旦那が何を言っているかわからない件 【アニメ】

    原作は、
    マンガのようですね。

    まぁ、
    そんな気はしていました。

    そして、
    タイトルからも、
    旦那がオタクなんだろうな、
    と思っていましたが、
    その通りでした。

    さて、
    元は四コママンガらしいです。

    なので、
    と言うわけでもないでしょうが、
    ショートアニメなので、
    相性も良いのか、
    さくっと楽しめます。

    旦那がオタクで、
    尚且つ、
    ニート。

    いや、
    主夫をしているので、
    ニートと言っても、
    ちょっと違うか。

    奥さんが働いています。

    しかし、
    それほど収入が高いわけではございません。

    奥さんの友人関係は、
    至って普通の人たち。

    旦那の友人は、
    ネットにはいるけど、
    オフではそれほどいない様子。

    弟がいますが、
    これが、
    女性と間違われるし、
    男性が好きな様子。

    ついでに兄のことも好き。

    といった感じで、
    繰り広げられる話です。

    あっと言う間に見終わってしまうほどです。

    時間だけでなく、
    内容的にもそんな感じで実に楽しかったです。

    第二期もあると言うことで、
    続けて見ましたよ。

    そちらの件は、
    また今度ということで。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク 田村ゆかり 釘宮理恵 三石琴乃 堀江由衣 松来未祐 中原麻衣

    エイリアン・レイダース 【2008年製作:映画】

    B級SF映画ですね。

    なんか、
    見たことがあるようなタイトルですが、
    似たようなタイトルは、
    一杯ありますからね。

    邦題オリジナルタイトルかと思ったら、
    原題も同じでしたね。

    ちょっとビックリです。

    さて、
    内容ですが、
    とある田舎のスーパーに強盗団が侵入します。

    その場にいた客や従業員を拘束するのですが、
    ただの強盗とはちょっと違う感じ。

    物を盗むわけでもなく、
    目的は、
    別にあると言った所で、
    拘束した人たちを次々と尋問というか、
    検査というか、
    を始めます。

    そう。

    目的は、
    捉えた中にエイリアンがいるということ。

    それを突き止めて始末すること。

    スーパーの外には、
    警報で駆けつけた警察官たちが取り囲んでいて、
    当然、
    中の強盗団の目的は、
    強盗だと思っています。

    そんな中、
    強盗団たちは、
    目的を果たせるのか、
    といった感じ。

    敵だと思っていた者たちが、
    実は主人公たちで、
    頑張ってエイリアン退治していますよ、
    と言う展開で、
    中々良かったですよ。

    一般の方はどうだか分かりませんが、
    B級映画ファンなら楽しめると思いますので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション エイリアン 動画

    ライトジーンの遺産 【小説】

    神林長平著書のSF小説です。

    元々朝日ソノラマで出ていたようですね。

    あとがきを読んで知りました。

    ソノラマ文庫は、
    昔、
    それなりにお世話になりましたね。

    いわゆるジュブナイル系の小説を扱っていて、
    今で言うと、
    ライトノベルになるのか。

    ジュブナイルとなっていても、
    さすが神林長平と言うべきか、
    大人が読んでも楽しめます。

    内容は、
    謎の臓器崩壊という病におかされた人類が、
    臓器移植によって生き延びている世界の話。

    臓器移植が一般的で、
    その臓器も基本的には人工臓器で、
    その人工臓器だけで作られた人間が主人公。

    人工臓器の人工人間だけど、
    主人公には、
    サイファと呼ばれる超能力があって、
    その力を使って、
    警察の仕事をたまに手伝っている。

    物かダリは、
    その警察の事件絡みの話がメイン。

    連作短編で、
    それぞれ、
    各臓器がテーマになっています。

    腕、
    心臓、
    眼、
    皮膚、
    骨、
    声帯、
    といった感じですね。

    最後は、
    卵って事ですが、
    それが何かは、
    読んで確かめてください。

    やっぱり神林長平氏の小説はおもしろいな、
    と言う事で、
    いつか読破したいと思っていますが、
    いつになることやら。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 犯罪 刑事 ハードボイルド 神林長平

    F1 2019 Round.11 ドイツGP

    今回のドイツGPは、
    地元メルセデスの周年記念グランプリって感じで、
    現地では、
    色々とイベント盛りだくさんだったのでしょうね。

    空撮で見えていたメルセデスの歴代のF1カー(たぶん)が展示してあるブースは、
    ちょっと見てみたかったですね。

    さて、
    そんなこんなで、
    レリース前から盛り上がっていて、
    予選では、
    なんだかんだとメルセデスが1、3です。

    対するフェラーリが、
    地元ドライバーのセバスチャン・ベッテルが、
    まさかの予選で走れない状態に。

    ルクレールも、
    せっかくQ3まで行ったのに、
    そこで走れず、
    決勝では、
    ベッテル20番手、
    ルクレール10番手スタートですよ。

    そんな中、
    レッドブル勢は、
    フェルスタッペンが、2番でフロントロー。

    ガスリーも4番手につけて、
    来期、生き残りに頑張りました。

    ここまでは、
    って感じですけど。

    そして、
    スタートで2台のレッドブルが出遅れた時は、
    もう終わったと思いましたね。

    まぁ、
    フェルスタッペンが、
    スタート決めて、
    もしかしたらトップに出れば、
    優勝もあったかも、
    と思ったのですが、
    そうはなりませんでした。

    でも、
    決勝は雨。

    何があるか分からないと思って見ていたら、
    本当に、
    色々な事が起きました。

    最終的には、
    優勝は、
    レッドブル・ホンダのフェルスタッペン。

    2位に、
    なんとフェラーリのベッテル。

    そして、
    今回一番うれしかった3位表彰台に、
    トロロッソのクビアト。

    いやー、
    もう少しで、
    ホンダPUの1、2フィニッシュが見られたかもしれませんでしたが、
    ベッテル早かったですからね。

    下手したら、
    残り周回数がもっとあったら、
    フェルスタッペンも危なかったかもしれません。

    こんなに早く、
    2勝目を見られるとは、
    正直、
    思っていませんでした。

    うれしいことに、
    また録画データの永久保存版のレースが増えてしまった。

    それにしても、
    今回、
    残念だったのは、
    ガスリーとボッタスですか。

    ボッタスは、
    まさかのコースオフでのクラッシュ。

    持っていないと言えばそれまで出ですが、
    前回のイギリスGPでも、
    ファステストラップをハミルトンがファイナルラップで、
    それも使い古しのハードタイヤで出したことで賞賛されていましたが、
    アチキとしては、
    新品のソフトを穿いて、
    ファステストラップを狙いに行って、
    出したタイムを更新されてしまうくらいのタイムしか出せなかったボッタスのふがいなさを残念だと思っていました。

    そして、
    今回のコースオフ。

    表彰台所か、
    メルセデスのノーポイントのグランプリになってしまう原因を作ったミスですからね。

    レース後の審議でポイント券凱歌と思われていたハミルトンが、
    ポイントをとったので、
    ノーポイントはなくなりましたけど。

    しかし、
    こんな事をしていたら、
    ハミルトンの評価は上がるけど、
    ボッタスは落ちるよね。

    そして、
    ガスリー。

    予選までは良かったのに、
    レースは、
    全然ダメでしたね。

    まさか、
    トロロッソの後ろを走ることになるは。

    それも、
    アルボンにまで抜かれるなんて。

    あせって、
    何とかしようとした結果、
    アルボンと接触、
    そして、
    リタイアですか。

    せめて完走しなさいよ。

    いやいや、
    あんな所でうろちょろしているなよ。

    マシンの性能としては、
    そんなところを走るマシンじゃないだろうと。

    まぁ、
    本人も分かっていて、
    焦って接触なんだろうけど。

    最悪の結果になってしまいましたね。

    ダメダメな二人が、
    来期も同じチームにいられるのかは、
    きっと、
    今週末の結果で、
    決まりそうな感じですね。

    そーいえば、
    ハースの二人は、
    また同じような事していましたね。

    こちらも来期のドライバーラインナップがどうなるのか楽しみですよ。

    せっかく、
    グロージャンなんか、
    敵チームには、
    譲りまくって無理しないで走っていたのに、
    チーム同士でやってしまうなんてね。

    さぁ、
    今週末も色々と楽しみなグランプリになりそうですよ。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦 【2004年製作:映画】

    タイトルに主演者の名前が出ているのは、
    発売元か配給元が、
    内容では客を引きつけられないと思った空なんでしょうね。

    今回のタイトルも、
    スカーレット・ヨハンソンのファンに向けて、
    この映画に出ているから見てくれよ、
    という意味でタイトルに名前を入れていると言う事でしょう。

    まぁ、
    「百点満点大作戦」では、
    ちょっと微妙だと思ってしまうのは、
    確かですね。

    それこそ、
    昔、
    「ザ・カンニング」などという、
    カンニングして百点を取ろうというか、
    赤点をとらないようにしようという映画がありましたが、
    まだ、
    そちらのタイトルの方が、
    分かりやすくて、
    見たいという気にさせますね。

    ちなみに、
    この映画の原題は、
    「THE PERFECT SCORE」です。

    「百点満点大作戦」と邦題をつけたくなる気持ちは、
    ほんの少しだけ分かりますね。

    さて、
    内容ですが、
    高校生の主人公たちが、
    大学の適正テストで満点を取るために、
    がんばって、
    不正をしてとろうという話。

    勉強してとる流れにならないのが、
    いいですね。

    まぁ、
    基本的には、
    コメディですが、
    馬鹿笑いをするようなコメディ映画ではないです。

    シリアスになりすぎないためのコメディといった感じですかね。

    ちなみに、
    タイトルにもなっているスカーレット・ヨハンソンは、
    ピンでメインではないです。

    六人のメンバーの中の一人です。

    ファンの方で、
    スカーレット・ヨハンソン目当てのつもりで見るのなら、
    そこを間違えなければ、
    内容的には、
    結構楽しめると思いますよ。

    内容がおもしろいと期待して見ると、
    こんな物か、
    と言う結果になりそうなので、
    興味があってもあまり構えずにご覧になった方が楽しめると思います。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 高校生 犯罪 学園 動画 スカーレット・ヨハンソン

    幕末浪漫 月華の剣士 【PC GAME版】

    2Dの対戦武器格闘ゲームです。

    2Dの対戦武器格闘ゲームで有名なのは、
    SNKの「サムライスピリッツ」シリーズですが、
    こちらも同じくSNKのゲームです。

    アーケードで稼働しているのは、
    見たことがないです。

    なので、
    当然、
    アーケードでプレイしたこともないです。

    まぁ、
    見かけたとしても、
    プレイしたかどうかは微妙ですけどね。

    いつも書いていますが、
    2Dの格闘系のゲームって、
    へたくそで、
    まともに必殺技も出せず、
    CPU相手でも、
    ぼこぼこにされます。

    なので、
    乱入とかがない、
    おうちでのぼっちプレイじゃないと、
    安心してプレイできないんですよ。

    と言う事で、
    このゲームも安心してパソコンにダウンロードしてプレイ。

    はじめてプレイしましたが、
    操作感とか、
    演出とか、
    アチキは、
    「サムライスピリッツ」シリーズよりも気に入りましたね。

    こちらの方が、
    アチキの肌に合っているのか、
    相変わらずのヘボプレイではありますが、
    楽しめました。

    どうもアチキは、
    王道というか、
    メインというか、
    主流の対戦格闘ゲームは、
    ダメみたいですね。

    セガで言えば、
    「バーチャファイター」シリーズよりも、
    「ファイティング バイパーズ」とか、
    「ラストブロンクス」の方が好きだし。

    ナムコで言えば、
    「鉄拳」シリーズよりも、
    「ソウルキャリバー」シリーズの方が好きです。

    カプコンで言えば、
    「ストリートファイター」シリーズよりも、
    「ヴァンパイア」シリーズの方が好き。

    って感じですかね。

    まぁ、
    どちらにしろ、
    2Dと3Dでは、
    3Dの方が、
    まだ遊べるという感じなので、
    色々と2D格闘ゲームを遊んではいます。

    基本、
    好きなんでしょうね。


    ◆PC版「幕末浪漫 月華の剣士」のダウンロード販売はこちら。








    関連記事

    テーマ : PCゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG 格闘 時代劇 動画 SNKプレイモア

    迷宮の女 【2003年製作:映画】

    サスペンス映画です。

    それも、
    フランス映画です。

    ハリウッドじゃないと言う事ですね。

    内容は、
    連続殺人事件の話。

    事件現場に残されたサイコロ。

    そのサイコロにはどんな意味が。

    そして、
    犯人は、、、。

    といった感じだと、
    犯人を捜す話のような感じですが、
    犯人は、
    ある意味、
    拍子抜けになるくらい簡単にプロファイリングで見つかり、
    捕まります。

    もしかして、
    犯人ではないのかも、
    と思わせるほど、
    簡単に捕まります。

    でも、
    この映画は、
    ここからが本番でした。

    実は、
    犯人は、
    多重人格者。

    今更、
    多重人格の正式な名称を言うつもりはないですが、
    このネタの犯罪映画は、
    新鮮味が無くなってきたので、
    それなりの物になっていないと、
    評価は低くなるだろうな、
    と。

    で、
    サスペンス映画となっていますが、
    サスペンスの部分が、
    普通の犯罪映画とはちょっと視点を変えて、
    多重人格者の犯人に視点を持ってきたことで、
    中々、
    見応えのある物に仕上がっています。

    奇をてらっていると言うよりも、
    ある意味、
    人間の内面を描くのが大好きなフランス映画らしいと言えるかもしれません。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 刑事 動画

    映像研には手を出すな! 4巻 【マンガ】

    今巻もアニメ製作の話よりも、
    その他のエピソードが多いですな。

    それが、
    悪いというわけではないですけど。

    たぬきの話と、
    トレジャーハンティングの話です。

    ちょっと話は変わるけど、
    マンガって、
    連載当初からほぼ間違いなく絵が変化していきます。

    大きく分けると二つ。

    より洗練され丁寧になっていくか、
    アーティスティックに雑になっていくか。

    まぁ、
    極端な表現をしているので、
    マンガかつんによっては、
    その程度の差は、
    千差万別ですけどね。

    なんで、
    こんな事を書いたかというと、
    このマンガも最初の頃の無駄に掻き込んでいる部分が凄く良かったのに、
    それが無くなってきて、
    アニメのイメージボード的な画風になってきて、
    まぁ、
    それが悪いとは思いませんが、
    アチキは、
    無駄にディテールが凝っていた頃の方が好みだったな、
    と。

    このマンガがいつまで続くのか分かりませんが、
    学園生活が終わるまでは、
    物語として続きそうですが、
    その先は、
    続くのかな。

    まぁ、
    だらだらと続く感じではないので、
    スパッと終わりそうですけどね。

    次巻が楽しみです。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 学園 オタク 高校生

    ベロニカは死ぬことにした 【2009年製作:映画】

    アメリカ映画です。

    真木よう子主演の日本映画と同じ小説を原作とした映画です。

    なので、
    タイトルも統一していると言う事でしょうね。

    こちらの映画の主演は、
    サラ・ミシェル・ゲラーです。

    出演作を見てみると、
    ホラーやB級映画などに多く出ています。

    なので、
    アチキにもなじみのある女優さんです。

    それなりに、
    出演している作品を見ていますしね。

    なので、
    このような文芸作品といっていいのかな、
    そのようなジャンルに出ることの方が珍しいといった感じです。

    内容については、
    真木よう子主演の日本版「ベロニカは死ぬことにした」と、
    大筋では変わりません。

    と言う事は、
    エッチなシーンももちろんあります。

    まぁ、
    そこばかり取り上げていますが、
    数分しかそのシーンはないですからね。

    そこばかりを期待すると、
    残念な気持ちになると思いますよ。

    まぁ、
    両方の作品を見て感じたのは、
    アチキ的には、
    こちらの作品の方が良かったな、
    と。

    これって、
    個人の趣味とかもあると思うので、
    好きな方を見ればよいのかな、
    と思いますね。

    アチキのように、
    見比べてみるというのも一つの楽しみ方ではあると思いますが、
    アチキ的には、
    見比べるほどの物かな、
    と。

    特に、
    今のところ、
    映画を見て、
    原作の小説まで読んでみたいとは思っていないですしね。

    単に、
    物語自体が、
    アチキの好みとは、
    違っていたという事ですな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ ちょいエロ 恋愛 動画 サラ・ミシェル・ゲラー

    木根さんの1人でキネマ 第6巻 【マンガ】

    最新刊と書くには、
    ちょっと時間がたってしまいましたね。

    新刊くらいですかね。

    まぁ、
    アチキのブログは、
    基本的に、
    色々な物が、
    タイムリーではなく、
    予約投稿になっているので、
    それなりに時間がたってしまうんですよね。

    F1ネタくらいですか、
    限りなくタイムリーに近いのは。

    さて、
    今回も映画をネタにした話よりも、
    映画にまつわる話の方が、
    楽しかったといった感じですね。

    特に、
    最初のエピソードは、
    映画好きなら必ず通る道かと。

    洋画などの外国の作品は、
    字幕か吹き替えか。

    アチキは、
    若い頃は、
    字幕にこだわっていましたね。

    マンガに登場する字幕派のキャラクターとほぼ同じような意見でしたよ。

    しかし、
    今は、
    どっちでもいいかな。

    と言うか、
    映画に限らずドラマなんかでもそうですが、
    はじめにどちらのものを見るかで変わるかな。

    基本的には、
    字幕を選びますが、
    吹き替えしかないとか、
    たまたま吹き替えを見たといった事になると、
    以後、
    その作品は、
    基本吹き替えになります。

    まぁ、
    映画よりは、
    TVドラマシリーズが、
    そういう感じになるのかな。

    最近だと、
    「フラッシュ」や「スーパーガール」は、
    吹き替えで見てしまったので、
    その後のシリーズは、
    全て吹き替えで見ていたりしますしね。

    映画で吹き替えがいいな、
    と思えるのは、
    やはり子どもの頃、
    テレビではじめて見た映画は、
    吹き替えがしっくり来るな、
    と。

    ジャッキー・チェンの映画とか、
    ダーティー・ハリーシリーズとか。

    まぁ、
    マンガとは、
    離れた話になってしまいましたが、
    映画が好きなら、
    あるあると言った感じのエピソードが満載のマンガですので、
    興味があったら読んで見るといいかもです。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 オタク

    ベロニカは死ぬことにした 【2005年製作:映画】

    真木よう子主演の映画ですね。

    映画の内容よりも、
    真木よう子のエッチなシーンで有名といった感じをアチキは受けます。

    アチキが、
    エロオヤジだからなのか、
    日本映画で話題になるのは、
    女優のヌードなどのエッチなものばかりだなーね
    なんて思ってしまいます。

    まぁ、
    今は、
    昔ほどではなくなってきましたけど、
    間違いなく、
    エッチなネタは、
    話題にしますよね。

    分かりやすいと言えば分かりやすいですけど。

    さて、
    映画は、
    パウロ・コエーリョ著書の小説を原作にしています。

    海外の文芸作品を原作にした映画やドラマは、
    普通にあるので、
    気にしませんが、
    タイトルが、
    原作小説のタイトルのままというのは、
    どうなんでしょうか。

    まぁ、
    タイトル自体は悪くはないですけど。

    登場人物にベロニカという名前の女性はいないわけですし。

    真木よう子の役の名前、
    原作ならベロニカなのでしょうけど、
    トワですからね。

    まぁ、
    そんなことに違和感を感じるのは、
    映画を見ているときには、
    ほとんど無いのですけどね。

    物語は、
    薬物自殺を図ったトワが、
    一命を取り留めて、
    精神病院に入院させられます。

    その入院生活が、
    メインの話なので、
    アチキ的には、
    う~ん、
    という感じでしたね。

    最後まで見られましたけど。

    まぁ、
    真木よう子のエッチなシーンを宣伝に使いたくなる気持ちは分かるかな、
    という感じでした。

    興味がありましたらレンタルして見てくださいな。





    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ ちょいエロ 真木よう子 多岐川裕美 風吹ジュン

    アスタブリード 【PC GAME版】

    シューティングゲームですね。

    自機がロボットで、
    いかにも今時な感じのゲームです。

    まぁ、
    昔から自機がロボットのシューティングゲームはありましたけどね。

    やっぱり、
    アニメの影響が大きいよな。

    アチキも、
    ロボットに乗って戦いたいと、
    夢見てゲームをしていた物です。

    今でも、
    それは変わらないかも。

    と言う事で、
    今時なのは、
    ロボットのデザインだったり、
    攻撃方法だったり、
    と蹲踞とを感じてしまうおっさんです。

    それ、
    普通と言われてしまいそうですけど。

    ゲームは、

    横スクロールに、
    縦スクロール、
    ついでに3D的な奥に向かって進行していくといった感じで、
    バラエティな面構成になっています。

    弾幕系の感じですが、
    弾を避ける行為に対しては、
    それほどシビアではないです。

    なので、
    敵も敵の攻撃も全て撃ちまくって打ち落としてやる、
    と言った強引なプレイでもコンティニューを繰り返すと進めていくことが出来ます。

    なので、
    結構楽しいです。

    ちょっと、
    指に力が入りすぎていたくなることはありますけど。

    ビジュアルも綺麗なので、
    人がプレイしているのを見ていても楽しめるかもしれませんな。


    ◆「アスタブリード」のダウンロード販売はこちら。








    関連記事

    テーマ : PCゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG SF ロボット 動画

    エクスタシー・オブ・ザ・デッド 【2008年製作:映画】

    この前、
    同じタイトルの映画ネタを書きました。

    あの映画をレンタルする時に、
    同じ邦題のタイトルがあったので、
    一緒にレンタルして見たんですよね。

    レンタルした時は、
    細かくチェックしていませんでしたが、
    これを書くにあたって、
    解説などをチェック。

    見た後なので、
    やっぱりね、
    と言う所で言うと、
    前に書いた作品とは、
    全く関係ありません。

    こちらの方が、
    先に製作されていますが、
    この映画が元になってのリメイクが前回の作品というわけでもないです。

    アチキ的には、
    そう言うものかもと言う事でレンタルした気がするんですけどね。

    さて、
    こちらは、
    アルバトロスさんが配給ですので、
    まぁ、
    予想も期待も裏切らない物でしたね。

    ちなみに、
    原題は、
    二つとも違いますよ。

    よく同じ邦題がつけられたな、と。

    きっと、
    こちらの権利が切れている状態なのか、
    登録を忘れているのか、
    どちらかでしょうね。

    そんな社会のシステムのことは気にせずに、
    内容の方はと言うと、
    エロス映画です。

    エロパロなのかもしれないけど、
    元の映画がなんなのか、
    アチキには、
    ちょっと分からなかったです。

    はじめから最後まで、
    ことあるごとにエッチなシーンがあります。

    ちなみに、
    「オブ・ザ・デッド」のタイトルなので、
    ゾンビ物と思うかも入れませんが、
    こちらは違います。

    ヴァンパイア物です。

    ヴァンパイアハンター物と言った内容ですが、
    まぁ、
    エッチがメインの映画なので、
    内容は、
    ないよ。

    気になる方がいらっしゃいましたら、
    レンタルして見てくださいな。





    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : エロス ヴァンパイア ホラー

    オカルト・クロニクル 【単行本】

    Amazonで、
    たまたま目に付いた本です。

    名画ミステリーの本を物色して購入している流れで、
    見つけたという感じです。

    ミステリー繋がりなんでしょうね。

    さて、
    目に付いただけではなく、
    評価も高かかったし、
    何より取り上げている題材の中に、
    あのディアトロフ峠事件もあったので、
    それ目当てで買いました。

    書籍のタイトルにもなっているサイトがあり、
    そこで発表している物を書籍化したようです。

    書籍化に当たって、
    サイトにはない+αを入れているようですが、
    それがサイトで内容を知っている人にとって、
    本の価格に見合っている+αなのかは、
    アチキには、
    判断できません。

    ただ、
    サイトを見ていないアチキとしては、
    十分見合っている内容でしたね。

    実におもしろく読ませていただきました。

    ディアトロフ峠事件以外の事件についても、
    手に入る資料を集めて、
    出来るだけ客観的に考察しているところが良かった。

    アチキのように、
    面倒なことが苦手で、
    資料を読みあさるなんて、
    時間的にも根気的にも性格的にも難しいので、
    そういうのを代わりにしてまとめてくれているので、
    実にありがたい本でしたね。

    この本を読んで、
    サイトの方も見てみようという人も少なからずいるのではないかな。

    ちなみに、
    アチキは、
    これを書いている時点では、
    見ていません。

    今後、
    機会があれば見るかもしれませんけど。

    とりあえず、
    本は、
    堪能したので、
    いつか続編が出たらまた読まさせていただこうとは思っています。

    たぶん、
    続きは出るのではないかな、
    と思いますね。

    アチキの手元にある本で、
    既に第三版ですから。

    それも短期間で。

    かなり、
    予想を超える売り上げになったのでしょうね。

    はじめは、
    かなり少なかったと思いますけど。

    興味があったら、
    サイトをご覧になって見るのも良いかもしれませんな。





    関連記事

    テーマ : 読んだ本。
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 犯罪 オカルト ミステリー

    エクスタシー・オブ・ザ・デッド 【2016年製作:映画】

    タイトルに「オブ・ザ・デッド」が着いている場合は、
    大抵、
    ゾンビ映画です。

    この映画もその例に漏れず、
    ゾンビ映画です。

    ゾンビ映画は、
    色んな意味で楽しめますね。

    今やB級ホラー映画の定番ジャンルですからね。

    この映画は、
    ゾンビで、
    コメディな映画になっています。

    物語は、
    ゾンビが、
    一般的というか、
    普通にいる世界の話。

    町中にごろごろしているというわけではないですよ。

    そんな世界で、
    主人公たちの三人組が、
    リゾート地でバカンスを楽しむために来たのですが、
    まぁ、
    この三人組が、
    いわゆるダメ男君たちとでも言いますか、
    コメディ要素を一身に集めたキャラクターになっています。

    で、
    そのリゾート地で、
    あるバーで、
    非合法にゾンビを仕入れ、
    見世物にしているところがあり、
    そのバーのゾンビが感染源の一つになるのですが、
    同じ頃、
    密輸していた非抗議墜落して、
    大量のゾンビがそのリゾート地にやってくるという展開。

    アチキの基準では、
    仏値唸感じの映画でしたね。

    一般の方には、
    くだらないと一蹴されそうですけど。

    興味があったら、
    レンタルして見てくださいな。

    もちろん、
    一般の方ではなく、
    B級ゾンビ映画が好きな方に限ると思いますけど。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ゾンビ コメディ ちょいエロ 動画

    ローリング☆ガールズ 【アニメ】

    原作付きのアニメが多い中、
    アニメオリジナルの作品です。

    製作委員会系の作品が多いというか、
    そうでないと、
    中々お金が集まらなくて製作できないので、
    そうなると、
    オリジナルで、
    売れるかどうか分からないものは、
    中々お金集めが厳しい事になり、
    製作される本数が必然的に少なくなっていくと。

    なので、
    オリジナル作品は、
    気持ち的には、
    頑張って欲しいので、
    応援したいと思うのですが、
    おもしろいかどうかは、
    また別の話ですからね。

    と言う事で、
    物語ですが、
    東京大決戦から10年後という所から始まります。

    この東京大決戦と言うが、
    なんなのか、
    と言う所ですが、
    普通の戦争とか、
    天変地異というわけではないです。

    さて、
    物語には、
    ヒーローのような特殊な力を持った者と、
    同じように力を持った悪者が登場します。

    基本的には、
    この両者の戦いになるのですが、
    ロードムービーのように、
    全国を旅しての戦いになります。

    もちろん、
    何の目的もなく旅をしているわけでもなく、
    悪を追っかけてと言うわけでもないです。

    ちなみに、
    主人公は、
    特殊な力を持って戦ったりはしません。

    ちなみに、
    基本は、
    コメディです。

    シリアスな物語ではないです。

    まぁ、
    アチキ的には、
    こんな物か、
    という感じでしたね。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF コメディ アクション バイク 種田梨沙 大原さやか 関智一 かないみか 水谷優子 田中敦子

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー