ファンタシースターII 還らざる時の終わりに 【セガサターン版】

    「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」は、
    メガドライブで発売されたRPG(ロールプレイングゲーム)ですが、
    アチキはメガドライブを持っていません。

    と言うことで、
    プレイしたのはセガサターンで発売された「SEGA AGES/ファンタシースターコレクション」に収録されていた「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」です。

    メガドライブで発売された「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」とどこか違うところがあってもアチキは分かりません。

    でもプレイ前に移動速度を「通常」と「高速」から選べるので、
    そこは違うんでしょうねぇ。

    アチキは常に「高速」でプレイしていたので、
    「通常」がどのくらいたるいのかは知りません。

    ちなみにセガサターンで発売された「SEGA AGES/ファンタシースターコレクション」には、
    全部で4つの「ファンタシースター」が入っております。

    アチキは、まだ一作目と今回の二作目しかプレイしていません。

    後、二作遊べるなんてとってもお得ですねぇ。

    と言うことで「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」ですが、
    登場キャラクターで一番人気のネイが死んでしまうのは色んな所で書かれているのでアチキとしては、
    いつどうやって死ぬのか楽しみにしていました。

    みんな感動すると書いていたからなぁ。

    残念ながらそんな情報のおかげなのか、
    ネイが死んでもまったく感動しませんでした。

    はじめのうちは仲間が全然集まらなくてねぇ。

    物語が進むにつれてイベントか何かで出会うのかと思っていたのよ。

    それが、まさか自宅に帰らないと行けないなんて。

    これにはビックリでした。

    それにしてもダンジョンと言って良いのかな、
    建物とかの構造がまさに迷路でねぇ。

    すんげぇ、苦労しました。

    おかげでレベルアップ作業をする必要が無くてねぇ。

    また戦闘が基本的にオートだから暇だし。

    敵がメカ系だと堅くてなんかレベルアップしても強くなった感がないんだよねぇ。

    武器とか防具を強くしないと強くなった気がしないというのは、
    ちょっと寂しかったです。

    主人公のレベルが33でボスをやっつけてしまったので、
    今のRPGの感覚だと随分低いレベルでやっつけたなぁ、
    という気がするのですが、
    ゲーム自体は凄く長く遊んだ気がしますよ。

    ダンジョンの苦労は、当然と言えば当然なのですが一作目とは比べものになりませんでしたなぁ。

    エンディングも実に新鮮でした。

    アレって、仲間を全員集めていないと全員分のビジュアルは観られないんだよねぇ。

    気になるけど、ダンジョンのマップでも無い限り二度プレイは辛いなぁ。

    戦闘がもっと楽しかったり、
    レベルアップで強くなっていくのが実感できないとなんかなぁ。

    でも初プレイはとても楽しめましたよ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 懐かしのゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG SF セガ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー