
    難易度は置いといて、
    最後まで気軽にいけるだろうと。

    いやー、
    気軽どころか、
    苦労したよ。

    何度も何度も何度も同じ所で死にまくりですよ。

    基本的に、
    アチキは、
    ゲームが下手ですから、
    死なずにノーコンティニューとか、
    そんなことを目指したり狙ったりしてプレイすることはありません。

    死にながら進む。

    これがアチキの基本スタイルです。

    しかし、
    ここまで同じ所で死にまくると、
    萎えるよね。

    番組収録で仕事だからという意識でもない限り、
    やってられなくなるでしょう。

    やられるのは、
    敵の弾に当たってと言うか、
    コースが狭くてとか、
    逃げ道がないとか、
    そんな感じでやられるので、
    運良く通り抜けられた、
    という感じでないと、
    駄目だったりするところも。

    一応、
    色々と考えてプレイするんだけど、
    下手だから思うようにいかなかったりして、
    駄目なんですよね。

    まぁ、
    それでも、
    楽しいからプレイしましたけど。

    でも、
    一度最後までとりあえずいったら、
    もういいや、
    って感じです。

    次プレイすることあるのかな。

    まぁ、
    そう言う感覚を懐かしんでプレイすることはありそうだけど。


    ◆「パルスター」のダウンロード販売はこちら








    関連記事

    テーマ : PCゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 宇宙 動画

    ハイスクール・フリート 【OVA】

    TVアニメ「ハイスクール・フリート」のOVAです。

    TVシリーズの後日談になります。

    なので、
    当たり前の様な気もしますが、
    TVアニメを見てからご覧になってください。

    でないと、
    話が分からないと思います。

    物語は、
    主人公たちの乗る船「晴風」が壊れて二度と乗れないと言う事から、
    主人公たちのクラスが、
    バラバラになってしまうということから、
    そんなのいやだー、
    とクラスメイトたちが頑張るというお話し。

    なので、
    一応、
    船長であり、
    主人公の岬明乃は、
    あまり出てきません。

    今回は、
    納沙幸子がメインで、
    主人公的に活動します。

    まぁ、
    OVAで、
    前後編で役1時間ですから、
    それほど濃い内容ではないです。

    でも、
    TVアニメからの続きで見る分には、
    いい感じで楽しめると思います。

    そして、
    この続きは作られないのかな、
    という感じでの終わり方です。

    商売がうまくいっていれば、
    続編が出来ても不思議ではない感じですかね。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ミリタリー SF 海洋

    ザ・チェイサー 【1998年製作:映画】

    いわゆるB級SF映画です。

    ある意味、
    典型的なB級映画ですかね。

    今見ると中途半端に古いので、
    ショボク感じる部分が多かったりもします。

    まぁ、
    アチキは、
    慣れているので、
    そんなに気にならないですけど、
    一般の方は、
    製作された年代とは関係なく、
    今見た時間の感覚で受け止めますからね。

    古いなら、
    思いっきり古くないと、
    古い映画だからと言うのが、
    中々認識するのが難しかったりします。

    主人公の刑事がある事件に関わるのですが、
    その事件が、
    実はちょっと普通ではない。

    この普通ではないところが、
    SF的な展開と言う事ですな。

    アチキ的には、
    普通に楽しめました。

    可もなく不可もなく、
    って感じです。

    と言う事は、
    一般の方は、
    駄目なのかな。

    とも思ってしまいます。

    そうなると、
    やはりB級映画ファンの方限定でお楽しみください。

    と言う事になりますかね。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 刑事 動画

    ソウルキャリバーVI 【プレイステーション4版】

    「ソウルキャリバー」シリーズの最新作ですね。

    もう出ないかと思っていましたよ。

    ゲーム情報雑誌やゲーム情報サイトなどを見ることがほとんどなく、
    発売を知ったのは、
    Amazonで、
    という感じでしたね。

    今までとの最大の違いは、
    物語が、
    前作からの続きという感じではないことですか。

    仕切り直し?

    映画では良くあるリブートってやつですか?

    前作にはいた、
    あのキャラやこのキャラがいなくなっているし。

    戦いから引退して待ったキャラが復活していたり、
    まぁ、
    何にしても、
    基本的な楽しさは、
    変わりませんでしたけどね。

    やっぱり、
    ストーリーモードを楽しみ、
    その後、
    ミッションモードを楽しむ。

    このミッションが良くできていて、
    本当に長く楽しめる。

    アチキのようなへたれプレイヤーでも、
    一応、
    何とかなるし。

    対戦相手がいない没地プレイヤーでも楽しめる。

    ネットにつないで対戦しなくても十分楽しめる仕様で、
    アチキは、
    大変満足です。

    やっぱりお気に入りのタキを中心に使ってしまいますが、
    ミッションモードでは、
    様々な武器を使い、
    いわゆる練度というか、
    スキルポイントを上げてマスターにしていくという楽しみもあるので、
    結構、
    色んな武器を使用しましたね。

    武器が変われば、
    その武器を使用しているキャラクターと同じ特性になるので、
    見た目はクリエイトしているので変わりませんが、
    捜査は変わるので、
    アーケードモードなどでは、
    その武器を持っているキャラを使用してもそこそこ遊べるようになりましたよ。

    まぁ、
    ストーリーモードでも、
    かなりのキャラクターを使用して遊びますけどね。

    そう言う意味では、
    対人戦で上位を目指しているわけでもないので、
    様々なキャラクターを使用して適当に遊んでいるって感じですか。

    それでも、
    十分、
    アチキは満足していますよ。

    と言うか、
    コントローラーで、
    ボタン一つで必殺技が出せるとか、
    初心者に易しい設計で、
    実に良いですな。

    是非、
    次のハードになるのかもしれませんが、
    シリーズは作り続けて欲しいです。

    そう言えば、
    今回のゲストキャラに、
    「ウィッチャー」シリーズの主人公キャラがいるのですが、
    たまたま、
    「ウィッチャー」シリーズをプレイしたばかりだったので、
    あー、あのおっさんが登場したよ、
    と驚きましたが、
    このキャラクターって、
    日本では、
    かなりマイナーな気がするのですが、
    違うんですかね。

    ヨーダとダースベイダークラスのゲストキャラは、
    今回、色々と難しかったのかな。










    関連記事

    テーマ : PLAYSTATION®4
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG 格闘 動画 バンダイナムコ 檜山修之 沢城みゆき 若本規夫 田村ゆかり 浅野真澄

    ロード・トゥ・ザ・ナイト アイヴァンホーの聖なる剣 【1995年製作:映画】

    原作は、
    小説らしいです。

    知りませんでした。

    「アイヴァンホー」という小説らしいです。

    で、
    この小説、
    どうも人気があるらしく、
    何度も映画やテレビなどの映像化がなされています。

    ちょっと調べたところによると、
    この映画、
    実はテレビドラマシリーズのようです。

    もしかしたら、
    再編集したモノなのか、
    はたまた、
    テレビシリーズといいながら、
    テレビ用の映画という長編作品なのか、
    よく分かりませんが、
    タイトルからすると、
    若き日のアイバンホーが描かれた作品と言う事らしいです。

    まぁ、
    どちらにしろ、
    イマイチな感じでしたね。

    しっくり来るのは、
    日本に持ってきた段階で、
    編集されて、
    こうなってしまったのか、
    テレビ用映画なので、
    こんなモノなのか、
    という感じのつくりになっていて、
    コレでは、
    一般の方は、
    満足できないと思いますね。

    ついでに、
    原作の小説が、
    おもしろくてファンがいるようでしたら、
    そのファンの方も、
    きっと残念に思うのではないかな。

    アチキとしては、
    ちょっと調べた感じで、
    小説はよさげと言う事なので、
    いつか機会があったら読んで見たいなと思いましたね。

    間違っても、
    この映画作品を見て、
    原作を読みたいとは思いませんでしたけど。

    興味があったらレンタルしてくださいな。

    あっね
    もちろん、
    B級映画好き限定って感じですけど。





    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 時代劇 冒険

    超鉄ブリキンガー 【PC GAME版】

    元々は、
    ゲームセンターのゲームで、
    ネオジオでも遊べたシューティングゲームですね。

    前回は、
    縦スクロールのシューティングゲームをネタにしましたが、
    今回は、
    横スクロールのシューティングゲームです。

    ゲームセンターでは、
    プレイしたことも、
    見たこともないですね。

    昔のシューティングゲームなので、
    今ほど弾幕は激しくないです。

    まぁ、
    横スクロールのシューティングは、
    あまり弾幕は激しくないですけどね。

    どちらかというと、
    弾を避けつつ、
    敵を避けつつ、
    地形を避けつつ、
    って感じですか。

    地形を意識しないといけないのが多いのが、
    横スクロールのシューティングゲームの特徴かもしれません。

    さて、
    そういうわけで、
    プレイしたのですが、
    いわゆる「ダライアス」の様な感じで、
    ステージを選択していくシューティングゲームです。

    三種類の自機から選んで、
    プレイするのですが、
    アチキ的には、
    この機体じゃないとこのステージの攻略は難しい、
    みたいなことは、
    全く分かりませんで、
    いつも適当に選んでプレイしています。

    コンティニューも、
    無限に出来るので、
    これまたラストまでは、
    アチキでも行くことは出来ます。

    残念というか、
    なんというか、
    連射機能がないのが、
    ちょっと大変でした。

    楽なのを覚えてしまうと、
    駄目ですな。

    それでも、
    指が痛くなる前には、
    最後まで行くことが出来たけど。

    もちろん、
    難易度の設定で、
    ノーマルなのかな、
    デフォルトの状態での話です。

    難易度を上げたら、
    確実に指が痛くなると思います。


    ◆「超鉄ブリキンガー」ダウンロード販売はこちら。








    関連記事

    テーマ : PCゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 動画

    ヴァルシュトレイの狂飇(きょうひょう) 【PC GAME版】

    いわゆる弾幕系縦スクロールシューティングゲームです。

    まぁ、
    このジャンルは、
    既にマニアというか、
    シューティングゲーム好きにしか相手にされないジャンルになっているような、
    なっていないような。

    アチキは、
    好きですよ。

    ヘボで、
    ヘタッピですが。

    もう、
    どうやって弾を避けるんだという感じですが、
    このゲームに関しては、
    そこまでシビアに避けなくても、
    とりあえずは、
    何とかなります。

    ついでに、
    昨今のシューティングゲームは、
    家庭用に限って言えば、
    いくらでもコンティニューできるので、
    難易度にもよりますが、
    最後まで進める事は思っている以上に出来ます。

    なので、
    弾幕の多さの見た目に騙されず、
    ちょっとプレイしてみると、
    結構、楽しめることが分かると思います。

    基本の撃って避けるだけで、
    遊べますから。

    そこから先は、
    興味が持てて、
    おもしろいと思ってから、
    色々とパワーアップの方法とか、
    戦い方とかを工夫したり、
    調べたりして遊べばいいかな、と。

    で、
    このゲームですが、
    ストーリーモードがあってですね、
    アチキは、
    やっぱり、
    物語ってとても重要だと思っているので、
    アーケードモードよりも、
    ストーリーモードからプレイするのですが、
    このストーリーの部分というか、
    説明というか、
    何というか、
    長いのですよ。

    はじめはいいんですけど、
    ゲームの途中では、
    休憩と言うには、
    ちょっと長すぎる感じで、
    いい感じでのってきているので、
    そのリズムでプレイしたいな、
    と思っても、
    物語の語り部が終わらない。

    長い。

    キャラクター同志の掛け合いもあるのですが、
    それだけで十分だと思ってしまうほど、
    長い。

    スキップも出来るのですが、
    それをすると、
    ストーリーモードを選んだ意味がない。

    二回目ならいざしらず。

    そんな感じで、
    目が痛くなる派手な演出で、
    ゲームとして、
    可もなく不可もなくなのですが、
    ストーリーモードのあの長さだけは、
    もうちょっと何とかならなかったのかな、と。

    身近すぎるのも、
    何だけど。

    そのさじ加減は難しいですな。

    人によって感覚も違うし。

    でも、
    ゲームは楽しめますよ。


    ◆「The Hurricane of the Varstray -BUNDLE EDITION- (ヴァルシュトレイの狂飇(きょうひょう))」のダウンロード販売はこちら。








    関連記事

    テーマ : PCゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 宇宙 動画

    カリブの海賊王 【2005年製作:映画】

    タイトルまんまのないようです。

    カリブの海賊王と言われた、
    「黒ひげ」こと、
    エドワード・ティーチのお話しです。

    実話を元にしているそうです。

    まぁ、
    キチンとした記録が残っているわけでもないでしょうから、
    逸話や、
    活動記録などから、
    多分にフィクションで描かれているのでしょう。

    と言うか、
    そう言うのが、
    大方の実話に基づいた映画です。

    ドキュメンタリーでもないかぎり、
    基本的には、
    映画としてのエンタテインメント性というのは、
    必要ですからね。

    良くも悪くも、
    おもしろおかしく作らなければならないケースがあると言う事です。

    さて、
    そんなわけで、
    大方の流れは、
    きっとこうなんだろうな、
    という感じで楽しめましたが、
    こと、
    エンタテインメントの部分で言えば、
    もう少し、
    やりようがあったのではないかと思ってしまい、
    ちょっと残念。

    実話というか、
    史実というか、
    そういう所に縛られすぎたのかもしれませんな。

    でも船員たちとのやり取りや、
    海賊たちとのヤリとか、
    その辺は、
    基本、フィクションなのだから、
    もちっと見せ方、
    やり方があったのかな、と。

    結構、
    ビジュアル的には良くできていたので、
    ないようがもっとよければ、
    と思った次第です。

    と言う事で、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 伝記 海洋 海賊 動画

    透明人間 【1992年製作:映画】

    ジョン・カーペンター監督作品です。

    ですが、
    はじめてこの映画のタイトルというか、
    紹介をみて、
    ジョン・カーペンター作品だとは思わなかったですね。

    キチンと、
    スタッフとかをみていれば、
    すぐに気づいたのでしょうけど。

    公開当時は、
    主演のチェビー・チェイスの名前をみて、
    コメディ映画か、
    と思って、
    そこまでチェックする気にならなかったのですよ。

    なので、
    それでも、
    気になっていた映画なので、
    レンタルして見ていたんですけどね。

    で、
    その時も、
    ジョン・カーペンターの名前は、
    入ってこなかったな。

    と言う事で、
    今回は、
    ジョン・カーペンター監督作品だと言う事で、
    認識した上で、
    改めてレンタルして見ましたよ。

    はじめて観た時と、
    印象はそれほど変わっていませんね。

    おもしろいですよ。

    普通にコメディ映画として。

    今ならもっと透明人間らしい見せ方が出来るのかもしれませんが、
    当時としては、
    とても良くできていると思いましたよ。

    透明人間の苦労って所から始まっているのがよいですよね。

    何にしても、
    ジョン・カーペンターらしいかどうかは、
    その名前を意識してみていると、
    あぁ、
    と思う演出とかありますけど、
    昔見た時は、
    そんなことを意識していなかったので、
    なんか、
    ジョン・カーペンターぽいな、
    とも思いませんでしたよ。

    ちなみに、
    この映画の原作は。
    小説です。

    日本でも翻訳されて出版されています。

    H・G・ウェルズの「透明人間」ではないですよ。

    両方とも読んだことはないですけど。

    まぁ、
    そんな感じではありますが、
    おもしろいので、
    興味があったらレンタルしてご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF コメディ 動画 ジョン・カーペンター サム・ニール ダリル・ハンナ

    パラダイム 【1987年製作:映画】

    原題は、
    実にB級ホラー映画ぽいタイトルで、
    邦題も、
    そのままの直訳で良かったのではないかと思えるのですが。

    と言うくらい、
    「パラダイム」というタイトルは、
    アチキ的には、
    イマイチだな、
    と。

    やっぱり、
    ジョン・カーペンター作品は、
    ある意味、
    分かりやすいB級映画タイトルが実にしっくりくる。

    とアチキは、
    個人的に思っているわけです。

    しゃれたタイトルは、
    似合わないよ。

    と言う事で、
    「パラダイム」ですが、
    冒頭の老人の死から始まり、
    その時手に持っていた謎の箱。

    そして、
    箱の中に入っていたモノ。

    教会での出来事。

    謎の緑の液体。

    実にいい感じです。

    コレを観て、
    ジョン・カーペンターは、
    H・P・ラヴクラフトが好きなのではないかと。

    「マウス・オブ・マッドネス」を観てもそうだと思うしね。

    そんなわけで、
    タイトルは、
    イマイチですが、
    中身は、
    良作です。

    と言っても、
    B級映画には、
    変わりないので、
    一般の人がどう思うかまでは、
    責任を負えないな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト SF 動画 ジョン・カーペンター

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー