バッド・ウェイヴ 【2017年製作:映画】

    ブルース・ウィリス主演の映画です。

    三枚目役のブルース・ウィリスが見られるアクションコメディって感じの作品ですね。

    ブルース・ウィリスは、
    冴えない探偵

    女性が大好きで、
    いい年なのに、
    女性を口説いてベッドを共にする生活をしている様子。

    で、
    女性と二人、
    ベッドでくつろいでいるところを、
    何者かに襲撃され、
    裸のまま、
    愛用のスケボーで、
    夜の町を全裸で逃走。

    といった感じで始まり、
    町のごたごたというか、
    雑用的な仕事をしつつも、
    悪い人たちとも関わってしまっているというお話し。

    ヒーローではないので、
    仕事も失敗するし、
    仕事自体が、
    売れない探偵にはコレで十分だろう、
    と言う内容の物だったりします。

    悪い人たちに巻き込まれるのも、
    犯罪絡みと言うよりは、
    ペットが奪われたので取り返したいとか、
    そんな感じ。

    肩の力が全体的に抜けているので、
    見ているこちらも肩の力を抜いて、
    のほほんと楽しく見ていられる内容です。

    これなら一般の人も楽しめると思いますよ。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 探偵 コメディ 動画 ブルース・ウィリス ファムケ・ヤンセン

    ザ・リグ ~深海からの覚醒~ 【2010年製作:映画】

    B級ホラー映画ですね。

    ホラーでも、
    モンスターパニックも二なります。

    謎の生物、
    と言うか、
    怪物が出てきて、
    人を殺しまくるという話。

    当然予算が少ないので、
    人が大勢いるところが舞台ではないです。

    そんなところを舞台にしてしまったら、
    モブの少なさや、
    結局、
    建物内だけの話になったりと、
    極力、
    大きく耳セルシーンが無くなってしまいますからね。

    その点、
    この映画は、
    洋上のリグと呼ばれる石油採掘基地が舞台になっています。

    その限られた空間で、
    その外は、
    大海原。

    リグの内部は、
    とても狭く、
    人が少なくても、
    すかすか感がなくて全く問題なし。

    その上、
    嵐による演出で、
    簡単には逃げ出せない、
    救出も見込めないという、
    ミステリーで言うならば、
    クローズドサークルを創り出しています。

    そこで、
    よく分からないモンスターに殺されていくと。

    で、
    仲間想いの人たちが集まっているので、
    みんなで頑張るのですが、、、。

    といった感じですね。

    お金がないので、
    モンスターも、

    よく分からない感じで、
    それもまB級映画をよく分かっていらっしゃるといった演出です。

    そんなわけで、
    アチキは、
    十分楽しめました。

    が、
    やはり一般の方に受けるのかどうかは、
    ちょっと微妙かもしれませんね。

    なので、
    B級映画ファン方で、
    興味があったらレンタルして見てください。

    って感じですか。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー モンスター 動画

    F1 2019 Round.17 日本GP

    今年は、
    久々に予選と決勝が、
    1日で行われることになりました。

    台風の接近で、
    金曜日には、
    そう言う判断になり、
    良かったのではないかな、
    と。

    以前にもそういう風に行われたことがありましたからね。

    その時は、
    アチキは、
    現地に見に行っていたので、
    それはそれで楽しかったですけどね。

    名古屋近くに宿を取って、
    朝市で鈴鹿に入って、
    って感じでした。

    大概、
    鈴鹿に見に行く時は、
    土曜日の午前中に鈴鹿に入って、
    土曜日の夜に泊まって、
    決勝を見て帰る、
    って感じなので、
    午前中の予選を見るためには、
    結構早く到着しなければならないから、
    近くに宿泊って事になるわけですな。

    まぁ、
    そんな感じの日本GPでしたが、
    なんと言ってもレッドブル・ホンダの活躍を見るために、
    大勢のお客さんが現地に行っていたようですな。

    もちろん、
    ホンダファン以外のファンも大勢いるので、
    天候不順だったわりには、
    一杯来たのではないかな。

    まぁ、
    決勝日は、
    台風一過で、
    晴天でしたけど。

    さて、
    レースですが、
    なんと予選では、
    フェラーリが絶好調。

    続くメルセデスは、
    ハミルトンを抜いて、
    ボッタスが、
    予選三番手。

    ハミルトンは、
    四番手と、
    ちょっと驚く結果に。

    レッドブル・ホンダは、
    それに続いての位置で、
    期待していたよりは、
    ちょっとばかり、
    下でしたね。

    タイム差的にも、
    もうちょっとかな、
    と。

    で、
    決勝ですが、
    ポールのベッテルが、
    スタート失敗。

    物議を醸し出す、
    フライングでしたが、
    おとがめなし、
    と言う裁定。

    そのあおりをくらったわけで場ないですが、
    フェルスタッペンは、
    ルクレールに押し出されて、
    結果、
    ダメージが酷くてリタイヤ。

    残ったアルボンは、
    初めての鈴鹿を懸命に走っての4位。

    順位は良かったですけど、
    タイム差が、
    ビックリするくらい大きかったですね。

    全然、
    前の2チームについて行けないという結果に。

    フェルスタッペン親子ではないですが、
    このままでは、
    来年、
    勝負できるのか、
    不安になるのも分かるな、
    って感じです。

    まぁ、
    それは、
    現場でやっている人たちが一番よく分かっているのでしょうけど。

    さて、
    次は、
    メキシコGPです。

    レッドブル・ホンダが、
    どんなレースをしてくれるのか楽しみですね。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    ウエストワールド ファースト・シーズン 【TVドラマ】

    映画「ウエストワールド」を原作としたといっていいのかな。

    でも映画「ウエストワールド」は、
    マイケル・クライトンの監督・脚本をしていて、
    それが原作なわけですしね。

    マイケル・クライトンが、
    「ウエストワールド」の小説を出しているというのは、
    知らないので、
    原作小説というのはないのかな。

    まぁ、
    アチキの知識の中での話なので、
    あったらごめんなさい、
    って事ですな。

    さて、
    映画は、
    何度か見ていて、
    好きな映画です。

    DVDも持っているし。

    で、
    テレビドラマシリーズですよ。

    ロボット
    と言うか、
    アンドロイド、
    対、
    人間という構図は、
    ドラマシリーズにもしやすいな、
    と。

    物語の設定は、
    ある意味、
    テレビドラマシリーズ向き、
    って感じでした。

    で、
    内容ですが、
    人間そっくりのアンドロイドがいるある意味テーマパークが舞台です。

    そこに、
    レクリエーションをしに来る人たち。

    レクリエーションは、
    ある意味、
    何でもあり、
    アンドロイド相手に、
    セックスや殺人を楽しむ。

    快楽を求める者たちのリゾート。

    平民は、
    中々気軽に来られない、
    利用するにはかなりの金額がかかるところという設定。

    そこで、
    密かに行われている、
    ある意味、
    実験。

    いやー、
    おもしろかったですよ。

    ただ、
    見る側も快楽を求める内容を期待すると、
    ちょっと残念なことになると思います。

    それは、
    制作側も理解しているのでしょうね。

    劇中でこの世界に来る客が求める物の話の時に、
    そんな話をしていますから。

    ファースト・シーズンのラストでは、
    アチキ的には、
    まさかの展開。

    まさか、
    あの人がいなくなってしまうとは、
    って感じでしたね。

    続けて、
    セカンド・シーズンを見始めましたけど、
    これを書いている時点では、
    まだ見終わっていません。

    この世界、
    ウエストワールドは、
    どうなっていくんでしょうかね。

    楽しみです。










    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF アクション ロボット 西部劇 動画 マイケル・クライトン アンソニー・ホプキンス

    レニングラード 900日の大包囲戦 【2009年製作:映画】

    第二次世界大戦を題材にした映画です。

    第二次世界大戦で、
    レニングラードという地名は、
    良く目にする場所ですが、
    そこで、
    どんな戦いがあったのかは、
    よく知りません。

    なので、
    約900日の籠城戦が繰り広げられていたのを知ったのは、
    この映画のおかげですかね。

    兵糧攻めは、
    志気をくじくには、
    実に効果的だと思います。

    現代でも経済封鎖という兵糧攻めが色んな国に対して行われたりしていますことからも、
    よく分かると思いますね。

    それにしても、
    900日って凄いです。

    約三年ですよ。

    で、
    映画では、
    その中の一部を描いているといった感じですか。

    ジャーナリストが、
    レニングラードに赴いた時に巻き込まれ、
    そこから出られなくなり、
    兵糧攻めを体験するといった話です。

    なので、
    戦争らしい派手なドンパチは少ない、
    と言うか、
    ほとんど無いかな。

    ゼロではないですけどね。

    そういう戦争映画を期待すると、
    肩すかしを食らうと思います。

    籠城している町の一般市民を中心に描いた作品です。

    寒いうえにくい物がない。

    コレはきついですな。

    まぁ、
    暑くても一緒ですが。

    極端な気候の中での食糧難は、
    見ていて辛い物があります。

    それも戦争中です。

    戦争がなければこんな事にならないのに、
    と言う反面、
    こんな事では屈しない、
    と頑張る者たちも。

    中々見応えのある映画でした。

    コレは、
    一般の方でも興味があればご覧になっても楽しめるのではないですかね。

    少なくとも、
    レンタル代分は楽しめると思います。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 戦争 ミリタリー ドラマ 動画

    スカーレット・スパイダー 【2009年製作:映画】

    良くあるB級アクション映画ですね。

    改めて、
    と言うのも、
    TSUTAYA DISCUSで送られてくる時は、
    当然、
    ディスクのみなので、
    どんなパッケージなのかは、
    借りてすぐに来るとか、
    その時にサイトで確認でもしない限り分からないし、
    憶えていないです。

    店舗でレンタルする時は、
    パッケージを見てからレンタルするので、
    そんなことにはならないですけどね。

    何が言いたいかというと、
    これを書くにあたり、
    サイトを見て、
    パッケージの写真を見て、
    B級映画には、
    特に良くあることですが、
    こんなにかっこいい感じの映画だったけかなー、
    と思ったわけです。

    このパッケージを見てから映画を見たら、
    そりゃ、
    一般的な感覚なら怒るよなー、
    といつものように、
    パッケージの訴求力の高さに感心するわけです。

    何しろ、
    店頭で基本パッケージのイメージだけで、
    手に取らせるわけですから、
    ある意味、
    詐欺的なくらいイメージを大きく膨らませないと駄目な物もあるというわけです。

    とはいえ、
    この映画は、
    一般の人ならパッケージ詐欺と思われると思いますが、
    アチキは、
    十分楽しみましたよ。

    口がきけない主人公の女性が、
    姉の行方を捜す話。

    どうみ姉は、
    犯罪組織、
    マフィアのような所に拉致されたようなので、
    単身助け出そうとするわけです。

    一般人の特別訓練もしていない女性が、
    過去に軍に所属していたとか、
    警察組織にいたとかもなく、
    本来なら銃すらも扱ったことがないような一般人の設定なのですが、
    犯罪組織と対等以上に渡り合います。

    そして、
    遂に姉を見つけ出すのですが、
    そこから先は、
    ネタバレになるので書きません。

    アチキ的には、
    予想の範囲内だったのですが、
    制作側は、
    もしかしたらどんでん返し的な展開といった感じで作っていたのかな、
    と。

    なので、
    そこら辺に興味を持ったらレンタルして見てくださいな。

    あまり一般の他科には、
    お勧めしにくいですけどね。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 ちょいエロ 動画

    クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝 【TVドラマ】

    「SUPERGIRL/スーパーガール」
    「ARROW/アロー」
    「THE FLASH/フラッシュ」
    「レジェンド・オブ・トゥモロー」
    の四作品をまたいで語られたエピソードです。

    この連携企画のエピソードは、
    上記の作品群の中では、
    二回目になります。

    一回目が評判良かったのでしょうね。

    視聴率的にも効果があったとか、
    まぁ、
    評価も含めて、
    ポジティブだったので、
    二回目があったというわけですな。

    アチキも、
    二作品のシリーズは見ているので、
    またか、
    という感じではありましたが、
    こうして、
    見ていないシリーズの部分も含めて、
    まとめた勝ちで見られるのがリリースされるのは、
    実にありがたいです。

    で、
    二つのシリーズを見ている時に、
    アチキは、
    すっかり「レジェンド・オブ・トゥモロー」の事を忘れていましたね。

    まぁ、
    アチキ的には、
    積極的に見ていこうという感じのシリーズでも無いので、
    忘れてしまった感じですが、
    そのシリーズの主要な人物のエピソードをこの連動企画で見てしまうと、
    そちらももう少し積極的に見ようかな、
    と思ったわけです。

    そう言う意味では、
    制作側の罠にしっかりはまってしまったと言う事ですな。

    まぁ、
    いつ見るのかは分かりませんけどね。

    そんなことで、
    この作品は、
    どれか一つでもシリーズを見ていないと、
    ちょっと何が何だか分からないものになっています。

    で、
    どれかシリーズを見ていれば、
    中途半端な部分しか見ていないので、
    見てみようという気にはなると思います。

    アチキ的には、
    楽しかったので、
    また三回目の企画があるのではないかと期待しています。










    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF アクション アメコミ パラレルワールド 動画

    NINE 【2009年製作:映画】

    解説を読むと、
    やたら作品の素性の良さをアピールしまくりで、
    こういうのに限って、
    内容がなかったりして、
    肩すかしを食らうのが多いですよね。

    まぁ、
    実際に、
    レビューコメントを読んだりすると、
    まさに、
    そんな感じのコメントが飛び交っていたりします。

    イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督による不朽の名作「8 1/2」を基にした
    トニー賞受賞の大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル

    と言う事で、
    ミュージカル映画です。

    出てくる女優もビックネームがいっぱい。

    きっと、
    アチキは、
    女優の名前に惹かれて、
    この映画をレンタルして見たと思いますね。

    さて、
    内容ですが、
    有名な監督が、
    新作の製作を発表します。

    世間の期待を一身に受け、
    引間違いなし、
    素晴らしい映画になること間違いなし、
    と大評判。

    まだ出来てもいないし、
    見てもいないのに。

    で、
    そのプレッシャーと言うわけではありませんが、
    監督さん、
    実は何も考えていません。

    スランプです。

    どうしていいのか分からず、
    逃避行しちゃたりします。

    そんな監督の苦悩を描いた映画です。

    苦悩する監督がコミカルで、
    アチキ的には、
    結構おもしろく見られました。

    それこそ、
    レンタル代分くらいは楽しませてもらったという感じです。

    アチキの大好きなB級映画の平均値よりも、
    良かったと思いますよ。

    でも、
    世間では内容は残念というのが、
    一般的な評価のようなので、
    出演している女優のファンの方が見る分には良いのかもしれませんな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミュージカル ドラマ 動画 ペネロペ・クルス ケイト・ハドソン ニコール・キッドマン

    アサシン/暗・殺・者 【1993年製作:映画】

    「ニキータ」のハリウッド・リメイク版です。

    相変わらず、
    ハリウッドは、
    と言うか、
    アメリカと言っても良いのかもしれませんが、
    自分たちが、
    ワールドワイドで、
    グローバルの標準で、
    全てなのだという感覚で、
    ハリウッド。リメイクということをするんでしょうね。

    フランス映画のヒットも、
    ローカルヒットくらいにしか思っていないのでしょう。

    まぁ、
    「ニキータ」が、
    全世界での興行収益がどれほどだったのかは知らないし、
    ハリウッド・リメイクの方が、
    商圏も広そうだから、
    当たれば、
    本家を上回るだろうしね。

    そう言う意味では、
    ハリウッド・リメイクは全面的に賛成です。

    権利がキチンとしているから、
    原作の映画会社にも金はいるからね。

    売れれば、
    また次の作品が生まれるし。

    と言う事で、
    映画の内容とは関係のないことを書いてしまいましたが、
    この映画単体での評価と言うより、
    どうしても「ニキータ」を見ているので、
    それと比べてしまうな、
    と。

    まぁ、
    「ニキータ」を見たのは、
    かなり昔なので、
    それほど印象が残っている分けではないのですが、
    見終わって感じたのは、
    やはりというか、
    主人公の女優のイメージが、
    そのまま作品に影響しているなー、
    と。

    ブリジット・フォンダが悪いと言っているわけではなく、
    「ニキータ」が持っていた、
    裏の顔のイメージが、
    この作品では、
    凄く軽く見えるな、
    と。

    なので、
    恋愛部分の印象が強くなってしまって、
    「ニキータ」の良さが、
    無くなってしまっていたな、
    と。

    「ニキータ」を見ていなければ、
    比べることもないので、
    十分楽しめると思いますよ。

    なので、
    二つの作品を楽しみたいのであれば、
    先にこちらの「アサシン/暗・殺・者」を見てから、
    「ニキータ」をご覧になることをお勧めしますね。

    既に「ニキータ」を見ている方は、
    「ニキータ」出はないということを十分理解してみると楽しめると思います。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 恋愛 動画 ブリジット・フォンダ

    MIX -ミックス- 15巻 【マンガ】

    さて、
    15巻ですね。

    そーいえば、
    このマンガ、
    アニメになっているんですよね。

    まだ、
    マンガ終わっていないのに、
    アニメは、
    どこまで描かれるんだろう。

    いずれ見るとは思いますけど。

    さて、
    15巻でもまだ終わっていません。

    あだち充マンガは、
    突然、
    予想外の展開を見せてくれるので、
    いきなり終わりになっても不思議じゃないよな、
    なんて思ったりもしています。

    別に双子の弟が徒然死んだことを前例に上げているのではないですよ。

    さて、
    15巻では、
    子ども達の話よりも、
    昔子どもだった大人の過去の話が、
    ちょこちょこ出てきます。

    昔の子どもと今の子ども。

    色んな思いが混じり合って、
    目指せ、
    甲子園です。

    と言う事で、
    次巻は、
    待望の夏の甲子園へ向けての予選大会が始まりそうです。

    二度目のトライですね。

    コレで行けるのか、
    次の年で行くのか、
    最後まで行けないのか、
    コレからですな。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : あだち充 青春 高校生 野球 コメディ 恋愛 スポーツ

    フロスト×ニクソン 【2008年製作:映画】

    アメリカのニクソン大統領をインタビューしたフロストの映画です。

    実際に行われた事を映画化しているのですが、
    解説では、
    舞台劇を映画化となっています。

    まぁ、
    舞台が、
    実際の事を元にして作られているということで、
    新たに映画として構成し作ったと言うことではないと言う事なんでしょうね。

    もちろん、
    舞台と映画では、
    表現というか、
    見せ方が変わるので、
    それように変更はするでしょうけど。

    まぁ、
    ミュージカルの映画化と一緒と思えばよいと思いますね。

    舞台の脚本が素晴らしかったのでしょうね。

    実際、
    実におもしろかったです。

    特に、
    後半からのクライマックスへ向けてのインタビューシーンは、
    派手な演出もなく、
    それこそ、
    ある意味、
    舞台的な演出見せ方として作られているんだろうな、
    と思える感じです。

    きっと、
    舞台では、
    あのインタビューシーンを台詞と音楽と照明でうまいこと見せていたんでしょうね。

    実に見応えありましたよ。

    コレは、
    ウォーターゲート事件を知らなくても、
    楽しめると思いますよ。

    アチキも、
    詳しく知っているわけではないので、
    それでも楽しめましたから。

    まぁ、
    知っていたら、
    もっと楽しめたのかもしれませんけど。

    これなら、
    一般の方も楽しめるのではないでしょうか。

    派手なエンタテインメントではありませんが、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 伝記 サスペンス 動画

    アウェイクニング 【2011年製作:映画】

    ホラー映画と言う事で、
    見ました。

    時代は、
    第一次世界大戦の頃。

    時代的にもホラーとして、
    良い感じです。

    主人公の女性は、
    警察に協力することもある奇術を見破る先生というか、
    研究者というか、
    専門家、
    といった感じの人。

    奇術と書きましたが、
    要は、
    オカルト的な事象を、
    本当にオカルトなのか、
    と言う事を、
    見破るための人ですね。

    勝手にも物が動いたという証言に対して、
    いやいや、
    こういうトリックで動きましたよ、
    と言う事を言う人です。

    で、
    そんな彼女が担当することになった一つの事件。

    とある寄宿学校に出没する少年の幽霊。

    本当に幽霊なのかどうか、
    それを調べる。

    と言う事で、
    ここから先は、
    実際に見て楽しんでください。

    大体、
    前提として、
    オカルトを信じていない者が主人公なので、
    信じるようなことが起きるということでしょ、
    と思ってみてしまうので、
    その辺をどうミスリードさせるかとか、
    分かっていても楽しませるとか、
    色々と工夫が大切な感じですが、
    この映画は、
    そう言う部分でも、
    結構楽しませてくれました。

    なので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    一般の方でもレンタル代分くらいは、
    楽しめると思いますよ。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト ミステリー 動画

    邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season2 【マンガ】

    「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん」の2巻になります。

    1巻を買って読んでから、
    2巻を買って読むまで、
    実は、
    2ヶ月近く間が開いているのですが、
    ネタにするタイミングは、
    ちょっと間を開けたくらいの感覚になりました。

    まぁ、
    ネタ待ちというか、
    書く順番待ちの物が一杯あるので、
    実際のタイミングとずれることは良くあること。

    と言うか、
    別に時事ネタを扱っているわけではないので、
    ネタにする時期は、
    ほとんど気にしていないですけどね。

    シリーズ物は、
    出来るだけ近いタイミングで、
    とか、
    その程度の配慮をすることはありますけど。

    と言う事で、
    2巻ですね。

    相変わらず、
    作中で取り上げられているメインの映画ネタは、
    ほとんど見たことがないですね。

    見たことがあるのは、
    「ルパン三世」と「SPACE BATTLESHIP ヤマト」くらいですか。

    「来る」は、
    レンタル予約は入れているけど、
    これを書いている時点ではまだ見ていないですね。

    「戦狼/ウルフ・オブ・ウォー」は、
    これを書いているタイミングの時に、
    CSで放映されているのですが、
    キチンと見てみようかな、
    と言う事で、
    あえてみていませんね。

    それ以外は、
    今のところ、
    見る予定はないですけど、
    マンガを読んでいる時は、
    見てみようかな、
    とついつい思ってしまうほどです。

    どうしても、
    邦画は、
    何故か、
    手に取ってみるまでのハードルが高いよな。

    間違いなく、
    アチキが普段よく見ているB級映画よりも良くできていて、
    おもしろいと思うんですけど、
    B級映画は、
    ひょいひょいレンタルして見てしまうんですよね。

    そんなわけで、
    2巻も楽しくを増させていただきました。

    続きはまだ書かれているようなので、
    いつか3巻も出るようなので、
    楽しみに待ちたいと思います。

    そうそう。

    このマンガ、
    決して、
    画はうまくないですよ。

    でも楽しいです。

    マンガは画のうまさだけが評価基準でないのがよく分かるってもんです。


    ■Kindle電子書籍リーダー:目に優しい「e-ink」ディスプレイ、数千冊保存できるストレージ、数週間持続するバッテリー。



    関連記事

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : オタク 学園 コメディ

    噂のギャンブラー 【2012年製作:映画】

    一般的な知名度の高い俳優が出ている映画です。

    ブルース・ウィリスが出ています。

    キャサリン・ゼタ=ジョーンズが出ています。

    レベッカ・ホールやジョシュア・ジャクソンもいますが、
    一般的に、
    どこまで有名なのかは、
    よく分かりません。

    主役は、
    レベッカ・ホールです。

    これまた、
    これを書くにあたって、
    TSUTAYA DISCUSの解説を読んだら、
    自伝小説の映画化だったんですね。

    いかにも、
    実在の人物がいるような感じの作りだったので、
    其れを知って、
    やっぱりね、
    という感じでしたけど。

    で、
    TSUTAYA DISCUSでは、
    コメディのジャンルになっています。

    これまた、
    まぁ、
    そう言われてもおかしくない感じだったよね。

    という事です。

    内容は、
    プロのギャンブラーの話。

    就職した会社が、
    スポーツギャンブルを仕事にしていて、
    そこで、
    ノウハウを憶え、
    独立して、
    と言った流れの話。

    ギャンブルの話ですけど、
    よくあるギャンブル映画の騙し騙され、
    的な、
    緊迫感もカタルシスもありません。

    あくまでも、
    モデルとなっている女性ギャンブラーの半生の話。

    なので、
    あまりギャンブルの所を期待していると、
    肩すかしを食らうかも。

    アチキ的には、
    こんなもんでしょうと、
    いった感じで、
    最後まで楽しめましたけどね。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 伝記 ドラマ ギャンブル 恋愛 動画 ブルース・ウィリス キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

    ドリアン・グレイ 【2009年製作:映画】

    これを書くまで知らなかったのですが、
    原作小説があり、
    その小説の映画化は、
    この作品で三度目らしいです。

    と言う事で、
    かなり有名な作品なんですね。

    相変わらず、
    アチキは、
    何も知らないです。

    さて、
    そんな感じですが、
    そんなことに関係なく、
    そんなこんなで、
    おもしろかったですよ。

    まぁ、
    有名な作品らしいので、
    知っている方も多いかもしれませんが、
    簡単に内容を説明すると、
    (詳しく説明することなんか、ほとんど無いですけどね)
    じいちゃんの遺産を相続した青年が主人公です。

    そして、
    とある画家に自分の肖像画を依頼します。

    その肖像画が、
    素晴らしい出来で、
    まるで本物そっくり。

    その段階で、
    大体その画の秘密が想像できてしまうのですが、
    その想像通りで、
    それから、
    なんやかんやあるといった展開です。

    想像通りの画ではありますが、
    其れが分かったからと言って、
    つまらなくなるわけではないです。

    なので、
    原作の小説を読むかどうかは置いといて、
    まずは、
    過去に作られた映画は、
    ちょっと見てみたいとは思いますね。

    なので、
    興味がある方は、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画 恋愛 時代劇

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー