F1 2019 Round.9 オーストリアGP

    なんと言ってもレッドブル・ホンダの初優勝におめでとうだな。

    レース前も、
    レース直後も優勝できるとは、
    小指の爪の先ほどにも思っていなかったよ。

    いや、
    スタートするまでは、
    小指の先ほどくらいは、
    もしかしたら優勝あるかも、
    と思っていたけど、
    フェルスタッペンのスタートの出遅れを見たら、
    あーあ、
    もう表彰台も難しいな、
    と。

    予選までの流れを見ても、
    前のフェラーリとメルセデスを抜いていくなんて、
    ちょっと無理だろうと思っていましたからね。

    1台、2台は、
    いけるか元は思っていたけど、
    さすがに優勝は、
    無いだろうと。

    それが後半の追い上げと追い抜き。

    モード11は、
    今年の流行語(F1限定だけど)になりそうな勢いでしたよ。

    2位を走っているボッタスを抜いた時には、
    いけるかどうか、
    優勝できるかどうかは、
    半信半疑でした。

    何しろ、
    5秒のタイム差。

    縮めることは出来ても、
    抜くまでいけるのかどうか。

    それでも、
    ここまで良く来たよ、
    といった感じでした。

    それが、
    接触しつつもトップのルクレールを抜いた時には、
    ガッツポーズしてしまいましたね。

    いやー、
    ホントにおもしろいレースでした。

    セナやキミ・ライコネンのレースを思い出しました。

    そして、
    何よりも、
    ホンダが復帰後初優勝というおまけが付いて、
    余計、
    おもしろさが倍増ですよ。

    それで言うと、
    鈴鹿のセナのレースに近い感動でしたね。

    もちろん、
    セナの方が感動の度合いは高いですけど。

    アレを越えるには、
    いや、
    同等の感動を味わえるのは、
    きっといずれ訪れるワールドチャンピオンをとった時でしょうね。

    ホントに今回のレースは、
    レッドブル・ホンダファン以外も楽しめたレースだと思いますよ。

    だからスチュワードも忖度したでしょうし、
    フェラーリも最低限の抗議だけで、
    結果を受けしれることにしたのでしょう。

    こういうレースがシーズンの内、
    何度かあれば、
    きっとF1は、
    もっともっと盛り上がると思いますよ。

    他にも色々と書きたいこと一杯ありますが、
    とりあえず、
    今回は、
    これくらいで。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    亜人ちゃんは語りたい 【アニメ】

    「あじんちゃん」ではなく、
    「でみちゃん」です。

    どうも若い子は、
    そう呼ぶようです。

    さて、
    そんな会話も楽しめるアニメ「亜人ちゃんは語りたい」です。

    ネタとして取り上げるのは、
    本来は、
    もっと先の予定でしたが、
    最近、
    原作のマンガを読んだので、
    そのネタを書く前に、
    先に見ていたアニメをネタにしとくか、
    と言う事で、
    今回、
    ネタにしました。

    さて、
    内容ですが、
    ヴァンパイアや雪女、
    デュラハン、
    ついでにサキュバスなどが、
    一般市民として生活している世界のお話し。

    それら亜人は、
    市民権を得ていて、
    ある意味、
    普通に生活しているのですが、
    絶対数が少ないので、
    中々、
    出会うことがないらしい。

    そこへ、
    新任の先生、
    入学してきた新入生、
    と全部で四人もの亜人が登場。

    亜人と語りたいという、
    一歩間違えると危ない人になりかねない、
    生物担当の先生が主人公。

    その先生が、
    学校にいるデミちゃんたちと関わっていく物語。

    いやー、
    おもしろかったです。

    一時期は、
    かなりヘビーローテで見ていました。

    なので、
    機会があったらマンガの原作も読んでみようと思ったわけですな。

    何がいいって、
    基本的に、
    ポジティブな感じなのがいいですね。

    あー、
    青春的なネガティブな話もありますけど、
    許容範囲です。

    何しろ、
    ヒロインたちが実に生き生きとしていていい感じなのがいいですよ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 学園 ハートフル ヴァンパイア 高校生 日笠陽子

    ヴァンパイア・ハンター 【2000年製作:映画】

    タイトルの通りの吸血鬼が出てくる映画です。

    ドイツ映画です。

    ドイツだから、
    何、
    って感じですが、
    まぁ、
    どの国の映画描きになるくらい、
    ちょっと残念な映画でしたね。

    それにしても、
    同タイトルの映画が、
    以前あったのに、
    使用できたとは、
    ちょっとビックリ。

    ちなみに、
    その映画タイトルは「ヴァンパイア・ハンター」で、
    もちろん邦題ですが、
    主演は、
    カー・スミスとブレンダン・フェアです。

    製作年は、
    2001年らしいですね。

    と言う事は、
    こちらの映画の方が古いのか。

    しかし、
    日本でリリースしたのがどちらが先かというのがあるからな。

    ちなみに、
    もう一つの「ヴァンパイア・ハンター」も、
    アチキは、
    見ていますよ。

    さて、
    こちらの映画の内容は、
    そのまんまヴァンパイアハンターの話です。

    とは言え、
    人間がヴァンパイアハンターというわけではないです。

    ヴァンパイアにされた主人公が、
    自分をヴァンパイアにしたヴァンパイアを探し出して、
    復讐しようとする物語です。

    分かりやすい内容で、
    いかにもB級ホラー映画の感じなのですが、
    色々と、
    作りが甘いというか、
    何というか、
    まっ、
    残念な感じなのですよ。
    これは、
    さすがに一般の方が見たら、
    クソミソに言われるでしょうね。

    そんなわけで、
    B級ホラー映画が好きな方で、
    興味があれば、
    レンタルして見てくださいな。





    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ヴァンパイア

    放課後さいころ倶楽部 3巻 【マンガ】

    いわゆるアナログゲームのマンガの第3巻です。

    前にも書きましたが、
    アチキは、
    ぼっちなので、
    ボードゲームやカードゲームに興味があっても、
    プレイできません。

    なので、
    マンガで紹介されている数々のゲームは、
    実に楽しそうなので、
    プレイしてみたいと思うのが、
    一杯ありますが、
    結果、
    無理だな、
    と思いながらマンガを読んでいます。

    今回も、
    色々なゲームが紹介されていますが、
    簡単そうで、
    奥が深いというよれも、
    難しいと感じたのが、
    「ごいた」というゲームでしたね。

    将棋のコマのようなモノで遊ぶゲームです。

    一見すると、
    将棋のコマのようです。

    ルールを説明し始めると、
    マンガを読みながら書かなくてはならないほど、
    ちょっと面倒というか、
    暗記していませんが、
    遊ぶには、
    四人必要と言う事です。

    四人で、
    バラバラに争うのではなく、
    二人一組になって遊ぶのです。

    この二人一組と言うが、
    このゲームの味噌であり、
    醍醐味であり、
    理解すると、
    凄くおもしろいそうだと言う事です。

    これは、
    実にハードルが高い。

    四人全員が、
    その部分を理解していなくてはならず、
    それを理解するまで、
    どの位プレイする必要があるのか。

    気軽に遊べるという感じではないですが、
    理解すれば、

    おもしろそうです。

    なんと、
    このゲーム、
    石川県の伝統ゲームで、
    協会というか、
    保存会というのがあるほどのモノです。

    とまぁ、
    マンガの内容よりもゲームの話にだけになってしまいましたが、
    マンガを楽しんで読みながら、
    そのようなゲームのことも知る事が出来る、
    実に楽しいマンガです。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ボードゲーム 学園 高校生 青春 日常 ハートフル

    グロリアの憂鬱 【1984年製作:映画】

    スペイン映画です。

    監督は、
    ペドロ・アルモドバルです。

    と言っても、
    アチキもこの監督の名前を覚えていたわけではないです。

    でも、
    「オール・アバウト・マイ・マザー」の監督といわれて、
    なるほどとも思いましたね。

    この映画を、
    何でレンタルして見たのかは、
    定かではありませんが、
    見てからの評価は、
    結構、
    おもしろかったと言う事なのですよ。

    特に、
    凄い事件が起きるわけでもなく、
    宇宙人も幽霊も出てくるわけでもなく、
    至って普通のドラマが繰り広げられるだけなんですけど、
    おもしろかったです。

    主人公の女性、
    タイトルにもなっているグロリアという名前になのですが、
    この女性の日常が描かれているといった感じです。

    もちろん、
    凄い事件はないですが、
    それなりに、
    ドラマになるような話の展開は起きます。

    とは言え、
    あくまでもグロリアの日常の話です。

    それなのに、
    最後まで、
    引きつけて見させてくれます。

    で、
    最初の話ですが、
    「オール・アバウト・マイ・マザー」の監督さんの作品と言う事で、
    あー、
    なるほどね、
    と納得したわけです。

    まぁ、
    「オール・アバウト・マイ・マザー」を見ていれば、
    話は簡単ですが、
    見ていないとなると、
    何のことかは、
    全く分かりませんな。

    要するに、
    極端な言い方ですが、
    普通の話なのに、
    最後までしっかりと見せてくれるドラマを撮れる人だな、と。

    まぁ、
    「オール・アバウト・マイ・マザー」は、
    普通の人が体験できるような話ではないですけどね。

    雰囲気は、
    似ているのですよ。

    なので、
    あの映画の監督だよ、
    と言われると、
    あー、
    と納得できるわけですな。

    そんなこんなで、
    興味があったら、
    レンタルしてご覧になって見てくださいな。

    コレなら、
    一般の方でも楽しめると思いますよ。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 日常 動画

    放課後さいころ倶楽部 2巻 【マンガ】

    2巻ですね。

    前回、
    このマンガの1巻をネタにした時に知ったのですが、
    このマンガ、
    もう14巻まで出ているのですね。

    いやー、
    さすがに、
    その巻数だと、
    大人買い出来ませんわ。

    まっ、
    少しずつ買って読んでいきたいと思います。

    途中で飽きなければね。

    さて、
    このマンガ、
    前回も書きましたが、
    ボードゲームやカードゲームなどの、
    いわゆるコンピュータゲームではない、
    ゲームがネタのお話しです。

    たまたま、
    去年、
    会社の近くの東急ハンズで、
    買い物をしている時に、
    バラエティグッズの売り場に、
    このマンガで紹介されているようなゲームが売られていて、
    へぇ~、
    おもしろそうだなー、
    と思って見ていたのですよ。

    で、
    当然ですが、
    プレイ人数が、
    三人以上というのがほとんど。

    没血のアチキには、
    とてもハードルが高い設定。

    おもしろそうだと思っても、
    プレイできないなー、
    と思っていたら、
    このマンガの作者も二巻のあとがきで、
    同じような事を書いていましたね。

    で、
    作者の凄いところは、
    好きな人を集めてしまって遊ぶと言う事をしてしまうところですね。

    アチキは、
    まず、
    そう言う場所に行くとか、
    参加することすらハードルが高いと思ってしまうのですよ。

    こうなると、
    このアナログなゲームを、
    コンピュータ上で再現して、
    コンピュータを相手に遊べるようにして欲しいなーと。

    CPUの思考ルーチンとか、
    色々と用意することを考えると、
    きっと採算が合わないのかもしれないな。

    せめて、
    ブラウザゲームにして、
    ネットで遊べるようにするとか。

    まぁ、
    音声だろうと、
    テキストだろうと、
    赤の他人とコミュニケーションをとるのが嫌な人には、
    無機質でもCPUを相手にして遊べる方がよいのかもしれないけどね。

    それに、
    一つのゲームではなく、
    5種類くらいこの手ゲームが入っていると、
    うれしいかな。

    そんなことを思いながら、
    マンガを読んでいました。

    ちなみに、
    この巻で登場していた「カタンの開拓者たち」というゲームは、
    ハンズでも売っていたし、
    何より、
    昔、
    良く「カタン」の広告を見たんですよね。

    マンガを読んでいると、
    実に、
    おもしろそうなんですけど。。。

    一人じゃ、
    遊べないんですよね。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ボードゲーム 学園 高校生 青春 日常 ハートフル

    地上5センチの恋心 【2006年製作:映画】

    相変わらず、
    なんでレンタルして見たのか動機が不明の作品です。

    ホント、
    アチキは、
    節操がないというか、
    見境がないというか、
    何でもいいんだな、
    と、
    つくづく思いますね。

    何でレンタルしたのかは、
    分かりませんが、
    当たりか、
    外れかは、
    分かります。

    まぁ、
    当たり、
    外れも、
    アチキの主観で、
    好みの問題なので、
    万人に対しての評価などの指針になることは、
    あり得ないと常に思っていますけどね。

    さて、
    そんなこんなで、
    この映画、
    結論から言うと、
    おもしろかったです。

    コレなら、
    一般の方でも、
    比較的受け入れられる人が多いのではないかな、
    と。

    いわゆる、
    ロマンチックコメディ
    って感じの作品です。

    そう言うジャンルだと、
    比較的若い人物が主人公になりがちですが、
    この映画では、
    中年女性という設定。

    早くに旦那を亡くして、
    一人で二人の子どもを育てているお母さん。

    仕事に育児にと、
    大変なお母さんですが、
    そんなお母さんをいやしてくれる、
    ストレス解消、
    唯一の楽しみ、
    それが、
    本を読むこと。

    その長手も大好きな作家さんがいて、
    その作家さんのサイン会が近所の本屋であると言う事で、
    当然行きます。

    そこから、
    ハートフルなコミカルなロマンチックな物語が始まると言う事ですな。

    いかにも、
    女性向けって感じですが、
    おっさんのアチキが見ても楽しめたので、
    男女問わず楽しめるのではないかな。

    興味があったら、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 恋愛 ハートフル 動画

    F1 2019 Round.8 フランスGP

    北米大陸から、
    再びヨーロッパへ戻ってきたF1です。

    昨年、
    久しぶりに復活したフランスGPになります。

    解説で、
    昔のフランスGPの話が出た時に、
    高速三連戦のネーミングを聞き、
    あー、
    そう言えば、
    そう言っていた時期があったな、
    と。

    なつかしいなーと。

    と言う事で、
    フランスGPの開催サーキット、
    ポール・リカール・サーキットは、
    ハイスピードのサーキットで、
    パワーがあるマシンが、
    とても有利です。

    と言う事で、
    フェラーリが、
    どこまでメルセデスに近づけるか、
    いや、
    追い抜けるのか、
    なんて期待していたんですけどね。

    結果、
    メルセデス、
    ここまで今シーズン負け無しです。

    というか、
    昨シーズンの終わりから、
    もう10連勝です。

    強いね。

    特に、
    今シーズンは、
    メルセデスのマシンに有利と言われているタイヤの仕様になって、
    全然歯が立たないって感じです。

    この調子で、
    メルセデスは、
    どこまで勝ち進んでいくんでしょうね。

    今週末もオーストリアGPがありますが、
    連戦なので、
    余程のアップデートがあるチームがない限り、
    劇的にパワーバランスが変わるとは思えないので、
    今週末もメルセデス有利の展開になるんでしょうかね。

    そろそろフェラーリに頑張って、
    メルセデスの連勝を止めて欲しいですね。

    その役目は、
    ベッテルではなく、
    ルクレールになりそうな気配ですけど。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    放課後さいころ倶楽部 1巻 【マンガ】

    期間限定で無料だったので、
    試しに読んで見ました。

    昔は、
    よく本屋で立ち読みしていたんですけどね。

    金なかったし。

    今じゃ、
    みんなビニールかかって、
    ビニ本になってしまって、
    立ち読みが出来ないから、
    新しい出会いって、
    昔ほどは、
    減ったかな。

    そうなると、
    ネット通販とか、
    他のモノでのレビューとかを参考にするしかないので、
    そう言うのをまめにチェックする人なら良いけど、
    アチキ、
    ほとんどしないからな。

    ネットでもちょい読み程度で中身が読めるとかなっているけど、
    表紙からのページからのカウントだったりして、
    物語か始まって1、2ページで読めなくなったりすると、
    全く意味ないですし。

    絵柄の確認だけしてもね。

    やっぱり、
    贅沢を言えば、
    1冊丸々読めるとうれしいです。

    まぁ、
    1巻しか出ていないモノでは無理だろうけど。

    そんなわけで、
    タイミングが合うと、
    こうして無料で読める時にチェックとかして、
    新しい出会いを求めるわけですな。

    このマンガは、
    タイトルから、
    何となくイメージしたものがあって、
    あらすじを見たら、
    イメージとそんなに違わなかったので、
    読んで見たと言うことです。

    物語は、
    主人公の女子高校生高屋敷綾が転校してきて、
    そこで出会った武笠美姫と仲良くなり、
    クラスメイトで委員長の大野翠の大好きなボードゲームとか、
    カードゲームに触れて、
    仲良くなって、
    みんなで楽しむという話。

    3話になって、
    やっとこメインのネタであるゲームが登場します。

    この展開だと、
    ちょい見せくらいでは、
    きっとこのマンガのおもしろさを理解できずに、
    続きを買おうとかも思わないでしょうね。

    なので、
    一冊、
    まるまる読めたので、
    良かったので、
    続きも読みたいと思いましたよ。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ボードゲーム 学園 高校生 青春 日常 ハートフル

    レディ・ヴァンパイア 美しき聖戦 【2007年製作:映画】

    いかにもなタイトルですね。

    B級映画です。

    ヴァンパイアが登場します。

    まぁ、
    タイトルにもなっているのだから出てくるとは思いますよね。

    たまに、
    裏切られることもありますが、
    この映画では、
    裏切られることはないです。

    但し、
    色々と期待すると、
    裏切られることになるでしょうね。

    何しろB級映画ですから。

    一般の方は、
    それこそ、
    クソミソに言ったりすることもありますからね。

    良く思うのですが、
    そう言う方って、
    どの部分に惹かれてレンタルして見ようと思うんですかね。

    そして、
    どの位の期待値なんですかね。

    すげぇ、
    おもしろそうだと思ってレンタルするんですかね。

    そこまでは思っていなくても、
    借りて損した、
    時間の無駄と思うケースの場合は、
    どの程度の期待値でそうなるのか、
    ちょっと興味がありますね。

    あー、
    余計なことばかり書いてしまいましたね。

    でも、
    そうでもしないと、
    三行くらいで終わってしまいそうだからですね。

    内容は、
    ある男の所行というか、
    何というか、
    行いによって復活したヴァンパイアが、
    自分たちが人類に変わって世界を支配するんだ、
    と言う嫌いの気持ちで、
    仲間を増やして人間と戦うと言った大筋ですが、
    予算の都合上、
    凄く局地的な戦いが繰り広げられます。

    まぁ、
    日本の特撮戦隊物とか、
    特撮ヒーロー物もそうですけどね。

    世界征服なのですが、
    はじめの一歩は、
    近所の町からみたいな感じで、
    とても世界征服を狙っているとは思えない感じが、
    委員ですけどね。

    子どもは、
    その位の世界観の方が身近に感じられて良いとは思いますけど、
    大人は、
    そうは思わない人が多いですからね。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルして見ても良いと思いますが、
    それなりなので、
    当然、B級映画が好きな人限定ですね。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ヴァンパイア ミリタリー 動画

    エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン 【プレイステーション4版】

    「エースコンバット」シリーズ最新作ですね。

    それもナンバリングタイトルとしての発売。

    前回は、
    ナンバリングされませんでしたからね。

    実際、
    戦闘機以外も操縦して戦うと言う事があったし。

    やっぱり、
    「エースコンバット」は、
    戦闘機を操縦してエースにならないとね。

    さて、
    キャンペーンモード、
    いわゆる、
    ストーリーモードと言っても良いモーとですが、
    こちらはね
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」の世界観で、
    自体的にも、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」の後の時代が描かれています。

    なので、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」で登場した大統領も元大統領として名前が出てきたり、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」で出てきた空母の後継艦も出てきたり、
    その時の館長の名前をいただいた空母が出てきたり、
    とまぁ、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」をプレイしていると、
    色々と、
    クスッと楽しめることがあります。

    特に、
    ラストは、
    なるほどね、
    と。

    このために、
    購入者に「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」を無料でプレイできるようにしたのね、
    と思わせるラストになっています。

    そして、
    さすが、
    プレイステーション4です。

    グラフィックが、
    ビックリするくらい綺麗になっています。

    まぁ、
    直前まで「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」を遊んでいたから尚更ですね。

    何しろプレイステーション2のグラフィックからプレイステーション4への進化ですからね。

    アチキの中では、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」も、
    「エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン」並のグラフィックだと脳内補完されていましたけど、
    いやー、
    「エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン」は、
    素晴らしいですね。

    そして、
    今回は、
    雲と空気を感じることが出来るようになりました。

    ミサイルなんか、
    風に流されていきますからね。

    色々と細かいところアップデートされていて、
    実に良かったです。

    しかし、
    不満がないわけでもないです。

    まず、
    キャンペーンモードです。

    はじめ、
    イージーとノーマルとハードしか無くて、
    あれ、
    ベリーイージーとエースはなくなったのか、
    と思っていましたが、
    まあ、
    エースは、
    ハードでもクリアすれば解放されるのかな、
    と思っていたらそうなったのでヨシとしましょう。

    そのレベルの難易度までを楽しめるのかは別の話ですけど。

    そして、
    キャンペーンモードの物語ですね。

    悪くはなかったです。

    いや、
    良かったと言っても良いでしょう。

    でも、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」に比べればちょっと落ちるかな。

    アチキとしては、
    「エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン」では、
    ルート選択が出来れば良かったのに、
    と思いましたね。

    せっかく、
    第444航空基地飛行隊という素晴らしいネタがあったのに、
    それを使い切っていないのが残念でした。

    あの時、
    主人公に舞台に残るか、
    護衛をさせるかで、
    物語が分岐しても良かったのに、と。

    護衛の物語は今のままで、
    残った時は、
    違う展開と、
    当然違うミッション。

    ラストは、
    一緒でも良いけど、
    関わっている立ち位置が違うので、
    そう言う立ち位置での物語の展開。

    スクラップクイーンとの関わり方も、
    もっと密接になるような感じでの展開が描けたのに、
    と。

    それこそ、
    今からでも、
    その物語を追加したのを発売しても良いのでは、
    と思いますよ。

    パッケージでも、
    ダウンロードでも、
    本体を持っていれば、
    追加分だけの購入で、
    本体な蹴れ罰場セットされた物を発売するとか出来ると思うんだけどな。

    まぁ、
    物語の部分のムービー製作と、
    ミッションの製作という感じで、
    一本新作作るのと変わらない気もしますけど。

    そう思えるくらい、
    キャンペーンモードが、
    残念で物足りないと思ってしまいました。










    関連記事

    テーマ : PLAYSTATION®4
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 戦闘機 ミリタリー 戦争 動画 バンダイナムコ 雪野五月 潘めぐみ 早見沙織

    片腕マシンガール 【2007年製作:映画】

    一応、
    邦画にしとこうかな。

    もうタイトルからして、
    B級映画ですね。

    日本だと、

    B級映画ってイメージが、
    それほど無くて、
    いわゆるVシネマが、
    B級映画にあたる、
    って感じを受けます。

    まぁ、
    アチキのB級映画のイメージって、
    ジャンルで言うと、
    ホラーやSFだから、
    余計そう思ってしまうのかもしれません。

    と言う事で、
    いかにもB級映画らしいタイトルの作品で、
    アチキとしては、
    有りですね。

    でも、
    おもしろいかどうかは、
    また別の話。

    物語は、
    簡単に書くと、
    いじめられっ子が、
    片腕にマシンガンをつけて、
    復讐するという話。

    まぁ、
    純粋ないじめられっ子というわけでもないですけどね。

    悪者をやっつける、
    見たいな正義の味方ではないですよ。

    単なる復讐劇です。

    アチキとしては、
    予算の都合上色々と妥協しなくてはならないのは、
    よーく、
    分かるのですが、
    演出と演技は、
    もう少しなんかならなかったのかな、と。

    まぁ、
    製作の日数の都合で突き詰められないのもよく分かりますけどね。

    レンタルして観る分には、
    楽しめるので、
    興味のあるB級映画ファンの方は、
    ご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション バイオレンス 動画

    エースコンバット 5 ジ・アンサング・ウォー 【プレイステーション4版】

    今のところ一番好きなエースコンバットシリーズ作品ですね。

    今のところというのは、
    当然、
    今後、
    コレを越える好きな作品が出る可能性がありますからね。

    過去の思いでだけがどんどん美化されて、
    それに負けないくらいの作品が出て欲しいな、
    と。

    それこそ、
    熟成期間が長くならない程度にシリーズの続編が出て欲しいな、
    と。

    と言う事で、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」ですが、
    プレイステーション4番となっていますが、
    新たにプレイステーション4用として、
    リメイクされたわけではございません。

    単に、
    プレイステーション4で動くようにして発売?された物です。

    なので、
    グラフィックとかは、
    昔のまんまです。

    あまりにも昔のまんまだったので、
    アチキの脳内補完が凄すぎて、
    アレ、
    こんなにショボかったかな、
    と思ったほどです。

    オリジナルのプレイステーション2版も持っているので、
    いつでも確認できるのですが、
    そんなことはしません。

    さて、
    このゲームですが、
    何故今更再プレイかというと、
    新作の「エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン」の特典として付いてきたのです。

    太っ腹ですね。

    丸々一本のゲームソフトが付いてくるなんて。

    まぁ、
    久々のエースコンバットシリーズ新作ですし、
    今回の「エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン」は、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」の世界観と、
    物語の次巻軸で、
    続編となっているからです。

    なので、
    前回の物語を知っていると、
    より楽しめると。

    もちろん、
    知らなくても楽しめるようにはなっています。

    と言う事で、
    アチキは、
    基本的な物語の内容は、
    憶えていたのですが、
    改めて、
    再プレイすることに。

    それも、
    早く今回の「エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン」をプレイしたかったので、
    物語だを楽しめればいいかな、と。

    で、
    プレイし始めたらとまりませんでしたね。

    ベリーイージーからはじめて、
    エースまでの難易度全てのキャンペーンモードを堪能してしまいました。

    最後は、
    難易度エースで、
    全てのミッションをSランクでクリア。

    他の難易度も全てSランクに使用かな、
    と思ったところで、
    「エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン」も、
    早くプレイしたいと言う事で、
    やめました。

    いやー、
    やっぱり楽しいですね。

    物語の良さもそうですが、
    こうしてプレイすると、
    ミッションの内容も良かったな、と。

    アチキのような、
    ヘボプレイヤーでも楽しめる難易度で、
    実に良いです。

    なので、
    もしかしたら上級プレイヤーとか、
    普通のプレイヤーなんかは、
    簡単で、
    ダメなのかもしれませんね。

    やっぱり、
    ジャンルにも寄りますが、
    ゲームの難易度というのは、
    難しい物です。

    とは言え、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」は、
    今プレイしても最高に楽しいゲームでした。










    関連記事

    テーマ : PLAYSTATION®4
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 戦闘機 ミリタリー 戦争 動画 バンダイナムコ 石塚運昇 山崎和佳奈 大塚周夫 平田広明

    チャンス・ボール 【2007年製作:映画】

    ハートフルコメディですね。

    それも野球を題材にしたハートフルコメディです。

    いいですよね。

    好きなジャンルと内容なので、
    それなりに期待して見てしまいますね。

    ワクワクドキドキの期待ではないですけど。

    安心感とか、
    心温まる気持ちとかにさせてくれるのかなぁ、
    とか、
    そんな期待感ですよ。

    さて、
    内容ですが、
    ちょっとファンタジーはいっています。

    それはそれで問題なしです。

    メジャーリーグの有名選手がいます。

    でも、
    とても褒められた性格ではありません。

    それが、
    あることが切っ掛けで、
    少年時代に戻ってしまいます。

    それも、
    今までの記憶を持ったまま。

    そう。

    少年時代のあの日を大人になった意識で、
    もう一度繰り返すことで、
    少しだけ違った選択が生まれます。

    自らの成功と、
    友達との友情、
    そんなのも天秤にかけたりしてね。

    はてさて、
    彼は、
    最後ハッピーエンドを迎えることが出来るのか。

    と言う事ですが、
    まぁ、
    この手の映画で、
    アンハッピーなバッドエンドなんかは、
    ほとんど無いし、
    あったとしても受け入れられないでしょうね。

    お約束、
    定番と言われようと、
    安心のハッピーエンドでないね。

    それを見る側の人たちは、
    期待していると思うから。

    間違いなく、
    アチキは期待していますよ。

    ちなみに、
    この映画、
    シリーズ物ぽい感じですね。

    原題を見たら「3」の文字が。

    で、
    検索してみたら「サンドロット/僕らがいた夏」が一作目で、
    その続編が「わるわる探犬隊」らしいです。

    まぁ、
    物語として繋がっているわけではなさそうですけど。

    で、
    レンタルして見てみようかな、
    と思って、
    TSUTAYA DISCUSで検索したら、
    一作目が無かったんですよね。

    うーん、
    ちょっと残念。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ ハートフル スポーツ 野球 動画

    監獄学園 (プリズンスクール) 5巻 【マンガ】

    もう5巻まで来ましたね。

    でも、
    先は、
    まだまだ長いです。

    最後まで、
    たどり着けることが出来るのでしょうか。

    たまにあるんですよ。

    最後まであと少しという所で、
    力尽きて、
    読まなくなってしまう事って。

    「監獄学園 (プリズンスクール)」は、
    どうなるんですかね。

    さて、
    内容の方ですが、
    裏生徒会による男子退学計画は、
    いよいよ大詰め。

    少しずつ男子生徒たちを、
    精神的に追い詰めていきます。

    初っぱなは、
    ジョーから始まり、
    ガクト。

    そして、
    アンドレへと。

    しかし、
    一番の仕掛けは、
    シンゴなのですが、
    そこは、
    次の巻での話のようですね。

    自分たちが、
    ピンチだという状況をしらない男子生徒たち。

    盛り上がってきましたよ。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 高校生 ちょいエロ

    グランド・イリュージョン 【2013年製作:映画】

    実は、
    続編の「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」を、
    先に見ています。

    まぁ、
    そのことは、
    既に「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」をネタにしているので、
    そちらを見てもらうとして。

    一作目が興行的に成功しての二作目が作られているわけです。

    実際、
    物語としての出来は、
    こちらの方が良かった。

    トリックの派手さは、
    二作目の方がすごいですけど。

    さて、
    内容ですが、
    四人のマジシャンが公衆の目面前で、
    遠く離れたフランスの銀行の金庫から大金を盗むマジックを見せます。

    マジックではありますが、
    本当にお金を盗んでしまうのです。

    一体どうやって、
    と言うトリックの部分と、
    アリバイはあるが、
    盗んだ史実として犯人は分かっていると言う事で、
    警察にも追われるというサスペンス

    いい感じで、
    物語が展開していきます。

    そして、
    最後にハッキリする黒幕。

    二作目もおもしろかったですが、
    ある意味、
    当然という感じで、
    一作目もおもしろかったです。

    これなら、
    一般の方も十分に楽しめるエンタテインメントではないかな。

    興味があったら、
    是非レンタルしてくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 泥棒 サスペンス 刑事 動画 モーガン・フリーマン

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー