キュート・リトル・バニーズ 【2017年製作:映画】

    ホラー映画ですね。

    それもSFホラーですよ。

    エイリアンが、
    人類の遺伝子をとりに来た話。

    そのエイリアンの姿が、
    とてもキュートなうさぎちゃん。

    と言う事で、
    タイトルまんまですな。

    バニーガールではなく、
    ウサギです。

    それも、
    見た目普通のウサギです。

    そして、
    一羽ではなく、
    何羽も登場します。

    もう、
    実におバカ映画の典型的な内容ですが、
    まじめに作っているところが、
    本当におバカ映画のことをよく分かっていると思わせます。

    なので、
    見ていて気持ちいいですよ。

    楽しいです。

    高得点は難しいですが、
    この手の物が好きな人は、
    十分楽しめる物になっています。

    アチキもその一人ではありますが。

    こういう作品をおもしろいと思ってしまうから、
    おもしろさの基準がおかしくなるんでしょうね。

    と言う事で、
    ウサギ型エイリアンと人類の死闘を楽しみたいと思う方は、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ホラー ちょいエロ エイリアン 動画

    早乙女選手、ひたかくす 8巻 【マンガ】

    青春ボクシングマンガですね。

    さて、
    相変わらず、
    ボクシングをしている時よりも、
    高校生活をエンジョイしているのが多いですが、
    それでも、
    部活動が中心のなので、
    ボクシングから離れることはないですな。

    なので、
    試合シーンが少なくても、
    ボクシングのイメージはしっかりと存在しています。

    さて、
    サトル君と早乙女選手の恋仲は、
    少しずつではありますが、
    しっかりと確実に進展しています。

    ラブコメ的な、
    一歩前進に歩行対と言う事も少なくて、
    そう言う歯がゆさはないですが、
    いちいち、
    小学生並みの恋愛関係が、
    初々しいと思うか、
    ウザイと思うのかは、
    人それぞれかな、
    と。

    ちなみに試合もあるのですが、
    あっという間に終わってしまうのですよね。

    一試合が、
    と言うより、
    大会そのものがあっという間に終わってしまいます。

    なので、
    結果だけで描かれていない試合とかが多い。

    試合ばかりで、
    その試合もすごく長くて話が進まないと言うよりは、
    良いのかもしれませんが、
    もう少し、
    試合の中身が描かれても良いのかもとは思ってしまいますね。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : スポーツ ボクシング コメディ 恋愛 学園 高校生 青春

    ドレスデン・ファイル 【TVドラマ】

    見た後で知ったというか、
    コレを書き始めて知ったというのが正解なのですが、
    このTVドラマ、
    原作の小説があったのですね。

    てっきり、
    TVドラマのオリジナル作品だと思っていました。

    さて、
    内容は、
    魔法使いが登場する物語です。

    でも、
    舞台は現代で、
    ファンタジーな世界の話ではないです。

    子どもの頃から特殊な能力、
    いわゆる超能力的な力を持った少年が、
    色々とあって大人になり、
    警察のコンサルト的な仕事をしているといった感じの物語です。

    魔法的な存在も一杯出てきて、
    そう言う組織もあって、
    それなりに楽しい内容です。

    設定的にはどこかで見たことがあるような感じではありますが、
    そう言うのは良くあることなので、
    あまり気にしません。

    物語がおもしろければ良いので。

    と言う事で、
    物語はそれなりに楽しめるのですが、
    キャスティングか、
    どうもアチキの好みではないのが少々残念でしたね。

    主役の男性も、
    まぁ、
    雰囲気はあるので良しとしても、
    ヒロイン、
    特に後半からは、
    その位置になった感が強い刑事の女性が、
    アチキの好みからちょっと外れていて、
    それが残念と言う事ですね。

    あの刑事さんが、
    魅力的な女性であれば、
    見る楽しみがもっと増えたのにと思います。

    そんなに悪くない話なのですが、
    どうもシーズン1というか、
    続編がないので、
    シーズンも何もないのですが、
    これで終わりです。

    視聴率が悪かったのでしょうね。

    やはり、
    主人公の男性も女性が喜ぶビジュアルの人が良かったのかも。

    でも、
    内容は悪くないので、
    興味があったらご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : ファンタジー 犯罪 刑事 魔法 動画

    極主夫道 (ゴクシュフドウ) 1巻 【マンガ】

    「極主夫道」です。

    「ゴクシュフドウ」と読みます。

    一応、
    ググって調べました。

    「ゴクシュフドウ」って読むんだろうな、
    と思っていましたが、
    もしかしたら違うかも、
    と言う所で、
    ググりました。

    「キワミシュフドウ」とか、
    全くの当て字のように読むとか。

    でも、
    当て字のように読むのなら、
    ルビとか、
    そんな感じの表記があると思ったので、
    違うだろうな、
    と思っていましたよ。

    だから、
    普通に読むのだろうと。

    でも、
    なんか、
    疑問に思ってしまったので、
    ググったというわけです。

    たまに、
    あるんですよ。

    些細なことが気になるって。

    いつもは、
    いい加減で、
    そんなことは気にしないのに。

    さて、
    内容ですが、
    元ヤクザが、
    専業主婦をしている話です。

    それも、
    極悪の最凶ヤクザが、
    専業主婦という話。

    「強」が「凶」というのも、
    ポイントですね。

    なにしろ「不死身の龍」と呼ばれるほどの男。

    それが、
    主婦しているという。

    あっ、主夫ですね。

    新婚なのかな。

    子どもはいないようです。

    この手の設定だと、
    主夫として修行中の身という感じなのですが、
    プロです。

    修行中ではありますが、
    プロです。

    ヤクザなのに、
    プロの主夫。

    そのギャップがおもしろいと言うことですね。


    オチの部分で、
    もちっと続きがあればな、
    という感じのエピソードもチラホラしますが、
    その余韻も含めて、
    良いのでしょうね。

    ちょっと長めの四コマ漫画的な感じがとても良いです。

    そう思わせるのは、
    最後のオチの部分が、
    えっ、
    コレで終了、
    って感じで落として終わっているところから来ているのかも。

    全てではないですけどね。

    それが、
    もちっと続きがなんて思ってしまうのです。

    と言う事で、
    おもしろかったので、
    続きも買って読もうと思います。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ

    スクリーミング 夜歩く手首 【1973年製作:映画】

    ホラー映画ですね。

    1970年代の作品ですから、
    古い映画なのですが、
    アチキの感覚だと、
    そんなに古くはないな、
    と。

    ちなみに、
    「スター・ウォーズ」の一作目が1977年です。

    ちなみに、
    「2001年宇宙の旅」は、
    1968年です。

    ついでに、
    「機動戦士ガンダム」が放映されたのは、
    1979年です。

    こうして、
    メジャーな作品の年代を並べると、
    アチキのようにそんなに古くは感じないでしょう。

    でも、
    画を見ると、
    う~ん、
    古い。

    って感じなんですよね。

    さて、
    内容は、
    タイトルのまんまの映画です。

    手が歩きます。

    アダムスファミリーではないのですがね
    手が歩きます。

    怪奇大作戦にも手が歩くような、
    似たようなエピソードがあったかな。

    まぁ、
    そんな感じで、
    ホラー映画としては、
    特に変わった内容ではないですね。

    となると、
    見せ方や、
    その手の由来とか、
    そういう所が興味の対象になるのかな。

    手だけが歩いていても映画としては、
    怖くないというのが、
    実情ですからね。

    これが、
    本当に現実として手が歩いていたら、
    怖いと思うのか、
    伏木気と思うのか。

    手と出会った状況で変わるのかな。

    と言う事で、
    あまり一般の方には、
    お勧め出来ませんが、
    B級ホラー映画ファンなら楽しめると思いますよ。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    F1 2019 Round.6 モナコGP

    伝統のモナコGPですね。

    ほぼオーバーテイクがないレースですが、
    誰も、
    と言うと語弊があるかもしれませんが、
    普段なら声を大にして大問題にしているモノが、
    このグランプリでは、
    それは仕方がない、
    と言う風に鳴り、
    それでもレースはおもしろいとなる。

    オーバーテイクが無くてもレースがおもしろいと感じるのに、
    オーバーテイクが無いとおもしろくない、
    という短絡的な話であれば、
    モナコGPなんか、
    とっとやめればいいのに、
    となると思うのだが、
    そんなことにはなりません。

    レースのおもしろさは、
    オーバーテイクだけではないとのですよ。

    もちろん、
    一番その行為が分かりやすいから、
    レース初心者でも楽しめる部分ですから、
    ファンが減ってきたと言われれば、
    新しいファンの獲得のためにも見て分かりやすいレースが求められると言う事ですな。

    と言う事で、
    今回のモナコGPは、
    ニキ・ラウダの訃報によって、
    追悼グランプリの様な催しになりました。

    アチキも、
    ニキ・ラウダを知ったのは、
    実は、
    アニメ「グランプリの鷹」だったと思うのですが、
    そこで、モナコでのレースの話があり、
    ニキ・ラウダという名前だったかどうかまでは憶えていませんが、
    明らかに、
    ニキ・ラウダをモデルとしたドライバーが、
    日中、サングラスをつけたり外したりして、
    目の訓練というのですかね、
    そう言うのをしているシーンがあり、
    それは、
    何のためだ、
    と言う所で、
    モナコの名物であるトンネルを抜けた後、
    まぶしくなるのを慣れる為の訓練だということで、
    すげぇ~、
    と子どもだから余計感心したモノです。

    その、
    すげ―ドライバーってどんな奴だよと言う所から、
    ニキ・ラウダを意識するようになって、

    本物のニキ・ラウダの凄さを知るに到ったと言う事ですな。

    実際、
    セナを好きになる前は、
    ニキ・ラウダが一番好きなドライバー、
    と言うか、
    名前を知っているドライバーでしたからね。

    と、脇道にそれまくりの内容になってしまいましたが、
    タイヤ戦略をミスしたとしか思えないメルセデスのハミルトンを、
    執拗に追いかけ回して、
    何とか、
    抜こうとしているレッドブルのフェルスタッペンは、
    実に見応えがありましたよ。

    もしかしたら、
    抜けるのではないか、
    と期待させる何かがありましたね。

    逆に、
    マンセルに追いかけられるセナの時は、
    抜かせないセナの凄さを感じたモノですけどね。

    どちらを応援しているかで、
    見方が変わるって事ですな。

    そんなわけで、
    タイムペナルティで、
    表彰台は逃しましたが、
    レースは、
    オーバーテイクが無くても楽しめました。

    そして、
    これまた因果なモノですが、
    モナコ出身のルクレールだけが、
    リタイアに終わったレースでもありました。

    何ですかね、
    本当に、
    F1って、
    ドライバーの地元開催では、
    中々優勝できないイメージがあります。

    ルクレールも、
    いつモナコで優勝するのか、
    色んな意味で、
    楽しみですね。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    トラフィック 【2000年製作:映画】

    スティーヴン・ソダーバーグ監督作品ですね。

    結論から言うと、
    いかにもスティーヴン・ソダーバーグらしい作品かな、
    とアチキは思いました。

    内容は、
    アメリカとメキシコに跨がって取引されている麻薬シンジケートについての話。

    まずは、
    麻薬を取り締まる人物の話。

    取り締まる側の人間だが、
    その娘が麻薬常習者という、
    いかにもありそうな話。

    そして、
    アメリカで麻薬の販売ルートを持つ男。

    そんなことをしているとは知らなかった奥さんが、
    目の前で旦那が捕まり、
    それも麻薬絡みと言う事で、
    色々と怒るのだが、
    それらを越えた時、
    受け入れたのは、
    今までの生活棟、
    いかにもな感じ。

    そして、
    メキシコ。

    アメリカに麻薬を売りつけ富を稼ぐ者の下で働くことになる警察官。

    三者三様を、
    それぞれ描いて、
    そして、
    それらをつなぐのは、
    麻薬という物だけ。

    それらの人々が絡み合い、
    コミュニケーションをとることはないです。

    コミュニケーションの手段というか、
    つながりは、
    麻薬だけ。

    メキシコからアメリカに運び込まれる麻薬に関わる人たちの物語。

    派手さはないが、
    しっかりとその支店を描いていく当たりが、
    スティーヴン・ソダーバーグらしいかな。

    興味があれば、
    一般の方もレンタルして観て楽しめるかも。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス ドラマ 刑事 動画 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ マイケル・ダグラス

    バンク・クラッシュ 【2007年製作:映画】

    邦題のタイトルを直訳すると、
    銀行破壊って感じですかね。

    まっ、
    映画の内容もそんな感じです。

    主人公が、
    銀行に行ったら、
    銀行強盗の集団が現れて、
    逃げた先が金庫の中。

    そしたら、
    既にそこには、
    先客がいて、
    実はそいつは、
    銀行強盗の仲間。

    と言う事で、
    金庫の中の主人公と銀行強盗の仲間と、
    銀行強盗と、
    警察の三つどもえのやり取りが、
    最後まで続きます。

    コミカルなところもあって、
    最後まで楽しんで観ました。

    典型的な巻き込まれ型主人公の話ですね。

    どうにか生きて助かる方法を模索していく、
    って感じの話です。

    単なる交渉ではなく、
    無い知恵を絞ってと言う感じの主人公がいい感じですね。

    それなりに、
    展開を考えているので、
    通らばリーチみたいな強引な展開は、
    あまりないです。

    さすがに金庫から脱出は、
    出来過ぎだろう、
    って気もしなくもないですけどね。

    でも、
    レンタル代分は、
    十分楽しませてもらいました。

    なので、
    いつもなら一般の方にもお勧め出来るかな、
    くらいの感じなのですが、
    相変わらず、
    世間一般の感覚とアチキは、
    ずれているようで、
    TSUTAYA DISCUSのレビュー評価は、
    すこぶる低いので、
    たぶん、
    一般の感覚では、
    そうなんでしょうね。

    と言う事で、
    いつものように、
    B級映画好きなら楽しめると思いますので、
    興味があれば、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 アクション サスペンス 警察 動画

    チェーン・リアクション 【1996年製作:映画】

    キアヌ・リーブスモーガン・フリーマンが出ている映画です。

    が、
    どうもアチキは、
    レイチェル・ワイズ目当てでレンタルしたようです。

    一連のレンタルの流れからそう思っているわけですよ。

    それがなくても、
    いずれ見ようとは思っていた映画であるのも確かですね。

    キアヌ・リーブスモーガン・フリーマンが出ている映画ですから。

    ちなみに、
    モーガン・フリーマンは、
    悪者です。

    主人公は、
    キアヌ・リーブスです。

    次世代のエネルギーとうか、
    エネルギー理論になるのかな、
    それを確立して、
    実際にエネルギーを手に入れられるかという事件をしているのですが、
    あと少しで、
    と言う所で、
    失敗というか、
    陰謀によって大変な事になってしまいます。

    その犠牲者がキアヌ・リーブスで、
    そのシナリオを描いたモーガン・フリーマンから逃げて、
    自らの潔白を証明するという話です。

    中々見応えがあり、
    思っていたよりもおもしろかったです。

    コレなら、
    一般の人が見ても楽しめるのではないでしょうか。

    ちなみに、
    お目当てのレイチェル・ワイズですが、
    とても良い感じですよ。

    ヒロインですからね。

    当然と言えば、
    当然って感じです。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 サスペンス 動画 キアヌ・リーブス モーガン・フリーマン レイチェル・ワイズ

    ビューティフル・クリーチャー 【2000年製作:映画】

    レイチェル・ワイズ主演のサスペンス映画です。

    この映画もレイチェル・ワイズ目当てで見た映画と言う事ですね。

    すっかり忘れていましたけど。

    クリーチャーというタイトルが付いているくらいだから、
    モンスターとか出てくる、
    SFやホラー映画なのかとも思えるのですが、
    普通のサスペンス映画です。

    二人の女性があることが切っ掛けで知り合い、
    それぞれ、
    旦那と愛人に困っていることから、
    あることが計画されます。

    まぁ、
    それも、
    ある意味、
    行き当たりばったりみたいな感じですけど。

    すごく真剣なドラマなのですが、
    滑稽な感じで、
    ちょっと笑えます。

    何はともあれ、
    一番の見所が、
    レイチェル・ワイズの美貌という感じの映画かな。

    それなりに、
    ハラハラドキドキの展開ですけど、
    あくまでそれなり、
    って感じです。

    悪くはないけど、
    興味があればご覧ください、
    って事かな。

    アチキのように、
    出演している人目当てとか、
    監督目当てとか、
    そう言うのがあれば、
    レンタルしてご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 動画 レイチェル・ワイズ

    ラスト・リゾート 孤高の戦艦 【TVドラマ】

    これは、
    中々おもしろかったですよ。

    サブタイトルでは、
    戦艦となっていますが、
    登場するのは、
    原子力潜水艦です。

    なんで戦艦と名づけたんでしょうね。

    まぁ、
    戦う艦ということなんでしょうか。

    さて内容ですが、
    アメリカの原子力潜水艦コロラドが、
    パキスタンへの核ミサイル攻撃の指令を受け取ることから物語が始まります。

    さすがに核ミサイルですから、
    艦長もびびりながら、
    軍人の命令は絶対という所から、
    緊急時でもないのに命令が通常ではない経路から来たことに疑問を持ちます。

    それで、
    発射を延期して、
    真偽を本国に問い合わせるのですが、
    命令違反で反逆罪になり、
    他の原潜が核ミサイル攻撃を実施。

    コレはやばいと、
    このことの真偽を確かめるべく逃亡します。

    逃亡先は、
    NATOのレーダー基地があるインド洋の孤島。

    そこで、
    今回の陰謀と身の潔白を証明するべく、
    アメリカと戦う事になります。

    ちょっとネタバレになりますが、
    政府の一部とか、
    軍隊の一部の陰謀ではないです。

    もうはじめの頃から、
    その辺のことは見えてくるのですが、
    敵は政府の中枢そのものと言う事で、
    大変な戦いになります。

    話は変わりますが、
    いま、
    これを書いている段階で、
    アチキは、
    PS4で「エースコンバット5」をプレイしているのですよ。

    その「エースコンバット5」のストーリーが、
    似たような話でね。

    政府の中枢が、
    戦争を仕掛けているという話で、
    大統領は、
    幽閉されいるという展開なんですよ。

    こちらは、
    大統領自らが、
    と言う展開ですけど、
    このドラマを見ながら、
    似ているなー、
    なんて思いながら見ていました。

    といった感じで、
    おもしろい話でしたが、
    1シーズンで終了です。

    最後の最後まで、
    次のシーズンへの伏線を用意していたので、
    どのタイミングで終了と判断されたのかは分かりませんが、
    少なくとも、
    後、2、3シーズンは、
    このテンションを保持したままいけそうだとは思いましたね。

    最後は、
    たたみかけるように収束に向かっていきます。

    逆に、
    無駄にだらだらとシーズンが続くよりは、
    この潔い感じでの終わり方で、
    良かったのかもとも思えます。

    コレなら一般の方でも楽しめると思いますよ。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : ミリタリー 潜水艦 サスペンス 動画

    陸上防衛隊まおちゃん 【アニメ】

    原作は、
    赤松健氏のマンガです。

    ですが、
    アチキは、
    読んだことないです。

    赤松健氏のマンガは、
    「ラブひな」と「魔法先生ネギま!」をちょっと、
    くらいですかね。

    なので、
    原作が、
    赤松健氏ということで、
    このアニメを見ながら、
    ああ、
    赤松健氏の作品だな、
    と感じることは出来ましたね。

    ノリというか、
    雰囲気というか、
    絵柄だけの問題ではなくてね。

    さて、
    内容は、
    タイトルからイメージ出来ると思いますが、
    地球を守るまおちゃんの話です。

    かわいいエイリアンが襲ってきて、
    小学生のまおちゃんが戦うという話。

    他にも仲間が出てきて、
    基本、
    三人の小学生で戦います。

    陸海空のエキスパートって感じですか。

    エキスパートって言うほど、
    すごいわけではないですけどね。

    なんか、
    最近もかわいいエイリアンというか、
    ぬいぐるみのエイリアンみたいなのが出てくるアニメを見たなー、
    なんてことを思い出しました。

    まっ、
    このアニメを見たのは、
    三年以上前ですからね。

    細かいことは忘れています。

    1話13分の全26話です。

    通常の30分アニメ(本編約26分)の1クール分の長さですね。

    13分ならショートアニメ、
    って事になるのでしょうが、
    最近は、
    2分、3分の本当にショートなアニメ作品が多いですからね。

    13分は、
    ショートってイメージでもなくなってきました。

    まぁ、
    なんとなく最後まで見ました、
    って感じで、
    原作のマンガまで読みたいな、
    という感じではなかったです。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : エイリアン アクション コメディ 小学生

    ティンクルスタースプライツ 【PC GAME版】

    これは、
    おもしろいですよ。

    シューティングゲーム版の「ぷよぷよ」って感じのゲームです。

    落ち物パズルの代わりに、
    シューティングゲームになっているという。

    本当に、
    それだけの変更なのですが、
    これがおもしろい。

    本当は、
    それだけ、
    と言う表現は適切ではないけど、
    プレイしている感覚からすると、
    そんな感じに撮れるくらいの出来です。

    良くできています。

    相手に敵を追加させるのも出来るし。

    連鎖と似たような感じで、
    敵を倒すことも出来るし。

    対人戦も燃えるだろうなー、
    という感じです。

    何しろ、
    ソロプレイで、
    CPU相手でしか遊んでいないので、
    人と対戦したらどうなのかは、
    想像の域を出ません。

    アチキは、
    PC用でダウンロード販売されているのをプレイしたのですが、
    これが、
    ストーリーモードが日本語対応ではなかったのよね。

    「ぷよぷよ」の用に、
    楽しげなストーリーなのに、
    思う存分楽しめないのは、
    アチキの語学力のように少々残念です。

    セガサターン版も持っていて、
    すでにプレイ済み。

    そちらは、
    しっかり日本語対応です。

    ハードの準備よりも、
    ゲームソフトを探すのが大変で、
    ついつい、
    懐かしさと値段が手頃なのもあって買ってしまったのですが、
    やはり、
    日本語表示で、
    しっかりストーリーを堪能したくなりましたね。

    暇があったら、
    家の中を引っかき回して、
    セガサターンのゲームソフトを探し出しますか。


    ◆PC版「ティンクルスタースプライツ」のダウンロード販売はこちら。








    関連記事

    テーマ : PCゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG SNKプレイモア 動画

    ゼイラム 2 【1994年製作:映画】

    「ゼイラム」の続編ですね。

    メインのキャストは、
    前作と一緒です。

    物語も前作からの続きになっているので、
    出来れば、
    こちらから見ないで、
    前作から順番通りに見て欲しいですね。

    前作も、
    ゼイラムを倒す物語で、
    特に何かドラマがあったわけではないですが、
    今回も、
    ゼイラムがパワーアップして帰ってきた、
    と言う事で、
    ゼイラムを倒すまでの話です。

    まぁ、
    SFアクション映画、
    と言う事ですから、
    中身なんて、
    極端な事を言えば、
    なくても良いわけです。

    ドンパチが渇良く楽しく爽快であれば、
    それらのアクションをすんなり受け入れさせてくれる流れというか、
    物語というか、
    そんなのがあればよいわけですよ。

    今回は、
    単純な展開から、
    仲間の裏切りとか、
    ストレートに物語が進行しない感じにはなっていますが、
    取り立てて複雑というわけでもないです。

    あんまり複雑にしてテンポが悪くなっては、
    この映画としては、
    マイナスのイメージになるでしょうからね。

    そう言うのは、
    そう言う物語とか、
    そういう設定の話の時に使えばよいのです。

    と言うわけで、
    アチキは。
    前作から1年以上間が開いてから見たのですが、
    前作がそれほど複雑な話ではなかったので、
    その感覚で見ても問題なく前の話を憶えていたので、
    楽しめました。

    出来れば、
    続けて見たかったんですけどね。

    TSUTAYA DISCUSの配送待ちで、
    1年以上間が開いてしまったというわけです。

    なので、
    今のレンタル状況は分かりませんが、
    続けて見たいと思うのであれば、
    TSUTAYA DISCUSでレンタルするのはね
    やめた方がよいですな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション エイリアン 動画

    ゼイラム 【1991年製作:映画】

    雨宮慶太監督の代表作ですね。

    先に書いておきますが、
    どうもアチキは、
    雨宮慶太監督の作品が、
    色んな所で評価されているのが、
    よく分からなかったりします。

    まぁ、
    雨宮慶太監督をまともに見たこともないので、
    いつかは、
    しっかりと見てみようと言うことで、
    今回、
    やっとこ見ましたという感じですね。

    感想は、
    おもしろかったです。

    もっと若い頃に見ていれば、
    また違った感想だったかもしれませんけど。

    良くも悪くも、
    日本の特撮SF映画って感じでしたね。

    色んな所で、
    日本の特撮SF映画の限界を見ている感じでした。

    コレでは、
    製作スタッフとかが優秀でも、
    残念な結果にしかならないな、
    と言う事を思ったりもしましたね。

    ついでに、
    SFというジャンルのマイナーさを改めて感じましたね。

    まっ、
    今では、
    この映画が作られた頃に比べれば、
    全然良くなっていますけど。

    さて、
    内容ですが、
    女賞金稼ぎのイリア(森山祐子)が、
    地球に逃げて?きたゼイラムを追いかけてきて、
    捕獲するまでの話。

    その過程で、
    地球人との交流?があったりして、
    なかなか楽しませてくれます。

    この手のジャンルが好きな方は、
    楽しめるのではないでしょうか。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション エイリアン 動画

    輝きの海 【1997年製作:映画】

    これまたレイチェル・ワイズ主演の映画ですね。

    こうして、
    続けて見ていると言うことは、
    TSUTAYA DISCUSでレンタル予約した時、
    レイチェル・ワイズ関連で、
    予約ボタンをポチポチクリックしていったのでしょうね。

    分かりやすいですね。

    基本、
    アホバカだから、
    簡単に行動が予測できてしまうと言うわけですな。

    さて、
    今回の「輝きの海」ですが、
    恋愛映画ですね。

    異国の男性が、
    船が難破して流れ着いて村で、
    一人の女性と出会い、
    恋をして、
    結婚して、
    子どもを産んで、
    過程を気づき、
    そして、
    という感じの映画です。

    これが、
    中々おもしろかったのですよ。

    ただ二人の関係を描いていくだけでなく、
    村での二人の立ち位置とか、
    関係性とかも丁寧に描かれていて、
    そして、
    当然というと語弊がありますが、
    様々な障害を乗り越えて、
    生きていく二人。

    二人の名演もさることながら、
    控えめな演出も良い感じでしたね。

    見終わってから、
    うん、
    おもしろかったぞ、
    と思える余韻もあって、
    コレなら一般の方もご覧になって良いかと思いますよ。

    もちろん、
    この手のジャンルが好きな方なら、
    と言う事ですけど。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 恋愛 ドラマ 動画 レイチェル・ワイズ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー