ランペイジ 巨獣大乱闘 【2018年製作:映画】

    ドゥエイン・ジョンソン主演の映画です。

    もう「ザ・ロック」の名前は、
    どこかに行ってしまった感じですな。

    さて、
    アチキは、
    この映画の予告を見たとき、
    ちゃんと見ていなかったのもあるのですが、
    キングコングの続編かと思っていました。

    実際は、
    続編ではなかったのですが、
    キングコングの映画と言っても過言ではない作品でしたね。

    巨大になったゴリラが登場して、
    他の巨大化した動物、
    と言うか、
    怪獣と戦うといった映画です。

    ゴリラは、
    元々人間に飼育されていて、
    手話でコミュニケーションがとれるくらい賢くて、
    そいつが、
    とある薬品のおかげで、
    巨大化、
    ついでに凶暴化するという展開。

    で、
    巨大化させた薬品は、
    宇宙ステーションで開発さていたので、
    事故?で宇宙ステーションが壊れたとき、
    薬品は、
    地球に落下。

    偶然にも動物が多いところに薬品が落ちて巨大化と凶暴化して、
    そいつらが、
    おびき寄せられるように都市部に進撃してくるといった話。

    結構、
    面白かったですよ。

    どうせなら、
    人間にもあの薬が降りかかって巨大化してくれれば、
    いろんな意味で楽しめたのに。

    ちょっと残念。

    この映画なら一般の方でも楽しめると思うので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 怪獣 動画 ドゥエイン・ジョンソン

    アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 【2018年製作:映画】

    「アベンジャーズ」としては、
    シリーズ3作目になります。

    でも、
    一連の物語の流れから言うと、
    「アベンジャーズ」だけを追っかけても、
    物語は、
    中途半端になります。

    まっ、
    そんなことは、
    今更という感じで、
    すでにこの作品を積極的に見ようと思っている方は、
    一連の作品を見てきた人たちだと思うので、
    それを知らない人は、
    多分、
    よほどのきっかけがない限り、
    一連の作品を尊もないのでしょうね。

    この手のジャンルの映画に興味がない人は、
    世の中にいっぱいいますから。

    さて、
    アチキはと言うと、
    この手の作品を餌に育ってきたようなものですからね。

    すでに、
    この続きの「アベンジャーズ/エンドゲーム」も見終わっていますよ。

    ネタとして書くのは、
    一年以上先になると思いますけど。

    順番に消化していくと、
    そんな感じになると言うことです。

    もしかしたらね
    繰り上げてネタにするかもしれませんけどね。

    さて、
    この映画のラストは、
    まさに「続く」って感じです。

    まだ、
    この映画を見ていない方は、
    幸せかもしれませんよ。

    続きの「アベンジャーズ/エンドゲーム」を、
    すぐに見られるのですから。

    劇場公開でこの映画を見た方が、
    一番待たされる結果になったのでしょうね。

    見終わった後、
    あいつらはどうなってしまうのか。

    と言うモヤモヤを抱えたまま続編待ちになります。

    なので、
    あまり内容については、
    わざわざここで触れるつもりはありません。

    どちらにしろ、
    これ単体で楽しめる作品ではないので、
    過去の一連の作品を見ていない方で、
    この映画を見ようと間違って思ってしまった方は、
    気をつけてくださいな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション アメコミ 動画 ロバート・ダウニー・Jr スカーレット・ヨハンソン

    ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II 【アニメ】

    「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の第2期ですね。

    長いタイトルなので、
    世間では「ダンまち」と呼んでいるようです。

    アチキの周囲で、
    このアニメを見たことがある人がどのくらいいるのか分かりませんが、
    普通に話していて、
    「ダンまち」と言っても通じないだろうな。

    なので、
    世間一般というのは、
    ちょっと大げさですね。

    さて、
    第2期ですので、
    前作からの続きになります。

    前にも「ダンまち」ネタの時に書いたかも知れないのですが、
    第1期は、
    主人公の成長物語がわかりやすくて、
    楽しめたのですが、
    今期は、
    確かに成長していくのですが、
    淡泊というか、
    あっという間な感じで、
    どちらかというと、
    主人公の成長よりは、
    主人公が所属するファミリアの成長って感じになっていますね。

    新キャラも続々登場して、
    あっという間に消えていく感じで、
    まぁ、
    この後、
    いつか登場してくるのでしょうけど、
    今期は、
    それぞれ登場他エピソード以降は、
    登場しない感じです。

    そして、
    前期でよく登場してきたキャラも、
    それほど出番はなく、
    ちょっと寂しかったですね。

    で、
    アチキは、
    「ダンまち」のスマホのゲームも未だにプレイしているのですが、
    アニメを見るのが遅かったというのもありますが、
    この第二期のストーリーモードをゲームで先にプレイしていて、
    アニメで楽しみたいから、
    物語はスキップしまくりでしたけど、
    登場キャラはさすがに無視できないので、
    どんなキャラクターが出てくるのかは知ってしまっていたんですよね。

    そんな感じではありましたが、
    第二期もしっかり楽しみましたよ。

    第三期も決まっているようですし。

    もう少し、
    楽しめそうです。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    関連記事

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー コメディ 水瀬いのり 早見沙織 井口裕香 茅野愛衣 戸松遥 日笠陽子 渡辺明乃 大西沙織

    デッドプール2 【2018年製作:映画】

    「デッドプール」の続編です。

    あのヒーローらしからぬ、
    強烈な性格と口の悪さを持った男が帰ってきました。

    ある意味、
    前作動揺のパワーを感じさせる楽しい映画でした。

    そう。

    同じくらいのパワーだと、
    落ちたと思われてしまうんですよね。


    何しろ、
    前作は、
    お初だったので、
    あのキャラクターはインパクトありました。

    続編は、
    もうキャラクターのインパクトは、
    ないとは言いませんが、
    なれてしまっている分、
    パワーダウンに感じられるところもあったりなかったり。

    とはいえ、
    アチキは、
    キャラクターが好きなので、
    またあいつに会えるかと思うだけで、
    ワクワクでしたけどね。

    さて、
    今回は、
    当たり前ですが、
    すでにパワーを持った状態からのお話になります。

    なので、
    X-MENへのお誘いから始まり、
    ヒーローチームとして活動して、
    ヒーローになるべく、
    と言う展開なのですが、
    相変わらずの口の汚さと、
    ひねくれた性格なので、
    一筋縄では行きません。

    あまり詳しく書くと、
    ネタバレになるので、
    書きませんが、
    前作を見て、
    面白いと思った方は、
    すでに見ていると思うので、
    まだ見たことがない人は、
    まずは、
    前作からごらんになってくださいな。

    それで、
    面白いと思えば、
    誰に勧められなくても、
    この二作目はきっと見ると思いますから。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション アメコミ 動画

    悪魔のセックス・ブッチャー 【1972年製作:映画】

    もうタイトルからして、
    B級映画の臭がプンプンですね。

    そして、
    製作されたのが、
    1970年代ですから、
    今見ると、
    映像的にも期待できるというわけではないですね。

    実際、
    これは、
    一般の方が見たら、
    最後まで見られる人がいるのか、
    どうか。

    きっと良くて早送りで見るといった感じなのかもしれませんな。

    そんな映画を、
    アチキは、
    相変わらず、
    最後まで楽しく見させていただきました。

    まぁ、
    確かに、
    一般の方には、
    勧めにくいですな。

    タイトルの「セックス・ブッチャー」に惹かれて、
    見てしまうと、
    痛い目に合うでしょうね。

    アチキは、
    どの辺が、
    「セックス・ブッチャー」なのか、
    よく分かりませんでした。

    もしかしたら過ごしたのか。

    怖いわけでもないし。

    よくある展開の物語で、
    自動車が故障して助けを求めてやっかいになった家で、
    大変な目に遭ってしまうというパターンです。

    別に導入がいつもの定番だろうと、
    その後の展開も、
    ある意味定番だろうと、
    楽しめる物はあるわけで、
    これは、
    ある意味、
    古い作品だというところが、
    もしかしたら一番の楽しめる部分かもしれませんな。

    そんなわけで、
    B級映画が好きで、
    興味がある人は、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー サスペンス ちょいエロ 動画

    SUPERGIRL/スーパーガール <フォース・シーズン> 【TVドラマ】

    もうシーズン4なんですね。

    なんか、
    あっという間ですな。

    「THE FLASH/フラッシュ フィフス・シーズン」の時にも書きましたが、
    今回のシーズンも、
    他のシリーズ作品との連動ドラマがあります。

    なので、
    いきなり、
    なんだこの話は、
    って感じで先ほどまで見ていた内容とは全然違う話が展開し、
    この続きは、
    どうなるんだ、
    と思っていると、
    次のエピソードは、
    また違う話になっているという、
    ちょっと混乱してしまう感じです。

    まっ、
    混乱はちょっと大げさだな。

    もう分かっているからね。

    さて、
    他作品をまたいでの話については、
    また今度するとして、
    今回は、
    SUPERGIRL/スーパーガール 4thシーズンの話です。

    前シーズンで、
    突然、
    今までの長官がやめて、
    スーパーガールの義理の姉が代わりに長官になります。

    そして、
    長官の上司というか、
    お目付役というか、
    管理官というか、
    そんな女性が赴任してきます。

    今回は、
    ルーサーがメインの話になるのかな。

    そして、
    ルーサー妹にも一つの陰を落とすことになるという、
    あることが発覚します。

    こうなると、
    次のシーズンがどうなるのか、
    実に楽しい感じで終わります。

    それにしても、
    今回登場するアメリカ大統領って、
    やっぱりモデルは、
    これを書いている時点での現大統領なのかな。

    イメージとしては、
    そういう感じに受け取れたけど。

    そういえば、
    いとこのスーパーマンとロイスとの間にベビーが誕生します。

    この設定って、
    TVシリーズだけになるのかな。

    映画とかでも、
    シリーズが続けば、
    出てくることがあるのかな。

    といった感じで、
    ある意味、
    見所満載のシーズン4でした。









    関連記事

    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : SF アクション アメコミ 恋愛 動画

    恋の罪 【2011年製作:映画】

    園子温監督作品として、
    有名らしいのですが、
    アチキは、
    監督の作品だから見たと言うよりは、
    水野美紀が主演しているから見たという映画です。

    それも、
    水野美紀の全裸を拝めると言うことで、
    実に男性的な理由で見ました。

    なので、
    内容に関しては、
    どんなのかも知りませんでしたし、
    たいして期待もしていませんでした。

    事前に知っていたのは、
    水野美紀刑事役ということくらいかな。

    で、
    殺人事件があって、
    その担当刑事という暗いで、
    どんな殺人事件なのかもまともに記憶がなく、
    それこそ、
    実在の事件をモチーフにしたと言うことも、
    これを書くにあたって解説をあらためてよんでしったというかんじです

    さて、
    まず感じたのは、
    長かったな。

    2時間を超えています。

    正直、
    そんなに長くなくても、
    もっとカットしても良かったんじゃないかな、
    という感じでした。

    多分、
    見ている視点と監督が描きたかった視点が違うんでしょうね。

    アチキは、
    刑事視点で、
    エンタテインメントとして、
    見たかったな、
    という感じで、
    監督は、
    女性を描きたかったんだろうな、
    と。

    だから、
    女性の変化を丁寧すぎるくらい描いているところとか、
    それ以外の説明的なシーンが、
    後半になるにつれ、
    たるく感じるようになりましたね。

    1時間半くらいの尺で、
    殺人事件を追う刑事の視点で、
    対象者を描いていけば、
    アチキ好みになったかな。

    画のディテールは、
    良かっただけにね
    色々と残念な感じでした。

    面白かったんですけどね。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 刑事 エロス 動画 水野美紀

    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 【2017年製作:映画】

    スティーヴン・スピルバーグ監督作品です。

    と言っても、
    レンタルして見る前から知っていたかというと、
    そんなことはなく、
    実は、
    知ったのは、
    見終わった後、
    スタッフロールを見て、
    確認したという感じでした。

    いやー、
    機体も何もね
    ノーチェックで、
    どんな映画化もよく分からずに、
    TSUTAYA DISCUSでレンタルしたのが届いたのを見たわけですな。

    まぁ、
    いつもそんな感じで見ているわけですが、
    面白かったのですよ。

    ベトナム戦争についての調査資料を政府が発表せずに隠しているというのを、
    新聞社の記者が嗅ぎつけます。

    そのことを知った政府は、
    トップダウンで、
    資料の公開はするな、
    と圧力をかけるわけですな。

    さてさて、
    新聞社のトップや現場のトップは、
    悩むわけです。

    正義とか関係なく、
    ジャーナリズムとは、
    と言うことで、
    これは、
    発表するべきだという感情と、
    社会生活も含めての大人の考えと、
    圧力に屈するとか、
    そういうことではなく、
    悩みます。

    単純に圧力に屈しないぞ、
    負けないぞ、
    と言う正義感的な感情論だけでの葛藤なら、
    もしかしたらここまで面白くならなかったかもしれませんな。

    いろんな事情、
    いろんなことが絡み合って、
    発表するべきなんだけど、
    その情報の信憑性も含めて、
    情報を手に入れて、
    発表までこぎ着ける。

    う~ん、
    実に緊迫感のある展開。

    単純だけど、
    単純ではないところが、
    いい感じで、
    面白かったのですよ。

    監督の演出、
    展開もよかったですが、
    やはり、
    メリル・ストリープトム・ハンクスの演技が抜群によかったですな。

    これなら一般の方も楽しめるのではないかな。

    興味があったら是非レンタルして見てくださいな。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス ドラマ 犯罪 動画 スティーヴン・スピルバーグ メリル・ストリープ トム・ハンクス

    ルパン三世 史上最大の頭脳戦 【ニンテンドーDS版】

    ルパン三世のいわゆる脳トレ系のゲームです。

    ルパン三世は、
    アチキの中では、
    「新ルパン三世」というイメージの「ルパン三世 PART 2」が、
    基本になっています。

    赤ジャケットのルパンですね。

    メインは、
    物語に沿ってゲームを進めていき、
    基本、
    アクションパズル的なのがメインで、
    その中に、
    脳トレ的なIQ問題があって、
    IQ問題は、
    基本的に解かなくても先に進めるようになっています。

    アチキは、
    全部解いて行きましたけどね。

    問題のバリエーションが少なくて、
    もうちょっとバリエーションがあればな、
    と何度も思いましたね。

    難易度は、
    後半に行けば、
    徐々に上がっていきますが、
    ひらめきが試されている部分が多かったりもするので、
    陳那に難しくても閃けばすぐに解けるし、
    閃かないとどんなに簡単でもなかなか解くことができないという問題が多いです。

    アチキも三問だが、
    四問ほどヒントを使いましたも。

    中には、
    閃いてはいるけど、
    解くことができない、
    なんて物ありましたね。

    そんなのは、
    ヒントを見て、
    あれ、
    考え方は間違ってないな、
    と思いながら解いた物です。

    まぁ、
    アチキの一般の方よりもきっと低い知能でも答えられたし、
    クリア後の評価は、
    ルパン三世となっていたので、
    それほど難しい問題ではないです。

    解く時間の評価が厳しかったら、
    ルパン三世にはなれなかったかもしないですけどね。

    一番時間がかかったのは、
    アクションパズルの部分ですね。

    実にルパン三世らしい感じで、
    トライ&エラーを繰り返しながらクリアしていきました。

    アクションパズルと言っても、
    倉庫番というパズルゲームみたいな感じのが多かったですね。

    何にしても、
    結構楽しめましたよ。










    関連記事

    テーマ : ニンテンドーDS
    ジャンル : ゲーム

    tag : PZG ACG 泥棒 動画 バンダイナムコ 栗田貫一 小林清志 井上真樹夫 増山江威子 納谷悟朗

    アナベル 死霊人形の誕生 【2017年製作:映画】

    ホラー映画ですね。

    「アナベル 死霊館の人形」の続編に当たります。

    もっと言うなら、
    「死霊館」シリーズのスピンオフ作品と行ってもよいかもしれません。

    まず、
    「アナベル 死霊館の人形」が、
    「死霊館」に登場するアナベル人形の前日譚的な話で、
    なぜにあの一家にアナベル人形が、
    と言った話。

    そして、
    今回の内容は、
    アナベル人形がなぜあんな恐ろしい人形なのか、
    と言う謎というか、
    理由というか、
    そう言うのが垣間見られる話。

    と言っても、
    アナベル人形が怖いって話で、
    悪霊的な物が人形にとりついた謎というか、
    原因というか、
    そう言うのは、
    どう描かれているんでしょうかね。

    まぁ、
    あまり書くとネタバレになるので、
    その辺については、
    映画を見て確認してください。

    アチキ的には、
    少しばかり物足りなく感じました。

    ただ、
    キチンと一連の作品につながるように物語は終わりを告げます。

    なので、
    ここからまた過去の作品に戻って見始めるのも楽しいかもしれませんね。

    「死霊館」見て、
    「アナベル 死霊館の人形」見て、
    「アナベル 死霊人形の誕生」見て、
    「アナベル 死霊館の人形」見て、
    「死霊館」を見る、
    といった感じです。

    「死霊館」は、
    DVD持っているけど、
    他の持っていないから、
    一度にレンタルして時間に余裕がないと、
    アチキは、
    現状そういう楽しみ方はできないな。

    ちなみに、
    これを書いている段階では、
    まだ「アナベル 死霊博物館」は、
    見ていません。

    まぁ、
    いずれ見ることになるとは思いますが、
    すぐに見たとしても、
    ネタとして取り上げるのは、
    1年以上先になるでしょうね。

    基本的に見た順に消化していっているので。

    もちろん、
    例外はいっぱいありますけどね。

    と言うことで、
    他の作品を見て面白いと思った方は、
    こちらの作品もきっと見ているでしょうが、
    まだの方は、
    是非ご覧くださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    美女とエイリアン 【1957年製作:映画】

    以前、
    トレイシー・ローズが出演しているリメイク作品の「美女とエイリアン」を見て、
    オリジナルの存在を知り、
    やっとこ見たと言うことですな。

    といっても、
    実際に見たのは、
    1年以上前ですけどね。

    さて、
    監督は、
    B級映画の帝王ロジャー・コーマンです。

    アチキの知るロジャー・コーマンは、
    製作者の遙かに多く、
    監督としてのロジャー・コーマンは、
    あまり知らないんですよね。

    ということで、
    今回は、
    ロジャー・コーマン監督の映画です。

    リメイク作品とほぼ同じ内容でしたね。

    モノクロ映画の時代で、
    当時の技術的な部分もあって、
    今見れば、
    制約が多いんだろうな、
    というところでの作品なのですが、
    それを感じさせない作りで、
    実にいい感じです。

    モノクロの作品というのも、
    いろんな意味であらを消してくれているので、
    メイクよりも楽しめたというのが、
    ホントのところかな。

    内容は、
    エイリアンが、
    人間になりすまして地球に潜伏。

    夜な夜な美女を襲います。

    美女を襲い、
    血液を盗む。

    手っ取り早く病院とかに保管されている血液を盗まないところに意味があるんでしょうね。

    盗む相手は、
    美女ですからね。

    おっさんでもおばさんでもない、
    若くて美しい女性。

    それらの人たちの血液がそれ以外の人たちとどう違うのか、
    それは、
    よくわかりませんが、
    理由はあるようです。

    なんで、
    血液を盗むのか。

    その辺は、
    実際に見て確認してください。

    B級映画ファンはもちろん、
    懐古的に楽しめると思うので、
    一般の方でも興味があれば、
    レンタルして見てもよいのではないかな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン 動画 ロジャー・コーマン

    戦士志願 【小説】

    ロイス・マクマスター・ビジョルド著作のSF小説です。

    もう少し説明すると、
    ヴォルコシガン・サガシリーズの作品になります。

    前々から読もうと思っていたシリーズで、
    ミリタリーSFが面白くて色々と探しているときに、
    名前を知った作品です。

    アチキの中では、
    やっとこ手を付ける気になったという感じですね。

    しかし、
    どの作品から読んでいいのか、
    よくわからず、
    ちょっと調べて、
    年代順とかの方がよいかな、
    とも思ったのですが、
    ここは、
    日本での刊行順にしようと。

    本当は、
    執筆順というのも読む順番候補にあったんですけどね。

    ということで、
    まずは、
    「戦士志願」からです。

    アチキの今まで読んできたミリタリーSFの定番的な展開でスタートですね。

    優秀な士官候補生が、
    ちょっとしたことでその道を外れ、
    しかし、
    外れたとはいえ優秀故に、
    やることが製鋼していくと言ったサクセスストーリー。

    主人公に金も権力もあるという設定も、
    ある意味、
    よくある設定。

    ちょっと違ったのは、
    容姿端麗ではないと言ったところか。

    いやいや、
    容姿端麗ではありますが、
    持って生まれた病気のせいで、
    骨が弱く、
    度重なる骨折などで足の長さが違っていたり、
    背の高さもちびと言われる倉低かったりと、
    身体的なハンディキャップを持っています。

    そんな彼が、
    ある意味傷心旅行先で出会った事件というか、
    事柄により、
    宇宙戦闘艦を持つ傭兵部隊を設立してしまうという展開。

    たいした戦闘があったわけでもなく、
    ミリタリーSFの一つの見せ場である宇宙戦闘シーンとかも、
    あまりなく、
    あったとしても結構淡泊なのですが、
    最後まで楽しく読みました。

    ということで、
    今は、
    二冊目を読み始めたところですね。

    そちらも、
    読み終わったら、
    またネタにしたいと思います。





    関連記事

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF ミリタリー 戦争 宇宙

    ゴジラVSビオランテ 【1989年製作:映画】

    「ゴジラ」シリーズの17作目です。

    前作で、
    仕切り直しされた「ゴジラ」からは、
    2作目になります。

    そして、
    仕切り直しのこの作品から「VS」シリーズとなります。

    もう怪獣プロレスとは呼ばせない、
    って感じの怪獣同士の戦闘が行われます。

    CSでゴジラの人気投票をしていて、
    確か、
    この作品が、
    1位になったんですよね。

    アチキの記憶違いでなければですが。

    ググれば、
    出てくるかもしれませんけど。

    まぁ、
    そのときの結果を見て、
    そうな、
    と言うのが、
    アチキの正直な感想でした。

    何しろ、
    この映画をアチキは、
    まともに見たことがなかったんですよね。

    ちらっとだけ見たことはあるんですけど、
    最初っからしっかりと集中してみたことがなかったので、
    今回、
    まともに、
    はじめて見ました。

    内容は、
    前作の続きになります。

    冒頭で、
    沢口靖子が登場してくるのですが、
    前作の沢口靖子の役とは違います。

    別の人物としての設定です。

    アチキは、
    てっきり、
    前作の沢口靖子の役が、
    そのまま続いているのかと思ったんですけど、
    父親が違うので、
    う~ん、
    となって、
    ちょっとググって確認したくらいです。

    さて、
    この死んだ沢口靖子の細胞を使って作られたのが、
    ビオランテです。

    ちょっと言い方に語弊がありますが、
    まぁ、
    いいでしょう。

    もう、
    その設定で、
    アチキは、
    なんだかなー、
    と昔思っていて、
    まともに見なかったんですよね。

    さて、
    今回は、
    放射能のゴジラと、
    バイオテクノロジーというか、
    これは、
    ある種、
    バイオハザードによってうまれた怪獣ビオランテという、
    人類が生み出した、
    行き過ぎた科学の権化としての怪獣同士の戦い、
    って感じになっています。

    まぁ、
    小難しいことは考えないで、
    怪獣エンタテインメント映画なので、
    純粋に面白いかどうか何ですけど、
    今回改めてみて、
    予想以上に良くできていて面白かったですよ。

    アチキの創造していたクオリティが低すぎたのかもしれませんけど。

    そんなわけで、
    今回、
    色々とゴジラシリーズを見直して、
    再発見の連続ですよ。

    やっぱり、
    キチンと見たり、
    何度も見たりすれば、
    違った感想になったり、
    新たな発見とか面白さを見つけられるんだなー、
    と思いましたよ。

    もちろん、
    何度も見直せられるかどうかと言うのもポイントですけどね。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 怪獣 動画

    処女の生き血 【1974年製作:映画】

    ホラー映画です。

    タイトルからは、
    ちょっと想像できなかったのですが、
    ドラキュラ伯爵の映画です。

    そう言われると、
    タイトルも納得できたりするんですよね。

    処女の生き血を吸うドラキュラ伯爵。

    ただ、
    このドラキュラ伯爵には、
    特別な力がないようで、
    その特別な力とは、
    処女かどうかを見極める力のことです。

    なので、
    血を吸うまではわからない。

    吸えばわかるというのも、
    それはそれですごいんだけどね。

    そんなわけで、
    非処女の血は、
    まずいらしい。

    まぁ、
    ドラキュラ伯爵モノは、
    定番の設定ですね。

    とはいえ、
    どこか正統派のドラキュラ伯爵モノではないのですが、
    これが思っていたよりもよかった。

    最後まで楽しめましたよ。

    ドラキュラ伯爵の映画は、
    ホラーといえども、
    それほど怖いという印象をすでに持っていないのですが、
    この映画も怖いという感想を持つのは、
    難しい感じですかね。

    ちょっとシニカルな感じで、
    アチキ的には、
    それがある意味、
    現代的な感じでよかった。

    現代的と言ってもこの映画がくられたのは、
    70年代ですけどね。

    それも込みで、
    いい味出している映画でした。

    興味がありましたら、
    一般の方は、
    ちょっとつらいかもしれませんが、
    B級映画好きなら楽しめると思いますよ。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ヴァンパイア ちょいエロ ホラー 動画

    ゴジラ 【1984年製作:映画】

    ゴジラシリーズ16作目です。

    劇場公開当時、
    メイキングや宣伝をいっぱい見ました。

    で、
    外儀上に足を運んでみたかというと、
    見ていません。

    友人が、
    ビデオソフトを買って、
    それで初めて見たって感じです。

    前情報で、
    スーパーXを見て、
    しらけてしまって、
    見に行く気にならなかったんですよね。

    で、
    ビデオで見たときも、
    こんなもんか、
    って感じでしたね。

    で、
    改めてみたのですが、
    これって、
    一作目のゴジラのリメイク、
    今で言うとリブートではなかったんですね。

    いやー、
    いかに昔、
    真剣に見ていなかったと言うことでしょうな。

    一作目のゴジラの続きと言うことになるんですかね。

    二作目以降のゴジラは、
    もしかしたら無かったことになっているのかな。

    今回、
    はじめて物語の中にゴジラが出てきたという設定ではなく、
    過去、
    ゴジラが東京を襲ったという話があり、
    謎の巨大生物はゴジラなのでは、
    と言う展開でスタートしたのですよ。

    それを見て、
    ちょっと驚きましたよ。

    今まで、
    この第二期の一作目と言っても良い「ゴジラ」は、
    仕切り直しの「ゴジラ」だと思っていたので。

    そして、
    思ったよりも面白かったですよ。

    昔見たときの感想よりも、
    少しばかり良いイメージを持って見終わりました。

    まぁ、
    アチキの見方が変わったというのもあるとは思いますけどね。

    それでも、
    沢口靖子の演技は、
    今も昔も同じ感想しか出てこないですな。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 怪獣 動画 石坂浩二

    地獄のクリスマス・キャロル 【2007年製作:映画】

    タイトルの割には、
    クリスマスだから、
    って感じではないですね。

    まぁ、
    そんなハッピーなときに、
    こんなことが起きるなんて、
    って感じでの見せ方なのかもしれませんけど。

    クリスマスじゃなくても、
    殺人鬼に出くわしたくはないですよ。

    ということで、
    この映画、
    殺人鬼が出てくるホラー映画ですね。

    女性を狙った殺人鬼で、
    殺した女性をアート的に飾るという性癖の持ち主。

    主人公でもあるヒロインが、
    この殺人鬼に狙われて、
    というお話。

    B級映画らしい感じですが、
    演出は、
    押さえるところは、
    押さえている感じ。

    残念なのは、
    殺人鬼の個性が生かし切れていないのと、
    物語の展開などが、
    ちょっとあらが目立つなー、
    といったところかな。

    その辺がしっかりと消化できて、
    うまく見せることができれば、
    もっとよい映画になったかもしれないな、
    という感じの映画でしたね。

    まぁ、
    結局は、
    なんだかんだと、
    B級映画と言うことで、
    一般の方が満足できるものかというと、
    そうではないと言うことですね。

    なので、
    B級映画が好きな方で興味があれば、
    レンタルしてみてくださいな。










    関連記事

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー