シティ・オブ・ブラッド 【2009年製作:映画】

    ヴァル・キルマーシャロン・ストーンの二大スター共演。

    って感じの映画ですね。

    大スターかどうかは、
    色々とご意見があるかもしれませんが、
    メジャー俳優の共演というのは、
    間違いないでしょう。

    刑事ドラマです。

    ハリケーン『カトリーヌ』に襲われて、
    大災害がおきた町ニューオリンズが舞台という設定です。

    災害映画かとおもったら、
    単なる刑事ドラマです。

    解説や、
    設定に使ってはいるし、
    災害のシーンとかもありますが、
    それが効果的にいかされているかというと、
    そんなことはないです。

    見た目派手なドンパチをする映画
    って感じで、
    それなりに、
    どんでん返し狙っているような、
    実はあいつが悪者、
    って感じの設定なんかもあったり、
    なかったり。

    そんな感じで、
    何も考えずに、
    銃撃戦を楽しむのは、
    良いかもしれません。

    メジャーな俳優も出ているし。

    ガンアクションシーンも、
    それなりにキチンとお金かけているので、
    ショボいB級映画とは、
    ちょっとは違います。

    とは言え、
    TSUTAYA DISCUSのレビューを見ると、
    さんざんな感じなので、
    一般の方は、
    もしかしたら見ない方がよいかもしれませんな。

    アチキは、
    そこまで酷いとは思いませんでしたけど。

    まぁ、
    ご存じの通り、
    アチキの合格ラインは、
    B級映画ラインですからね。

    おかげで、
    数多くの映画を楽しめています。

    それが、
    時間の無駄なのかどうかは、
    分かりませんけど。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 刑事 警察 バイオレンス 動画 ヴァル・キルマー シャロン・ストーン

    遺産相続は命がけ!? 【1994年製作:映画】

    なんか、
    久々にマイケル・J・フォックスを見ました。

    それで言うなら、
    共演しているカーク・ダグラスも久々ですけどね。

    コメディ映画です。

    金持ちのおじさんの遺産相続についてのお話。

    金持ちが、
    カーク・ダグラスです。

    で、
    子どもの頃は、
    仲が良かったのですが、
    今は、
    おじさんと距離を置いているマイケル・J・フォックスの元に、
    おじさんの遺産を巡っての話が舞い込んできます。

    車椅子生活をしているおじさん。

    親戚もおじさんの遺産の行方がどうなるのか、
    もちろん、
    自分の所に来てくれるように、
    と言う事で、
    色んな思惑がうごめいてのお話し。

    まぁ、
    良くある話といえば、
    そうなんですけどね。

    中々楽しませてもらいました。

    偏屈なおじさんも良かったし、
    おじさんや親戚の中で、
    振り回されるマイケル・J・フォックスも良かったです。

    コメディですからね。

    肩肘張らずに楽しめますよ。

    これなら一般の人もレンタル代分は楽しめると思うので、
    暇な休日にでも興味があったら見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 動画 マイケル・J・フォックス

    おそ松さん おうまでこばなし 【アニメ】

    コレは、
    まさに、
    JRAとのタイアップ作品ですね。

    同じように、
    JRAとのタイアップ作品で、
    「6つ子とおうまの物語」というのもあるようですが、
    そちらは、
    まだ見たことがないです。

    とりあえず、
    バンダイチャンネルの月額見放題で見られたので、
    こちらは、
    見たと言った感じです。

    競馬と「おそ松さん」は、
    ベストマッチって感じですよね。

    ニートで無職な六つ子は、
    作中でも、
    パチンコや競馬などのギャンブルで、
    一攫千金、
    楽して金儲けを考えたりしていますから。

    まぁ、
    一歩間違えて、
    ギャンブル委沿官省になって、
    人生破滅の道、
    見たいなイメージが作られるとJRAは困るでしょうけど。

    そこは、
    ギャグアニメと言う事で、
    そう言う展開になったとしても、
    シリアスに捉えられにくいですし、
    元々、
    ダメ人間設定なので、
    競馬のせいで、
    と言う事には、
    イメージとして定着することは少ないでしょうしね。

    まぁ、
    フィクションの物に対して、
    現実転換して、
    あーだこーだというのは、
    内容にもよるけど、
    基本的に、
    制作側は、
    割り切って見て欲しいと思っていることでしょうね。

    と言う事で、
    このスペシャルな1話も、
    本編のおまけとして、
    十分に楽しめる作品でありました。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 櫻井孝宏 神谷浩史 福山潤 小野大輔 遠藤綾 飛田展男

    F1 2019 Round.18 メキシコGP

    日本GPでコンストラクターズチャンピオンを決めたメルセデスが、
    GPでは、
    ハミルトンが、
    ドライバーズチャンピオンを決める可能性があるGPでした。

    でしたということで、
    決まらなかったと言う事なんですけどね。

    まぁ、
    チームメイトのボッタスの順位も決める要因になっているので、
    そう簡単には決まらないでしょう。

    でも、
    予選でクラッシュしたボッタスを見た時は、
    決勝で、
    後方スタート、
    もしかしたら、
    ピットスタートかも、
    なんて思っていました。

    そうなると、
    ハミルトンのチャンピオンも決まるのかな、
    と。

    さて、
    予選では、
    レッドブル・ホンダのフェルスタッペンがポールを取りましたが、
    ボッタスのクラッシュで黄旗が出ていたのを無視して、
    ペナルティをくらい、
    3グリッド降格。

    これは、
    仕方ないですね。

    久しぶりにフェルスタッペンのやんちゃぶりが出たって感じです。

    それでも、
    表彰台争いはいける感じでしたが、
    スタートしてすぐに接触があり、
    パンクして最後尾まで落ちてしまい、
    もう今日のレースは終わったって感じでしたけど、
    本当に速さがあったんですね。

    終わってみれば、
    6位ですよ。

    ちょっとビックリ。

    パンクしなかったら戦略にもよるけど、
    優勝していたかもしれないですね。

    まぁ、
    何にでもタラレバを言い始めたら、
    何でもありになるけど。

    そんなわけで、
    GPでも速さを見せたフェラーリですが、
    結局、
    戦略の甘さが出て、
    またまたまたまたまたまた…メルセデスに優勝を持って行かれてしまいました。

    もう、
    そろそろいい加減スタッフを交代させるか、
    何かてこ入れをしないと駄目だっていうことにならないのかな。

    さて、
    次はアメリカですね。

    これまた地球の裏側なので、
    録画して見ることになると思いますけど。

    楽しみです。





    関連記事

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    ウルフマン 【2010年製作:映画】

    タイトルからもおわかりのように、
    狼男」の映画です。

    それも、
    B級映画と言うよりも、
    それなりにキチンとお金をかけて作っている感じの映画です。

    大作と言えるほどではないと思いますけど。

    TSUTAYA DISCUSの解説には、
    「ユニバーサル・モンスター映画の古典「狼男」をリメイク」と書かれていました。

    残念ながら、
    まだ、
    元になった「狼男」は、
    見たことがないんですよね。

    たぶん、
    いずれ見ることになると思いますけど。

    さて、
    元ネタからどの位変わっているのかは分かりませんが、
    結構おもしろかったですよ。

    狼男の血筋を持つ一族の話って感じで。

    舞台になっている時代が、
    19世紀と言う事で、
    その辺の雰囲気もバッチしで、
    そう言うのを見ても、
    それなりに金を使っているのが分かります。

    内容は、
    兄が死んで田舎の実家に帰ってきた弟が主人公。

    兄の市外は、
    何とも不気味な、
    残虐な死に様で、
    その謎を追い求めていくと、
    いにしえの風習を持つ我が家のしきたりに出くわし、
    実は、
    原因は、
    自分たちにあるのでは、
    と言った流れですな。

    何しろ雰囲気がいい感じです。

    もう狼男が出てくるくらいでは、
    ホラー的な怖さは感じませんが、
    そこに、
    狂気が入ってくると、
    中々おもしろいです。

    相変わらず、
    アンソニー・ホプキンスは、
    いい味出していますよ。

    興味があったらレンタルしてご覧になってくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー モンスター 狼男 動画 アンソニー・ホプキンス

    エル ELLE 【2016年製作:映画】

    フランス映画ですね。

    「エル ELLE」と言うタイトルを見ると、
    雑誌を思い出します。

    雑誌とは、
    無関係の話です。

    監督は、
    ポール・ヴァーホーヴェンです。

    たぶん、
    結構お気に入りの監督なんでしょうね。

    日本に来ているポール・ヴァーホーヴェン監督作品は、
    全部とは言いませんが、
    ほぼ見ているし。

    意識してみている部分と、
    意識しないで見ている作品とがありますけどね。

    この作品は、
    意識せずに見て、
    後で、
    ポール・ヴァーホーヴェン監督作品と知って、
    なんとなく、
    納得してしまっていたり。

    さて、
    映画の内容ですが、
    ゲーム制作会社の女社長が主人公。

    現在、
    会社では、
    暴力的な殺戮ゲームを制作中。

    で、
    そんな彼女が、
    自宅でレイプされてしまいます。

    過去のトラウマ的な経験から、
    警察に届けることなく、
    自ら解決しようとします。

    で、
    レイプ犯を見つけて復讐する物語かというと、
    そうでもなかったり。

    もちろん、
    犯人は見つけるし、
    その部分はメインではあるんですけどね。

    ストレートではない、
    ブラックな感じの内容で、
    中々、
    楽しませてもらいました。

    クオリティ的には、
    一般の人でも大丈夫な内容ですが、
    映画の内容的には、
    一般向けと言えるかどうかは、
    ちょっと微妙。

    そんなわけで、
    興味があればレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス レイプ 動画 ポール・バーホーベン

    おそ松さん 第2期 【アニメ】

    「おそ松さん」の第2期ですね。

    第1期が売れたので、
    第2期です。

    何か変わったかというと、
    いい意味で、
    変わっていません。

    まぁ、
    宣伝目的には、
    さらにパワーアップとか、
    そう言うのもあるのかもしれませんが、
    前期の良かった部分が、
    そのままの流れで来ています。

    ある意味、
    安心のクオリティ、
    おもしろさですね。

    ネタさえあれば、
    どこまでもシーズンが続いていく感じでもありますが、
    どうなんでしょうか。

    どこかでマンネリ感は、
    出てきそうです。

    既に、
    この第2期でも、
    そんな部分は、
    チラホラ、
    って感じでしたし。

    それでも、
    ここまでは、
    一気に楽しめる内容でしたよ。

    ギャグですから、
    笑えるかどうかは、
    個人のツボにも依ると思いますけど、
    アチキは、
    結構、
    笑えています。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 櫻井孝宏 神谷浩史 福山潤 小野大輔 遠藤綾 飛田展男

    バリー・シール アメリカをはめた男 【2017年製作:映画】

    トム・クルーズ主演の映画です。

    トム・クルーズが主演ということですが、
    なんとなく地味な感じというか、
    メジャー感がない映画のような感じですな。

    それもこれも邦題のせいなのかな、
    なんて思ってしまうところもありますが、
    内容的にも、
    日本人には、
    地味に感じてしまうという部分もあるのでしょうね。

    実在の人物、
    実在の事件を元に描かれた映画です。

    タイトルにもなっているバリー・シールの話。

    民間の航空機会社でパイロットをしていたバリー・シールの所に、
    組織からと言うよりも、
    CIA局員個人の依頼といった感じの仕事を受けることになります。

    時代は、
    冷戦時代なのかな。

    たぶん、
    雰囲気的には、
    そんな感じ。

    もしかしたらその辺の時代設定もキチンと情報が出ていたかもしれませんが、
    よく憶えていません。

    まぁ、
    何にしろ、
    まともな国に飛行するなら、
    CIAが動くわけもなく、
    そんな危険な国で、
    犯罪組織的な集団との取引を行う事に。

    バックにCIAがついているとは言え、
    危険なことには変わりなく、
    そして、
    犯罪行為でもあるわけで、
    はじめは、
    どうした物かと思うバリー・シールですが、
    目の前の大金を見て、
    コレは、
    いけると踏んで、
    CIAにも内緒で、
    金を稼ぐことにします。

    それも、
    違法行為によって。

    違法なことだから儲かるわけですけど。

    なんと、
    バリー・シールは、
    個人では限界を感じて、
    会社を作って金儲けをするのです。

    いやー、
    まさにアメリカンドリーム。

    もちろん、
    違法ですよ。

    なので、
    最後には、
    当局に使ってしまうという落ち。

    地味な印象の割には、
    中身は、
    結構おもしろかったです。

    バリー・シールのキャラクターも、
    実に陽気なアメリカ人という感じで、
    なんか、
    犯罪を行っているようには、
    あまり感じないという。

    そんなわけで、
    アチキ的には、
    結構楽しめたので、
    地味な印象を受けて、
    手を出すのを控えていた人は、
    もしかしたら、
    ちょっと試しに見てみるのも良いかもしれませんよ。

    きっと、
    思っていたよりは、
    楽しめると思います。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 伝記 ドラマ 犯罪 飛行機 動画 トム・クルーズ

    ダンケルク 【2017年製作:映画】

    第二次世界大戦の有名な話です。

    と言っても、
    アチキが、
    知ったのは、
    タイムトラベル物のSF小説「ブラックアウト」「オール・クリア」を読んだ時ですか。

    それまでにも、
    もしかしたら、
    どこかで見聞きしていた可能性もありますが、
    意識したという部分では、
    「ブラックアウト」「オール・クリア」の小説が、
    はじめてですね。

    なので、
    大まかな話は分かった上で見た映画です。

    内容は、
    ダンケルクという港町からの撤退戦です。

    ドイツ軍に包囲され、
    このままでは、
    全滅してしまうという状況で、
    民間の漁船などの助けを借りて、
    港町にいた軍人を助け出すという話。

    当然、
    全員が助かるわけでもなく、
    生死の分かれ目を運命的に描いていたりもしますが、
    どれほど過酷だったのかを描きたかったのかな、
    と。

    でも、
    視点がいくつかあって、
    小説で描かれていた感じほど、
    過酷さは、
    感じなかったな。

    沢山人が死んで悲惨ではあるのですけどね。

    まぁ、
    実際にこういう戦いがあったというのを知るには、
    良いのかもしれませんな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 戦争 ミリタリー 海洋 動画

    おそ松さん 第3.5話 【アニメ】

    「おそ松さん」の第3.5話です。

    3話と4話の間ということですね。

    こんな場合は、
    時間軸的に、
    前後のエピソードの補足とか、
    その後とか、
    そんな感じの話の場合に使用したり、
    それまでの総集編的なまとめの話であったりするケースが、
    良くあります。

    総集編的な考えで言えば、
    進行スケジュール的にきつくて間に合わなかったというのが、
    一番の理由になるのですが、
    本放送時に、
    この第3.5話が放送されたのか、
    アチキは分からないので、
    何とも言えませんが、
    そんなタイミングで、
    総集編はないでしょう。

    まっ、
    中身を見てから書いているので、
    中身が総集編的なモノでないと知っていて、
    書いているのですけどね。

    まっ、
    きっと、
    どこまで第3.5話に意味があるのか分かりませんが、
    リリースは、
    OVA的な感じで出たのかな、
    なんて想像しています。

    その辺は、
    キチンと調べれば、
    分かるのでしょうが、
    いつものように、
    面倒なので、
    そこまで調べていません。

    内容は、
    「松汁」と「童貞なヒーロー」の二本立て。

    本放送と同じ感じの構成です。

    特別な感じではないです。

    なので、
    よく知らないアチキは、
    なんで、
    「第3.5話」という切り出したタイトルになってるのか、
    気になるのです。

    満々と制作側の罠にはまっている可能性もありますけど。

    そんなことを考えてみるのも楽しいですね。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 櫻井孝宏 神谷浩史 福山潤 小野大輔 遠藤綾 飛田展男

    VIKING バイキング 誇り高き戦士たち 【2016年製作:映画】

    ロシアで大ヒットしたらしい映画です。

    ロシア映画です。

    タイトルからも分かるように、
    バイキングのお話しです。

    意外とアチキなんかは、
    昔見ていたアニメの影響で、
    バイキングは、
    なじみがあったりするんですよね。

    でも、
    ロシアっていうイメージはないな。

    まぁ、
    ロシアも北欧に近いところですからね、
    バイキングの文化があってもおかしくはないのですけど。

    さて、
    内容は、
    敵対国との戦いと、
    跡目争いがメインの話。

    簡単に言ってしまえば、
    チャンバラ映画です。

    なので、
    楽しいですよ。

    実に男臭いし。

    エンタテインメントですから、
    何も考えずに楽しめるというわけですな。

    跡目争いなんか、
    実にドラマチックな感じですが、
    まぁ、
    敵国と一緒で、
    ライバルというか、
    戦う相手が身内にもいるという感じでの存在ですね。

    陰謀渦巻く、
    って感じではないです。

    人情的な部分の方が強いかな。

    そんなわけで、
    この手のアクション映画が好きなら十分楽しめると思いますよ。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 時代劇 動画

    ザ・サークル 【2017年製作:映画】

    エマ・ワトソンが主演ということで、
    レンタルしたと思われる映画ですね。

    で、
    見始めたらトム・ハンクスも出ていました。

    まぁ、
    主役は、
    エマ・ワトソンです。

    IT企業に就職したエマが、
    会社の一大プロジェクトのサービスのモニターとして採用されます。

    それは、
    24時間の見える化。

    プライバシーは、
    もう古い。

    みんなでプライバシーを共有することで、
    争いもなくなりみんながハッピーになる、
    みたいな感じです。

    まぁ、
    社会生活を送るようになった人なら年齢関係なく、
    プライバシーが無くなるなんて、
    あり得ないと思うわけです。

    でも、
    何故か世間では、
    好意的に受け入れられ、
    エマの私生活をのぞき見することに。

    いやいや、
    のぞきではないですね。

    オープンになっているのですから。

    と言う事で、
    みんなは、
    自分のことではない、
    他人の生活を見られるので、
    大賛成。

    でもね
    それがいずれ自分になったら、
    とは考えない。

    結局、
    どうなるのかは、
    予想通りです。

    なので、
    楽しいのは、
    エマの反逆がどのようして行われていくかということですな。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 日常 サスペンス ドラマ 動画 エマ・ワトソン トム・ハンクス

    おそ松さん 【アニメ】

    「おそ松くん」の続編に位置する作品になるのかな。

    何しろ、
    「おそ松くん」の頃から松野家の六つ子が成長して、
    学生ではなくなっています。

    「おそ松くん」は、
    アチキも、
    それほどしっかり全部見ていたわけではないですが、
    ちょこちょこ見ていたところでは、
    六つ子はどちらかというと、
    準主役的な感じで、
    やはりメインは、
    イヤミとかだったなー、
    と。

    と言うか、
    イヤミもそうだが、
    他のキャラの方が、
    六つ子よりも存在感があったからという感じですかね。

    でも、
    成長した六つ子は、
    それぞれが個性的になって、
    自己主張が強くなり、
    ザ・主役になりました。

    いやー、
    もう設定で、
    ニートにしたところが大正解。

    ついでに、
    それぞれを個性的にしたのが、
    実に良かった。

    ついでに、
    人気声優を使ったことで、
    女性からの人気が高く、
    それが話題になったという感じで、
    アチキも、
    へぇ~、
    そんなに人気なんだ、
    と、
    声優の名前を見て納得しましたね。

    で、
    作品を見たのは、
    かなり後になって、
    バンダイチャンネルの月額見放題で見たと言った感じ゛てすか。

    おもしろかったですよ。

    おそ松、
    カラ松、
    チョロ松、
    一松、
    十四松、
    トド松、
    と言う名前も、
    いつも、一人、
    か、
    二人、
    思い出せなかったりするんですよね。

    大概、
    「一松」と「カラ松」が、
    出てこなかったりします。

    まぁ、
    そんなこんなで、
    ある意味、
    リブートと言っても良い感じの作品で、
    往年のファンがどう思うかは分かりませんが、
    今まで名前は知っている程度なら、
    すんなりとこの世界に入って楽しめるのではないかな。

    だから、
    声優目当てで見始めた人も、
    作品のおもしろさもあって、
    見続けることによって、
    みんなにおもしろいと言えたから、
    人気になったと思うしね。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 櫻井孝宏 神谷浩史 福山潤 小野大輔 遠藤綾 飛田展男

    アニマルズ 【2016年製作:映画】

    TSUTAYA DISCUSの解説によると、
    1986年にオーストラリアで実際に起きた連続強姦殺人事件を元にしたスリラーらしいです。

    元というのが、
    どこまで実際の話を取り入れているのかが、
    不明というか、
    未確認なんですけどね。

    何しろ、
    アチキは、
    この事件を全く知らないですから。

    まぁ、
    連続強姦殺人ですから、
    地元はもとより、
    オーストラリアでは、
    それなりにニュースになったことでしょう。

    さて、
    そんな感じの映画ですが、
    映画は、
    良くも話来るもエンタテインメントであり、
    この映画もその部類に入ります。

    高校生のヴィッキーが誘拐されます。

    その犯人は、
    夫婦。

    旦那とか、
    奥さんの方とか、
    ではなく、
    夫婦で連れ去ります。

    誘拐に理由はないのでしょう。

    自分の嗜好を満たすためと言う事ですよ。

    そして、
    誘拐された少女を助け出そうと探し回る家族。

    ヴィッキーはどこに行った。

    と言う事なのですが、
    実は、
    凄く近くにいたりして。

    と言う展開。

    はたしてヴィッキーを助け出すことは出来るのか。

    結末は、
    実際にご覧になって確かめてくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 スリラー 動画

    インフェルノ 【2016年製作:映画】

    ダン・ブラウン著書のミステリー小説ラングドン教授シリーズの映画化第三弾ですね。

    原作の小説は、
    「ダ・ヴィンチ・コード」しか読んでいないんですよね。

    小説は、
    おもしろかったので、
    シリーズを読もうとは思っているのですが、
    いつものように、
    未だに思っているだけで読んでいません。

    ですが、
    映画は、
    さくっと見られるので、
    シリーズを追っかけるのは簡単。

    と言う事で、
    「インフェルノ」ですね。

    今回は、
    なんと、
    ラングドン教授は、
    記憶喪失から始まります。

    飲み過ぎて記憶が飛んだわけではございません。

    病院にも襲撃者が現れ、
    何かしら事件に巻き込まれたことはわかり、
    病院から逃げ出します。

    記憶をたどる一方、
    事件は、どんどん進んでいき、
    ラングドン教授は、
    目の前の謎を解いていくことに。

    今回は、
    今まで以上に、
    ラングドン教授の頭よりも肉体、
    要は、
    アクションシーンが多くなっている感じですね。

    謎解きを楽しむと言うより、
    スリとサスペンスに趣が置いてある感じです。

    映画というメディアでは、
    今回のような感じの方が、
    楽しめるというか、
    あっていると思います。

    原作は、
    謎解きの比重が多いとは思いますけど。

    「ダ・ヴィンチ・コード」の時も、
    映画では、
    謎解きが端折られていたりしましたからね。

    原作の小説は読んでいないので何とも言えませんが、
    もし映画用に内容が改編されているのであれば、
    もしかしたら原作小説のファンの方は、
    不満が出ている可能性はあるかもですね。

    まぁ、
    小説は小説。

    映画は映画と割り切って楽しむのが一番だとは思いますが、
    人間、
    そう簡単に割り切れる分けではないですからね。

    と言う事で、
    アチキは、
    映画しか見ていないので秋分映画として楽しませて頂きました。

    シリーズを通して見ていなくても、
    コレ単体で十分楽しめるとは思いますが、
    シリーズを通して見ていないと分からないちょっとしたしゃれとかは、
    少しですがあります。

    そう言うのを気にする方は、
    一作目からご覧になってくださいな。

    ちなみに、
    今回は、
    ダンテの神曲がネタになっています。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミステリー サスペンス 犯罪 アクション 動画 トム・ハンクス

    ウエストワールド セカンド・シーズン 【TVドラマ】

    「ウエストワールド」のセカンドシーズンですね。

    今回は、
    前半は、
    ウエストワールドの西部劇から、
    イーストワールドでも言うべき、
    日本をイメージした侍の世界が舞台になります。

    戦国時代って感じなのかな。

    日本語がバンバン飛び交っています。

    真田広之も登場します。

    セカンドシーズンは、
    こんな感じで進むのかな、
    と思ったのですが、
    前半で終了。

    後半は、
    いつものウエストワールドがメインになります。

    が、
    もうテーマパークとしてのウエストワールドは、
    存在していないので、
    ウエストワールドで起きたロボットの反乱の話がメインになります。

    そう書くと、
    凄いドンパチのアクションが繰り広げられている感じなのですが、
    もちろん、
    それもありますが、
    やはり、
    一番興味深く、
    アチキ方の誌面でいるのは、
    夢と現実と時間が入り交じった展開による、
    自我を獲得したロボットたちの話ですな。

    前シーズンから引き続き、
    実に興味深い話です。

    一応、
    今シーズンで、
    一つ決着する感じですが、
    エピローグ的に、
    まだ続きますよ、
    と言う見せ方になっています。

    新しいウエストワールドが誕生するのか、
    それとも、
    もうウエストワールドは、
    タイトルだけの存在になってしまうのか、
    それとも、
    またあの場所、
    そう元のウエストワールドに戻っての話になるのか。

    サードシーズンが出来たら、
    じっくり楽しみたいと思います。










    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF アクション ロボット 西部劇 動画 マイケル・クライトン アンソニー・ホプキンス

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー