アフター・インパクト 【2007年製作:映画】

    一応、映画と言うことで書きますが、
    純粋な映画としてのドラマとはちょっと違います。

    どちらかというとドキュメンタリーの再現ドラマといった感じです。

    巨大彗星がユカタン半島に激突した場合どう言ったことになるのかというのを、
    それぞれの専門家が語り、
    それを元に再現ドラマが展開していくといった内容になります。

    だから物語がおもしろいかどうかは二の次って感じの作品ですね。

    物語の構成としては、
    フランスに住む家族とユカタン半島の近くメキシコに家族がいる男の話と、
    ハワイ諸島の観測所にいる男女とアフリカの原住民の物語になっています。

    要するに、巨大隕石の激突した場所からある程度距離が離れている場合の環境の変化とかによる現象を見せる構成になっていると言うことです。

    巨大隕石の衝突に近いところにいた男なんかは、
    軍の地下シェルターで難を逃れて最後は衝突した地点まで行く話になっています。

    まぁ、現実的に考えて一番現実感がない話かなぁ、と。

    それ以外は結構参考になる話でしたねぇ。

    フランスに住む家族の話なんかは、
    暴動とか街の機能が停止して治安が悪くなった状況で、
    母親と父娘が離ればなれになってしまうと言ったドラマチックな展開なんかも用意されています。

    この家族がどんな体験をして離ればなれになった母親と再会できるのかを知りたかったら映画をご覧ください。

    ハワイ諸島の観測所の若い男女の話は出来過ぎって感じなんだけど、
    それを言ったらみんなそんな感じになってしまうのでそこん所は深く突っ込まないように。

    最低なのが、
    アフリカの原住民の話。

    確かに巨大隕石が衝突する情報が入らない人たちの生活をシミュレートするというのはあるのかもしれないが、
    別にアフリカの原住民じゃなくてもいいじゃん、って思うのよねぇ。

    自然児だから自然の変化にも的確に対応していくとココでは語られているんだけどさ。

    どう見ても上から目線って感じなんだよねぇ。

    まぁ、多少の不満やクエスチョンな部分もありますが、
    内容的にはおもしろかったですよ。

    日本でも関東大震災が起きたらこんな風になるでしょう、
    みたいな再現ドラマなんかやったりするのと同じ感じですよ。

    教育TVとかディスカバリーチャンネルとかが好きな方は十分楽しめるでしょう。

    映画として期待して観てしまうとちょっと肩すかしを食らうでしょうね。

    アチキも最初は戸惑いましたからね。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー